はどうなりますか?
The cat was loved by her very much.
The cat was loved very much by her.
The cat was very much loved by her.
のどれがいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

The cat was loved by her very much. ---1


The cat was loved very much by her. ---2
The cat was very much loved by her. ---3

どの語順も使われているし、意味は通じますね。
確かに、他のご回答にもあるように、文2が普通の語順なのかもしれません。だけど、少しずつ感覚が違うようにも思います。

How much was the cat loved by her?
に対してなら、文1の語順(もちろん、It was loved (by her) very much. などに変化するでしょうが)で、答えるような気がします。very much に焦点を置いて、新情報として伝える形ではないかと……。文2、文3では、very much を答えた後は、その後ろは旧情報で、蛇足に思えます。
こういう特殊状況(?)でも、the cat を it にしたり、by her を省略してしまうと思いますから、文1は最も使用頻度は少ないと思います。

この3つの文例で気になるのが、by her という旧情報(?)です。3文とも受動態ですから、名詞の焦点は、基本的に the cat だとは思います。
また、受動態では、動作主は省略されることが多いのも事実です。
だけど、どういう場合に動作主が受動態に残るのか、それぞれ必然性らしきものがあり、残ると思います。

★ないと文意が曖昧になる場合
★動作主の部分が新情報(語数が多い)の場合(主語にすると長すぎるので、文尾に置きたい場合)

などだと思います。

by her がないと、by everyone などが想像できます。ゆえに、by everyone でもなくて、by him でもなくて、by her だと言いたい場合は、文2、文3が使われると思います。文尾に重い内容を持って来て、ストレスをつけます。 対比です。新情報になり得ると思います。(文1では、不適切だと思います。)

文3については、私の場合、最もリズムよく読めます。また、very much という、もしかしたら主観的な内容が前に出ることによって、やや感情的に響くのは、私だけでしょうか?
私の場合、文1、文2の loved は、第2ストレス(文アクセント)どまりなんですが、文3の場合、loved に第1ストレスを置くことができます。
結論として、文2が、より客観的な表現に感じます。最も使用頻度が多いと思います。

以上、私見が多いので、ご参考まで。
少しは、お役に立てたでしょうか?★★
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しい説明をありがとうございました。どれが正しいかではなく、それぞれ使われるシチュエーションがあるということですね。

お礼日時:2008/02/22 11:26

very muchの位置は副詞なので特に決まっていませんが、2番目のほうが自然な感じがします。


それと、2ばんめのかいとうしゃさんは荒らしに近いようなのであまり気にしないほうがいいかと。。。
    • good
    • 0

I would go the the second.

    • good
    • 0

The cat was loved very much by her.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe vase broken by TomとThe vase which was broken by tomの違いは?

こんばんはお世話になっています。

「トムに壊された壷はとても高価なものだ」という文を英語にする場合、

The vase broken by Tom is very expensive.とThe vase which was broken by Tome is very expensive.が考えられると思うのですが、これら二つの表現の違いはなんなのでしょうか?手短に言いたい場合には前者を使う程度の違いなのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご指摘のように、分詞は手短に言うための省略がされた表現ですので、意味としては同じです。ただ、省略をしない関係詞を使う文の方が、動詞部分を完全に見せることが出来る分、より多くの表現を正確にすることが出来ます。

例えば分詞を使ってI have a book read by many children.とだけ言うと時制表現が盛り込まれていないので、「現在多くの子供達に読まれている本」なのか「昔多くの子供達に読まれた本」なのかの違いが分かりません。この場合にはtodayやbeforeのような副詞が必要になってきます。また、助動詞の表現をすることも出来ないので、a book which can be readとかa book which should be readのような表現も分詞ではできません。

分詞は関係詞の省略された形なので、ご質問の2つの文の意味は同じですが、分詞と関係詞の使い方(もしくは表現できる範囲)は同じではありません。

QShe of her was always hidden away Part of her was

She of her was always hidden away
Part of her was always hidden away

どういう意味ですか?

Aベストアンサー

あの娘いつものようにかくれんぼ
ある所だけ人にはいつも隠してた

QShe of her was always hidden away Part of her was

She of her was always hidden away
Part of her was always hidden away

訳を教えてください。

Aベストアンサー

彼女の彼女は、いつも隠れていた。
彼女の一部は、いつも隠れていた。

Qvery muchとmuch tooの違いについて

四択問題
You shouldn't have bothered ; you're ( ) to me.
ア. very much kind イ. very too kind
ウ. much too kind エ. too much kind
でウが答えになります。なぜでしょうか。
エ.はtoo muchの後に名詞しか入らないからダメなのでしょうか。
イ.はveryとtooは相反する意味なのでダメなのでしょうか。
ア.は辞書で調べるとvery muchの後ろに形容詞が入るのは問題ありませんがなぜだめなのでしょうか。解説お願いします。

Aベストアンサー

No.6です。お返事を有難うございます。週末は不在でしたのでメールを見れず、お返事が遅れて失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<イは単にveryがtooを取れないと覚えるしかないのでしょうか。>

そうですね。

1.Veryはそれ自体程度を強調する副詞ですが、他の程度を表す副詞を修飾することはありません。
例:
very so(X)
very too(X)
very enough(X)

2.理屈で考えるようり、Very+tooはありえない、と便宜的に覚えるのも近道です。


ご質問2:
<エはtooがmuchを強調する働きはないのでしょうか。>

1.叙述用法ではあります。
例:
He eats too much.「あまりに沢山食べ過ぎる」
He played too much.「あまりに沢山遊びすぎた」
これらのmuchは「たくさん」という副詞として、それぞれの自動詞にかかっており、tooは副詞muchの程度を強調する副詞として使われています。

2.ご質問文のように名詞にかかる限定用法ではtooがmuchにかかることはありません。
例:
He eats too much bread.(X)
「あまりにも沢山のパンを食べる」

以上ご参考までに。

No.6です。お返事を有難うございます。週末は不在でしたのでメールを見れず、お返事が遅れて失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<イは単にveryがtooを取れないと覚えるしかないのでしょうか。>

そうですね。

1.Veryはそれ自体程度を強調する副詞ですが、他の程度を表す副詞を修飾することはありません。
例:
very so(X)
very too(X)
very enough(X)

2.理屈で考えるようり、Very+tooはありえない、と便宜的に覚えるのも近道です。


ご質問2:
<エはtooが...続きを読む

QNancy was the first girl to come.と Nancy was the girl to come first.

Nancy was the first girl to come.「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」をfirstを副詞で使って、 Nancy was the girl to come first.と言えるでしょうか。意味が変わってしまうでしょうか。説明できる方、お願いします。

Aベストアンサー

> Nancy was the first girl to come.

形容詞的用法のこの不定詞は「来た→最初の少女」と単純に修飾しているので( = Nancy was the girl that came first .)、訳は「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」になると思います。

> Nancy was the girl to come first.

これも形容詞的用法の不定詞ですが「最初に来くるべき→少女」というように「-するべき」という義務、当然のニュアンスを含んで修飾しているように思います。( = Nancy was the girl who should come first .)、「ナンシーは最初に来るべき少女だった」

Cleanig your room is the work to do first .
= Cleanig your room is the work you have to do first .
(部屋を掃除するのが最初にすべき仕事ですよ)
この例文のような感じだと思います。


おすすめ情報