忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

3階建てビルの屋上に事務所タイプ(トイレ、シャワーエアコン付)のプレハブを建てたいと思ってます。

基礎は屋上に埋め込んであります。ビルオーナーが以前上モノを建てようとしたようですが、用途無しで保留になってる感じです。
水道官下水官もひいてあります

ユニットハウスは工場で80%くらい作ってクレーンで設置するようですが、ビル3階とおまけ電線が邪魔になりそうで
不可能なんじゃないかと…

他に方法があるとしたらどういう建設方法になるのか教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず、99%違法建築になります。


確認申請書に添付された構造計算書を持って建築士に相談して下さい。

ある程度の大きさの建物になりますと消防が抜き打ち検査に来ます。
これは、無許可で用途変更したカラオケ火事で死亡事故が出てからどうやら厳しく抜き打ち検査が増えたように思います。
現に私はいま、屋上にプレファブを乗っけた違法を消防検査で指摘され是正工事・・つまりプレファブ撤去工事の工事監理もやっています。

該当現場は2階建てですが建築当初から3階を予定して構造計算し、増築用の接続に柱の柱頭を屋上に出した設計でしたが、新耐震前の物件で今の構造計算では不可能になりプレファブを乗っけたものでした。本来ならば下部はS造、違法部分は軽量鉄骨ですから混構造の計算が必要なわけです。

残念ですが、この案件も混構造の構造検討が必要でまず、成立しないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ詳しい回答ありがとうございます
勉強になりました
動き回る前に解ってよかったです
事務所は賃貸で借りる事にします

お礼日時:2007/11/28 12:37

まず現状の建物を設計した所に相談してはいかがでしょう?


将来的に建て増しする予定だったなら
その様に設計されているかも知れません。
組み立て式にしても4階に耐えうるものでないと駄目ですね
設計事務所が不明なら
最寄の設計事務所に相談する事をお勧めします。
※数坪の規模の為にかなりの出費になると思いますが。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに基礎は埋め込まれていますし
大家さんは作ろうとしていたようです
設計事務所はわかります。相談してみようかと思います。

お礼日時:2007/11/29 20:31

建設可能なのは人も入れない小さな犬小屋程度です。



小さな物置でも殆ど違法になります。

いくら増築予定の構造計算があっても、今の基準に合わせる事はまず不可能です。

誰に相談するまでも無く無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか…
基礎が出ているので可能かと思いましたが
違法になってしまうのですね…
事務所は別で借りることにします
ありがとうございました

お礼日時:2007/11/28 12:31

昭和なら知らないで良かったが今は平成です無理です。


即違法建築でバレマス
    • good
    • 0
この回答へのお礼

法を犯してまでやるものではないですよね…
事務所は他で借りることにします
ありがとうございました

お礼日時:2007/11/28 12:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋上に物置、子供部屋って設置できますか?

3階建て屋上に物置兼子供部屋(6帖~8帖程度)を設置しようと考えていますが、法的に規制は掛かりますか?10m2を超える時は確認申請が掛かってくるのは、わかるのですが、、、その他に何か掛かってくるものかと思いまして。予算上確認申請費用を考えると難しい面があるので多分6帖になるとは思うのですが。

Aベストアンサー

非常に漠然としていて、回答が難しいのですが(笑)
勝手に自分なりに検討してみます。

厳しいのは、やはり、構造上が一番かな。
条件等が一切不明なので、勝手に、高さ10mのRC造の屋上に3m角のプレハブS造の小屋を置く、くらいと仮定してしまおう。
心配なのは、屋上スラブが小屋の重量に耐えられるか、と、風により吹き飛ばされないか、の2点。
地上風速を30mくらいとした場合、2tonくらいの風荷重が生じるので、プレハブをブロックの上に置く、では簡単に吹き飛ばされてしまいそうだ、危ない。
仕方がないので、アンカーで屋上スラブに固定しよう。
しかも、屋上とプレハブはすき間がないように(風がプレハブの下面に吹き込まないように)設置しなければ。
耐荷重200kgくらいのM10程度のアンカーとすると、転倒なども心配なので、本数は20本くらい。
各辺5本くらいだから、50cmピッチか。
50cmピッチとなると、屋上が普通のスラブの場合、スラブの強度が不足しそうなので、アンカー位置は梁上と限定。
でも、都合の良い位置に梁が入っていないので、ベースコンクリート(プレハブ用のベース)を作ろう。
アンカーが多い、ベースコンクリートを作る、となると、屋上の防水も改修が必要。
さて、3m×3m×厚さ0.15mのベースとプレハブの重量は4tonくらい、1平方メートル当たり444kg、はたして屋上スラブは持つか。
これは、構造計算書を見て、梁の寸法なんかを確認しないと、怖くてできないなー・・・。

というような感じでしょうか。
条件設定等のない、フィクションですが。

非常に漠然としていて、回答が難しいのですが(笑)
勝手に自分なりに検討してみます。

厳しいのは、やはり、構造上が一番かな。
条件等が一切不明なので、勝手に、高さ10mのRC造の屋上に3m角のプレハブS造の小屋を置く、くらいと仮定してしまおう。
心配なのは、屋上スラブが小屋の重量に耐えられるか、と、風により吹き飛ばされないか、の2点。
地上風速を30mくらいとした場合、2tonくらいの風荷重が生じるので、プレハブをブロックの上に置く、では簡単に吹き飛ばされてしまいそうだ、...続きを読む

Q屋上にプレハブを建てたいのですが

8階建てのビルの屋上にかなりしっかりした物置(プレハブ)を設置する場合、抵触する法律は建築基準法?消防法?の何条でしょうか?かなり、しっかりした強度の物でもだめなのでしょうか?

Aベストアンサー

結構屋上に闇でプレハブ小屋を増築されている例があったりします。
スペースの有効利用ですかね。
工事は簡単ですが、法規、構造上などいろんな問題があり、結構複雑で手間がかかり中々法的なOKは難しいと思います。

その建物の設計者に相談されるのが一番近道でしょう。

先ず、構造的に荷重がみてあるか?
事務所で300kg/m2、倉庫の500kg/m2は必要ないでしょうが(物置ですから)、通常屋上の荷重は90kg位しかみていないため書籍等を置く物置は難しいでしょう。(180kgは見ていないと思います)

2.容積率に余裕があるか?
3.道路斜線や最高高さ制限、日影規制に余裕があるのか?
4.プレハブの構造は耐火の認定がとれているか?
などが、建築基準法になります。

消防法的にはスプリンクラーは付いていないと思いますが、自動火災報知器や消化器は必要になるんのですかね。

屋上は構造的にアンカーを取るにしても、防水の問題がありますので、施行上も注意が必要です。

Q建築法、消防法に関して

特殊建築物に指定されているオフィスビルの屋上に、プレハブなどで居住空間を設置することは、建築法、消防法などに抵触しますか?

Aベストアンサー

そもそも「特殊建築物」とは建築基準法では
「(用語の定義)
第2条
2.特殊建築物 学校(専修学校及び各種学校を含む。以下同様とする。)、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、市場、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、旅館、共同住宅、寄宿舎、下宿、工場、倉庫、自動車車庫、危険物の貯蔵場、と畜場、火葬場、汚物処理場その他これらに類する用途に供する建築物をいう。」
http://www.houko.com/00/01/S25/201.HTM
ということで、この中には「オフィスビル」は含まれません。
したがって、ご質問のように「特殊建築物に指定されているオフィスビル」というのは何かの間違いではないかと・・・。
万一、そのビルの中に上記のような「特殊な用途」が含まれているなら、ビルの一部分だけが「特殊建築物の部分」となるだけのことです。
そのような場合でも、屋上に居住空間を作っていいかどうかは個々の条件によって異なってきますので一概には言えません。
一番問題になるのは、そのビルが「耐火建築物」である場合で、その場合には「プレハブ小屋」などは一切耐火性能がありませんから、建築基準法上の「違法建築物」となります。
また、建物の用途には全く関係のない話ですが、そのビルが敷地の容積率をめいっぱい使っていれば、その限度以上には床面積を増やすことは不可能です。
また、そもそもの問題として面積10平米以上の増築を行う場合は確認申請を出す義務がありますので無届けで増築する行為自体が違法です。
確認申請を出せば(普通は出す前に事前相談をしますが)、そこにプレハブを設置して良いかどうかは役所の方が勝手に判断してくれます。

そもそも「特殊建築物」とは建築基準法では
「(用語の定義)
第2条
2.特殊建築物 学校(専修学校及び各種学校を含む。以下同様とする。)、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、市場、ダンスホール、遊技場、公衆浴場、旅館、共同住宅、寄宿舎、下宿、工場、倉庫、自動車車庫、危険物の貯蔵場、と畜場、火葬場、汚物処理場その他これらに類する用途に供する建築物をいう。」
http://www.houko.com/00/01/S25/201.HTM
ということで、この中には「オフィスビル」は含まれません。
したがって、...続きを読む

Q2階建て住宅に屋上を作れますか?

教えてください。

実家の家は2階建ての家なのです。
いわゆる普通の三角の屋根がある木造住宅で、築10年です。

私は箱型のような家が好きで、その屋上には手すりをつけて、
日光浴や読書ができるようなライフスタイルが夢なのですが、
増改築によって、現在の2階建て住宅に屋上を作ることはできるのでしょうか?

用途地域としては、3階建てが立てられるエリアで、
北側斜線なども大丈夫ですので、
増改築が技術的に可能かどうかを判断するポイントを教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 屋上というものは、実際に作ってみるとほとんど利用することもなく、せいぜい花火大会の時か近所の火災を確かめるぐらいのためだけのもの。
 しかも、そういう時には前もって掃除をしないと、とても上がっていく気にもならないほど汚れているものですし、時には雨水が溜まったままで、あわててドレンに溜まった落ち葉を取り去るといった具合。雪が積もると、これがなかなか溶けきらず、雨漏りが心配の種。とにかく面倒な存在。

 そういった意味からは庭の芝生とともに、「こんなもの要らない」の典型みたいなものですよ。

 すこし戸外スペースが欲しいとお考えなら、ベランダなどの方が利用の目的も多いし手軽だし、こちらをお勧めします。

Qプレハブの確認申請について

自己所有地に7200×7200のプレハブを事務所として設置する予定でいます。
プレハブ会社からは地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので
確認してくださいとのことでした。

ここで色々調べたところプレハブでも確認申請が必要とのことですね。
ですが、知り合いの2級建築士さんに聞いたところ、地面に束石を置いてその上に
ポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、
基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば
確認申請は必要ですと言われました。

ここで調べた結果とは違うなぁと思いながらも、市役所の建築指導課へメールで相談したところ、
やはりプレハブでも確認申請は必要ですと回答されました。

不必要だという知人の建築士、必要という市役所。
やはり市役所のおっしゃる方が正しいかと思いますが、
確認申請の手続きをせずに事務所を設置している会社を知っていますし、
よく、自宅脇に6畳くらいのプレハブを物置にしておいている家庭も見かけますが、
その方々はちゃんと確認申請をしているのでしょうか?

もし、確認申請を行わずプレハブを設置した場合はどうなりますか?
ちなみに市街化区域の第一種住居地域になります。

自己所有地に7200×7200のプレハブを事務所として設置する予定でいます。
プレハブ会社からは地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので
確認してくださいとのことでした。

ここで色々調べたところプレハブでも確認申請が必要とのことですね。
ですが、知り合いの2級建築士さんに聞いたところ、地面に束石を置いてその上に
ポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、
基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば
確認申請は必要ですと言われま...続きを読む

Aベストアンサー

プレハブ会社が言っていることと、建築士が言っていることを分けて考える必要がありそうです。

プレハブ会社の言う「地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので確認してください」は、その地域が都市計画区域等であるか否かを聞いているのだと思われます。
都市計画区域外等では、非木造の平屋建てで床面積200平方メートル以下の場合、確認申請が不要になります。

建築士の言っている「地面に束石を置いてその上にポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば確認申請は必要です」は、建築物は土地に定着したものであるから、束石の上に置くだけなら、建築物にならないから確認申請は必要ない。基礎や土間を作ると固定されるから確認申請が必要になる。と言っているのだと思います。
その建築士は間違っています。

よく、プレハブの展示場やガレージの広告などでも、確認申請不要、なんて書かれていますが、あのほとんどは嘘です。
彼らは、土地に定着していない→土地に固定されていない→アンカーで止まっていない→束石くらいまではOK、と言うように、自分たちの都合の良い方向に考えているだけで、本当は、トレーラーハウスのように、動かそうと思えば動かせるものでも、上下水道や電気を引き込み、随時・任意に動かせない用になってしまえば、建築物とされてしまいます。
「クレーンで吊れば動かせる」と言いますが、実際は無理なのです。やっぱり、定着してしまっているのです。

但し、そうした物が確認申請を受けているか、というと、受けていない場合の方が多いのも事実です。
但し、建築基準法上、違反建築物として摘発されることはほとんどありません。(税金の件とは全く関係ありません。確認申請を受けていなくても、税は取られます。)
ま、指導とか撤去命令が出されるのは、周辺から苦情が出た場合くらいですが。

ちなみに、確認申請の要否を確認するあたり、プレハブ業者は、良い業者なのかな、とかも思います。
中には、確認申請の要否で製品や仕様が変わって、大きく金額を替えてくる輩も居ますが。
確認申請が必要でも不要でも、建築基準法は守らなければならないので、大きく金額に差がある事は無いのですが。(地域により、いくらかの差は有り得ます。)

プレハブ会社が言っていることと、建築士が言っていることを分けて考える必要がありそうです。

プレハブ会社の言う「地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので確認してください」は、その地域が都市計画区域等であるか否かを聞いているのだと思われます。
都市計画区域外等では、非木造の平屋建てで床面積200平方メートル以下の場合、確認申請が不要になります。

建築士の言っている「地面に束石を置いてその上にポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、基礎工事や...続きを読む

Qプレハブを基礎工事せず使いたいのですが

会社の敷地内で、建物の解体があり空き地ができました。市街地ですので、今後何らかの資産活用を期待しますが、今はノープランです。そこで当座は中古プレハブを手配して社員の休憩室や物置にしたいと考えています。今回、設備解体で大変な費用がかかったことと、土地活用がいつのことになるか未だ不明瞭なことから、プレハブは基礎工事なしでポンと置いて使いたいと思っています。水道やガスは配置しませんが、都合電気は引くでしょう。
 さて本来はプレハブでも確認申請が必要だと聞きました。となれば基礎工事が必要なようですね。けして節税目的ではありません。しかし零細企業にとって数年で壊すかもしれないものに費用はかけにくいものなのです。どうかお知恵をくださいませ。

Aベストアンサー

数年で壊すかもしれないもの・・・イコール壊さないかもしれないものです。
仮設としては用途的には緩和を受けられる内容ではありませんね。
また、緩和を受けても基礎に関しての緩和はありません。用途地域に対しての緩和と耐火要求程度です。しかも、期間は1年または、必要と認められた期間だけで無期限はありえません。仮設ですから。

おそらく面積も確認申請が必要なおおきさでしょう。
申請が要らない大きさだから合法じゃない建物でいいということでもありません。

根本的に間違っていると思うのは、費用をかけにくいから危険でもいいのかということです。突風事故で工事現場の仮設事務所が巻き上げられたニュースも昨年でしたかありましたね。あそこまでひどいのはどうしようもないのでしょうが、テントだってペグを打つでしょう?建築物にふさわしい基礎は安全上必要なんです。作り利用する権利とともに発生する義務です。

平屋で独立基礎でいければかなり安いですよね。
柔軟な対応と合法建築でコストダウンできる業者と相談したほうがいいでしょう。トレーラーハウスでさえキャンプ場等での使用でないと建築確認申請が必要になるのです。(でも、トレーラーハウスで申請するってことは基礎なしの可能性もありますね。一度行政と相談できる可能性はありますね。)合法でコストダウンしましょう。

数年で壊すかもしれないもの・・・イコール壊さないかもしれないものです。
仮設としては用途的には緩和を受けられる内容ではありませんね。
また、緩和を受けても基礎に関しての緩和はありません。用途地域に対しての緩和と耐火要求程度です。しかも、期間は1年または、必要と認められた期間だけで無期限はありえません。仮設ですから。

おそらく面積も確認申請が必要なおおきさでしょう。
申請が要らない大きさだから合法じゃない建物でいいということでもありません。

根本的に間違っていると思うのは...続きを読む

Q住宅の屋上について教えてください。

個人の住宅でも、屋上を設けている家をたまに見かけます。
そこで疑問に思ったのですが、普通に屋根の家を造るよりも、屋上付きの家を造った方がお得なような気がするのですが屋根の家の方が圧倒的に多い理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

屋上に上がる階段や屋上にする為のコスト、防水シートや防水モルタル、防水塗料や後々の劣化時のメンテナンスなど費用がかかりますし、屋上に上がる階段室(ペントハウス状)も建坪、床面積に含まれますので逆にメリットがあるのかどうかって話しですね。
メリットと言えば半地下などはメリットはありますね、地上から地下へ1.5M 地上から上に1mで2.5mの高さの部屋が出来ますが建坪に入らないので部屋数は増やせます。
どちらにしてもそれなりのコストがかりますよね。
ちなみにスカイバルコニーと言いますね。雪が溜まり溶けにくかったり水が溜まったりと良い事は少ないですね。

Q建築違反?工場下屋(屋根)設置

建築基準法又は消防法等に違反するのか教えて下さい。
<設置予定>
倉庫代わりとして、下屋設置を計画しています。
<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
(2)建物と緑地の間の通路に下屋設置。
<下屋寸法>
(1)L15000×W5500×H5000
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
(2)建屋側にブラケットを設置
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
(4)屋根と車道側にポリカ波板を取り付け
以上ですが、
宜しくお願い致します。
又、
屋根だけで、開閉式テントは大丈夫と言う声も聞いています。
最悪ポリカ波板を開閉式にすればいいのでしょうか。
合わせてお願い致します。
以上

Aベストアンサー

<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
で82.5m2の増築行為で建蔽率オーバー
この時点で建築基準法違反となります。
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
建物の規模からして鉄骨造の基礎有りですね。
建築面積、床面積に算入されます。
ここでも建築基準法違反となります。
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
既存鉄骨造の工場の偏芯率が低下して建築基準法の構造規定違反になる可能性があります。
下屋を増築する場合は、既存建屋側に増築建屋部分の梁受けの柱を立てて別棟形式にして地震時の揺れを既存建屋に負担させないようにしなくてはなりません。
用途が倉庫であれば、排煙窓が必要となります。
また増築する場合、既存建物の排煙の検討も必要となります。
有効排煙面積の検討A/50以上
A=床面積
無窓の判定A/20以上
屋根と車道側にポリカ波板だけでは、無窓と判定され建築基準法違反となります。
消防法無窓階の判定A/30以上
有効な出入り口を設置無しでは、消防法違反となります。
ポリカ波板だけでは、100%無理です。
再検討しましょう。
ご参考まで

<設置場所状況>
(1)建蔽率は既に限界。
で82.5m2の増築行為で建蔽率オーバー
この時点で建築基準法違反となります。
<施工方法>
(1)緑地内に柱を立てる
建物の規模からして鉄骨造の基礎有りですね。
建築面積、床面積に算入されます。
ここでも建築基準法違反となります。
(3)柱と建屋ブラケットに屋根梁をボルト締め
既存鉄骨造の工場の偏芯率が低下して建築基準法の構造規定違反になる可能性があります。
下屋を増築する場合は、既存建屋側に増築建屋部分の梁受けの柱を立てて別棟形式にし...続きを読む

Q10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

物置も今の法律では建築物の扱いです。確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。

Q屋上にサボテン用の温室を設置したい。

まだ初心者なのですが、サボテンも徐々に増え、
屋上に温室を持とうと考えています。
「昭和アルミ 家庭用屋外温室 ブルーリボン
パステ 0.7坪タイプ ポリカ仕様」が
価格、大きさともに手ごろだと思い、昭和アルミ
に問い合わせたところ、なんと製造中止とのことでした。

どなたか、サボテン栽培に適した、屋外温室知っていたら
教えてください。
広さ1坪前後で、10万円程度なら最高なのですが・・・

Aベストアンサー

サボテン趣味です。私も温室を持っています。年々増殖中で4年前には地植えできる温室まで作ってしまいました。
最初は2坪の温室(当時25万アルミ製)からはじめて、次に増築(同じ2坪の温室をつなげた)、またまた増築(今度は木造にポリカの透明波板で製作)をして今ではもう一ヶ所に8坪の温室(地植えできる)があります。今考えると最初の既製品の温室(アルミ25万×2で50万)は随分高くついたと思います。最初から大きめに木造で建てていたらその50万で今と同じ広さの温室が出来たことと思います。

広めの温室が欲しいなら木造で壁、屋根をポリカの透明波板、予算に余裕があったら大きめのサッシをつけて製作するのが安く上がるかと思います。

http://nagoya.cool.ne.jp/mitsukuchi/flower/others/onnshitsu_tsukuri.html

農家の温室のミニチュア版の園芸用温室も1坪4万くらいであるのでそちらもどうでしょうか?

参考URL:http://orchids-web.hp.infoseek.co.jp/onsitu.htm

サボテン趣味です。私も温室を持っています。年々増殖中で4年前には地植えできる温室まで作ってしまいました。
最初は2坪の温室(当時25万アルミ製)からはじめて、次に増築(同じ2坪の温室をつなげた)、またまた増築(今度は木造にポリカの透明波板で製作)をして今ではもう一ヶ所に8坪の温室(地植えできる)があります。今考えると最初の既製品の温室(アルミ25万×2で50万)は随分高くついたと思います。最初から大きめに木造で建てていたらその50万で今と同じ広さの温室が出来たことと思います。

広め...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング