人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私の仕事の一部で受変電設備の制御回路の改修等によりDC100Vや48Vの回路の結線変更を行います。私の会社は製造業の届けですが出張してお客様の設備の改修をしたりします。これは電気工事士の資格は不要なのでしょうか?
また,制御回路ではなく主回路(AC1φ100V~3φ77KV等)を改修する場合はどうなのでしょう?
明確に区分けがあるのでしょうか?または製造業は別の資格を持っているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

電気工事士の業務区分は、自家用工作物の場合は


500Kw未満の設備です。
変な話と思われるかも知れませんが、500Kw以上の自家用設備では、
主任技術者の監督下で工事(作業)が行われることがたてまえですので、電気工事士の資格がいらないのです。あなたが行う作業が500Kw以上の自家用設備の場合はどのような電気工事も電気工事士の資格は要りません。
(法規上の問題であって、実際は技能も知識もない者が施工できるとは
思いませんが・・・)
500KW未満の場合は、あなたが行う作業が、「電気工事」であるかに
よります。制御盤の中や機械装置、機器内部などは、電気工事に当たりません。おおざおっぱな解釈ですが、建屋の工事(壁や柱にコンセントやスイッチを取り付け配線する、天井に電灯を取り付配線する、壁に分電盤を取り付けるなど)は電気工事ですが、盤内の改造などは「電気工事」ではないのでの資格はいりません。・・・が、
顧客、施工者の責任で安全な施工が必要なことは当然です。
また、「電気工事士」であっても、通電された分電盤などの操作や、
通電された制御盤の試験(現場でも)などは、「低圧電気の取扱い」の
教育を受けていなければなりません。(労働安全衛生規則)
労働安全は「電気工事士」の免許とは違う役所の管轄です。
一般に盤屋は製造業に分類され、電気工事は建設業です。
盤の設計、製造には、工事士のような公的資格は不要です。
ただし、営業的には、ある程度の知識、技術を保持している証明を
顧客に説明できないといけませんので、電気工事士、配電制御システム検査技師、制御盤組立技能士、電験などの資格者が居る事が望まれます。あくまで電気工事士法では、という範囲でのことですので、何でもやっていいわけではないと思います。顧客はそのようなことを関知していないとおもいますので、施工責任があることには変りありません。
またこのような疑問が生じないように、関連法規を熟知し、違法行為を行わないことが会社運営の基本と考えます。
違法でなければ、何をしてもいいというわけではありません。法は倫理の最低限のことしか書いてありません。良心に従った施工が必要です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気工事士の資格がないとやってはいけないこと?

第二種電気工事士の資格がなくてはやってはならないことってなんでしょう? もう少し具体的に申しますと、たとえばコンセントからテーブルタップ(延長コード)でのばして蛍光スタンドをつけるという行為に資格は必要ないですよね。でも壁にあるコンセントから渡りで別の場所の壁にコンセントを増設するのには資格が必要なのでしょうか?たとえば屋内のブレーカーから、壁のコンセントまでを変更する場合には資格が必要で、壁のコンセント以降の変更はいらないとか、なにかそういった線引きはあるのでしょうか?先日壁の埋め込みスイッチが故障したのでホームセンターで買ってきて交換しましたが、この行為には資格が必要なのでしょうか? どうもすっきりしないので、ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「電気工事士の資格を持つものでなければしてはいけない作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、電線相互を接続する作業
2、電線を造営材に固定する作業
3、配線器具(スイッチ、コンセントなど)を取り付けたり、それに電線を接続したりする作業
 反対に「電気工事士の資格がなくともできる作業」には、次のような作業が挙げられます。
1、差込式接続器(電源プラグ、コネクタなど)にコードを接続する作業
2、インターホン、ベル、ブザー、チャイムなどの、電圧36V以下の配線作業

 従って、壁の埋め込みコンセントから直接電線を接続して別のコンセントを増設する作業は、資格がなければできません。
 壁の埋め込み式スイッチ、コンセントの交換も、本来なら資格が必要です。
 ただし、露出型の器具の場合は、既設の器具を交換するだけなら、資格は不要です。
 詳しくは、参考URLのページに解説されています

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/6224/denki/houki.html

Q配電盤・分電盤の取り扱いに関して

以前配電盤・分電盤の取り扱いに関して電気工事士資格が必要がどうかを質問させて頂きました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1062319.html
分電盤への作業に関する規定を定めている法律は何に当たりますでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気工事士法3条2項で定められていますが、これでは具体的ではありません。

法律の条文どおり経済産業省令で定めています。

ということで、「電気工事士法施行規則」で詳細に定めています。
内容は参考URLに施行規則の抜粋があります。

分電盤に関連した作業では

  イ 電線相互を接続する作業
  ハ 電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く。)に取り付ける作業
  ニ 電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物に電線を収める作業
  ヌ 配電盤を造営材に取り付ける作業

などが電気工事士資格者のみに許された作業ということでしょうか。

参考URL:http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chubu/hokuriku/denki/sikaku/koujishi/sekoukisoku.htm

Q制御盤の設計に有効な資格

制御盤(動力制御盤や計装盤)の設計の仕事を始めて半年ですが
キャリアアップのため資格を取りたいと思っています。
メーカーの研究所に3年いましたが資格の必要が無かったため1つも持っていません。
大学の電気工学科をでているので電気の基礎はあります。
電気工事士2級と電気主任技術者3種は取ろうと思うのですが 他に有効な資格があったら教えてください。
CADによる製図やシーケンスのプログラムもやっていますが
これらの資格は何かあるでしょうか。
1年で取れるだけとっておきたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メーカーのトレーニングに参加して覚えるものです。(資格は無く、受講証明書くらいか)
シーケンサの基本のラダー言語はリレーロジックと類似ですから自習することも可能です。オーム社からいくつか本が出ています(大浜庄司先生など)
近年はより複雑化して、データの自動収集やパソコンへの伝送などの機能もあります。このようなシステム作りには情報処理システムの開発セオリーを学ぶ必要があります。たとえば設計をどう進めるかとかの設計方法論です。プログラミングしながら仕様を決めるのか、仕様が確定してからプログラミングに着手するのが良いのかなどを知ることです。このようなことは情報処理試験(マイコン応用システム、エンベッドシステムなど)が目標になります。
http://www.jitec.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html

CADの利用能力などはメーカーごとに違うので国家資格はありませんが、民間検定があります。
http://www.jpsa-nintei.com/cad/
(機械や建築CADが主な対象なのでお勧めしません)
もっとも、使いこなせる実力は転職の際に自分を高く売れます(転職しなくてもはげみになるでしょう)

もうひとつ、ユーザーの仕事(お客さんのプラントやシステム、製造方法)を良く知ることです。本から勉強するだけでなく、現場を見学したりすることもあります。またお客さんから答え(やりたいこと)うまく引き出すような会話能力も必要です。

制御盤が動かすシステムの構成要素(レベル計や流量計、ポンプやインバータ、モータの特性など)を知らないと設計できませんがこれらは電験3種の勉強で基本の2割くらいは勉強できます。それ以上はカタログや仕様書をよく読み、先輩や、メーカーの技術者に質問して教えてもらうしかありません。

電気電子の世界ではソフト半年、デジタル1年、アナログ10年の経験と精進がいります。
シーケンサのロジックなら1年もあれば1人前に書くことが出来ますが、プラントでシステムの挙動を理解したうえで安全性を考慮した設計が出来るようになるには10年かかります。

新しい仕事で最初の1年に勉強するものとしては、基本情報情報処理かマイコン、電験3種でしょう。
大学卒業程度なら技術士1次試験を取るのも良いと思います。30歳までに技術士を目標とするのがいいと思います。技術士はとったからといって何かが出来る資格ではありませんが、国があなたのことを「科学技術に関する高度な応用能力を備えている」と認定したことになります。http://www.engineer.or.jp/gijutsusi/index.html

もし対象とする業種が石油化学なら危険物、上下水道ならそれに関連した資格などもあるとよいでしょう。

参考URL:http://www.engineer.or.jp/examination_center/application_guidance/2006_first_examination.html

制御盤関連の国家資格としては技能士があります。
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1
これは制御盤を「製作する人」の技術力を国が認める資格ですから、工場で製作に携わる人が取る資格ですから、設計者に求められる資格とは異なります。ただし現場を知らなければ適切な設計は出来ないでしょう。

制御版や計装盤は15年以上まえからコンピュータによる制御になってきています。PLC,DCS、シーケンサ、DDCといったものです。これらのプログラミング言語は各メーカによる標準なので、メ...続きを読む

Q電気工事士の資格がなくても作業可能な電気工事を教えてください。

勤務先で、施設の工事・補修関係の仕事の発注を担当することになり
ました。
補修について、軽易な案件は、日常清掃の業者さんに発注できるよう
な契約になっているのですが、電気関係の作業については、そもそも
資格がない人がやってはいけないと聞き、どこまで作業を発注してよ
いのか、わからなくなってしまいました。
日常清掃の業者さんは、電気工事士の資格は持っていないので、技術
的には作業可能でも、作業したら法律違反になってしまいますし、
こちらがお願いした補修作業をしていただいて、万が一、事故が起き
てしまったら、とりかえしがつかないのではと困っています。
現在の懸案は、高所の蛍光灯の取替・照明器具や安定器の取替・照明
スイッチやコンセント破損の補修・コンセントプラグやコードの補修
などです。(今後、他の案件も発生するかもしれませんが…。)
具体的に、どのような案件が、電気工事士の資格がなくても作業可能
な電気工事なのか、ご存じの方がいらしたら教えてください。
(素人にもわかりやすい解説が載っている公的サイトなどがありまし
たら、あわせて教えてくださると助かります。)
よろしくお願いいたします。

勤務先で、施設の工事・補修関係の仕事の発注を担当することになり
ました。
補修について、軽易な案件は、日常清掃の業者さんに発注できるよう
な契約になっているのですが、電気関係の作業については、そもそも
資格がない人がやってはいけないと聞き、どこまで作業を発注してよ
いのか、わからなくなってしまいました。
日常清掃の業者さんは、電気工事士の資格は持っていないので、技術
的には作業可能でも、作業したら法律違反になってしまいますし、
こちらがお願いした補修作業をしていただいて、...続きを読む

Aベストアンサー

電気工事士法施行令第一条に、電気工事士でなくても出来る「軽微な工事」が規定されています。かなり具体的ですから、読んでみれば何が良くて何が良くないのかが解るかと思います。なお、電気工事士法は一般用電工作物と最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物に対して適用になります。ですから、もし最大電力500キロワット以上の自家用電気工作物であればこの法律は適用にならないので、電気工事士でなくても全ての電気工事が作業可能であると言う理屈になりますが、常識的には有資格者が作業するべきと思います。

参考URL:http://www.kinet-tv.ne.jp/~nisimura/koujisisekoufl.htm

Q配電盤・分電盤の違い

こんにちは。意匠設計事務所勤務のものです。
配電盤・分電盤のちがいは何でしょうか?
キュービクルの中に配電盤があるのですか?
また、分電盤と動力盤・電灯盤の違いって・・・
図面によって書き方いろいろでよくわかりません。
教えてください!

Aベストアンサー

お答えします。

配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいます。
ですから動力配電盤,電灯分電盤,動力・電灯配電盤,動力・電灯分電盤などが存在します。

次にキュービクルとは高圧の電気を低圧にダウンする為にトランス(動力,電灯),コンデンサ,低圧ブレーカ等を内蔵した盤です。トランス等の寸法が大きいので大きな盤になります。ちなみにトランス等をむき出しにする時もあります。キュービクルというのはいっしゅの変電所ですね。
当然キュービクルの中には低圧のブレーカーも内蔵していますがほとんどは各分電盤への電気を送る役目をします。ですからキュービクル内の低圧は配電盤の役目になりますね!

ちなみに、日本では電力会社から電気の供給は以下の通りです。
  ・1相2線       →街灯などがこれ
  ・1相3線 100v/200v  →一般家庭はこれ
  ・3相3線 200v    →俗に言う動力引き込み
  ・3相3線 6600v    →俗に言う高圧引き込み
   ※高圧も動力ということですね!
    高圧は電気の使用量が相当多くないとだめですよ。
  ・その他 →3相3線22000v,3相3線77000v等があります。

   

お答えします。

配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいま...続きを読む

Q電気工事士法の軽微な作業について

電気工事士でなくても従事できる作業の中に、

ヲ 600ボルトを超えて使用する電気機器(電気さく用電源装置を除く。)に電線を接続する作業
  
  以外が軽微な作業

と有りますが、600ボルト以下は資格無で良い事になりませんか?
この文面が自家用電気工作物のもので一種工事士なら分かるような気がします。
しかし、一般用電気工作物の所にも同じ文面があります。

ズバリ回答お願いいたします。

Aベストアンサー

100Vの配線用遮断器からコンセントへの配線工事(VVFケーブル)は、電気工事士がなければできません
ケーブルを建物への固定や支持することもできなく、またコンセントは配線器具なので電線の接続もできません
電気工事士でなければできない電気工事の作業 (電気工事士法規則第2条による)
電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く)に取り付け、またはこれを取り外す作業
配線器具を造営材その他の物件に取り付け、若しくはこれを取り外し、又はこれに電線を接続する作業
(露出型点滅器又は、露出型コンセントを取り換える作業を除く)
 現在付いている露出型コンセントを取り換えることは出来るが、あらたに付けることはできない

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

Q3相電動機の消費電力の求め方

3相電動機の消費電力の求め方について質問です。

定格電圧 200V
定格電流  15A
出力   3.7KW

上記の電動機ですが実際の電流計指示値は10Aです。
この場合の消費電力の求め方は
√3*200*15=5.1KW
3.7/5.1*=0.72
√3*200*10*0.72=2.4KW
消費電力 2.4KW

このような計算で大丈夫でしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

出力は軸動力を表しているので、消費電力はそれを効率で割る必要があるかと思います。
概算で出してみると、定格での効率が85%程度と仮定すると、定格時の消費電力は3.7/0.85=4.4kW程度になります。
この時の一次皮相電力は、5.1kVAで、無効電力Qnは√(5.1^2-4.4^2)=2.6kVar程度になります。

この無効電力は励磁電流が支配的でしょうから、負荷によらず変わらないとすると、軽負荷時に線電流が10Aになったときの皮相電力は√3*200*10 で3.5kVAで、このときの有効電力は√(3.5^2-2.6^2)=2.3 kW という具合になりそうに思います。

Q第二種電気工事士 単独で出来る範囲

第二種電気工事士 単独で工事可能な範囲を教えてください。(軽微な工事も含む)

3相 2次側 200V
単相 2次側 200V
単相 2次側 100V

を想定しています。

第1種電気工事士のもとじゃないとまともに工事できなかったような気がします。
工事系は
第1種電気工事士のもとじゃないと
(VVFの配線、埋め込みコンセントの交換、埋め込みスイッチの交換、増設
埋め込みスイッチ交換など)

ただ工作物
(600V以下の制御盤を作るなど)のは問題なかったと思います。

ちょっと散文的になってしましいましたが、
何がやりたいかというと、第二種電気工事士の試験内容程度を「単独」で出来ないのかな。
ということです。また、制限があるとすればどこまでかなということです。

また第1種電気工事士になるには、第1種電気工事士のいる事業所で数年実務経験つまないと
いけないのでしょうか?

上記検索してもはっきりしたものが見つからないので、よろしくお願いします。
もしくは公的な問い合わせ先等あればお教えください。

Aベストアンサー

 >第二種電気工事士 単独で工事可能な範囲を教えてください。(軽微な工事も含む)
電気工事士の適用範囲は、工作物の種類で決まります。
 第一種電気工事士  一般電気工作物・自家用電気工作物
 第二種電気工事士  一般電気工作物
となっており、決して電圧での区別ではありません。
これが基本ですから、確実に覚えてください。
これに加え、別途認定を受ける事により、範囲を拡大できます。
 認定電気工事従事者  自家用電気工作物の600V以下

 >これ卵が先か鶏が先か。
いいえ、これは、
 軽微な工事以外
 特殊電気工事以外
 電圧50,000ボルト以上で使用する架空電線路に係る工事以外
 保安通信設備に係る工事以外
の工事に関し3年以上という意味なので、通常の一般電気工作物の電気工事は認定基準に当てはまります。
また、簡易電気工事に関する講習も認定に当てはまります。

 >実務経験したから簡易電気工事の作業に従事することができるのか。
勝手な判断で、従事する事は違法です。
あらかじめ認定を受ける必要があります。

 >簡易電気工事の作業に従事したから、実務経験となるのか?
まず電気工事士法には、「軽微な工事」と「軽微な作業」の2種類があります。
 軽微な工事  電気工事士でない者が行う事の出来る工事
 軽微な作業  電気工事士が行う軽微な作業
ここで、電気工事士法施工規則 第2条(軽微な作業)第1項第二号には、
「第一種電気工事士が従事する前号イからヲまでに掲げる作業を補助する作業」
とあります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35F03801000097.html
つまり、電気工事の補助は認められているので、実務経験となります。

 >認定店とは何を以って言うのか。
これは、電気工事業法令と建設業法令との違いです。
通常の電気工事店は電気工事業として登録し営業しますが、建設業者としての登録でも電気工事業を営む事が出来ます。
この場合、建設業としてまず許可を受けているので、新たに電気工事業として許可を受ける必要が無く、認定を受ける事で電気工事業を営む事が出来ます。
これが、認定店です。

法律というものは、知らないと損をします。
電気工事士法は長い法令ではないので、ご自分で読まれて納得された方が良いと思います。

 >第二種電気工事士 単独で工事可能な範囲を教えてください。(軽微な工事も含む)
電気工事士の適用範囲は、工作物の種類で決まります。
 第一種電気工事士  一般電気工作物・自家用電気工作物
 第二種電気工事士  一般電気工作物
となっており、決して電圧での区別ではありません。
これが基本ですから、確実に覚えてください。
これに加え、別途認定を受ける事により、範囲を拡大できます。
 認定電気工事従事者  自家用電気工作物の600V以下

 >これ卵が先か鶏が先か。
いいえ、これは、
 ...続きを読む

Qモーターの定格電流の出し方

三相200v5.5kw定格電流22Aのモーターなんですが全負荷運転で22Aの電流が流れるって事で良いのでしょうか?
ちなみに定格電流が分からないモーターの電流値の出し方は5500/200×√3なのでしょうか?
そうすると定格電流が違ってくるので・・・
勝手な考えなんですが力率を70%って考えればよいのでしょうか?
調べていくうちにだんだん分からなくなってきちゃいました
もし宜しければ教えていただきたいのですが

Aベストアンサー

・全負荷運転で22Aの電流が流れる
で、OKです。

・定格電流が分からないモーターの電流値
5.5kWは軸出力なので、電気入力(有効電力)に換算するために、効率で割る必要があります。
次に、皮相電力に換算するために力率で割る必要があります。
結果、
{出力/(力率*効率)}/(√3*電圧)
ということになります。

モータの力率や効率が不明の場合には、
JISC4203 一般用単相誘導電動機
JISC4210 一般用低圧三相かご形誘導電動機
JISC4212 高効率低圧三相かご形誘導電動機
で規定されている効率や力率を使うことになるかと。
(これらの規格には、各容量について電流が参考値として記載されていますが)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング