人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

知り合い(50歳過ぎの男性です)が今年の6月末日付けで郵便局を退職しました。
今回、回答を得たいのは、退職金の支払日なのです。

知り合いの話しによると、退職金の手続きには少なくとも1ヶ月かかる、と言われたそうです(具体的な振込み日等は明言されなかったとのこと)。なので、7月中の支払いは「無い」と分かっていたそうなのですが、8月になって半月が過ぎようとしているのに、何の連絡もないそうです。


郵便局では、退職金の支払日はいつなのでしょう?(例えば、退職した日の翌月末に振込むとか)それとも決められていないのでしょうか?
また、勤続年数が短い・長いで変わってくるのか、金額の多少で変わるのか・・・?

インターネットで調べてはみましたが、出てくるのは金額方面のことばかりで「いつ支払われた」ということまでは探しきれませんでした・・・
(ひとつだけ参考になりそうなサイトさんがありました。その方は末日付けで退職されて、翌月の頭には振り込みがあったとされていました)

どなたか詳しい方がいらっしゃったらぜひ回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

組織のことは組織に聞くが基本


本人が所属していた郵便局に聞いてください

この回答への補足

早速のご回答、ありがとうございます。
所属していた郵便局の経理の方がたいそう傲慢な方のようで、聞いてもろくに教えてくれないとのことです。
(これはその経理の方の問題なのですが・・・)

所属していた局に聞くしか方法がなければ仕方が無いですが、他に聞くべきところが思いつかず、相談を受け、ここに質問しました。

補足日時:2008/08/17 19:45
    • good
    • 1

 


郵便局に問い合わせるべきだと思いますが。
また退職者なら正当な理由があるし、問い合わせたから言って扱いが不利になるような内容でも無いと思うのですが・・・

郵便局ってこんな事も問い合わせできないような体質なのですか?

 

この回答への補足

早速のご回答、ありがとうございます。

そういう体質の会社では決してありません。
ただ、所属していた局の経理の方の対応がとても横柄らしく、聞いてもろくな返事が返ってこないと、知り合いに相談を受けたので、ここに質問させていただきました。

所属していた局に聞くしかなければ仕方ありませんが、こういうことを聞くべき場所(もちろん郵便局という組織の中で)が分からなかったのです。

補足日時:2008/08/17 19:48
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勤続40年の郵便局員だった父が退職金0円とは…

父は何をやらかしたのでしょうか???

汚職…?

どんな汚職をすれば退職金が0円になるのでしょうか???

それとも私と兄が二人とも障害者で働けないし、働かないので、

そのために隠しているのでしょうか…。

だとすると逆効果で両親の老後、一家4人の行く末が心配で

精神疾患が悪化します!!!!!!!!!!!!!

(1)何をやったら退職金が0円になるか。
(2)一般に勤続40年の郵便局員の退職金をざっくりと。
(退職時保険課課長代理)

お教えください!!お願いいたします!!

Aベストアンサー

(1)勤続40年で退職金0円はショックですね。
思い当たる節として、退職前に何か問題を起こして、つまり不詳事案を起こして懲戒免職になった時には、退職金は支払われません。辞めたときに、お父さんの表情は何かショックな様子でしたか?そういう表情によって、職場で何が起きたかが推察できます。
本来なら、0円ならお父さんが騒ぐはずですが、お父さんは冷静なのですか?それなら、お父さんが事情を良く知っているはずですので、まずはお父さんになぜか詳しく聞いてみたらどうですか?あなた達が障害者だから隠してるこということは無いと思います。お父さんが言わないなら、思い切って、職場に尋ねてみてはどうかと思います。
 また、これからやっていくのに、お父さんは行く末の生活設計をどう考えてるのか、お父さんにきちんと問い質したらいいのではと思います。
(2)一般には、2800万円から3000万円位もらえるはずです。課長代理なら、3000万円に近い数字です。ひょっとして、使い込みでその補填とか・・・どうも悪いことを考えてしまいますが、やはり、0円はおかしいですよね。お父さんが冷静なのも気になります。仮に、愛人がいて(お父さんは、そういうタイプでもあるのかな?)、そちらに貢ぐとしても、ある程度の退職金は家庭に納めます。
 はっきりお父さんと正面きって、話し合う必要があると思います。あとは、こっそり貯金通帳を調べるとかもありますね。
 いずれにしろ、お父さんの様子を観察しつつ、話し合いの機会を設けて、今後の設計をどうするかも含めてきちんとけじめをつけた方がいいです。

(1)勤続40年で退職金0円はショックですね。
思い当たる節として、退職前に何か問題を起こして、つまり不詳事案を起こして懲戒免職になった時には、退職金は支払われません。辞めたときに、お父さんの表情は何かショックな様子でしたか?そういう表情によって、職場で何が起きたかが推察できます。
本来なら、0円ならお父さんが騒ぐはずですが、お父さんは冷静なのですか?それなら、お父さんが事情を良く知っているはずですので、まずはお父さんになぜか詳しく聞いてみたらどうですか?あなた達が障害者だか...続きを読む

Q勤続20年退職金630万です。これって平均ですか?

今年で退職予定で大卒で20年間努めて会社に問い合わせたところ退職金630万もらう予定です。
この金額の相場はどんなもんでしょう。このご時世・・・

Aベストアンサー

民営化前の郵便局の場合、大卒勤続17年で400万円台、15年だと300万円台。

高卒でも勤続25年ですと、1,000万円を超えます。

公務員でもノンキャリアですと、20年ならそんな金額でしょう。

民間会社なら、ピンからキリまでありますから。

Q主人が希望早期退職したいと言ってます…

主人が今回早期希望退職者の枠に入りもう間もなく個別面談があるそうです。その前に退職したいと本人は考えています。今、早期退職すると退職金にプラス1000万円支給されます、でも今現在49歳で転職もしたことないし一応大手企業で管理職でそれなりの収入と地位にあり転職しても次の仕事が決まる保証もないので 私は不安です。。主人は「仕事なんか選ばなければ何でもあるよ!」と至って呑気です。早期退職して無事に転職を成功された方はいらっしゃいますでしょうか? もしくは、今の会社に解雇されるまでしがみついていた方が会得でしょうか?私は35歳で子供は小学生が1人おります。ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一大事ですね。私の主人も60歳定年のところ54歳で早期退職いたしました。やはり大手の管理職でした。
再就職は致しましたが、収入は当時の半分程。
売りに繋がる…これができるというものはありますか?
プライドを捨て何でもするという強い気持ちはおありでしょうか?
蓄えは?
答えになっていませんが良く話し合って下さい。
私は退職すると言われた時に、認めたこと後悔してはいます
milk115さんのご主人のほうがはるかにお若いので一概に言えませんが
そう甘くはない世界です。でも…我慢されても
とにかく先のことを踏まえて話し合ってください
回答でなくごめんなさい

Q退職金は、退職後すぐにはもらえないものですか?

私は6月中旬に退職しました。
退職金が出る、ということは聞いているのですが、いつもらえるかを聞きそびれて、いまだにもらえていないのですが、何ヶ月も後にもらえるものなのでしょうか?
それとも、職場に行かないともらえないところもありますか?
賞与は振り込まれていました。明細も送られてきましたが、その賞与は退職金とは別ですよね?
どなたか、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

私は昨年末に退職をしました。
2月には振りこまれていましたよ!
会社にもよると思うので聞いた方が確実だと思います。
事前に振込みのお知らせはくるとは思いますが・・・。
賞与と退職金は別です!!

Q日本郵政従業員持株会について

日本郵便会社の社員です。株のことには素人です。日本郵政従業員持株会の積み立てが80万円位になっています。11月4日株式上場となっていますが、一般の株のように、上場後売ることが出きるのでしょうか。

Aベストアンサー

まだ詳細が発表されていないので、はっきりとは申し上げられません。
通常では新規上場した株にロックアップ条項が付けられているのが普通です。
ロックアップとは、株を新規上場した後、一定期間大株主は株を売却できないと言うものです。
一定期間とは90日間を指す場合が多いです。11月4日に上場なら、それから90日間は売却できないのです。2月になれば売却可能になるかも知れません。
期間ではなくて、株価が公募価格の1.5倍や2倍になれば、大株主に売却を認めると言うロックアップもあります。どのようなロックアップ条項が付けられるか、またはロックアップ条項無しになってしまうのか、まだ何も発表されていないので現時点では分かりません。
このロックアップ条項をクリア出来れば、持株会に売却の依頼・手続きを行えば売却可能となります。

Q郵便局のボーナス支給について。

私は郵便局にて、内務の期間雇用社員になって、約一ヵ月が経ちます。
先月、去年の12月11日から週に五日、休みが二日間あり、
まだ入って、間もないので、給料の事で心配事がありますので、質問させてください。

時給は820円で、週に五日、早朝から働いています。ちなみに3時間を目安に働いています。

先月、12月の給料が今月の23日に支給して頂きますが
まだ入って間もない私はボーナスは貰えないのでしょうか?

ちなみに1月からの1ヶ月間働くと約8万円が給料となります。

ボーナスが仮に貰えるとしたら、どれ位貰えるのでしょうか?

早出の手当は200円から300円です。

どなたか、お分かり出来る方が居ましたら、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

基準日があり、夏のボーナスは6月1日、冬のボーナスは12月1日。この日に在籍していて、半年で実働日数60日以上が支給条件となっています。
質問者さんは、どれにも該当しないので支給対象外と言うことになります。今年の夏のボーナスは支給対象になると思われます。
ただ期間雇用社員のボーナスは名ばかりですよ。期待してはいけません。半年間休まずキチンと働いても、基本給の0.45か月分(年間で0.9か月分)ですから。
基本給が10万円なら夏で4.5万円、冬で4.5万円となります。手取りとなると、さらに少なくなります。以前と同じ支給方法なら、このようになります。おそらく大きな変化は無いでしょうから、この程度だと思います。6月のボーナスまでガマンと言うことになりますね。

Q特定郵便局局長は高収入?

10年程前、妹が結婚しました。妹の夫の父は特定郵便局局長です。局の代々のオーナーではなく、雇われ局長です。間もなく退職されるそうです。

どうも、義理の父夫婦は金銭的に裕福らしく、妹夫婦は、彼らから多額の資金援助を受けているようです。

妹からそれらの話を聞く度に、こちらは目が点になるようなことばかりです。
そういう世界もあるんだなぁと、うらやましく思います。

妹夫婦の話を聞くと、義理の父は、どうも、一度に資産を相続させると多額の相続税がかかるので、それをうまく回避(節税)できるように、妹夫婦に資産を移転しようとしているようでした。

妹夫婦に実質的に移った資産を合計すると、既に億は軽く超えています。

それにしても疑問に思うのですが、雇われ局長でも、特定郵便局局長ってそんなに給料を貰っていたのでしょうか?

ちなみに、義理の父の実家は、もともとの資産家ではなく、普通のサラリーマン家庭だったそうです。

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011818030
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q125930097
http://twobcherry.seesaa.net/article/6773845.html

上のサイトに身内の方の回答もありますが、年収1千万円を上回り、かなり高いです。

Q郵便局はキツイですか?

先日、郵便局の契約社員の採用をいただきました。仕事内容は特定郵便局の窓口です。採用をいただいた後にネットで調べたらノルマが大変とか、なかなか正社員になれないとか、悪い事しか書かれてなくて辞退すべきか迷っています。
私は3回目の転職で、30歳目前なので次こそは失敗したくないんです。長く働きたいんです。回答お願いします。

Aベストアンサー

仕事はキツイですか?とのことですが、キツクない仕事とは何でしょうか?たしかに民営化後、郵便局は非常に厳しい現状にありますが、そこで働く人々がいる以上、ある程度は耐えられるレベルですよ。ようはやる気次第かと。

現実問題ですが、貴方の勤務予定の特定郵便局(正式には渉外要員非配置局と言います。)では窓口の三担務(郵便・貯金・保険)覚えて一人前になるのに三年かかる職場です。かなりの努力が必要になるかと思います。給与は安いです。ただ、年休は20日あり、さらに消化しきらない場合には翌々年まで持ち越しできます。いまどき公務員待遇の職場なんて一般企業ではないかと思います。(結局は休み取るか、金取るかですね)ただ、就職難のこの時代に契約社員から正規社員に上がるのに条件がほとんどない職場って郵便局くらいかと思います。腰を据えたいなら覚悟を決めてみるのもいいかと思いますよ。

Q休職中に退職を迫られました。即退職を余儀なくされた場合、傷病手当金受給にデメリットや障害はありますか?

お世話になります。
今月初めから休職中で傷病手当金の申請を考えていたところ、明日(水曜)までに退職するか否かの決断を出さなければならなくなりました。突然のことで今後のシナリオも描けず動揺してしまい、本当に困っておりますので、どうかよきアドバイスをお願い致します。

職場環境の悪さ(他の社員たちからひどく追いつめられ、いじめのような扱いでした)と残業過多、仕事自体のミスマッチが原因で体調を崩し、6月初めより休職しております。

会社にはつど状況連絡をしておりましたが、しばらく無視され続けていました。しかし、昨日になって突然、「2、3日中に決断(=自己都合退職)をしてほしい」と迫ってきました。

私の健康状態は思わしくなく、職場復帰は考えておりません。
この会社の態度にも非常にストレスがたまっておりますので、よほどのデメリットがなければこのまま出勤することなく退職し、体調を整えた後、転職活動をするつもりです。
また、6月末に傷病手当金を申請したいと考えております。(働ける状態になれば、ハローワークの失業保険に切り替えます)

ここで質問ですが、

1:退職時期について
傷病手当金や失業保険の受給という点では、月中でさっさと退職するか、それともできるだけ休職状態を引き延ばした方がよいのか、どちらのほうが良いのでしょうか?

2:傷病手当金の受給金額について
退職してから傷病手当金を申請する場合、在職中での傷病手当金との金額的な差(デメリット)はあるのでしょうか?
また、この場合、退職してから会社に記入を依頼するということはあるのでしょうか?
私の場合、現在の会社に入社して3ヶ月弱ですが、前職とのブランクがないため受給資格はあるとのことです。ただし、「取得接近証明書」を現在の会社に書いてもらわなければならないとのことです。
なお、健康保険は政府管掌で、退職後は国民健康保険となる予定です(うろ覚えで申し訳ないのですが、任意継続だと傷病手当金が給付されないのですよね?)。

3:退職届と離職票の表現について
退職届を提出し、離職票を確認・記入するにあたり、どちらの表現が良いでしょうか?
「健康上の理由により退職」→「職務に耐えられないので解雇」
「一身上の都合により退職」→「自己都合」(病気が理由なので、働ける状態になったときに、ハローワークに診断書を提出して、給付制限を1ヶ月にしていただこうと思います)

4:傷病手当金を会社に拒否された場合
実はこれが一番危惧されるところですが、個人経営のため、「社会保険を負担したくない」「そもそも人間関係とかメンタルが原因だから病気じゃないだろう」という理由で、傷病手当金支給を拒否されて、突如退職させられる可能性があります。病気になったのは本当のことで、証拠として診断書も会社に提出済みです(ただ、内容証明でなく普通郵便で出してしまいました)が、拒否されてしまった場合、どう対抗すればよいでしょうか?しかも解雇予告手当などは絶対にもらえなさそうです。

ぎりぎりで本当に申し訳ございませんが本当に困っています。。。どうぞよろしくお願い申し上げます。

お世話になります。
今月初めから休職中で傷病手当金の申請を考えていたところ、明日(水曜)までに退職するか否かの決断を出さなければならなくなりました。突然のことで今後のシナリオも描けず動揺してしまい、本当に困っておりますので、どうかよきアドバイスをお願い致します。

職場環境の悪さ(他の社員たちからひどく追いつめられ、いじめのような扱いでした)と残業過多、仕事自体のミスマッチが原因で体調を崩し、6月初めより休職しております。

会社にはつど状況連絡をしておりましたが、しばら...続きを読む

Aベストアンサー

きちんとしたことは本当は社労士にたずねたほうがいいと思いますが、
わかる範囲でお答えできればと思います(当方、産業カウンセラーの
資格は持っています)。

まず、会社側から退職を言ってきた時点で「自己都合退職」になり得るか?
という疑問がそもそもあります。「自己都合退職」は、雇用者側が
自分の自由意志で決めて、自分から職場側へ伝えることだからです。
この場合、「解雇通告」もしくは「退職勧奨」ということになりませんか?
私も同じように病気をして退職を迫られた経験がありますが、職場から
もらった離職票は「退職勧奨による会社都合退職」となりましたよ。

●退職時期
会社側の打診にすぐ応答・同意してはいけないと思います。
手続き上時間を必要とすることもあるんですが、上記のような
退職の扱い自体に関わる問題もあるからです。いずれお辞めになる
といっても、会社から言われたのに「自己都合」にしてもいいもの
でもないと思います。

●傷病手当金
これは社会保険事務所に退職後の扱いについて至急問い合わせ、
今からでも社会保険事務所の指示に従い早急に手続きをしてください。
というのも、退職“前”から申請していれば退職“後”も
傷病手当金を受給し続けられるのですが、退職“後”の申請は
任意継承の有無にかかわらず、受給できないと法改正で決まって
しまいました。金額は減ることはありません。

●傷病手当金の拒否
傷病手当金は、あくまで健康保険(健保もしくは社会保険事務所)から
支給されるものであり、あなたの職場が支給するものじゃありません。
よって、職場が社会保険の支払いを拒否しても、それに関係なく
傷病手当金は支給され、職場はあくまで「保険未納」の点で
追及されるのみです。ただ、あなたが4日以上就業できなかったという
証明を職場がする必要があるので、そういう書類上の手続きだけは
職場がちゃんとやってくれるかどうか、という問題になりますね。
「取得接近証明書」はきちんと書いてもらうよう職場にお願いする
ことですね。心配であれば、健保や社労士に相談したほうがいいです。
退職後は、主治医の証明のみで大丈夫です。

●退職届と離職票
退職届と離職票は、役割が違うものです。
退職届はあくまで職場に退職の意思を告げるために出すもの、
離職票はハローワークに離職した事由を証明するために出すもの、
だからです。上記のとおり、会社側から「自己都合退職にします」という
はたらきかけにあなたが同意してしまえば「自己都合退職」となり、
離職票の上でも職場によって「自己都合退職」と処理され、失業給付で
3ヶ月間待機となってしまいます。それと、あなたが退職届の文面を
どうしようと、職場の「自己都合にします」という働きかけに同意した
という時点で、「健康上の問題による“解雇”」としては処理されません。
解雇は、あくまであなたの意思に関係なく職場から一方的に通告
もしくは勧奨されるものです。文面の印象の問題ではなく、
労働基準法上で「退職」というものをどう定義し、どう扱っているか、
という重大な問題なんです。

「解雇ではないのか?」という疑問が生じたら、都道府県の「労働局」
(“労働基準監督署”ではありません。労其署でもいいんですが……)
で電話などで相談を受け付けていますので、一言たずねてみると
いいですよ。会社とあなた双方の言い分を聞き、退職の扱い方や
解雇予告通告手当などの問題について、仲介・解決のお手伝いを
してくれる場合があります。それまで、ひっかかることが少しでも
あれば、会社の言いなりにならないでおくことですね。

きちんとしたことは本当は社労士にたずねたほうがいいと思いますが、
わかる範囲でお答えできればと思います(当方、産業カウンセラーの
資格は持っています)。

まず、会社側から退職を言ってきた時点で「自己都合退職」になり得るか?
という疑問がそもそもあります。「自己都合退職」は、雇用者側が
自分の自由意志で決めて、自分から職場側へ伝えることだからです。
この場合、「解雇通告」もしくは「退職勧奨」ということになりませんか?
私も同じように病気をして退職を迫られた経験がありますが...続きを読む

Q勧奨退職による退職金の上乗せについて

表記のとおり、勧奨や推奨による希望退職に応じた場合に支払われる退職金について、

仮に現在50歳、定年60歳の普通の企業勤めで、支払われる元になる退職金は、50歳時点での退職金を元に計算、上乗せされるのか、もしくは、定年退職金を元に計算、上乗せされるのか、どちらが一般的なのでしょうか?

企業によるとは思いますが、50歳のときの退職金に上乗せと、定年退職時の退職金に上乗せとでは大きな差がでると考えています。民間企業と公務員とでの違いなど、ご存知の方よろしくお願いします。

公務員は最大で20%割り増し、というのは知っていますが、この20%増しの計算の基準は退職時か定年時なのでしょうか?

Aベストアンサー

いくつか目にした事例で言うと、先の回答のように応募する側にメリット感が出る事が必要なので、
(1)「退職時点で計算した退職金額」+「会社の事情・規定による割増金」により、結果として50歳で退職しても60歳定年退職時の退職金と同等になるような仕組み(早く辞めても退職金の貰い漏れは無い)にする、(公務員の+20%は更にここから上乗せかと推測します)
(2)本来退職金が少額しか出ない層に相応の金額(リストラ某都市銀行で35歳1000万円)といった設定をしているケース、
(3)退職時にその時点の退職金額に加えて1年なり2年の年収分を加算する、
(4)転職・出向子会社への転籍条件で減額になる給与分を定年まである程度補填する
:(年収1000万円―800万円)×10年×割引率0.7(仮)
といったパターンがあるようです。(それ以外にもあるかも知れませんが)

辞める側にとっては、まとまった資金を手に実力で転職する機会を得る・独立の資金確保ができる、業績先細り・リストラによる自部門閉鎖といった勤務先の将来の閉塞感に対処できる、退職金を手に早めのセミリタイアを図る、といったことをメリットと考える。企業側にとっては、目先の退職金負担の増加は、赤字決算による税効果を勘案しつつ、翌年度からの人件費の大幅削減を狙う、という考え方でしょう。リストラ退職の場合には、第一次・第二次とリストラが重なる毎に退職条件が悪化するのが過去の例です。(リストラで縮小均衡が果たせず追加リストラとなれば企業側の退職金の確保が難しくなる)

余計なことですが併せて、退職金以外に企業年金なり厚生年金の条件の有利・不利についても確認された方が良さそうです。(加入期間や金額で微妙に差が出てくるようです)

いくつか目にした事例で言うと、先の回答のように応募する側にメリット感が出る事が必要なので、
(1)「退職時点で計算した退職金額」+「会社の事情・規定による割増金」により、結果として50歳で退職しても60歳定年退職時の退職金と同等になるような仕組み(早く辞めても退職金の貰い漏れは無い)にする、(公務員の+20%は更にここから上乗せかと推測します)
(2)本来退職金が少額しか出ない層に相応の金額(リストラ某都市銀行で35歳1000万円)といった設定をしているケース、
(3)退職時にその...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング