痔になりやすい生活習慣とは?

園芸初心者です。
10月に蕾のついた高さ50cm程の椿の苗木を購入しました。
庭の隅に穴を掘り、市販の園芸用黒土で植えました。
購入当初よりは蕾が大きくなったように思うのですが、未だ開く気配がありません。
購入した時、お店の方に12月~1月頃に咲くと言われました。
朝~11時頃までは日が当たりますが、この時期、あまり日当たりは良くありません。
枯れてきているとか、葉が変色しているということはないのですが、このまま放置しておいてちゃんと咲くのでしょうか?
肥料を与えるなど、何かしてやった方が良いことはありますか?
アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

椿にも寒椿といって、この時期に咲く椿もありますし、もっと先に咲く種類もあります。


恐らく園芸店のお話から前者でしょう。

ただ、移植の際のストレスが有りますので、条件がよければその内に咲き始めるでしょう。

水やりには注意してください。
この時期ですからあまり乾燥はしませんが、やる時にはたっぷりと・・・。

根が動き始めるのはもう少し先、今は最初から付いていた土の根でストレスを回避している状態ですので、暫く様子を見てください。
花を咲かせないように、勝手に椿が判断して蕾が落ちる場合もありますが、これも生育の一つです。

今年はだめでも来年は立派な花を見ることが出来ます。
関西弁で「そうあわてなさんな」と言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で勝手に蕾を落とすことがあるのですか!
やっぱり生き物なんですね・・・
今まで頂き物の鉢植えをいくつも枯らしてきたものですから、今度こそ!と意気込みすぎていたようです。
気長に様子を見ることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/09 17:16

 質問の内容からすると購入されたのはサザンカでしょうか?。


 花が咲かない理由は根が動いていないからではないでしょうか。
植え付け時に黒土に腐葉土やバーク堆肥も混ぜて水極めしましたか?。
 椿の根は大変荒く植えつけ時に根鉢が崩れたり細根が切れただけでも元気がなくなります。
 サザンカはどちらかというと日光を好みます。 一般的な椿は半日陰がよろしいでしょう。 
 椿は植えつけてから根付くまで大変時間がかかります。 できれば今回の椿は幼木(苗木)ですので花芽は全部とって丈夫な固体にすることに専念させたほうが2、3年先の開花にはよろしいですよ。
 
 花木は小さい内は花を咲かせないようにするがコツです。 来年以降少しづつ土壌改良してください。 4月以降元気が無いときは木酢液と液肥のそれぞれ1000倍液の混合液を半月に一回の割で株元にバケツいっぱいかけてやれば自然と土壌が改善され新根の促進につながりしいては元気な椿になります。

 植物の基本は「根っこ」。根っこの基本は「土壌」です。 土壌をもっとしりましょう。元気な土壌を作ることだけを考えればその上を見なくても良いのです。
 また元気がないので「肥料を与える」という発想は間違いです。肥料を当てえてしまうことで逆に根っこに負担がかかります。
 そっとして自力で回復をするよう静かに見守ることが大事です。 理屈もわからずに人間勝手にやることで植物の寿命を縮めてるということが多々あります。 植物は動物よりも環境に順応する力をもっています。 そこを良く理解しないといけません。
 気長に栽培してください。 これが成功の秘訣です。 5年は放任するぐらいの気持ちで見てやってくださいね。(わたしは最長で13年待ちました。・・元気がなく花を咲かせない株。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答、ありがとうございました。
植物は今まであまり馴染みがなく、反応もよく分からないのでちょっと焦っていたようです。
もっとゆっくり勉強しないとダメですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/09 17:12

おかれた環境により開花の時期が異なってきます。

葉の変色がないならそのままでOKです。肥料の必要はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございました。
専門家の方にそう言っていただけるとホッとします。
気が早かったようですね。気長に様子を見ていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/09 17:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椿の花が咲かない

我が家には椿の木が3箇所にあり1箇所だけ咲きません、蕾に実はなっています。
なにかの栄養が足りないのでしょうか。
花を咲かせたのを覧たいのですが、できるだけ簡単な方法を教えて下さい。
小さなチューブ式の栄養素とかがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

栄養不足というのは考えられる話です。
我が家はつつじで同じことが起きました。(ご近所より開花が遅れた)
翌年、根元に肥料を撒いたところ、見事な花を咲かせてくれました。
別に高価な肥料ではなく、普通にホームセンターなどで売ってる肥料で十分です(私が選んだのはさらさらした丸っこいビーズみたいな肥料です。チューブ式栄養素はどっちかというとプランター向けなので今回は砂や土みたいなタイプの方がいいかも)
大量に与えるわけではなく、根元にひとつかみほど撒くだけでも違いますよ。
うちは広いのでそうやって庭中のつつじに与えました。

Q椿の葉が黄変・原因と対策を教えて下さい。

昨年の夏過ぎ頃から、椿の葉の一部分が黄変しました。
酷暑疲れかな?と思っていたのですが、落葉もせずに今に至ってます。
気が付くと、少し黄変の部分が増えたような気がします。
何が原因でこうなったか分からないのですが、おなじような症状をご存知の方は
原因と対策を教えて頂けると助かります。
写真を添付いたしますので、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

状況次第で様々な可能性が考えられるので
状況を細かく教えて頂かないと正確な事は誰にも言えないと思いますが
椿の葉が黄色く枯れる原因・可能性としては
まずは、水はけを疑ってみましょう。
土の具合や土の高さなどを見て、水はけが悪い場合は
高植えにしてあげてください。

次に考えられるのが土のPHがアルカリに偏っていないかという点です。
肥料として灰や石灰等の石灰質肥料(アルカリ性肥料)を与えると
PHがアルカリに傾き、椿の根の養分吸収がしにくくなり
場合によってはつばきの葉が黄化して枯れることがあります。
もし石灰質肥料を使用しているなら使用を避けるほうがよいでしょう。

また、施工して間もないコンクリート工事をした堀ぎわや、
家の基礎工事の近くに植えた椿も同じ様に
セメントのアルカリ性分の影響で葉が黄化することがあります。

その他にも原因は考えられますが、「根・土・水」に関わる部分を再確認してみましょう。

Qつぼみのままで咲きません、、(切り花)

ほとんどつぼみの切り花を買い
咲くのを楽しみにしていました。

買ってきた状態で3cmほど水切りをして
毎日水を取り替えていたのですが
1週間経った今、つぼみのまま咲きません。
悲しいことに、とうとう乾燥してきました。
つぼみはぐったりと下を向いています。

花の種類がわからず、特徴を申し上げますと、、
●椿っぽい。
●咲くと3cmくらいの大きさ。
●花びらが少しホワホワっとした感触。
●丸い白い花びらが6枚くらい。
●葉がクローバーのギザギザしたような形。

以前、小さいバラを買った時も
つぼみのまま咲かないことがありました。
高かったのに、、。

今からでも咲く方法がありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今の時期ですのでたぶん秋明菊ですね。
風当たりや日当たりが強かったり、温度が高すぎると、吸水する水の量より、蒸散する水の量多くなり「水落ち」状態となります。これが長く続くと水の収支バランスがマイナスとなり、しおれ枯れてしまいます。
また、切り口に雑菌が繁殖すると水のとおりが悪くなりやはり吸水不足になります。
ですので、水替えと同時に少しずつきれいな刃物で切り戻します。
さらに、蒸散量を減らすために葉の「間引き」も行いましょう。バランスが崩れないように、葉の量を3分の2から2分の1程度まで減らします。

なお、植物は根から必要な養分を吸収して成長し、つぼみも養分を得ながら肥大し開花します。
切り取られてしまうと、養分が足りませんので、購入時に咲いていた花(畑で必要な養分を得て大きくなった花)ほど、切花の状態でつぼみから咲いた花はきれいではないことが多いです。
日本人は異常に「つぼみ」の花が好きな民族ですが、花本来の美しさは、もっと遅くに切り取られある程度咲いた状態で流通している欧米のほうが上です。

少しでもつぼみの花をきれいに咲かせたければ、切花用の延命剤を利用しましょう。雑菌の繁殖を抑えるものと、栄養を補給する成分が配合されています。
最後に、秋明菊やカーネーション、トルコキキョウやスプレーバラの固すぎるつぼみは咲きませんので取り去りましょう。そのほうが水揚げがよくなりますよ。

今の時期ですのでたぶん秋明菊ですね。
風当たりや日当たりが強かったり、温度が高すぎると、吸水する水の量より、蒸散する水の量多くなり「水落ち」状態となります。これが長く続くと水の収支バランスがマイナスとなり、しおれ枯れてしまいます。
また、切り口に雑菌が繁殖すると水のとおりが悪くなりやはり吸水不足になります。
ですので、水替えと同時に少しずつきれいな刃物で切り戻します。
さらに、蒸散量を減らすために葉の「間引き」も行いましょう。バランスが崩れないように、葉の量を3分の2から2分...続きを読む

Q椿の開花年数または開花させるには

お気に入りの椿を挿木で増やしたり、実生で芽生えたりと10,11本植えています。

丈も1m近くまで伸びたものもありますが、椿を見て疑問に思うことがあります。植木屋さんでは10~20センチの挿木でも1年後には蕾を持ったり、接ぎ木でも1,2年後には蕾を持ちますが、なぜ私のは花が咲かないのだろうかということです。

過去に挿し木をした6,7本のうち1本だけ12,3センチなのに蕾を持って開花したことがありますが、これは例外中の例外でほとんどは咲きません。5,6年以上にもなる椿の実生と挿し木の苗木を早く花を見てよいものを定植したいと考えています。どうすればよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

実生ですと4~8年といわれますね

開花習性を知る

椿の花芽形成時期は 6~7月
椿は当年の枝の先端に蕾を着けます
花芽形成期になっても枝が伸び続けていると花芽は形成されません

木の勢いが強すぎても 弱すぎても花は咲きづらくなります

ベテランさんは 適正な鉢の大きさを見極め  適切な管理をしているからこそ  小さくても花を咲かせているのです

小さくて咲かせる
あまり大きな鉢には植えない  木相応の鉢
小枝を多くする  樹形を考えながら 剪定
花芽形成期までにある程度枝を伸ばし なおかつ 生長を止めるには 適切な時期の肥料や水やりのさじ加減
3月頃に窒素リンカリ等量  
5月はじめ リン酸カリが大目 もしくは窒素を含まない肥料を施す

Q椿の花について

自宅庭先に植えてある椿の花が最近咲きました。しかし、依然と比べて花びらの赤い色がとても汚く感じています。以前の花は見事なくらいとてもきれいな赤をしていたのですが、この2~3年は花が咲かず、心配していたのですが、この春やっと咲いたと思ったら色付きがよくないのでがっかりしています。椿の花って、毎年咲くものではないのでしょうか?また、花びらの色の付き方はその年によって変わってくるものなのでしょうか?ご存知の方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

造園屋に勤務しています。

椿は放任(何もせず樹木の生育に任せる事)しても必ず開花します。
ただ年間の管理の不具合で開花数が減少したり、花色が変化したり
します。どのような管理をされているのか何も書かれていません
から、一概に何が悪いのかと言う事は出来ません。

椿は常緑樹で剪定時期は3~4月が基本です。剪定は根や芽が動き
出す前か直前にするのが基本で、例えば花芽分化(翌年の花芽が作
られる時期)の最中に剪定を行ってしまうと翌年の花数は少なくな
ります。椿の花芽分化は6月中旬から8月中旬に行われます。この
花芽分化をしている光景は肉眼では分りません。花芽分化が行われ
ている時期は、樹勢も強く葉も枝もドンドン茂ります。茂り過ぎて
葉が密集して日当たりも悪く感じてしまうでしょう。葉と葉との間
が込み合ってしまうとチヤドクガと言う毛虫が大量に発生します。
葉との込み合いを避けるため剪定を行われる方がいます。でもこれ
が花芽を少なくさせる原因になるんです。この時期は花芽分化と言
う作業が樹木本体で行われている真っ最中ですから、この時期には
何があっても剪定はしない事です。
剪定時期は必ず守る事です。

椿は放任すると蕾を沢山つけます。蕾が沢山つけば開花したら綺麗
ですが、これが椿にとっては厄介な事になるんですね。つまり蕾を
沢山付ける事で体力が大きく消耗してしまいます。体力が消耗して
しまうと開花させる力も減少するので、どうしても花色が悪くなっ
てしまいます。これを防ぐには蕾が出来た時点で、可哀想でしょう
が蕾を落としてしまいます。理想は一枝に対して蕾が1個です。

何度も書きますが開花させると体力が極端に消耗します。これを防
ぐためには決められた時期に決められた量の肥料を与える事です。
2月の寒肥を1回、5月に御礼肥で1回、8~9月に追肥で1回の年3回
与えます。油粕と化成肥料を等量混ぜた物を幹から離した場所に施
します。基本は根に触れないように施します。根に触れると根枯れ
を起こすからです。施す位置は地上部にある葉枝を見て決めます。
葉枝の先の真下の位置に浅い溝を掘り、先程に混ぜた肥料を入れて
土を被せます。

根の張りが悪いと花色が悪くなったり樹勢が衰えます。これは土壌
が悪くなっている証拠ですから、根張りが良くなるように土壌改良
をする必要があります。植えられている状態では土壌改良は難しい
ので、こんな時はバーク堆肥を地表に撒き、地表の土と一緒に軽く
耕してやります。肥料を与える時に肥料にバーク堆肥を混ぜ込んで
も良いでしょう。

余談ですが、チヤドクガの毒毛に触れると猛烈な痒みを生じます。
消毒の際は雨合羽を着用し、皮膚に毒毛が触れないように注意する
必要があります。根元に落ちてる葉にも毒毛がありますので、絶対
に素手では触らない事です。

造園屋に勤務しています。

椿は放任(何もせず樹木の生育に任せる事)しても必ず開花します。
ただ年間の管理の不具合で開花数が減少したり、花色が変化したり
します。どのような管理をされているのか何も書かれていません
から、一概に何が悪いのかと言う事は出来ません。

椿は常緑樹で剪定時期は3~4月が基本です。剪定は根や芽が動き
出す前か直前にするのが基本で、例えば花芽分化(翌年の花芽が作
られる時期)の最中に剪定を行ってしまうと翌年の花数は少なくな
ります。椿の花芽分化は6月中旬から8月中旬に...続きを読む

Qツツジが葉ばかりで花が咲かない

1.5m程の背丈のミツバツツジ(だと思います)が、花を3-4個つけるだけで、葉ばかり茂っています。今年は諦めるとして、花後の剪定と言うのは、花が殆ど咲かなくてもやるべきなのでしょうか?ちなみに昨年も咲きませんでしたので、5月末頃に5cm程度バリカンで刈り込み、油粕を施肥しました。

Aベストアンサー

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わずに、植木屋がよく使う剪定バサミを使って丁寧に行うべきです。

肥料については、まあ山あたりに自生しているぐらいですから、特に多くは必要としません。油粕単体よりは骨粉も混ぜた方が良いので、「骨粉入り(生)油粕」を使われた方が良いでしょう。腐葉土あるいはバーク堆肥などと半々に混ぜ、2月あたりで株元周辺に所謂「寒肥」として土中に施します。
注意すべきは大量に施さない事です。大量に施すと葉ばかり茂り、肝心の花つきが悪くなります。ちょっと少ないかな?、と思うぐらいでちょうどよろしい。
「お礼肥」も特に必要ではないけれど、花後あたりの時期に「速効性(粒状)化成肥料、N:P:K=8:8:8」あたりを一握り株元周辺にばら撒いてやるぐらいで良いでしょう。お礼肥は速効性のものの方が良いでしょう。
なおツツジ科植物は酸性土を好むので、石灰類は施さないようにします。

山などでは斜面によく自生しています。これは排水性の良い所を好む事を意味しています。従って株元周辺に水溜りができたり、土がいつもジメジメ湿った状態は好ましくありません。表土は少し乾き気味の方がよろしい。水遣りもそのように心掛けます。

最後に、同じツツジ科のサツキなどを例にとると、テングス病(と思われる)あたりに罹ると花つきが悪くなります。
病気の疑いはないかも知れないけれど、落葉した冬期に「石灰硫黄合剤」の10倍希釈液を散布してみられる事をお勧めします。幹枝にまんべんなく散布します。もしかすると花つきが良くなるかもしれません。
(葉のある内は薬害を起こしますから散布はできません。なおサツキなどの場合は冬葉が付いていますから、20倍に希釈して冬期に散布します。)

剪定時期も特に問題ないようだし、あたり前に考えれば日照不足という事になろうかとも思われます。
日当たりは多ければ多いほど良いと言うことにはなりますが、せめて1日数時間以上の直射日光は欲しいところです。まわりの樹木が日当たりを遮っているようならば、樹木を適期において少し剪定して、日当たりを良くしてやるなどの配慮も必要でしょう。

今の状態でも剪定可能のようだから、もう少し早めに剪定してやっても良いでしょう。また剪定はマメツゲやカイズカイブキでもあるまいし、バリカンなどは使わず...続きを読む

Q芍薬の花が咲かない

マンションの庭に芍薬を植えて4年になります。
最初に植えた場所が日当たりが悪かったせいか、うどんこ病にかかってしまい、翌年日当たりのよい場所に植え替えました。
しかしその後毎年うどんこ病が発生し、花が咲く(つぼみをつける)気配も見せません。
芍薬は植え替えると花をつけないと聞いたのでそのごは移していません。
同じマンションの隣の庭ではきれいに咲いているのに・・・
どうか良い対処法を教えてください。

Aベストアンサー

うどん粉病には、タケダ園芸のベンレート水和剤などを、発病前あるいは発病初期から7-10日毎に定期的に散布し、病原菌を退治することが必要です。

肥料は、花の時期が終わったら株の周りを浅く耕して、一株当たり過燐酸石灰を三握り、化成肥料を200gほどやり、土をかけておきます。

油粕などは、効果が出るまで時間がかかりますから、冬の間にやります。

また、つぼみの頃にポトリチス病というカビがついて、つぼみが腐ることが有ります。芽が出る頃から、ボルドー液をかけて予防します。
galadrielさんがかかれているのは、うどん粉病ではなくて、これではないでしょうか。

また、夏から秋にかけては、晴天が三日続いたら1株当たりバケツ1杯の水をやります。
これは次の年に花を良く咲かせるために必要です。
 

Qツツジが咲かない

今年、庭に植えてあるツツジ(高さ70cm程度、植えて20年くらい、計6本)が全く咲きませんでした。毎年だんだん花の数が少なくなってきていて去年は1株で1~5個程度しか咲きませんでしたが、今年はゼロでした。原因が分かりません。

(1)ツツジはマキ、ツバキなど背の高い木のやや日陰になっているため、夏で1日のうち1/3くらいが直射が当たり、残りの2/3は木漏れ日(それも弱いの)しか当たらず、冬は1日中木漏れ日しか当たりません。西日は全く当たりません。日当たりが悪いことが原因でしょうか。

(2)昨年は、6月末にその年に伸びた枝を全て切る程度(古い葉がうっすらと残り地面が透けて見える程度)に選定して、その後はピューッと伸びた枝だけを1株あたり10本程度剪定してそれ以外は選定しないようにする剪定を秋の終わりまでに5回くらいしました。剪定の仕方が悪かったのでしょうか。

夏場も水は充分にやり葉が枯れるようなことは一切ありませんでしたし、病気もありません。こやしは、6月の剪定後と2月に施しました。

咲かない原因は(1)、(2)かなと思うのですが、(1)、(2)のようにすると咲かないのでしょうか。咲かすようにするにはどうしたらよいでしょうか。

今年、庭に植えてあるツツジ(高さ70cm程度、植えて20年くらい、計6本)が全く咲きませんでした。毎年だんだん花の数が少なくなってきていて去年は1株で1~5個程度しか咲きませんでしたが、今年はゼロでした。原因が分かりません。

(1)ツツジはマキ、ツバキなど背の高い木のやや日陰になっているため、夏で1日のうち1/3くらいが直射が当たり、残りの2/3は木漏れ日(それも弱いの)しか当たらず、冬は1日中木漏れ日しか当たりません。西日は全く当たりません。日当たりが悪いことが原因でしょうか。

(2)昨年...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。No.1様の同じですが。
 やはり時期が剪定の時期が悪かったようです。ツツジは花後すぐに剪定します。来年の花芽は今年伸びた新芽の先端に7月頃に出来ますので、それ以降の剪定だと花芽を切ってしまう事になるからです。
 毎年花数が少なくなっているのは、やはり日光不足かもしれません。夏はいいと思います(3時間ぐらい直射日光にあたっていたら十分です)がやはり冬が少しすくないのでは?椿の花数が少なくなっても良いのでしたら、中の枝をすいたりして日光を入りやすくしてみてはどうでしょう?椿は強剪定してもOKですし、風通しがよくなるとカイガラムシの予防にもなります。時期ですが、やはり椿も花後剪定しないと来年の花が見込めませんので、時期は来年花後すぐになります。
 肥料ですが、時期は花後のお礼肥と2月ですのでいいと思いますが、量が多すぎても咲きません。我が家のツツジ&サツキは地植えで一切肥料なしですが、ガンガン咲いてます(その代わり?大きくなりません)。全く与えないのも不安でしたら量を少な目にしてみてはどうでしょう?油粕なんかでもいいようですが、肥料にもそれぞれ役割がありますので、お手持ちの肥料を確かめてください。
 土は酸性土壌を好みますので、ピートモスや腐葉土などをすきこんでみるのもいいかもしれませんが、根を痛めないよう注意して下さい。
http://www.jiten8.com/flower/jiten/KABOKU/tutuji.php
 ご参考までに。
 

 こんにちは。No.1様の同じですが。
 やはり時期が剪定の時期が悪かったようです。ツツジは花後すぐに剪定します。来年の花芽は今年伸びた新芽の先端に7月頃に出来ますので、それ以降の剪定だと花芽を切ってしまう事になるからです。
 毎年花数が少なくなっているのは、やはり日光不足かもしれません。夏はいいと思います(3時間ぐらい直射日光にあたっていたら十分です)がやはり冬が少しすくないのでは?椿の花数が少なくなっても良いのでしたら、中の枝をすいたりして日光を入りやすくしてみてはどうで...続きを読む

Q山茶花の花が開かないのは?

山茶花の咲く季節になって来ましたが、我が家の一本の山茶花が気になっているので、教えて下さい。
白の八重咲き種で名を「朝倉」(園芸種でしょう)といいます。
蕾の先端は赤い為、赤い花?と思ったが、開けば白でした。
現象は、始めの数輪はよいのですが、以後蕾から開きません。
他の山茶花はガク片が開き、花弁がやがて開きいわゆる開花となるんですが、この白花種はガク片が硬いまま、中で成長出来ず、時期が来ると、蕾のまま落花します。
試みにガク片に刻みを入れたり、ガク片を取り去ったりしても駄目でして、かえって花にダメージを与える感じでした。
植えてある場所は北側に面し、日当たりはあまりよくありません。
但し、同場所の他の山茶花(早咲き八重の赤、遅咲きの八重・・寒椿?)は問題なく例年咲いてまして、白だけが残念です。
原因は何でしょうか?
肥料?、水?、それとも日照でしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

品種的に赤と較べると、強健種ではないのでしょうね。北風等、寒さにも少し弱いのかも知れません。
生育環境をもっと整えてやらねば難しいのかも知れません。
日照としては半日陰でも構いませんが、1日に2~3時間は日光が当たる所。西日は避けた方がよろしいです。
日当たりの悪さは土の過湿にもつながり易いものです。それが根張りの悪さにもつながります。あと水溜りができるとかも良くないですね。
あとは土質でしょうか、水はけの悪い土では同じく根張りも悪くなります。
花を十分咲かせるだけのパワーがないことになりますが、その多くは根の張りの悪さから起因しています。
来年の3月あたりで植え場所を替えられるものならば、上記した日当たりの場所の方が良いでしょう。同時に植穴を大きめに掘り、バーク堆肥などを掘りあげた土に半分ぐらい混ぜ、根の張りが良くなるようにします。また深く植えつけないように注意します。
肥料は4月あたりで施しても構わないでしょう。(発酵済み油粕の玉肥やIB化成肥料などが使えます。)

植え替えが不可ならば、2月あたりで施す寒肥(骨粉入り生油粕)に上記したバーク堆肥を等量混ぜ、4~5箇所ぐらい穴を掘って与えます。
掘る位置は株の最大径の直下あたりです。少しでも土壌を改良して根張りを助けます。
また冬はバーク堆肥を株元周辺に厚さ数センチぐらい敷き詰め(マルチング)防寒に努めます。マルチングは春になれば取り払いますが、周辺の土にすき込んでもよろしいです。

追肥は花芽形成が始まる6月中旬あたりで行います。花芽分化時期で、まだ花芽が確認できるものではありませんが、花芽が秋に沢山付くように追肥してやります。
肥料はなんでも構いませんが、前述した玉肥やIB化成肥料を軽く穴を掘って埋め込んでもよろしいし、骨粉入り生油粕を寒肥の半量ぐらい施しても良いでしょう。施す位置は同じです。
毎年元気になれば追肥は速効性の粒状肥料(NPK=8:8:8)を株元周辺に軽く2握りほどばら撒いてもよろしい。9月あたりにもばら撒きます。

剪定は年に1回、6月中旬までには終わらせます。それ以降は花芽を切り落とす事になります。
水遣りは土の表面やマルチングが乾いたら施すぐらいで良いでしょう。過湿にするのも根腐れ等でよろしくありません。
http://www.mc-agri.co.jp/gijutu/ib_s1.html
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031800/PDF/enngei/17-70.pdf

品種的に赤と較べると、強健種ではないのでしょうね。北風等、寒さにも少し弱いのかも知れません。
生育環境をもっと整えてやらねば難しいのかも知れません。
日照としては半日陰でも構いませんが、1日に2~3時間は日光が当たる所。西日は避けた方がよろしいです。
日当たりの悪さは土の過湿にもつながり易いものです。それが根張りの悪さにもつながります。あと水溜りができるとかも良くないですね。
あとは土質でしょうか、水はけの悪い土では同じく根張りも悪くなります。
花を十分咲かせるだけのパワーが...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む


人気Q&Aランキング