私の父は糖尿病です。何型の糖尿病ということは判りませんが、日に4回ほどインスリン注射をしています。10年近く煩っていますが、2年位前から注射の回数がこの回数になりました。(以前は日に1回)血糖値のコントロールが巧くいかず、ここ1年半の間に低血糖状態で、意識がなくなり何回か入院しました。そのような状態になることが多いということで、現在は緊急時の為のブドウ糖?の注射が出来るように病院から母が指導を受けました。
 定期的に眼科に行き、眼底出血や緑内障などの検査をしています。検査結果があまり良くない結果となり、数年後(2,3年後)には失明する可能性があると言われたそうです。(緑内障)本人も落ち込んでいる様子。ただ黙って指をくわえて時が過ぎるのを待つしかないのでしょうか。治療法や権威や治療実績のある病院などありましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

糖尿病による失明は恐ろしいですね。



やはり普段の食事や運動といった生活習慣が重要になってくるようです。
    • good
    • 0

私、糖尿が原因で眼底出血しました。


糖尿は結局は血管の病気になっていきます。血糖値が高くなることで血管が正しく機能しなくなり、栄養を正常に体に行き渡らせられないので、体中で機能不全が起こり始めます。
私の場合、網膜上の血管がもろくなり出血しました。
さらに、それを検知した体が自動的に新たに血管を作り出します。これを「新生血管」といいます。
この新生血管上に膜が張られ、これが網膜と癒着し模膜を引っ張るため網膜剥離を起こします。
大学病院の眼科に行ったところ、「放置すれば100%失明する」と宣告されました。
進行度は5段階評価で言えば、右目が5、左目が4.5だったそうです。
このため、
1.進行にブレーキをかける。...レーザーで出血部や新生血管を焼く。
2.手術をする。
とのこと。
レーザー治療は結構(とても)痛いです。眼が疲れたときに眼の底に感じる痛みをもっと強くした痛みが、1秒近く続き、これが繰り返されます。
あまりの痛さに顔を動かしてしまい、患部以外を焼いてしまった人もいるそうです。
手術は眼球に穴を開け、ここから器具を差し込んで新生血管や余計な膜を吸い取ります。
網膜への癒着が強いと網膜を破いてしまうこともあります。私は2~3カ所破けました。
破けてピラピラしている網膜は再度貼り付け、レーザーで留め付けます。
最後に「シリコンオイル」を眼球内に注入します。これは張り直した網膜を押さておくためで、術後1週間はうつぶせ状態を続け、この体勢によって「シリコンオイル」の浮力で網膜の修復部分を押さえておかなくてはなりません。

なににしても、血糖値を下げること、それも眼に疾患が出ているひとはゆっくりと下げなくてはならないので、
内科(内分泌)と眼科の医師同士の連携が不可欠であるため、科目同士が蜜にリンクできる総合病院や大学病院にかかることを強くお勧めします。
町医者同士では絶対無理です。
幸いにも、まだ私はインスリン注射をしなくて済んではいますが、少しでも食生活で油断すると血糖値が悪化してしまいます。
「糖尿病」というネーミングは危機感を余り感じさせないように思います。
「高血糖値疾患」とでもした方が危機感があるように思います。
また「3大合併症」は眼、神経、腎臓」といわれますが、「合併症」などではなく「ほぼ行き着く先に待っている疾患」と表現すべきでしょうね。

わたしは昨年6月から血糖値降下とレーザー治療を始め、9月に手術のため2週間入院しました。
眼球内にはまだシリコンオイルが入っていますし、手術で除去した水晶体に代わる眼内レンズもはいっていません。
これらに対する処置は5月以降になるようです。
    • good
    • 1

合併症などを未然に防ぐ為にも、糖尿病をわずらっている本人以上に家族のかたにも糖尿病に詳しくなってもらう必要があると私は思っています。



参考になれば幸いです
    • good
    • 0

大学病院に行かれて栄養相談も受けられていることと思います。


 注意しなければならないこと、気をつけてほしいことをいろいろお聞きになっていることでしょう。
 ストレスもあるでしょうし、休養、栄養、運動と日々の生活の積み重ねが大切なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

内科のほうから少し補足を致します。



糖尿病において、良好のコントロールが網膜症を含む合併症の進展防止にもっとも大切な事は言うまでもありません。

現在1日4回のインスリン注射をされているようですが、たぶん速効性のインスリンが各食前1日3回と、就寝前に作用時間の長いインスリンを1回打たれているのではないかと思います。これは強化インスリン療法といわれている治療で、患者さんにはかなり負担のかかるめんどくさい方法なのですが、糖尿病のコントロールがその他の方法より優れています。
又患者さんが自分で血糖を測定する血糖自己測定はされているでしょうか ?
低血糖が出現したときの注射はたぶんブドウ糖ではなくグルカゴンの注射だと思います。
もし血糖自己測定をされていて、強化インスリン療法、低血糖時のグルカゴン注射の治療方針であるならば現在の主治医の先生は糖尿病の専門医と考えてよろしいかと思います。

長期的成績では強化インスリン治療で厳格な血糖コントロールをすると合併症の進展は抑制される傾向にあることは証明されていますが、このような方法をいろいろ工夫しても血糖コントロールが困難な患者さんはいらっしゃいます。

現在では運動療法は難しいと思いますが、食事療法をきちんと守って、低血糖がおきやすい時間がある程度一定ならば、血糖自己測定の値を参考にして、主治医の先生にインスリン量の変更方法を良く習ってください。

別のインスリン注射方法に持続的にインスリンを注入するやり方があります。CSII(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion)と言われている方法で、ポンプによってインスリンの持続注入が出来る機械を使っての方法です。これですべて血糖コントロールがうまくいくとゆう保障はありませんが、考えてみる価値はあると思います。これも主治医の先生によく相談をしてください。

最近の研究で日本人は欧米人に比べて糖尿病になりやすい事がわかってきました。現在2型糖尿病(最近まではインシュリン非依存性型糖尿病と呼ばれていました)の患者さんは600-700万人、糖尿病予備群も同じくらいいると考えられています。このくらい膨大の患者さんがおられ、なおかつ日本人は糖尿病になりやすい体質ですので、遺伝関係の有無はあまり重要視されなくなってきました。・・・誰でも糖尿病になってしまう可能性があると考えていただいた方がいいかもしれません。

普段から肥満の解消、運動、定期的な健診を皆さんがされる事が必要と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
現在血糖自己測定、強化インスリン療法、低血糖時のグルコガン注射の療法を行っております。低血糖時の昏睡状態で入院したときに、主治医から(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion)と言われている方法を勧められたそうですが、本人は断ったそうです。
有り難うございました。

お礼日時:2001/12/16 10:37

>本人は、過食や肥満で糖尿病になったのではなく、昔からやせ形で


>食もあまり多くはないタイプでした。特に重要なことでしょうか。
これは、『インシュリン依存型糖尿病』をうかがわせる条件になります。

風邪のウィルス感染などの原因によってインシュリンを分泌する機能そのものがなくなってしまうタイプの糖尿病のことです。
これを「インシュリン依存型糖尿病(またはIDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)」と呼びます。
その名前の通り、インシュリン注射による治療が不可欠となります。
日本の糖尿病(高血糖症)患者のうち5%にも満たない構成率ですので、一般にはほとんど知られていません。

残りの糖尿病の大半はインシュリン非依存性型糖尿病=NIDDM(インスリン分泌低下とインスリン抵抗性)であり、太った中年以降の人に発症することの多いタイプです。
前のレスにも書きましたように、インシュリン依存型糖尿病(高血糖症)は20歳以下で発症することが多く、小学生や中学生などにみられる糖尿病は大抵がこのタイプに当てはまります。

もっとも成人例の発症もあり、下記にご紹介するサイトはそんな患者さんご本人のページです。ご参照ください。

この場合、一つ朗報もあります。
もしお父様が、このインシュリン依存型糖尿病だった場合、この病気の遺伝率は低いので、お子さんやお孫さん達は安心できます。
内科の主治医にどちらのタイプの糖尿病が最も考えられるかをご質問しておく価値はあると思います。

参考URL:http://www1.harenet.ne.jp/~tuta22/tounyou.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。
ご回答の中に「インシュリン依存型糖尿病(またはIDDM:Insulin Dependent Diabetes Mellitus)」ではないと思われることを聞かされました。本人はインスリンを分泌する機能がなくなってしまっているそうです。
私自身、大変不勉強で糖尿病=贅沢病という感じでしたので、大変参考になりました。
日本の糖尿病患者数が700万~600万人と言われている中、5%に満たないと言うことですが、考えますと35万~30万人程度の方々は("小学生や中学生などにみられる糖尿病は大抵がこのタイプに当てはまります。"ということですから20歳以下の方々は多いのでしょう)大変なご苦労をされているのだと思います。
父が以前低血糖で具合が悪くなり、かかりつけの家庭医の方に処置をしていただいたときに「糖尿病は遺伝するから、あなたも気おつけなさい」といわれましたので依存型なのか非依存型なのか質問したいと思います。
有り難うございました。

お礼日時:2001/12/16 10:59

糖尿病から目にくる場合が多いのは、ご存知ですね。


 特に、糖尿病は、肝臓の病が原因で悪化して来ていると思いますが、肝臓と目病を治す為には、菊の花(乾燥した物・シマカンギク)・菊茶が一番効果がありますので、菊茶を飲まれることを勧めます。
    • good
    • 0

眼科医です。


お話のご様子では、増殖型糖尿病性網膜症と併発する出血性緑内障のようです。
この段階では、レーザー光凝固術は既に無効なことが多く、硝子体手術の適応が残されているかどうかまで悪化している可能性があります。

現在日本人の失明原因の第一位は、この増殖型糖尿病性網膜症です。
毎年3000人ほどがこのために失明しており、最高の医療を駆使しても食い止められないのが現状です。

糖尿病は自己管理の疾患であり、早期発見して病気を理解し、さらに合併症を防ぐ為に自覚症状が出る前から定期的に眼科での検査を必要とします。
特にインシュリンが必要な状態では悪化が早く、さらに低血糖発作は出血の引き金となります。
お父様の場合は、おそらくは成人型の糖尿病で、食事での管理が出来なかった為にインシュリンの適応になったと思われます。
インシュリンを最初から必要とするインシュリン依存タイプは、最初から痩せていて10代や20代に発病します。
お父様の場合は太っていらして、中年以降に発病されたのではないですか?
こちらがほとんどのタイプです。

まずはきちんとした内科的な糖尿病のコントロールが不可欠です。
その上で硝子体手術が可能な大学病院の眼科を受診する必要があります。
高度な医療技術が必要で、費用も時間も多額に掛かるのはしかたありません。
遠くの名医を捜し歩くより、県内にある大学病院が一番でしょう。
なにしろ手術後もずっと通院することになりますので、体力的な限界があります。
現在の眼科主治医にご相談なされば紹介状を書いてくれると思います。
ただし硝子体手術をしても、必ずしも見えるようになると言う訳ではないということは、先に申し上げた通りです。

また成人型の糖尿病は遺伝性が高いので、お父様の血を引くあなたご本人や孫の世代も、過食を避け、肥満を防ぎ、糖尿病の発生に十分に注意し、ごく軽度な糖尿病と診断された時から定期的に眼科での検査お受けになることが、このような悲劇を防ぐたった一つの手段だと申し上げざるを得ません。

どうぞお大事に・・・。

この回答への補足

ご回答有り難うございます。
近くに大学病院がありますので、早速に受診を勧めたいと思います。
本人は、過食や肥満で糖尿病になったのではなく、昔からやせ形で食もあまり多くはないタイプでした。特に重要なことでしょうか。
私は逆に肥満気味なので注意していきたいと思います。
有り難うございました。

補足日時:2001/12/14 23:45
    • good
    • 0

 糖尿病による眼底変化は失明の原因になります。

しかし、早期にレーザー治療を行えば、その進行をくい止められるか、遅らせることができます。
 総合病院の眼科で診察を受けることを勧めます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。受診を勧めたいと思います。

お礼日時:2001/12/14 23:57

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「インスリン依存性糖尿病」
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(糖尿病性網膜症)
この中で特に「原因と危険因子」「治療」「予後と転帰」「合併症」と関連リンク先を参考にしてください。
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(失明)

どちらにお住まいか分かりませんが、東海・関東以北であれば、
http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …
http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …
(成人型糖尿病)
http://www.iryo-joho.com/hospital.html
(医療機関情報)
このページの左端で「38.糖尿病外来のある病院」をクリックすると病院名が表示されますので参考にして下さい。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(緑内障)

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。とても参考になりました。

お礼日時:2001/12/15 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心臓手術の名医について

メイディアで取り上げられてる心臓外科医の名医は大体、虚血性心疾患の名医のように思われますが、心臓内膜症(弁置換)の名医の方を知りませんか?

Aベストアンサー

リンク先のリストなどが参考になるでしょう。特に弁形成術の成績に注目してみてください。
リストにはありませんが、以前は岩手の川副先生が有名でした。病院長になられたためかもしれません。

参考URL:http://www.heart-center.or.jp/press/125_002.html

Q糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われまし

糖尿神経障害について。糖尿歴三年。31才です。今日病院行ったら神経障害が、かなり進んでると言われました。今痛くて仕方ありません。リリカ飲んだけど効きません。あと、重た、だるい痛いとゆう症状です。教育入院して血糖値は170くらいです。空腹時が。

Aベストアンサー

https://medicalnote.jp/contents/151125-000049-YKVZYI

こちらのサイトをご覧ください。
自覚症状はないので、定期検査での尿検査でしか判断できません。

Q名医にかかっているのですが

腱鞘炎。
都内で手術の腕が一流の名医にかかっているのですが、
どうも治療方針の食い違いがあります。

手術してくれと頼んでも
手術する必要ないでしょと言って、一時的なステロイド注射をするだけ。
名医だから大丈夫と思って通ってましたが、
進展が無く幻滅してます。
所詮、手術の腕が一流で名医と呼ばれても、
治療として名医ではないということですかね?
セカンドオピノン考えてます

Aベストアンサー

単に名医と呼ぶ場合、名医には大まかに二種類存在するように思います。

何かしらの権威的栄光、例えば難しい手術を何度も成功させたり専門分野での研究等で業績の高い医師。
そして特別で無い一般的な患者から信頼を得ている医師。

私は皮膚病で名医と謳われている医師にかかった事がありますが、医師に診て貰えたのはほんの数秒。一瞬の出来事でした。
カーテンで幾つもの小さな診察室に分けられた部屋に患者が入り、医師はそこを周りながら看護師に指示を出しながら通り過ぎます。
ですので実際に治療するのは看護師で、患者は疑問や心配事等を医師に相談どころか、お願いしますとかありがとうございますと声をかける事すら出来ません。
工場で流れ作業を受けている気持ちです。確かに権威であり名医であるその先生はそうでもしないと頼って来る患者全てを診られませんでした。それほど受診者が多いのです。

対して、うちの子供の掛かり付けの小児科の医師。権威のある話は耳にしませんが、名医という評判を訊いてお世話になるようになりました。
しっかりと診察し検査も早く診断は的確な上、懇切丁寧に説明と指導下さいます。しかも病状によっては先生のほうからお電話を下さいます。
このような医師なので結構遠くから来る患者さんもいますが、病状によっては無理させるなと先生のお叱りが飛びます。

もうひとつ。
前述の権威ある皮膚科の医師にお世話になって半年過ぎても改善が見られず、待合室で延々と待つのにも工場の生産ラインのような治療にも嫌気がさして、途中で受診を放棄してしまいました。
それから数年後、普通の街の皮膚科に行く事になりましたが、新たな先生は診察後に三ヶ月下さい三ヶ月で綺麗にしましょうと言って下さいました。
実際に三ヶ月達つ前には綺麗になり三ヶ月後には完治しました。使う薬も違うし副作用の懸念等も加味してなのかも知れないので前述の権威ある医師がダメだった訳では無いでしょうが、
私はこの街の皮膚科の医師は名医だと感じました。この医師は他の小児科や皮膚科では分からなかった子供の疾患もすぐに突き止めすぐに完治させて下さいました。

単に名医と呼ぶ場合、名医には大まかに二種類存在するように思います。

何かしらの権威的栄光、例えば難しい手術を何度も成功させたり専門分野での研究等で業績の高い医師。
そして特別で無い一般的な患者から信頼を得ている医師。

私は皮膚病で名医と謳われている医師にかかった事がありますが、医師に診て貰えたのはほんの数秒。一瞬の出来事でした。
カーテンで幾つもの小さな診察室に分けられた部屋に患者が入り、医師はそこを周りながら看護師に指示を出しながら通り過ぎます。
ですので実際に治療...続きを読む

Q何度も投稿失礼します。糖尿になって7.8年です。最近おしっこが1日三回ほどしかでません。水分は、結構

何度も投稿失礼します。糖尿になって7.8年です。最近おしっこが1日三回ほどしかでません。水分は、結構とってます。今まであった頻尿がなくなり夜間尿も、なくなりました。悪くなってるのでしょうか?

Aベストアンサー

水分を十分に採っているのに、
トイレの回数が少ない=量が少ない。
とは断言できません。
私も1日3回です。

前の投稿は読んでません。
前回頂いた回答で納得がいかないのか、
新たに疑問が出てきたのかはわかりませんが、
そこまで不安なら、参考程度のこちらの回答より
担当医師に相談することをおすすめします。
処方されている薬もわかりませんから。


ちなみに夜間尿はないほうがいいのではないですか?

Q名医!肝臓癌。

私の知り合いが癌に苦しんでいます。肝臓癌です。すでに医者からは見放されました。
名古屋近郊に住んでいるのですが、東京でもどこでも良いので名医がいれば飛んで行きたいそうです。
当然ながら近場ならいうことはないのですが・・
そして名医プラス、親身になってくれる名医の先生はいないでしょうか?
すみませんが緊急を要します。
力になってください。

Aベストアンサー

日赤医療センターの院長、幕内先生は世界的にも有名のようですね。
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070703/index.html

Qインスリン注射はいつすべきなのでしょうか?

インスリンが必要な糖尿病の人についてです。
いつも打つ時間がまちまちで低血糖を何回も起こしています。
その日はいつも朝に打っていたのになぜかお昼過ぎに打っていました。
その後低血糖の症状がでました。
インスリンの打つ時間は決まっていないものなのでしょうか?
また、2週間ほど前は10単位だったのがなぜかその日は12単位でした。
インスリンが必要な方は頻繁に低血糖が起こるものなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

その施設の管理が悪すぎます。
インスリンはそんな適当でいいものではありません。

ショートステイとのことなので、インスリンの処方はもともとかかりつけの病院でされているのでしょうが。。。
在宅では全く低血糖を起こしていないのに、ショートステイの時だけ低血糖を起こしていたのならその施設の管理ですよね。

介護老人福祉施設では非常勤ですが、保健施設では常勤の医師がいます。(まずインスリン注射の度に出てはこない。低血糖起こした時に登場)
看護師も人数が違いますが、必ずいますし、インスリン注射は看護師がやります。
インスリンの量は毎回血糖値を測って、量を決める場合もあります。
体調によって血糖値も変動しますので管理は大事です。
この方の場合、食事摂取量にムラがあり、朝食べそうになかったから注射せず、お昼は食べたから注射した…ということも考えられますが、そういう時は医師に相談しますので、施設の医師の判断ミスでしょう。

Q名医の条件とは

本に載ってる名医100人みたいな本とかあり、
整形受診でそれを見てその名医へ行きましたが、
がさつな診察で毎回流れ作業の様に終わりました。
その後、TVに出たようでますます雑な診察となり
二か所が悪いのに1か所だけ治療(保存療法)して終わりなど、ますます診てくれなくなりました。
料金も予約だけで5000円を取られ、その1か所しかやってくれない時も6000円はとられました。
そして、結局諸事情により打ち切りで、5か月通うも全然状態が良くなりませんでした。
外科医としての腕は一流なのでしょうが、
名医は幻想で、治らない人間もいるのが事実だと思います。
名医の条件とは何でしょうか?
また、そういうランキングなども信頼しないほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

私は、「根本治療をする気があるか否か」で判断しています。
まぁ、そんな医者いませんが。

名医なんて幻想です。
短時間で人を流し、薬を撒き、早く回転させれば儲かりますから。

理想は診察によって、現状を分析、原因を特定、治す方法を提案、完治まで導く。
大体の医者は適当に薬なり電気かけをやるだけで、
「なぜその症状が発生したのか」に触れる医者はいません。

そもそも医者は「治す」ことが仕事ではないですし、皆治ってしまったら食いっぱぐれですから。
医者ってのはその程度なんですよね。
別に治らなかった病を治せる凄い存在ではなく、私らと何も変わらないただの人ですし。
合致した症状への対処をマニュアル通りに実施するだけ。

ランキングとか評判、ってのは積んだ金で決まるんじゃないですか。広告費。

Qインスリン注射と低血糖食品

つい1週間前に糖尿病を宣告されました。すぐにインスリンを打ちましょうということで
注射を始めたのですが針の跡がピンクの斑点みたいに残ってしまいます。
また、通常の注射に比べたら確かに痛くないのですが、やはり痛い・・・
教えてほしいのは

1、注射の跡が残らない打ち方
2、痛くない打ち方
3、実際に体験して、血糖値が上がらない食べ物・上がる食べ物

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在糖尿病を専門とする病院に勤めていますが、まだ1年くらいなので突っ込まれると弱いかも・・・

糖尿病は大きく分けて2つに分類されます。
I型とII型。
I型とは膵臓のインスリンを出す細胞の破壊によって、インスリンが分泌されない事によるもの。
II型とか例えば肥満とかによって、血糖値を上げてより多くのインスリンを出してしまい、それに追いつかない状態(比較的若い人は遺伝要素が大きい)もの。

以前はインスリン依存者かインスリン非依存者か、で分類していた時代があったのですが、臨床的にはそのドクターによって考え方は様々なので、主流としてはI型かII型の大雑把な分類から、細分化していきます。

質問者さまの型がどっちなのかは分からないのですが、今はインスリンを打つ事をきちんと教えられていない状況のようなので、多分うちの患者様では無いだろうと判断しお答えします。

私はインスリンを打った事が無いのでその経験上からは言えませんが、指導する立場的には、針はおへそから半径約3cm離した皮下組織に打つ。
要するに脂肪部分です。
筋肉打ったらなぜいけないのか?と言うのをベテランのナースに聞いた事がありますが、筋肉は常に動かすものだから、それだけインスリンの吸収が早く、低血糖を起こしやすくなったり、効果が持続しないなどの欠点があるからだそうです。

針の角度は脂肪部分を掴んで、直角に。
脂肪組織には血管が少ないので、脂肪部分を持ち上げる事が大事なようです。

あと同じ個所ばかりに刺さない。
皮下脂肪が固くなって、インスリンの吸収が悪くなるみたいなので、おへそを中心にローテーションで時計回りとかに打つように指導しています。

脂肪は大腿部や腕とかにもあるので、そういうところに打つ方もいらっしゃいます。
つまめる部分は脂肪、とか言われるくらいだから、つまめる部分がお腹周りだったら、そっちの方をお勧めします。
痛いとか痛くないとかは、多分個人差があるみたいなので、痛点(今回はそこの当たったのでしょう)を避けて打たれる方がいいと思います。

あと食事なのですが、低血糖場合は程度にもよるのですけど、ブドウ糖が速攻性には優れています。
ただ持続時間が無いので、低血糖が続く場合には炭水化物を補給します。
炭水化物よりも長時間に渡って血糖値を維持するのは脂肪分です。
牛乳とかは長く持続するので、血糖値のベースを作る部分になります。

血糖値を上げにくくするものは、繊維質の多い物(海藻類・野菜類など)。
芋類は炭水化物に分類されるのでご注意を。

今打たれているインスリンの種類にもよるのですが、打つ単位数によって血糖値は変動します。
私も今まではそうでしたが、スライディングスケール打ち、というのが一般的だったのに対し、今の病院は固定うちになってます。
今の血糖値はその前のインスリン量に関係しているから、例えば速効型だとして、昼食後が高いと朝食前に打つインスリン量が足らない、ということです。
1日中を通して血糖値が高い場合は、ベース(土台)を作る為のインスリンがあった方が血糖コントロールしやすいです。
それは私が介入する部分ではないので、スルーして下さい。

現在糖尿病を専門とする病院に勤めていますが、まだ1年くらいなので突っ込まれると弱いかも・・・

糖尿病は大きく分けて2つに分類されます。
I型とII型。
I型とは膵臓のインスリンを出す細胞の破壊によって、インスリンが分泌されない事によるもの。
II型とか例えば肥満とかによって、血糖値を上げてより多くのインスリンを出してしまい、それに追いつかない状態(比較的若い人は遺伝要素が大きい)もの。

以前はインスリン依存者かインスリン非依存者か、で分類していた時代があったのですが、臨床的にはそのド...続きを読む

Q名医に手術をしてもらい失敗しました。

親が、よくテレビや本であげられる名医に腰の手術をしてもらったのですが大失敗しました。
今、5分と立つことができません。親が大変なショックを受けて鬱状態です。
転院を勧めているのですが、「手術してもらった先生は名医だから」と言って聞きません。
失敗しているのに「名医だから」と言っているのです。それでいて、痛い痛いとうめいています。

名医に手術をしてもらっても、手術失敗された方はいますか?

その場合はどうしましたか?

切実な悩みです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

NO.10です。少しばかり補足です。

現時点で、まだセカンドオピニオン外来受診をされていないご様子ですので、誤解のないように書かせていただきます。

例えですが、私がA病院を受診した結果、「胃がんであるが、手術はもう無理」と言われたとします。「手術は無理って納得いかない」と考えた時、
1)B病院を受診していろいろ検査をしてもらい、その結果をもとに改めてそこの先生に診断してもらう
2)A病院の検査結果を持っていって、その結果をもとにB病院では検査を受けずに治療方針の相談をする
ことができます。セカンドオピニオンとは、2)の場合のみを意味します。

つまり、主治医の了解なしのセカンドオピニオンは本来存在しない訳です。上記1)の場合、A病院からの紹介状があってもなくても、B病院への受診は可能です。日本の医療機関はフリーアクセスですから。しかし、1)のような受診はセカンドオピニオンとは言わないのです。このあたり、誤解されていることが多いです。


>>主治医が了解していない場合
>こういう場合もあるんですね。怖いです。

患者側のセカンドオピニオン外来受診の希望を、医師側が断ることはありません。転医やセカンドオピニオンの希望があれば、正当な理由がなければ医師はこれを断れないからです。セカンドオピニオンを受ける側の病院がいろいろな判断するためには、現在かかっている病院の資料提供が必要ですよね。ですから、いわゆる「仁義」を通して来てくださいと言うことなのです。

次の治療の提案がないと言うことも、「経過を見ること」が最善の場合もあるので、受診の際よく聞いてみるのがよいでしょう。それで納得いかないときにこそ、セカンドオピニオンの意味があると思います。


私は質問者様を責めるつもりはありません。

ただ、医療(に限りませんが)は、人間と人間の関係が大事になります。手術の結果が思わしくなくても、その関係がうまく行っていれば受け入れられることもあるでしょう。

ここまでのご質問や回答を読めば、名医側が誠実でないとも思えます。関係も思わしくなくなっているのでしょう。ですが、名医側としても、「ちゃんと説明したはずだ」、「起こりうる合併症を失敗と考えられて心外だ」と思っているかもしれません。(実際、合併症と失敗とは全く違うことなので。)

セカンドオピニオンを求めるのは患者側の当然の権利であり、医師側に拒む権利はありません(むしろ答える義務があります)。もちろん転院を断られるなどのご心配もいらないと思います。しかしながら、権利の主張などが表に出てしまうと、関係がさらに崩壊してしまうでしょう。

決して上からものを言うつもりではありませんが、そのあたりをご勘案されて、冷静に対応されることをお勧めいたます。

NO.10です。少しばかり補足です。

現時点で、まだセカンドオピニオン外来受診をされていないご様子ですので、誤解のないように書かせていただきます。

例えですが、私がA病院を受診した結果、「胃がんであるが、手術はもう無理」と言われたとします。「手術は無理って納得いかない」と考えた時、
1)B病院を受診していろいろ検査をしてもらい、その結果をもとに改めてそこの先生に診断してもらう
2)A病院の検査結果を持っていって、その結果をもとにB病院では検査を受けずに治療方針の相談をする
ことができ...続きを読む

Q糖尿について

父親65歳、身長175cm弱 体重55キロほどで痩せてます。
しかし空腹時血糖値が上限ぎりぎり110前後です。
これはインスリンがあまり出てない糖尿病でしょうか?
ちょっと甘い食べ物や飲み物を出すと「甘いなぁ」と言って口を進めません。

血液検査も定期的にしてるしもっと高くなればまた対策を考えれば良いしちょっと神経質すぎだと思いませんか?

Aベストアンサー

#1です

実は家族が同じ状態ですが
慣れてくる部分があってこれで良いと思うんでしょうね
それと食べちゃいけないという気持ちがどうしてもあるようです

なので家では1500キロカロリーまでなら食べていいという線を引く
特に朝ならお腹一杯食べさせる(これから動きますから)
果物も多少甘いものも食べていますよ

その代わり飲み物とかは甘いものはほぼ100%飲みません
薄味と食物繊維を含むものを食べさせること
お米は五穀米などの雑穀米にしています
気持ちの問題ですが黒酢も飲んでいます
運動も気をつけてするようにしています
このぐらいかな

あとは上手くストレス発散できるように
注意していますね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報