個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

たくさんの日付が入ったデータがあり、
その中のある日付のデータを指す場合、
「The record of Oct 24, 2006」
のようにofでつないでも良いものでしょうか。
それとも、atやonでつなげたほうが良いのでしょうか。
どれが最も適切かさっぱりわかりません。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「XX日のAというデータを追加してもよろしいですか?」


という場合もofで大丈夫でしょうか?
「Are you sure to add the record "A" of Oct 24, 2006?」

この英文は、「あなたは必ずデータを追加しますか」という意味ですが、質問文は、「私がデータを追加してもよろしいでしょうか」という意味ではないのでしょうか。その場合は以下のようになります。また、データをdataではなくrecordにしているのは意図的でしょうか。なお、of は問題ありません。(通常はonですが)atにすると、「Oct 24, 2006にデータを追加する」という意味にとられてしまいます。

訳例
May I add the data "A" of Oct 24, 2006?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
あぶなかったです。
助かりました。

お礼日時:2006/10/27 12:16

ご自分の考えた英語が正しいかどうかを判断する1つの方法として、ネット上でその表現がどれだけ使われているかを検索する方法があります。


たとえば、record of 2006(2006年の記録)だけでもかなりの件数をヒットします。
気になる場合は、the record dated Oct 24, 2006のようにすることも可能です。
    • good
    • 0

同じようなデータで日付だけ違うという場合でしょうか? なおかつ,一日単位(一日に一つ)のデータとか?


As of が使えます.「~現在の~」 The record as of Oct 24, 2006. 本日のなら,~ as of today.
    • good
    • 0

「2006年10月24日という属性のデータ」ならofでいいと思います。


onだと「2006年10月24日に取得したデータ」ってニュアンスでしょうね。

この回答への補足

すみません。追加で質問させてください。
「XX日のAというデータを追加してもよろしいですか?」
という場合もofで大丈夫でしょうか?
「Are you sure to add the record "A" of Oct 24, 2006?」
という感じだと思うのですが、なんとなくatのほうが適しているような気がしています。
「Are you sure to add the record "A" at Oct 24, 2006?」
よろしくお願いします。

補足日時:2006/10/25 09:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受託先、委託先を英語でどういいますか?

受託先、委託先
受託製造、委託製造 
受託、委託

を英語でどういいますでしょうか?
(OEMやODMではなく。。。別の表現で。。。)

受託先 contracted (outsourced) company?

委託先 contracting (outsoursing) company?

教えて下さい!! よろしくお願いします。

Aベストアンサー

受託先(者) = Consignee
委託先(者) = truster consignor client

受託製造 = Manufacture on Assignment
委託製造 = Commissioning Manufacture

受託 = Contract
委託 = Consignment

上記は全て「JST科学技術用語日英対訳辞書」に掲載されていた訳語です。
http://ejje.weblio.jp/cat/jstkg

一般には受託者のことを "Outsourcee"、委託者のことを "Outsourcer" と呼ぶと思います。

Q情報を整理する

「今ある情報を整理する」や「議論を整理する」などを英語で言う場合、どのように言えばいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。

これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。

また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information (that) we have accumulated for my boss.という具合ですね。

また、その情報を整理するという事が、その情報のうちには結構要らないものが多い、というのであれば、clean up the information という言い方をします。

また、collateのように、順序だてる必要があるというのであれば、sortという単語を使います。

よって、情報を整理するという事について、何をするかによって、単語を選ばなくてはならないという事ですね。

organizeは、書類のcollate, 情報のsort, また、いらない情報を削る、等も含んでいるという事ですね。

さて、議論を整理するですが、実は私には、この文章がわかりません。 もし、会議などで議論がばらばらになり、議長が一言言わなくてはならない、という意味でしら、police the discussion/argument, order the discussionといいますが、この事でしょうか。

settle the controversyとして、議論をまとめて終わりにする、という意味で使われます。 この意味のことを言っているかな。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

整理をするという意味で一番良く使われるのは、organizeと言う単語なんですね。

これは、collateのように、バラバラになった書類などを整理整頓する時にも使いますし、散らかった部屋を整理するという意味でも使います。

また、情報をわかりやすく、上司の為に整理してまとめる、という意味で、My job in the office is to organaize all the information (that) we have accumulated for my boss.という具合ですね。

また、その情報を整理するという事が、そ...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q不良品(不適合品)に対応する英語

製造業の現場で使う「不良品」「不適合品」は英語でなんていうのでしょうか。実際に外国の英語圏で使われている英語を知りたいと思い自分なりに調べたのですが、調べがつきませんでした。もし、このような製造業現場で使われる英語がわかるサイトもご存知であれば併せてお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

不良品は
defective product(s)
が普通だと思います。
不合格品という意味では reject という名詞がありますが。

こういう用語を調べるのにいいサイトは次のもの。
英和・和英ともに、秀逸です。
http://www.alc.co.jp/
ここには「英辞郎」というのがあります。
上の空欄に英語なり日本語なりを入力し、
英和・和英をクリックすれば、
かなりの用語がヒットしますよ。

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qエクセルのリンク解除ができない場合の対処

症状としては、時々ある事なのですが、エクセル(2003)でファイルのリンクを
編集→リンクの設定→リンクの編集→リンクの解除
をしても解除されない症状を解決するにはどうしたらよいでしょうか?
因みに外部リンクで、sumifやvlookupなどを使用しています。
また、列の非表示や、ソートでの行の非表示などはよく多用しています。
上記が起因しているかどうかは不明です。
ご存知の方いらっしゃいましたら、是非ご教授お願いします。

Aベストアンサー

名前の定義の中の参照範囲にリンク先が含まれていませんか。

エクセル2003は使っていないので、エクセル2000の場合を説明します。

「挿入」→「名前」→「定義」の「参照範囲」を確認して、リンクが含まれていれば削除して見て下さい。

リンクが含まれて無ければ、別問題ですので他の方の回答を待って下さい。

Q大分類、中分類、小分類

ずばりタイトルの通りです。
それぞれ英語で何て言うのでしょう。

Aベストアンサー

分類する対象によって異なってきます。
日本でも大項目、中項目、小項目と言ったり、
XX科▲▲目と言ったりするでしょ。
 
大分類はlarge classificationが一般的ですがをupperを使ったり、
あるいはcategoryを使った場合に、中分類にfamilyを置いたりと。

Q説明書に「補足:・・・・・」と英語で書く場合は?

現在とある機会の説明書を作っておりますが、
本文とは別に「補足:●●●●・・・・」という補足情報欄を作っています。

この「補足」を英語に置き換えるとすると、どの英単語が一番しっくりくるのでしょうか? 
また同様に「重要:・・・・」も英語にした場合、Important: でいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足
Note:
Information:

重要
Attention:
Important:

Q「なお、~」の英語表現

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with
」というように)。

どなたかご教示下さい。

なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。法律関係は別ですが。
例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that (or, please note), in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。
単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多...続きを読む


人気Q&Aランキング