used to の否定形って didn't used to でしょう(テキストにたいていのってる)。でもどうして、ネットなどで見た覚えがないのでしょうか?
実際には使われることはめったにない???

A 回答 (4件)

 used not to, usedn't to, usen't to は,いずれも formal で,実際にはあまり用いられません。



 実際には,didn't used to, didn't use to がよく用いられます。didn't used to は did を用いながら過去のような used が残っている点で文法的には非標準的とみなされますが,used という過去形しかなく,use という原形・現在形では use to となる方がおかしいという考えから,didn't use to が口語では普通に用いられます。

 あまり見かけないのは,単に過去形で表現し,used to を否定文でわざわざ用いないからでしょう。
    • good
    • 0

>didn't used to は did を用いながら過去のような used が残っている点で文法的には非標準的とみなされますが,used という過去形しかなく,use という原形・現在形では use to となる方がおかしいという考えから,didn't use to が口語では普通に用いられます。


 肝心なところを誤りました。最後は,
didn't used to が口語では普通に用いられます。
    • good
    • 0

He used to play football.


He didn't use to play football. (He used not to)
Did he use to play football?
と覚えたほうがいいですね。
文法書に書いてました。
    • good
    • 0

ここに解説が載っています。


「used toの2語で動詞として扱われるので、did not used toは間違いで、used no toが正として教えられてきた(私もそうです)が、今ではこれはきわめてフォーマルで、did not used toが普通に使われている。」ということのようですね。(ああ、こんがらがってきた)
http://www.proz.com/topic/39790
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qused toの否定形は

過去の習慣を表す表現として used toがありますよね。
例えば次の文です。

He used to smoke.

そこで質問ですが、この文を否定文にすると“He didn't use to smoke.”でいいんでしょうか?

Aベストアンサー

文語では助動詞的な用法「He used not to smoke.」

口語では動詞的な用法「He didn't use to smoke.」

が一般的に使われているようです。

Qused to と be used to

過去に習慣的に「~したものだった」は、used toを使い、「~に慣れている」は、be used to ...ingを使いますが、なぜ、「使う」という意味の動詞から、そのような意味ができたのですか?どのように発展して、それぞれの意味になったのか、知りたいです。

Aベストアンサー

use の原義に「習慣」というのがあります。これを動詞として使った場合に「習慣として行う」「習慣化させる、慣らす」という意味がありました。「ありました」というのは今ではこれを普通の動詞のように使うことはないということです。
「習慣として行う」は過去形しか使われなくなりました。これが used to です。
「慣らす」は受け身あるいは過去分詞が形容詞としてしか使われなくなりました。これが be used to です。
いずれの場合も限られた用法しかなくなったことと本来の意味が薄れ、助動詞や形容詞のように感じられるようになったため発音も変わりました。s が無声化し d も t に同化されて聞こえなくなりました。

Qhave toとbe able toの否定形について

ought toとused toの否定形はought not to、used not toとなりますが
have toとbe able toの否定形はどうして
do not have to、be not able toとなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 なかなか面白いご質問ですね。私たちは英語を用いるときには慣用的に用いていることが多いので、お尋ねのような疑問を普段は特に意識することがありません。

 しかし、「not」の置かれる位置が表現方法によってなぜ異なるのかという疑問は、よく考えれば大変ごもっともなものです。この疑問については、2つの視点から考えると理解に近づけるのではないかと思います。

 形式論で説明するなら、「動詞の種類の違い」が原因です。

 「ought (to ...)」や「used (to ...)」は助動詞ですので助動詞の後ろに「not」をつけますが、「have (to ...)」は一般動詞ですので前に「don't/doesn't/didn't」を置きます。(最近では英国でも逆輸入されてこちらの形を用いる人が増えているようです。)

 ただ、上記の説明では、そのような使われ方をするものを「助動詞」や「一般動詞」と規定したのではないかと考える人もいるでしょう。もうひとつの視点からの説明の方が有効かもしれません。

 それは意味論に基づいた説明です。この視点で考えると、「not」の位置の違いは「何を否定するかの違い」によって生じていると言えそうです。

 「ought to ...」の否定は「・・・しないこと」が「義務(または当然)である」と考えますので、「ought」の前に「not」を置くのではなくて「to ...」の前に「not」を置きます。

 「have to ...」の否定は「・・・する必要(があること)」を「(持って)ない」と否定すると考えますので、「have」の前に否定の「not」を置きます。

 これは「must ...」の否定が「・・・しないこと」が「義務である」と考えて「...」の前に「not」を置くのと正反対の考え方です。

 この考え方こそが「don't have to」と「must not」がもとはどちらも同じ「must」であるのに、それぞれの否定文の意味が異なっている原因です。

 「be able to ...」の否定も同じように考えて下さい。「be able not to ...」としたのでは、「・・・しないこと」が「可能だ。」というおかしな意味になってしまいますが、「be not able to ...」とすれば「・・・すること」が「可能ではない」という自然な印象を与えてくれる英文になります。

 普段何気なく使っている表現にも、それぞれそのような形(や語順)になる理由があるのだということが分かれば、理解がより深まることでしょう。その意味において、今回のご質問は大変有意義なご質問だと思います。

 ご参考になれば・・・。

 なかなか面白いご質問ですね。私たちは英語を用いるときには慣用的に用いていることが多いので、お尋ねのような疑問を普段は特に意識することがありません。

 しかし、「not」の置かれる位置が表現方法によってなぜ異なるのかという疑問は、よく考えれば大変ごもっともなものです。この疑問については、2つの視点から考えると理解に近づけるのではないかと思います。

 形式論で説明するなら、「動詞の種類の違い」が原因です。

 「ought (to ...)」や「used (to ...)」は助動詞ですので助動詞の後...続きを読む

Qused toと 過去完了の進行形について質問したいことがあります。

過去の習慣をあらわすused toと、過去完了進行形のhad been ~ingについて疑問に思ったことがあり、確認したいことがあります。

まず「彼女はピアノをよくひいていたものだった」という文章を訳さなければいけなかったときのことです。
She used to play the piano.というのが分かりやすい英訳だと思います。

ですが、used toという句を知らなかったときに、
she had been playing the piano.と英訳してしまいました。

この文章では、過去完了の場合には、過去の時点を表す句(before~)が必要なのだということはわかり、完全に英訳間違いだということは分かったのですが、

もし「彼女は高校生になる前に、よくピアノを弾いていたものでした」という文章が出てきたとすると、
(1)Before she was a high school student, she had been playing the piano.と英訳してもいいのでしょうか。

had used to にすればいいだけだというのは分かるのですが、
(2)この文章でhad been playingという用法を使うとどういうニュアンスになって相手に伝わってしまうのか、
(3)一応は過去の習慣として伝えることができるのか

以上3点を(特に2番を)教えていただきたいです。

過去の習慣をあらわすused toと、過去完了進行形のhad been ~ingについて疑問に思ったことがあり、確認したいことがあります。

まず「彼女はピアノをよくひいていたものだった」という文章を訳さなければいけなかったときのことです。
She used to play the piano.というのが分かりやすい英訳だと思います。

ですが、used toという句を知らなかったときに、
she had been playing the piano.と英訳してしまいました。

この文章では、過去完了の場合には、過去の時点を表す句(before~)が必要なのだ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)
不自然です。
日本語でも "になる" というように、英語でも "become" を使うべき所です。
また、過去完了 (進行) 形を使う場合、期間を入れるべきです。
期間を入れないなら、過去形を使います。

例 1 : Before she became a high school student, she had been playing the piano for five years.
例 2 : Before she became a high school student, she played the piano.

"often" を入れると "よく ... していた" の意味が加わります。

例 3 : Before she became a high school student, she often played the piano.

(2)
例 1 : 「彼女は高校生になる前に、ピアノを 5 年間弾いていた」
例 2 : 「彼女は高校生になる前に、ピアノを弾いていた」
例 3 : 「彼女は高校生になる前に、ピアノをよく弾いていた」

(3)
習慣を伝えたいなら、"had used to" でしょうね。。。

(1)
不自然です。
日本語でも "になる" というように、英語でも "become" を使うべき所です。
また、過去完了 (進行) 形を使う場合、期間を入れるべきです。
期間を入れないなら、過去形を使います。

例 1 : Before she became a high school student, she had been playing the piano for five years.
例 2 : Before she became a high school student, she played the piano.

"often" を入れると "よく ... していた" の意味が加わります。

例 3 : Before she became a high school student, she ...続きを読む

QThe man she used to be married to liked fishing ve

The man she used to be married to liked fishing very much, and would often go fishing alone in his own cruiser, and each time she used to feel a sense of isolation .

上の英文の日本語訳がわからないです
教えてもらえますか??

Aベストアンサー

彼女が昔結婚していた男はとても釣りが好きで、しばしば自分のクルーザーで一人で釣りに出かけたが、その度に彼女は孤独感を感じたものだ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報