アニリンの水溶液にさらし粉水溶液を加えるとアニリンの方は酸化されて溶液が変色するけど、この科学式がわかりません。手持ちの参考書にも載っていません。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も厳密な化学式はあまり見たことがありません.


おそらく以下のような機構でアニリンのラジカル反応が進行していると考えられているようです.
ただし,多少の専門用語が登場するので,もしもその専門用語がわからないようでしたら,折り返し補足をお願いします.


・アニリンC6H5-NH2がさらし粉CaCl(ClO)のClO-によって酸化されると,アニリンがラジカル化して,C6H5-NH・となります.
・このラジカルが,他方のアニリンラジカルのオルト位を攻撃して,C6H5-NH-C6H4-NH・となります.
・このような重合が延々と繰り返されて,最後に窒素についているHが引き抜かれて,C6H5-N=C6H4-N=C6H4-N=・・・となります.

<反応機構>
C6H5-NH2 --> C6H5-NH・ --> C6H5-NH-C6H4-NH-C6H4-NH-・・・ --> C6H5-N=C6H4-N=C6H4-N=・・・

とまあ,こんな感じだと思います.

これがなぜ黒くなるかというと,共役二重結合(C=C-C=C-C=C-というような,二重結合-単結合が繰り返されているもの)がずらっと並ぶことで,光によるシフト(二重結合の位置がとなりにずれること)が容易に起き,光を吸収しやすいためと考えられます.

なお,さらし粉の酸化力はそれほど強くないため,以上のような重合反応の重合度は小さく,共役二重結合は短いと思われ,その結果,色は黒というよりかは褐色,赤紫色となることが多いようです.
これがもしも酸化力の強い過マンガン酸カリウムやニクロム酸カリウムなどのもとで行うと,重合度の高いものができるので,真っ黒になります.これがアニリンブラックです.
    • good
    • 9
この回答へのお礼

大変丁寧な説明ありがとうございました。
おかげでようやく理解できました。

お礼日時:2002/02/14 19:57

 そうですよね、不親切ですよね・・・紫色からどんどん濃くなってやがて真っ黒になりましたでしょうか。

これはアニリンブラックと言って構造は単一ではありません。
 下記URLに一例(あくまでも一つの例)の構造があります。このような構造が不規則に繋がった物というイメージでしょうか。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4606/anil …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いやぁ、参考URLの図がとてもいい資料になりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2002/02/14 19:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中3理科 電解質の水溶液とはどのような水溶液か

理科の問題集でなんだかしっくりこない問題の答えがありました。

問題は「電解質の水溶液とはどのような水溶液か。」というもので、
その問題集の答えに「水に溶かしたとき、イオンに分かれる物質」と書かれていました。
(ちなみに解答の詳しい解説は一部の問題しか書かれていませんでした)

質問は2つあります。
①水に溶かしたときイオンに分かれる物質というのは電解質のことで、電解質の水溶液の説明ではないですよね?
②「電解質の水溶液はどのような水溶液か」という問題にどのように答えるのがいいのでしょうか、出来れば解説もお願いします。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.あなたが正しい。これは化学では無く「母国語」の問題で、題意に沿えば水溶液の定義を求めている。だが模範(?)解答は、溶質の定義になってしまっている。
2.#1のお答えも可能性の一つ。既に半世紀前に「溶液論」という物理化学、物性物理の分厚い書籍がありました、余りにも難解なので二度と手に取らない事にしました、運良く私の仕事には影響しなかった。そもそもから始めると、問い自体が自己撞着しているのですが、非常に問題が多く例えば「飽和濃度を超えていない」とかいう些末だが重要な前提があったり、実際には超えて居ても良いんだけど。まず、その溶液中で溶質である電解質は陽イオンと陰イオンに「解離」している(解離を知らなきゃ別かれているで充分)。溶解する前のイオン結晶(結晶じゃ無かった奴も有るが無視)の構造が(ほぼ完全に)崩れている。さらに電磁気学の山が付いて来るが私にゃ分からん、電磁気学で単位落としそうになったからトラウマだ。これで許して。

Q硝酸カリウム水溶液とスクロース液の違い

原形質分離の実験で、授業では硝酸カリウム水溶液を使ったのですが
参考書にはスクロース液を使用したとかかれていました。
期末試験に出そうな問題なので、かなり気になっています。
どなたかわかる方お願いします。
スクロース液の特長か、硝酸カリウム水溶液の特長でもかまいません。
とにかくこれに関係したことなら何でもお願いします。
急いでます。

Aベストアンサー

こんにちは。「原形質分離」ってどういう現象だかはご存知ですか?
植物細胞で、細胞壁という頑丈な構造の中に、普段は細胞膜という物に包まれた原形質が充満してるんですが、中の水分が細胞膜の外に吸いだされちゃうと原形質の体積が減って縮みます。
でも細胞壁はしっかりしているので変形せず、細胞膜に包まれた原形質が細胞壁の内側に縮んで、細胞壁との間に空間ができる現象ですね。

スクロース(砂糖の事)や硝酸カリウムは中の水を吸い出す働きをしているのです。
この働きは浸透圧というものなのですが、これは習いましたか?

2種類の溶液があって、水が通れる膜(半透膜といいます。細胞膜は半透膜です)で隔てられてると、水は溶液が薄い方から濃い方へ吸い出されます。
この時の圧力が浸透圧で、濃さ、つまり溶液の中に溶けている分子やイオンなどの粒子の数で決まります。
つまり必要な数の粒子が溶けている水なら、粒子は砂糖だろうと硝酸カリウムだろうと塩だろとかまいません。

詳しくは「浸透圧」をキーワードで検索してみてください。

生物での問題でしたら以上の回答で十分だと思いますが、化学の浸透圧の問題でしたら、イオンについての回答もさらに必要ですね。
イオンとはさっきに出て来た水中の粒子が電気を帯びてる状態を言います。
実は硝酸カリウムは、水に溶けると「硝酸イオン」と「カリウムイオン」という二つの粒子に別れるので、粒子の数が問題の時は効率が良くなります。
こちらは「イオン 電離 塩」で検索するといいページが沢山出るでしょう。

とりあえず、簡単な試験対策ならこの位でいいかと思います。

こんにちは。「原形質分離」ってどういう現象だかはご存知ですか?
植物細胞で、細胞壁という頑丈な構造の中に、普段は細胞膜という物に包まれた原形質が充満してるんですが、中の水分が細胞膜の外に吸いだされちゃうと原形質の体積が減って縮みます。
でも細胞壁はしっかりしているので変形せず、細胞膜に包まれた原形質が細胞壁の内側に縮んで、細胞壁との間に空間ができる現象ですね。

スクロース(砂糖の事)や硝酸カリウムは中の水を吸い出す働きをしているのです。
この働きは浸透圧というものなのですが...続きを読む

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Q水溶液のPH

0.050mol/リットルの希硫酸だと0.050×2=1.0×10-1になってPH=1というのはわかるのですが
0.010mol/リットルだと0.010×2で0.02で=1.0×?の形に直すのにどうするのかわかりません。
アホな質問ですがご教授ください(汗)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0010mol/リットルの希硫酸の場合は[H+]=0.010×2=2×10-2となる。→pH=-log[H+]よりpH=-log(2×10-2)=-{log2+log10-2}
=-(log2-2)
=2-log2
=2-0.301 ←(log2はほぼ0.301)
=1.699

となると思います。

     

Q水溶液に電流・・・

えっと・・・誰かとってもとっても簡単に説明してくれませんか?
いろいろな水溶液に電流が流れるかどうかの実験なんですけど、
何で流す電流は3Vくらいなのでしょうか。(・_・;)
5Vにしたり10Vにしたらどうなるんですか?
もっと少なくしたらどうなるんですか?(☆_◎;)!
それと塩化銅水溶液に電流を流して電極に起こる変化を調べる実験なんですけど、
なんで流す電流は6Vくらいなんでしょうか。
これより多くしたらどうなるんですか?(・_・?)ハテ
少なくしたらどうなりますか?ヽ(。_゜)ノ ヘッ?
誰か中学生の私にもわかるように説明、お願いしますm(._.)m オネガイ
細かくてすいません(;´Д`)

Aベストアンサー

では、中学生レベルで。
3Vは乾電池で得やすいから…というのは置いといて。
塩化銅を水溶液にすると、銅イオンと塩素イオンに解離(分離)することはわかりますね。
この水溶液を電解したときに、マイナス極側では銅イオンが還元されて金属の銅になります(これがめっきです)。
プラス極では塩素イオンが酸化されて塩素ガスが発生します。
これらの反応が生じるためには、それなりの電圧が必要なのです。低い電圧だと反応が生じません。逆に電圧が高すぎると、極の周辺のイオンが減ってしまい反応が起こりにくくなってしまいます。そうなったときには、最初は銅の還元や塩素の酸化が起こっていたのに、次第に水の電気分解も生じるようになってしまいます。
電圧は、どの反応が起こるかを決めます。
そして、電流では起きた反応の量が決まります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報