木造建築でフローリング床の一部で、普通に歩くだけでギシッギシッとお化け屋敷のように音がする部分があり気になってしかた有りません。
訪問者に聞かれると出来そこないのような、古い家に思われないかと恥ずかしくなります。
木製のドアが時期(湿度の加減か)によってはそってしまい開きにくくなった事もあり、床のきしみもなくなったりするかも・・・
なにより大工さんに言い出しにくく、暑い時期と寒い時期で違うかも・・・と様子見をしていましたが、直りそうに有りません。
きしみだしたのは1年以内からですが、新築してから1年9ヶ月経ちます。
様子見でそこそこ日数が経過してしまいましたが、無償で修繕してもらえるんでしょうか?
拒否されたり、有償になることもあるんでしょうか?
詳しい方ぜひ教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずは大工さんに相談してみましょう。


原因としては、木材の乾燥の度合いと住宅の置かれた状態が適合していなかったと考えられます。
生材を使った場合が最も悪性ですが、乾燥材を使っていても乾燥の度合いによっては「戻り」といって乾燥しすぎていた木材が湿度を吸って変形することも考えられます。
これは建てた大工さんでないと解りません。
木製のドアが変形したということから考えても、木材の選択間違いの可能性があると思われます。
有償になるか無償になるかは、建築に際して取り交わされた契約内容と、原因のありかによって決まると思います。
大工さんが好意的に対応してくれれば問題は解決に向かうでしょうが、交渉が難航するようなら専門家の手助けが必要になると思われます。
消費者センターや建築士団体が相談窓口を用意していますので、困ったことになった場合は問い合わせてみてください。
参考までに建築関係の相談窓口と消費者センターの問い合わせ一覧を紹介しておきます。
http://www.taaf.or.jp/link/link.html

参考URL:http://www.kokusen.go.jp/soudan/map/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q部屋の最適温度、湿度は

部屋の最適温度、湿度は
暑いですねー、扇風機しかない部屋ですが
温度33℃、湿度36℃の状況です。
湿度が低いので熱中症は大丈夫と思いますが。
部屋の最適温度、湿度をお教えください。

Aベストアンサー

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従って、環境と状況によって異なりますが、一般的な空気調和の快適条件は

◇冷房時には、外気温35℃の時に室温27℃程度・暖房時は外気温7℃で室温20℃程度とされています。
そして、温度と共に湿度を快適にする事で、身体に優しく快適性と省エネ性を両立させるのが良いとされています。

◇湿度は成人の水分比率と同じ程度の60%程度が良いのですが、気温が高い時は不快指数が高くなり、蒸し暑いのでドライ運転のように50%以下にして体感的に涼しくしています。
暖房時には、逆に温度を上げるだけでなく、乾燥した室内で加湿により湿度を50%程度に約20%上げて体感温度2℃程暖かくしています。

熱中症は身体内の水分量(塩分他のミネラル含む)の減少や発汗により水分補給が不足して起こりますので運動中だけでなく睡眠時にも起こります。
また、湿度が低くても扇風機の風で水分(汗)が蒸発し、補給されていなければ熱中症は起こりますので
温度・湿度と同じく水分補給も十分留意しなければ発症の危険はあります。

要は、固定的な温度と湿度だけの条件でなく、風や体調・外気温等の関係で人間の体温調節機能を超える変化や過酷な条件にすると快適度が下がり熱中症等の健康障害が起こり易いです。

>部屋の最適温度、湿度は

    ↓
これは難しい質問ですね・・・
最適条件(快適度PMV)と言っても、年齢・性別・体質・外気温・シーズン(春夏秋冬)・地域・状態(運動中・睡眠中)・断熱状況・健康志向・省エネの観点他で随分と異なります。
さらに、温度で言えば絶対温度と体感温度の違いが有り、室内に限定しても高さによっては温度分布が床面と天井面では7~13℃くらい変化します。
さらに、風や湿度との関係で身体で感じる温度(体感温度)は湿度10%、風が0.7m/sで約1℃違います。

従っ...続きを読む

Q床と階段の段差と床のきしみ

3階建ての木造の3階建てを11月に購入しました。
2階と3階部分の階段と床の継ぎ目に不自然な段差が見られます。階段と床の材料は若干違うようにも見えますが、これをフラットに処理していただくのは、簡単に出来るのでしょうか?また、階段と床の間には多少の段差はつけるものなのでしょうか?
また、2階の床のフローリングに若干のきしみがありますが、これも簡単に修理できるのでしょうか?
今週末に工務店の方が見に来られますが、先方がどのような対応をされるか分からないので、こちらは、どのように対応したらよいかアドバイス下さい。

Aベストアンサー

段差の件ですが、高さがどの位あるのかにもよりますが、2.3mmの違いは、仕方が無い範囲と思います。(無垢材使用なら角部分は面取りしてもらった方が良いですけど)
昔なら階段踏み面板に床の厚み分だけ欠き込みをして床材を乗せて、納めるような工法でしたが。

今は材料がシート張りの仕上げ材も多く欠き込み等せず、ぶつける(突き付ける)状態の納めが多いようです。
よってぶつかってくる仕上材より1,2mm高目にしての納めは、いかしかた無いと思います。
逆にそこまでを要求した納まりにすると、大工の日数が掛かりコストに響いてしまうのだと思います。
(玄関の框と床材の関係がまさに同じです。)

床鳴りは、施工時は踏んだりしながら施工はするのです。
でも鳴るときは、鳴ります。(まぁ11月引渡しといえば今月なんで、早すぎる気もしますが)
最後の部分の床嵌めの部分が少しきつめに入れてしまい廻りの壁と擦ってしまって音が出てるのでしょう。

床鳴りに関しては、直ぐに直りますよきっと・・・・

階段段差はあまり段差があり仕上げ材もシート物使用の際は、交換か外して裏側を段差分削ってしまうか、擦ってしまうしか無いと思いますが、現代納まりなら、2,3mmは許容の範囲ですよ。

現場管理者より

段差の件ですが、高さがどの位あるのかにもよりますが、2.3mmの違いは、仕方が無い範囲と思います。(無垢材使用なら角部分は面取りしてもらった方が良いですけど)
昔なら階段踏み面板に床の厚み分だけ欠き込みをして床材を乗せて、納めるような工法でしたが。

今は材料がシート張りの仕上げ材も多く欠き込み等せず、ぶつける(突き付ける)状態の納めが多いようです。
よってぶつかってくる仕上材より1,2mm高目にしての納めは、いかしかた無いと思います。
逆にそこまでを要求した納まりにする...続きを読む

Q風邪予防に最適な温度・湿度って?

風邪等の流行を防ぐ為に最適な室内の温度・湿度というのはどの位なのでしょうか?
ちなみに北海道にあります介護福祉施設で居室は全室個室となっております。

Aベストアンサー

大きくは専門ですが、ご質問の範囲は専門外です。
健康な若い人ではないですから、個別に対応するしかないのではないでしょうか。

状態にもよりますが、一応元気と言う事なら、本人の深部体温が37度程度に保持できる温度と言う事でしょう。勿論輻射も考える必要が有るでしょうが、施設ですからそれは問題なく作られているでしょう。

湿度は70%程度が粘膜部の状態が正常なら、良いのではないでしょうか?
又、三大栄養素は勿論ですが、微量栄養素の状態も検査して保持するようにするほうが風邪をひき難いです。

Q賃貸のアパートなのですが、床がきしみます。

おはようございます。
タイトル通りなのですが、年明けくらいから床がきしんで
うるさいのです。
カーペットはひいてあるのですが、下の方はうるさいだろうな~と
気が気じゃありません・・・
住んで約一年なのですが、夏場は音はしなかったように
思います。
寒いので1日中ストーブをたいており、乾燥と何か
関係ありますでしょうか?
それとも洗濯物を干してあるので、湿気でしょうか?
ちなみに今の部屋の湿度は40度です。
加湿器の購入も考えているのですが・・・
どなたか分かる方教えていただけませんでしょうか?
素人で申し訳ありません・・・

Aベストアンサー

乾燥によるものだと思います。

ストーブでの乾燥ではありませんね。 空気の乾燥が原因でしょう。 根本的に直すのは床板を張り替えるしかありませんが、そんなにひどいのでしょうか?

階下からクレームがあるようでしたら、大家さんに善処していただくしかありませんね。

床全体、というよりも一部かもしれませんので、その部分の張替えだけでよくなるかもしれません。

一度ご相談を。

Q喉を守るために最適な湿度はどれくらい?

寒くなる頃にいつもなるのですが、
一晩寝ただけで、起床時には喉がガラガラになってしまいます。
加湿器をつけて寝ると多少改善されるのですが、あんまりやりすぎると今度は結露したり布団なども湿っぽくなって冷たく感じて反って風邪を引いたり…。

喉を痛めない最適な湿度って何%くらいになるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も乾燥する季節になるとすぐ喉を痛めるので、これからの季節は要注意なのです!

関連のサイトを色々調べてみたら、どのページにも、風邪の予防には湿度は60~80%が良いと書かれていました。参考までに1つだけURL載せておきます。

湿度が50%以上になるとウイルスは約3%しか生存出来なくなるそうですので、どうしても余り部屋の湿度を上げたくない場合には、せめて50%を下回らないようにするといいと思います。60%くらいはあっても大丈夫だと思いますけど…。

もっとご自分で調べたい場合には、検索サイトで「風邪・湿度」とか「喉・湿度」などのキーワードを入れて探してみて下さい。結構出て来ます。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000388.html

Q新築の床のきしみ

マンション新築一年以内にすんでいますが、
床のきしみがはじまりました。
これはふつうありえることですか?
ほかのかたがた、同じような症状みたことありますか?
対処法など、どうしていけばいいかアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

本当によくあることで、私はまったく心配していません。

フローリングの種類にもよりますが、クッション付の直貼りでも、置き床の上に張った場合でも
ホゾ(凸型の溝と凹型の溝)をかみ合わせてつないでありますから、施工当初はこれが完全に
食い込んでいるのが、半年一年で、歩行頻度の高い部分とモノが置いた部分との間で、
伸縮の差異から、軋み音が出ることがしばしばあります。
うちも新築1年弱ですが、ときどききしむ音がします。
メーカに訊くと、これは床がなじむまでの間のことで2年もしないうちにおさまるということです。
気になるのは、そこだけ床が沈んでいるのでは?とかそういう心配ですが
おそらくきちんと12mmの合板を敷き詰めた上に貼っているので不同沈下?などということは
ないし、根太を組んでいるわけでもないので、何かが割れたりヒビが入ったりというのと違うと
思います。

2年目のアフターサービスまでなり続けるようなら施工した業者さんに見てもらったほうが
いいかもしれませんが。

Q珪藻土の湿度調整について

珪藻土に湿度調整機能があるから壁に使うと良いとよく聞きます。この湿度調整機能があるといっても、たとえば最適な湿度で調整できるわけではないと思います。それなのに、何故このようなまやかしのような宣伝文句が広く使われているのでしょうか。納得いきません。除湿機で所定の湿度に調整した方が余程確実なように思うのですが、いかがでしょうか。使わないよりは使った方がカビ防止に良いというのならわかりますが。

Aベストアンサー

確かに『機能がある』って・・どうなんでしょうか・・

そこでわが家では実践してみました。
子供部屋に施工してみました。
やって無い部屋との違いは一目瞭然です。
窓に水滴が付かなくなった事でしょうか。
そして体感としては『ドライ』ですね。
その湿度が最適かどうかは解りませんがやってない部屋よりあきらかに
湿度が低いと思います。
汗っかきの私がその部屋にいると汗かきません・・・

うたい文句としては万人にOKな所で
『空気中の湿気を吸います』程度の方がいいかもですね。

わが家では実証されたのですべての部屋に施工予定です。

Q家の床のきしみについて・・・

新築初期から、床のきしみが気になっていて直してもらっても、しばらくすると、またきしみだします。何が原因かわかりませんか?どういう対処法がありますか?

Aベストアンサー

家がどういう作り分りませんが、
床鳴りの原因は色々な場合が考えられます、

家の構造上、木の性質 床の組み方 床材などですが

一般的に多いのが、根太(垂木)と床材との接着不良や
根太と根太受け、又は根太と梁(一階の場合は尾引き)
部分の木痩せによる、根太の浮き、
もう一つ、フローリングの接合部分の不良による音鳴り
などが考えられます、

対処法

床下に入る必要があります、そしてきしみ場所の特定
音が出る場所を確認するとその場所によって対処法が変わります、

≪根太と梁(一階の場合は尾引き)部分の木痩せによる、根太の浮き、≫
床下作業 尾引きから根太に掛けてビスなどで引き寄せる接着剤併用
床上までビスが出ないように厳重注意

≪根太(垂木)と床材との接着不良≫
床上床下同時作業 床下で浮いている床材と根太の間に接着剤を塗布
床上より隠し釘等で止めるその際の傷は、床専用の補修剤で補修する

≪フローリング(フロアー)の接合部分の不良による音鳴り≫
床下作業 接合部に接着剤を塗布する又補強根太を入れる場合もあります、

後コマが入っているか確認してください、コマが入っていない場合床材が早期劣化する場合も有ります
特にクッションフロアーで下地のベースパネルの接合部
洋室の場合壁際のフロアー下

ただしこの方法は私が行っている方法で、まだ他に良い方法があるかもしれません、

なお床下に入れない場合、現場を見ない限りアドバイス等出来かねます、

家がどういう作り分りませんが、
床鳴りの原因は色々な場合が考えられます、

家の構造上、木の性質 床の組み方 床材などですが

一般的に多いのが、根太(垂木)と床材との接着不良や
根太と根太受け、又は根太と梁(一階の場合は尾引き)
部分の木痩せによる、根太の浮き、
もう一つ、フローリングの接合部分の不良による音鳴り
などが考えられます、

対処法

床下に入る必要があります、そしてきしみ場所の特定
音が出る場所を確認するとその場所によって対処法が変わります、

≪根太と梁(...続きを読む

Q夏の湿度40%以下、冬の湿度60%以上は大丈夫?

私の家では冬は窓を閉めていることが多く、室温8~18度、湿度60~75%くらいで
春以降は窓を開けていることが多く、最近ですと室温27度、湿度28%くらいでした
色々検索して調べた所、最適な湿度は40%~60%で40%以上に保つ理由はインフルエンザなどの
ウイルスの繁殖を抑え病にになりにくいためで、60%以下に抑えるのは温度20度が超えて
湿度も60%を超えるとカビが発生しやすいからだと書いていました

そこで我家の場合、一般的に聞くのと逆に冬には湿度が非情に高く、暖かくなってからは
湿度が非情に低くなってしまうようです
この場合なにか問題があるのでしょうか?やはり湿度は40%~60%に保ったほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

相対湿度(%)は空気中の水蒸気量が飽和状態の時を100%とします。
絶対湿度が一定でも温度が変化すれば相対湿度も変わります。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、絶対湿度を一定に保つには寒いときには相対湿度(%)を高めに、暑い時には相対湿度を(%)を低めにする必要があります。

例えばインフルエンザウィルスは湿度が高いと死滅します。
ただしウィルスが死滅する湿度(%)は温度が10度と20度では異なります。
温度が高ければ低い湿度でも死滅しますが、温度が低いと湿度100%にしても死滅しません。
またカビやダニも温度が低ければ湿度(%)がいくら高くても繁殖出来ません。

つまり温度が低い時には湿度を高めに、温度が高い時には湿度を低めに保つことが、人間が生活するために適した環境になります。

冬に湿度が高く夏に湿度が低くなる質問者様の御宅は生活するのに非常に快適な環境だと思います。

Q床暖房だとフローリングの床は沈むもの?

こんにちは、皆様よろしくお願いします。

新築のマンションを購入して、入居当日に1点気づいたことがありました。
リビング(床暖房付き)が、足で踏むと沈むのです。もともとクッション性がある床材を使用しているらしくふわふわした感じでしたが、その1箇所だけは、あきらかに沈むのです。

実際に沈む深さは5ミリもないでしょう。ただ、他と明らかに沈む感覚が気持ち悪く感じていました。

先日2年点検の頃には、リビングのあちこち(7~8箇所位)沈む感覚がしているので、不動産屋に言ったのですが、床暖房用温水マットが入っている部分と、コンクリート部分の間に、ダミーの合板(木の板)が入っており、それぞれの弾力が違う為に、沈むと感じる部分があるとの説明でした。

なるほどと思いながら、「それならなぜ接続部以外でも沈んだり、過去になかった部分が沈みだしたり、たった2年で沈みまくったら、10年後にどうなっているのだ」と思います。

不動産屋の説明は正しいのでしょうか? もっと強く不動産屋に言う(何を?)べきでしょうか?

どうかご回答よろしくお願いします。

こんにちは、皆様よろしくお願いします。

新築のマンションを購入して、入居当日に1点気づいたことがありました。
リビング(床暖房付き)が、足で踏むと沈むのです。もともとクッション性がある床材を使用しているらしくふわふわした感じでしたが、その1箇所だけは、あきらかに沈むのです。

実際に沈む深さは5ミリもないでしょう。ただ、他と明らかに沈む感覚が気持ち悪く感じていました。

先日2年点検の頃には、リビングのあちこち(7~8箇所位)沈む感覚がしているので、不動産屋に言ったので...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

補足にありました中で気になった点がありますので、補足回答します。


「他の部屋ではありません、リビングだけです。」

とのことですので、温水マットが敷設されているLD
と他室のフローリングの踏感の違いの大小は確認されている筈ですから、尚更温水マットの敷設範囲を正確に知る必要がありますね!新築マンションであれば必ず管理組合(自治会)に竣工図面が渡されている筈ですから、理事長さんに貸し出してもらえばよろしいのではないでしょうか?

「部屋の隅から隅までで、2センチ位違う事がある」

確かにコンクリートを打ち込んだ段階(床スラブ)は
それぐらいの誤差はあるのかもしてませんが、床仕上げや内装の仕上がりに影響のある範囲ですから、必ず
ふりく調整(出来るだけ水平に・・。)を行う事が一般的ですので、その理由は理解できませんね!納得出来る説明を求めましょう。

本文で「2年点検の頃」と書かれていましたが、マンション購入時のアフター期間は終了してしまっているのですか?このような状況を入居引渡しからアフター期間(2年間?)が満了しているので・・・。と逃げられてしまいそうですね!!入居引渡し段階で不備を伝えておられるのであれば、今後の状況変化(悪化)に対して、口頭ではなく書面で、詳細な状況に対する見解(不動産会社または施工会社)をもらっておくことも必要だと思いますよ!また同マンションの他の住居の方に同じような状況の問題がないか確認されることも何らかの参考になると思いますよ!

#2です。

補足にありました中で気になった点がありますので、補足回答します。


「他の部屋ではありません、リビングだけです。」

とのことですので、温水マットが敷設されているLD
と他室のフローリングの踏感の違いの大小は確認されている筈ですから、尚更温水マットの敷設範囲を正確に知る必要がありますね!新築マンションであれば必ず管理組合(自治会)に竣工図面が渡されている筈ですから、理事長さんに貸し出してもらえばよろしいのではないでしょうか?

「部屋の隅から隅までで、2セ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報