次の文を精読してくれませんか。(2)はまったく意味がとれません。
主語、目的語、補語、修飾などを示してくれれば幸いです。

(1)The number of people aged 65 and older more than
 tripled over the past half century to a record 420
 million worldwide.

 more thanがどこに修飾されるのかがわかりません。


(2)Friends and ER were the most popular programs
of the season, with their success attributed
to viewers's desire for the TV version of "comfort food."

comfort food=気分が落ち込んだときなどに食べるアイスや
      チョコなどの食べ物のこと。

withの意味はどんな意味があるのでしょうか。


どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)


The number of people :主語
aged 65 and older :peopleにかかる
more than tripled :副詞+動詞「3倍より多くなった」
over the past half century :「過去半世紀の間に」
to a record 420 million :「最高記録の4200万人に(なった)」
worldwide. :「世界中で」

「65歳以上の人の数は、過去半世紀の間に3倍以上に増え、世界中で4200万人を記録した」

(2)
with は with her eyes closed「目を閉じて<目が閉じられた状態で」などと同じく with+名詞+分詞 の形ですね。ここでの分詞は attributed ですから、with their success attributed to ~ なら「それらの成功が~のお陰であるとされた状態で」。訳すときは、思い切って独立した文の形にしてしまうほうがいいでしょう。

「...はそのシーズンで最も人気のある番組だったが、それらが成功したのは~のお陰である」

この回答への補足

こんばんわ。

>「65歳以上の人の数は、過去半世紀の間に3倍以上に増え、世界中で4200万人を記録した」
と(1)を訳して下さってありがとうございます。
ちょっと質問があります。
「65歳以上」の「以上」ってどこから出てきたのですか?
and olderからですか。
「3倍以上の」以上はmore thanでtripledに修飾しているのですかね?

補足日時:2002/04/25 20:22
    • good
    • 0

> 「65歳以上」の「以上」ってどこから出てきたのですか?


> and olderからですか。

aged 65 が「65歳の」、and older (than 65) が「65歳よりも上」ということで2つを合わせて「65歳とそれより上の」つまり「65歳以上」となります。

> 「3倍以上の」以上はmore thanでtripledに修飾しているのですかね?

そうです。「2倍以上」なら more than double です。正確に言うと「3倍以上」は「3倍」そのものも含む言い方なので、「3倍より多くなった」とすべきだと言う人もいるかもしれません。ただ、正確に3倍だとわかっているなら「3倍以上に増えた」とは言わないで「3倍に増えた」というはず。だからこの場合は「3倍以上」と「3倍より多く」は実質的に同じ意味になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 Aliasさんお返事どうもありがとうございました。この場をかりてNo,1の回答に対するお礼もさせていただきます。わかりやすい説明を2回ともどうもありがとうございました。(2)の質問のwithの用法は、with+名詞+分詞の形だったんですね。まったく気づきませんでした。本当にありがとうございました。また、何か質問があったときには宜しくお願いします。

お礼日時:2002/04/26 16:50

(S) The number of people aged 65 and older more than [65 years old]


(V) tripled (自動詞)
(修飾) over the past half century to a record 420 million worldwide.

Friends and ER were the most popular programs of the season,
ここまではよろしいかと。

with their success
"それら/彼らの成功と共に"(意訳の際には「それら/彼ら」は無くても良いかと)

attributed to viewers's desire for the TV version of "comfort food."
"成功"の中身を話しています。
「視聴者の"confort food"のようなテレビ番組が欲しいという願いをかなえること」が成功の中身ですね。

こんなものでどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 mickjey2さん返事どうもありがとうございました。tripledが他動詞であることを親切に教えてくれてありがとうございます。また、(2)のattributedからcomfort foodの英語が成功の中身なんですね。説明ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/26 16:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英文法:The more I see of men, the more I love dogs.のofの文法的必要性とニュアンスをおしえてください。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

比較表現のthe+比較級, the+比較級の表現で「行政機関を見なければ見ないほど、気持ちがいい。」という意味だと思いますが。  何故"see of"とofが付くのか分かりません。

検索してみたら、この言い回しの元ネタらしき諺を発見しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# The more I see of men, the more I love dogs.
《諺》人間を見れば見るほど犬が好きになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://eow.alc.co.jp/%22see+of/UTF-8/

でも結局なんで、ofが付くのか分かりません。 むしろof無しの方が自然に感じられます。 文法的にこのofは何でしょうか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~...続きを読む

Aベストアンサー

>→ As I see much of men, I love dogs more.

 「As I see more of men, I love dogs more.」の方が良いですね。

 この場合の「much」は名詞で「たくさん」という意味です。「Do you see much of him?」と言えば「Do you see him often?」のことです。

 「little」にすれば「わずか(しかないもの)」という意味の名詞です。「see much/little of ...」の目的語には「人」が普通ですが、「物」がくれば「・・・のことをよく知る/・・・のことをあまり知らない」と訳せば良いでしょう。

 ご参考になれば・・・。

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

Qオリジナル?The risks of inaction are far greater than the risk of action

言葉のもともとの出典をご存知の方がいらっしゃれば教えていただけませんでしょうか?

The risks of inaction are far greater than the risk of action.

http://edition.cnn.com/2002/ALLPOLITICS/08/26/cheney.iraq/

この言葉、リンクの記事によれば、イラク戦争の半年前の2002年08月27日にチェイニー副大統領がイラクに対する作戦行動の正当性を主張する趣旨で語ったものだそうです。その後米国の軍事介入を擁護する言葉として位置づけられ、日本の書籍でも取り上げられているようですが、当人には失礼ながら、この言葉、チェイニー副大統領の口から出たにしては語呂が良すぎるような気がします。

もちろんコピーライタがいるのでしょうが、この言葉もともと彼の言葉なのでしょうか?歴史のある言葉であれば、もともとの出典をご存知の方ご教示いただければと思います。

Aベストアンサー

聖書の言葉のもじりではないかな?と思い色々検索してみましたが、参考URLのものしか発見できませんでした。

The Bible says that sins of omission are greater than the sins of commission;

.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=
(参考URL欄にコピーすると途中までしか表示されませんでした。上記は先頭の"http://www"を抜かしてありますのでご注意)
本当にこのような文が聖書にあるのか?あるならば、もっと検索すればhitしても良さそうに思うのですが・・・

このような表現「不作為の罪(もしくは不作為がもたらした結果)と作為の罪の対比」を結構見かけるように思いますので、無意識の内に質問者様が挙げられた言い回しがでてきてもおかしくはないように思います。

参考になれば幸いです

参考URL:http://www.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=

聖書の言葉のもじりではないかな?と思い色々検索してみましたが、参考URLのものしか発見できませんでした。

The Bible says that sins of omission are greater than the sins of commission;

.bellevue.org/templates/cusbellevue1103/details.asp?id=1360&PID=33051&Style=
(参考URL欄にコピーすると途中までしか表示されませんでした。上記は先頭の"http://www"を抜かしてありますのでご注意)
本当にこのような文が聖書にあるのか?あるならば、もっと検索すればhitしても良さそうに思うのですが・...続きを読む

Qmore thanとmore rather thanの違いを教えてください

"more people are hoarding cash rather than depositing it with banks"という文章があったのですが、rather を入れずに、
"more people are hoarding cash than depositing it with banks"と言った場合、ニュアンスとしては違いがあるのでしょうか? というより文法的に間違いですか?

Aベストアンサー

補足有り難うございます、あまりイイ例文ではありませんし簡単すぎますので、いろんな意味に解釈も出来ます。

挑戦してみます、挑戦しながらドツボに入る予感も。(泣)

rather than
~よりはむしろ、かえって
・He is a singer rather than an actor. 彼は俳優というよりは歌手だ。 言外に「俳優ではぱっとしないが、歌手ではそこそこ良いね」、又は皮肉を込めて「かつてはそこそこの俳優だったが、今や普通の歌い手だ」ととる向きもなきにしもあらず。

He is [now] a singer than an actor.
彼は俳優ではなく今や歌手だ。(ほぼ断定的な意味を感じます)

He is [now] a singer more than an actor. 彼は俳優以上に(=俳優というかつての立場を離れて、それ以上に立派な)歌手だ。 此処はやはり[now]が入るとより意味は鮮明になりますね。


[than]vs[more than]vs[rather than]は文脈によってもかなり微妙です。 とてもじゃないが拙者如きに論理的な説明など専門家の皆様から見みれば片腹痛しの極みかと、、、(大泣) 此処で格言、、、、、、易しい単語にこそ微妙な言い回しが隠されている、それを上手く説明するのは困難の極み! お後がよろしいようで。


ついでと言っちゃなんですが、それよりも「would rather ~~~」でかなり使える言い回しがありますので、辞書丸引きですがご紹介しておきます。

would rather
~する方が良い、むしろ~したい、むしろ~したほうが良いと思う◆【用法】that 節を伴うが通例略す。that 節内は仮定法を使う
would rather A than B
B よりもむしろ A したい、B よりも A する方が良い
・I would rather go bowling than go golfing. 私はゴルフよりもボウリングに行く方がいい。
would rather go somewhere else for dinner
夕食はどこか別の[ほかの]場所で食べたい[食べる方がいい]
would rather not think about
~について考えたくない
would rather ~ than
…するよりは(むしろ)~する方がましだ、…するより(むしろ)~したい

補足有り難うございます、あまりイイ例文ではありませんし簡単すぎますので、いろんな意味に解釈も出来ます。

挑戦してみます、挑戦しながらドツボに入る予感も。(泣)

rather than
~よりはむしろ、かえって
・He is a singer rather than an actor. 彼は俳優というよりは歌手だ。 言外に「俳優ではぱっとしないが、歌手ではそこそこ良いね」、又は皮肉を込めて「かつてはそこそこの俳優だったが、今や普通の歌い手だ」ととる向きもなきにしもあらず。

He is [now] a singer than an actor.
彼は俳...続きを読む

QLike the increasing millions of Ame

Like the increasing millions of Americans who regularly follom a vigorous exercise program, I know that working out makes me feel good.


どうしても訳すと支離滅裂になってしまって、困っています…
この文を和訳出来る方訳して下さい。
お願いします!

Aベストアンサー

定期的に,精力的な運動プログラムに従う,ますます増え続ける何百万人ものアメリカ人と同様に,私も運動することは気分よくさせる(運動すると気分がよくなる)ことを知っている。

work out で exercise「運動する」の意味になります。
ここでは「私」もアメリカ人の一人だと考えられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報