これからの季節に親子でハイキング! >>

紙類付着した指紋は、何年くらい正しく検出されるでしょうか。
たとえば、ある人物が本に触ってページをめくります。
そのまま本を隔離していたとして、20年たってその指紋が読みとれるかどうか。
ぜひ、ご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

natu-8さん、こんばんわ。



ご質問の内容を拝見しました。
非常に興味深い内容だと思いますが、文面中の内容だけであれば、
その指紋の印出された状況によると思います。

natu-8さんのコメントを拝見させて頂くと、推理小説の題材にされ様と
なされていると思われますが、その指紋が印出された状況によると
考えられます。
例え、紙であっても、その印出された内容が、油脂や血痕、または
唾液による状況で、更に、それらの台紙となる紙が上質紙以外の紙で
あれば、(例えば、印画紙に近いものであれば)相当期間残るであろうと
思います。

但し、ご質問の内容が、ある個人を特定させる意味での指紋であれば
これは非常に難しい内容が存在します。
個人を特定する場合の指紋は、その指紋が一指あるいは、一指の部分
であれば非常に難しいと言わざるを得ません。
ある特定の個人を合致させる為には、その紋状とその隆起点の複数個所を
合致させる必要があります。
隆起点の合致が何箇所になるかは、ここに記載いたしませんが、法的に
一致と認められるにはある一定の合致数が必要です。
これが、既にその指紋が存在し、それとの重点合致が認められるので
あれば、この限りではないと思いますが‥。

指紋に及ばず個人の特定を表す内容については、数学的においては
確立統計論でしか論ぜられないのではないかと思います。

現在までにおいて、この世の中において、その全ての人間の指紋が
登録されている訳ではないのですから‥。
よく、犯罪捜査において、これらを特出した内容で、その証拠能力として
特出される理由は、上記の確立統計論からくる推論でしかないと思います。
その一定点(時間)において、その指紋が印出された可能性は、その指紋の
一致する合致点の内容により何億万分の一となるからだと私は理解して
おります。

この内容が参考になりますでしょうか。
よい推理小説をお書きになる事を祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。
「その指紋が印出された状況」そして、「ある個人を特定させる意味での指紋」
このあたりのご教授、とても参考になりました。
いただいたコメントは大切に保存し、私自身もまた資料を当たってみようと
思います。とっかかりができて、助かりました。
頑張って、面白い(と、読み手に思っていただけるような)小説をめざします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 18:05

鑑識にちらっと聞いた話によれば、約3ヶ月たっていると、家具・紙・布等の指紋は読み取ることはできないそうです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

すぐにお返事いただき、とても嬉しかったです。
回答、参考にさせていただきます。私自身でも、また調べてみます。
ほんとうに、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指紋はどれくらい残るのでしょうか?

私はある寮(50人)で生活をしているのですが、現金の盗難が2件起こりました。いずれも本人が不在時(20分程度風呂に行っている間)に部屋に侵入し机の引き出しを荒らし、財布から現金のみを取って行きました。部屋に鍵をかけなかった方が悪いと言われてしまえばそれまでなのですが、今まで何度も盗難を繰り返しているのです。しかも風呂に行く途中に、怪しいと思っている人物とだけすれ違ったそうです。普段ならその人が被害にあった人の部屋にいくことはまずありえません。なんとか犯人を捕まえたいのですが、指紋というのはどれくらい残るものなのでしょうか?その引き出しに被害後触ってしまったりしていれば、調べてもわからないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

どんなところに指紋が付着しているか、指紋が付着している物の保存状態はどうか、という要素によって変わってくる、というのが実際のところだと思います。参考URLにのっていたところでは何十年後の検出も不可能ではない、ということになりますね。

ただ、狭い寮での出来事とのこと、犯人探しをするよりは、将来の防止を徹底するほうが現実的かと個人的には思います。警察といっても、指紋を採取するようなことは専門の部署しかできませんから、多分呼んでもやってくれないと思いますよ。

参考URL:http://profiler.hp.infoseek.co.jp/forensic.htm

Q紙についた指紋を調べる方法

1月2月と続けて第3土曜日にある封筒が届きました。
宛名はワープロで打ったものを切り取って荒く貼りつけたもので、
差出人の名前等は書いてありません。
中の手紙の内容はそれぞれ
「3日以内に消え失せろ、さもなくば生涯後悔する事になる」
「死ね」
と書かれてありました。

差出人はたった一人、会社の同僚に心当たりがあります。
これまでもその同僚は色々な人間に
盗みやストーカーもどきの行為などの問題行動を起こしており、
彼女であると特定できるのであればそれで納得できるのですが、
もしそうでない場合、ここまで人に怨まれているというのが
正直いって精神的につらいものがあります。
実際、関連があるのか分かりませんが、
この手紙を受け取ってから、治りかけていた
自律神経失調症の一症状がぶり返してしまいました。

そこで、中の手紙に指紋がついているようであれば
それと彼女の指紋を比べて確認したいのです。
少々ネットで調べる方法を探してみたのですが見つからず、
こちらのお力をお借りしたいと思いました。

この手紙自体、消印が両方とも会社付近のものである点、
封筒も会社で使われている白封筒と全く同じである点から
会社で作られたもののようなので、
手袋をはめるなどの指紋の証拠隠滅を図るような事はできないと思います。

警察に出すなどの大袈裟な事はしたくないので
あくまでも個人でできるような方法があれば助かります。
よろしくお願いします。

1月2月と続けて第3土曜日にある封筒が届きました。
宛名はワープロで打ったものを切り取って荒く貼りつけたもので、
差出人の名前等は書いてありません。
中の手紙の内容はそれぞれ
「3日以内に消え失せろ、さもなくば生涯後悔する事になる」
「死ね」
と書かれてありました。

差出人はたった一人、会社の同僚に心当たりがあります。
これまでもその同僚は色々な人間に
盗みやストーカーもどきの行為などの問題行動を起こしており、
彼女であると特定できるのであればそれで納得できるのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

心中お察しします。 気持ちをすきっりさせる為にも調べましょう。

 紙についた指紋を調べる方法は参考URLに記載しました
必要な溶液の入手方法は以下のアドレスで通販出来ます。 合法的な薬物なのに、弱みにつけ込んで溶液代1万円もかかる処があるから注意しましょう。 

http://www.schoolpress.co.jp/kanren/others/asecheck.htm

お役に立てれば幸いです。

参考URL:http://www.bunseki.ac.jp/naruhodo/jugyou16.html

Q紙に付着した指紋について

はじめまして

ポスト荒らしになやんでおります。
封筒など破られたりすることもあったり、ポストにはいっているチラシなどぐちゃぐちゃの状態のときもあります。
今はもうほとんどなくなりました。
くやしいですが、犯人はまだわかりません。
しかし犯人は大体のめぼしがついています。

証拠の、破られた封筒などビニール袋に保管をしております。

その封筒を警察官の人に提出しようとしたら、1ヶ月もたつと、もう指紋は残ってないといわれ、指紋採取を拒否されてしまいました。

しかし、ビニール袋にきちんと入れているし、自分では納得がいきません。

質問といたしましては、

*紙についた指紋は採取できる期間があるのか
*もし指紋が付着し犯人がわかった場合は、どのような罪状になるのか

以上になります。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えてくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

指紋の件は難しいと思います。
保存状態がよければ、まだ採取できると思います。
ただ採取できたとしても、不特定多数の人が触れる郵便物ですし、指紋が警察のデータベース上に登録されていなければ、あまり意味ないです・・・
罪状は、被害状況の詳細が分からないので、何とも言えませんが、信書開封、器物損壊、住居侵入が候補にあげられます。

仮に指紋が特定できたとしても、犯人に直結する証拠とは言えないので、隠しカメラを設置してするのがベストでしょう。

Q10万円盗まれました。指紋から犯人を特定できますか?

布(ナイロン)製のポーチに入れてあったお金10万円が盗まれました。
ポーチは金属製のファスナーが付いています。
犯人の目星はついていますが、自分から言い寄りたくはありません。
警察に被害届を提出すれば、捕まえてくれるのでしょうか?
そのポーチから指紋を採取して動かぬ証拠を示してもらいたいのですが、警察はそこまでやってくれるのでしょうか?
そのポーチから指紋が採取できるかどうかもよく分かりません。
(布はムリでもファスナー部分からなら可能?)

10万円の窃盗罪だとどのくらいの刑罰になるのでしょうか?
もし10万円を返してもらったとして、示談金みたいなものを請求することは可能でしょうか?
その場合の示談金の相場はいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

10万円盗まれたときの対応は、刑事と民事の2種類の法的な手段があります。

刑事手段とは、刑法等の法律に基づいて犯人を処罰することです。手続きとしては、警察に訴え出ることです。
この時、「被害届」を出してくれと言われることが多いですが、被害届は法的には、犯人を処罰する意思がない場合に犯罪被害を届け出る手続きになりますので、警察もちゃんと動かない場合があります。犯人を本当に処罰したい意思があるのであれば「告訴」をしましょう。
告訴は、犯人の処罰を望む場合に犯罪被害を届け出るものです。告訴状の書き方は、書店などで本を読めばわかると思います。
指紋から犯人を特定するなどの話は、警察が犯人を特定するための捜査過程で行われるものですので、あなたが悩みこむ必要はありません。
ただ、犯人を特定できる情報があるということで、そのポーチを証拠品の1つとして提出するのがよろしいかと思います。(実際には他にも犯行前後の状況を詳しく事情聴取されることと思います。)
実際に、警察がどこまで動いてくれるかという問題はありますが、状況次第です。
動きが悪いこともありますが、訴えでなければ、完全に泣き寝入りになってしまうわけですから、そこはあなたの考え方次第だと思います。
ちなみに、窃盗罪だとすると刑法第235条により10年以下の懲役、50万円以下の罰金と量刑が定められています。


民事手段は、訴訟により不法行為に基づく損害賠償請求又は不当利得返還請求をするというものです。
どちらもお金を返してもらう手段ですが、前者だと慰謝料その他を合わせて請求することも可能です。
要するに、裁判で金返せと訴え、勝訴してから強制執行の手続きを執り、取り戻すということです。
この場合、基本的にはお金さえ戻ってくれば良いわけですから、直接盗んだと思われる方と話合いをして、任意に返済してくれれば解決になるわけです。
この話合いのことを示談といいます。
法的な用語としては、「和解」といいます。
裁判を強行せずに解決する手段ですが、裁判の進行中に和解をすることもできます。
ただし、民事の手続きは、警察は介入しませんので、あなたがお金を取ったと思われる人を探して、その人を指定して訴えでなければなりません。

刑事手続だけではお金は戻ってきませんので、刑事とあわせて民事の手続きを平行して行う必要があります。
前の方も指摘されていますが、どちらの手続きにも時効がありますので(刑事@窃盗なら7年、民事@不法行為なら3年、民事@不当利得なら10年)、手続きをされるなら注意が必要です。
難しいと思われる場合は、一度法テラスなどに相談されてもいいかもしれません。無料相談も行っています。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/

10万円盗まれたときの対応は、刑事と民事の2種類の法的な手段があります。

刑事手段とは、刑法等の法律に基づいて犯人を処罰することです。手続きとしては、警察に訴え出ることです。
この時、「被害届」を出してくれと言われることが多いですが、被害届は法的には、犯人を処罰する意思がない場合に犯罪被害を届け出る手続きになりますので、警察もちゃんと動かない場合があります。犯人を本当に処罰したい意思があるのであれば「告訴」をしましょう。
告訴は、犯人の処罰を望む場合に犯罪被害を届け出る...続きを読む

Q指紋採取

警察に被害届を出して指紋採取して貰うのに何日かかるのでしょうか

Aベストアンサー

直ぐにしてくれますよ。
でも、した後は真っ黒な後が残るし、時間は掛かるわで大変だった。

後は、返事待ちって帰って行きましたけど、かれこれ…2年前くらい経ってますけど…今もまだ…返事は来ないですぅ~

Qお札から指紋はとれるのか

知識が足りなく困っています。。

一昨日の話です。財布の中からお札を抜かれるという事件が発生しました。
財布から全額抜かれた訳ではなく、1枚だけなんです。

仕事中でした。外仕事なので、現場から10数メートル離れた所に作業車を停めていました。
普段からその車は出入りが多いので鍵を閉めるとかの習慣もありませんでした。貴重品も見える所に普通に置いてあります。
被害者は2人で警察の方も呼びました。
警察の方は、全額盗られてないとのことで身内の犯行だろうと言っていました。
しかし、お札からも財布からも指紋は採れないと言われ自分の身の潔白を証明したくても出来ません。
疑うのは当然なのだろうとは思いますが、正直ずっと一緒に仕事をしてきたし、これからも一緒に仕事をしていかなきゃいけないですし...お互いモヤモヤしたままでいたくありません。

本当にお札や財布からは指紋は採れないのですか?他にいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

>お札から指紋はとれるのか

取れることもありますが、多くは不鮮明です。革の財布なら紙幣よりも良い状態で取れるかもしれません。

>本当にお札や財布からは指紋は採れないのですか?

金さえ払えば指紋採取と鑑定はしてもらえます。但し成功報酬ではなくて、1個2万円はするでしょう。今回のケースだと指紋を何個調べるでしょうか。1個や2個では済まないでしょう。指紋の中には所有者のものもあるわけで、もし5個調べるだけで10万円くらいはかかるはずです。コスパが合いません。

警察が指紋は取れないといったのは2万3万の窃盗事件では取れないという意味だと理解してください。これが殺人事件だときっちり鑑定します。

>他にいい方法はありませんか?

現実的に一番良い方法は、取られたお金を勉強代と考えることでしょう。「貴重品は肌身離さず」と言いますからね。何よりも油断大敵です。下手に被害の無かった人がカンパしようなんて音頭を取ると却って怪しまれますよ。そういうことには触れず、かかわらず、記憶には留めても話題にしないことです。

Q指紋の保存期間についてお伺いします。先日、盗難事件があり、犯人の指紋と

指紋の保存期間についてお伺いします。先日、盗難事件があり、犯人の指紋と区別するためと言う理由で、指紋をとることに協力しました。悪い事はしていませんし、するつもりもありませんが、この指紋は、もしかしたら永久に警察に保存されるのでしょうか?警察からは何の説明もありませんでした。今になって心配になりましたし、不快です。もし、永久保存されるなら保存を拒否する事はできますか?

Aベストアンサー

容疑者や犯罪者以外の指紋は記録として残しません。

指紋を記録保存するには理由とともに掲載しないといけないので何もしてない人の指紋は残せないのです。
犯罪者など正式に記録された指紋の保存期間は30年です。

Q紙に付着した指紋について

諸事情により鑑定してもらいたい紙幣と怪奇文(嫌がらせの手紙)があります。
その紙幣が三つ折りになっていたので、(自分の指紋が付かないように)ティッシュを使って折り目を延ばしたのですが、結果的にティッシュで犯人の指紋を拭き取ってしまったように思えます。このような紙幣からでも指紋採取が可能でしょうか?
素人の考えでは、指紋検出のモトとなる手の脂が紙に染み込んで、いくらティッシュなどで拭き取っても検出できそうな気がするのですが、どうでしょうか?
ちなみに怪奇文の方は、ビニールに入れて保存してあります。

Aベストアンサー

指紋に関しては、指紋検出と異同識別鑑定の二つの課題があります。まず、指紋検出については、質問の内容では全く問題がありません。一般に紙幣の指紋検出はニンヒドリンアセトン溶液を使います。検出原理は、人の分泌物のアミノ酸に反応させるものです。この分泌物は、紙幣に染み込みますからこすっても影響ありません。「素人の考え」のとおりです。検出可能期間は、保管が良ければ10年くらいまで大丈夫です。保管とは、乾燥、冷暗所がベストです。
次に、異同識別鑑定について、指紋鑑定基準は、警察庁が提唱する「12点法則」と私的鑑定機関の「齋藤法則」(3点~6点が合致状態、7点~12点が合致)があります。詳しくは、「齋藤指紋鑑定事務所」のHPで「鑑定方法」を見てください(同名検索で出現)。手続きとしては、事件として犯人の処罰を求めるなら警察に被害届を出せば、警察で指紋検出をしてくれます。私的に処理したい場合は、専門家に依頼しないと無理です。事案を見て今後に支障がなければ一笑に付して黙殺することです。但し、念のため、紙幣は、前の方法で保管をしておくことを勧めます。

Q指紋について

よく指紋によって人物を特定しますが例えば手の親指の場合、指紋の採取が完全ではない時、親指の面積何%ぐらい一致してれば特定されるのでしょうか?また採取したい指紋の上に別の人の指紋が付いていた時はどうなのでしょうか?また布や紙などから指紋の採取は出来るのでしょうか?他どんな事でもいいので指紋について教えてください。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

指紋照合は、指紋中の線が時計回りに見て始まっている点「開始点」・止まっている点「終止点」・
線が分かれる点「分岐点」・線が交わる点「接合点」など特徴点と言われるもので照合します。
警察庁の判定基準は原則12点以上が合致する場合、同一人物とされるようですので、単純に何%
の面積があればOKというわけではありません。
例え80%とれたとしても、この特徴点が不鮮明であればNGですし、逆に10%でも特徴点が鮮
明であれば証拠能力を持ちます。
(他に目撃情報がある場合などは12点以下でも証拠能力があると判断される場合もあります)

>採取したい指紋の上に別の人の指紋が付いていた時はどうなのでしょうか?

基本的に照合は難しいでしょうね。
特徴点を照合する際に、どちらの指紋の特徴点なのかが分からなければ証拠としては採用されない
でしょうから。
(重なった指紋の人物が特定できていて、その特徴点を除く事で分析は可能になるかもしれませんが)

指紋は紙やテープ、布、皮革、ガラス、木製品、金属表面、石、皮膚などから検出する事が可能で
すが、形状や繊維などは難しい場合もあります。

指紋照合は、指紋中の線が時計回りに見て始まっている点「開始点」・止まっている点「終止点」・
線が分かれる点「分岐点」・線が交わる点「接合点」など特徴点と言われるもので照合します。
警察庁の判定基準は原則12点以上が合致する場合、同一人物とされるようですので、単純に何%
の面積があればOKというわけではありません。
例え80%とれたとしても、この特徴点が不鮮明であればNGですし、逆に10%でも特徴点が鮮
明であれば証拠能力を持ちます。
(他に目撃情報がある場合などは12点以...続きを読む

Q指紋鑑定にかかる日数

はじめまして。
指紋鑑定にかかる日数はどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

どういった状況だか、質問文だけでは分かりませんが、犯罪捜査での指紋の鑑定で、現場から採取された標本と、比較する対象者の指紋がそれぞれ完全に近い形で採取できれば、コンピュータを使ってすぐに鑑定できます。
また、ある程度熟練した捜査官や鑑識係員なら、2つの指紋を肉眼で、同じか違うものか識別することもできます。

部分的な指紋しか残されていなかったり、形が悪かったりした場合でも、ある程度(どの程度かは分かりません)の指紋が残っていれば、警察の持っている前歴者のデータベースや、被疑者がいる事案であればその人から採取した指紋からコンピュータでの照合が可能だとか。

一般論としては、この程度です。
なににしろ、いま少し詳細な情報を書いていただければ、もう少し突っ込んだお答えもできるかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング