僕は吹奏楽部に入っているのですが、最近息が続かなくて困っています。それで、「肺活量」を増やす方法について書かれたHPはないかと探してみたのですが、あまり良いものを見つけられませんでした。
どんな方法でも(簡単なほうがいいのですけど…)いいので、何か良い方法を教えてください。

A 回答 (4件)

こんにちは。


息の不足を感じられたのは、最近急にですか?
もしかしてタバコを始められたとか?

個人的な経験からコメントさせていただきますが、ロングトーンが続くかどうかは、肺活量の問題というよりは、限られた息をどれだけ有効に音にできるか、という方にかかっているような気がします。
そのためには、肺活量を増やそうとすることよりは、腹式呼吸と長く続ける息のコントロールの練習をされた方がよいのではないかと思います。

背中やお腹の横側にも息を入れるつもりで、身体の深いところまで意識して空気を入れてください。そして、できるだけ遠くの一点を狙って細い息を投げかけるつもりで、息を一定にして吹いてみてください。
地道にそれを繰り返していると、コントロールできる拍数をだんだん増やしていくことができるはずです。
吹奏に求められる呼吸は金管も木管もそう変わらないのではと思います。

あとはその息を無駄なく楽器に伝える練習を続ければ、自分でも驚くほど長いフレーズが吹けるようになるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

腹式呼吸で息を吸って、1点を狙ってですね。今日は意識して練習してみます。(これから練習です。)それと僕は、タバコは絶対吸わないと心に決めております。(中学生)

お礼日時:2001/12/26 08:18

中学生の時クラリネットをふいていました。

ロングトーンの練習は、15秒伸ばして、5秒休んで、次の音はまた15秒を、最低音から最高音から最低音、、なんてことを、していました。
低い音、強い音の時は、息が、沢山必要ですが、
息を無駄に使わないで、必要な、音を出すことも、意識すると違いますよ。
息の量というより、横隔膜で、息を支える、っていうのかなあ、
横隔膜を、下げて、息をしたまでひっぱる感覚、肺活量というより、複式呼吸で、検索してみたら、いかがでしょうか。
口の形も、楽に、いい音の出る形を、意識してくださいね。
継続は力なりですよ。
あの頃は、テスト明けの練習の時に、しみじみ数日間のブランクを感じていました。懐かしいなあ。おっと、自分の世界に入ってしまいました。
ロングトーンは、つらいけど、きれいな音を、作る近道と、信じてやってみてくださいね。
    • good
    • 0

こんにちわ。


最近息が続かない???
最近??
という事は、以前は、そんな事はなかったのかな?
とすれば、ブレスの方法が悪いんじゃないですか?

でなくて、もともとあまり息が続かないとすれば、それは、個人差もあることですからなんともいえませんけど・・・。

水泳なんかいいと思います。

ガバッと息を吸い込んで、吐き出すという事を繰り返しますから、かなり効果はあると思います。
あと、先ほどもいいましたが、人それぞれ個人差がありますので、肺活量よりも、いかに効率よく息を音に変えるか、また、いかに良い音を出すかという事に力を入れた方が良いのではないでしょうか?
どんな楽器を吹いていらっしゃるのか知りませんが、口先で音を鳴らさず、体全体からふりしぼって音を出すようにしましょう!!
そうすれば、音量も増しますし、楽器も自然と鳴るようになってきますよ。
私は、昔トランペットを吹いていました。
体も大きい方ではなく、私も、あまり肺活量はなかったんです。でも、楽器を鳴らすって、要は、コツなんですよ。
水の中に潜るつもりで思いっきり息を吸い込んで、そして、スイカの種を遠くへ飛ばすような感じで吹いてみてください。

必ずいい音が出るようになります。
頑張ってください!!

この回答への補足

僕はトロンボーンを吹いています。息をたくさん吸うことは、意識はしているんですけどね…僕は、背はクラスで、中くらいと大きい人の間くらいです。全身を使ってですか…

補足日時:2001/12/26 08:09
    • good
    • 0

私は中学生の頃に、吹奏楽に入部していました。


毎日、腹筋運動を最低30回しなければならないことになっていましたよ。演奏の練習をする前に、部室へ行ったらまず最初に行う運動が、腹筋運動でした。
あとは、長距離を走ったこともあります。でも、長距離走るということは、結構部員に嫌がられていましたね...
あとは、演奏する前に、複式呼吸を練習しました。
おなかに手をあてて、おなかの動きを確認しながら行いました。

この回答への補足

腹筋は毎日50回やらされています。長距離と腹式呼吸の練習はまだしたことないです。

補足日時:2001/12/26 08:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校吹奏楽コンクール九州大会

高校吹奏楽コンクール九州大会

今年の高校吹奏楽コンクール九州大会を見に行きたいと思っています。何か情報をご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

全日本吹奏楽連盟 2010年度吹奏楽コンクール日程予定表 九州支部参照

http://www.ajba.or.jp/competitionyosen2010.htm

Q私は吹奏楽部でチューバを吹いています。身長は約158で体重は39kgです。顧問の先生からは体重を増や

私は吹奏楽部でチューバを吹いています。身長は約158で体重は39kgです。顧問の先生からは体重を増やしなさいと言われるのですが、体重を増やすと、音が良くなったりするんですか?それとも安定感があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。ご回答させていただきます。

失礼ながら、質問者様の体重はチューバを吹く以前に少なすぎだと思います。急に倒れたり、女性(おそらく)でしたら他でも健康面が損なわれないか心配です。お体ご自愛なさってくださいね。

…話が逸れてしまいましたが、チューバを吹くにはある程度しっかりとした体が必要になってくると思います。コンクールを見に行かれたことはあると思いますが、どこの学校でもチューバはガタイのいい方や男性が吹いていることが多くありませんか。

その違いは質問者様が挙げられた安定感や先に答えられた回答者様の肺活量にも見られますが、僕からはもう一つ響きの観点からの違いをお伝えします。

チューバとトランペット、管の太さや重さは全く違いますよね。また、他の例えですと、オペラ歌手とアイドルの体つきも違うと思います。(多くは、ですが…笑)

チューバもそうですが、チューバを演奏する人にとってもある程度体重がありがっしりした体型だと体の中で音が響くのでより丸い、溶け込むような音が出せるようになると思います。

Q吹奏楽コンクール(朝日新聞主催のもの以外)を探しています。

中学生の吹奏楽部のためのコンクールとして、一番有名な朝日新聞主催の全日本吹奏楽コンクール、またアンサンブルコンテストがありますが、これ以外にも吹奏楽コンクールはいろいろあると聴きました。
一つ見つけたのは「日本管楽合奏コンテスト」で、テープ審査みたいです。
こういう、吹奏楽のためのコンテスト、コンクールが他にありましたら、お教え頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

昔私が参加していたもので、地方限定なのかもしれませんが中日コンクールというものがありました。

参考URLをおいていきますね。

Q息が続きません

中学校でtu-baを吹いています。
かなり前から悩んでいたのですが,
私は下のB♭の音がいつも30くらい高いんです。
でも,チューニングのB♭はあっていてチューニング管を抜くことはできず,口を大きく開けていつもあわせるのですが,ロングトーンの時に後半の音が小さくなってしまうのです。
やはりもっと肺活量をふやすべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

チューニングの合わせ方をかえてはいかがでしょう?口を大きくあければ息を余計に使う事になり、ムダが多くなります。肝心な時に音が合わないのではチューニングの意味がありません。小手先の技を使うと後で苦労します。機械でチューニングできるものがありますがあれは便利でした。

私はトランペットをやっていましたが、毎日30分の基礎練習と腹筋をさせられていました。その指導をしてくれた先生に代わってからは東海大会までいけるほどに上達しました。
(後輩達は全国いけましたが‥くぅ)

基礎練習の中で、思いっきり息を使って音階をそれぞれ8拍づつのばす練習もしましたが、余裕があれば16拍づつ頑張ってみて下さい。肺活量も増えますし、音を安定させる練習になりますよ。

Q全日本吹奏楽連盟主催の吹奏楽コンクールの趣旨

全日本吹奏楽連盟主催の吹奏楽コンクールの趣旨ってなんですか?

Aベストアンサー

吹奏楽連盟の定款

第4条(目的)

吹奏楽および管・打楽器による音楽の普及・向上を図り、もってわが国の芸術文化に寄与することを目的とする。

とあります。

この言葉通りでしょうね。

今年のテーマは 復興のハーモニー でしたか・・・。


日本の吹奏楽界自体が、学校では盛んであっても、国際的に地位が低い。

・もう少し世界を向いて欲しいと感じます。

隣国台湾の吹奏楽 中国語で 管樂 と書きます。

世界を向いている感じがします。

Q肺活量が少なくてもできる楽器

肺活量が少なくてもできる楽器を教えてください。

Aベストアンサー

 あまり自信は無いのですが……
 木管楽器に大事なのは肺活量より息の使い方だと聞いたことがあります。私は肺活量はとても少ないのですが、木管楽器は一通り吹けますし、吹奏楽に属していたこともあります。
 金管の方はちょっと分かりませんが……、聞くところによると肺活量はある程度必要なようです。
 鍵盤楽器、弦楽器、打楽器なら肺活量はいりませんよ。私としては弦楽器がおすすめです。

Q全日本吹奏楽コンクールの規定について

吹奏楽コンクールの規定についてです
地区大会に出場しなかったメンバーが県大会以降から出場することはできますか?

Aベストアンサー

どこの都道府県でしょうか?
そこの吹奏楽連盟のコンクール実施規約によると思うのですが・・・
いつだったか、全日本連盟の通達か何かで、
メンバー変更は事情によってはOKということになってたりした
気はしますが、全日本吹奏楽コンクールの規定を見ると、
第6条に「支部予選の申込人数を超えることはできない」と
なっているので、これを準用するということなら、
地区大会に出場しなかった人が、誰かと代わるとかでない限り
新たに追加メンバーとして演奏することはできないという
ことでは?
あ、一応URLは全日本コンクールの実施規約です。

参考URL:http://www.ajba.or.jp/kitei.competition.pdf

Q肺活量・腹式呼吸について…

わたしは中2でホルンをたんとうしています。
第一希望でホルンになりました。

今、音を長く、大きな音で吹けるように練習しようと思っています。
肺活量を増やすためランニングなどをしていますが、
長く吹くようにすると音が小さくなります。

入部したときに腹式呼吸についてなにもおしえてもらえず、
自分で腹式になっているかもわかりません。

いい音がなるためにいいトレーニングや腹式呼吸のしかた、
簡単にできる肺活量のつけかたのどれか1つでも教えていただけたら嬉しいです。

お願いします!!

Aベストアンサー

吹奏楽部ですべての楽器と指揮者をしていました
腹式呼吸とは
お腹に空気をためるのではなく、横隔膜を下げて、肺の許容量を上げて、腹筋を使って強い息を出す方法です
練習方法は肩を出来るだけ動かさずに、お腹を膨らますと言うか前に出すイメージで構いません
お腹が呼吸で膨らむ場合には腹式呼吸は出来ています
音が弱いのは、腹式呼吸が出来ていないのではなく、腹筋が弱くないですか?
肺活量を上げるのに一番良いのは、水泳です≪特に潜水≫
簡単な訓練として、息を止めて、口から出来るだけ長く出来るだけ一定量で息を出してください
壁にティッシュペーパーを置いて落ちないように息を吹き続けて、出来るだけ長くできるように訓練してみてください
一定の量をはき続ける事は、演奏にも良い事ですからお勧めです
私もFホルンを、高校のOB会で吹いていましたよ(^-^)
頑張ってください

Q吹奏楽コンクールの審査基準についての素朴な疑問

吹奏楽コンクールの審査基準についての素朴な疑問


吹奏楽コンクールについての質問です。

審査員は、どこを見て審査しているのですか?

決して上手いとも思わなかった団体が金賞をもらってたり、
心に響いた演奏をした団体が銀賞だったり・・・。

正直、疑問を感じました。

「審査員によって違う」という意見もあると思いますが、一般的には審査員はどこを見ているのでしょか?

Aベストアンサー

こんにちは
「どこを見ているか?」に対して「楽譜に書かれた音楽と演奏を聴いている」なんて問答は\(^_^\)(/^_^)/おいといて

審査員は賞を決める権利を吹奏楽連盟から与えられていません。
審査員は審査をするのみで審査の内容をコンクールを開催した吹奏楽連盟が見て連盟規約というルールに基づいて割り振るらしいですよ。

参考URL:http://www.ajba.or.jp/kitei.competition.pdf

Q吹奏楽をしている学生にプレゼント何贈れば良いですか

 中学生で吹奏楽をしていて、今度高校でも吹奏楽をする人に何か吹奏楽に必要な物をプレゼントを

贈りたいと思っていますが、何を贈ればいいでしょうか?

 1,000円~2,000円ぐらいで何か良いものはないでしょうか?

 私は、吹奏楽の経験が全くなく、何が必要で、喜ばれるのか、値段はいくらするのか、何も分からな

いので是非教えてください。

Aベストアンサー

色気はないけど、その値段なら、その楽器に使う消耗品がいいんじゃないでしょうか?

楽器にもよりますけど、楽器はメンテナンスが重要なので、必要なものであることは確実です。
ちなみに、楽器屋さんは店員さんが経験者であることも多いので、お店に行って、その楽器担当の人に相談してみるのも手です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報