投資信託には株式信託と公社債信託があると聞きました。この2つの違いは何なのでしょうか?自分で調べるべきだとは思いつつも、小さな子供が2人いるため思うように行きません。また、金融に関しては全くの素人です。どうか宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

株式信託は文字通り、株式に投資する投信です。


公社債信託は国債、社債、地方債といった債券に投資する投信です。

リスクは株式信託の方が大きいですが、リターン(利回り)も大きいです。
それに比べて公社債信託はリスクは低い(安全性が高い)ですが、
その分リターンも低いです。

あと、投信の分類として国内と海外があります。海外の方が為替リスクがある分、
国内よりリスクがありますが、リターンも高いです。

最後に、バランス型というのもあって、これは上記の投信を組み合わせて作る投信です。
色々なものに分散して投資できるのがメリット(リスク対策)で
リターンが少ないのがデメリットですね。

#銀行や証券会社にひやかしで行っても、親切に教えてもらえますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすく説明頂いてありがとうございます。こちら海外在住で、言葉が不自由な上、銀行も対応が悪いので舐められないように、あらかじめある程度の知識が欲しかったのです。日本と海外で仕組みが全く同じとは限りませんが、本当に役に立ちました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/27 18:16

「株式信託」だと株式を信託することになるので、自分の持っている株式を信託するようなイメージになりそうなのですが・・・



「株式信託 = 株式型投資信託」
「公社債信託 = 公社債型投資信託」

の意味でよろしいでしょうか?そうであると前提して回答させてもらいます。


【公社債型投資信託】
株式を一切運用に組み入れず、債券を運用対象にする投資信託です。
(代表例)
 ・MMF
 ・MRF

【株式型投資信託】
株式を組み入れることができる投資信託です。
(代表例)
 ・グロソブ
 ・HSBC BRICsオープン
 ・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
 ・さわかみファンド

また、分配金の区分が利子か配当かなど課税方法が異なります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング