3月上旬から足の痛みがあり、整形外科に通っています。
坐骨神経痛で、元々あった腰痛が寒さで再発したんだろうと言われました。
レーザーや腰の牽引ですぐによくなったのですが、
毎週欠かさずスノーボードに行っていたので、また悪化させてしまい、両膝が痛いと、また病院に行ったのですが、今回もやはり腰からきていると言われました。
しかし、それから1週間たっても両膝の痛みはほとんどなくならず(牽引などしているのに)、座ったり立ったり、階段の上り下りをする時には痛みます。膝が痛いというのは膝小僧の下あたりの時で、上の痛みは腰からだ。と言われました。
今痛いのは膝下というより、膝全体なので、もう一度診てもらった方がよいのでしょうか。
水がたまっている…とかそう言うのもありうるのでしょうか。
患者がたくさんいるので、しょっちゅう先生に診てもらうのが
なんだか抵抗があって…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

膝の痛みがあるのでしたらもう一度病院へ


行かれた方がいいと思います。
が、抵抗があるのでしたら鍼灸を薦めます。
痛みをそのままにしていると体はあちこちで
痛みをかばい、他の部分にも影響がでてきます。
水がたまっているかどうかは自分でもわかります。
膝小僧を押してぷにゅって感じがあればそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

病院に行きました。
膝の軟骨がすりへっているようです。
痛いのにまだスノーボードに行くので悪化させてしまったら
鍼灸に行きたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとしていたのですが、先ほど(2時間前)、外出時ブーツを履こうとして片足立ちをしたらまた痛くなりました。30分ほど車(助手席)に乗り、降りようとするとまた歩けません。
安静にしておこうと自宅に戻り、体を支えてもらいながら玄関まで歩き、階段を数段上るとけろっと治りました。今は問題なく普段通りです。膝の腫れもありません。

痛いときは立てないほどなのに、ちょっとした事で一瞬で治る。だから病院では相手にしてもらえない。
私はどうしたらいいのでしょう?(半年ほど前から腰痛で悩み、変形性腰椎症と診断されています)
アドバイスをどうかよろしくお願いします。

突然の膝痛で歩けない。でも、一瞬でケロッと治る。

1週間前に突然、膝が痛くなり何かにつかまらないと歩けないし、立てない。膝を動かすと痛いので寝返りも片足や両手で補助するほどでした。
ネットで調べたらツボでいう内膝眼という所(膝の皿の下内側)が少し腫れた感じでした。
ところが一晩寝たら嘘のように歩けるようになっていて、念のため病院でレントゲンを撮りましたが、異常なし。どんな動きも問題なくできました。
筋?(か何か)の脂肪の炎症かなんかでしょうという診断でした。

ほっとして...続きを読む

Aベストアンサー

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まったわけではありませんから、もう一度病院を受
診するか、病院を変えて別の整形外科に行ってみて下さい。ここの情報
は、あくまでも参考意見としてお聞きください。


~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 接骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、整骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。

以上のことから、鍼灸、あんまマッサージ指圧、接骨(整骨)以外は
“全て無資格者” です。今では整体、カイロ以外にも操体法など怪しげ
なものもありますので、無資格治療院にはお気をつけ下さい。


意外かもしれませんが、病院以外の代替医療では “鍼” が一番体に優
しい治療方法になります。病院の治療をベースに、何かするなら鍼治療
がベストな選択です。

しかし鍼治療も施術者によって十人十色です。一回や一箇所で決めるの
は正直もったいないです。鍼が根本的に怖くないのなら、数箇所受けてみ
てお気に入りを見つけてみてください。


痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

確かに滑膜(かつまく)ひだ障害、通称タナ障害の症状に似ていますね。
圧痛点から考えても可能性はあると思います。関節には滑膜ひだという
柔らかい組織があります。この滑膜ひだが繰り返される機械的刺激によ
り炎症を起こします。炎症起こせばひだは肥厚(腫れます)しますので、
関節に挟まれたり、引っかかったりして痛みを出します。

治療は炎症止めのお薬、電気などのリハビリ、鍼治療などの保存療法が
主流です。保存で好転しなければ外科的手術の対象にもなります。

ただ、タナ障害で決まっ...続きを読む

Q腰痛と足のだるさ

腰痛と足のだるさについて質問です。

2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。

痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。
次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。
横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。
今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。

ネットで自分なりに色々調べてみて、椎間板ヘルニアを疑ってみたものの、腰痛自体は激痛ではないのです。
どちらかというと鈍い痛みです。

坐骨神経痛ともありましたが、主人が坐骨神経痛を患っており聞いてみたところ
「痺れるような、時にピリッとした痛み」と言ってましたが、私の場合「痺れる」「ピリッとした」というのではなく「重い」「足をひっばられているようなだるさ」と言った感じです。

鈍いだるさと言っても、同じ姿勢で5分といると辛くなるので しばらくすれば姿勢を変え・・・の繰り返しなのですが。
夜は痛みで眠りに付くまで時間がかかりましたが、痛くて目が覚めるということはありません。

あまり続くようであれば診察して頂こうとは思っているのですが、まだ痛くなりだして2,3日と言うのと、鈍い痛みと言うのもあり、今はまだ病院には行っていません。

この教えてgooでも色々調べましたが、みなさん激しい痛みとありますので、私とは少し違うのかと思い質問させていただきました。

これはただの腰痛なのでしょうか?
それとも後々、激しい痛みに移行するようなものなのでしょうか。
ただの腰痛であれば、自宅で湿布薬などを貼っていればそのうち治るものなのでしょうか?

あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。

同じように激痛ではなく鈍い痛みを改善された方や、その後 激痛に変わっていったなどの体験談など、簡単にアドバイスしていただければ助かります。

腰痛と足のだるさについて質問です。

2,3日前から右腰(一番くびれている場所から少し下)あたりが痛んでいたのですが、それに伴い右足のだるさがあります。

痛くなるときの姿勢ですが、一番痛いのが前屈みになったときの足の痛みです。
次に「立っているときの足の痛み」、「座っているときの腰、足の痛み」と言った感じです。
横になっていると少しマシなような気もしますが、痛みが全く取れるわけではありません。
今では腰痛よりも足のだるさのほうが勝っています。

ネットで自分なりに色々調べてみて、...続きを読む

Aベストアンサー

一口に腰痛といってもその種類は様々あります。例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。

腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなどの様々な異常感覚な出てきます。ですから貴方のような症状は坐骨神経痛において珍しくありません。腰に自覚症状が全くなくてもおこりますから、まずは病院を受診されてください。


>あくまでも「激痛」ではなく「鈍い痛みがずっと続く」と言う感じなので、今すぐMRIを・・・とは思っていません。

MRIの可否はあくまでも医師が判断します。まずはレントゲンの検査次第でしょう。レントゲンとは病院でしか 撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

一口に腰痛といってもその種類は様々あります。例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。ある程度の年齢ならどれか持っていても不思議ではありません。骨などには異常の無い、腰痛症でも炎症が強ければ坐骨神経痛が起こることがあります。

腰から出た神経は足まで伸びており、感覚や運動を支配します。腰に異常があれば、痛み、痺れ、麻痺、冷感や熱感、重さ、怠さなど...続きを読む

Q骨盤が痛くて膝も痛い。

右側の骨盤が痛くて、その関連でか膝も痛いので、一度、ずいぶんと前に整形外科へ行きました。その時の診断は骨にも何の異常は見当たらなく、薬もでないで終わりました。自分自身納得がいかず、いろいろ病院を変えましたが結局同じで、整体へも行きましたが、あまり変わらない状態。自分でいろいろ体操などして今日まで来てしまいました。
が、この頃やけに痛みます。一日中痛みがあり、ひどい日は腰が痛いのか、どこが痛いのか分らなくなってしまいます。一体、どうすればいいのでしょうか?
ちなみに、MRIも異常無し。整体は少し歪みがある。ちょっと気にかかるのは、生理が物凄く不順です。もともと不順なんですが、2ヶ月に一回とか。関係あるんでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

”温めるとマシになります”とお礼欄に書かれてますが、これだと婦人科系の可能性大ですね。
漢方薬が得意の分野ですので、処方してくれる病院を捜してみてはいかがでしょう。
お目にかかれないので漢方薬名が特定できませんが、おそらく”トウキシャクヤクサン”か”シモツトウ”でしょう。
ぴったり合う薬が見つかれば、1週間くらいで楽になり2ヶ月くらいで生理不順も治ります。

3月から東京ということなので一応整骨院も紹介します。
有る程度通院しなければなりませんので、通えるところだったらお薦めできます。
私は普段の生活ではまったく痛まないくらい良くなりました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=431833

Q膝が痛くて、注射を薦められていますが、どうなんでしょうか?

変形性膝関節炎で、注射を薦められました。
痛み止めではなく、クッションの役目をするものを注入するらしいのです。
友人はとっても痛かったといいます。
これで良くなったと言う人もいて迷っています。
経験された方おられましたらどんな具合なのか教えてください。
今は膝を曲げたり、階段を上るときに痛みます。
58歳主婦です。
整骨院で電気を当てて暖めていますがあまり効果はない様に思いますが・・・

Aベストアンサー

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、それをもとに大々的に宣伝していますが、メーカーのおかかえの研究であったことと、その後それを裏付けるものがないので、サプリメントで軟骨が増えると思っている医者はまずいません。ただし除痛作用についてはあるようです。
整骨院で行っている治療は、病院でもやるので内容的には問題ないと思います。ただし、整骨院では、膝の変形などの慢性疾患は保険を使って治療できないことが法律で決まっているので、保険がきくとするとおそらく捻挫という嘘の病名をつけていると思います。病名については健康保険組合に問い合わせればわかりますよ。

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、...続きを読む

Qヒザの裏の筋(スジ)が痛い

エアロビ・筋トレ(週1回位)、登山(2週間に1回位)していました。
1ヶ月前から膝の裏(膝ではなく、膝の後ろ?の筋が痛くなってしまい、
しばらく運動しないでストレッチだけしていました。
それでも治らないのでストレッチも中止しました。
体重をかけたり、つま先立ちすると痛みます。
何が原因でしょうか?
また、治す方法を教えて欲しいです。
色々調べてみましたが、膝の後ろが痛くなる人はいないみたいで・・・。
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

筋、は、スジと読めばよろしいのでしょうか、キンと読むべきなのでしょうか?

半月板の痛みは膝(関節)の痛みとして感じるので、スジ(腱)と考え、お答えします。

年令が書かれてないのですが、40歳前後以上であれば腱の損傷(部分断裂)の可能性があります。これは急に運動することでも起こりますが、十分温まっていない体に不適切なストレッチをすることでも生じます。対策はとにかく安静です。痛みが出る姿勢、運動は避けて局所の安静につとめてください。

全年齢を通じて可能性があるのが脱水です。脱水による筋の痙攣は有名ですが、それは急性期の話で、慢性的に脱水が続いた状態で運動をしていると、後で腱に激痛に近い痛みが出ることがあります。安静時はほとんど感じないのですが、少しでも伸びる運動が加わると痛みが出ます。アキレス腱、膝の裏に出やすいようです。水分を十分に取り局所の安静画必要です。

まあ、どちらにしても安静ということですね。ストレッチもよくありません。

Q膝に溜まった水を抜くのって痛いんですか

膝に溜まった水を抜くのは痛い、とよく聞きます。

叔母もそう言ってましたし、知人もけっこう大きな注射器で水を何回も抜いていたそうです。

叔母に「腕に注射するくらいの痛さですか」と聞いたら、「いやあ~。もっと痛いわあ~」と言ってました。いったん刺してから少しずつ奥のほうまで押し込んでいく感じで、抜くときのほうがもっと痛いとのことでした。

ほんとにそんなに痛いのですか。

その痛さを表現するとすれば、どんな感じですか。
他のどんな痛みと同程度ですか。

我慢できる範囲ですか。

最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

よろしくご回答、お願いします。

Aベストアンサー

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちなみに捻った、ぶつかったで水が溜まる場合、関節内組織のケガにより血が溜まることもあります。


>ほんとにそんなに痛いのですか。

すいません前置きが長くなりましたが、本題です。体に針を刺すわけですから、痛みがあって当然です。痛みがあるのは前提とし、痛みとは個人差があります。同じ強さでつねっても痛いとい感じる人もいれば、気持ちいいと感じる人もいます。

また刺す位置ミリ単位の微妙な違いによって、痛い場所と痛くない場所が皮膚上には存在します。ですから結論としては痛くない人もいれば、痛い人もいる。痛くない時もあれば、痛い時もあるのです。


>我慢できる範囲ですか。

麻酔の話がありますが、普通麻酔はしません。要するにその程度の痛みです。ただ先ほど言ったように、炎症が起こって水が溜まるわけです。炎症とは組織が腫れますし、水で余計にパンパンになっています。膨らんだ風船に針を刺すように...。ですからやはり痛いと感じる人が多いですが、刺す人の技術や選ぶ道具にも左右されます。


>最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

今おいくつかってことも関係しますが、若いのであればそんなに気にすることはありません。スポーツをプロになるくらい頑張らない(軟骨の保護)、極端な運動不足を避ける(筋力低下を予防)、食事を三食バランスよくとる(骨強度、体重増加を避ける)とかです。

中高年以降であれば屋外ウォーキングを日課とし、腿前の筋肉をしっかり鍛えてあげることです。体重が重ければダイエット、膝の状況が悪ければ個々に応じたリハビリメニューが必要になってきます。治療が必要な状態なら、病院でお薬、リハビリが必要になってくるでしょう。

中高年以上の関節炎で一番頻度が高いのが、変形性膝関節症というものです。これは軟骨が減り、関節の形が変わってしまうものですが、早い話関節の老化現象なんです。ですから歳をとればとるだけこの病気のリスクは増します。超高齢化社会日本では国民病ともいえます。どんなに注意しても長く生きればかなりの確率でなりますから(特に女性)、なった時に早めに、正しい施設(整体や整骨院ではなく整形外科)で、しっかり治療をすることが大事になってきます。


ここからは補足です。注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。俗に言う 「水を抜くと癖になる」 という状態です。確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注 意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因にな ります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。

また自己処置の話がありますが、これは大変に危険な行為なので絶対に真似しないでください。関節内は無菌に保たれています。病院でも注射器はディポザーブル(使い捨て)をつかい、消毒は複数回入念に行います。それでも感染の可能性は100%排除できません。設備や知識が伴わない家庭でやるなんて自殺行為です。関節の感染は抗生物質とかが使えなので、非常にやっかいなことになります。この質問をご覧の方々も絶対に真似しないでください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちな...続きを読む

Q筋肉の筋を痛めた場合なかなか治らないのは何故?

技能職(ほとんど肉体労働)に転職して1年です。必死に頑張っていますが、先日荷物運搬時に腕の肘の筋を痛めました。4月に痛め9月の現在もほとんど回復していません。地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。
プロ野球のピッチャーも肩の筋を痛めたらなかなか治らないと言われています。筋肉痛は直ぐに治るのに筋の場合なかなか治らないのは何故ですか?

Aベストアンサー

>地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。

正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているのにテニス肘というのはおかしいということにはなりません。

今はお薬のみですか?電気などのリハビリはしていませんか?やはり毎日使うところなので、痛みが無いように使うというのがもっとも大切です。タオルを絞ったり、物を上から掴むと痛みが出ると思います。ですから手のひらを上に向けて物を掴む(下から抱え込む)というのは一般的ですし、痛い動きはなるべく他人に手伝ってもらうなど、いろいろ工夫してみましょう。

病院では注射、ぬり薬、シップ、電気などのリハビリですね。リハビリは一回の効果が薄いので、重ねることがもっとも大事です。週三回以上できれば毎日通いましょう。エルボーバンドは処方されませんでしたか?処方されていないなら聞いてみましょう。注射もステロイドだと思いますが、ステロイドにも種類があります。効き目のよいものもあるので相談してみてください。比較的即効性のあるものは注射ですから、一度病院に相談されてみるといいでしょう。

あと、個人的にお勧めなのは鍼治療です。これは結構有効的ですので、興味があればやってみてください。鍼は週一回ほどで十分だと思いますが、一回二回の治療で治るものではありません。これもほかの治療同様、根気よく通ってください。できれば、病院の治療と並行して行ったほうが効果的だと思います。


>筋肉痛は直ぐに治るのに筋の場合なかなか治らないのは何故ですか?

テニス肘は一年近くかかる患者さんがほとんどです。筋肉痛は “一時的に” 普段使わない筋肉やいつも以上に負担がかかる為に起こります。対してテニス肘は普段がよく使う部分に異常がおこります。それに手という場所は生きている以上は必ず使う場所なのでなおさら治りにくい個所になります。もちろん症状はだんだん良くなるでしょうが、焦って悪化させることが無いよう気長に治療に取り組んでください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

>地域で最も信頼されている病院で観てもらったところ「テニス肘」ということで気長に湿布で治すしか無いと言われました。

正式には上腕骨外側上顆炎といわれるものですね。一般的には上腕骨外側上顆炎をテニス肘またはバックハンドテニス肘、上腕骨内側上顆炎をゴルフ肘またはフォアハンドテニス肘といいます。 “テニス肘” いいますが実際は介護、土木、スーパー陳列や運送など荷物の上げ下ろし、乳飲み子を抱えた母親に多いですね。病名とは異常のある個所の名前から付けておりますので、ゴルフをしているの...続きを読む

Q体、右半分(首・肩・腰・足)が痛いのですが

 体の右半分(首・肩・腰・足)が痛いのですが、何科の病院へ行ったらよいでしょうか。

年齢50歳・デスクワークで運動不足です。
時間系列で、
1.以前から腰痛を患っていてサポータが手離せまんせん。
2.1~2年位前から太股の辺りがしびれる感覚があった。
3.半年位前から、車の後部座席に腕を伸ばしたりしたような時にたまに激痛が走っていました。(50肩?)
4.昨年末に風邪をひいたら、以前しびれていた範囲(腰・お尻・太股にかけて)が筋肉痛の様な症状となり、その他に肩の痛みが酷くなってきました。
5.この2日位はその上に首が寝違えた様に痛くなってしまいました。
6.今日になったらお尻から太股にかけての痛みが酷く、イスに座っているのも辛くなってきました。
7.上記の痛みが全て右半身である事が少し不安です。

 以上の様な状況で、考えられる原因と何科の病院に行ったらよいか教えて頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。
体の右半分に痛みがあることから私も頸椎のあたりがわるいと思います。
ただ整形外科よりも、脳神経外科の方がよいと思います。
整形外科では、整形領域がメインなので脳神経外科領域に詳しい先生であれば、
よいのですが、専門の方がよいかと思います。脳神経外科であれば、頸椎だけで
なく、脳神経のほうかもみてくれるので良いと思います。ちなみに脳神経外科の
先生は頸椎領域も大変詳しいです。神経内科だとMRI検査が整形外科や、脳神経
外科に比べて少ないケースがあるので微妙だと思います。
腰のいたみが以前からあるのでしたら、それは腰自体に問題があるのでしょう。
ヘルニアか、腰椎分離症、すべり症等。
総合して考えると、MRI検査が出来る脳神経外科が一番いいと思います。

Qコルセットは寝るときは外すものなのですか?

私は椎間板ヘルニア持ちですが、最初に診断されてリハビリにちょこっと通ってからつい最近まではほとんど腰痛が出てきませんでした。でもこないだの金曜日からものすごく腰が痛くなってしまったので、コルセットをしています。

それで質問なんですが、コルセットって寝るときはどうするのでしょうか?つけっぱなしで寝るものなのですか?

私がヘルニアだと診断されたのは2年前で、その時もコルセットをしてくださいと言われましたが、確か当時は外して寝ていました。コルセットをしなくても平気な時期にコルセットを買ったからだと思います。

でも、現在は金曜日に比べたら楽になったものの、やっぱり辛いので寝るときもつけていた方がいいんじゃないかしら、と思えます。

本来はどうするものなのでしょうか?ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

腹筋は天然のコルセットといわれています。

背中側は脊柱(背骨)という立派な柱に支えられていますが、お腹側はふにゃふにゃの内臓しかありません。
何がお腹側を支えているかというと、実はお腹の中の空気なのです。
腹筋が壁の役割を果たして、腹腔といわれるお腹の空間を、風船のように膨らませ、お腹側を支えています。

で、この腹筋が弱っている人や、腰に負担のかかる背骨の構造上の異常(椎間板ヘルニアの原因といわれている)を抱えている人に限って、腰をコルセットで締め付け、腹筋の補助をさせるわけです。

コルセットが必要なのは、腰が今現在痛い人、腰の曲がりかけの人、重たい荷物を持つなど重労働をする人などで、
日中動いている時に限って使用します。

寝ている時に外した方がいい理由としては、
・起きている時と違い、体を支える必要が無い。
地面と平行に横たわっている状態では、重力に抵抗する 必要がなくなります。
・寝ているときに圧迫すると、睡眠が浅くなったり、ストレスの原因になる。
・蒸れる。着けっぱなしだと、夏場なんかはあせもになるかもしれません。睡眠中は特に発汗量が増えます。
・着けている状態が癖になる。ちょっと考えると分かりますが、本来、人間はコルセットに頼らなくてもいいので す。その為に腹筋があるわけですが、いつもサポートし ていると、確実に腹筋が弱ります。

以上を考え、寝る時は外すのが正解です。

ちなみに申し上げますと、整形外科の分野では、椎間板ヘルニアは原因不明ですが、カイロプラクティックの分野では、構造上の異常(腰椎生理彎曲の減少など)が、物理的にヘルニアを引き起こすというのが定説です。

私自身もカイロプラクティックを勉強していますが、
今まで手術していない人で、よくならなかった患者さんをみたことはありません。
手術をした人の場合、椎間板の絶対量が減っていますので、どうしても腰は弱いと思います。

コルセットは保存療法ですので、腰椎カーブの異常がある場合は、背骨の歪みを治療してもらうと、根本治癒が可能です。
MRIで完全にヘルニアが元に戻って、医者が首をかしげていた、と笑って話す患者さんをたくさん知っています。

腹筋は天然のコルセットといわれています。

背中側は脊柱(背骨)という立派な柱に支えられていますが、お腹側はふにゃふにゃの内臓しかありません。
何がお腹側を支えているかというと、実はお腹の中の空気なのです。
腹筋が壁の役割を果たして、腹腔といわれるお腹の空間を、風船のように膨らませ、お腹側を支えています。

で、この腹筋が弱っている人や、腰に負担のかかる背骨の構造上の異常(椎間板ヘルニアの原因といわれている)を抱えている人に限って、腰をコルセットで締め付け、腹筋の補助をさ...続きを読む

Q同じ姿勢でいると足が固まる?病気?

最近同じ姿勢でいて立とうとすると足が動かない?ような固まった感じで痛くて少したたないと立てません。なにかの病気でしょうか?
ちなみにそうなるときの姿勢はフローリングの床に座って机においてあるパソコンをやっているときです。

ずっと同じ体勢でいてそのときは痛くもなんともないのですがいざ、立とうとするといたたた・・となってしまし、足が固まってしまったような感覚で少しづつ伸ばしながらジーっトしてると立てるのです。片方だけたてひざしていたり、、お姉さん座りや足をまっすぐ斜め?にのばしていたりするとなります。
タダ、変な体勢で足が固まっているだけなのでしょう
か?今までこんなことはなかったのですが・・
ずっとといっても5分くらいでもなります。
曲げていた足を伸ばして立とうと思うと痛くて足がまっすぐにならず、固まってしまった?ようで立てないのです^^;
南下の病気ですか?

Aベストアンサー

私も経験ありです。若い時からです。私の場合、同じ姿勢でずっと伸ばしていた足のひざの関節が固まったようになって曲げようとすると痛くて曲がらなかった事や、寝ている時に変な姿勢で寝ていたのか、寝返りしようと思っても肩が痛くて動かなかったりした事があります。そんな時は関節が外れるんじゃないかって心配になりますが、そ~っとゆっくりゆっくり伸ばしていけば元に戻っています。私は今まで病気だと心配した事はないですが、普通の人より関節の動きが悪いのかな?程度にしか思っていませんでした。ご心配であれば、一度整形外科で診てもらってはどうでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報