FEDEXから、立替関税・消費税の請求書が届きました。
書籍を空輸した際に課税されたようです。(書籍を販売したわけではありません)

2,200円のうち、1,000円強(曖昧ですいません)が立替手数料なので、税額分を租税公課にして(仮払い消費税が適当でしょうか?)残りは事務費か雑費にしようと思います。
請求書をまじまじ見ましたが、立替手数料の国内消費税に関する記載がまったくありません。
そこで、通常の外国宛の宅配送料の請求書も見ましたが、これにも国内消費税の記載が見つけられません。

外国宛宅配料って、、、、消費税非課税なんでしょうか?まさかそんなことはないですよね。
なんだか頭の中が真っ白になってしまいました。

◇書籍の輸出(贈呈品)には関税・消費税がかかる。
◇外国宛宅配送料や立替手数料には、記載が見つけられなくても、請求額に国内消費税5%が含まれている。

以上で、間違いないでしょうか?
(おたおたしているうちに18時過ぎてしまってFEDEXに聞けない)
そしてFEDEXが立替えた税金は「租税公課」と「仮払い消費税」とどちらが適当でしょうか?
・・・・まさか輸出先の国の税金???????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

国際貨物の配送料は輸出免税です(0税率)。



請求された「税金」は、宛先国の関税の立替額だと思いますので、租税公課でいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

げげげ
よもやまさか ”外国宛宅配送料非課税”って 一応言ってみただけなんですけど ほんとうにそうなんですね!
今までずっと 国内輸送費と同じに処理してました
つまり 仮払い消費税を多く算出していたわけだから 消費税額に申告漏れがあるってことですよね
あわあわあわあわあわ

ご回答ありがとうございました
私が まるっきり物知らずだってことが よくわかりました

お礼日時:2005/08/22 23:55

関税については、租税公課で問題無いと思います。


立替消費税が、実際は消費税計算において、別紙に記載する金額ですので、税理士の先生などに分かり易いように、租税公課の科目にしておく等しておいても良いかと思います。(事前に先方と相談した方が良いです)

立替手数料については、確か、非課税だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前 輸入の際の仕分け(訳もわからず記帳していただけ)では 税関を通るときに国内消費税を徴収されたし 請求明細に立替え手数料の国内消費税が記載してあったはずなのに・・・・・ そうですか 輸出の場合は消費税が非課税なんですね

回答ありがとうございました

お礼日時:2005/08/23 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税込み処理で作った試算表と、決算時の消費税(租税公課)の差額?

中小企業の者です。一年間、税込みの処理で仕事をしてきました。市販の経理ソフトを使っています。試算表をみれば、借受消費税や仮払い消費税が載っていたし、それでだいたいの営業利益を見込んで作業してきました。しかし、税理士さんが数字を計算し直して返してくると、いつも租税公課が大きくなり困惑しています。正直いって、私は安心して仕事ができません。この差額は、どうして出てくるのでしょうか。一般論として、その原因となる科目を教えていただけませんか?また、税理士さんに導きだされた租税公課の額を、税込み処理で導き出していた金額に寄せることは可能なのでしょうか?
(もちろん初めから税抜で経理処理すれば、よいのは解っていますが、会社規模的にそのようなリソースはないのです)

Aベストアンサー

> 試算表をみれば、借受消費税や仮払い消費税が載っていたし
税込で会計処理しているのであれば「仮受消費税」「仮払消費税」勘定は発生いたしません。
税込で数値入力を行い、自動計算(又は何らかのボタン操作)で『税抜き処理』をしているのではないですか?


> 税理士さんが数字を計算し直して返してくると、
> いつも租税公課が大きくなり困惑しています。
> この差額は、どうして出てくるのでしょうか。
この文章では「月次」「中間」「確定」のどの決算時における話なのか分かりませんが・・・細かい話は省きますが、消費税額等は必ずしも「未払消費税」=「仮受消費税」-「仮払消費税」-「中間予定納付済み額」とはなりません。
その為、税理士事務所に各種確定申告書の作成を委託している場合、「仮受消費税」-「仮払消費税」-「中間予定納付済み額」で導いた金額と、消費税確定申告書の作成業務で算出された消費税額との差額を「租税公課」勘定で調整してきます。

因みに当社は、連結決算等の絡みで、上記の調整前の金額で決算を確定させて、差額は法人税申告書の別表で調整。
 ⇒翌期に「租税公課」勘定に『前期消費税確定額の差額』として計上。


> 一般論として、その原因となる科目を教えていただけませんか?
一般論と言うモノで回答することは無理です。
そもそもなぜ発生するのかが私たちには判りません。
方法は脇に置いといて、御社の会計帳簿及び税務申告書のすべてを公開できますか?
ですから、私を含めて回答者は経験や知識に基づき、推測で書いています。


> また、税理士さんに導きだされた租税公課の額を、
> 税込み処理で導き出していた金額に寄せることは可能なのでしょうか?
営業利益の見込みが狂うから、自社の計算値にしたいと言う事ですよね。
当社がそうであるように可能です。しかし、それは「翌期」に於いて『前期消費税確定額の差額』を「租税公課」に計上する事となります。
それでも営業利益を狂わせることに変わりはないのでは?


> (もちろん初めから税抜で経理処理すれば、よいのは解っていますが、
> 会社規模的にそのようなリソースはないのです)
最初の方に書きましたが、「税抜き」で会計処理をしても消費税額等は差が生じることが有ります。
税込での会計処理が自社にとってメリットが有り、税理士先生の方から「税抜き」での処理を要求されていないのであれば、現状の会計ソフトを使われた方が良いです。
また、税理士先生に相談すれば、適切なソフトをアドバイスしてくれるかもしれません。
 TKC:http://www.tkc.jp/cc/fx
 ソリマチ:http://www.sorimachi.co.jp/
 OBC:http://www.obc.co.jp/


兎にも角にも先ずは、「租税公課」の値が変わることを含め、税理士先生と話し合ってください。
黙って悶々としていると、気持ちの擦れ違いから信頼関係が崩れていってしまいますよ。

> 試算表をみれば、借受消費税や仮払い消費税が載っていたし
税込で会計処理しているのであれば「仮受消費税」「仮払消費税」勘定は発生いたしません。
税込で数値入力を行い、自動計算(又は何らかのボタン操作)で『税抜き処理』をしているのではないですか?


> 税理士さんが数字を計算し直して返してくると、
> いつも租税公課が大きくなり困惑しています。
> この差額は、どうして出てくるのでしょうか。
この文章では「月次」「中間」「確定」のどの決算時における話なのか分かりませんが・・・細かい話は...続きを読む

Q消費税は租税公課になる?

当方、個人事業の白色申告です。

タイトルについては、「税込経理方式の場合、納付消費税は租税公課(必要経費)になる」ことは理解していますが、その扱いがよく分かりません。
当方の申告書の作成手順は

1、まず収支内訳書を作ります(この段階で納付税額は分かりません)。
2、所得税確定申告書を作ります。
3、消費税の確定申告書を作ります。
※すべて国税庁HPで作成

さあ、消費税の納付額が分かったので収支内訳書の租税公課に計上・・・ておかしくなりませんか。

いや、明らかに私の誤解だと思うのですが、「内訳書の書き方」を見ても(これによれば、内訳書の租税公課に入れる、と言う事ですよね)、また「個人事業の○○○」とかの本を見ても、自分の理解のどこが間違っているのか、さっぱり分からないのです。

慣れている方には何てことない話なのかも知れませんが、期限も迫っておりますので、具体的にお示し頂ければ助かります。

Aベストアンサー

19年分の消費税は20年に支払うので20年分の租税公課として必要経費に算入するのが原則ですが、19年分の租税公課としても差し支えないです。
この場合には、収支内訳書を作成したら納付すべき消費税額を確定させて、確定税額を租税公課に追加した後に所得税の確定申告書を作成すればよいでしょう。
ただし、翌年以降も継続してこの方法で経理することが重要です。

Q消費税は租税公課ではないですか?

税金全てが租税公課になるわけじゃないですか?

Aベストアンサー

租税公課に消費税は含まれます。
どんな話でも、消費税は租税公課です。

しかし、会計処理のルールにおける租税公課勘定に含まれるかどうかというのは別物でしょう。

そもそもが、預った消費税を払うだけですので、会計処理では貸借対照表の範囲内で処理が終わるため、損益計算書の範囲となる租税公課勘定で処理は出てこないでしょう。

仮受消費税-仮払消費税=納税額ですからね。

しかし、簡易課税の処理のような場合には、上記の税抜き処理ではなく税込処理で行っていることから、納税額は損益勘定である租税公課勘定を使うことにもなります。また、原則課税であっても、端数処理等での調整を行う際には、租税公課勘定で消費税の一部を処理することもあります。

また、税金もいろいろな目的でいろいろな形で課税されることとなります。ですので、租税公課勘定で処理しない場合の会計処理もあることでしょう。

Q滞納税(本税)は租税公課で経費になりますか?

こんにちは、個人事業しています。
固定資産税を滞納していました。
現在、滞納分を分割して払っています。

滞納税(本税)は租税公課で経費になりますか?

Aベストアンサー

滞納した場合、本税+延滞税を支払うことになると思いますが、

 本税→租税公課で経費になる。
 延滞税→経費にならない。

です。。

Q租税公課 or  立替金 ?

はじめまして、経理に関してど素人の個人事業主(司法書士)です。

お客様からの登記申請の依頼があった場合、登録免許税(収入印紙
で納付)や登記簿謄本の交付手数料(登記印紙で納付)はこちらで
立て替えて申請し、登記完了後に報酬と併せてお客様に請求してい
ます。
この場合、立て替えた収入印紙代・登記印紙代については、租税公
課として扱ったらいいものやら、立替金として扱ったらいいものや
ら迷っています(今のところは租税公課として記帳していますが)。
他の司法書士の話では、どちらでも構わないと聞いていましたが、
租税公課とした場合、租税公課分も売上金に計上されてしまうから
・・・とか。

Aベストアンサー

2通りの方法があります。

1.立て替えた収入印紙代・登記印紙代は「立替金」として処理をして、顧客から受け取ったときに、その分は「立替金」で受け入れて、報酬分を「売上」で処理する。

2.立て替えた収入印紙代・登記印紙代「租税公課」で処理をして、顧客から受け入れたときに、立て替えた収入印紙代・登記印紙代・報酬を「売上」で処理する。

いずれの方法でも、問題はありません。

ただし、2の方法の場合、報酬については消費税が課税され、立て替えた収入印紙代・登記印紙代については消費税は非課税ですから、課税売上と非課税売上に分ける必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報