父64歳が前立腺癌で骨転移していると言われ、5年生存率が40%以下と言うのを聞き、本人も母も家族全員、落ち込んでいます。毎年検査していて異常が見つからなかったのですが、今回PSAが4.6あったので念のため骨シンチをしてみると脚のつけねの骨の部分に転移していることが発見されました。本人も痛いとかの自覚症状がなく信じられませんが、PSAにでない特異な癌細胞だと言われました。こんな癌細胞ってあるのですか?骨シンチの画像が他の人のと間違っていると思いたいです。先週はじめてホルモン注射をしました。でもそれも3年も効き目がないと言われて・・・。どうにかして延命できないものでしょうか?いい処置法があれば教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


>特異ながん細胞・・・これは往々にしてある事です。

がん細胞というのは、結構癖がありまして、同じ場所に出来るガンがすべて同じではないんです。
残念ながら、比較的珍しい部類の細胞にあたってしまったのです。

転移ガンや予後不良のガンの治療で最後に物をいうのは体力です。
少しでも体力を付けておく事が、今後、強い薬や放射線・・・各種の治療を選択する余地を広げます。

まだ元気なうちだからこそできる事、それは体力を付ける事ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。特異な癌細胞ってあるのですね・・。体力をつけないといけないと思いつつ、体力があると癌細胞も元気になるんじゃないかと悩んでしまいますが・・・。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/07 06:14

がんについて専門的な情報や、メールでの相談にお医者さんがボランティアで回答してくれるサイトがあります。



参考URL:http://cancernet.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速利用させていただきたく思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/06/07 06:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報