It is sad ( ) us to say good-by to you.

ここに入る前置詞ですが、
高校の時、「前の形容詞が、物事の性質をあらわすものならforを使い、人の性質をあらわすものならofを使う」と
習ったのですが、この文ではどっちですか?

どっちにも取れるような気がして仕方ありません。
どうかよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

自分が話す場合を考えると、この場合「for」ですね。



文法理論は苦手なのでうまく説明できませんが、「sad」は私たち(人)の持っている「性質」ではなく、「さよならを言うこと」という物事の「性質」を表していますよね。

ちなみに「to」でも入るように思いますが、どうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましてすみません。

なるほど・・・。
forになる理由はとてもよく分かりました。

しかし、なぜ、toでもいいのか、分かりません。
お手数ですが、なぜtoなのか、もう一度教えていただけませんでしょうか。
お願いします。

お礼日時:2002/04/09 13:14

「to」についてですが、「~にとって」という意味で使われることがありますので、この場合も「私たちにとって悲しみです。

」という意味ですから、使えるように思いました。

誰からか反応があるかと思っていたのですが、なにもなかったようですね。
間違いなく「正解」といえるのは「for」ですので、こちらを覚えておいてください。
もし誰かに聞ける機会があったときにでも思いだして聞いてみてもいいでしょうね。

よけいなことをいってすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、お答えいただきましてありがとうございます。

実は私もちょっとtoに関して誰かから反応があるかなぁ・・と待っていました。
自分でもいろいろ調べてみたいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/09 23:35

forですね。



It=to以下ですから、
「あなたにsay good-byすることは私たち(  )悲しい」
と考えると分かりやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、すみません。

日本語にして書いていただくと、より分かりやすかったです。

ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/09 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QI don't know if I'll have enough to time to do all the good deeds I need to eras

映画の中で聞き取れない部分をアメリカの人にチェックしてもらったところ、
「I don't know if I'll have enough to time to do all the good deeds I need to erase all the bad ones I did.」
(スクリプトは
「I don't know if I'll have enough time...to do enough good deeds to erase all my bad ones.」)
とのことでした。
「I'll have enough to time...」の「to」があるので、
この文の組み立てがわかりません。
どこで区切ったらいいのか教えてください。
それとも単純な間違いかな、と思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!! 何か自分のことが書かれていると感じてしまいました。

今日はそれを土台として説明したいと思います。

ご存知のように私はここで回答をするときに、日本語文は変換ミス、英文は単語が抜けたり入っていたりするときがあるのに気がついたと事があると思います。

ここで私が書くときに普通2つ位の他の事を同時にやっていますのここでタイプするときにささっとタイプしてしまいます。 指の動きと脳の流れがマッチしていれば思ったままタイプして問題ありません。

しかし、時にその動きがマッチしないとタイプのほうが先に行ってしまったり脳のほうが先に行ってしまったりしてしまいます。 そのままずれていればいいのですが、どちらかがスピード調整をしなくてはならないのですることになりそのときに次の句や説の最初の部分が入ってきたり、前の句や説の最後の部分が消えたりしてしまうのですね。

これを武道では「先々(せんせん)の先(せん)による隙間」と言う表現をしていますが、腕が上がれば上がるほど命取りになる矛盾の証しともなるものなのですね。 ですから武器を持った複数を相手にするときの大きな壁となりこれを経験すると言うことはすなわち人間の限界に近づいている可能性がある、と言う理解をしています。 去年の秋に殺された私の護身術の弟子はこれが実践において起こってしまったとしか考えられないわけです。 私のこの1月の件も非常に似た現象だったわけです。

本題です。

これは多分その人に同じようなことがおきたのだと思います。 つまり、I don't know if I'll have enough timeと書くところをI don't know/if I'll have enoughとタイプしているときに、脳はすでにto do allの句に入ってしまっており、そのシグナルがtoをタイプしろと伝えそして調整作業が入り,time to doとタイプしたのに気がつかなかった、と言う解釈を私はします。

つまり、脳ではちゃんとenough time to doと言っているにもかかわらずタイプしている指は動いてしまっているわけです。

一万分の一のスピードで脳の反応と体の動きというものがマッチしないことが多くのプロのスポーツ選手がやることなんですね。 体調によって、この「同機調整」が鈍るときがあるわけです。 しかし、人間としての限界、その作業の、と体調、また、同時にやっていることによって、これが起こり普通ならまったく問題ないことを「チョンボ」することになるわけですね。 

ということで、これは単なるミスと私は考えます。 経験者ですが<g>いつものとおり一般者として回答させてもらいます。<g> 

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは!!! 何か自分のことが書かれていると感じてしまいました。

今日はそれを土台として説明したいと思います。

ご存知のように私はここで回答をするときに、日本語文は変換ミス、英文は単語が抜けたり入っていたりするときがあるのに気がついたと事があると思います。

ここで私が書くときに普通2つ位の他の事を同時にやっていますのここでタイプするときにささっとタイプしてしまいます。 指の動きと脳の流れがマッチしていれば思ったままタイプして問題ありません。

しかし、時にそ...続きを読む

Qgood to ~とgood for ~ing

「この浜は泳ぐのにいいね」
という時に

This beach is good to swim.
This beach is good for swimming,

ではどんな違いがあるでしょう。
上の言い方は間違いでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも正しい表現で、大体同じような意味ですが、

こういう、ほぼ同じ意味で、不定詞・動名詞が使える文ができるときは、
(I like to ~、I like ~ingなどの話)

動名詞を使う方が、より一般論的で、
 この場合なら、泳ぐのによさそうだね、みたいな表現に、
不定詞を使う方が、より具体的、というか、
 実際泳いだらよかったよ、とか、よさそうだから泳ぎたい、
 というふうな、雰囲気が伝わる表現になります。

QI would love to know what you have to say about Japan

ミクシーのようなサイトでのメッセージなのですが、意味がいまいちわかりませんでした。教えてください。
自分なりに訳しますと・・・
Your profile is nice and not over the top. I'm surprise you're single. If you don't mind telling me, I would love to know what you have to say about Japan and your life living there.
あなたのプロフィールはいいね、(わかりません)あなたが独身とは驚いた。もしよかったらおしえて、(わかりません)やそこでの生活?について。

お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

Your profile is nice and not over the top.

あなたのプロフィールは、素晴らしいくて、気さくだね。 

I'm surprise you're single.
あなたが独身とは驚いたよ。

If you don't mind telling me,
もしよかったら教えて欲しいんだけど、

I would love to know what you have to say about Japan and your life living there.

日本についての貴方の意見や、そこでの生活について、ぜひ知りたいと思います。

ご参考までに

Q前置詞の to か不定詞の to か。。

●Both children contributed to baking the cake.
「子供たちは2人ともケーキを作るのを手伝った。」

この文の場合のtoは前置詞だから目的語(動名詞)がくるのですが、toが不定詞か前置詞かを
見分ける方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

to V(動詞の原形)

to Ving(動名詞)

これだけでいいと思いますよ☆

to不定詞であれば動詞の原形ですし、to Vingで前置詞です。

よく頻出されるこの手の問題は

I'm looking forward to playing baseball.
ですね。この場合はtoの後ろにingですので「前置詞」確定です。

ただ、質問者様が望んでおられる答えは…私もわかりません。見分ける方法と言うよりも例文を覚えて行くしかないような気がします。

Q前置詞のtoと不定詞のto見分け方

さっきのは見返すと分かりにくかったので、、

不定詞のtoは、後ろは動詞の原形
前置詞のtoは、後ろが名詞形or名詞

というのはわかるのですが


decide や want の後に来るto は不定詞だとか覚える以外でどうやって
見分けるのですか。

例えば、He decided /to work/to working on Sundays.

どちらかを選べ、といわれたとき、覚えている以外ではどうみわけるのですか

Aベストアンサー

以下は私が辞書が使えない場面でとりあえずやってみる判別法なので、どこまで有効なのかは保証の限りではありません。
そして、ある程度『経験、勘、度胸』も働かせられる程度の勉強をしてきた学習者の場合、という条件付きです。

「to+動名詞」が使われるケースは、つまり「to+名詞」であり、そうであれば「to it」で置き換えることができます。
それを、ケース毎に当てはまるかどうか試して判断します。動詞との組み合わせ、「be+形容詞」との組み合わせ、前置詞句との組み合わせなど思いつくままに…。

▼He decided (to work/to working) on Sundays. であれば、
1)He decided it.は第3文型「それを決めた」でしっくりきますね。他動詞です。だとすると、不定詞の名詞用法to workを目的語に取れるはずです。
2)He decided to it.はしっくり来ますか? 他動詞だと分かっているから変な感じがします。であれば、「to+動名詞」であるto workingも変です。

▼I am looking forward (to hear/to hearing) from you by return.であれば、
look forward it.と、look forward to itのどっちがしっくり来るかを較べ、lookが普通は自動詞で使われforwardは前置詞ではなくitを目的語に取れないので後者、それであればto hearingが正解、とします。
(私は仕事で英文メールをよく出すので常套句の筈ですが、それでも時々見直しの際にここで「to不定詞」を見つけて自己嫌悪に陥っています。)

▼I got used (to speak/to speaking) English on a daily basis.であれば、
got used itと、got used to itを比べ、前者の他動詞ユーズド「~を使った」はここではおかしいぞと後者に軍配を上げ、ユーストto speakingを選びます。

▼I'm indecisive when it comes (to choose/to choosing) food. であれば、
comes itを思い浮かべた途端に、おかしな感じになります。自動詞だからあり得ない、と。これもcomes to itがしっくり来るのでto choosingをchoose。

▼I'm glad (to meet/to meeting) you.であれば、
まあ、この文で迷うことはありませんが、am glad itとは使えないので、to meetingは不可。be gladはthat節とつなぐことができますので、to meetと副詞用法の不定詞ともつなぐことができます。

▼The key (to succeed/to succeeding) marriage is not finding the right person.であれば、
ちょっと悩みます。名詞に後続する時は不定詞の形容詞用法があり、the road to succeedなどと使われています。ただ、keyの場合はkey to open the front doorのような本来の意味ではなく「成功に通じる関門を開ける鍵」という意味で比喩的に使われているから「key to successとしか使えない(のだろう)→だからkey to itと前置詞+名詞しか使えない→key to succeedingになる」と無理矢理理屈をつけて覚えました。

▼In addition (to read/to reading) books, I love taking photos.であれば、
普通、in addition toは前置詞句として暗記しているので、in addition itは無理、to itしかあり得ないと直感し、to readingと続けます。
重箱の隅を突いてみて分解しても、前置詞inと名詞additionのひとかたまりで副詞句、さらに同じく前置詞toと動名詞readingが形容詞句を形成してadditionを修飾しています。


書いていくうちにあれこれ思いついて長くなってしまいました。
「to+動名詞」の方が、うっかりすると検証を忘れてつい「to不定詞」を使ってしまうという点で悩ましいので、その例が多くなりましたが、以上がざっと私なりの確認法です。
「itとto itのどちらと繋がるか・動詞は自動詞か他動詞か」を主なチェックポイントにしています。

以下は私が辞書が使えない場面でとりあえずやってみる判別法なので、どこまで有効なのかは保証の限りではありません。
そして、ある程度『経験、勘、度胸』も働かせられる程度の勉強をしてきた学習者の場合、という条件付きです。

「to+動名詞」が使われるケースは、つまり「to+名詞」であり、そうであれば「to it」で置き換えることができます。
それを、ケース毎に当てはまるかどうか試して判断します。動詞との組み合わせ、「be+形容詞」との組み合わせ、前置詞句との組み合わせなど思いつくままに…。

▼He de...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報