ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

教えてください。
1. There is Yoko with the camera.
2. Yoko is there with the camera.
2の文は不自然だと思うのですが、なぜ不自然なのか説明ができません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

再び#5のSimooです。

簡単な訳をつけてみました。
1)You'd say the first sentence if you were there with Tom and were pointing him out to someone else (for instance if they asked "where is Tom?") you'd say "THERE is Tom, with the camera"
自分もトムのそばにいて、第三者に「トムはどこ」と訊かれたようなときに教えてあげる場合。(要は「ここにいるよ」という感じ)
You'd say the second sentence if you wanted to tell someone that Tom will be or is there, even if you're not there yourself "Tom IS there with the camera" 
自分がその場(トムのそば)にいなくとも第三者にトムの所在を教えてあげたい場合。(「ほらあそこだよ」とい感じ)

2)There is tom= the use of there at the beginning of the sentence gives the idea that you see him and can somewhat point at him 
あなたと一緒にいてトムを指して言うとき。
Tom is there= he is somewhere else and could be waiting for you with the camera
トムは別の場所にいて、カメラを持ってあなたを待っている。
3)there is not much of a difference
because they both mean the same but the words are just in different order.
同義。語順の違いだけ。
4)'There' is a strong form of (adv) used before the subject in the first sentence & after the subject in the second sentence. This is the word difference, the meaning is same.
Add to My Contacts
"there"という副詞がつけば、前であろうと後ろであろうと、”強調”の効果があるが。意味はどちらも同じ。
5)In the first, you're pointing out Tom, possibly to someone who doesn't recognize him (so you're distinguishing him from the other men, who don't have cameras). You may also use this sentence to imply that Tom always has his camera with him (and perhaps it's annoying or inappropriate that he does now).
In the second, you're referring to a specific place where you're not as "there" and saying that Tom is in that place and has his camera. You'd probably use this sentence if you (or the person you're speaking to) weren't planning to (or couldn't) go, but expected to see pictures later.
前者は、トムを知らない第三者に、(トムがカメラを持っていることで)トムの所在を教えようとするとき。あるいは、トムという男は常にカメラを持ち歩いていることを暗に言いたいとき。(もしかしたら、今彼がカメラ持っていることがうっとおしかったり…)
後者は、ここでいう"そこ"にあなたはおらず、トムが"そこ"にカメラを持っている、と言うとき。また、あなたがその場所に行かない(または行けない)とき、あとで写真を見たいような場合。
------------------------------------------------------
結構今回はまじめに答えてくれてますね。
五人中二人は違いはない、と言ってますが、後の三人の意見は、主旨的には同じことを意っているようですね。

面白かったです。でもアメリカとオーストラリアの違いはあるかも知れませんね。

遅くなってすみませんでした。では、また。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/25 23:35

お待たせしました。

#5のSimooです。
私もまだ良く見ていないのでとりあえず原文のまま報告しますので、ご覧下さい。

<私の質問文>
What's the difference, when you are saying or writing, between "There is Tom with the camera" and " Tom is there with the camera" ?

I'm Japanese. Could you tell me what you feel about this?
Thanks in advance.
---------------------------------------------------------------------------------
<回答;全5件>

1)You'd say the first sentence if you were there with Tom and were pointing him out to someone else (for instance if they asked "where is Tom?") you'd say "THERE is Tom, with the camera"
You'd say the second sentence if you wanted to tell someone that Tom will be or is there, even if you're not there yourself "Tom IS there with the camera"

2)There is tom= the use of there at the beginning of the sentence gives the idea that you see him and can somewhat point at him 
Tom is there= he is somewhere else and could be waiting for you with the camera

3)there is not much of a difference
because they both mean the same but the words are just in different order.

4)'There' is a strong form of (adv) used before the subject in the first sentence & after the subject in the second sentence. This is the word difference, the meaning is same.
Add to My Contacts

5)In the first, you're pointing out Tom, possibly to someone who doesn't recognize him (so you're distinguishing him from the other men, who don't have cameras). You may also use this sentence to imply that Tom always has his camera with him (and perhaps it's annoying or inappropriate that he does now).

In the second, you're referring to a specific place where you're not as "there" and saying that Tom is in that place and has his camera. You'd probably use this sentence if you (or the person you're speaking to) weren't planning to (or couldn't) go, but expected to see pictures later.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に確認して頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/25 23:36

こんばんは。

オーストラリアの先生が不自然だといったんですね。私も興味が湧いてきたので、今Yahoo Answers でアメリカ人の一般意見を訊いています。ので、できたら、最低1時間ほど締め切るのを待っていただけないでしょうか?

また、あとで結果を報告します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お願いします。

お礼日時:2008/03/25 21:23

アメリカに住んで40年目になりました。

 私なりに書いてみますね。

使い度、頻度などから見たら、1)の方がよっぽど不自然にかんじる人のほうがいると思いますよ。

This is a pen.と言う表現に違和感を感じませんね。 日本でこれを教わって「慣れている」からです。

しかし、実際にThis is a penと言う表現が使われる状況ってどんな時だろうか、と考えるとThis is my girlfriendと言う例文の方がよっぽど「習う価値」があるのはお分かりでしょうか。

2)はYokoがあそこにカメラを持って(経って・座って、しゃべってなど)いるよ。と言う意味合いで使われやすい表現です。

1)は日本人が考えるほど使い出があると言う表現とは私は見ていません。 何か話していて、こう想像してみてくれ、その似ようがカメラを持っているとするだろう? 何していると思う?なんていう状況作りに良く使われる表現として使われますね。 Just imagine. There is Yoko with a camera. What do you think she is doing?

そして、There she is with camera!!と言う語順を変えた表現であれば、「ねぇみて、あそこの洋子がカメラを持って(立って)いるわよ。」と言う感じに使われる表現ですね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2008/03/25 21:25

 なるほど。

ryon1978 氏が「不自然に感じる」理由を書いてみたいと思います。まず、「There」が「副詞」である点に注目すべきでしょう。つまり、「副詞」とは、「時間、位置」を表すための品詞であることを理解すべきです。

 つまり、次のように考えてみるのです。

1. There is Yoko with the camera.

 文の最初に「位置」という、短い指示という言葉が置かれ、そして、その位置に立つもの(者)を続けて述べる形になっている。つまり、時間軸から見れば、ある時点(位置点)だけを指すために、「There」を使い、その位置に立っている対象は、「ずっと存在するもの」と捉えるというか、据える形で「Yoko」という実物(リアル的な存在)を当てはめていると考えるのです。ですから、2の文を見ると、

2. Yoko is there with the camera.

 ずっと存在するはずの「Yoko」を最初に据えて、そして、一瞬の時点に過ぎない存在者であると考えて、「there」を次に据えるから、なんとなく、「居座りの悪さ」を感じ、不自然な表現であると感じたのではないでしょうか。

 つまり、「Yoko」の代わりに、なにか、一瞬しか存在しないようなもの、たとえば、「thunder:雷」のような語なら、内容的にマッチするというか、不自然な表現でなくなる可能性があります。

 ある文がおかしいと言うときは、たいていは、語の選択がまずいということが多いものです。たとえば、おなじ昆虫でも、「ハエが美しく舞っていた。」という文があったら、不自然に感じられるはずです。「チョウチョウが美しく舞っていた。」という文なら、問題はなかったはずです。

 もし、見当外れな回答でしたら、許してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2008/03/25 21:24

別に2も、不自然には感じません。

Yokoとwith the cameraが分かれているせいで、一瞬、分かりにくいだけで。

文章にすると、難しく考えすぎるから2を不自然に感じるのだと思います。会話だと、日本語でも、後からの付け足しとかを普通にやりますよね。それを文章にすると、口語としては通っても文語としては許されない時もあるという程度のことではないでしょうか。

文法的な間違いがあるようにも思えません。英語を初めとするゲルマン言語の基本である、「動詞は2番目に来る」の法則を守っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/25 20:47

2でも別に不自然ではないのでは?



http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=en&rls …

この回答への補足

早々にありがとうございます。
以前にALT(オーストラリア出身)に聞いてみたところ、不自然だと言われ、どうしてなのかは説明しにくいと言うことでした。

補足日時:2008/03/25 20:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/25 20:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング