バッテリーの容量計算をしていてわからないことがあります。

例えば、定格で放電して10分もつバッテリーがあるとします。
しかし、実際は定格の負荷がかかっていることは滅多にないことですよね。
30%や40%しかかかってないと思います。
そうすると、簡単に考えたら放電時間は10÷0.3(負荷率30%の場合)
で30分強持つとなります。

しかし、負荷率の低下にしたがって指数関数的に放電時間が増えると
聞きました。具体的にはどのように放電時間が増えるのかわかりません。

このような記述のあるサイト、若しくは解答欄に詳細に教えてくださる方、
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

用途がわかりませんのでお答えになっていないかもしれませんが


バッテリに限らず、特性はあくまで「定格」での表示しかされないのが基本だと思います

メーカーの技術部門にメールなどで問合せるしかないでしょう
メーカーの技術部門では技術的な問合せや適した製品を紹介してくれます
    • good
    • 0

バッテリの種類により特性は大きく異なりますので計算式で求めるのは難しいと思います



その型式のバッテリの充放電特性図を元に判断されるのがベターではないかと思います

メーカーの技術資料を請求されるか、web上の諸元表などが参考にしてください
またはそのバッテリを実際に充電して、放電特性を測定して判断されるしかないでしょう

この回答への補足

バッテリーは鉛蓄電池です。MSEっていう型名です。
実負荷が少ないときの放電特性は載っていないのです。
しかし、電池の分野ではこのことは周知の事実だと聞きました。
本当でしょうか?

補足日時:2001/09/13 19:24
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸67.5%を30%に希釈方法

硝酸67.5%  37.5g+水(純水)30gか?
硝酸67.5*1.4(比重)での式
67.5*1.4=97.4
97.4/100*30=29.2
水(純水)29.9g?

Aベストアンサー

67.5%溶液100gに水100gを足せば2倍に希釈されて33.75%溶液となります。
67.5%溶液100gに水200gを足せば3倍に希釈されて22.5%溶液に。
(求める濃度はこの2つの間ですね)
10倍に希釈すれば6.75%溶液です。
x倍に希釈した時の濃度は67.5/x(%)となります。

30%溶液にするには
 67.5/x=30
 x=67.5/30=2.25
2.25倍に希釈すればよいので、67.5%溶液100gに水125gを足して全量を225gにします。

Q濃度について。 塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら 2%~5%の間の塩水が出来るらしいで

濃度について。

塩分が2%の濃度の塩水と5%の塩分を混ぜたら
2%~5%の間の塩水が出来るらしいですが
なぜ7%ではないのですか?
理屈を教えてください。

簡単な質問でスミマセンw

Aベストアンサー

理屈もなにも、素朴な感覚としても、もとより濃くなるのはおかしいことに気付きませんか?
5%より薄い水溶液を加えて、もとの5%より濃くなるはずがないし、
2%より濃い水溶液を加えて、もとの2%より薄くなるはずがありません。

絵の具なんかでも分かるでしょう?
白と灰を混ぜたとき、もとの白さよりもさらに白く輝いたり、もとの灰色よりも濃い黒色になったりすることはありません。

Q重量%・容量%・重量容量%について

容量%は溶質と溶媒が両方とも液体の場合の濃度だと聞いたのですが、
重量%と重量容量%がなんなのかわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

必ずしもそうではありません。
 容量パーセント濃度とは言いません。(容量とは入れ物に入れられる容積を言います)
 容積濃度または体積濃度といいます。
 容積濃度は、溶液も溶質も流体(液体・気体)のときに使われることが多いというだけです。もし溶質や溶液が固体でも体積のほうが測りやすかったり、使用に便利でしたらそれを使います。
 質量濃度、重量濃度は、分母が質量の場合を言います。当然分母には質量だったりモルだったりします。
 容積濃度は分母が容積の場合を言います。

 どれを使うかは、利便性のよいものを使うということです。

 質量パーセント濃度10%の食塩水100gには、10gの食塩が含まれていますが、食塩水は重さで計るのは面倒(密度が1じゃない)なので、100gの食塩に水を加えて1Lにすると、体積濃度(この場合10質量パーセント濃度)ですから、100mL計れば、その中に10gの食塩が含まれている。

Q百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…

はじめまして、お世話になります。

百分率を表すこの3つ、W/V%、W/W%、V/V%…
どれも計算方法が同じなら、細かな意味まで覚えない良いような気がしますが^^;この場合W=質量 Vは体積でなない…?

このややこしい3つを分かりやすく記してるHP、又教えてくださる方はないでしょうか。覚えにくくて…TT

よろしくお願い致しますTwT

Aベストアンサー

こんにちは。WとVはそれでいいのではないでしょうか。

W/V%は、
溶液100ミリリットル中に溶質(溶けてる物)が何グラム入ってるか。

W/W%は、
溶液100グラム中に溶質が何グラム入ってるか。

V/V%は、
溶質が液体の場合に使われます。
溶液100ミリリットル中に溶質が何ミリリットル入ってるか。

という事になります。

Q10%のアンモニア水200gに25%のアンモニア水を加えて15%のアンモニア水を作った。このとき加え

10%のアンモニア水200gに25%のアンモニア水を加えて15%のアンモニア水を作った。このとき加えた25%のアンモニア水の量を求めよ。

答え:100g

教えてくださいー><

Aベストアンサー

あのね、同じような質問をいっぱいしているけど、もらった回答を使ってどうして「学習」しないのですか?

%もmolも、濃度の考え方は同じです。

下記で基本的な考え方を説明しているので、個別の問題ではなく、まずは「基本的な考え方」をきちんと理解してください。そうしないと、いつまでたっても解けないままですよ。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9387442.html

あなたの過去の質問
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9391487.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9388721.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9387412.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報