病院勤務1年の薬剤師です.
表題の件ですが,職場の検査技師から「ビタミンB12を内服中の 悪性貧血の患者さんで,ビタミンB12 の血中濃度が高値である人がいるが,理由がよくわからない.何か理由が考えられないか?」との質問を受けました.高値であるとは,もちろん正常範囲を超えているということです.
他の疾患が原因のような気もしますが,恥ずかしながら高値となる疾患そのものを存じておりません.そこで以下の点について教えていただきたいと思います.
・ビタミンB12 の血中濃度が高値になる疾患と,高値となる機序
・悪性貧血のみで 血中濃度が高値になる場合があるか?
どうかよろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

僕も的はずれな回答に成ってしまうかもしれませんが先ず悪性貧血という診断は正しいのでしょうか?


先の方の回答にあるようにこの診断名だと内因子欠乏によるビタミンB12の吸収障害なので内服で貧血の治療効果が上がるか難しいところだと思いますが?
ビタミンB12は一日の必要量が少ない割に体内の貯蔵量が多く、症状が出るのも貯蔵量が10%を切ってからと欠乏症を起こしにくいので普通は筋注などで投与して十分足りたら一ヶ月に一回ほどの補充で大丈夫だと思います。体内の貯蔵量をオーバーしてもまだビタミンB12を大量に摂取しているようなら内服こそがビタミンB12高値の原因だと思います。
さて貧血は改善していますか?ビタミンB12が高値となるほど十分足りていてもし改善していなければこれは悪性貧血ではないのではないでしょうか?
先の方の回答にもあるように葉酸欠乏もあるでしょうしその他にも巨赤芽球性貧血をきたす疾患はいろいろあるので其方の方を鑑別する必要があるのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます.
さて,futukayoi様もお察しのようですが,実は私の質問自体が不適切でありました.
正確な内容で後日質問し直すことにいたします.誠に申し訳ありませんでした.
お返事の内容は勉強になりました.ありがとうございました.

お礼日時:2001/10/29 22:27

的外れな回答かもしれませんので、参考程度に見ていただいたほうがいいです"(^_^;)"



(教科書で得た知識ですが)一般的な悪性貧血では、内因子分泌不足によるビタミンB12吸収不良が原因ですので、ビタミンB12の投与によりビタミンB12の血中濃度が高まれば、症状が改善されます。

しかし、悪性貧血(巨赤芽球性貧血?)の他の原因として、葉酸の不足というのもあるようです。

そもそも、ビタミンB12が不足して問題になるのは、血球のDNA合成時に葉酸代謝が行われますが、それにビタミンB12が関与しているからだそうです。
ビタミンB12がなければ葉酸代謝がうまくいかないということです。

しかし、葉酸そのものが不足していれば、ビタミンB12がいくらあろうとも、悪性貧血(巨赤芽球性貧血?)は起こってしまいます。

だから、この患者さんは、ビタミンB12はもともと少なくは無く、葉酸不足による貧血であったため、ビタミンB12の内服によって、ビタミンB12血中濃度が高まってるだけなのではないか、と思うのですがどうでしょうか?

葉酸不足というのは、食事摂取が不十分な妊婦や、アルコール中毒者、老人、極貧の生活をしている人、などに起こるようです。

教科書を調べてみましたが、ビタミンB12が高値になる疾患については記載されていませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます.
さて,実は検査技師との間に大変な行き違いがあり,私の質問は実際とは異なるものでありました.
改めて質問をし直すことといたします.申し訳ありませんでした.
とはいえ,勉強になりました.ありがとうございました.

お礼日時:2001/10/29 22:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンB12の過剰摂取は癌になる?

これ
http://supplementmanual.blog33.fc2.com/blog-entry-73.html

ビタミンB12過剰摂取で癌になるってマジすか?
現在、眼科からメコバラミンと言う薬をもらって飲んでいます。
ビタミン剤ですよね?タバコも吸ってますし癌になりやすくなるんですか?
ビタミンB1も摂取したくてファンケルのビタミンB群のサプリも買おうと思ったんですが。
ファンケル
http://www.fancl.co.jp/Items/Detail?category=02&item_code=5222a

やめておいた方がいいですか?

Aベストアンサー

1日2錠飲んでも過剰摂取にはなりません,1日100錠飲んだら過剰摂取です

Qb型,c型肝炎ウイルス,AIDSの血液感染について

先日食べたパンに少量の血液が付いていたようなのですが,(不味くてパンを確認すると付いていました)
このような状況で血液感染は考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

血液感染どうこうよりも私的にはそのパンの方が気になってしまいます。
どこで食べたパンですか?
パンに血がついてたなんてあまり聞いたことがありません。
気持ち悪いですね(-_-;)

ちなみに感染ですが口の中に大きな傷でもない限り
そんな少量のパンで感染することはまずないと思いますよ。
そもそもその血液が病気になってるかどうかも不明ですし。
まず安心して大丈夫だと思います(^_^;)

QビタミンB12の過剰

ビタミンB12が過剰になると甲状腺機能低下やうっ血性心不全を起こすと聞きました。
ビタミンB12がどのように作用してそのようなことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo1ことharepandaです。URLのご提供、ありがとうございます。

これは、ビタミンB群を構成する原材料として、コバルトが含まれるという意味です。

しかし、体内にコバルトがあっても、人体はビタミンB12を合成する能力を持ちません。結果として、ビタミンB12は食料から摂取するしかないのです。

塩化コバルトを投与しても、ビタミンB12に変わることはなく、血中では単純にコバルトのイオンになると思います。その場合、甲状腺機能低下やうっ血性心不全を引き起こすリスクがある、という趣旨の文章かと思われます。

Q院外処方,栄養指導のTV電話相談は可能か,病院の待ち時間軽減,などの諸問題に関しての質問

QNo.849360,845913で質問した者です。

今ワーファリンで血栓を溶かす治療を日常生活で行っているんですが多々質問があります。

1.総合病院での診察後病院で薬を貰うのではなく処方箋の内容を発行してもらい【院外処方】という方式になっいたのが驚きで↓過去ログを参照しました。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=893387

そこでANo.#2さんの理想論とANo.#4さんの現実論があるのですが根本的にこの制度は薬局側の政治圧力でなったのか,それとも病院側の圧力でなったのか背景は何なのでしょうか?特段患者側にデメリットがあるとも感じないのですが何かありますか?また今回薬の処方を病院の目の前にある薬局を利用しましたが特段そこでも良い(薬局内は非常に清潔感があり無料ドリンクもあったりTVもあったり)と思ったのですがもっと探すべきでしょうか?

2.ワーファリンの薬の効能を上げる為栄養士から15~30分程度の指導を受ける為にわざわざ病院に行かなければならないのですが,こんなのは病院にある診断書などを栄養士が見てそれで食事制限の具体的内容をFAXやメールなどで配信するなりすればすむと思うのですがこれは直接指導を受けなければならない法律や規制があるんでしょうか?FAXやメールですむ事で何か裏があるんでしょうか?

3.総合病院では予約された時間に行っても1時間~1時間半以上待たされるのですが血液採取で判定に約1時間かかる事を考慮して,例えば病院のHP上に診察券No.と本人確認の情報を打ち込んで現在の待ち時間をJust On Timeで表示し前もって朝病院の開始時間に血液検査だけしておけば待ち時間がわかるのでその時間に診察を受ける事が予算さえあれば可能ではないでしょうか?この病院の待ち時間軽減に何か妙案や実施されている改善策は無いのでしょうか?

専門家,経験者,の方など何でも結構ですのでアドバイスお願いします(_ _ 。

QNo.849360,845913で質問した者です。

今ワーファリンで血栓を溶かす治療を日常生活で行っているんですが多々質問があります。

1.総合病院での診察後病院で薬を貰うのではなく処方箋の内容を発行してもらい【院外処方】という方式になっいたのが驚きで↓過去ログを参照しました。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=893387

そこでANo.#2さんの理想論とANo.#4さんの現実論があるのですが根本的にこの制度は薬局側の政治圧力でなったのか,それとも病院側の圧力でなったのか背景は何なのでしょうか?...続きを読む

Aベストアンサー

開業医の立場から書き込みます

1)
誤解が無いように書いておきますが、院外処方・院外薬局の制度というのは昔からあったものです
しかし現在のように医薬分業という名のもとに院外処方へシフトされたのは、
その根本原因に健康保険の点数設定があります。
それを行っているのは厚生労働省健康保険局です。
つまり厚生省(現在の厚生労働省)の誘導です。
これを後押ししたのは「薬価差益」問題と「医療費高騰」「健康保険基金の破綻」を結びつける世論ですが
この世論を誰が操作したのか?については憶測なしでは語れないと思います。
・・・以下勝手な憶測です・・・
マスコミ報道は薬価差益にたよる医療機関の収入について非難を浴びせるものでしたが
医療機関にはそうして利益を出さねばならない事情があります(技術料の低設定です)
日本の医療費は世界でも類をみないほど安価であるのはそうした技術料金の不当な低設定にありますが
それでも高騰していると言うのであれば内訳を見れば明らかですが医療費の大半は薬剤費が占めています
しかしこれらマスコミ報道には技術料の低さや薬剤費の占める割合、外国と比べた場合の薬剤単価の比較などは明らかに避けたものばかりでした。いわゆる報道の偏り、偏向です。
なぜか?それはそこに国民の目が向いたら困るからとしか考えられません。
この薬剤費の切り詰めなしには現状の医療費の削減などありえないのですがこれをされたら困るのは誰か?
簡単ですが製薬会社であり製薬会社から献金を受けているであろう厚生族と呼ばれる自民党ほかの議員です
(自民党だけでなく民主ほかの政党にも厚生族はいますよ・・・念のため)
これらの立場にあるものが医療費削減の名目と高騰は医療機関側にある(医師悪者説)の元に
世論を煽って断行したのが院外処方への行政誘導です。
理論上院外処方を行い薬剤師の指導のもとに服薬をするのは非の打ち所の無い正当な内容ですし
点数が決まった以上これに逆らえば経営上問題が大きくなるので医師側には逆らう方法がありません

2)
基本的に医療に関わる諸行為は『対面』と決まっています
本人である事の確認他、行動その他で異常を感じればこれを報告するなど必要があるからですが
これだけITが進んだ時代ですので次期にはどうなるかはわかりません・・・が現状は『対面』が必須です

3)
それを行っている病院も少ないながらあるようですが(多くは個人医院)
あくまでも病院の余力が無ければできません(それだけの投資を誰がするか、そしてどこから捻出するか)
健康保険ではそんなものあるわけありませんし、つぶれる病院が沢山出る時代にそんな余力どこにあるのかわかりません
また先にあげた行政誘導は「個人医院>総合病院」であり一般患者が大きな病院に行くのをやめさせる方向性です
行きやすい環境作りに援助などあるわけがありませんが、どうなんでしょうね。

開業医の立場から書き込みます

1)
誤解が無いように書いておきますが、院外処方・院外薬局の制度というのは昔からあったものです
しかし現在のように医薬分業という名のもとに院外処方へシフトされたのは、
その根本原因に健康保険の点数設定があります。
それを行っているのは厚生労働省健康保険局です。
つまり厚生省(現在の厚生労働省)の誘導です。
これを後押ししたのは「薬価差益」問題と「医療費高騰」「健康保険基金の破綻」を結びつける世論ですが
この世論を誰が操作したのか?については...続きを読む

QスピルリナのビタミンB12について

ネットでは、スピルリナはビタミンB12があるから良いとか、スピルリナのビタミンB12は不活性型だなどとありますが、まだよくわかっていないのでしょうか。

Aベストアンサー

結論から先に言いますと、最新の論文でも、活性・不活性の相反する内容のものがあり、どちらが正しいのかよくわかっていません。ビタミンB12を確実に摂りたいなら、ビタミンB群配合の医薬品、またはサプリの摂取をお勧めします。

QGOT,GPT,γ-GTPが基準値より高い場合。

先日健康診断がありまして、初めて「肝障害」という結果が出されましたので、焦って質問させて頂いております。
具体的には、
・GOT(AST)→49
・GPT(ALT)→63
・γ-GTP→60
という結果です。
禁酒した方が良いとのアドバイスが載っていましたが、そもそもお酒は月に2~3回しか飲んでいません。となると、日常生活に何か問題があるのでしょうか?
私は24歳の女性で、仕事は事務職。実家から職場へ通っています。睡眠は毎日6時間は取っています。特に運動はしておりません。
父も肝臓は弱いです。

以上の事を踏まえて、
1この数字はどの程度悪いものなのか?
2肝臓に悪い食品・良い食品、そしてこういう行動をしない方がいいと言うアドバイス。

以上の2つについてご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

24才の女性ですが、肥満は無いですよね?
肝機能の代表的な検査3項目のデーターのみを見た感じではなんとも言えませんが、貴女が肥満であれば脂肪肝の可能性が大ですね。月にその程度のアルコール摂取では一般的な肝臓では障害は来ないと思います。
肝臓で処理できるアルコール量は日本酒で2合、ビールで2本程度であると何かで見たことがあります。
本題に回答します。

>1この数字はどの程度悪いものなのか?
この値のみでどの程度悪いかどうかの判断は難しいです。次にほかの検査をすべきと思われます。
例えば、血液検査は3項目に併せて、LDH、ビリルビン、ALP、HbS抗原、HCV抗体程度はすべきと思われます。後は腹部エコーで脂肪肝かどうかの確認と胆嚢、胆管などに異常が無いか。

>2肝臓に悪い食品・良い食品、そしてこういう行動をしない方がいいと言うアドバイス
基本的に肝臓疾患があればアルコールは禁止です。
その他の食品では、出来るだけ食品保存剤や添加物のないものを食べた方が良いです。あとは、節度のある生活で十分な睡眠ですね。

Q海苔とビタミンB12

ビタミンB12は植物性食品にはほとんど全く含まれないのですが、例外として海苔には比較的多く入っているそうです。しかし、参考書やネットでいろいろ調べてみると、次のような二つの意見が混在していました。

・海苔はビタミンB12の有効な供給源になり得る。
・海苔のビタミンB12は不活性型なので供給源にならない。

これはどちらが正しいのでしょうか。それともまだ論争中で結論の出ていないことでしょうか。専門家の方にお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

>それともまだ論争中で結論の出ていないことでしょうか。

今のところ結論は出ていませんが、生海苔ならひょっとして大丈夫かもという程度です。
少なくとも焼海苔、佃煮など加熱されたものでは人体のビタミンB12の濃度の高まることはないと
されています。

従って菜食主義者の方やビタミンB12を含む動物性食品をあまり摂らない方、また50歳以上の
方にはサプリや薬品などでビタミンB12を摂取することが勧められます。(50歳以上の方では
ビタミンB12の吸収力が減退することも知られています)
下のサイトの表には海苔、青のりも出ていますが、不活性のものを含んでいる可能性があります

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b12.html

Q悪性新生物ってなんですか?

統計データを見ていると、このような表記があるのですが。死亡原因のトップとなっており、ガンのことではないかと思うのですが、なぜガンといわずこのような言い方をするのでしょうか?ひょっとしたら私が無知なだけかもしれませんが、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪性新生物とはガンの事と思ってよいのですが、正確にはガンの一種で、新生物(腫瘍)には幾つかの種類があります。

詳しくは、下記のページと参考urlの20番をご覧ください。
http://www1.ocn.ne.jp/~w.again/page2.html

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwkp1839/sinMAX21best2.htm

QベジタリアンのビタミンB12摂取について

ベジタリアンの食事内容についておたずねします。

ビタミンB12を摂取する場合ですが、
植物性の食材に含まれるB12は非活性と聞いています。
でもサプリメントでの摂取は出来るだけ避けたいのです。
そこで仕方なくちょっと方向転換して動物性食材になりますが、
煮干で出汁をとった味噌汁を飲むのはどうかと思うのです。
確かビタミンBって水溶性ですよね。
この方法でビタミンB12を十分にとることができるのかどうか、どなたか教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

腸内細菌がVB12を合成しているという最初の報告は、草食獣での、Abelsonらの研究が最初です(既に何十年も経っています)。

しかし、
悪性貧血(VB12吸収障害が一因の貧血)という疾患があるという事実。

胃を全摘したヒト(胃粘膜の内因子欠乏による腸でのVB12の吸収阻害)は、VB12の吸収不全となり、貧血傾向となる事実。

やはり、外因性に摂取する必要性があるでしょう。但し、1日必要量は極微量ですから、わざわざ、薬なんかを服用することもないでしょう。

厳格な菜食主義の方の、哲学はよくわかりませんが、いくらか、動物性食材を摂取するのが自然だと思うのですが・・・・

VB12が3μg程度以上含まれる様にする為の、煮干の煮汁の量については、残念ながらわかりません。

Q悪性リンパ腫、寛解後も献血は止めるべき?

3年前に悪性リンパ腫発症、化学療法で寛解、1年後に再発して
化学療法➕自家移植で再発防止。
この1年間寛解で観察中です。
献血の依頼が有っても辞退した方が良いのでしょうね?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

手術を受けたのなら、おそらく輸血していると思います。
輸血した人は、献血をしてはいけないルールになっているはずです。
これは、安全性管理の問題で、ガンとか関係なく。

専門でないので、そういうルールですと聞いているだけなので
献血する前に聞いてもらった方が間違いないかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報