集団検診で、義父が糖尿病の疑いありということで、再度検査を近くの町医者でうけることになりました。結果糖尿病の気配があるという事で、アクトス錠30とオイルグルコン2.5mgを処方されました。
食事制限も運動制限もなく、体重も最近増えたのですが、気にする事はないと言われたそうです。
私の少しの知識では、糖尿病で、薬のみの治療ってあるのか?っていう疑問と、どうして、いつまでも、糖尿病と診断をはっきりさせないのかという疑問があります。誰か良い知恵を拝借させてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

糖尿病の治療としては運動療法や食事療法がはじめに来ます。

症状が重くて運動療法が困難な時にやむをえず薬物療法を用いるのが普通です。

セカンドオピニオンというのは大事ですので、違う病院ではこういう診断を受けたが、ではほかの病院ではどうなのか、ということを知る必要があります。

できれば糖尿病の専門医がいる病院でみてもらうと良いでしょう。
いい医者であればあるほど食事療法を重要視するはずです。
    • good
    • 0

糖尿病は『万病のもと』といわれ、進行すると透析を受けなければならず、脳梗塞や網膜に影響が出たり、高血圧、心臓病など様々な合併症を引き起こします。


そうなる前に今以上糖尿病を進行させないようにすることが大切です。
古くから『スイカは』腎臓の働きをよくするといわれていますが、これを煮詰めた『スイカ糖』は漢方では昔から用いられているものです。
余り、症状が進行しないうちにこれらを試されてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

 病気があるなしにかか関わらず日常の食生活が大切なことは当たり前のことと思います。

糖尿病では特に食事療法、無理のない運動療法が大切と言われます。特に中高年になってからの糖尿病は、今までの食習慣から発病率が高いことで生活習慣病といわれています。
 基本として食事を気を付ける、食事療法、バランスのとれた食事をすることが大切なことのように思うのです。
 栄養相談をお受けになることをおすすめします。
          
                        栄養士より
    • good
    • 0

質問と回答は多くの方が閲覧するので、原則的なことは認識していただきたいと思います。



糖尿病の患者さんが来られたら、まずその方の合併症(網膜症、腎症、神経障害と心臓、脳などの大血管障害の有無)の程度と併発症(高血圧症、肝機能障害など)を把握する必要があります。これが判って始めて食事療法、運動療法の説明を患者さんに致します(合併症、併発症の状態によって一人一人違います)。これにて糖尿病のコントロールが不良であれば経口血糖降下薬の投与を行い、それでも不良ならばインスリン治療となります。合併症が進行している患者さんは少しずつ血糖をコントロールする必要があり、急に血糖を下げるといくつかの問題が発生する事もあります。

さて義父様の場合ですが、主治医の先生より合併症の有無をよく説明してもらい、その後今からでも食事療法、運動療法の方法を聞いてください。もうすでにどなたかにお話をされているかもしれませんので、その辺に誤解があれは解いていただければと思います。

糖尿病と診断をはっきりさせないのかという疑問に関しては、少なくとも主治医の先生は糖尿病と診断をしていると思います。そうでなければ投薬はしないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今度義母に病院へ行ってもらう方向でもっていってみようと思います。あまりにも、糖尿病に対する知識が私達家族の間でなかったので、そちらから説得にあたらねばと・・・気難しい人たちなのでどうなることやら・・・ともあれ、3人の子供の為にもママは、がんばらなければ・・
いろいろご指導ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 15:09

 糖尿病と診断する(病名を確定する)には、日本糖尿病学会がきめた基準があり、普通はそれに準拠して患者に説明します。

すなわち、正常、境界型糖尿病、糖尿病の3区分です。「気配」というのは境界型糖尿病を指しているのでしょうか。
 糖尿病では、たとえ薬物療法を行うにしても、食事療法と運動療法が必ず必要です(末期になると運動できない身体になっている場合がありますが)。
 なお「町医者」という表現は避けるようにして下さい。見下した印象が強いので、医師の反感をかう危険があります。「開業医」「家庭医」などが妥当と考えます。
 開業医の中には、医学部の教授、助教授クラスのベテランもおります。探してみれば、糖尿病の大家もいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度医者の説明を聞く様義母にあたってみるつもりです。その上で、皆様からちょうだいしたお話を参考に幸い近所に良い病院が、あるので場合によっては、転院をすすめてみます。ご意見ありがとうございました。
話し変わりますが、何気なく使っている言葉が、ささくれになるっていうのが、久しぶりに感じました。この年になると、考えながら言葉を使っているつもりなんですが、町医者というのは、そういう語弊があるんですね。勉強になりました。自分としては、開業医、家庭医という言葉に距離をかんじるもので、厭な気をされたのでしたら、もうしわけなかったです。

お礼日時:2001/12/03 15:20

検査の方法次第ですが、


糖尿病、境界型、正常と結果が分かれるものもあります。
結果が糖尿病でも、程度が軽いと判断すれば『気がある』といってしまう先生もいますが…。

糖尿病の治療の基本は
1)食事療法
2)運動療法
3)薬物療法
ですが、病気の特徴として本人が病気と自覚しておらず、いきなりハードな指導をすれば、治療に対して精神的に抵抗してしまい、結果うまく治療のコースに乗せられないこともあります。
特に高齢であれば、まずは医者通いから慣れましょうと考えて、投薬(経口血糖降下剤)からはじめられたのではないでしょうか?
その後に、『薬でコントロールできないからやっぱり頑張らないとね…』は医者の常套文句であります。

もし、現在の治療に関して疑問をもたれているのでしたら、正直に家族からでも聞かれるべきです。患者さん本人がいなくとも、聞くことは可能ですから、主治医の先生を信頼する形で伺ってみてはいかがでしょうか?
転院などはいつでもできますし、血糖値がそんなに高ければ本来医者の方があせるものですよ。

以上専門外の医師からでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

医者が、高齢者に接する場合の事がわかり少し理解できました。薬の事が、納得できればよけいな口出しは、したくないのですが、気難しい義父と、お医者様のおっしゃるとおりでございますの家族が、心配で・・・もう少し調べた上でやはり、専門医に変わってもらおうと思います。うるさい嫁ですね・・。血圧も高いので・・(余談です)おいそがしいところありがとうございました。

お礼日時:2001/12/02 21:16

「オイルグルコン」ではなく「オイグルコン」のようです。



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ハイパー薬事典」
このページで「名前に検索」でおのおのの薬剤名を入れて検索して下さい。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(糖尿病)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(インスリン非依存型糖尿病)
これらの中で特に「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参考にしてください。

場合によっては、別の総合病院等で受診されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お薬のサイトは、非常に参考になりました。ありがとうございます。なんとか、これから、良い治療法、良い病院にめぐりあえるようしていきます。

お礼日時:2001/12/03 15:25

糖尿病との事ですが、血糖値がどれ位でしょいうか、急性の糖尿病ではないですネ。


 急に喉が渇きだしたとか、体がだるいとかはどうでしょうか、平常と変りがないならば、普通の食事で良いでしょう。
 出来るだけ、お茶を飲む、また、薬草での、予防も出来ますので、少し述べておきます、その薬草は、「シマカンギク」です、糖尿病での、合併症が怖いので、このシマカンギクを食べて、養生して下さい。

この回答への補足

本人から、症状を聞いたわけではないので、わかりやすく伝えられるか分かりませんが、知っている事を書きます。15年ほど前にも集団検診で、糖尿の気があるといわれたけど、ほっておいたらしいです。日ごろから、喉の渇きがひどく、ビールが手放せない状態です。(最近は、少し自粛してられるそう)夜でも1時間から2時間おきくらしに、トイレへいくらしい。身長162~3cmで、体重が、58キロぐらいです。最近顔が太ったようです。(本人は、はれているといってます。)体重は、家で、はかったことがないそうです。仕事をしていないので、運動は、していません。後、高血圧で、くすりをのまなかったら、240あったそうです。薬で今は、164だそうです。また、なにかあれば教えて下さい。

補足日時:2001/12/03 15:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われまし

糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われました。今痛くて仕方ありません。リリカ飲んだけど効きません。あと、重た、だるい痛いとゆう症状です。教育入院して血糖値は170くらいです。空腹時が。

Aベストアンサー

https://medicalnote.jp/contents/151125-000049-YKVZYI

こちらのサイトをご覧ください。
自覚症状はないので、定期検査での尿検査でしか判断できません。

Q糖尿から腎臓病

私の母のことなのですが、以前から糖尿病で病院に通院して、食事療法を
行なっておりました。
最近になって、腎臓が悪いと言われたと聞いたのですが、糸球体濾過量(GFR)が10で
透析か移植しか無いという、腎臓病で最後のステージまで進んでいるということでした。
それまでに、ずっと通院していたので検査はしょっちゅうしていたはずです。
それなのに、ここまで悪くなる前に食事療法とかができなかったのでしょうか?
急に数字がそこまで下がるものなんでしょうか?

もっと早くから、対処していればもう少し、透析とかを遅らせることができたのでは?
私たちは医者では無いのでわかりませんが、もっと早く気付けたのでは
ないかと、医者に対して不信感をもっております。

母は現在、一日1600kcal、タンパク質40gの食事になっています。

医療関係の方からご意見をいただければありがたいと思っております。
食事のメニューが大変なので、何か参考になること等も教えていただければ
ありがたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3の者です。

「漢方が効く」との事ですが、GFRが10まで下がっていると言う事は、早急に透析の準備が必要です。

私の知る限りでは、透析の最中に、足が攣ったりするのを防ぐ為に漢方を飲むことはありますが、「腎臓の機能をこれ以上悪くさせない」と言うような漢方はないと思います。

あったとしても、お母様には、時既に遅しでしょう。


ただ、透析になったら死んだも同然、と言う事は全くありません。

現に、私は、色々な施設、色々な患者さんを見てきていますが、最年少は10歳、最高齢の方は94歳です。

この方々も含め、患者様との交流を深める為に、お花見、お食事会などを催しています。

それぞれの方、多少控えめながらも、大いに食べ、飲んでいます。

その後の透析では、皆さん体重の増加が多いし、検査結果も良くないですが、それぐらいの楽しみを医療者側から与えてあげないと、なんとも寂しい人生になってしまいますし、透析導入後間もない方でも、
「たまにはこう言う事をしていいんだ」
と思わせてあげることで、ガッチガチの食事制限ではなく、人生を楽しみながら、たまには食べ過ぎたっていいじゃない、と言う雰囲気を作っています。


お母様が「死んだも同然」と言うならば、その10歳の子は、5歳から死んでいることになりますが、生き生きと、ヤンチャに育っていますよ。

また、94歳の方は、今年で透析導入30周年を迎えます。

「100歳まで生きる」と笑顔です。


透析技術は日々進歩しており、透析導入後30年以上生きている方も珍しくなくなってきました。

これは、「30年経ったら亡くなる」と言う意味ではなく、透析技術と言うものが生まれてから30年経った、その初期に透析導入になった方が今でも生きていらっしゃる、と言う事です。

今後、40年、50年と生きる方も増えていくと思います。


また、透析をしながら働いている人だって大勢います。

その方々の為に、午後6時ごろから始める「夜間透析」と言うのを行っているのです。


私自身も腎臓を患っており、あと数年で透析導入になりますが、仕事は辞めるつもりは全くありません。


お母様が悲観的になるのも無理はないと思いますが、現在、透析を受けている方は日本に30万人います。

街行く人、1000人に2人は透析を行っているのです。


透析を受け入れるには時間がかかるとは思いますが、このように、透析は、ごく身近なところにある、と言う現実を知っていただきたいと思います。

No.3の者です。

「漢方が効く」との事ですが、GFRが10まで下がっていると言う事は、早急に透析の準備が必要です。

私の知る限りでは、透析の最中に、足が攣ったりするのを防ぐ為に漢方を飲むことはありますが、「腎臓の機能をこれ以上悪くさせない」と言うような漢方はないと思います。

あったとしても、お母様には、時既に遅しでしょう。


ただ、透析になったら死んだも同然、と言う事は全くありません。

現に、私は、色々な施設、色々な患者さんを見てきていますが、最年少は10歳、最高齢の方は94歳です。
...続きを読む

Q糖尿持ちです。皮膚が全体真っ赤になってます。日焼けしたような。糖尿病で皮膚が赤くなることありますか?

糖尿持ちです。皮膚が全体真っ赤になってます。日焼けしたような。糖尿病で皮膚が赤くなることありますか?痒みはないです。後、便秘になったり下痢になったりします

Aベストアンサー

トヨ太郎は糖尿病の事をなにもわかちゃいませんね
太ってたら足が壊死するとかどこからそんな根拠ある発言ができるのか?
やせてても、足が壊死する人はします。
糖尿病の合併症は、ヘモグロビンa1cの値が高い状態が長く続いた場合に
合併症として出る病気です。
なので、太ってる、痩せてるは関係ありません。
しかも、ドレッシングは酢を使えと?
酢は確かに体にはいいけど、糖尿病になんの効果も期待できませんよ。
私も実際に糖尿病だし、糖尿病とは付き合いも長いので、栄養士さんの方とか糖尿病の先生方からたくさんのアドバイスをもらっているので
よく知ってるわけです。
糖尿病じゃない人があれが悪い、これが悪いは単なる浅知恵です。
あなたの場合は、a1cの値が高いので、インスリン注射ですかね?
あと運動療法、食事制限、インスリンを正しく使用すれば、健康な人と同じように生活できますので
糖尿病は恐れる病気ではありません。
とにかく今は、ちゃんと治療に専念して、a1cの値を6%台まで下げましょう。
ここまで下がれば合併症の心配はなくなります。
私も糖尿病と言われた時は、a1cの値が11%ほどあって、今は6%台キープしています。
最初は食事制限とかで辛かったけど、今はなんでも食べてますね。
血糖コントロールだけしっかりできていれば食べられない物はなにもないです。
だからと言って食べすぎはよくないのでほどほどにして
糖尿病の人はなるべく野菜は取らなければいけません。
あと、食べ物の事もある程度は詳しくならないといけません。
食べる順番は、野菜から最初に食べます。
こうする事で糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑える事が出来るからです。
ジュースとかパンなど、吸収しやすい飲料や食べ物は血糖が一気にドーンと上がるのでよくありません。
なのでよく噛んで時間をかけてゆっくり食べるほうが血糖上昇を抑えられるので
a1cが下がるまではなるべく意識してゆっくり食べてください。
ドレッシングに酢をかけろと言ってる人いますけどそんな事はしなくてもいいので
カロリーの低いドレッシングを使えばいいのです。(栄養士の方のアドバイスです)

中途半端な知識での回答はしない方がいいと思いますけどね。

トヨ太郎は糖尿病の事をなにもわかちゃいませんね
太ってたら足が壊死するとかどこからそんな根拠ある発言ができるのか?
やせてても、足が壊死する人はします。
糖尿病の合併症は、ヘモグロビンa1cの値が高い状態が長く続いた場合に
合併症として出る病気です。
なので、太ってる、痩せてるは関係ありません。
しかも、ドレッシングは酢を使えと?
酢は確かに体にはいいけど、糖尿病になんの効果も期待できませんよ。
私も実際に糖尿病だし、糖尿病とは付き合いも長いので、栄養士さんの方とか糖尿病の先生方からた...続きを読む

Q糖質(炭水化物、主食)を制限すると糖尿になる?

糖尿病の食事制限と言えば、伝統的にはカロリー制限でしたが、最近は(それでもまだ異端なのかもしれませんが)糖質制限=主食や糖質の多い食材を極力食べないという考え方があり、そういう治療を行っている病院や書籍もよく見かけるようになりました。

素人考えでは、血糖値を大きく上げるものを食べなければいいという方法なので、最初に聞いたときは妙に納得したものですが、その後どこかで、糖質を抜くと逆に糖尿病になる危険があるという説明をしているサイトを見て、それはそれで科学的に説明のされているものでした。が、その後いくら探してもそのサイトが見当たらないのですが、どなたか、そのメカニズムが分かる方がいらっしゃれば教えていただけませんでしょうか。

よくよく考えると、糖尿だから糖質を抜けばいいというだけのことなら、昔からそういう方法になっていたはずのような気もします。(ちなみに、糖質制限による糖尿病治療を推進している人々は、「ブドウ糖が不足して脳に栄養がいかない」といった反論も論破しているようですし、肉食のみで生活しているイヌイットなどの例も挙げているようです。)

話が錯綜するといけないので、ここでは糖質抜き治療の是非はともかくとして、「糖質を抜くと糖尿になる危険がある」というメカニズムがお分かりになる方がいらっしゃれば、回答をいただければと思います。

よろしくお願いします。

糖尿病の食事制限と言えば、伝統的にはカロリー制限でしたが、最近は(それでもまだ異端なのかもしれませんが)糖質制限=主食や糖質の多い食材を極力食べないという考え方があり、そういう治療を行っている病院や書籍もよく見かけるようになりました。

素人考えでは、血糖値を大きく上げるものを食べなければいいという方法なので、最初に聞いたときは妙に納得したものですが、その後どこかで、糖質を抜くと逆に糖尿病になる危険があるという説明をしているサイトを見て、それはそれで科学的に説明のされてい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

あまり制限すると運動量によっては体に負担になる場合もあります
なのであくまでもその方の体力、年令、インスリンの出方を調べてもらって
医者との2人3脚で聞いて指導してもらうのが一番ですよ

糖質を制限すると反対に悪化することもあります

Q糖尿について

父親65歳、身長175cm弱 体重55キロほどで痩せてます。
しかし空腹時血糖値が上限ぎりぎり110前後です。
これはインスリンがあまり出てない糖尿病でしょうか?
ちょっと甘い食べ物や飲み物を出すと「甘いなぁ」と言って口を進めません。

血液検査も定期的にしてるしもっと高くなればまた対策を考えれば良いしちょっと神経質すぎだと思いませんか?

Aベストアンサー

#1です

実は家族が同じ状態ですが
慣れてくる部分があってこれで良いと思うんでしょうね
それと食べちゃいけないという気持ちがどうしてもあるようです

なので家では1500キロカロリーまでなら食べていいという線を引く
特に朝ならお腹一杯食べさせる(これから動きますから)
果物も多少甘いものも食べていますよ

その代わり飲み物とかは甘いものはほぼ100%飲みません
薄味と食物繊維を含むものを食べさせること
お米は五穀米などの雑穀米にしています
気持ちの問題ですが黒酢も飲んでいます
運動も気をつけてするようにしています
このぐらいかな

あとは上手くストレス発散できるように
注意していますね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報