今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

住宅借入金等特別控除申告書(連帯債務)の書き方を教えてください。
主人50%私50%でローンを組みました。
2人にそれぞれ銀行より証明書が来ました。(主債務者は主人です。)
昨年確定申告し、今年初めて会社に給与所得者の住宅借入金特別控除申告書を
出すのですが記入方法がいまいち分かりません。
連帯債務の記入例では、備考に連帯債務者が一筆××××円負担してます。と記入してるようですが、
私の場合も主人から、いくら債務負担があると書いてもらう必要があるのでしょうか?
申告書にはそんなこと書いてないのですが・・・。
回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>連帯債務の記入例では、備考に連帯債務者が一筆××××円負担してます。

と記入してるようですが、
私の場合も主人から、いくら債務負担があると書いてもらう必要があるのでしょうか?

はい、「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」の「備考」欄に、他の連帯債務者から『私は連帯債務者として、住宅借入金等の残高○○○円のうち、△△△円を負担することとしています』『住所・氏名の記入と押印』そして、その人が給与所得者である場合は『その勤務先の所在地・名称』を併せて記入することになっています。

○○○円は、銀行から来た証明書を見て記入します。
△△△円は、次の算式により、控除を受ける人が負担すべき部分の年末残高を計算することになります。

【連帯債務による住宅借入金等の年末残高(円)】×【控除を受ける人が負担すべき割合】=【連帯債務による住宅借入金等の年末残高のうち控除を受ける人が負担すべき部分の年末残高(円)】

*確定申告のとき、連帯債務負担割合を決めていると思うので、控えを確認してみてください。
(申告書と一緒に提出した、「住宅借入金等特別控除額の計算の基礎となる住宅借入金等の年末残高の計算明細書」または、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」です)

>主人50%私50%でローンを組みました。

と、いうことですので、負担割合は半分ずつかもしれませんが、控えを確認されるのが一番だと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/nencho/images/nencho19.pdf
    • good
    • 2

私の場合は連帯債務50対50ですが、特に連帯債務者についての金額は書いてません。


年末残高証明の1/2の金額を書き込んで計算して終わりです。
7年目ですが足りないのかな?とちょっと心配。

今年から所得税から住民税に税源移譲され、住民税による住宅ローン控除の還付もありますので注意して下さい。
(所得税から還付出来ない分があるときは会社が教えてくれるはず)
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン控除の提出書類(共有名義のもの)でおしえてください

住宅ローン控除の確定申告を行うのですが、夫婦共働き(共に会社員)で、土地建物とも夫6、妻4の持分で共有名義として12年8月に不動産を購入しました。
今回が初めての確定申告なので、いろいろホームページ等を見に行ったのですが、添付書類のなかに登記簿謄本、住民票、建築請負契約書等を添付することまでは載っているのですが、登記簿謄本については、やはり夫婦でそれぞれ一部づつの書類が必要なのでしょうか...?
添付書類ということは、必要な気もしますし、申告後返却されそうな気もしますし、よくわかりません...よろしくご指導お願い致します m(_ _)m
また、登記簿謄本は現在、契約時(H12.8月)に司法書士の方に手続きしていただいた際のものが一部あるのですが、これは今回の確定申告時に有効なものとなるのでしょうか、あわせて教えていただけたらありがたいです。(@_@)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大丈夫ですよ~謄本、契約書、住民票はコピーでいいんです、2人とも。
有効期限が気になりますが、下記のURLではそこまで書いてませんし、初めだけ
必要な書類ですし、購入の際の謄本で自分も申告したような気がしますので
そのままコピーして添付してみてはいかがでしょう?記載事項が用件に
達しているかだけのチェックだったと思うのですが。
正本が必要なのは銀行や公庫からの借入金の年末残高の証明書です。
公庫は共有名義分として一人ずつに証明が出たような気がしますが
もしも1枚しかなくてもコピーをとってどちらかに添付し、コピーに
「正本は○(名前)○の申告書に添付済み」など書いておくといいでしょう。
 また、銀行によっては催促しないと証明書を出さないところもあると聞きましたので手元にあるかすぐに確認してください。これがないと申告は不可能です。
もしなくて銀行が手間取っても還付の申告は3月15日をすぎてもなんの
ペナルティーもありませんので銀行でケンカまでして急がせる必要は
ないですよ。出すのが遅れた分だけ還付の時期もずれてしまいますが・・。
 また、税務署ではコピーサービスがありませんので事前に必要枚数を
コピーしてそろえて書類と源泉徴収表とハンコと還付口座のわかるものを持って
税務署の還付コーナーへお出かけください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1239.HTM

 大丈夫ですよ~謄本、契約書、住民票はコピーでいいんです、2人とも。
有効期限が気になりますが、下記のURLではそこまで書いてませんし、初めだけ
必要な書類ですし、購入の際の謄本で自分も申告したような気がしますので
そのままコピーして添付してみてはいかがでしょう?記載事項が用件に
達しているかだけのチェックだったと思うのですが。
正本が必要なのは銀行や公庫からの借入金の年末残高の証明書です。
公庫は共有名義分として一人ずつに証明が出たような気がしますが
もしも1枚しかなく...続きを読む

Q住宅借入金等特別控除額の計算明細書の「自己資金」とは?

昨年、新築マンションを夫婦共有名義で取得し、
今年の確定申告で住宅借入金等特別控除を受けるつもりでいます。
住宅借入金等特別控除額の計算明細書を作成していてわからない点がありましたので、お尋ねします。


マンションの取得対価:3100万円
他に取得にかかる事務手数料等の諸費用が100万円ほどありました。

マンションの持分は夫:2/3 妻:1/3です。

住宅ローンは2つあり、それぞれの当初借入金額の内訳は
民間の銀行:1000万円(夫の単独債務)
住宅金融公庫:1300万円(夫婦の連帯債務)でした。

私たちはそれぞれの親から住宅取得等のための金銭の贈与の特例を受け、
夫は500万円、妻は400万円を親から贈与されました。(18年分の贈与税申告済)

マンションの取得対価3100万円とローン合計額2300万円の差額である800万円と、
取得にかかる諸費用約100万円に、その贈与された900万円をあてました。


このようなケースにおいて、夫の住宅借入金等特別控除額の計算明細書の書き方なのですが、

(1)5の年末残高を記入する欄の下あたりに、贈与の特例を受けた金額を記入する欄がありますが、
 ここには贈与税申告した額500万円を記入するのでしょうか?
 それとも、500万円のうち100万円は事務手続きの諸費用に使ったので、
 贈与された額のうちマンションの取得対価にあてた分である、400万円を記入するのでしょうか?

(2)今回、公庫のローンは連帯債務にしているので、
 連帯債務がある場合の計算明細書(付表)を添付します。
 付表の8欄に、各共有者の自己資金負担額を記入する欄がありますが、
 ここには贈与された500万円か、うち取得対価にあてた分である400万円のどちらを記入するのでしょうか?
 贈与された500万円の方を記入してしまうと、8+9+11の金額が取得対価の3100万円を超えてしまうので
 違うような気もしますが…手引きに明確に書かれていないので自信がありません。


お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

昨年、新築マンションを夫婦共有名義で取得し、
今年の確定申告で住宅借入金等特別控除を受けるつもりでいます。
住宅借入金等特別控除額の計算明細書を作成していてわからない点がありましたので、お尋ねします。


マンションの取得対価:3100万円
他に取得にかかる事務手数料等の諸費用が100万円ほどありました。

マンションの持分は夫:2/3 妻:1/3です。

住宅ローンは2つあり、それぞれの当初借入金額の内訳は
民間の銀行:1000万円(夫の単独債務)
住宅金融公庫:1300万円(夫婦の連...続きを読む

Aベストアンサー

(6)の欄は500万円でしょう。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/071221/6-1.pdf

付表自己資金の方は、付表に書いてあるとおり
※2 (1)欄と(4)欄の金額の合計額(以下「取得対価の額の合計額」といいます。)と、(8)欄及び(9)欄の(1)●Dの金額と(11)欄の金額の合計額(以下「取
得資金の額の合計額」といいます。)とが異なる場合には、次により調整が必要となります。
・取得対価の額の合計額の方が多い場合……「各共有者の自己資金負担額」を各共有者間で調整し、増額します。
・取得資金の額の合計額の方が多い場合……「各共有者の自己資金負担額」を各共有者間で調整し、減額します。

Q住宅ローン確定申告の取得対価の額とは?

平成21年分住宅借入金等特別控除額の計算明細書を書いていますが…わかりません。

取得対価の額とは建物そのものの金額ですか?それとも銀行で借入れした金額ですか?

Aベストアンサー

「取得対価」とは、そのモノを買った値段です(^^)

Q住宅ローン 連帯債務の年末残高証明書

今年、住宅ローン控除をうけるべく、確定申告を行います。

 A:主人(主債務)
 B:私(連帯債務)

で契約してますが、 銀行よりもらった、年末残高証明書には、

Aの証明書
 
 氏名:主人の名前 、(摘要) 連帯債務者 私の名前

Bの証明書
 氏名:私の名前 、(摘要) 連帯債務者 主人の名前


となっています。主人は主債務なので、 Bの証明書の摘要欄に 連帯債務者 主人 として記載されていることに違和感を覚えます。

こういうものでしょうか?

ちなみに、銀行が発行した住所欄が間違っていて(訂正させますが)、
銀行が作ったものをそういうものなのかと信用することもできず、困っています。



あと、追加ですが、
 確定申告する際は、夫婦二人とも 計算明細書を作る必要がありますが、
この場合、
 主人(主債務)、私(連帯債務)
で同じような記載方法になりますか?

計算明細は、Web上で作りますが、その際に連帯債務が存在するかを選択する場所があったはずですが、主人も、私も 連帯債務あり、として計算明細を作るのでしょうか・・
そこではお

Aベストアンサー

 土地・建物の持ち分(登記)が夫6、妻4であれば、土地・建物の支払は夫6妻4で支払うことになります。登記の時に夫婦のそれぞれの収入に応じて持ち分を決めていると思いますが、支払が登記と異なり、例えば土地・建物の支払いが夫9妻1であれば、その差額「3」がこの場合夫から妻への贈与となります。
 通常は夫婦の家計は一緒でしょうから、家の借入金の支払いは夫、食費は妻が持つ等もあると思います。共有名義や持ち分は割合であって実際に区分できるものではないので、夫婦二人のお全体の生活費の中から土地・建物の支払い、借入金の返済を行うことになります。表現が難しいですが、妻に持ち分の4相当額の収入があり、4相当額が生活費となっていれば贈与云々は考えなくても大丈夫です。(妻の収入は妻名義の預金に全額貯金し、共有名義の土地・建物の支払いは夫が行えば論外)
 借入をして家を建てる普通の人は、あまり考える必要はないような気がします。
 明細書には土地、建物は別々に購入したり、持ち分が異なるときは別々に記載するようになっていたかと思います。家の建築には借入をしたもの以外に、頭金やその他関連経費の支払いを現金で行っていると思います。これらのものも反映させることになるので、事前に資料を用意して明細書を作成するのが良いと思います。明細書の作成は全体を見て、自分に関係ないところに斜線をひいて作るとよいと思います。考え方がわからないと結構不安に陥りますが、そんなに難しくはないと思います。来年以降は年末調整で控除を受けることになると思いますが、明細書を自分で書く必要があります。税務署から、今回申告した事項について記載された証明書が送ってくるのですが、1年たつとすっかり忘れていますので、明細書の数字をどこからみて記入したか簡単にメモしておくとよいと思います。
 個別なことは税務署に確認されるのが良いと思います。電話でも教えていただけます。

 土地・建物の持ち分(登記)が夫6、妻4であれば、土地・建物の支払は夫6妻4で支払うことになります。登記の時に夫婦のそれぞれの収入に応じて持ち分を決めていると思いますが、支払が登記と異なり、例えば土地・建物の支払いが夫9妻1であれば、その差額「3」がこの場合夫から妻への贈与となります。
 通常は夫婦の家計は一緒でしょうから、家の借入金の支払いは夫、食費は妻が持つ等もあると思います。共有名義や持ち分は割合であって実際に区分できるものではないので、夫婦二人のお全体の生活費の中か...続きを読む

Q住宅借入金等特別控除(連帯債務)の記入方法(ネットで確定申告)

今ネットで確定申告書を作っていますが住宅借入金等特別控除(連帯債務)でわからないことがあるので教えてください。

・平成20年に建売住宅を買いました。
・私と妻で登記簿の持分が家・土地ともに、私:2/3、妻:1/3です。
・家と土地は合わせて5000万
・頭金は、私500万、妻1000万
・借入額は私2000万、妻1500万
・互いに連帯債務

上記のような条件で以下の質問にお願いします。

質問1.
「借入金」の項目には
・各共有者の単独債務による当初借入金額
・連帯債務による当初借入金額
のどちらに記入するのでしょうか?連帯債務なので後者だと思うのですが、この場合は私と妻の両方の借入額と年末残高をそれぞれ合計して記入するようです。別々に借りているのに合計額だけの記入でいいのですか?

質問2.
これで記入すると「各共有者の負担すべき連帯債務による借入金の額
」が私が約2833万、妻が667万です。割合は81:19となっています。しかし実際には借入額は私2000万、妻1500万ですが、これでいいのでしょうか?

質問3.
実際に支払う額は私と妻はそれぞれ50:50なのですが、登記の持ち分は2:1です。これは問題ないのでしょうか?

すみませんがおわかりの方よろしくお願いします。

今ネットで確定申告書を作っていますが住宅借入金等特別控除(連帯債務)でわからないことがあるので教えてください。

・平成20年に建売住宅を買いました。
・私と妻で登記簿の持分が家・土地ともに、私:2/3、妻:1/3です。
・家と土地は合わせて5000万
・頭金は、私500万、妻1000万
・借入額は私2000万、妻1500万
・互いに連帯債務

上記のような条件で以下の質問にお願いします。

質問1.
「借入金」の項目には
・各共有者の単独債務による当初借入金額
・連帯債務...続きを読む

Aベストアンサー

>[「いずれ妻は仕事を辞めることになるので妻の分のローン残額は私が払うことになります」
「そのため持分の割合を少し私が多めに持ったほうがいいのですか?」
「そのほうがいいと思います」]

この辺から、話が変になってる気がしますよ。

夫と妻の不動産に対する「払うお金」は同額です。
現金で払うか借入金で払うかは別の問題です。

夫婦で連帯保証人になってますので、借入金の支払をどちらがどちらを支払っても贈与の問題は出ません。
究極をいえば、奥様のローンを旦那様が支払っても問題はないのです。

これから夫が妻の支払わなければならない分を支払う事になるから、持分を2対1にしておく、という考え方をしなくてもいいものです。

なぜ銀行員が「そうしたほうがいい」と答えたのかが、私には不明です(銀行なりに、なにかあるのかもしれません)。

今回のお悩みを解消するには、持分登記を1対1に変えることだと思います。
法務局への申請理由は「錯誤」です。

銀行側はお互いに連帯保証人で、抵当権が付いてますので、異議は唱えないと思います。
変更登記時に承諾書が必要かも、です。

>[「いずれ妻は仕事を辞めることになるので妻の分のローン残額は私が払うことになります」
「そのため持分の割合を少し私が多めに持ったほうがいいのですか?」
「そのほうがいいと思います」]

この辺から、話が変になってる気がしますよ。

夫と妻の不動産に対する「払うお金」は同額です。
現金で払うか借入金で払うかは別の問題です。

夫婦で連帯保証人になってますので、借入金の支払をどちらがどちらを支払っても贈与の問題は出ません。
究極をいえば、奥様のローンを旦那様が支払っても問題は...続きを読む

Q住宅ローン確定申告 家屋と土地の「総(床)面積」と「居住用部分の面積」について…

H21住宅借入金等特別控除額の計算明細書の「家屋と土地に関する事項」について記入したいので教えて下さい。

新築一戸建て住宅
車庫、地下等はなし

確認申請書には…
敷地面積の合計【193.13㎡】
建築面積【70.38㎡】
延べ面積【98.53㎡】
建築物全体【98.53㎡】
住宅の部分【98.53㎡】
と書いてあります。

建設工事請負契約書には…
建築面積合計【95.22㎡】
と書いてあります。

この場合明細書の
家屋に関する事項の
『総(床)面積』
『うち居住用部分の(床)面積』

土地に関する事項の
『総(床)面積』
『うち居住用部分の(床)面積』

はどの数字を記入すればいいのでしょうか?
申請書の(ハ)(ニ)(ヘ)(ト)の部分です。

何もわからなくてすいません…親切な方教えて下さいm(__)m

Aベストアンサー

>確認申請書には…
>建設工事請負契約書には…
どちらの面積も記入しません

法務局に発行してもらう土地と建物の「登記事項証明書」に記載されている面積を記入してください
登記事項証明書(原本)は申告に必須の書類です
持っていないなら法務局に出向く必要があります

Q住宅控除の書き方を教えて下さい。

こんにちは。
今年住宅控除を受けるために書類作成をしています。
ご存知の方ご教示お願いできるでしょうか。
よろしくお願いします。

国税庁のHPから申告書を作成していたのですが引っ掛かってしまい先に進めません。

>連帯債務がある場合の住宅借入金等の年末残高の計算書について

まず 内容として 住宅取得対価は 44,552,550円 です。
持分は 自分 配偶者 親 の 1/3ずつになっています。

住宅ローンは 自分と配偶者で 2700万借り入れしました。
住宅ローン控除明細書には それぞれ 2700万残高があると言う
証明書が届いています。
残りの 1700万少々は 親からの自己資金となっています。

書き方が分からないのは 「各共有者の自己資金負担額」(頭金など)と書いている部分です。封書の書類を見ると 8番 の部分。

本来であればここに 親の資金として 17,552,550円と書いて
私達の頭金は0円となります。

9番 各共有者の単独債務による当初借入金額の欄には 自分と配偶者の欄に2700万の半分である 1350万 と書きます。
10番 「当該債務に掛る住宅借入金等に係る年末残高」これは説明に「ローン会社からの証明書の金額を書く」とあります。
なので2700万と書きます。

11番 連帯債務による当初借入金   

意味が1人に対してなのか?連帯しての金額なのか分からず 
2700万とか半分にした1350万とか入れてみました。
どちらの金額でしょうか?

12番 10番と同じ内容を書くようです。

この内容で色々試してみましたが HP上では
負担割合が金額と合わないとか違う場合は調整しなければいけないと
書いてあるのでどう調整すればいいのか?

ネット上での申告は可能でしょうか?

こんにちは。
今年住宅控除を受けるために書類作成をしています。
ご存知の方ご教示お願いできるでしょうか。
よろしくお願いします。

国税庁のHPから申告書を作成していたのですが引っ掛かってしまい先に進めません。

>連帯債務がある場合の住宅借入金等の年末残高の計算書について

まず 内容として 住宅取得対価は 44,552,550円 です。
持分は 自分 配偶者 親 の 1/3ずつになっています。

住宅ローンは 自分と配偶者で 2700万借り入れしました。
住宅ローン控除明細書には それぞ...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の場合、親の持分は1/3ですから取得価格から親の持分の金額は、1485万となります。
つまり親が出資したのは1485万でなければなりません。

しかし実際に親が出資したのは17,552,5550円なので、その差額270万ほど食い違います。

この場合、この差額270万はご質問者か配偶者のどちらか、あるいは双方に贈与されたことになります。
金額が270万なのでこれは仮に双方に贈与されたとしても贈与税非課税範囲(110万×2)を超えていますので、この270万については贈与税の申告が必要になります。

また住宅ローン減税での申告では、その270万については、親の出資ではなく、贈与を受けた人が出資したとして申告しなければなりません。

つまり調整とはそういうことです。

贈与税が一番安くなるケースで考えると、双方に270/2=135万ずつ贈与してもらったとすればよいから、贈与税は一人当たり(135-110)×10%=2.5万となります。

この合計5万の課税を避けたい場合には相続時清算課税制度を選択するとよいでしょう。
この場合には贈与した親の実子が贈与を受けたとして上記制度の適用を申告します。
多分住宅取得特例が使えるのではと思いますが、それは税務署に確認してください。

以下、自己資金の計算などを上記にしたがって行えば、連帯債務の負担割合も自動的に出てきて金額が合わないこともないはずです。

ご質問の場合、親の持分は1/3ですから取得価格から親の持分の金額は、1485万となります。
つまり親が出資したのは1485万でなければなりません。

しかし実際に親が出資したのは17,552,5550円なので、その差額270万ほど食い違います。

この場合、この差額270万はご質問者か配偶者のどちらか、あるいは双方に贈与されたことになります。
金額が270万なのでこれは仮に双方に贈与されたとしても贈与税非課税範囲(110万×2)を超えていますので、この270万については贈与...続きを読む

Q住宅控除の確定申告書類の作成を教えて下さい。

年末調整で住宅控除の申告を忘れてしまった為、確定申告しようと思いましたが、

確定申告作成画面の、登記事項証明書を見て、床面積・土地面積の記入のところがわかりません。

住まいはマンションです。

1:総床面積は1階 656・39m2  2階656.39m2 とか書かれている部分の自分の該当階を  記入でいいのでしょうか?

2:総面積記入欄の下に式に入力して計算してくださいとあります。

1棟の土地面積 1棟の家屋の総床面積 自己の専有部分の床面積 はどこを見たらわかるのでしょうか?

取り寄せた全部事項証明書には、表題部に所在 名称
             その下に  床面積 ここに1階 ・・・・・m2 2階・・・・・・m2 3階 4階・・・・・と                     あります。
2枚目に専有部分の表示とあり、○階・・・・・・m2とあります。

以上の記載なのですが、どこにどの数字が入るのかわかりません。

よろしくお願いします。




    

Aベストアンサー

総床面積は1棟の全部の階の床面積を合計したものになります。

専有部分の床面積は、専有部分の表示の面積でOKです。

国税庁の申告書作成コーナの該当部分入力ページから
に登記事項証明書の見本が見れるようになっていると思います。

Q連帯債務者が無職となった場合の住宅ローン控除について

住宅購入時に住宅ローンを組み、住宅の持分割合(夫6:妻4)にあわせて夫婦の連帯債務としました。

去年の暮れに妻が退職し専業主婦となり今年の収入は無いのですが、今年の住宅ローン控除は連帯債務の比率で計算した夫分しか適用されないのでしょうか?
それとも夫100%で控除可能なのでしょうか?

ご存知の方ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

妻の還付金がないことは皆さんの回答どおりです。

連帯債務の対象となっている借入金の返済については、参考URLの国税庁タックスアンサーに答えがあります。
残念ながら妻の借入金残高は、夫の住宅借入金等特別控除の対象とはなりません。

加えて、妻の借入金を夫が返済しているとすれば、夫から妻への贈与となって贈与税の対象になることもあります。無職にはなったものの、妻の貯えから返済していると考えておくのが妥当でしょう。

「連帯債務者を返済の途中で取り消す」ということは、妻名義の住宅ローンを夫名義で借り換えることが考えられますが。この場合、借り換えたローンは妻の借金返済が目的となり住宅取得のためではないので、住宅ローン控除の対象にはなりません。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1210_qa.htm#q2

Q住宅ローン控除の確定申告で本当に登記事項証明書は必要なのか?

新築住宅を住宅ローンを組んで購入した場合、確定申告すれば税金が還付されます。
その際、「登記事項証明書」が必要と税務署から言われました。
国税庁のホームページを見ても、必須とは書かれていないようです。
例えば、売買契約書でも構わないようです。

以下のURLに『家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写し等で次のことを明らかにする書類 』といった記述あり。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1239.htm

その旨、複数の税務署に尋ねてみましたが、登記事項証明書が必要との回答でした。
私がおばかさんなのでしょうか?
それとも、税務署がおばかさんなのでしょうか?

登記事項証明書は法務局まで足を運んで入手する必要がありますし、おまけに1,000円もします。
さらに、法務局は、平日しか開いてないようです。

Aベストアンサー

>以下のURLに『家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写し等で次のことを明らかにする書類 』といった記述あり。

HPにあるように「取得日」の確定に必要なため登記事項証明書を要求しているようです。登記日をもって「取得日」としたいのでしょう。

理屈の上では建物が出来上がっていても代金を完納しないと建て主のものにならないので、登記された日を取得日とするには一定の合理性があるでしょう。

ということは登記事項証明書はコピーでも良いはずです。知らん振りしてコピーを提出するか、税務署に聞いた上コピーを提出するか、すればよいでしょう。

>登記事項証明書は法務局まで足を運んで入手する必要がありますし、おまけに1,000円もします。さらに、法務局は、平日しか開いてないようです。

領収書とか源泉徴収票のように「使い回し」の効かない文書ですから、税務署はコピーでokすると私は思いますが、

NOと言われれば従うよりないでしょう。「建物の登記日、取得日」は人間では誕生日みたいなようなもので、一生ついてまわる日付で、いいかげんな理由で決めることはできないというべきでしょうね。

>以下のURLに『家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写し等で次のことを明らかにする書類 』といった記述あり。

HPにあるように「取得日」の確定に必要なため登記事項証明書を要求しているようです。登記日をもって「取得日」としたいのでしょう。

理屈の上では建物が出来上がっていても代金を完納しないと建て主のものにならないので、登記された日を取得日とするには一定の合理性があるでしょう。

ということは登記事項証明書はコピーでも良いはずです。知らん振りしてコピーを提...続きを読む


人気Q&Aランキング