グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

新築住宅の保障ってどうなってるんですかね?
例えば、新築から3年目にクロスにひび割れが入った場合とかは
建てた会社がサービスでやってくれたりするんですか?
床鳴りとかはどうでしょう?鳴ったり鳴らなかったり
なんですが、これもサービスでやってくれますかね?

それはこういう法律があるから無理とか、サービスでやって
もらえるよとか 新築から2年目までは無償で直す事が義務
付けられてるよ  という風に確実な理由があれば知りたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

■法律に基づくもの


・民法570条・宅地建物取引業法に基づく瑕疵担保責任
   瑕疵のあることを買主が知ってから1年以内であれば売主に瑕疵担保責任を問えます。
   瑕疵担保責任とは、売買の目的物に瑕疵(その物が通常に要求される品質を欠いている状態)があり、
   取引上要求される通常の注意をしても気付かないものである場合、損害の賠償を請求でき、
   その瑕疵によって売買契約の目的を達することができない場合は、売買契約を解除することも可能です。
   但し、売主が不動産会社の場合は、
   引き渡しの日から2年以上とする特約を結ぶことが宅地建物取引業法で認められているので、
   ほぼ全ての物件でこの特約が採り入れられており、
   知ってから1年ではなく、引き渡しの日から2年ということになります。
   また、実務的には損害賠償にかえて補修を行うことが通常です。
・住宅の品質確保の促進等に関する法律
   新築住宅に限って、請負業者や売主は、購入者に対して、
   構造耐力上主要な部分(住宅の柱や梁基礎など)や屋根等の雨水の浸入を防止する部分の瑕疵について、
   引渡の日から10年間その瑕疵を修補するなどの義務を負っています。
   全ての部位・現象に対してではなく、主要な部位に限られていることに注意すべきです。

■契約に基づくもの
・アフターサービス
   新築住宅のアフターサービスは、売買契約に付随して取り決められることが通常です。
   双方の契約によって取り決められるもので、会社によって内容には差がありますが、
   部位別・現象別に不具合が発生した場合に、対象とする期間、補修方法、範囲などの内容が取り決められています。
   ほぼ、法的な売主責任に対応したものと思われますが、
   法的な瑕疵担保責任では「瑕疵」であることを購入者が証明する必要があるのに対して、
   アフターサービスは一定の現象を売主等が認めれば、対応してもらえるという違いがあります。

■ クロスが3年目に破れたという場合、
・  瑕疵担保責任でもアフターサービスでも、対応する期間は2年になっていると思いますので、
   基本的には対象外(有償)と言うことになると思います。
・  構造的な問題(柱・梁など)によって発生している場合は、
   品質確保促進法による売主責任によって対応させることができます。
   但し、クロスが破れているから構造的に瑕疵がある、ということにはならないので、
   売主側が認めなければ構造的な瑕疵があることを買主が証明する必要があります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

詳しく解りやすい回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/13 19:29

クロスの割れは基本的に二年です。

大手住宅メーカーでもほとんどが二年です。あくまで、建築業者に義務付けられている保証期間は十年です(品確法に定められている瑕疵担保責任に基づく保証期間は基礎・構造躯体・雨漏りに関しては10年です。)クロス・住設器具・建具の調整等は2年が一般的です。床鳴りは原因によりますが、躯体により床鳴りが発生した場合はまず直してもらえるでしょう。建築業者は色々な言い訳をしてくると思いますが、ごねたりきつく言うと直してくれますよ。例えば、消費者センターに聞いてみるとか宅建協会に問い合わせてみるとか一言言うと業者はびびります。
ごね得とはよく言ったものです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうござしました。
非常にためになりました^^

お礼日時:2007/01/13 19:29

ひび割れというのはクロスの開きですか?


基本構造については品確法で10年間の修理の義務が業者に生じますが、クロスのひらきや床鳴りなどは契約等によると思いますよ。
住宅性能保証制度や通常のメーカー保証では、その2点は短期の保証にはいるので、新築後2年間は直してもらえると思いますが、それ以降は業者に確認するしかないと思いますが。
特にクロスなどは経年劣化(下でストーブをたいていた等)によってもひび割れは生じますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
非常にためになりました^^

お礼日時:2007/01/13 19:30

一般的には、購入契約書の内容によります。



http://www.home-knowledge.com/kouza/ko02.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました^^

お礼日時:2007/01/13 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築1年未満のクロスの浮き・破れの補修についてです。

築1年未満のクロスの浮き・破れの補修についてです。
昨年の9月に完成した建売一戸建て(木造在来工法)に住んでいます。
現在、住み始めて8ヶ月ですが、クロスの浮きや破れが目立ってきました。

状態としては、クロスの破れについては3箇所あり、いずれも天井で幅50cmくらいあります。
クロスの境目ではない為、ギザギザに破れてしまっています。

浮きについては2箇所で人差し指の第一間接くらいの大きさです。

今年の4月くらいにクロスの継ぎ目(角の部分)の隙間がかなり多くなってきた為、
補修してもらいましたが、その時に一箇所破れも発見したのですが、破れている箇所に
コーキング剤を塗って終わりでした。

ちなみにその時にコーキング剤を塗った破れも、今はまた破れた状態です。
破れに対しての補修は通常この程度の対応なのでしょうか?

クロスの保証対象は1年か2年だったと思いますが、直してもらえるでしょうか?
また、どのように直してもらえばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず8ヶ月でクロスが破れたりするということは、浮きは別にしてですが
あまり聞いたことがありません。浮きは接着材等の不良ではがれる場合もあると思いますが?
たぶん天井部分ということなので、石膏ボ-ド9.5mmの上にクロスがはってあると思います。
クロスの種類はなんですか? ビニ-ルクロス、布クロスですか
たぶん天井ののびちじみに対してクロスが対応されていないのではないかと思います。
通常天井クロスの場合は石膏ボ-ド部分のジョイント処理をおこなってからクロスをはります。
たぶんクロス下の石膏ボ-ドの下地処理(ジョイント処理)ジョイントテ-プ等がないのが原因ではないかと思いますが。
つまり下地ボ-ド部分の処理が悪い為、クロスが伸びに対して追従できないためではないかと
思われます。
叉接着材は適正なものをしようしたかどうかも気にかかりますが。
現在F☆☆☆☆ たぶんル-アマイルド等が普通だと思いますが。
いずれにしても腕が悪いクロス貼り工だと思いますが?
脹れはたまには、おきますが亀裂発生はあまり早すぎます。
固定ビスまたは釘の部分はた大丈夫ですか?
ぽつぽつなっていませんか?
尚クロス貼り替えの場合は、一部貼り替えは難しいと思います。製作ロッドが違ってくると同じ模様のものにならない為です。
保証は通常瑕疵担保期間2年だと思いますが?
その辺のところを建築会社さんにお確かめになった方が良いと思います。

まず8ヶ月でクロスが破れたりするということは、浮きは別にしてですが
あまり聞いたことがありません。浮きは接着材等の不良ではがれる場合もあると思いますが?
たぶん天井部分ということなので、石膏ボ-ド9.5mmの上にクロスがはってあると思います。
クロスの種類はなんですか? ビニ-ルクロス、布クロスですか
たぶん天井ののびちじみに対してクロスが対応されていないのではないかと思います。
通常天井クロスの場合は石膏ボ-ド部分のジョイント処理をおこなってからクロスをはります。
たぶんクロス下の...続きを読む

Qクロス施工の保証期間

中古分譲マンション購入時に全部屋クロスの張替えをしたのですが、6ヶ月ほどで天井と壁にはがれが発生し保証で直してもらったのですが、また7ヶ月後壁にはがれが発生しました。請負業者に連絡したところ、できる限り発生しないように補修はしますが保証は延長できませんと言われました。最初に選んだ時点でなんの説明も注意もなく一年もたたないうちにはがれた仕事をして、後は知りませんというのは納得できません。施工業者の説明もわかるのですが、結果が今の状態だと補修してもらってもまた不具合がでるのでは?と感じ保証がないと不安です。保証はサービスなのでは?との声が聞こえてきそうですが、最初の施工がせめて一年たってみて問題のない”商品”または”仕上げ”になっていればの話だと思うのです。納得がいかないので保証の延長を主張したいのですが通る話でしょうか?または違った方法があるのでしょうか?

Aベストアンサー

リフォームの怪人より
先ず、第一にクロスという物は仕上げ材の中では一番と言っても良いほど安価な物であることを念頭に置いてください。これ以上安い仕上げといえば恐らくペンキ塗り仕上げだと思います。
つまりはクロスはめくれる物だと言うこと。そう、貼り替えやすいために。だからといって仰るような期間でそこまでめくれるのは下地の処理の問題か、職人の手の悪さのどちらかもしくはその両方だと思います。あと、室内の湿度等々。
結論として、業者は対応出来かねると思いますので、改めて安すぎない業者と職人を捜して、しっかりお金を出して下地処理も含めやり直すしか無いと考えます。

Q新築で入居5年弱(お隣さんも)壁紙のひび割れに

新築の建て売り物件を約5年前に購入して入居しました。お隣さんもおなじハウスメーカー、内装屋さんで同年に入居です。

先日お隣さんが、壁紙がひび割れしててけっこう気になるんだけど、○さんちはどう?と聞いてきたので、そのときは特に気になる箇所はなかったので、うちは特にないなあと応えました。
が、今日、ソファーカバーを取り付けようとソファーを動かしたところ、それまで見えていなかった壁の部分のひび割れに気づきました!

窓枠の下から横に15センチひびが伸びて、そこから床のほうまで1メートルひび割れている感じです。

こういう場合って、自然的な劣化にあたるのでしょうか?でも5年経つか経たないかでこんな状況になるってちょっと考えにくく…
お隣さんも同様にひび割れているようでもしかして下地や基礎に影響が出てきているとかだと怖いなと思うのですがどういう要因が考えられるでしょうか?
壁紙直してはもらえませんかね…

ちなみにソファーは、スピーカーを設置していたぶん隙間をあけて設置していたので家具が干渉してひび割れたとは考えられないのですが。

Aベストアンサー

ただで直すかは保証基準によるので
アフターサービスの約款でも見てください。
最近も地震がありましたが
建物を横から揺すれば
当然、傾いて変形します。
筋交い等で変形を制御しても
家がそのままずれるわけではないので
土台はそのままでも建物は傾いて屋根は横に動きます。(揺れが治まれば戻りますが)
例えば最大1/200の傾きを経験したとすれば
土台で動きがゼロでも屋根の天辺は3~4cmは動くでしょう。
1階の石膏ボードでも5~9mmは動きます。
揺れるというのはそういうことです。
石膏ボードは伸び縮みしませんから継ぎ目部分で
パテにヒビ割れが起こります。
ビニルクロスは伸びるので、その部分で膨らんだり
皺になります。
そんなことがまったくない様にするには
免震構造にして
家を浮かして変形しない状態で左右にずらすしかありません。
程度の差はあっても作り方次第であって、どこでもあることでしょう。
ボードの目地をつぶさずに目地を開けてクロスを張れば
目立たないと思いますけど受けが良くないので
建売ではしないのではないでしょうか。

官公庁防災センター基準で設計しても
建物自体は地震で揺れて変形します。
被害がでないように天井と壁の取り合いに隙間を開けて
天井がスライドするようにしたり
壁はスチールパネルにして目地をとったりして
揺れても壊れたり問題が起こらないようにしているだけです。

法の耐震基準は
建物が倒壊して人が死なないということを
目的としているので
地震で建物が壊れないということではありませんし
特殊な免震構造や制震構造としない限り
建物は揺れて傾きますので
当然あちらこちらは変形してそんなことも起こります。
壁に窓があいていればそこは穴なので
相当な補強をしなければ一面の壁に比べれば弱くなるという
ことでしかありません。

ただで直すかは保証基準によるので
アフターサービスの約款でも見てください。
最近も地震がありましたが
建物を横から揺すれば
当然、傾いて変形します。
筋交い等で変形を制御しても
家がそのままずれるわけではないので
土台はそのままでも建物は傾いて屋根は横に動きます。(揺れが治まれば戻りますが)
例えば最大1/200の傾きを経験したとすれば
土台で動きがゼロでも屋根の天辺は3~4cmは動くでしょう。
1階の石膏ボードでも5~9mmは動きます。
揺れるというのはそういうことです。
石膏ボードは伸び縮...続きを読む

Q新築引渡し後の補修、こんなこと堂々と申し出て良い?

こんばんは。おたずねします。
新築の引渡し日があったのですが、当日は、単に書類を交わすだけで図面を付き合わせたりすることもなく終了しました。

「不具合や傷が有った場合には直しますので、言ってくださいね」と言われているのですが、
担当が帰った後に家を見てみると、気になる点が結構ありまして困惑しております。

そこでお尋ねしたいのですが、補修は通常どこまで対応してもらえるものなのでしょうか。
傷や穴の補修は当然として、大きな点としては、
・作りつけの棚の扉の塗装が一部はげている(上塗りは無理なので扉の交換が必要)
・コンセントの位置が指定と違う(そこは埋めて、別の穴を開ける必要がある。壁紙も…)
・玄関タイルの側面の1つタイルだけ5mmほど出っ張っていて、他と均一に並んでいない(貼りなおしが必要)
などがあります。

上記のようなものでも、施工主には言う権利、メーカーには直す義務があると考えて、堂々と申し上げてよいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も沢山ありましたよ。


担当者同席で一緒に確認した時点で15ヶ所。

後日私達で確認出来た場所が8ヶ所。

全て対応して頂きました。

ドアの交換。キッチンの人口大理石。玄関と娘の部屋の壁紙全て。玄関のタイルと多数対応して頂きました。

嫌な顔もせずキチッと対応していただき感謝しています。これは出来ませんなど一切ありませんでしたね。

その後も 6年間各所の補修などもキチッと対応していただきました。とても満足していますし、色んな方に

も話をして、その担当者で知人が戸建を建てています。

面倒だと考える担当者ではいけませんね。私は良い担当者に当たったと感じています。補修や交換をしてもメ

ーカーの負担はありませんから。

ドアならドアのメーカーや施工会社の損失になるだけでメーカーハウスには何の損失もありません。

今でしか言えない事も沢山あるでしょうから全て言っておきましょう。

場所の写真など(日付入り)撮っておくのも良いと思います。

生涯に何度も建てる事は出来ませんので後悔の無い幸せな楽しい住まいにしたいですよね。

Q築2年でクロスにヒビが・・・

先日築2年目点検を工務店の方に行ってもらいました。その時は気付かなかったのですが、クロスの一部に縦30~40センチくらいのヒビが入っている個所がいくつかあります。全ての部屋ではなく、最上階のみです(3階建ての3階にある部屋)。
築2年しか経っていなくても壁紙にヒビって入るものなんでしょうか?家は新築で購入したので10年保証がついています。それを盾に強く出て補修してもらえるでしょうか?
どなたかご存知の方アドバイスください。

Aベストアンサー

さほど、大きな問題とは思いません。
原因としては、No.1の方もおっしゃっている乾燥収縮や、下地(たぶん石膏ボード)の貼り方、下地のパテの状況、クロスの糊の着き方、といった軽易なものから、構造的に狂いが生じた、不同沈下しているetc、たくさん考えられますが、築2年で記載の程度なら、建築関係者としては、出て当然、たぶん大した問題ではないかな、くらいの感じです。
ま、ここからは建築業者さんの善し悪しになるのですが、一度きちんと相談して、どのような対応を取るかを見極めましょう。
その際、建築の専門家として、原因をどのように考えているか、補修の方法はどのようにするのか、再発する可能性があるのかないのか、をきちんと聞きましょう。
また、それを、一般の人が理解できるようにきちんと説明するかしないかで、業者の善し悪しが決まると思います。
いきなり強く出るのではなく、「こんな状況ですが、直してくれますよね」くらいから初めて、対応が悪いようなら、徐々に、怒りましょう。

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

Q壁紙(クロス)のひび割れ メーカー保障はきく?

築5年目の家に住んでいます。
築1年目のときにクロスの貼り合せのところに1から2ミリくらい隙間ができて、メーカーさんに補修してもらいました。
そのときに「木材が伸び縮みするので多少はしかたがない」みたいな説明を受けました。

現在、クロスの継ぎ目ではなくしたのボードの継ぎ目のところがひび割れています。
しかも何箇所も。
前回補修してもらったところもまたひび割れてきています。

1階部分にはそういった箇所はないのですが、2階部分はあちこちそういった状態です。

メーカーの保障は消耗品は3年なので、クロスのはがれは保障対象外なのかもしれませんが、これはあんまりと言う気がして…。

木材の伸び縮みで破けたクロスを、メーカー保障で直して欲しいと言うのは間違った考えでしょうか?

Aベストアンサー

結論から言うと、その住宅メーカーの補償による修理は望めないと思われた方が良いと思います。メーカーがよほど悪質な工事をしていて、不法行為責任が追求できるような状況であれば別ですが(文面からはそこまでの指摘は困難と思われます)、一般的には瑕疵保証あるいはメーカー保証期間が過ぎた後は自費で対応せざるを得ないということになっています。

どうしても気になるようであれば、クロスの張替えの見積を別の業者からとってみて、そのメーカーにその金額以下で修復してもらうように折衝してみるのが精一杯ではないでしょうか?
壁の下地材料も十分に乾燥していると思いますから、張り替えてももうひびは出ないと思いますが、心配であれば、下地ボードの継ぎ目にわれ止めの下地処理(テープ貼り)を忘れないようにさせておくことです。

Q新築住宅クロスの浮きについて

新築住宅のクロスがボコボコと水玉模様のように丸く浮いてきています。
引き渡しから1ヵ月程ですが、毎日その浮きが増えてます。
ハウスメーカーからは、木が動いているから、今張り替えしても、同じことの繰り返しなので3年様子を見てほしいと言われました。
継ぎ目とか天井との境ならわかります。
木が動くからといって、面で貼ってるクロスが浮いてくるのでしょうか?
プラスタボードにビニールクロスです。
どなたか回答お願いいたします。

Aベストアンサー

建築関係(内装)の仕事をしているものです。

一般的にクロス仕上げの場合は石膏ボードやコンパネなどの上に施工します。
石膏ボードの場合はクロス用下地として適しており、施工後に空気が出てくることなどは少ないと言えます。

以前にケイカル板(珪酸カルシウム板)にクロス仕上げをした外壁面の裏側部分の壁面で同じような現象を見たことがあります。
空港ロビーなども一部同じような仕様で、ケイカル板(珪酸カルシウム板)にクロス施工をした際には施工後に板の内側の空気の収縮により、クロスに気泡が発生し、空気抜きに大変な労力がかかったことがありました。
空気の体積はご存じの通り、暖かくなると膨張し、寒くなれば収縮します。
よって、暖かくなってくると気泡が増え、寒くなると少なくはなりますが、一旦浮いてしまったクロスは糊がきかなくなっており、壁面とクロスの間には接着する要素がなくなっています。
したがって、気泡部分にクロス用の糊などを注入するか、貼り替えの作業が必要になると思われます。

クロスの仕上がりのために3年も「様子を見る」というのはナンセンスです。
クロスなどの耐用年数は7年前後と言われており、7年で減価償却するものを3年も様子を見るのはおかしな話です。
また、クロスは内装仕上げ材ですので、数日程度の乾燥期間ならともかく、出来上がり後に仕上げ部分を3年も様子を見るのでは仕上げ材として正しく施工されていないと言えるでしょう。

気泡が増えていると言うことは内部からの空気がクロスの接着面に出てきてクロスとボードの間に気泡ができるわけですので、根本的にはそのボード部分に問題があると思います。
クロス施工の善し悪しと言うよりは壁材の問題が大きいのではないかと思います。
ハウスメーカー側の言葉が信用できない場合は第三者機関に見てもらうと言うことを伝えると、多少は効果があると思いますよ。

いずれにしても、クロスが一旦浮いてしまった場合には補修作業又は貼り替え作業などが必要だと思われます。

キレイに治って、快適に暮らせると良いですね。

建築関係(内装)の仕事をしているものです。

一般的にクロス仕上げの場合は石膏ボードやコンパネなどの上に施工します。
石膏ボードの場合はクロス用下地として適しており、施工後に空気が出てくることなどは少ないと言えます。

以前にケイカル板(珪酸カルシウム板)にクロス仕上げをした外壁面の裏側部分の壁面で同じような現象を見たことがあります。
空港ロビーなども一部同じような仕様で、ケイカル板(珪酸カルシウム板)にクロス施工をした際には施工後に板の内側の空気の収縮により、クロスに気泡が発...続きを読む

Q新築一戸建て建売住宅を購入しました。カーテンレールの取り付けはどうしたらいいですか?

新築一戸建て建売住宅を購入しました(正確に言うとまだ手続きの途中で引渡し前です)。
カーテンレールの取り付けをどうしたらいいものか考えています。

カーテンレールの取り付けはオプション工事になっていたので、見積りをお願いしようと建売業者(売主)に相談したところ、「カーテンレールはカーテン屋さんにお願いしたほうが好きなものを選べていいですよ」とのことでした。やりたくないのかな?とも思いましたが確かにそう思うので見積りはたのみませんでした。

私としては、カーテンにはお金をかけたくない(既製品で充分だと思っている)のでどうしたものかと思っています。カーテン屋さんはやはりカーテンを購入しないとカーテンレールもつけてくれませんよね... カーテンレールだけ付けてくれるところってあるんでしょうか?

主人は、自分が取り付けるからいいよと言っていますが素人に簡単に取り付けられるんでしょうか? 売主さんがいうには、下地まで30mmあるから最低でも35mm以上のネジを使う必要があるとか... それを手動で付けるとなるとかなり大変ですよと言っていました。

同じように建売を購入した方々はカーテンレールはどうされたのでしょうか?
なにかいいアドバイスをお願いします。

新築一戸建て建売住宅を購入しました(正確に言うとまだ手続きの途中で引渡し前です)。
カーテンレールの取り付けをどうしたらいいものか考えています。

カーテンレールの取り付けはオプション工事になっていたので、見積りをお願いしようと建売業者(売主)に相談したところ、「カーテンレールはカーテン屋さんにお願いしたほうが好きなものを選べていいですよ」とのことでした。やりたくないのかな?とも思いましたが確かにそう思うので見積りはたのみませんでした。

私としては、カーテンにはお金をか...続きを読む

Aベストアンサー

お金を掛けたくないのでしたら、自分でやるしか方法が無いように思います。
既製品て良いとの事ですが、既製品でも、ピンキリですよ。
一番安価なタイプでしたら、窓枠の木にビス止めですから、ビスの長さもせいぜい15~20mmですから、それほど、大変ではありません。
でも、ドラーバーのみの作業ですと、丸1日掛かり、次の日は、手の皮が向けるかもしれません。
安価な電気ドリルは、1,000円程度からありますので、そちらを購入された方が良いと思います。
あと、ちょっと高級な、レールですと、窓枠には、止められないタイプがります。
その場合のネジが35mm以上と言うことでしょうか?
その場合も、した穴を開けてやらないと、クロスを破いたりしますので、注意して作業して下さい。

Qクロスの波(浮き)

新築引渡し後3週間を過ぎた頃に気づきましたが、リビング天井にふくらみがありました。
気になったので家中の天井&壁も調べました。
壁などは目立たないのですが柱ピッチでふくらみがあります。(懐中電灯を壁と平行にし近づけて見ました)
業者にクレームを出したところ、
1)ふくらみはパテのものである。
2)修正方法はクロスをはがし、いまあるふくらみの周りにパテを盛る。
とのことでした。
最後に、「人間が手でやるから直るかどうか解らない」とも言っていました。
プロの仕事とはこの程度のものなのでしょうか?
そしてクロスのふくらみは直らないのでしょうか?

Aベストアンサー

現クロス屋です。
下地が動いたりする場合は、#1さんがおっしゃってることも考えられますが
クレームに対して、業者からの回答で判断します。
下地の起伏にもよりますが、多分下地処理(パテ)が甘かったように思えます。
柱ピッチ以外の所が、平らな場合はそう感じます。
ボードの継ぎ目を無くすのは当然ですが、下地の段差などに対し、壁一面を平らにする事もクロス屋の仕事です。
下地処理を怠ると、質問者さんのように柱ピッチで現れます。
昼間分からない状態でも、照明器具(シーリング)で分かりやすくなります。
大工さんが良い下地を作っても、下地処理が甘いとクロスへの影響はすぐに現れます。
2)いまあるふくらみの周りにパテ…
とありますが「パテの幅が狭く厚く塗りすぎ」と感じます。
パテを削ったり、整えたりするのも甘いと思います。
分厚いクロスなら分かりにくいですが、薄手のクロスの場合は一目瞭然です。
照明を横から当てると、現れるのは当然だと言う職人は言い訳に過ぎません。
故意に、天井壁をライトアップしてる店舗など、ふくらみが出ていないところはざらにあります。
採光/西日/間接照明/など時間によって、クロス表面へ下地を出さない事が大事です。
大工工事に問題が無ければ「2)」の方法で直してもらいましょう。
ただし、クレーム工事中は質問者様への生活支障を来します。
メーカーの出方によっては、納得いく補償をしてもらいましょう。
安い買い物ではありません、毅然とした態度も必要です。

現クロス屋です。
下地が動いたりする場合は、#1さんがおっしゃってることも考えられますが
クレームに対して、業者からの回答で判断します。
下地の起伏にもよりますが、多分下地処理(パテ)が甘かったように思えます。
柱ピッチ以外の所が、平らな場合はそう感じます。
ボードの継ぎ目を無くすのは当然ですが、下地の段差などに対し、壁一面を平らにする事もクロス屋の仕事です。
下地処理を怠ると、質問者さんのように柱ピッチで現れます。
昼間分からない状態でも、照明器具(シーリング)で分かりや...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング