親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ご存知の方教えて下さい。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 まずはじめに近代徴兵制は民主制により一部権力者の軍隊ではなく、国民全体の軍隊であるという考えに基づきますから、義務であると同時に権利であるという考えです。

よって、刑罰ではありません。

さて、日本では大東亜戦争末期に刑事犯に対して炭坑労働、農作業、空襲後の死体処理作業、食糧増産のための労働員として派遣された例があります(これらは兵役ではありません)。

なお非合法な徴兵忌避者に対しては刑事罰と優先的徴兵がなされました。
忌避者に対しては3年以下の懲役刑が科せられます。

ちなみに、平時においては徴兵検査で合格した者すべてが兵役に就くのではなく、合格者の中からさらに選考され入隊します。特に貧農層では、兵役を終えて上等兵以上で復員するのは、出世のチャンスでもあり、その面では都市部・富裕層との兵役に対するとらえ方に差があったようです。

ただし、大東亜戦争時において、報復的・懲罰的な招集を行っていた事実もあります。

詳細については
『軍事板常見問題』より
http://mltr.e-city.tv/index02.html
「アジア・太平洋方面FAQ」
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08c …

こちらにある「動員関連」などを参照されてはどうでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yuhkoh様、ご回答有難うございます。m(__)m
長らく体調を崩してしまい、今までお礼が出来ず申し訳ないです。m(__)m
丁寧なご回答有難うございます。
ご紹介のサイトはまだ、あまり読めていませんがサイトのご紹介も有難うございます。m(__)m

ご回答、大変有難うございました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:26

有名な話ですが、


山本五十六長官機護衛の6名のうち杉田庄一は
紫電改部隊松山343航空隊にて新撰組隊長菅野直大尉の
2番機として終戦間際まで活躍しています。
美人な恋人もいて、「杉さんなら当然」といわれていたようです。
撃墜数も40機を数え、戦闘機乗り5本の指に入るでしょう。

参考URL:http://sidenkai21.cocot.jp/m2.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tougyou様、ご回答有難うございます。m(__)m
お礼が遅くなり、申し訳ありません。m(__)m

サイトのご紹介、有難うございました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:54

>戦時中、囚人が刑期中に、徴兵されたりした事はあったのでしょうか?



 日本陸軍の場合、法律によって徴兵されることはありませんでしたが、臨時に召集されたことはあったようです。

 1945年(昭20)3月、イギリス・インド軍が迫りつつあったビルマ(現ミャンマー)の首都ラングーン(現ヤンゴン)において、同市を防衛するために臨時に編成された「蘭部隊」のなかの「蘭70部隊」は、同地駐在の商社員らを主体としていましたが、その第4中隊に「インセン刑務所」の受刑者約50名が配属された、と『ビルマ・インド・タイ戦没者 遺骨収集の記録 勇士はここに眠れるか』(全ビルマ戦友団体連絡協議会 80年)に書かれています。

 「蘭70部隊」の編成のいきさつ、および戦いぶりについては元隊員であった山中滋也「商社マン部隊戦場に赴く」(『歴史と人物』太平洋戦争シリーズ 秘められた戦史 86年夏号 所収)に詳しく書かれています。
 

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yatiyochan様、ご回答有難うございます。m(__)m
お礼が遅くなってしまい恐縮です。m(__)m

「商社マン部隊戦場に赴く」、興味深いですね。
今度、機会があれば、読んでみたいと思います。m(__)m

興味深いお話、有難うございました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:47

山本長官機を護衛した6名の中、重傷を負ったおかげで唯一終戦まで生き残った柳谷氏の御話では、6名だけは休みなしに連日の出撃を命じられ、2ヶ月たらずで4名がお亡くなりになったとか。


日本の組織にイジメ体質が強いのは、日本人なら承知でしょうが、戦争中でも如実でした。
以前、戦争中に満州国の経済顧問をなさっておられた方からうかがった話ですが、「緊迫する戦局に鑑み、起死回生の策はあるか」との内地からのアンケートへ「東條をクビにしろ」と書いたら、航空隊が逃げ出した後のラバウルへ飛ばされたと・・・。
そういえばラバウルの今村司令官も、インドネシアで善政を行なって、大本営とケンカになり、飛ばされてきた方です。島流し先だったかも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

a-koshino様、ご回答有難うございます。m(__)m
お礼が遅くなってしまい、大変恐縮です。m(__)m

>ラバウルの今村司令官も、インドネシアで善政を行なって、大本営と>ケンカになり、飛ばされてきた方です。島流し先だったかも・・・。
この部分、興味深いですね。そのエピソードが書いてある書物を読んでみたい気がしました。

興味深いご回答、誠に有難うございました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:44

ご質問の趣旨とは違うかも知れませんが、山本五十六長官がブーゲンビル島上空で戦死したとき、直援戦闘機のパイロットはこれを防げなかった責任を問われ、以後何度も激戦地に出撃を命じられ全員早く戦死しました。



ノモンハン戦でソ連軍に降伏し、停戦協定で釈放された士官は自決を強制され、兵は激戦地に転戦させられ
死傷率は極めて高くなったと聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ss79様、興味深いお話を聞かせて頂き、誠に有難うございました。
お礼が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。m(__)m

戦争にまつわる話はいろいろなものがあるのだな、と思いました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:39

ナチスの武装親衛隊は兵員不足だったため、番号の若いエリート師団以外に外国籍のドイツ系部隊や、フランスやオランダ、ベルギー、北欧、イスラム教徒等から兵員を集めた雑多な外人部隊(義勇擲弾兵師団)を持っていました。

しかし服役中の密猟者を中心に編成、後に外国人や他の犯罪者を加えて編成した第36SS武装擲弾兵師団「ディルレヴァンガー」は最悪で、ドイツ占領下のポーランド・首都ワルシャワの蜂起において民間人に対する暴行・略奪・虐殺に走り、味方のはずのドイツ国防軍にも激しく非難されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LOBO様、ご回答有難うございます。m(__)m
お礼が遅くなってしまい、恐縮です。m(__)m
LOBO様のお話、興味深いですね。世の中には、そんな事が書いてある本が出版されていたとは。私には知らない事がいっぱいあります。

ご回答有難うございました。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:34

日本の徴兵制度は、明治・大正時代は徴兵令、1927年以降は兵役法の規定に基づいて実施されました。

いずれも頻繁に改正されていますが、一貫した原則として、重罪人は兵役の対象から除外されていました。

徴兵令の免役(除外)規定
第9条
罪科ある者。但し、徒刑以上の刑を蒙りたる者

兵役法の免役規定
第4条
6年の懲役又は禁錮以上の刑に処せられたる者は、兵役に服することを得ず。

兵役は、大日本帝国臣民の名誉ある義務とされていたので、重い罪を犯した者にはその資格が認められなかったのです。既に指摘されている懲役忌避罪の罰則は3年以下の懲役ですから、刑罰と兵役のダブルパンチを覚悟しなければならなかったわけです。

なお、現に兵役にある者が6年以上の懲役・禁錮の刑罰を受けた場合は、兵役に就く資格を失ったわけですから、兵籍から除外されて一般の監獄に収監されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

been様、丁寧なご回答有難うございます。m(__)m
体調を崩し、お礼が遅くなってしまいました。
申し訳ありませんでした。m(__)m
been様のご回答に感謝致します。m(__)m

お礼日時:2006/10/16 15:31

何処の国でも兵隊が必要になれば、体の丈夫な囚人で組織した囚人部隊が作られたようです。


韓国映画の『シルミド』がそんな映画でした。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD50 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難うございます。<(_ _)>

写真を見て思ったのですが、俳優さん、強面の方達ばかりでしたね。

お礼日時:2006/08/03 18:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太平洋戦争中の犯罪者について

太平洋戦争中に投獄されていた犯罪者は徴兵されたのでしょうか?
学徒が動員されたほどですから徴兵されたのでしょうか?
気になってしょうがありません。御回答お願いします。

Aベストアンサー

近所の場合は
大口の国家への寄付を強要。大体動産がほとんどすべてなくなるくらいの金額です。
大口の寄付があった功労者として宣伝。
そのまま徴兵されました。

当時政府は.犯罪を金で買っていました。

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q太平洋戦争中に街で見かける男性たち

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われます。

考えれば、あの戦争中でも男性が必要となる職場が多くあったように思います。 たとえば鉄道関係者、警察官、消防士、医師、自治体の公務員、電気・ガス会社の社員、あるいは建設関係 ・・・ などなど、女性だけでは運営出来ないと思うのですが、これらの男性たちには徴兵義務が免除されていたのでしょうか? 

それとも、形だけ一旦徴兵に取られてどこかの軍部に属し、その後に 「派遣」 という形でまた元の職場で以前同様の仕事を続ける、そして家から通う ・・・ こんな制度だったのでしょうか? たしか軍艦を建造する造船所の技師や職工はそんな身分になっていたと、どこかで聞いた覚えがあるのですが、ハッキリしません。

もしそうなら、そんなラッキーな職業には具体的にどんなものがあったのでしょうか?

健康上の問題で徴兵が免除された人は除くとします。

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われま...続きを読む

Aベストアンサー

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えなどということもあったでしょうが、45年には徴兵検査を受けた者の9割が実際に動員されたということですから、それほど多い事例ではなかったと思います。
むしろ、金持ちの子弟は、高学歴ですし、働く場所も親の力などで選べますから、軍属名目の勤務先に勤めたり軍関係の仕事に従事したり、満州国政府に勤めるとか、ということで結果的に徴兵逃れが出来たケースが多かったのではないでしょうか。

アメリカではこれが結構多くて、大統領選挙の時の経歴で問題になったりしますよね。徴兵逃れのため州兵の、しかも空軍(一番戦場に行かないポジション)に親の力で入隊するとか、カナダに移住しちゃうとか。

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えな...続きを読む

Q戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍人、民間人合わせて310万人の人が死亡し、都市面積の30%が消失したと言われています。
しかし、310万人の死者は一見多いように見えますが、1億人の人口から見たら3%で、97%の国民は生き残っているわけです。
また、国土が焼け野原になったと言われますが、都市面積の70%は無傷だったわけです。

これらのことから見ても、当時の国民で、肉親や親戚に死亡した人がおらず、空襲も受けなかった人はかなりの数がいるはずです。
その中でも、農村部に住んでいる人であれば、食料にも不自由せず、普段通りの生活をしていた人も多くいたと推測されます。
もちろん時代が時代ですから、派手なパーティーをやったり、観光旅行にでかけたりということはできなかったでしょう。
しかし、戦後世代の人が教わったような、日本中が地獄絵と化したというのはちょっと大げさなのではないでしょうか。

当時は情報も統制され、日本がどんどんやられているというような情報は入って来なかったでしょうから、いずれ自分たちも攻撃を受けるというような危機感もなかったと思われます。
当時の国民の、少なくない数の人たちが、実は普段通りの平和な生活を送っていたと推測されます。
戦時中、実際にこのような普段通りの平和な生活を送っていた方の体験談を聞かせていただけませんか。
また、そのようなことを紹介したサイトなどがあれば教えて下さい。

なお、私が聞きたいのは「戦争中、普段通りの生活をしていた人の話」であって、「そんな人はいない」とか、「そのような質問は不謹慎だ」というような回答はお断りします。
質問の趣旨を理解した上で回答をお願いします。

戦争中、普段通りの生活をしていた人の話を聞きたい

戦争体験としてよく語られるのは、原爆や空襲などの攻撃によって肉親が死んだり、家が焼かれたりというものが中心ですよね。
戦後世代の人は、戦時中は1億人の国民全員がこのような辛酸をなめ、苦しい生活を送っていたと信じ込んでいます。
戦時中を過ごした1億人の国民全員が苦労人で、戦後の日本があるのはその人たちのお陰で、その人たちに感謝しなくてはならないという論調が多く見られます。

でも、これってちょっとおかしいですよね?確かに戦争で軍...続きを読む

Aベストアンサー

 母は田舎にすんでいたので、まったく戦争の影響はなかったそうです。
確かに統制品は手に入りにくかったらしいですが、食べるのにはまったく困らなかったそうですよ。
 よく、都会から食べ物を分けてくれって人が来たらしいです。

 父は逆で都会で生活していたので疎開をしました。
疎開には、集団疎開と縁故疎開ってのがあるんです。
中でも悲惨なのが集団疎開です。学校の力関係が24時間中です。いじめっ子はずっといじめ、いじめられっこはそれこそ現代で言うイジメなんかと比較できないほど酷かったらしいです。

 また、縁故疎開っていうのも、ようするに都会のこじゃれたガキが、自分の親戚をたよって田舎に疎開するんです。すると、もちろんその子のキャラにもよりますが、めちゃ人気者になった人もいたみたいです。

Q山形新幹線はどのようにして在来線が走れるのでしょうか

新幹線と在来線はレール幅がちがいますよね。違うレールの幅の上をどの様にして同じ列車が走ることが出来るのですか?思うにレールが3本敷いてあるのか?それとも、同じ車軸上に3輪付いているのか、教えてください。

Aベストアンサー

 #2です。補足です。

 山形新幹線の線路は、福島~山形間の奥羽本線(在来線)を改軌したものです。すなわち、在来線の線路幅1067mm(狭軌)を新幹線の線路幅1435mm(標準軌)に広げたものです。
 もともとは在来線なので、在来線の車両と、新幹線が同じ線路を走っているんです(「形新幹線」は、新幹線と言う名称が使われていますが、これは「愛称」であり、正式な名前は「奥羽本線」のままです)。

 どうして、違う幅の列車が走れるのかと言いますと、在来線の列車は、車両と台車が別々のパーツで、簡単に交換が出来るそうなんです。ですから、在来線は台車を標準軌の幅のやつに交換して走らせているんです。
 
(結論)
 線路は2本、在来線の台車を標準軌にして、同一線路を「新幹線」と「在来線」が走っている。

Q加齢とともに出来る、首や胸の皮膚に出来る細かなイボについて

30代、主婦です。
最近、歳とともに、首の皮膚に細かなイボが沢山、出来るようになりました。
少し大きくなった時に、皮膚科の先生に診て頂いたら、老人性のイボだと言われてしまいました(泣)

結局、液体窒素(ドライアイスのようなもの)で焼いて頂き、すぐに治ったのですが、次から次へと細かいのが出来てしまって、とても困ってます。

周りの友人などに聞くと、あばさん、あじさんは結構みんな首に出来ているとの事で、確かに、うちに父親は無数に黒っぽいイボが出来ていて
よく私が小さな頃、イボの根本を髪の毛で縛ってくれ!と言われたものです。そうするとイボに血が通わなくなり、いつの間にかポロッと取れるのだそうです。

イボが大きくなれば、そうするのですが、髪の毛で縛れないような小さなイボなので、何か良い方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

できますねぇ、あれ。

わたしは、毛抜きでいじめています。

原理は、「髪の毛で縛る」というのと同じ。

痛くない程度に、毛抜きで、「いぼ」の根元をつまむ。

微細な血管があって、血液がきているので「イボ」が生きている。

ですので、この、根元の血管を遮断してやることで、
何回かすると、「イボ」が枯れてきます。

速攻でやるなら、イボを毛抜きで何回かつまんで、くびれが出来たら、
爪きりで切ると、殆ど痛くないし、出血も少ないです。
よく自分で見えないと、ここまでするのは、危ないですけどね。

気がついたときに、毛抜きでつまむ。
これでokです。
ブラのこすれるあたりや、わきの下など、鎖骨のあたりetc。
こすれる所に出来やすいので、発見したら、取れるまで毎日、毛抜きでぎゅって
つまむだけ。
無料で、安全です。(笑)

Q1945年当時の日本で18歳男子は徴兵されていた?

1945年当時、戦時下の日本で、健康で健常な18歳男子で徴兵されてない人は普通にいましたか?
「健康で健常な」というのは、仮に開戦前の日本軍に志願しても、体力や学力などの理由で受からないとしても、
重い病気かかっておらず、生まれつきの障害もない、という意味で使っています。

そのような人で、1945年に18歳という条件で徴兵されてない人は普通にいたのでしょうか?
当時は少年兵もいたと聞きますし、特攻で若くして亡くなった方も多いと聞きます。
身近に話を聞くことのできる人がいないので、教えてください。

Aベストアンサー

海軍飛行予科練習生(予科練)とう制度がありました.軍国教育を受けた少年が多く志願したようです.志願というこになっていますが,志願を強要する状態があったかも知れません.

http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Gemini/8200/yokarenn.html

などで調べてみてください.(過去を知ることはとても大切なことです.そして,今も,どこかの国に少年兵がいることも事実です.すみません蛇足でした)

Q交通事故 被害者がいつまでも通院したら??

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会社から連絡がきて、相手の車は修理、場合によっては、ボディを取り替えると。


そして、病院には通院し続けるそうです。


警察の方もおっしゃっていた様に、車のボディに傷はありません。

どこを修理するのでしょうか?


ケガ具合は正直、本人しかわからないと思いますが、
スピードが出ていないのに、全身痛いとは…

とちょっと不思議。


謝罪しに伺った時は、小走りをし元気な姿を見てしまったので、また不思議です…。


よく事故で、大したケガじゃないのに、いつまでも通院する悪質な被害者がいるとも聞きました。


でも、保険で出るのは、
実際かかった医療費分だけではないのでしょうか?


通院すればする程、お金がたくさん貯まるなどのメリットがあるのでしょうか…?


通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅そうとする輩もいます、ですが安心して下さい、弁護士費用・裁判費用・裁判所出廷は保険会社が対応ちゃんとしてくれます、ご安心を。

相手から連絡来て、何か請求されても、一切認めない、返事もしないをよく覚えておいて下さい、平謝りする必要もありません、保険会社に任してるの一点張りで良いです、相手が怒っても、保険会社に苦情お願いしますで良いです。

>通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

そんな心配は無用、人身無制限で加入してるでしょ、問題ない、これが保険会社の仕事です。
永久に通院を認める保険会社はありません。



実際、質問者様も首が痛いと病院いけば、あら不思議、全治2週間程度の頚椎捻挫(鞭打ち)の診断書が出ますよ、目には目をと言ってやり返す人もいます。
人身事故になりますから、質問者様に行政処分(免停等)と刑事処分(罰金等)が処分対象になります、事故内容や今疑問に思ってる事を書き留めて、検察に呼ばれた時に釈明して下さい。

まともな検察なら不起訴もありえますからね。


現状の今は相手に関わらない事ですよ。

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅...続きを読む

Q第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由は?

先日、池上彰さんのテレビ番組で「第2次世界大戦のソ連の戦死者は2000万人を超えている」「その恐怖からスターリンは、隣国を共産国にした」ということを知りました。

日本の太平洋戦争での戦死者は300万人くらいと聞いてますが、日本の戦死者と単純に比較できるのかどうかわからないのですが、日本の7倍の戦死者の数には、とても驚きました。

第2次世界大戦のソ連の戦死者が多い理由をお教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭であり戦略予備といえるシベリアの部隊はありましたが、ノモンハンのときに日本の帝国陸軍と正面衝突を初めてして大損害をうけた経験から、軽々しく欧州戦線に移動させるつもりに、ソ連軍指導部はなれなかったのです。
そのノモンハンのソ連軍総司令官が、スターリン直々に任じられたジューコフでした。

ジューコフは、

1 ソ連軍は弱い

2 だから勝つためには、敵より多くの兵器と兵士を前線に惜しみなく投入し、その重みで押しつぶすしかない

3 だから、兵士も戦車も大砲も、とにかく数をあつめる

ということを、理解していたので、必要なだけの兵力を敵がつぶれるまで投入しました。当然ながら自分より強い相手を数でつぶすのですから、犠牲はふえます。
さらに、この考えをスターリンも支持したので、党、治安組織、軍事思考、動員体制、といったソ連という国家の戦争体制そのものが、勝てるまで人命も装備も前線に突っ込むように構築され、上から下まで人命軽視というより、人命より目的達成、のドクトリンが徹底しました。目的達成が勝利なら、なおよし、です。

そのような体制のもとで運用されたソ連軍の基本的ドクトリンは、

最低でも幅50kmの線に分厚く、最低でも敵の3倍、普通なら5倍、理想は7倍の二陣の部隊を結集させ、

まず砲撃と航空攻撃だけで相手の6割に損害をあたえ、

そして第一陣が弱った敵に突っ込みその第一陣が自分の損害を省みず敵をなぐるだけなぐったら、

味方第一陣の残骸を乗り越えて無傷の第二陣が第一陣と戦ってボロボロになった敵を蹂躙する、というものでした。

装備は更新されたし、戦車・武器も疎開した工場と米英のレンドリースでそろえてはいるが、兵士の教育が低い軍隊にむずかしいことはあまりできません。字の読めない兵士が珍しくないどころか、ロシア語がわからない兵士も珍しくありません。
なので、時には下級将校は選挙で選び出され、そのような将校には反抗するものを軍法会議抜きで「処分」する権利はあたえられました。戦争をしている国家と党に異を唱える者はいらない世界です。
また、女性が前線で銃をとったり、戦車兵をやったり、戦闘機・爆撃機パイロットをしたりしたのも、ソ連軍だけでした。

この残酷な単純化となりふりかまわなさが、精鋭のドイツ軍相手に血を流しつつも、ソ連軍を勝たせたのです。

まあ、漫談です。

ソヴィエト軍はバルバロッサ作戦当初にその主体が壊滅したので、1941年のタイフーン作戦を乗り切って以降の部隊が、みな新兵、という特徴がありました。
また旧式の機械装備も壊滅したので、結果的に機械装備が新式のものにいれかわりました。
T-34は名高い戦車ですが、他につかえる戦車が当初はなくなってしまっていたから使った、というのが実態です。
最新装備と新兵がまぜこぜになった軍隊が、モスクワ正面の戦いを乗り切った、1942年当初のソ連軍でありました。

もちろん精鋭...続きを読む


人気Q&Aランキング