あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

事故が発生した場所はT路地で、(Tの上の部分の)左手がカーブしているため見通しの悪い場所です。夫の車がTの下の部分に相当する脇道より右折、相手のバイクが左手より直進です。

夫が右折の前に一旦停止して安全を確認。時速約10キロで右折、その後10~15mほど進んだときに背後で音がしたためバックミラーをみると、オートバイが倒れているのが見えました。

前進しながら状況をみていると、誰も転倒した人を助けていなかったため、さらに15mほど進んだところで車を駐め、バイクの所まで戻りました。そこで初めて、バイクが夫の車をみて急ブレーキをかけ、転倒したことが分かったそうです(接触なし)。

夫の言い分は「左右確認した際に、バイクは左手に見えなかった。大きくカーブしているため、スピードを出し過ぎていたバイクが突然自分の車に気づき、急ブレーキをかけたのではないか。仮にバイクを見落としていたとしても、スピードを出しすぎていなければ、車を回避できたはず」。

また先方は、「進行中に停車をしている夫の車を視認した。右折する様子がなかったので減速せずに直進したところ、車が右折したため、急ブレーキをかけて転倒した」と言っています。

警察には、
・バイクの方が優先道路を走っていたため、どんなにゆっくり進んでいたとしても、一旦停止時に確認した後、右折中も左右を確認する義務がある
・バイクが転倒した地点と、その時に夫の車がいた地点には距離があるため、バイクもスピードを出しすぎていた疑いがある
との理由で、双方に過失の疑いがあると言われました。

相手は任意保険に加入者していますが、夫は自賠責にしか加入していません。今後は先方の保険の担当者と直接交渉に当たらなければならないのですが、このような事故の場合、どの程度の過失割合を念頭に話し合いを進めたらよいのでしょうか。

アドバイスをどうぞお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご質問のような「衝突を避けようとして起きた事故」は珍しくありません。

「別冊判例タイムズ」で過失割合が示されているような典型的な事故ではありませんが、判例もあります。

1.ご主人の責任について
「急ブレーキをかけなければ衝突が避けられなかった」という状況であれば、たとえ接触していなくても、原因となった車両にも過失責任があるというのが裁判所の見解です。今回の場合、現場検証をした警官もご主人の過失を認めているので、責任はないと主張することは難しそうです。なお、相手のスピード違反が事故の原因だった場合、そのことはご主人の責任を軽減しますが、責任が免除されるわけではありません。

2.過失割合について
裁判になった場合、基本的な考え方は、衝突した場合の基本過失割合を出発点として、それぞれの過失を考慮して増減するというものです。

(1)平成9年9月30日神戸地裁判決
道路外の駐車場に入るために左折しようとした乗用車に、後ろから来たオートバイが衝突しそうになり、衝突を避けようとして転倒。乗用車は左折の合図が遅れ、しかも後方のオートバイを確認せず。
過失割合:乗用車85%、オートバイ15%
(衝突した場合の基本過失割合:乗用車80%、オートバイ20%。乗用車の合図の遅れなどを5%加算)

(2)平成9年3月25日岡山地裁判決
T字路交差点で、Tの横棒の部分が優先道路(=交差点でも減速の必要のない道路)になっており、そこを右手から直進中のトラックが、Tの縦棒方向の脇道から、一時停止をせずに飛び出してきた乗用車を避けようとしてハンドルを左に切り、横転。トラックは30kmのスピード違反。
過失割合:乗用車70%、トラック30%
(衝突した場合の基本過失割合:乗用車90%、トラック10%。スピード違反によりトラックの過失割合を20%加算)

今回の事故で、仮にご主人の車とオートバイが衝突した場合、基本過失割合は、『別冊判例タイムズ』の146図、156図、および93図、94図などを参考にすると、大体ご主人85%、相手方15%程度になりそうです。それを修正する要素にはご主人に有利な点が多く、仮にご主人が一時停止したことを相手方が認めており、またご主人はオートバイが転倒したとき、すでに右折を終えていたとすれば、それは少なくとも10%、おそらくは20%程度相手の過失割合を増すことになります。
そうすると、修正した過失割合は、ご主人65~75%、相手方35~25%というあたりが目安になるかもしれません。ただし、これはあくまでも質問者の説明が正しく、ご主人にその他の過失がない場合のことです。裁判になった場合は、警察の作成した実況見分調書に何が書かれているかが決定的に重要です。

3.相手への対応について
「7割でも10割でも大した違いはないから相手の言い分を認めて早く決着させよう」という考え方は危険です。相手のいいなりに責任を認めると、後から途方もない要求が出てきた場合、それから争おうとしても不利になるからです。日弁連の「交通事故相談センター」などで相談されることをおすすめします。無料ですし、「示談あっせん」という制度もあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

Drip-dropさま

各項目別に具体例を挙げてのご説明、ありがとうございます。

お互いに過失を認めて建設的な話し合いをしたいと考えているのですが、(下記コメントにも書きましたように、)先方は過失の割合はもとより、まったく非を認めようとせず、治療費、慰謝料、修理代もろもろの全額を支払えの一点張りです。

判例タイムズからの引用は、先方と交渉を行う際にとても役立ちそうです。また、今後の対応についても、きちんと相手になんらかの過失を認めさせることの重要性がよく分かりました。話し合いがこじれるようでしたら、日弁連の「交通事故相談センター」を利用させていただきます。

相手の非常に不愉快なもの言いに消耗していたため、大変心強く思いました。時間を割いて詳しい回答を寄せていただき、再度お礼申し上げます。

お礼日時:2007/01/26 15:44

#3です。

ちょっと誤解を与える書き方をしてしまったので追加します。「衝突を避けようとして起きた事故」についての考え方と、引用した二つの判例の解説は、『判例タイムズ』にあるのではなく、『寄与度と非典型過失相殺』という本の中にあります。ただし、この本は弁護士会の記念事業として編纂されたものなので、その内容には十分な権威と信頼性があります。(東京の場合なら、都立中央図書館や、大きな書店で見ることができます。)
実際に衝突した場合の過失割合と修正要素は、『別冊判例タイムズ』に書いてあります。

相手との交渉を文書ですることにされたのは賢明でした。うまく話し合いがつくといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

引用部分の出典元についてご丁寧に補足いただき、ありがとうございます。
当方は交通事故の事後処理について専門的な知識があるわけではないため、このように信頼性のある書籍からの情報は非常にためになります。
先方は感情的に自分の主張を言い募るだけなので、理論武装できるように今後も情報収集に努めるつもりです。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/01/26 18:00

追伸


質の悪い方にあたると、こういう時任意保険未加入の大きなリスクを負いますね。

相手がかなりゴネて、手に負えない感じになるならば、場合によっては経費はかかりますが弁護士にたのむことも必要です。
任意加入なら、こういう場合でもそれなり対応します。
未加入のつけがまわってきましたね。

>自賠責でカバーできる範囲なら、過失割合とか気にせずに、全額支払った方が早く解決できるのだろうかと考え始めています。

自賠責は人身部分の補償のみです。120万に収まるようなケガなら立て替え払い 加害者請求で回収はできます。

保険金目当ての、意味のない長い通院をしなければ良いのですがね?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Donbe-さま、再度のコメントをありがとうございます。
怪我は非常に軽かったため、自賠責でまかなえそうです。ただし、先方は自分の過失がゼロだと感情的に主張するばかりで、バイクの修理代についてもめそうです。
電話で話していても水掛け論になるばかりなので、今後はメールやファックスなど文書によるやり取りをお願いすることにしました。現在は取りあえず、治療費やバイク修理の見積もりを出してもらう予定です。
場合によっては、アドバイスにありましたように、経費がかかっても第三者に交渉を依頼することを考えます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/26 15:40

基本的には人身部分については自賠責120万までは過失相殺関係なく100%補償します。



問題は物損については過失相殺されます。ここでの過失うんぬんは安易に申しあげられませんが、相手に任意保険加入なら当事者同士の話し合いではなく、保険屋を通じた話のほうが、感情的にならず、冷静な形で話し合えると思います。
ただ、あなたに損害がない以上仲介はむずかしいかもしれませんね。

大雑把に考えれば個人的見解ではあなた7割~8割?
位かな~と思いますが??
書き込みからの推測ですがね?示談はお互いの妥協点をさぐりあうなかでの解決です。
こうであらねばならないというものではありませんので・・・・。双方話し合いのなかで、最終的に折りあいつかなければ司法の場でということになります。

お互いの人間性もわかりませんから早計に、第三者の立場から無責任に回答はできませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のアドバイスをありがとうございます。当方は(無接触ですので)全く被害がありません。その場合やはり、先方の任意保険の担当者は交渉を引き受けてくれないのでしょうか?
というのも、相手の方が感情的になりやすく、できれば保険会社を通じて話し合いを進められたらと思っていたので…。保険会社の仲介が無理な場合、自賠責でカバーできる範囲なら、過失割合とか気にせずに、全額支払った方が早く解決できるのだろうかと考え始めています。

お礼日時:2007/01/25 13:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日、非接触事故を起こしてしまいました。

先日、非接触事故を起こしてしまいました。
こちらが優先道路を走行中に左の一旦停止のある側道から走行車線上に車が飛び出してきて、こちらが急ブレーキをかけ、そしてタイヤがスリップして相手の車の後方をすり抜けるようにして、ガードレールにぶつかり大破し、怪我をして人身事故にもなりました。
事故証明書も発行してもらって、相手の名前も記載されています。
こちらの保険屋さんに事故の相談をしたら、「接触してないので難しいです」と言われてしまいました。
しかし、知り合いの保険屋さんに聞くと「非接触でも事故の誘因や原因がある場合は接触と同じ処理をする」と言っていました。
過失割合などはいったいどうなるのでしょうか?
後、相手の保険屋とは自分達で交渉するのと、こちらの保険屋にすべてまかすのとどちらがいいのでしょうか?
初めての事なのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的にはあなたと相手保険屋との交渉になります。あなた側に過失があれば過失の交渉はしますが、非接触ということなので相手側に損害はないはずで、あなた加入保険屋の出番はありません。

相手に損害がないということは、あなたの過失部分の相手に支払う賠償はありません。保険屋はあなたの無過失部分の取りたて・回収交渉は弁護士でないのでできません。

任せるというのは上記部分のことになるでしょうから、左記に申し上げたように出番はありません。保険に加入してれば、なんでも交渉してくれるという錯誤は払拭すべきですね。
保険屋もおのずから、対応できる場合 できない場合があります。

>知り合いの保険屋さんに聞くと「非接触でも事故の誘因や原因がある場合は接触と同じ処理をする」と言っていました。
それは、あなたに過失が有る場合の、相手に損害が有る場合のことです。

書き込みから、あいてに過失は多くありそうなので、相手が加入保険屋に事故報告すれば何らかのコンタクトはあるはずです。
相手保険屋と人身・物損被害について、あなたが交渉することですね。問題は過失がどの程度になるかの問題で 主に物損被害に関係してくるでしょう。

人身については自賠責120万限度内に収まるようなら、過失相殺関係なく100%補償してくれます。

基本的にはあなたと相手保険屋との交渉になります。あなた側に過失があれば過失の交渉はしますが、非接触ということなので相手側に損害はないはずで、あなた加入保険屋の出番はありません。

相手に損害がないということは、あなたの過失部分の相手に支払う賠償はありません。保険屋はあなたの無過失部分の取りたて・回収交渉は弁護士でないのでできません。

任せるというのは上記部分のことになるでしょうから、左記に申し上げたように出番はありません。保険に加入してれば、なんでも交渉してくれるという錯誤...続きを読む

Q自動車の目前で、車にぶつからずに自転車が転倒した時

2ヶ月ほど前の晩のことです。

近所の大通りから小さな道に左折し、左折後すぐ、さらに小さな脇道(塀がありみづらい)があり、自転車が出てきていたので停車しました。すると自転車が車の前で転倒(車にビックリしたらしい)。自転車の者は、怪我の治療と買い物の品(瓶入りの酒類)の破損の弁償を要求しました。

私は普段から危険だと承知していた場所なので注意していましたし、自転車の存在には気づいていました。ただ、相手が無灯火のため、気づくのは遅かったと思いますが、十分間に合ったと思いますし、スピードもゆっくりです。
また相手が倒れたのは車には当たっておらず、車からの距離も1メートルくらいはあったとますし、ギリギリセーフというわけでもないとおもいます。転倒する前にすでに私は停止していました。

そのため私は、自分に非は一切無く、完全な自転車側の不注意であり、しかもライトを付けていればもっと転倒は防止できたであろう、さらに接触していないし事故ではないと説明しました。

向こうは接触していなくとも、自動車に驚いて転倒したんだからそのような運転をした車側の不注意だ。車対自転車や歩行者では一方的に車側に法律的な非がある。警察に言えば、車が悪くなるのは目に見えている。また、そうでないにしても、警察の前で、あたってないのに接触したと言ったとしても、自動車の方が一方的に悪いのだから警察は自転車や歩行者を信用するし、目撃者がいないのでそれを実証できないので確実にあんたが悪くなるぞ、と言い返してきました。

私は怯えましたが、悪くないと思ったので、警察よびたいならそうして下さい、わたしは悪くないので帰りますといって去りました。
帰り際、相手はナンバープレートから住所を探して、訴えると言ってきました。しかし今のところ何もありませんのでほっとしています(まだ油断できませんが)。

後日、知人に話したところ、警察を呼ばれていれば私は加害者になっていた、呼ばれなくて助かったと言われました。

そこで質問です。
(1)このようなケースの場合、事故になり、自動車側に非が出てくるのか。
(2)ぶつかっていないのにぶつかったと嘘を言われたら、警察は自転車・歩行者の話を信じてしまうのか。また嘘と証明できないのか。
(3)自動車対自転車・歩行者の場合、相手に無灯火などの非があっても追求できないのか。この場合は無条件に一方的に自動車側が悪くなるのか。
(4)事故となる場合、ひき逃げになるのか。

よろしくお願いします。

2ヶ月ほど前の晩のことです。

近所の大通りから小さな道に左折し、左折後すぐ、さらに小さな脇道(塀がありみづらい)があり、自転車が出てきていたので停車しました。すると自転車が車の前で転倒(車にビックリしたらしい)。自転車の者は、怪我の治療と買い物の品(瓶入りの酒類)の破損の弁償を要求しました。

私は普段から危険だと承知していた場所なので注意していましたし、自転車の存在には気づいていました。ただ、相手が無灯火のため、気づくのは遅かったと思いますが、十分間に合ったと思いますし...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの言い分を100%信用したとして回答いたします。

(1)今回のケースでは、自転車側の自損事故になり、あなたの責任はありません。

(2)嘘はすぐにばれます。ちゃんと警察は調べますので、ぶつかった痕というのは案外あちこちにつくものです。自転車とぶつかったときにできたと思われる傷を調べます。一致した傷が無ければぶつかってないことになります。

(3)もし、事故になった場合は自動車側が加害者になりますので、あなたが追求することはできません。ただ、あなたの証言や周りの証言から、過失相殺や過失割合を算出する場合や、第一加害者を決めるのに使われます。(第一加害者というのは、事故を起こした責任はよりどちらにあるかという事をきめるのもです。)私も、自動車でバイクから追突された事がありますが、第一加害者はバイクでした。

(4)ひき逃げにはなりません。一旦は相手と話をされているわけですから、自転車が転倒してそのまま走り去っていればなるかもしれません。ですが(1)の結果次第では引き逃げではないですが、逃げたことになるでしょう。

という事になりますが。実は(1)が実に微妙なんですよね。クラクションやライトなどで警告を出していた場合は、逆にびっくりしたいう自転車側の言い分が通ってしまいます。あなたが徐行(時速10Km以下の速度)し、完全に停止状態であったならば、自転車の単独転倒ということになるでしょう。こういう場合は迷わず警察に連絡するようにしてください。へたすりゃ当屋って事もありますから。

>転倒する前にすでに私は停止していました。
ここなんです、タイミングが重要になります。車がとまってからバランスを崩したのか、バランスを崩してから車が止まったのか?かが問題になります。車の方が後から止まったのであれば、自転車側のびっくりしたという言い分が通ることになります。

>悪くないと思ったので、警察よびたいならそうして下さい、わたしは悪くないので帰りますといって去りました。
ここがまずいですね。逃げたととられてもしょうがありません。私だったら、そんな風にもめたらその場で警察を呼んでますね。結局自転車が転倒してできた怪我って今回の場合は軽症で人身事故になっても刑罰は無いか、仮にあったとしてもかなり軽いものになりますから。
被害者、加害者の双方の言い分が食い違った時は警察を呼んだほうが良いと思います。なんでもかんでも呼べばいいと言うものではありませんが、今回の場合は呼んでいた方が良かったかな?と思います。

あなたの言い分を100%信用したとして回答いたします。

(1)今回のケースでは、自転車側の自損事故になり、あなたの責任はありません。

(2)嘘はすぐにばれます。ちゃんと警察は調べますので、ぶつかった痕というのは案外あちこちにつくものです。自転車とぶつかったときにできたと思われる傷を調べます。一致した傷が無ければぶつかってないことになります。

(3)もし、事故になった場合は自動車側が加害者になりますので、あなたが追求することはできません。ただ、あなたの証言や周りの証言から、過失相殺や...続きを読む

Q接触のない事故

今回は皆さんに意見を拝借いたしたく質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
簡単に説明させていただくと
お店に入ろうと右折のウィンカー出して止まっていました。
(交差点ではないです)
そして対向車がいなくなったので曲がろうと思ったら
前方から原チャがくるのが見えてすばやく止まり
待っていました。(対向車線が2車線あったのですが手前の車線で
止まっていたため奥の車線は原チャが通れるようにしてありました)
通り過ぎるのを止まってまっていたら
近づいてから現チャがこちらの止まっている車に気づいたらしく
びっくりしてすっころびました。
もちろんこちらの車には傷ひとつないです。
で、あとは車を止めて「だいじょうぶですか?」と
行ったら 絡まれました。

そして 警察を呼びましょうとお話していたら時間がないので
と断られ電話番号を聞かれその人は原チャで去っていきました。

後日電話があり原チャの人は16歳の子だったのでその子の両親からでした。
「警察に行って一通り話したので連絡あると思います」と。
で、警察に行って事情を話すと
「接触がなくても事故になる」と言われ現場検証を行うといわれました。
お互いの意見が食い違っていてもそれを調書にして上に提出して
あとは上の判断で~みたいなことを言われ人身と判断するだけが警察の仕事ですあとは保険屋さんの仕事です。と言われました。
ちなみに車は私の車ですが運転していたのは彼氏です。
車の保険はもちろん彼氏は適用になりません。
(家族限定なので)
もちろん彼氏は免許ありますが。
学生をしているので国民年金も免除してもらっているほど経済力は皆無です。
この場合やはり切符をきられるだけでは収まらないのでしょうか?
義務or善意で治療費などを払わなければいけないのでしょうか?

長くなりましたが どうか助言のほうお願いいたします!!

今回は皆さんに意見を拝借いたしたく質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。
簡単に説明させていただくと
お店に入ろうと右折のウィンカー出して止まっていました。
(交差点ではないです)
そして対向車がいなくなったので曲がろうと思ったら
前方から原チャがくるのが見えてすばやく止まり
待っていました。(対向車線が2車線あったのですが手前の車線で
止まっていたため奥の車線は原チャが通れるようにしてありました)
通り過ぎるのを止まってまっていたら
近づいてから現チャがこ...続きを読む

Aベストアンサー

誘因事故ですね。
バイクと自動車でよくある事故です。

事故状況や相手方の事故後の状況など、警察や保険会社に説明するしかありません。
実況検分を事故現場でした訳ですから、過失等は警察に任せるほかありません。その説明を保険会社の担当者にお話されれば十分です。
誘因事故は瞬時のことで、お互いの非の特定は難しいところがありますが、双方の運転を総合的に検討すれば、状況の把握ができます。
貴方の車が進行して相手車線の2車線の半分に出てくれば、直進バイクはそのまま横切ってきて衝突すると咄嗟の判断をすることもあります。車は止まるつもりで進行し止まっても、バイクにとってみれば進行を妨害してくると咄嗟に危険を感じ判断してもおかしくありません。
わずかな車の動きもお互いの一致した気持ちとならないもので、バイクは危険防止から急制動をとることがあります。

よく大通りを走行していると、脇道から大通りの車等を確認するために、車の頭を進行しながら出す場合があります。
大通りを走行している車にとっては、そのまま進行してくる驚異を感ずることもあります。

対向車線の車が無くなったのを確認して右折を開始した様ですが、右折を開始する前にさらにバイク等の対向車を確認すべきでした。
結果的にはバイクに急制動をかけさせて転倒させる運転をしてしまったと解釈されると思います。
事故はちょっとしたタイミングも不運になることもあり、より安全運転をすることが大事です。
しかし、お互いの言い分があるはずですかにら、それはそれとして説明することは間違っていないとおもいます。
人身事故になると切符ではなく、業務上過失傷害になり刑事処罰を受けるかどうかになります。
治療費や物損については、当然民事として支払い義務が発生します。
学生という立場は考慮されません。

怪我や物損が軽けれでばいいですね。

誘因事故ですね。
バイクと自動車でよくある事故です。

事故状況や相手方の事故後の状況など、警察や保険会社に説明するしかありません。
実況検分を事故現場でした訳ですから、過失等は警察に任せるほかありません。その説明を保険会社の担当者にお話されれば十分です。
誘因事故は瞬時のことで、お互いの非の特定は難しいところがありますが、双方の運転を総合的に検討すれば、状況の把握ができます。
貴方の車が進行して相手車線の2車線の半分に出てくれば、直進バイクはそのまま横切ってきて衝突する...続きを読む

Q車との接触を避けようとして転倒しケガをしました。治療費は貰えないのですか?

先日、自転車で走行中、飛び出してきた車を避けようとして転倒し、全治1ヶ月のケガをしました。運転手は当たっていないので自分には関係ないと主張し、「大丈夫か?」の一言もなく、「あんたが勝手にこけたんや。ぶつかってないから自分には関係ない。」と主張しました。私は足が痛いので警察を呼んで欲しいと言ったのですが、「勝手にすればいい。当たってないから何にもない。」と言い自分の名前と家がどの辺りかだけ告げると行ってしまいました。とりあえず車のNo.だけは控え仕事に行きました。仕事中も足の痛みは酷くなり紫色に腫れてきたので、相手の誠意の無さにもやりきれなくなり警察に相談しに行きました。警察は人身事故になるということで相手の方を呼び出し、やはり車に過失があると認められました。その後、相手の保険屋さんが来て私が警察に行った事で運転手も迷惑をしている、当たってないし車に傷も付いていないのに呼び出されて、あなたが自分で転倒したんだから。と私が自分で転倒したので責任は無い。と言うような事を言い、保険も出ないだろうから病院も健康保険を使って行った方が良い、と言われました。でも、私が避けて転倒しなければ車と接触していたのです。本当に治療費は払って貰えないのでしょうか?

先日、自転車で走行中、飛び出してきた車を避けようとして転倒し、全治1ヶ月のケガをしました。運転手は当たっていないので自分には関係ないと主張し、「大丈夫か?」の一言もなく、「あんたが勝手にこけたんや。ぶつかってないから自分には関係ない。」と主張しました。私は足が痛いので警察を呼んで欲しいと言ったのですが、「勝手にすればいい。当たってないから何にもない。」と言い自分の名前と家がどの辺りかだけ告げると行ってしまいました。とりあえず車のNo.だけは控え仕事に行きました。仕事中も足の痛...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故として処理されていれば、何の問題もありません。人身事故の場合、まず任意保険ではなく自賠責保険からの補償を受けることになります。任意保険は契約者が保険使用に関してyesの意思表示が必要ですが、自賠責保険の場合、契約者側が自分に落ち度の無いことを証明しない限り使えることになっています。しかも「被害者請求」といって、被害者の方から保険を使うことができます。
今回のようなケースでは、この「被害者請求」という制度を利用されることをお勧めします。自賠責保険のことであれば、どの保険会社でも相談に乗ってくれますので安心です。それにこれ以上相手側と接触して嫌な思いをすることもありません。文章から受けた印象では、今更何かを相手側に求めても自分の腹が立つだけのようにも思います。

交通事故であっても健康保険を使うことができます。特に今回のようなケースでは健康保険を使い、医療費の圧縮を図ることが賢明です。保険者(組合や自治体)に「第三者による傷病届」を提出することになるでしょう。

名を自賠責保険の請求時に必要な「事故証明書」は、警察ではなく「自動車安全運転センター」で発行されます。窓口に行かれてもいいですが、郵送で取り寄せることも可能です。

人身事故として処理されていれば、何の問題もありません。人身事故の場合、まず任意保険ではなく自賠責保険からの補償を受けることになります。任意保険は契約者が保険使用に関してyesの意思表示が必要ですが、自賠責保険の場合、契約者側が自分に落ち度の無いことを証明しない限り使えることになっています。しかも「被害者請求」といって、被害者の方から保険を使うことができます。
今回のようなケースでは、この「被害者請求」という制度を利用されることをお勧めします。自賠責保険のことであれば、どの...続きを読む

Q無接触のバイク転倒事故

いろいろと検索しましたが、今一、ぴたっとくるのが無いので質問させてもらいます。無傷の車の立場からの質問です。
見通しのいい交差点で相手は原付バイクで友人が自動車です。
対向車線からの接近で、友人は直進。 バイクは右折しかけて、直進車に気付きハンドルを切り損ねて転倒したようです。
友人の車は、交差点の出口側(反対側)歩道付近の左隅に斜めに向いた形で停止。バイクは車に向って転倒したまま運転者と一緒に滑走してきたが接触せずに停止。運転者は負傷。
車側からみれば、転倒したバイクをうまく避けて止まっただけ・・と、言いたいところだと思います。
バイクの運転者は両手に買い物袋を抱え、尚且つ足元にも荷物を置いていたので、安全に運転できる状態ではなかったのではないかと思います。
また、両者がとまった位置関係からバイクはまだ交差点に進入していなかったはずです。
このような状況で、これは交通事故として成立するのでしょうか??
成立した場合、その責任の比率は??
また、示談にするにしても、支払う義務があるのかなと言う疑問があります。
どなたか、良い案がありましたらご教示の程よろしくお願いいたします。

いろいろと検索しましたが、今一、ぴたっとくるのが無いので質問させてもらいます。無傷の車の立場からの質問です。
見通しのいい交差点で相手は原付バイクで友人が自動車です。
対向車線からの接近で、友人は直進。 バイクは右折しかけて、直進車に気付きハンドルを切り損ねて転倒したようです。
友人の車は、交差点の出口側(反対側)歩道付近の左隅に斜めに向いた形で停止。バイクは車に向って転倒したまま運転者と一緒に滑走してきたが接触せずに停止。運転者は負傷。
車側からみれば、転倒したバイクをう...続きを読む

Aベストアンサー

#2です
>自分に過失がない(?)のに示談なんて、何か釈然としないと友人は言ってます
もし私がその立場なら 同じ事を言うと思います

>反対の立場の側のだったらどうなんだろうと言う思いもあります。
直進と右折なら直進が優先します。接触があったとしても最大で(右折バイク) 80 : (直進車) 20位の過失割合です。
しかしバイクは両手に買い物袋を抱えつ足元にも荷物を置いていたのであれば、95:5の主張でも成立するでしょう。
車とバイクなら、車の方に責任があるとする方が多いのですが、バイクといえども事故の責任を他人に転嫁出来ないことを知る必要があります。
相手は少しでもと期待しているでしょうが、ここは妥協すべきではないでしょう。

>相手が事故だと主張してきても、こちらは関係ないと突っぱねることは出来るのでしょうか。その場合、保険会社の代理人がその役を負うことになるのでしょうか?
そのように理解して頂いてよろしいですよ。

私事ですが、交差点で直進中に右折してきたバイクに、右側運転席ドアにぶつけられたことがあります。 
相手方は骨折して治療費、休業補償を請求してきましたが、逆に私が修理代を請求しました。
保険会社同士の交渉になりましたが、結果としては私の修理代を全てバイク側が支払うことで示談が成立。
相手側の費用に関しては、こちらの責任がないということで決着しました。
 

 

#2です
>自分に過失がない(?)のに示談なんて、何か釈然としないと友人は言ってます
もし私がその立場なら 同じ事を言うと思います

>反対の立場の側のだったらどうなんだろうと言う思いもあります。
直進と右折なら直進が優先します。接触があったとしても最大で(右折バイク) 80 : (直進車) 20位の過失割合です。
しかしバイクは両手に買い物袋を抱えつ足元にも荷物を置いていたのであれば、95:5の主張でも成立するでしょう。
車とバイクなら、車の方に責任があるとする方が多いのですが、...続きを読む

Q接触のない交通事故について

今日、母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして、転倒し足首を負傷しました。

相手の車は 接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。

接触がなかったことと、相手が近所なので母は警察には届けでていないようです。
相手の人は 素直にこちらの意見を聞くようなタイプではないので、困っています。

このような場合、どうしたらいいのでしょうか?

接触事故ではないので警察に届け出ても 相手が支払
う気がなければ 自腹で治療するしかないのでしょうか?

素人なもので ご教授お願いします。

Aベストアンサー

非常に、難しい「ケース」です

>母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして<
とお書きになってますが、ここまで行くには「過程」がなければ
今回の問題には、ならない筈ですよね?
少し、判らないのですが(例えば、一時不停止等)
ですか

>接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。<
「接触」が、ないので今現在は「状況証拠」であり
相手からしては「勝手に転倒した(質問者様が)」しか思ってないでしょうね
先ず・・・・
1・警察に、連絡して現場検証をして貰う

2・目撃者をに「証言」を貰う
ですね

あくまで「警察」は、事故証明等を発行してもらえますが
示談は、最終的には「当事者」同士でやるしかありません

>自腹で治療するしかないのでしょうか?<
そのような事は、ありません
先ずは相手の「非」を、認めさせるしかありません

PS 参考になるかと思い参考サイトを添付します
http://www.yokoben.or.jp/consultation/accident/mediation.html

一日も、早く質問者様が全快する事を心からお祈りします

非常に、難しい「ケース」です

>母が原付バイクで走行中、横道から出てきた乗用車をよけようして<
とお書きになってますが、ここまで行くには「過程」がなければ
今回の問題には、ならない筈ですよね?
少し、判らないのですが(例えば、一時不停止等)
ですか

>接触してないから悪くないと言って菓子折りだけ持ってきて その後の処置費用は払う気がないようです。<
「接触」が、ないので今現在は「状況証拠」であり
相手からしては「勝手に転倒した(質問者様が)」しか思ってないでしょうね
...続きを読む

Q非接触事故 こちらが勝てる見込みは・・・?

こんにちは。以前、下記のリンクに相談をしたものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3191921.html

非接触の事故とはいえ、警察による実況見分では、
こちらは「人身事故」扱いとなりました。

当然、相手側に賠償責任はあると思うのですが、怪我の方は、相手方の自賠責で請求できるとして、問題はバイクの修理代金を払ってくれません。
相手と示談交渉をしたところ「客観的に見て全く払う意思がない。」とのことです。
つまり非接触事故だから、自分に落ち度がないとの見方なんでしょう・・・。

それで、こちらは日弁連事故相談センターに相談し、じっくり考えた結果、簡裁にて「調停」することを選択しました。

相手側(トラック運送会社)は、自身の任意保険会社に連絡は入れてません。
そこで「調停」の場で、民法709条「不法行為の損害賠償」と「人身事故による3つの責任(刑事処分・行政処分・民事処分)」を主張し、どうにか損害賠償請求をするつもりです。

ところが先日、簡裁から連絡があって
調停の日に、なんと相手側は代理人として弁護士をつけるとのことです・・・。


非接触事故とはいえ、こちらは「人身事故」被害者です。
調停の場に相手方弁護士と話し合うことになるのですが、下手に色々なことを突っ込まれそうで心配です。
何とか自分の正当性を主張したいと思っていますが、あくまでも代理人なので加害者本人が首を縦に振らない限りは、調停は不調に終わりそうです。。。。

ここから質問です。

※損害賠償額は、身体・物損すべて込みで、約50万円です。

仮に、「調停」が不調に終われば、2週間以内に「少額訴訟」を起こそうと思っています。
そのときは、多分相手側弁護士が代理人として、出てくる可能性があります。

このとき、裁判となれば、こちらは損害賠償請求を勝ち取ることができるのでしょうか??

私自身から見ても、こちらに過失が若干あっても勝てそうな気はしますが、相手側が弁護士をつけてくるのでかなりの不安です。

どうかご教示お願いします。

こんにちは。以前、下記のリンクに相談をしたものです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3191921.html

非接触の事故とはいえ、警察による実況見分では、
こちらは「人身事故」扱いとなりました。

当然、相手側に賠償責任はあると思うのですが、怪我の方は、相手方の自賠責で請求できるとして、問題はバイクの修理代金を払ってくれません。
相手と示談交渉をしたところ「客観的に見て全く払う意思がない。」とのことです。
つまり非接触事故だから、自分に落ち度がないとの見方なんでしょう・・・。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

事故の内容を拝見しました。
今回の場合ですと、車線変更時の安全確認を怠り、
怪我をさせたのだから、当然、運行供用者責任が問えます。
相手の自賠責には被害者請求をされたのでしょうか?
自賠責が認められた、となれば自賠法第3条の但し書きが
認められなかった、ということになります。

あと、私も調停を経験しましたが、相手方と面向かって
会話するのではなく、他方が席を外し、調停委員と質問者さんが
会話をします。
また、話を円満に進めるため、任意保険の担当者さんも、
裁判所が許可すればですが、同席することが許されます。
但し、相手がどうしてもNoと言ってしまえば、
不調に終わってしまうのは事実ですね。
いざ訴訟となると、車両の位置関係を証明する「証拠」が
なければ、今回の事故を客観的に主張することができません。
警察の現場検証には相手方の車両位置関係などは記録されていますか?


あと、弁護士が出てくることを恐れているようですが、
それを恐れていたら勝ち取れませんよ!
調停は代理人で家族など身内がなることができることはご存知ですか?
たかが話し合いに10万円以上を投資する人はそう多くはないと思います。
かといって、やや安価な司法書士にお願いする、というのも考えにくいです。

民法709条の不法行為による損害賠償責任と、
民法715条の使用者責任、自動車損害賠償責任保障法第3条、
これをしっかり勉強し、過去の裁判例などもネットを探せば、
いくらでも出てきます。
相手の主張を尽く覆すことが大事なんですが、
難しいことはありませんから、自分の意見というのを確立して、
相手の主張につられないようにしてください。

私の経験では、私 vs 弁護士で裁判で闘いました。
約1年ではありましたが、準備書面で相手の過失を主張したことが、
本人弁論で思いっきり相手本人の口から出てしまったことから、
もう何も言うことはありませんでした。
(思いっきり安全確認を怠ってるじゃん!)
それで形勢は一気に逆転。
押せ押せモードで和解にこぎついた、というものです。
勉強さえすれば、やればできるんです。
がんばって勝ち取ってください!

こんにちは。

事故の内容を拝見しました。
今回の場合ですと、車線変更時の安全確認を怠り、
怪我をさせたのだから、当然、運行供用者責任が問えます。
相手の自賠責には被害者請求をされたのでしょうか?
自賠責が認められた、となれば自賠法第3条の但し書きが
認められなかった、ということになります。

あと、私も調停を経験しましたが、相手方と面向かって
会話するのではなく、他方が席を外し、調停委員と質問者さんが
会話をします。
また、話を円満に進めるため、任意保険の担当者さんも、
...続きを読む

Qバイクとの非接触人身事故で納得がいきません

色々調べましたがピッタリの事例が無くて、質問させて頂くことにしました。

私が車、相手がバイクの非接触事故です。
夜9時、現場は信号の無い交差点です。相手側が優先道路になります。私は交差点で、一時停止して、車の頭を出しながら、左右確認してから右折しました。
右折し終わり、加速し出した時に、クラクションが聞こえました。バックミラーを見ると、背後にバイクがいました。正直、そんなはずは無いと驚きました。
田舎なので全体的に暗いのですが、一時停止時に左方を確認した際、自分から左手50mくらいの位置に街灯で少し明るいところがあり、自分からその付近までバイクの存在(ヘッドライト)は認識できませんでした。
結果的に、接触していませんし、相手の転倒もなく、バイクは止まらずそのまま付いてきていたので「驚かしてしまったかな。。。」という気持ちで、走行を続けました。後ろに付いているバイクは、パッシングもせず、信号で止まっても何も無かったので、走行を続け、10分ほどでお互い進路が変わりました。

翌々日警察から連絡がありました。
私が急に飛び出してきたので慌てて急ブレーキをかけ、足を突いて捻ったそうです。相手は、事故当日に交番に行き、事情を説明したそうです。警察は同日に現場を確認したそうですが、ブレーキ痕はなかったとのことです。
その後、数日おいてから、警察と相手の立会いの下、現場検証を行いました。右足首捻挫、完治1週間の診断書を持っていました。
現場検証の際、なぜか相手は「接触はしなかったが転倒した」と小声で言っていましたが、私は「それは無い。すぐに後ろに付いてきていた」と説明しました。その後、お互い別々で警察に事情を説明した結果、最終的な警察の認識を詳しく把握していませんが、「相手が優先道路のため、驚かしてしまったことによる非接触人身事故。ただ、相手にも前方不注意の過失がある。」と説明を受けました。
その時点では、一時停止してしっかり確認したのに人身事故になってしまうことに違和感を覚えながらも、相手を驚かしてしまった自分が悪いのか・・・と、素直に受け入れました。

ところがその翌日です。保険屋から相手に連絡したところ、「バイク、ブーツ、服、ヘルメットの弁償」を依頼されたそうです。転倒もしてないのに、です。当日から10日経過してますが、まだ足は少し痛い、と言っているようです。

そもそも、相手の存在が認識できなかったことが気になっていましたが、こうなると、田舎で周りには誰もいなかったこともあり、
「相手がヘッドライトをつけず走行し、計画的に非接触人身事故にしようとしたのではないか?」
という考えがよぎってしまいます。

ちなみに、相手は未成年、学校には通ってなく、アマチュアのレーサーだそうです(相手の母親談)。

保険屋に、その通りだと言えばいいのかもしれません。
でも、どうしても納得いきません。私は左右しっかり確認したんです。警察も、そこが不思議だと言ってました。
こんな状況を受け入れなくてはならないのでしょうか?戦うと大変な労力になるのでしょうか?

長文となり申し訳ありませんが、知見のある皆様からのアドバイスをお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

色々調べましたがピッタリの事例が無くて、質問させて頂くことにしました。

私が車、相手がバイクの非接触事故です。
夜9時、現場は信号の無い交差点です。相手側が優先道路になります。私は交差点で、一時停止して、車の頭を出しながら、左右確認してから右折しました。
右折し終わり、加速し出した時に、クラクションが聞こえました。バックミラーを見ると、背後にバイクがいました。正直、そんなはずは無いと驚きました。
田舎なので全体的に暗いのですが、一時停止時に左方を確認した際、自分から左手50mくら...続きを読む

Aベストアンサー

今回保険屋に任せて我慢すれば済む話です。

でも、納得できない場合どうしていいかという質問ですかね?

まず、警察の意識を確認しなければなりません。
そして、最終的には「詐欺罪などで刑事告訴」すると
警察に協力を求めます。

>人身事故になってしまうことに違和感を覚えながらも、
>相手を驚かしてしまった自分が悪いのか・・・と、素直に受け入れました。

この当たりも、どの程度まで認めたかによります。

まず、警察がスリップ痕や転倒根が無いのに
私が事故の当事者だと、決めつけるのか「警察を責めて」ください。
保険屋は関係有りません。
警察に、自分が相手を驚かしたという証拠があるなら、その提示を求めてください。
もし証拠が無いなら、この事故は「狂言」ではないのか?と
警察に言って、捜査してもらってください。

ポイントは
1)自分は、絶対に過失が無かったという証明
2)相手の転倒や怪我などから、現場と矛盾している内容を抽出
3)相手の発言や時刻など、警察に問い合わせ
4)その他、矛盾や相手の狂言を証明する証拠集め
です。

そもそも、右折の時の話ですよね?
バイクが自分の右側に居て、死角に入り巻き込んだとしても
接触が起きないで転倒というのは、考えにくいです。
右折後、真後ろから付いてきたというのも変です。

この件は、あなたが警察にどの程度主張できるかによります。
もちろん、弁護士特約などに入っていたら弁護士を利用するのが良いのですが、
自費で雇うのはばからしいです。
ちなみに、ほおっておくと、減点は必至ですし保険の等級も下がりますし
相当な損害です。

・・・・と一方的に質問者様のサイドに立って書いてみましたが、
バイクに乗る私としては、「車の運転にびっくりして転倒」は
普通にあると思います。
大型トラックなどに幅寄せされた威圧感は尋常ではありません。
現場の状況はよく分かりませんが、バイク側の言い分が
どうなのかを、もう一度考えてみてはどうでしょうか。

今回保険屋に任せて我慢すれば済む話です。

でも、納得できない場合どうしていいかという質問ですかね?

まず、警察の意識を確認しなければなりません。
そして、最終的には「詐欺罪などで刑事告訴」すると
警察に協力を求めます。

>人身事故になってしまうことに違和感を覚えながらも、
>相手を驚かしてしまった自分が悪いのか・・・と、素直に受け入れました。

この当たりも、どの程度まで認めたかによります。

まず、警察がスリップ痕や転倒根が無いのに
私が事故の当事者だと、決めつけるのか「警察を責...続きを読む

Q人身事故扱いになると、今後どうなりますか?

人身事故扱いになると、今後どうなりますか?

無接触事故を起こしました。
私は車で無傷、
相手はオートバイで転倒→擦り傷、大事はないそうです。
警察にはすぐ電話をして、後日診断書を警察に提出することを相手が言っていました。
そうなると、人身事故扱いになると言われました。

ちょっとここでは事故の状況を話せないのですが、
もし、診断書を提出し人身事故扱いになると≪保険会社が調べている過失割合≫に関係なく、
私が「加害者」となって、刑事・行政・民法処分を受けるということになるのでしょうか。

非接触でもその事故の因果関係が私にあるとなれば人身事故になるのは当たり前になるのでしょうか。
警察官には後日出頭するよう言われました。
(出頭するころには診断書も出されていると思います)
その時にもう一度事情を説明し、どっちも悪い(過失割合が五分五分)の場合でも私は人身事故の加害者として処分を受けることになりますか?

状況の説明不足で理解出来る範囲が少ないとおもいますがよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

事故と怪我の状況が いまひとつ説明がありませんが
ご心配の件は 下記参考下さい。

過失割合がどうかは解りませんが
怪我で医院での診断書が提出されれば「人身事故」扱いとなります。

1 補償は過失割合で決まりますので 保険会社に相談下さい。
  オートバイの修理代 医療費・慰謝料・休業補償等が過失割合で補償となります。

2 安全運転義務違反 二点  人身事故付加点 四点  合計六点  
   罰金 二十万から三十万円位
   通院日数が少ないと 減点され減額さります。

3 行政処分として  免停 三十日(六点以上の場合)
◆但し過去に違反点数が無いとの前提です。

お互いに 運転には充分に気をつけましょう。

Q交通事故(人身事故)加害者です。

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です。
すぐ後ろを走るトラックの運転手さんがすべてを目撃していて「どう考えても悪いのは自転車であなたは悪くないよ。証人になるから」とまで言ってくれました。
警察の話だと過失は明らかに彼女側にあるのだが自動車を運転中の事故であり当然こちらにも過失が発生するとのこと。
また彼女が骨折をしている以上、「人身事故」扱いになり「書類送検」となりますが前例からおそらく不起訴になると思いますとの話でした。
彼女に対しては会社の上司と共に自宅まで2回ほど謝罪に訪れ彼女の母親も彼女も非を認めて逆に謝罪をしてきました。
しかし当初の予定を上回り完治するのが10月頃に長引く予定です。
ここで質問です。
3ヶ月程度起ちますが警察からも裁判所からも未だ通知が届きません。
警察官(交通捜査課の刑事さん)は不起訴になっても2点から4点程度の減点が発生すると思いますとの説明を受けました。
不起訴になった場合は検察からは特に連絡がないとの説明も受けました。
今後の展開が全く見えません。
過去の色々な事案をネットで調べると長い場合半年から1年後に通知が来たとの情報もあります。
罰金、減点等どのような結果が予想されるでしょうか?

本年4月28日に自動車を運転中に人身事故を起こしました。
40キロの直線道路を30キロ程度で走行中、渋滞中の反対車線の車と車の間(横断歩道の手前20メートル付近の車道)から自転車に乗った女子大生が私の運転する自動車の右側斜め後方から運転席ドア付近に追突してきました。
自転車は衝突した勢いで転倒しました。
彼女は衝突時に顔面を打撲し左鎖骨の骨折。
そして自転車は前かごがつぶれ玲程度の状態です。
私の車(ワンボックス)は右側の運転席ドアと後部スライドドアがへこみ総額30万円程度の被害です...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違反があり持ち点があれば6点オーバーで免停ですが)。
私も昨年の秋に人身事故を起こし、被害者は全治1週間の打撲で4点加点でした(示談成立済み)。持ち点がなかったため(違反歴がなかった)免停にはなりませんでした。
4点の内訳は、「事故を起こしたことに対する加点2点」と、(私の場合は、特に重大な違反・過失はなかったが、何かしらの過失があったからこそ事故が起こったと言う事で)「安全運転義務違反の加点2点」。
それらの交通違反がつくので、少なくとも9千円の「反則金」(罰金ではない)がつくとのことでした(どなたかが「違反がないのだから“減点”(本当は減点ではなく加点)はありえない」と書き込まれていますが、「安全運転義務違反」という違反が「あります」)。
こういう理由で少なくても2~4点の加点が出ます。
行政処分と刑事処分は別だと書きましたが、私の場合はまず行政処分が事故から1ヵ月後に下りました…加点4点。
刑事処分のほうはあれから8ヶ月経過し、検察からの呼び出しがなかったので、おそらくあのまま不起訴処分になったと思われます(事故の規模は本当に小さかったので、あれでいちいち起訴していたら検察も大変かと…示談も成立しましたし)。
だいたい処分が決まるまで3ヶ月~半年とのことです。

すみません、だらだら書きましたが、罰金・処分の内容等、被害者の方の怪我の診断内容によりますね。
ちなみに最初の診断書の内容で確定されるとことなので、その後治療が長引いたとかは、処分の結果に影響を及ぼさないとのことです。
(現に私の場合被害者の全治は1週間との診断書でしたが、結局1ヶ月近く通院したとのことでした。処分内容に変更なし)

ただ、私も事故をやった当時こちらのサイトでかなり調べましたが、結構地域によって処分内容に微妙に差があるようです。
それで結構混乱しましたがね…
私の場合はこんな感じでした。参考までに…
(しかし、未だに反則金の納付書が送られてきていません…「忘れた頃にやってくる」とは聞いたのですが…)

人身事故の場合「行政処分」と「刑事処分」の2つの処分があります。
刑事処分…重大な過失があったとか、被害者がかなりの重傷を負った、事故後の対応が非常に悪いなどがあれば起訴までいくとのことです(警察談)。
起訴まで行けば10万単位の罰金刑もありえますが…ここまでくると前科1犯。
行政処分…基本的に点数は被害者の怪我の度合いにより決まります。
医師の診断書で「加療1ヶ月(要は軽症)」くらいまでならだいたい違反点数は5点くらい=つまりは免停からはセーフのようです(ただ、これまでに違...続きを読む


人気Q&Aランキング