私はある日払いのバイトをしています。一日に稼ぐ金額は日によってちがうのですが、トータルでは年間100万にはとどきません。
ですが、源泉徴収で、20%も稼ぎからとられてしまいます。なぜ?学生なのに...
源泉徴収の基本的な事がいろいろ探しましたが、いまいちわからなく困惑しております。教えてください。
また、基本がわからないので、これに関係したことを調べるには、どこに行けばよいのでしょうか?情報さえわかれば自分も必死に探します。どうか助けていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1.どういうアルバイトなのでしょうか。

建設作業員のような日雇いの場合は、源泉徴収税額表の日額表に当てはめて源泉徴収されます。20%なりの決まった率で、源泉徴収しているような特殊な業種にあることはありますが、これは、正しいものではありません。
2.源泉徴収票は、再発行も可能ですから、会社に請求されるとよいでしょう。源泉徴収義務者は、発行する義務があります。
3.確定申告は、還付申告なら、3月15日以降でも可能です。5年以内なら有効です。
○たとえば、風俗業界などの日払いでは、源泉と称して何パーセントかを徴収したりする慣行が見受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/report-1204gensen. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。あなたは神様です!
仕事はPC関係でございます。
たしかに参考URLで調べたところ、乙欄の数字とピッタリでした。感動の一言でございます。
なら、103万を越えさえしなければ、とり戻せるということですよね。仕事は今年からやってますんで、今年度末に徴収票をいただき、税務署に寄ってたいと思います。完璧な回答ありがとうございました。
ああ、今日は嬉しさのあまり眠れません!

お礼日時:2002/03/15 01:23

源泉税は、アルバイトなどで「扶養控除等申告書」という書類を提出していない場合、20%の源泉税を引かれる場合があります。



ただ、源泉税は、会社で年末調整をすれば1年間の所得税が清算されます。

会社で年末調整をされない場合は、確定申告をすれば清算されて、学生の場合は、勤労学生控除があり、年収が130万円以下なら、源泉税が全額戻ります。

このように、還付になる場合は5年間遡って、鑑定申告が出来ますから、安心してください。

手続きは、会社から源泉徴収票をもらい、印鑑と共に税務署へ行けば、申告書の書き方を教えてもらえます。
その時に、還付金を振込んでもらう銀行口座の口座番号のメモか通帳を持って行く必要があります。

1月から12月までの年収が130万円以下の場合は、税金がかからず、源泉税は全額戻りますから、保険料控除などの申告は必要ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

え!!130万までいいんですか!?ありがとうございます!絶対に今年の冬に源泉票もらって、申告しに行きたいと思います!ほんとうにありがとうございます!

お礼日時:2002/03/15 01:26

だいじょうぶですよ。


今年はだめでも1年前にさかのぼって申告できます。
来年持って行っても大丈夫ですよ。
必要な資料はもらっておきましょう。

ところで、生命保険とかお金払ってないですか?
それも、保険屋さんに頼んで1年間に合計で¥100,000以上払っている場合も
申告しておくとお金が戻ってきますよ!

なくしてしまった場合も新しく発行してもらうことも可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうです。保険は入っていません。
っていうか、何を払っているとかそういう話はしてないんですよね~。回答のほうで申告は5年間有効だという話を聞かせていただいたので、安心いたしました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2002/03/15 00:48

申告すれば間違いなく納税分戻ってくると思います。



私も現在「ぷー太郎」で親の扶養家族ですがアルバイト分は個人で申告しています。
徴収金額がそのまま戻ってくるはずです。

源泉徴収票は必ずもらいましょう・・・というか年末にくれるはずなんですけどね(^^ゞ
短期などのバイトであれば退職時に必ず貰いましょう。

源泉徴収票がなければ申告できないので今年は諦めるしかないとは思いますが来年はしてくださいね。
勿体無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年始からやったんで、もらってないっすねえ。^^
ってことは、来年の末に源泉徴収票もらって、税務署直行って感じでいいのですかね。そしたら、かなりの額が返ってきますね。ざっと20万ですよねえ。なんか貯金してるみたい。

お礼日時:2002/03/15 00:53

まず急いで「税務署」へ行きましょう。


そして「確定申告」なるものをしてください。
会社側に「源泉徴収」として徴収されたものはこのときに申請することにより戻ってきます。

税務署へは「印鑑」と「通帳の口座がわかるもの」と、「源泉徴収票」を持参してください。

青色申告同様個人の確定申告も3月15日までです。
記入の仕方は税務署の人が教えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なぬう!明日まで!?もう遅いです...
せっかく教えてもらえたのに。
でも源泉徴収票なぜかもらえなかったんでいってもしょうがないですね。
ただ、この回答をみると、まさか徴収分は帰ってくるということなのでしょうか!?とにかくありがとうございます。

お礼日時:2002/03/14 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票にのっている源泉徴収税額

源泉徴収票にのっている源泉徴収税額の算出方法を教えてください

Aベストアンサー

解りやすいサイトがありました。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/clerk/closeup/CU20011225A/

Q給与所得は確定申告さえすれば源泉徴収しなくてもいいですか?

昨年に有限会社を設立しました。経営は私一人なので役員報酬を給与という形で毎月受け取っております(去年の9月から月20万円ずつ)。しかし、今現在まで、昨年9月~今年2月の間の源泉徴収税の支払い手続きを全くしておりません。これは不納加算税が科されるのですが、確定申告の期限である3月15日までには源泉徴収税を支払えないので、その分、去年の9月から月20万円ずつあった私の個人の給与所得を申告し、そこで税金を納める方法があるようですが具体的な方法を教えて下さい。また、これは違法なのですか?また、後に不納付加算税を支払うので、確定申告時には税金が課せられないのですか?。どうしたらよいか開業したばかりでかなり焦っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先の質問に回答して通りです。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=787931

確定申告をするには、会社で源泉徴収票を発行します。

源泉徴収票の用紙は税務署にあり、書き方については参考urlをご覧ください。
なお、金額については給与の支払額を記入し、源泉税は0円にします。
その他の金額に関係する欄は記入扶養です。

税務署に源泉徴収表と印鑑を持参すれば、確定申告書の書き方は教えてもらえます。
なお、個人で支払った社会保険料(国保・国民年金)の金額のメモや生命保険料・損害保険料の証明書を持参すれば、控除を受けることが出来ます。

又、税務署が遠い場合、この時期には市役所でも受付と指導をしているところが有りますから、事前に市に聞いてみましょう。

参考URL:http://www.city.noshiro.akita.jp/zeimu/kyuhokakikata.html

Q株取引「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の口座を持っている場合の確定申告について

現在、2つの証券会社に口座を開設しています。

A証券会社:特定口座(源泉徴収あり)
B証券会社:特定口座(源泉徴収なし)※変更手続きが間に合わなかったため

2つとも源泉徴収ありの場合、確定申告は必要ないと思います。
しかし、上記のような場合はどのように申告したらよいのでしょうか?

ちなみに、B証券会社のほうは今年はマイナスで、
今後の取引はA証券会社にて行う予定です。

B証券会社で利益が出ていなくても、片方が源泉徴収なしのため、
A証券会社で利益が出ている場合は確定申告が必要ですか?

Aベストアンサー

>しかし、上記のような場合はどのように申告したらよいの…

A証券会社について、確定申告は任意であって、不要と決めつけられるわけではありません。

B証券会社について、他の所得 (Aのことではなく、給与や事業所得など) と合算しても、「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
の額の合計額より少なければ申告不要、所得控除の合計より多ければ申告必要。
もう少し平たく言えば、「基礎控除」の 38万円と「社会保険料」の支払額などを足した数字より少なければ、申告の義務は生じないということです。
(10万円という根拠は分かりません。)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

>ちなみに、B証券会社のほうは今年はマイナスで…

A証券会社は任意といったのは、そのようなケースがあるからです。
両方とも申告すれば、Aの利益から Bの損失を引き算した分に相当する源泉税は、還付されます。
Aの利益より Bの損失のほうが大きい場合は、Aの源泉税をすべて返したもらった上、その差だけを翌年以降に繰り越してもかまいませんし、A は申告せず、B の損失をまるまる繰り越してもかまいません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1465.htm

>B証券会社で利益が出ていなくても、片方が源泉徴収なしのため…

そういうことはありません。
A については、あくまでも任意です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>しかし、上記のような場合はどのように申告したらよいの…

A証券会社について、確定申告は任意であって、不要と決めつけられるわけではありません。

B証券会社について、他の所得 (Aのことではなく、給与や事業所得など) と合算しても、「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto320.htm
の額の合計額より少なければ申告不要、所得控除の合計より多ければ申告必要。
もう少し平たく言えば、「基礎控除」の 38万円と「社会保険料」の支払額などを足した数字より少なければ、申告の義務...続きを読む

Q株を売った際に引かれた特定口座源泉徴収、特定口座地方税源泉徴収の税金を戻す方法は?

生まれてはじめて株を売ったら、特定口座源泉徴収ありにしていたため、10%の特定口座源泉徴収、特定口座地方税源泉徴収で税金が引かれてしまいました。しかし、私は1年で20万円の副収入はないため、本来は引かれるはずのない税金です。国として法律で20万円以下は無税、と謳っていながら結果的に引かれるいわれはないと思いますし、国が法律違反している気がします。証券会社に聞いてみたところ、私どもではなんともならない、税務署等に聞いていただければ何か方法があるかもしれません、といわれました。なんとか戻す方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>国が法律違反している気がします…

特定口座源泉ありを選択したのはあなたでしょう。
国が勝手に特定口座源泉ありにしなさいと決めつけたわけではありません。
自分の行為を棚に上げて他人 (国) を批判するのはいかがなものかと。

>私は1年で20万円の副収入はないため、本来は引かれるはずのない…

本業がサラリーマンということですか、それとも無職の方ですか。

>なんとか戻す方法はないでしょうか…

無職の方なら確定申告をすれば良いだけです。
大騒ぎする問題ではありません。

サラリーマンの方なら、20万以下申告不要というのは、年末調整を受けていて、他の要件でも確定申告をする要件が見あたらない場合に限る話です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

特定口座源泉ありでもあとで確定申告をすることができます。
本業の年末調整で、
「給与所得控除後の金額」-「所得控除の合計額」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
がマイナスの数字の場合に限り、株の源泉税が一部あるいは全部返ってくる可能性はあります。
これらの数字は「源泉徴収票」に記載されています。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-2.pdf

「給与所得控除後の金額」-「所得控除の合計額」がプラスの場合は、確定申告をしても還付はないか、逆に追納となるかは、プラスの数字がどれだけあるかによって違ってきます。
つまり、やぶ蛇になることもあり得るというわけです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>国が法律違反している気がします…

特定口座源泉ありを選択したのはあなたでしょう。
国が勝手に特定口座源泉ありにしなさいと決めつけたわけではありません。
自分の行為を棚に上げて他人 (国) を批判するのはいかがなものかと。

>私は1年で20万円の副収入はないため、本来は引かれるはずのない…

本業がサラリーマンということですか、それとも無職の方ですか。

>なんとか戻す方法はないでしょうか…

無職の方なら確定申告をすれば良いだけです。
大騒ぎする問題ではありません。

サラリ...続きを読む

Q復興特別所得税が徴収されない源泉徴収

自分は自営業者(フリーランス)です。

昨年末から取引きを始めた会社に請求書を送る際、
手取りが提示金額になるように送ってくれとの事だったので
(提示金額÷0.8979[源泉所得税及び復興特別所得税])×1.08[消費税] で送ったところ
フリーとのやりとりでは復興税は自己負担してもらってるので
(提示金額÷0.9[源泉税のみ]×1.08[消費税] でお願いしますと訂正されました。

例)
提示金額 10,000円
最初の請求 10,000+源泉1,137円+891円 →振り込み 10,891円
訂正後 10,000+源泉1,111円+888円 →振り込み10,888円

消費税分が少なくなることは仕方がないにしても、
他の数社との取引きでは源泉税に関して復興税を除いて引かれることが無かったので疑問に思い質問しました。

あと、源泉で引かれてない復興特別所得税分を自身で収める際は、どのようなかたちになるのでしょう?

Aベストアンサー

>表題の取引きは年末締めの今年振り込みなので、来年の確定申告になりますね。

いえ、昨年の仕事(役務の提供)であれば昨年の売上に含めますので、今回の確定申告の範囲です。現金主義の届の承認を受けている場合は除きます。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm

>復興税を除外した源泉税を引かれてる場合、通常の源泉徴収税として金額をいれていの・・・
 いえ、入れません。そして、復興税を引かれているか引かれていないかは、実務上、貴方が気にする必要ありません。
  
①貴方が納める税金=②年税額(復興税込)―③実際に源泉徴収された税額
の関係になります

復興所得税が引かれずに源泉徴収された税額が少なければその分、貴方が申告時に納める税金は少し多くなるだけです。申告ソフト上で 実際に引かれていない金額を追加してしまうと、貴方が申告時に納める税金が少なくなるのでダメです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報