プロが教えるわが家の防犯対策術!

異なる溶媒(水もふくめて)どうしが混じり合う、あるいは混じり合わないという現象はどのような相違作用に基ずくのかを化学構造の観点から説明しなければならないのですが、異なる溶媒の一つが水でしたら疎水性相違作用が関係あるような気がするのですが水ではない場合は?と言われたら何でだろう?と思いました。水ではない場合も疎水性相違作用でいいのですか??それとも何か違う作用があるのでしょうか??

A 回答 (1件)

化学構造によって分極しているものと分極していないものは混じり合いません。



これを疎水性相互作用といいますから、拡大解釈してもいいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!