日本語が公用語に(もしくは第二外国語に)なるのに、足りない部分はなんですか?
難しさはどこにありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

通訳です。


日本語の欠点は文字が多いことです。
西洋の言語はアルファベットの組み合わせだけですから。
それと日本語は子音と母音の数が少ない。たとえば「こうせい」という単語はどういう字を書くのか聞かないとよくわかりません。中国語は母音が多いから発音で違いがわかるのです。
あと敬語とか数の数え方一本二個三匹とか・・・
もう少し簡単であれば良かったと思います。ただ、複雑な言語は複雑であるが故に美しくなります。たとえば「風と共に去りぬ」は「Gone with the wind」よりも美しく響きます。
    • good
    • 0

今は、英語が世界一通用度の高い言語となっていますが、その前は、フランス語でした。


その前は、スペイン語かな?
つまり、軍事力も含めた国力が大きいほど、世界的な普及力も高いということになります。
つまり、日本語の普及も、日本の国力いかんによるというわけです。
(学ぶ人が多くなるというわけです。)


日本語が、特に難しい言語だとは思いません。
その証拠に、中国人は、日本語を学ぶとき、漢字が一番簡単だと言います。
    • good
    • 0

#8です。


いまさら漢字の言語はどうか・・・と書きましたが、
中国語を学ぶ人口は増えるのかもしれませんね?

gooニュースにこんな記事がありました。

英語とは誰の言葉か 形を変え続けて広まる英語――フィナンシャル・タイムズ(1)

中国の台頭によって北京語が世界共通語になるのは、あり得ることだという話。
ラテン語は複雑だが広く使われて、そして「数千年前にさかのぼってみれば、いったい誰が、ラテン語がこんなに衰退すると予想できただろう?」
栄枯盛衰という考え方。

でも今のところ中国人が英語を一生懸命勉強しようとしているから、英語が広まるんでしょう、と。

日本人だって小さい子供にまで英語を身につけさせたがっていますから、日本語を広めるより英語のほうが早いのでは(^^;
韓国では子女の英語教育のため、母子が米国などに渡り、父親が韓国に残って働くなんてことがあるそうです。
    • good
    • 0

#5です。

度々失礼します。

先の私の回答のように もしアメリカが敗戦していたら、日本語は今の英語のような共通語にはなり得なかったでしょうけど、英語も今よりは世界的に普及しなかったので、世界的な通用度では互角だったかもしれません。これは丁度、私が#5で「日本語は今のフランス語のような地位で、英語は今のスペイン語のような地位だったでしょう。」と書いたように、現在のフランス語とスペイン語の勢力を比較すれば何となく分ると思います。しかし、ドイツ語にしても今の英語のように全世界で話されていたとは考えらず、世界の中心舞台はヨーロッパ大陸にあり、そのヨーロッパ大陸では現在の英語よりも通用度は高いものの、アジアやアフリカでは今の英語のようには通じなかったでしょう。しかし、日本での第1外国語はドイツ語だったでしょうね。

それと、日本語が公用語に(もしくは第二外国語に)なるのに、足りない部分として、話者の「人口」を挙げられている方がおりますが、人口だけで考えれば中国語が一番多いし、人口の多さではヒンディー語も英語と肩を並べますが、世界的な地位には雲泥の差があります。それに、日本語だって話者の数ではベストテンに入りますし、日本語よりも話者の少ないフランス語の方が国際語としての機能は高いです。あと、あまり関係ないかもしれませんが、韓国では第2外国としては中国語よりも日本語の学習者の方が多いですし、フランスだと同じくらいです。
    • good
    • 0

#5です。

私の説明不足から、私の先の回答を若干読み違えられた方がおられますので、補足させて頂きます。ただ、先に私の回答だって 長くはないので最後まで読んで頂きかったと存じます。その方は よほどの英米贔屓と存じますが、客観的な視点から述べさせて頂きます。

歴史にifはないと言われますが、シミュレーション的な見地からナンセンスな仮定してみます。先ず、アメリカが太平洋戦争で負けていても、日本が世界を統治できるほどの力を持っているとは私も思っておりません。これは 戦争中の軍部のテイタラクを見るまでもないことです。しかしながら、日本は東アジアにおいては今よりもずっと影響力が強かっただろうと思いますし、少なくとも千島列島もサハリンも日本の領土だったでしょう。そして、ハワイやカリフォルニアにも日本の勢力が及んでいたでしょう。少なくとも、環太平洋地域では日本語がlingua francaの役割を果たしていたことは十分考えられます。

そして、アメリカが敗戦した場合、世界の主導的な地位にあるのはドイツだったでしょう。ドイツはオーストリアとプロシアを併合し強大な国になり、ヨーロッパの中心的役割を担っていたでしょう。そして、そのドイツと拮抗する大国はソ連だったでしょう。

アメリカはロサンゼルス、シカゴ、ニューヨーク、ワシントンに連続的に原爆が投下され、その被害は計り知れなかったでしょう。そして、疲弊して荒れ果てたところで、日独伊に分割統治され、今のような強大なアメリカは出来なかったでしょう。

アングロサクソン系と同じくらい優秀な民族と言えばドイツ人でしょう。しかしながら、ドイツはヒットラーという史上最悪の指導者を持ってしまいました。

そこで、ご質問の日本語の欠点を日本人の欠点に置き換えさせて頂きますと、日本人は偏ったナショナリズムで 外国も力づくだけで占領するから失敗したのではないでしょうか。その点、イギリスやアメリカは文明をもたらし民衆を懐柔するのが上手かったのかもしれません。

あと、言語そのものの性質も要因に考えられますが、それについては ↓の質問を参照ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3443780.html
    • good
    • 0

国力も経済も英米が強かったからでは? 19世紀はイギリスが、20世紀はアメリカが。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E6%BA%96% …
植民地もありましたし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91% …

日本円も近年では強くなって、海外旅行でも日本円を持って行って現地で両替できる国が増えていますけれども、ちょっと昔は「海外旅行ならお金は米ドルで持って行く」でしたよ。
ユーロも強くなりましたが、それ以前は米ドルが強かったです。
2002年頃までユーロなんてなかったですし。
(ユーロ以前はイギリス・ポンド、フランス・フラン、ドイツ・マルクなどが欧州の主要通貨)

日本語は、中国や韓国やオーストラリアではある程度人気があるんでは?
日本企業が進出したり、日本から観光客が多く訪れたり。
お金だけでなくて文化とか興味とかもあるでしょうけれど、実利があるほうが学ぶ人は増えます。

ウィキペディアによると、
英語話者 →母語として:約3億8000万人、第二言語として:約6億人
中国語話者→13億 (中華人民共和国のみ)
スペイン語話者 →3億3000万人(第二言語話者を含めると4億1700万人)

英語を外国語として使用する人は10億人。

中国語人口は多いけれど、アメリカほど経済が強かったわけではないですね。
コンピュータやインターネットが英語ベースであることも影響あるんじゃないでしょうか。
英語が便利なら覚える人が増えるし、英語を使う人が増えれば英語使用が存続します。

でも内容的にはどの言語も、勝つ負けるではないと思いますよ。
変な言語だから広まらないのでなくて、メリットがそこまで強くないから広まらないんでしょう。
ビジネスの面で日本語はメリットが少なく、「とりあえず英語が便利」というのは大きいのでは?
もちろん利便性は重視されるので、その点では、習得が簡単かどうかは影響するかもしれませんけど。
少なくとも今、アルファベット言語が広まっているところに加えて、わざわざ漢字の言語が広まるかというと、ならないでしょうね。
あえて苦労するメリットがないから。

でも本当に地場に食い込んで仕事するとか生活するなら、英語だけじゃだめです、地元言葉ができないと。
旅行はとりあえず英語でなんとかなるという国は多いですが、
英語はけっして日常言語ではないという国々(日本みたいな国)はたくさんあります。
英語が通じやすい国でも、地元民どうしは地元言語を使います。

ヨーロッパではフランス語が共通語だった時代もあります。
もっと前はラテン語でしょう。ローマ帝国から。
で、「今は英語だ」ということなんでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%86% …
    • good
    • 0

日本語は話すのは簡単ですが、読み書きが至難です。



言葉ごとに漢字の読み方が変化します。
大人になってからこれを1から覚え、漢字とかなの混じった文章を
書くのは莫大な時間を必要とするので、まず無理でしょう。
    • good
    • 0

>足りない部分はなんですか?


人口です。

>難しさはどこにありますか?
日本語は難しいです。
日本人でさえちゃんと話せるひとは多くいません。
どこにあるかといえば、
敬語やテンスや感情表現の細やかさでしょう。

あと、日本が先の戦争で勝っていたらという回答がありますが、
ナンセンスの一語です。日本は世界を統治できるほどの力を持
っていません。
戦争中の軍部のテイタラクを見れば明らかです。アメリカは
考え方、アングロサクソン系人種の優秀さからして世界をリード
できる国です。日本はその器ではありません。
    • good
    • 0

ご質問の趣旨がいまいち分からないのですが、公用語とは国連の公用語のことでしょうか? これは歴史的な要素が強いんじゃないでしょうか。

もし、太平洋戦争でアインシュタインがアメリカに亡命しないでドイツに協力し原爆を完成させ、日独伊共同でアメリカに先に原爆を落としていたら、アメリカが敗戦国になっていたでしょう。そして、日本は韓国、満州、東南アジアを占領し、アメリカは日独伊の分割統治下に置かれ、小さい国に分裂していたでしょう。ただ、英語は大英帝国時代の遺産もありますから、世界的な通用度はそれでも高かったと思います。
そうすると、ドイツ語が今の英語のような地位で、日本語は今のフランス語のような地位で、英語は今のスペイン語のような地位だったでしょう。
    • good
    • 0

公用語ということは、他の国の公用語、あるいは国連でということですね。



まず、諸外国の公用語は、使用される人口の比率が基準になります。
また、それ以外に考慮されるのは、国家としての理念、歴史背景です。

多言語を公用語としているシンガポールでは、マレー語、英語、中国語、タミル語が公用語ですが、事実上、英語は主言語として使われています。
民族の比率としては英語を母国語とする比率は非常に低いですし、同様にインド系住民の比率もそれほど高くありませんが、タミル語も公用語です。
これらは英国植民地としての歴史などが背景です。
もともとはマレーシアと一体の地域であり、マレー語が国語なのですが、移民によって、今では圧倒的に中華系住民が多いです。
しかしながら、中華系の方々の母国語はというと、標準的な北京語と言われる北方語ではなく、南方系なので、公用語の中国語は中華系の方々の共通理解のための言語といった方がいいのかもしれません。

このように、多くの人が元来話していた言語というよりも、英国植民地としては英語ありき、中華系としては中国語で統一するという視点があると言っていいでしょうね。

他国において、日常使用する人口が少ない日本語は、その国の公用語になる可能性は非常に少ないでしょう。
そして、日本語を事実上公用語とする国が日本しかない現状では、国連および他国が日本語を公用語とする可能性も低いですね。

国際的な団体で、日本が主導的な(支配的な)立場にある団体であれば、使用言語を日本語にできるかもしれませんが、柔道のように国際化が進めば、日本と日本語の地位が危うくなってきますね。

言語としての欠点、つまり使いづらいなどの点は、実際に公用語に使用するかどうかという段階の議論では、話し合われるかと思いますが、まずは使用する人口や意義の点で門前払いになるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二外国語が苦手な理由

20代半ばの女です。英語は、現在トイックで700点ちょいあります。海外在住経験はなく、ひとえに大学受験の時に頑張った結果です。

悪い数字ではないと思うので、語学はそこそこ得意科目なのかな、と思っていました。

ところが、最近勉強を始めたドイツ語が、まるでダメなのです。文法も単語も何度も書いて覚えるのにすぐ忘れてしまうし、ちょっと長文になるだけで全く読めません。まず辞書を引くのに他の人の何倍も時間がかかってしまうし、文の構成もつかめません。

英語は覚えられたのにドイツ語が覚えられない原因を自分なりに考えてみたところ、

1.ドイツ語自体が難しい言語である
2.10代の頃にくらべて記憶力が落ちている
3.何か言語学的に「第二外国語」が学習しにくい理由がある
4.単に私の努力不足(でも英語を学んだ時と同じくらい努力してるつもりではあるのですが……)

などが思いつきました。
正しい原因としては、どんなものが考えられると思いますか?
とくに1番、3番のような理論が実在するのかどうか知りたいです。

Aベストアンサー

とても興味あるご質問ですので、自分なりに思った事を書きます。

一番の原因は、ドイツ語を始めた動機によると思うんです。
ご自分では英語と同じ努力をしていると思っても、受験時と現在とではそのモチベーションが全く違うと思われます。
悪く言えば、べつにドイツ語ができるようにならなくても、大学に落ちると言うような大きな出来事がないからです。
お読みになりたい分野の本と言っても、べつに半年後にそれができるようにならないからといって、何の苦しみも罰則もないですよね。同様に、瞬時に大きな喜びを味わえるものでもありません。
もっと死ぬ気で、もしお勤めでしたら、家にいる時間はほとんどドイツ語に費やすぐらいの凄まじいエネルギーがないと、なかなか上達は遅いと思われます。

二つ目には、seinzeitさんは英語がとても出来る方ですので、それを基準にドイツ語を考えてしまい、「このぐらいやればこのぐらいのレベルに達するだろう」という固定観念を持っていると思われます。
したがって、常にご自分の英語力や、英語をマスターした時の実力と比較してしまい、すぐに結果が出ないといってそれがあせりになり、苦手意識をもってしまったと感じます。

しかしご自分でも忘れているだけで、実はおそらく、英語も相当な基礎練習の上に今の実力があるのです。
そのため、「英語のようにドイツ語も程なくマスターできる」という誤解、錯覚を生み、いたずらに難しいレベルから始めてしまっているのではないでしょうか。
もっともっと、基本的な部分からみっちりやる必要があると思います。

一言で言えば、ご自分の英語力を意識しすぎるあまり、少しあせったと言うか、ペースが速い、あるいは基礎をおろそかにして勉強を続けているのではないかと推測します。

「最近勉強を始めた・・」とおっしゃっているのに、「ちょっと長文になると読めない・・・」とは、あまりにも早すぎる展開ではないでしょうか(^^)。
長文なんてまだまだ先のことだと思います。
まして、みっちり文法をやれば、ドイツ語は英語より論理的ですので、辞書があれば簡単な文なら読めるようになると思います。

>辞書を引くのに他の人の何倍も時間がかかってしまうし

・・って、それは始めたばかりなんですから当然ですよ。
ドイツ語の達人と同じ速さで引けちゃったら、彼らの立つ瀬がありませんね。

>文の構成もつかめません。

単に基礎力不足だと思います。
参考書の最初からじっくり読み直して、確実にモノにしてください。
「デアデスデムデン」とか、動詞の格変化とか、何度も声に出して覚えるしかないです。

>1.ドイツ語自体が難しい言語である

英語よりは変化に富んでいるので最初は大変ですが、覚えてしまうと、変化している分、文の構造など把握しやすいです。

>2.10代の頃にくらべて記憶力が落ちている

論理的にはそうかもしれませんが、あまり影響はないと思います。

>3.何か言語学的に「第二外国語」が学習しにくい理由がある

学習しにくいのではなく、それは最初に書いた「モチベーション」の問題です。
「○○語で○○できたらいいなー」程度では、なかなか受験時のような集中力や忍耐を発揮する事ができません。
(私も嫌というほど経験済み^^;)。
それでも、結果をあせらず勉強を続けていく事が大切だと思います。

>4.単に私の努力不足(でも英語を学んだ時と同じくらい努力してるつもりではあるのですが……)

上に書いた理由で、たんに「つもり」だけですね。

長々とすみません。
英語がそんなに得意な方です。
一度コツをつかんじゃうと、どんどんマスターしていくんじゃないかと思います、やはり語学ができる人はうらやましいです!(^^)

とても興味あるご質問ですので、自分なりに思った事を書きます。

一番の原因は、ドイツ語を始めた動機によると思うんです。
ご自分では英語と同じ努力をしていると思っても、受験時と現在とではそのモチベーションが全く違うと思われます。
悪く言えば、べつにドイツ語ができるようにならなくても、大学に落ちると言うような大きな出来事がないからです。
お読みになりたい分野の本と言っても、べつに半年後にそれができるようにならないからといって、何の苦しみも罰則もないですよね。同様に、瞬時に大き...続きを読む

Q大学での第二外国語選択

大学での第二外国語選択で迷っています。

今興味があるのはロシア語とフランス語です。
ロシア語は一年ほど前から一応独学で勉強は始めています。
フランス語はほとんど何も勉強していません。

海外での実用性を考えるとフランス語なのかなと思うのですが、
ロシア語も独学なので、できれば大学でしっかり勉強したいという気持ちがあります。

どちらを選択するのがよいのでしょうか。
少し調べているとロシア語は多くの人になじみが薄い分、授業の進度が遅かったり、レベルが甘かったりするようですが、本当でしょうか。
また、大学の第二外国語はあまり専門的でない(中学の英語くらい)とも聞きますが、実際どうなんでしょうか。

ちなみに大学は旧帝大です。
あと、将来は海外で(理学系の)研究をしたいと思っています。

Aベストアンサー

理系でも何を専攻するかで
言語の優位性がかわってくるそうです。

たとえば、原子力とか化学ならフランス語でしょうし、
統計学ならロシア語などとわかれます。

もうすこししらべてからきめてもいいとおもいます。

ちなみに大学の第二外国語は進度がとてもはやく
文系の難関大学ならば、2年次になるまえに、文
芸書をよみはじめるようになります。

中学英語とはですので雲泥の差だとおもいます。
そのため第二外国語の単位がとれずに留年する
学生は比較的おおいのです。

あまりあまくみないほうがよいかとおもいます。

Q第二外国語 抽選漏れ

第二外国語選択で、抽選漏れすることはありますか。
第一志望の外国語に強い関心があるので、その他の外国語には選ばれて欲しくないです。
大学で第二外国語を選択した経験のある方、大学関係者の方、その他何かご存知の方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足の書き込みにお答えします。

>第一志望は韓国・朝鮮語なのですが、抽選漏れしずらいでしょうか。
>他の外国語に比べ、比較的簡単などとネットで言われており、志望者数が多そうで心配です。
⇒お気の毒ですが、第一志望が韓国・朝鮮語の場合、抽選漏れしずらいことはあまり考えられません。おっしゃるように、「比較的簡単なこと」および「比較的最近開講され始めたこと」がおもな理由です。数値で表わすのはむずかしいですが、おそらく3~4割くらいの抽選漏れの可能性がるものと推測します。

以上、再伸まで。

Q第二外国語・電子辞書は必要か

大学で、第二外国語をとることになりました。ドイツ語です。学校では普通の辞書を薦めていますが、私は発音の出るタイプの電子辞書の方が良いと思います。しかし、勉強したことが無いので実際のところはどうなのかわかりません。
電子辞書が必要かどうか、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

悩んでいるならとりあえず入手すればいいのでは? あとで紙の辞書に移行したとしても、一台あると重宝します。

例:変化形、活用形で(が)ひける。

紙の辞書では原型がわからないとひけません。ドイツ語では原型や単数形が一筋縄では導けないことが多いのです。もちろんそこで調べる努力をすることが向上につながる、と言う人もいるでしょうけど。上達してからでも動詞の活用形などを調べるのに威力をはっきします。ある不規則動詞の3人称複数の接続法過去形はなんだったっけ? とか紙では大変です。

ドイツ語で、しかも大学で授業をとる、という状況では音声機能はまず必要ないでしょう。発音の例外が非常に少ないし、まねするほどの発音が聞けるわけでもありません。(でも独和で発音する電子辞書ってありましたっけ?)

あとワードなどのワープロソフトは非常に重宝します。英語のスペルチェックとか文法チェック機能はご存知かと思いますが、ドイツ語の辞書を読み込んでおけば同じように校正機能が使えます。

Q日本語が諸外国語と比べて特徴的な部分とは何なのでしょうか。

第一次

イ尓好。
日本語を教え(ようとし)ています。
日本語が諸外国語と比べて特徴的な部分とは何なのでしょうか。

例えば、動詞の活用が5段階しかなく簡単であること。
同音異義語の多さによる意味の取り違え。またそのシャレ。
外国語の取り入れやすさ。
膠着語としての特徴。
表音文字と表意文字の混在による利便性。
方言差の激しさ。
必ず母音で終わるわかりやすさ。


また、それらの比較のために、外国語での諸事情も教えていただけませんでしょうか。
フランス語では動詞の活用が何十段階もある、とか、
インドでは、英語が普及して、母国語が衰退しているとか、
フィリピンでは、幼少期は何語で教えられ、小学校では何語で教わり、中学以上では何語で教わる、
中国では、促音がないため日本語習得時に「っ」につまずきやすい、
簡単な文法の国語はここの国だとか、
など。
ソースもあれば助かります。
回答は、下周か、大下周までに
再来

Aベストアンサー

諸外国語、といってもヨーロッパ語しかしりませんので、その範囲で。

すでにお答え以外で。
「フランス語の活用が何十段階もある」とはどういうことかよくわかりませんが、基本的に人称は6つ覚えればよく、それも音的には3種類(綴りが異なる)になる場合がほとんどです。

フランス語を教えているので、逆にいいますと、時制がほとんど一つしかない。あまり詳しくは避けますが、基本的に日本語は現在しかなく、「過去」はありますが、西洋語のように時制として、様々に変化はありません。(フランス語では複合過去、半過去、大過去、前過去、単純過去。また条件法、接続法という法について、それぞれ過去が1~3種類あります)英語でいうと日本人学習者は「仮定法」とか「大過去」「現在完了」で苦労するわけです。

で、日本語にはそういう複雑さがなく(ニュアンスとしては存在しても形式=動詞の変化などでない)フランス人が話す場合に困るかというとそうでなく、「簡単」だそうです。

それから日本語動詞の活用は、外国人用には、ご存知と思いますが「~てform」などと、「~していた、・・・てきた」など、使用頻度の高いものを別に学習させたりしますね。

教える場合(教わる場合)やはり漢字の読み書きがネックのようです。

あとは日本人に「冠詞」が難しいように、「てにおは」が難しいでしょう。

諸外国語、といってもヨーロッパ語しかしりませんので、その範囲で。

すでにお答え以外で。
「フランス語の活用が何十段階もある」とはどういうことかよくわかりませんが、基本的に人称は6つ覚えればよく、それも音的には3種類(綴りが異なる)になる場合がほとんどです。

フランス語を教えているので、逆にいいますと、時制がほとんど一つしかない。あまり詳しくは避けますが、基本的に日本語は現在しかなく、「過去」はありますが、西洋語のように時制として、様々に変化はありません。(フランス語で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報