プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

お世話になります。

2022年12月31日付で前職を退職し、次の転職先を見つけ5月から再就職が決まりました。

この際、通常は前職における源泉徴収票の提出が求められると思うのですが、
私の場合12月31日退社なので、前年度の確定申告は前職の企業において終了している認識です。

ただ、12月分給与を1月に受け取る関係で2023年1月分が記載された源泉徴収票を
転職先企業に提出しなければならないと考えているのですが、上記で誤りがないでしょうか。

前職では「マネーフォワードクラウド給与」から源泉徴収票を出力する仕組みでしたので、
その関係だと思うのですが、源泉徴収票は郵送されてきませんでした。(オンラインから取得できます)

不勉強で申し訳ありませんが、ご存じの方教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

> 前年度の確定申告は前職の企業において終了している認識です。


前年の所得は、前職の年末調整に含まれている、という事になります。

> 12月分給与を1月に受け取る関係で2023年1月分が記載された源泉徴収票を転職先企業に提出しなければならない
はい。その通りです。
    • good
    • 0

締め日がいつなのか次第です。


通常は前月16~当月15日が1ヶ月なので、12/16~31分は1月給料になります。
それでしたら提出の必要があります。
これが末締めだったら1月分給料は発生しないので提出もないです。
    • good
    • 0

企業が新入社員の源泉徴収票をとるのは、企業で前職の収入も含めて年末調整をするためです。

所得税の計算は年単位となっていますので、年末調整のために必要なのは当年の1月から収入が合った場合のみです。

収入の計算としては年単位ですので12月給与であっても1月支給の場合、収入は新年にカウントされますので、質問者さんのおっしゃるように源泉徴収票を提出する必要があります。

源泉徴収票は支払者の押印は不要ですので、オンラインから取得されたものを提出されればいいですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています