これからの季節に親子でハイキング! >>

基本的なことが出来なくって困っています。

(253+A)/(1572+A)=20%
今1572kgの液体中に253kgの水が含まれています。
割合で16%位です。
水分量を20%にする為、Aの水を追加します。
76kg位で達成しますが、A=○○の式を導き出せません。

恥を忍んでお尋ねします。
教えてgoo!
宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

B1*B2で液体の重さが出ます。


これにB3をかけたB1*B2*B3が液体中の水分以外の重さです。
(百分率のところを100で割るのか割らないのかはExcel使わないんで分かりません。適当に処理してください。)

一方目的の水分量にする際、入れるのは水だけなので、
水分以外の重さは変わっていません。
つまり、水分以外の重さを(1-B5)もしくは(100-B5)%にするので、
B1*B2*B3/(1-B5)が水を入れた後の全体の重さになります。
よってあとはもとの液体の重さB1*B2を引けば、入れた水の量が出ます。

水の量は、B1*B2*B3/(1-B5)-B1*B2で。
百分率が数値そのままならB1*B2*B3/(100-B5)-B1*B2で。

私はExcelの数式に変換はできないので、適当に処理してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座いました。

お礼日時:2006/11/24 03:55

1:20%=0.2とします。


2:両方に(1572+A)を掛けます。
3:括弧を外して展開します。
4:移項して左項をA、右項を数字のみにまとめます。
5:左項を"A="にするために、Aに掛けてある数字で両項を割れば答えが出ます。 

この回答への補足

エクセルに計算式を入力するのが目的なんです。
    A      B
 1  体積    1917 リットル
 2  比重    0.82
 3  分析値   83.89% (残りは水分と仮定)
 4
 5  目的水分  20%
 6  必用水量

Bの1・2・3は測定値
水分量を20%にする為にあとどれだけ追加すれば良いか
B6に計算式を入れたいのです。
出来れば、=if(B3="","",  )で入力できるよう宜しくお願いします。

補足日時:2006/11/23 19:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

お礼日時:2006/11/23 19:42

20%を0.2に直します。



(253+A)/(1572+A)=0.2

両辺に分母の(1572+A)をかけて、分母を払います。

{(253+A)/(1572+A)}*(1572+A)=0.2*(1572+A)
(253+A)=0.2(1572+A)

分配法則を使って、括弧をはずします。

253+A=0.2*1572+0.2*A

Aの項を左辺に移項します。

253+A-0.2A=0.2*1572

定数253を右辺に移項します。

A-0.2A=0.2*1572-253

計算してまとめると、

0.8A=61.4

両辺を0.6で割ります。

0.8A÷0.8=61.4÷0.8

計算します。

A=76.75

分からないことを尋ねるのは恥ずかしいことではありません。分からないことを尋ねずに分かっているようなふりをすることが恥ずかしいことです。

この回答への補足

エクセルに計算式を入力するのが目的なんです。
    A      B
 1  体積1917 リットル
 2  比重0.82
 3  分析値83.89% (残りは水分と仮定)
4
 5  目的水分20%
 6  必用水量

Bの1・2・3は測定値
水分量を20%にする為にあとどれだけ追加すれば良いか
B6に計算式を入れたいのです。
出来れば、=if(B3="","",  )で入力できるよう宜しくお願いします。

補足日時:2006/11/23 17:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>分からないことを尋ねるのは恥ずかしいことではありません。
>分からないことを尋ねずに分かっているようなふりをすることが恥ずかしいことです。

心遣いありがとう御座います。
お手数掛けます。

お礼日時:2006/11/23 19:46

立てられている式は正しいので、後は計算です。


(253+A)/(1572+A)=20/100
まず20%を分数に直す(小数でもいいのですが分数が楽です)
そうすると
100(253+A)=20(1572+A)
と変形でき、あとは展開して解くだけです。
そうすると
80A=20(1572-1265)
4A=307
A=76.75
と求まります。

この回答への補足

エクセルに計算式を入力するのが目的なんです。
    A      B
 1  体積    1917 リットル
 2  比重    0.82
 3  分析値   83.89% (残りは水分と仮定)
 4
 5  目的水分  20%
 6  必用水量

Bの1・2・3は測定値
水分量を20%にする為にあとどれだけ追加すれば良いか
B6に計算式を入れたいのです。
出来れば、=if(B3="","",  )で入力できるよう宜しくお願いします。

補足日時:2006/11/23 19:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。

お礼日時:2006/11/23 19:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q純度計算 乾燥減量換算

純度で水分が0%のときを出す場合の計算なんですが、
たとえば
純度95.5% 水分(乾燥減量) 2.6%の物質Aの
水分を全部除いたとしたら純度ははいくらになるか
というものです。
前の会社(薬品会社)では良く使っていたのですが・・・
忘れてしまいました。
確か(100-2.6)/100を
分子分母に入れた計算だったと思うのですが
わかられる方連絡ください。

Aベストアンサー

純分(表現が適切でないかも知れませんが)の重さを水分を除いた重さで割れば良いのではないですか?

95.5/(100-2.6)*100=98.0(%)

Q含水率の計算を教えてください

含水率85%の、100KGの土に、0.5%の養分があります。

この土を乾燥させて、含水率5%に落とすと、養分は何%になりますか?

Aベストアンサー

<含水率85%の土の内わけ>
・水  85kg
・土  15.0kg(栄養0.5kg,その他14.5kg)

土 15kgに対して、5%となる水の量は、
水 xkgとすると

x/(x+15) × 100=5(%)
x=0.78947368…≒0.79kg

より、含水率5%の土の量は
15+0.79=15.79 kg

栄養は0.5 kgなので、
栄養の含有量は、

0.5/15.79 ×100=3.16665611…
        ≒3.2%

となります。

Q加圧加熱殺菌(レトルト殺菌)に使われるF値について

微生物の加圧加熱殺菌に指標に使用されるD値、Z値、F値について教えてください。
また、詳しい解説のでているような書籍やWEBサイトがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度幅。単位は(℃)、縦軸にD値の対数、横軸に加熱温度をプロットした耐熱性曲線(TDT曲線と呼び通常直線)の傾きから求める。一般に栄養細胞と芽胞等を比較した場合、前者が熱に対する感受性が高く、Z値は小さい傾向にある。
F値:実際の殺菌は一定温度で行われるわけではなく、加熱、冷却に伴って温度が変化するためトータルの殺菌効率、致死率を表すものが必要。これがF値、各プロセスの致死率Lを積分したもの。通常、基準温度250゜F(=121℃)における殺菌時間に相当する。
   ちなみに L=10^{(T-Tr)/Z} 
   T:殺菌温度  Tr:基準温度
F0値はZ値を10℃に固定して求めたF値。細菌の耐熱性のデーターが含まれなくなるため、殺菌プロセスの評価によく利用されます。
また、缶詰製品のように常温長期保存する食品ではボツリヌス菌芽胞の完全殺菌が要求され、この耐熱性芽胞のD値の12倍の熱処理が要求されています。12Dの概念と呼ばれています。食品衛生法にある「120℃、4分間の加熱」はこれを想定してのことと思われます。

不十分かもしれませんが簡単に
D値:ある一定温度で目的の細菌数を1/10に殺菌する時間。単位は通常(分)、90%致死時間のこと。通常、縦軸に細菌の生存数の対数、横軸に加熱(殺菌)時間をプロットした生存曲線(直線)の傾きから求める。一定温度でのD値を比較すると、その温度での細菌の熱耐性を評価できる。
Z値:細菌のD値は温度によって変化するので、D値では不十分、Z値は死滅速度がどの程度温度に依存するかを示す値。細菌のD値と温度をプロットしたとき、D値が1/10になるときの温度...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q計算方法

かぼちゃの実、皮。大葉について含水率と灰分、これらの植物中の鉄及びカリウムを測定しました。
そこで、質問なんですが、含水率及び灰分をg/100gで求めたいのです。私にある情報は試料を乾燥、灰分化させたときの重量のみです。どうすれば計算できるか教えてください。

Aベストアンサー

 乾燥前の元重量=W0
 乾燥後の重量=Wd
 灰化後の重量=Wa
 とすると、
 含水率=(W0-Wd)×100/W0 g/100g
 灰分(乾燥ベース)=Wa×100/Wd g/100g

 残念ながら、乾燥前の重量情報が無い様ですので、含水率は不明ですね。

Qオイル交換の所要時間は?

車関連のことが全くわかりませんので質問させてください。
タイトル通りの内容なのですが、車の「オイル交換」をガソリンスタンドでしてもらった場合、どのくらい時間がかかるのでしょうか?
一般的な価格も教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ガソリンスタンドが給油等で混んでいなければ、15分から20分くらいで終わります。
 価格はオイルにピンからキリまであります。車のマニュアルに指定オイルのグレードが記載されていますので、それを参考に決めて下さい。
 ノーマルのエンジンなら下から2番目くらいのグレードで2-3000円位です。
 これはオイルの量にもよります。大きい排気量のエンジンでオイルの量が多い場合は比例して高くなります。
 またオイル交換2-3回に一度はオイルフィルターも交換しましょう。

Q統計学でいうRSD%とは何ですか。

統計学でいうRSD%の平易な説明と計算方法を知りたいのですが。標準偏差はわかります。

Aベストアンサー

RSD%とは、相対標準偏差をパーセントで表示したものと思われます。

相対標準偏差(%)=(標準偏差/平均値)×100

次のページは、「相対標準偏差 RSD 平均値」で検索して出たものの一つです。
http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

参考URL:http://www.technosaurus.co.jp/product/mlh_faq_sd1.htm

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較