はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

前レスでは自分の知りたいことが解決できなそうなので、投稿します。

現在失業中の身です。
給付制限期間中のアルバイトについてですが、普通の時間給のバイトでは無く、外注の形で仕事を請け負った場合は、どうなるのか?御意見お聞かせいただければ幸いです。

作業は在宅ですすめますので、働く時間と日数は自分で調節できます。
例えば、4日間で一気に仕上げれば、申告する日数は4日ですが、収入は20万
とかにできてしまいます。

心配なので、ハローワークの窓口で聞いてみたところ、金額は関係なく、
働いた日数分の給付が引かれます。との解答でした。(給付制限期間中である、と告げなかったので、受給期間中の場合のことかも知れません)
ハローワークの方の解答では良く分らなかったので、インターネットの個
人サイトや、図書館の本を読んだら、よけい分らなくなってきました・・。

↓どれが本当でしょうか?
1)給付制限期間中は働いてももらえる金額に影響は無い。
2)受給期間中のアルバイトは、働いた日数分の受給金額が減額される。
3)受給期間中のアルバイトは、働いた日数分だけ受給期間が伸びる。
  つまり、アルバイトをした月の受給額は減るが、その分あとから貰る。

※「就職した」とみなされるような働き方をした場合を除いての解答で結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>(2)の就業手当については、申請するとつくのか、それとも勝手に支給されてしまうのかは調べていません。


それに関しまして私も様々な管轄の職安に伺ってみましたところ、
解釈が諸所ばらばらな部分もあるのですが、
多かった共通点は給付制限中は任意でした。(絶対に請求という管轄もあったので個別の状況によって異なるものと考えられます)

基本手当て支給中は2つのパターンが多かったです。
絶対に就業手当を申請しなければならないとするところや、
月10日以上の場合は絶対だが10日未満は任意の選択とするところです。

他にも日数関わらず任意とするところもありますので、個別の状況及び管轄に伺った方が良いようです。

*私が伺ったのは関東圏の4つの都市のそれぞれ3箇所づつの職安です。
また同県、同都内でも管轄により何故か解釈が異なっていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

abo55有難うございました。

こう言った受給の実態や制限については、ハローワークから事前に一切説明が有りませんでした。また、「但し」や「例外として」が多いのがこの制度のようですね。
これから離職されるかたは、できれば事前にいろいろ調べてから離職し、就職活動に専念して頂きたいという思いです。

そろそろ〆にします。
みなさん有難うございました。

お礼日時:2005/10/14 18:26

1、ですね。


給付制限中に労働を行なっても「失業認定申告書」に就労の事実を記載すればその後の手当に別段何の影響もありません。
ただし、就業手当の請求を行なうとその分は差し引かれます。

ちなみに、
>働いた日数分の給付が引かれます。
支給の場合と仮定しますが、これだと語弊があるの正確には、
例えば認定日と認定日の間は基本28日間隔ですが、支給の際その28日の間に例えば5日間短期で就労したとします。
その場合はその5日間を省いて23日間の支給になります。
でその5日間はどうなるかというと後に延びるだけです。
唯これは金額が関係あります。金額によっては影響なく支給されるか、差額を支給するか後に延びるか分かれます。(就職と認定されるとその部分の期間は不支給となりますが、新たに受給資格が発生していなければ離職後、受給期間の範囲で支給が再開されます)

外注で請け負っているという部分もかかわりがある可能性がありますが、
職安の給付係に再度伺われると宜しいですよ。
給付係以外のかたですと時折誤った回答をなさるかたがおりますので。

この回答への補足

下記の意まとめの補足です
(2)の就業手当については、申請するとつくのか、それとも勝手に支給されてしまうのかは調べていません。

補足日時:2005/10/14 13:37
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりました。(汗)
ハローワーク給付係に再度聞いてきました。

後続の人のために、みなさんに聞いた事、ハローワークで聞いた事をまとめると、下記のようになりました。但し、特別な申告が必要な場合もあるので、バイトを始める前に、必ず給付係に相談し、確認したほうがいいですね。

1)給付制限中のアルバイトについて。
---------------------------------------☆
給付制限中に労働を行なっても「失業認定申告書」に就労の事実を記載すればその後の手当に影響はない。
※ただし、就業手当(基本手当ての30%)の請求を行なうとその分は差し引かれる。
※労働時間と日数によっては就職したとみなされる場合が有る。

2)受給期間中のアルバイトについて。
---------------------------------------☆
受給期間中のアルバイトは、働いた日数を差し引いた日数分の受給となる。差し引かれた日数分は給付が先送りになる。

※労働時間と日数によっては就職したとみなされる場合が有る。
※ただし、就業手当の請求を行なうとその分の受給権は消滅する。
※はたらき方が、「内職扱い」の場合は稼いだ額によっては満額支給される。(内職=1日の就労が4時間未満でかつ、週20時間未満の就労のこと)

ちなみに、私のような外注で仕事をする場合は、時間数に関わらずバイト扱い(×と記載)になるそうです。給付制限期間中であれば、申告するだけで受給に影響はないそうなので、給付制限期間中に終わらせる事に致しました。
ハローワークの給付係の方にも、詳しい人、詳しく無い人がいらっしゃいます。電話で聞かずに直接窓口で聞いて、はっきりした回答が得られるまで食い下がると、詳しい人にちゃんと確認してくれます。詳しい人はどうも、1人か2人みたいですね・・・。

お礼日時:2005/10/14 13:21

 仕事をして収入があった場合のみ、その日数分の金額が言及されます。

仕事をしても収入がない(たとえば入金が遅れる場合や、自営の手伝いのみの場合など)場合は、減給はされません(経験済み)。
 尚、在宅の仕事の場合、1日当たり4時間以内でなければ「内職」に相当しませんので注意が必要です。4時間以上だと「就労」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか~。お答え有難うございます。

4日分の減額しかされないのに、収入は20万って、
ちょっとずるいようで気が引けますが、根をつめれば実際4日くらいでできてしまいそうです。
時間と日数で計算するのって変な制度ですよね。

お礼日時:2005/10/02 13:43

2)が正解だと思います。



どういう働き方をしたかは関係ないです。

収入があった分はすべて減額対象となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早い解答有り難うございます。
3)は図書館の本で得た情報なので、情報が古かったのかも知れません。

収入があった金額が引かれる訳では無く、日数で決まるということですよね。

お礼日時:2005/10/02 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む

Q解雇後、業務委託契約中の失業手当について

知人が、会社都合で会社を辞めることになりました。
ですが、仕事は今までと変わらず、雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
本来であれば、会社都合での離職なので、7日間の待機期間ののちすぐに手当は支給されると思うのですが(支給自体は1か月後なのは知っています)、退職前と同じくらい働いていたら本来は雇用保険に加入しないといけないくらいで、給付対象にならないですよね?
業務委託契約中の分は、給付が先送りになるだけでしょうか?

働きながら給付を受けたいわけではなく、受給の権利がどうなるのかを心配しています。
(給付を受けているときにアルバイト等で収入があった場合は申告、その分の給付が先送りになる、ということは理解しています。)
離職前の給与で算定されて、会社都合ということで必要になったときにすぐに給付が受けられ、給付期間も会社都合の扱いになるのなら、それでよいのですが…

業務委託契約自体は暫定的なものらしく、とりあえず2~3か月(引き継ぎ等も含め)ということらしいです。
その契約が終わってからハローワークに行ったほうがよいのでしょうか?でも、もう離職票はもらっているし、業務委託では雇用保険はないので、それで働いた分は給付対象にはならないですし…。

知人はどうしたらいいのか、お分かりになる方がいらっしゃったら教えていただけますでしょうか?

健康保険や年金については、自分で加入しなければいけないということは理解しております。(忙しくてまだ行けてないそうですが、手続き予定だそうです。…退職したのに忙しい、ということ自体がおかしいのですが;)

私は失業手当をもらった経験があるのですが、こういうケースはどうなのかがよくわかりませんでした。
よろしくお願いいたします。

知人が、会社都合で会社を辞めることになりました。
ですが、仕事は今までと変わらず、雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
本来であれば、会社都合での離職なので、7日間の待機期間ののちすぐに手当は支給されると思うのですが(支給自体は1か月後なのは知っています)、退職前と同じくらい働いていたら本来は雇用保険に加入しないといけないくらいで、給付...続きを読む

Aベストアンサー

>雇用形態を業務委託という形にされただけのようです。
会社からは離職票をもらっていて、ハローワークに手続きに行く予定なのですが、その場合は失業手当はどのような扱いになるのでしょうか?
 ・業務委託は個人事業主としての契約になります
  離職後、個人事業主になった場合は、失業給付の受給資格はありません・・ハローワークで失業給付の申請は出来ない
  申請をした場合は、意図的な不正受給に当たります
 ・友人には、失業給付の申請をしないようにお伝え下さい

>業務委託契約自体は暫定的なものらしく、とりあえず2~3か月(引き継ぎ等も含め)ということらしいです
 ・契約終了後、ハローワークにて失業給付の手続きをして下さい・・この場合問題有りません
 ・会社都合で退職なら、7日間の待期期間終了後、給付期間に入り、手続き後1ヶ月後位に最初の失業給付金が支給されます

>その契約が終わってからハローワークに行ったほうがよいのでしょうか?
 ・これが正解です

Q失業保険受給中の請負収入の申告について

派遣期間満了で待機期間1ヶ月で、5月12日失業認定をうけ、次回認定日が6月9日です。5月21日の説明会の時に内職等の収入の申告の説明を受けました。認定後在宅の仕事が入って、6月1日に14000円入ります。1ヶ月の収入も少ないのですが、7月8月と、収入が増えてくると思われます。どのように申告するのが、一番ベストなのでしょうか。
全額支給=賃金日額の80%>1日の収入-1,388(未満)
不支給=賃金日額の80%<1日の収入-1,388
減額支給額=基本手当+(1日の収入-1,388)-賃金日額の80%
というところまでは理解できたのですが、1日当りの収入金額の設定次第ということになり、職安の方にもしそういう場合は?と聞くと内職でかまわないと思いますが、会社に聞いてみて下さいというし、会社側に相談すると、請負契約なのであくまでも自己申告でということでした。入稿日と出稿日が一応あるのですが。。。こちらで日数を振り分けていいのでしょうか。
また、なぜこのように悩むかというと、実は職業訓練校の申し込みをして6月1日適性検査と面談があります。入所選考日が6月9日発表6月17日です。どうしても入校したいのですが、このように副収入がある場合は、選考に影響するのでしょうか。もしするようなら在宅の仕事もあきらめようかとも思います。

派遣期間満了で待機期間1ヶ月で、5月12日失業認定をうけ、次回認定日が6月9日です。5月21日の説明会の時に内職等の収入の申告の説明を受けました。認定後在宅の仕事が入って、6月1日に14000円入ります。1ヶ月の収入も少ないのですが、7月8月と、収入が増えてくると思われます。どのように申告するのが、一番ベストなのでしょうか。
全額支給=賃金日額の80%>1日の収入-1,388(未満)
不支給=賃金日額の80%<1日の収入-1,388
減額支給額=基本手当+(1日の収入-1,388)-賃金日額の80%
というところまでは...続きを読む

Aベストアンサー

在宅での内職仕事の場合も、時間や収入の有無にかかわらず、申告書のカレンダーは実際に在宅で仕事をした日に×印を付けるように説明がなかったですか。ですから1日当たりの収入額は、「その収入に係る請け仕事を何日かかって仕上げたか」で計算することになるのでしょう。認定日までに収入がなくても、収入のあった次回認定日に前回の仕事をした日数を足して計算されていたと聞いたことがあります。どの日に在宅の仕事を何時間したか、メモっておいた方がよさそうです。
入稿日と出稿日の間でどの日に請け仕事をするか、民法上は納期や仕様など契約内容を履行する限り、請け負った質問者さんの自由なのでしょうが、申告書の×印を付ける日数を事実に反して調整すると不正受給になりますね。契約書や発注書などがあれば、求められたときに提示できるよう用意しておくといいかもしれません。
訓練校の方は、率直に窓口に相談してはどうですか?

Q給付制限期間中のアルバイトについて、理解できません

こんにちは。うまく飲み込めずに質問します。


昨日、初回の認定日が終わったばかりの給付制限期間中です。
訓練校に行きたく、学校の申請と失業保険の申請を出している状態ですが、
ろくな蓄えもなく失業保険開始までの数ヶ月収入がないので生活が苦しくアルバイトを考えていました。

最初の離職票の提出時に担当の方に確認した所、給付制限期間はいくらバイトしても大丈夫と言われたので短期のバイトを見つけ、既に働いていたのですが昨日の認定日に
一週間に20時間以内でないといけないと突然言われました。
色々調べてみた所、通常は指定のあるハローワークがほとんどのようですが、、、

こちらの質問を見ていた時に同じ境遇の方の質問を見かけたのですが

質問>
給付制限中に1ヶ月の短期バイトをしようと思っています。
勤務時間等が雇用保険の加入条件を満たすので、勤務開始前にハローワーク窓口で申告し勤務期間が終了したら再度手続きをするとの説明をうけました。

回答>
そうだとすれば、1ヶ月のアルバイトが終わった後、残りの1ヶ月を待つこともなく給付が始まります。

なぜなら、給付制限期間というのは、待機満了後3ヶ月間のことであって、待機満了後仕事をしない状態で3ヶ月間という意味ではないからです。つまり、仕事をしていようがいまいが、勝手に3ヶ月は過ぎていくのです。

-----------------

抜粋で分かりにくいかもしれませんが、
もし短期でも長時間働く事になり雇用保険対象の状態に
なってしまった際、窓口で申告しておけば給付時には減額もなく当初の認定日開始から支給を受ける事が出来るのでしょうか。
回答の中の、残りの1ヶ月を待つことなく給付が始まる、という部分が理解できず、もしそれが可能ならば就業時間の制限を設けるという意味がよく分からないのです。
以前、他の担当の方にも相談に行った事があり、その方も、給付制限中は制限なくいくらでも働ける、と言っていたので、もし本当なら、申告をしておけばよいという事でしょうか。

また、一週間に20時間とありますがどういう区切りでしょうか。単純に週の日曜~土曜までで
20時間なのか月から大体割り出しているのか。。。知らずにアルバイトの契約をしたので
週計算で20時間ならば本日既に超えそうです。。。

学校が受かれば集中したいので給付制限期間中のみの短期のアルバイトを考えています。
現在の生活は苦しく出来れば短期でも長く働きたいとは思っていますが、
不正受給はしたくないのです。

大変長文になってしまいましたがどなたか有益な回答頂けると幸いです。

こんにちは。うまく飲み込めずに質問します。


昨日、初回の認定日が終わったばかりの給付制限期間中です。
訓練校に行きたく、学校の申請と失業保険の申請を出している状態ですが、
ろくな蓄えもなく失業保険開始までの数ヶ月収入がないので生活が苦しくアルバイトを考えていました。

最初の離職票の提出時に担当の方に確認した所、給付制限期間はいくらバイトしても大丈夫と言われたので短期のバイトを見つけ、既に働いていたのですが昨日の認定日に
一週間に20時間以内でないといけないと突然言われました...続きを読む

Aベストアンサー

現在の受給資格内で待期が完成した場合、就労により雇用保険に加入するとなると、一旦採用証明で受給手続きを止めます。
でも、「一旦執行にかかった支給停止は不変期間」ですから、停止明けに再度離職して手続き再開した時点から支給が開始されます。
で、再就職先(バイト先)の雇用保険は、本就職の際に通算して被保険者期間や受給基礎資格を判定します(但し、賃金を見るのは、直近6ヶ月だけですから、バイト先は資格喪失だけで充分です)
離職票の手続きは異様に時間が掛かりますから、無しで充分。
尚本就職の際には被保険者証(前の社名が入っていない半券)だけ会社に出せば手続き可能です。
無駄なく有効に活用して下さい。
尚バイト先の待遇が雇用保険より良い場合、受給期限迄そのまま就労すると、今の受給資格は失権し、バイト先と被保険者期間を通算されます。
これは、支給単価がバイト先を基準とする為不利です。

Q友達が失業保険を貰っています。しかし、その友達は業務委託の歩合制のポスティングの仕事をしています。

友達が失業保険を貰っています。

しかし、その友達は失業保険を貰いながら業務委託の歩合制のポスティングの仕事をしています。

その業務委託の仕事は給料からは所得も引かれない為、自分で税務署に申請しなければなりません。

しかし、その友達は税務署に申請をしていません。失業保険が貰えなくなるからです。

月々の収入が失業保険と歩合制で稼いだお金となります。

私は友達に「税務署に申請しなければ脱税だよ。」と警告した方が良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

脱税の上、虚偽申告による失業保険受給になるでしょうね。

あなたが罪に問われることはありませんが、
あなたの他にも知っている人がいるでしょうから、いずれバレるでしょう。

変な話に巻き込まれると行けないので、私なら距離をおいて関わらないようにします。

Q失業保険認定後にフリーランスで仕事をする場合

12月4日に前の会社を退職し、
14日に離職票を持ってハローワークに行ったところ、
特定受給資格者として
「雇用保険受給資格者のしおり」を頂き、今月25日に
説明会に来てくださいと言われました。

しかし、まだ決定ではないですが
来年1月からフリーランスとしてのお仕事の話しが浮上しました。
「失業認定日」前に、もしフリーランスとしてのお仕事を請負った場合
失業保険は頂けるのでしょうか?
また、何か必要な手続き等があるのでしょうか?

どなたかご教授頂けると助かります。

補足:12月14日に手続き(14日~20日が待機期間)
   12月25日に雇用保険受給者初回説明会
   1月12日に失業認定予定日(?)
1月5日よりフリーランスとしてお客様常駐で仕事の可能性あり
   

Aベストアンサー

補足します。
自営として請負や報酬、料金では
準備を始めた時点から失業の状態ではなくなるので
失業給付は受けることができません。
アルバイトの日当でなら働くことも可能でしょうが
失業認定期間(28日)間の労働日数や時間数に制限がありますし
(28日間に14日以内とか週に週に20時間以内とか
週に3日以内とか労働局の裁量で基準を決めているようです。)
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html
賃金日額の80%を超える日当なら
その日の基本手当が支給されません。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0107/h0719-1.html
起業して受給期間の満了日までに
雇用保険の被保険者資格を取得する人を雇用すれば再就職手当の対象になります。

Q給付制限期間~受給期間のアルバイト

現在3ヶ月の雇用保険給付制限期間中です。
前の会社から、今すぐにでもバイトに来てほしいといわれました。

わたしは3月22日が認定日です。
今からすぐにバイトをはじめたとします。
給付制限中は、申告すればいくらバイトしてもいいのですよね?(実際してました…^^)
でも、22日が過ぎ、受給期間に入って、まだずっとバイトを続けているとしたら、就職したとみなされるのでしょうか。

バイトは、一日3.5時間、週4~5日で働く予定です。
そして就職活動をしながらこのバイトをしたいのですが、二~三ヶ月も継続したら受給はストップしてしまいますか。(もちろんその間にいい就職先が見つかればそんなに長くする必要ないですが)

ハローワーク職員に聞いてみればいいのですが、状況をうまく説明できるか自信がなくてとりあえずここで質問してみました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ココが参考になるかと思います。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/arubaito.html

それによると、週20時間未満の労働はバイトと見なされるので、就職とは判断されないようです。
不安であれば、ハローワークで「この様な勤務で、あと数週間だけ働いて欲しいと言われた」と伝えてみてはどうでしょうか??

後は、#1さんが仰る通り。収入があったことはキチント伝えればOKだと思います。

参考URL:http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/arubaito.html

Q外注の雇用保険について回答お願いします。 夫が建設業の個人事業主です。従業員は三名です。 外

外注の雇用保険について

回答お願いします。
夫が建設業の個人事業主です。従業員は三名です。
外注として応援に二名来ていただいています。 請求がきて、外注費と処理しています。

この二名の外注は雇用保険に入れるのかと夫から聞かれました。
従業員じゃなくても加入できるとみましたが、よく理解できずにいます。詳しく教えてください。

従業員でないのに雇用保険に加入した場合、社会保険に加入しないといけない義務がででくるのでしょうか? 乱文ですいませんが回答お願いします。

Aベストアンサー

事業主そしてその事業の事務を担当するあなたとしては、知識不足です。

雇用契約ではない、委託契約や請負契約となる外注職人を雇用保険に入れられるわけありません。安易なことをすれば、心配されている社会保険だけでなく、いろいろな問題が発生します。

建設業ということですので、利益が少なくとも売り上げは1000万円を超えたりしませんか?
そうなれば消費税の課税事業者ですよね。簡易課税制度ではない場合には、支払った消費税(経費などの消費税)を預かった消費税(売り上げなどの消費税)を差し引いて納税するはずです。
雇用契約の従業員への給料には消費税がかかりません。しかし、委託や請負の契約である外注の費用は消費税がかかっています。請求時にコミコミであったとしても、逆算して消費税が含まれているという計算をするのです。

もしかしたら、労災保険と勘違いされていませんか?
労災保険と雇用保険は、総称して労働保険として申告を行い、保険料を納めます。
建設業などのした上については、発注元が労災保険をかけることとして計算します。
その結果、ご主人の下で働く外注さんがけがをしても、従業員と同様に労災保険の給付が受けられるのです。しかし、労働保険の申告のなかの雇用保険部分には外注さんなどを含めないで計算することとなります。
さらに言えば、雇用保険の加入はハローワークとなりますが、雇用契約書などの確認がされます。

外注さんを雇用保険に加入させたいのであれば、委託などの契約ではなく、雇用契約で雇う必要があります。さらに、仕事がなくても、最低限の給与を補償しなければなりませんし、切り捨てることも従業員となりますから簡単ではありません。

従業員や下請などを使うには、もっといろいろな勉強を行うか、専門家事務所への顧問契約などをするか、どちらかだと思います。
税金は税理士、人事法務(雇用契約や就業規則、社会保険や労働保険など)は社会保険労務士が専門家となります。税理士が人事法務のアドバイスするのも、社会保険労務士が税務のアドバイスするのも違法となります。両方まとめて相談したいと思われるのであれば、税理士も社会保険労務士もそろっている総合事務所などに依頼されることですね。

私は独学で、税務も人事もきっちりやっています。
結構日々勉強といった感じですね。

事業主そしてその事業の事務を担当するあなたとしては、知識不足です。

雇用契約ではない、委託契約や請負契約となる外注職人を雇用保険に入れられるわけありません。安易なことをすれば、心配されている社会保険だけでなく、いろいろな問題が発生します。

建設業ということですので、利益が少なくとも売り上げは1000万円を超えたりしませんか?
そうなれば消費税の課税事業者ですよね。簡易課税制度ではない場合には、支払った消費税(経費などの消費税)を預かった消費税(売り上げなどの消費税)を差し引...続きを読む

Q失業保険を給付中に別の仕事を。。。

来月末で退職して、失業保険をもらう予定です。
給付期間中にフリーランスで仕事をしようかと思っているのですが、
失業保険は貰えるのでしょうか?
知り合いの会社から、私が直接請け負うことになっています。
仕事をする期間や時間は、特に決まってません。プログラム一式作成みたいな仕事です。
給付中のアルバイトは禁止と聞いているのですが、全くフリーランスの仕事なのでどうなのでしょうか?
契約書や請求書のやり取りはちゃんとしますが、お金が振り込まれるのは給付期間後になると思います。

Aベストアンサー

こんにちは、No.2の者です。お礼欄拝見しました。

アルバイトについては下に書いたように、その「アルバイトを
した日」の数日分、基本手当の支給がなく、受給期間内であれ
ば後に持ち越されます。※就職と見なされた場合はダメですが。

で、おっしゃる「内職」の場合の詳細ですが…


まず↓をご覧になり、クリックして拡大なさってください。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

受給資格者となり、実際に「失業認定申告書」を手になされば
すぐお解りになるかと思うのですが、

まず、1の右側にあるカレンダーの日にちに「×印」をつけて
行きます。自宅等で「プログラム一式作成」の仕事をなさった
日、全てに×印です。毎日でしたら、毎日に×印です。

次に、2の収入欄に「収入のあった日、額」などを記入します。

例えば、内職をしていたがまだ収入はない…の場合は、1の×
印だけで2の記入は出来ませんので、当然2の欄は空欄でOK
です。

その期間中に収入がなれけば、基本手当の減額はありません。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

こんにちは、No.2の者です。お礼欄拝見しました。

アルバイトについては下に書いたように、その「アルバイトを
した日」の数日分、基本手当の支給がなく、受給期間内であれ
ば後に持ち越されます。※就職と見なされた場合はダメですが。

で、おっしゃる「内職」の場合の詳細ですが…


まず↓をご覧になり、クリックして拡大なさってください。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

受給資格者となり、実際に「失業認定申告書」を手になされば
すぐお解りになるかと思うのですが、

ま...続きを読む

Q個人事業主は失業保険をもらえる資格はありますか?

個人事業を始めてやっと約1年。
準備などに殆ど明け暮れ、去年は利益は0。今年に入ってようやく少しお客様がついたぐらいなのですが、定収入にはまだまだ程遠く、派遣の仕事をしていました。ですが、今回、健康の理由でどうしても退社しなくてはならず、定額の収入がなくなるので、失業保険を申請したいのですが、個人事業主になっている場合は、個人事業での利益がなくても、もらえる資格はないのでしょうか。 どなたか、出来れば専門家の方、アドバイスをお願いできれば幸いです。

Aベストアンサー

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「具体的な準備を始めたとき」からが不正受給の対象となる場合が多いようです。
</blockquote>
と有ります。

なかなか御苦労が多い様ですが、「事業主」となったからには「個人」で頑張らねばならない、
と云うのが実情です。世知辛い世の中です。状況が好転する様に電線の向こうから、御祈り致します。
 
まずは御話まで。御役に立てれば幸いです。

<img height="6" alt="" src="images/dot.gif" width="1">

ちょっと失礼します。
 
http://www.hellowork-sapporo.go.jp/koyouhoken/koyo_a01.html
このWeb頁の下の方を読めば、個人事業主が失業保険を受給出来るかどうか、よく分かります。

http://yamashiro.web.infoseek.co.jp/jouken.html
このWeb頁の下1/3辺りには、
<blockquote>
受給中に心境の変化があった場合、たとえば「最初は就職するつもりで給付を受けていたが、途中でラーメン屋をやることにした」というケースでは、不動産屋で物件の契約をした日であるとか、セミナーの受講手続きをした日など「...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング