人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

三相交流の基本かと思いますが・・・
先ほど三相誘導電動機の一次巻線の1相が断線した場合について質問させていただいたのですが・・・
対象三相交流では、各相の電圧(電流)の位相がそれぞれ120度つづずれて流れています。つまりその三線を電動機に接続すれば、三線にもかかわらず、うまく120度づつずれた電圧(電流)が中を流れる事になります。
しかし、1相断線して三線から2線だけを使った場合・・・単相になるのでしょうか?というのは、各相は120度位相がずれているので単純に単相にならないと考えています。

ただ、単相にならないとすると、そうなってしまうのか想像できないのですが・・・結局は残りの2相の電圧(電流)のベクトルの合成が流れていることになるのでしょうか。となれば、各相を流れる電圧(電流)には引き続き位相差はあるのでしょうか。

A 回答 (3件)

3相交流の各相電圧が120度づつずれているという表現で何となく分かったつもりになるものですが、ではそれは何処から見たものか、と聞かれるとどうでしょうか。

答は、中性点から見たときに3相の電圧ベクトルの位相差が120度となります。もし中性点以外の点を基準に3つの電圧ベクトルを見ると違った位相になります。
3相のうち2相を取り出したときの位相を論じる時も同じように、2つの電圧の中性点即ち2点を結ぶ直線の中間点を基準にして見なければなりません。ここから見ると2相の位相差は180度です。貴方は2相の位相差を見るのに元の3相の中性点から見て誤解しているのです。使っていない相のことはもう忘れていいのです。
以上のように定性的に考えて理解をした上で、計算式でも確かめるといいと思います。計算式とは、周波数が同じで位相の違う2つの正弦波の差(電位差)を求めることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
前半についてはわかったのですが後半について、
2相になった場合、使っていない相については考えないとのことですが、その場合中性点とはどこになるのでしょうか。
また、Δ結線の場合は中性点はないのではないでしょうか。
なかなか質問の意図が伝わらなくて申し訳ございません。

お礼日時:2007/08/28 08:08

失礼ながら、貴殿は等価回路ということの意味を理解されていないようです。

現実の回路や物に捉われすぎです。元々電気の理論なんていうのは、かなりいい加減なもので、いろんな概念を導入して、辻褄を合わせて出来たものですから、想像力が働かないと理解しづらいものです。下手な説明を幾ら続けても旨く伝わらないと思うので、これで終わらせて頂きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ございませんでした。

お礼日時:2007/08/30 08:21

NO1です。

3相から2相を取り出して単相と見たとき、巻線は等価的に1巻線と見なければなりません。中性点は架空の等価巻線の中央で、現実の巻線上には存在しません。よって、ΔとかYとかは関係ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すみません。
1巻線と見なければいけないとのことですが、なせをどのように理解すればよいでしょうか。
三相の電気は、図では120度づつずれたsinカーブで表現されます。
これで1相断線すると、単相になる。????なぜ3相になっていたのに、どういう変化がおこったのか?
また、Y、Δは関係ないとのことですが、
Yで1相なくなれば1つの回路になるように見えますが、Δであれば1相なくなっても給電側は3線とも生きているのではないでしょうか。

お礼日時:2007/08/28 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q三相交流回路で、2線だけ取り出した場合に流れる電流は?

三相交流回路で、2線だけ取り出した場合には、どんな電流が流れるのでしょうか?

三相交流は、3線とも行きの電流で、帰り線は相殺されて不要になっている理屈らしいですが、

この内の2線をとって、200Vの負荷を接続した場合、どうなるのでしょうか?

バランスが狂った分の帰り電流は、どこへ行くのでしょう?

Aベストアンサー

別の言葉で解説をして見ます。簡単にするために、抵抗負荷で。

>三相交流回路で、2線だけ取り出した場合には、どんな電流が
⇒2線間には交流電圧(単相に見える。実際にも単相)がかかる。単純にI=V/R

>3線とも行きの電流で、帰り線は相殺されて不要になって
⇒これが誤解釈。線は必要。
3線のそれぞれ2線間に負荷をかける。
2線間には単純にI=V/Rが流れる。
それぞれのIは位相が異なる。一つの線には位相合成されたIが流れる。

>この内の2線をとって、200Vの負荷を接続した場合
⇒意味不明。200Vの負荷とは????

>バランスが狂った分の帰り電流は、どこへ行くのでしょう?
⇒バランスが狂ったとは????
上の2番目を考えてください。電流は消えたり増えたりしません。一点に集中する電流の総和=0(何の法則だっけ?)です。

Q三相200vから単相200v取り出しの弊害

単相200vの機器の電源を三相200v、例としてR-S間プラス接地
で取るのはやってはいけないと聞きました。

何故やってはいけないのですか?
理由も教えて下さい。

Aベストアンサー

#6です。 追加で補足説明しておきます。

かつて私が電力マンの時に、溶接機(単相負荷)2台の申し込みがあったとき、それぞれ別の相に繋ぐことを条件に三相200Vの受電で契約算定したことがあります。

三相受電契約の場合は、そこに単相負荷を使用すれば三相の不平衡となるのは当然ですが、特定の相に偏るのは柱上変圧器の利用率が悪くなるので別の相に繋ぐこととしています。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q3相3線と単相3線の見分けかた

こんにちは。

お客さんのところへ行って、分電盤を見ることがあるのですが、ブレーカを見て3相か単相か見分けることは出来るのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>電圧がかかっている線をブレーカの極につないで、電圧がかかっていないほうは…

小さな手動スイッチが並んでいるだけです。
分電盤の一番下に、白線 (他色のこともある) ばかりがずらーっとつながれています。

ここ十数年は作られていませんが、古い建物ではまだ多く残っています。

Q単相モーターと三相モーターの違い。その利点と欠点。を教えてください。

位相の数が違う。といってもその「位相」って言葉から複雑怪奇。バカにでも理解できるようにわかりやすい言葉で教えてください。
単相と三相の利点と欠点。使い分け方。マメ知識なんぞ教えてください。
恥ずかしくて誰にも聞けないんです。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、簡単な構造で、起動できるか(自分で回転を始められるか)どうかだと思います。一番簡単な構造である 誘導電動機で三相の場合はスイッチを入れるだけで回転を始めますが、単層の場合は、唸っているだけで回転を始められません。単相電動機でも何らかの方法で回転させれば、(例えば手で回しても良い、回転方向は、回してやった方向で決まる。)回転を続けます。この方法には、コンデンサー起動、反発起動等がありますが 1/2HPぐらいまでの小さなものに限られます。町工場など住宅地では、三相交流の供給が受けられませんので苦労したこともありました。


hp

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q三相200Vから単相200V取り出し方

現在自宅は農家のため三相200Vがひいてありますが今回TIG溶接機を購入しようと思いましたところ溶接機が単相200Vであるとのことなのです。対地電流がどうのとかあるみたいでよくわかりません。ちなみにIH用の単相200もありますがいかがなものでしょうか。はじめて質問しましたのでマナーもわかりませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エーとですね、、、誤解があるようですので今一度書きます

溶接機でも三相用のものは動力200Vからとりますが、単相200V用のものは、家庭用100V三線式の接地線を除いた残りの二本を使って200Vとして利用します。これは、IH用や200V単相クーラー等と同じ回路です。

ブレーカーを見ますと3本線があります。家庭用100Vはこのうちの接地線(中央)ともう片方の線を利用して100Vを取り出します。200Vを取り出すときは接地線を省いた二本を利用します。

実は家庭用100Vと言うのは、元々200Vを半分にして利用しています。各100V用の機器が直列配線されて100V+100V=200Vで利用できるようになっています。

なぜそうなっているかは、詳しく書くと長くなるので割愛しますが、効率が良くなるからとだけ覚えておいてください。

ブレーカーの容量の範囲内であれば、問題なく使用できます。(200V三相を利用する場合は、たしか届出が必要だったと思います)

問題は、ブレーカー等の容量が、溶接機の使用電力+その時に使用されている他の家庭用電気機器容量の合計以上になっていないとだめですので、その点をきちんと確認してください。

普通の家庭ですと、大型の溶接機が使える容量契約(ブレーカー)になっていない事が多いです。その場合は容量アップの契約をしてブレーカーなどを取り合えてもらいます。この辺は電気工事店と相談してください。

エーとですね、、、誤解があるようですので今一度書きます

溶接機でも三相用のものは動力200Vからとりますが、単相200V用のものは、家庭用100V三線式の接地線を除いた残りの二本を使って200Vとして利用します。これは、IH用や200V単相クーラー等と同じ回路です。

ブレーカーを見ますと3本線があります。家庭用100Vはこのうちの接地線(中央)ともう片方の線を利用して100Vを取り出します。200Vを取り出すときは接地線を省いた二本を利用します。

実は家庭用100Vと言うのは、元々200Vを半分に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング