ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4399276.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4405184.html
の一連の質問を見ていて、疑問が湧いたので、質問します。

上記質問の内容は『ドクターと博士』に関してなのですが、ここで質問したいのはアメリカでにおける『M.D.とPh.D.』や、日本の学位をどう翻訳するかという問題です。

私の認識では、先の質問にも書きましたが、医学部を卒業すると医学士=M.D.、博士課程修了か論文博士で博士(医学)=Ph.D.と言う認識でした。これは間違いでしょうか?で、学部を卒業すると、(まぁ大抵は)医者になるので、基本的には医者=M.D.で良いと。。。そう考えていました。ところが件の質問のdrTT_2007さんの「質問」や「お礼」を見て、自分の認識がマジョリティーなのか少し不安になってきました。

drTT_2007さんの理論で言うと、医学部→医学研究科へ進んだ人が博士課程修了後にもらえる学位がM.D.と言う事になりますが、では、たとえば理学部→医学研究科と進んだ(医師免許を持たない)人もM.D.が貰えるのでしょうか?あるいは、drTT_2007さんの言うように『私の前任校では、医学部でとると基本的に英語名はM.D.で、基礎系等で本人がPhDと認識していれば、そちらを使うという認識でした。』と言う事でしょうか?でも、そうだとするとM.D.とPh.D.と併記している人は、博士(医学)を二つ持っている事になるのでしょうか?同じ専門・同じ大学院で学位を二つ受ける事はできないと思っていました。

外国の例だと、例えばUC Davisは東大と同じくM.D.とPh.D.同時取得コースも設定されています。
http://www.ucdmc.ucdavis.edu/mdphd/curriculum.html
という事は、その両者には明確な違いがあり、選択的なモノではなく補完的なモノだという事が考えられます。

教員のリストを見ると
http://www.ucdmc.ucdavis.edu/mdphd/programadmini …
Michael F. Seldin, M.D., Ph.D., Chair and Director
 Department of Biological Chemistry and Medicine
Anothony Cheung, Ph.D.
 Department of Pathology
David Pleasure, M.D.
 Department of Neurology
みたいに、M.D.とPh.D.には併記される事もあり、と言う事は明確な区別がなされていると思います。

東大の公式ページを見る限り、大学院でM.D.という学位は与えていないみたいです。(なので学部で与えているのだと思っていました)
http://www.m.u-tokyo.ac.jp/education/stasistics. …

私立は違うのかな?とも思いましたが慶応大学もM.D.とPh.D.は区別して書いてあります。
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/medicine/other/ugi2 …
しかもPh.D.の先生のみに学位欄があり、博士(医学)と書いてあります。

日本の場合、医学部を卒業してもらえる学位は医学士かもしれませんが、それをアメリカへ行って、「私はM.D.を受けている、その学位は日本語ではIGAKUSHIと言います」でOKだと思っていました。この認識は間違っていますか?

博士(医学)なんて、数ある博士号の中でも一番イイカゲンな学位ですし、こんな事にこだわってもしょうがないかもしれませんが、一般的にはどうなのかなぁと気になったので質問を立てさせていただきました。私の認識の間違いを指摘していただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

 前回も投稿した者です.日本の医学部を卒業・医師免許を取得し,現在は米国で勤務しています.学位(博士号)は取得しませんでした.ですから私のタイトルは,MDとしています.


 同僚の米国人医師にも指摘され,少し気になっているのが,日本の医学部卒業時の称号は医学士なので,厳密にはMDではありません.慣習上,MDとしていますが,英連邦などの医学部出身の医師が,MBBSやMBChB(内科・外科学士)と称しているように,日本の医師もMDやMD,PhDではなく,本来,MBBSやMBBS,PhDなどと称さなければならないのかなと,思っています(正直,なじみのあるMDが使えないのは抵抗があります).実際,WHOやECFMGのサイトでは,日本の医学部卒業時のタイトルは,Igakushi (Bachelor of Medicine)とされています.
 周囲でも,例えば,南アフリカや中近東出身の医師が,最近までMDと称していたのを止め,MBChBに変えています.私が非常勤を勤める大学でも,通称ではなく,正確な学位(称号)名を要求しています.また,ニューヨーク州で医療行為を行う際,外国の卒業医学部がMDを授与しない場合,MDと称するために別途申請が必要です.
 もちろん,通称MDを称している外国人医師もたくさんいます.ただ,通称MDを使うべきでないという空気が強くなっているようにも感じています.
 日本の医師がMDと称してよいかどうかは,国レベルでもう一度検討してもらい,統一しないと駄目なんだろうと思っています.
    • good
    • 5
この回答へのお礼

MBBSやMBChBは初めて聞きました。そういうものがあるんですね。国レベルというか、WHOとかそういった国際機関が、学位のランクを出し、各国が、自国では、そのどれに何が相当するのかと、そういった事をした方が良いのかもしれませんね。スターアライアンスのお得意様ランクと、参加各航空会社のお得意様ランクのように・・・。有難うございました。

お礼日時:2009/02/23 12:00

 drTT_2007さんのやりとりを見ましたが、自分の利益にもならないことに対して、いささか感情的ですね。

医師に対して「医者」と呼び捨てたりと、コンプレックスでもあるのでしょうか?

 それはさておき、昔、私が留学を考えていたとき、日本の医学部卒業で授与されるものが”医学士(Bachelor of Medcine)”に相応するという事実に困惑したことがあります。(確かに学位記にも「医学士」とかいてありました)当時の講座の教授に相談しましたが、

「日本の医師の国家資格は一つであり、M.D.相当で問題ない」

と言われました。結局、留学はしませんでしたので、していたらどうだったか興味深いです。

 まず、医師国家資格は国による差が非常に大きいので、アメリカ式の”メディカルスクール”を前提に語るのはどうかと思います。ヨーロッパ型もありますし(呪い医に毛が生えたような医師?これは冗談でしょう)、むしろ評価されるべきは医師の教育レベルではないでしょうか?言葉の壁(これが実際きつい)を除けば、日本の医師、医学レベルに思ったほど遜色はないかと思います。(アメリカの内視鏡レベルなんかいい例でしょう)
 
 個人的なことですが、私は医学部6年で卒業し、その後基礎医学講座で4年学んで卒業。”M.D.&Ph.D”相当だと思っております。しかし時々、臨床系の先生が仕事の片手間に比較的安易に学位を取得され、
”M.D.&Ph.D”を堂々と名乗ることが多いですが、首をかしげることがないこともないです。実際、米国のジャーナルに投稿される日本の論文には、

「(日本では)”M.D.&Ph.D”が多すぎておかしい」

との疑念も出ているとのことです。
 
 ちなみに、また別の基礎系の講座にいたときですが、臨床系出身で基礎に転向したの教授で、アメリカにも基礎医学で留学された先生でしたが、論文に投稿売るときには、”M.D.”としか書きませんでした。

「アメリカの”M.D.&Ph.D”はそんなもんやない。本当に重みのあるものや。わしは”M.D.”としか書けん。」

と言われてました。
長文・駄文失礼しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私は工学系のPh.D.ですが、じゃぁ、アメリカのPh.D.がそんなに重いのか?!と言われるとそうは思わないんですよね。むしろ日本の医学の博士号が軽すぎる事が問題だと思います。これもまた、回答文からは臨床と基礎では文化が異なると推測されるし・・・・、難しい問題でする。ありがとうございました

お礼日時:2009/02/23 12:04

日本の医学部を卒業し、日本の医師免許を取得した場合、英語表記でM.D.としてよいと思いますが、医学部を卒業し医学士を授与された段階で、M.D.といえるのか疑問です。

専門職学位という観点からは、医師免許を取得してはじめてM.D.といえるのではないかと思います。
ただ、法的にも慣習としても明確な規定はないのだろうと思います。

ちなみに、以前ECFMGの手引きには、日本の医学部を卒業し、ECFMGを取得した段階で、アメリカの医学部卒業者(M.D.)と同格とみなすようなことが書かれてあった記憶があります。

実は私は、日本での博士号(Ph.D)を断念し、アメリカでレジデントを経て、州医師免許を取得しました。ですから、私のタイトルはアメリカでもM.D.で間違いないと思うのですが、先日同僚のアメリカ人医師に、日本で取得した学位はBachelorだから、M.D.ではないのではと皮肉られ、ちょっと気になった次第です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が、めちゃくちゃ遅れて申し訳ありません。

日本側が同格だとおもっていても、あちらの現場では皮肉の対象になってしまうとか・・・、元々、制度が違うモノですから、難しいですね。日本においても、文系と理系の博士号の重みには差がありますし・・・。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/23 11:49

M.D.、Ph.D.の内科医です。


初めの質問から流れを見ていましたが、基本的には回答者の皆さんが、「医者はM.D.、博士はPh.D.」「医師、博士の敬称はともにDr.」に関しては異論はないのではないかと思います。

問題になっているのは日本のM.D.は博士かどうか?という点だと思います。私も日本のM.D.を博士として認めることには疑問があります。しかし名称として相応のものがないため、日本の医師もM.D.と呼ばざるを得ないと思います。日本の事情がよく分かっている大学では日本のM.D.はPh.D.がないとポスドクとして採用しないところが多いと思います。

> ほぼ無審査・無論文のお手盛りで博士(医学)が授与される
学内誌の論文あたりで授与されているケースは知っていますが、さすがに無論文はない(と信じたい)のではないでしょうか?
このあたりは「大学院大学構想」の弊害ですね。一昔前は論文博士の方が主流でわざわざ博士課程進む医師は多くありませんでしたから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。実際医師の方の意見が聞けてよかったです。私も含め、外野でガヤガヤ言っていても、実態はわかりませんので・・・

>学内誌の論文あたりで
無論文は言いすぎでした、「ほぼ無論文」です。私の聞いたケースでは、仲間で学会を立ち上げて、査読論文誌刊行して、そこに通したという事を聞いた事があります。(あくまで聞いただけですが)。

お礼日時:2008/10/22 23:17

簡単です。


M.D.は、お医者さん。医師免許を持っている人
Ph.D.は博士号を持っている人

名刺には、
医者で、博士号を持っている人は M.D.,Ph.D.と書くようです。
博士号を持っていないお医者さんはM.D.だけ。
私は博士(工学)の学位を持っていますので、Ph.D.と書いています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hiro0220さんこんにちわ。この質問は質問文にも書いたようにqa4399276が発端です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4399276.html

この質問の回答で私は以下のように書きました。
 >医者は『M.D.』、博士は『Ph.D.』と区別します。名刺とかの名前の
 >後ろに書きます。他人から呼ばれる際の敬称はどちらも『Dr.』です。
私も「簡単だ」と思っていました。

その考えに対して『正しい・正しくない』という意見が入り乱れたのが発端で、色々と議論(いやここでは議論は禁止されていますから、疑問としておきましょう)している訳です。

この質問の回答でも様々な意見が出てきました。この世の中、貴方や私が考えている程『簡単』ではないようです。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/19 09:40

 元質問にもお答えした者です。

今回のやり取りは M.D. についてですが、
実は法学の分野でも同じ状況があります。すなわち、米国のロースクールを
卒業した人は、Julius Doctor ( J.D. )の資格を得ます。日本語に訳せば
法務博士で、まさに#1さんが指摘されている資格と一緒ですね。

 いっぽうで米国には、J.D. より上位の学位となる S.J.D.( Doctor of
Juridical Science )があります。これは Ph. D と同格の学位です。よって
名刺などに刷る肩書き的には、「 Mr. Ken Smith J.D., Ph. D 」のように、
法学博士号を持つ医者と同じような併記法を用います。

※ J.D., S.J.D. と書くとわかりづらいので、Ph. D 表記をします。

 弁護士は一般的に Attorney なので、弁護士の名刺に刷る表記は
Attorney Ken Smith J.D. となります。これがもし Attorney Dr.
Ken Smith J.D. となっていたら、J.D. のほかに、なんらかの肩書
きの博士を持っていることになります。

 いずれにせよ、M.D. も J.D. もいわゆる専門職学位であり、これを
一般の博士と同列に考えるのは明らかに誤りです。米国には専門博士と
学術博士の2つがあり、日本とは制度が異なっています。これを博士と
いう単語が一致していることを根拠に、米国の医師はみんな博士だと
表現することは、不適当と言わざるを得ないですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私は理系人間なので、ロースクールの話は初耳でした。J.D.というのもあるんですね。日本ももっと専門職学位を整備するべきかもしれませんね。

名刺の名前の前の『Dr.』は「俺の事をミスターと呼んだら張り倒すぞ!」って意味かと思っていました。。。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/19 09:34

基本は質問者様の感覚で正しいですよ。



先の質問の質問者のdrTT_2007さんが間違っておられるのは、日本の学部、大学院の制度を海外の制度に当てはめようとしていることです。

確かに学部卒で医師になれる日本に対して、アメリカの方が勉強は大変です。ただ、だからと言ってそれをPh.Dと混ぜてしまったり「医者は全員博士」というのは違います。単純にアメリカは日本に比べて医学士になるのが難しいというだけです。

まあ、そもそも博士なんて全く定義が違う制度をアメリカの制度に当てはめようとすることが間違っています。サッカーのフォワードとアイスホッケーのフォワードを同列では語れません。これと同じで日本の修士・博士と、アメリカのMD・PhDを同列で語ることがおかしい話です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、サッカーとアイスホッケーの例はなるほどですね。ただ、ある日突然、「貴方の学位が実はPh.D.じゃないから、国際会議で一切Ph.D.と名乗らないでください。Hakushiと名乗ってください」と言われても、ちょっと困ってしまいます。ますますアメリカへ頭脳流出してしまうかと・・・(私が流出しても日本はたいした損害ではないですが・・・笑)

矛盾をはらみつつも、なんとなくコンセンサスがとれているというところが世の中うまくいっているコツでしょうか。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/19 09:28

私も質問者さんと同じ認識です。


ただ、M.D,Ph.Dと書いている人もいればDr.だけの人もいますし、
一般の人では最早みんなまとめて「Doctor」でしょう。

このやりとりは自分の意見を否定されたdrTT_2007さんが粘着しているようなので、
そんなにこだわらなくてもいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おそらく、歴史的な経緯がそうさせているんだとは思いますが、色々意見があって面白いですね。まぁ、私自身も博士号を取ってからこのたか、「Doctorと呼べ」とか「俺はPh.D.だ」なんてシチュエーションは一回もないですし、こだわらなくてもいいんですが・・・笑

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/19 09:23

各国で制度が違うので、統一見解を得ることは難しいと思います。



アメリカは大学を出てから医学を4年学び、MDとなります。日本は高校を出て基礎知識と医学を6年学び、医師になります。従って、アメリカから見れば、2年も教育年数が少ない日本の医者をMDと呼ぶのは適切ではありません。

学位のあるなしは研究職に就くときに重要になります。アメリカでは学部長クラスの求人でも「MDまたはPhD」となっていることがありますが、日本で「博士」をもたない教授はまずいないのではないでしょうか。

私の結論としては、意外なことに日本の医者はアメリカで言うところのMDではなく「医師」、英語で言うなら「Doctor」になります。ところが、日本の医師がアメリカに行くとMDとして扱われ、それで特に問題も起きていないのです。アメリカに行った人たちが優秀で努力家だった実績が、名称を混乱させた原因のひとつだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 >アメリカは大学を出てから医学を4年学び、MDとなります。日本は高
 >校を出て基礎知識と医学を6年学び、医師になります。従って、アメリ
 >カから見れば、2年も教育年数が少ない日本の医者をMDと呼ぶのは適
 >切ではありません。

これに関しては、私は違う意見を持っております。アメリカはメディカルスクールは4年、日本の医学部は6年です。医学に関わっている期間は日本の方が2年多いんです。もちろん東大のように、またほかの大学においても暗黙的にはそうであるように、最初の二年間は教養科目が主でしょう。それを差し引いても、専門教育は4年間受けられる訳です。なので私は医学部卒がM.D.を名乗っても、なんら問題無いと考えます。むしろ、ほぼ無審査・無論文のお手盛りで博士(医学)が授与される事の方が重大な問題だと思います。

とはいえ、色々な見方がある問題だと思います。学制が違うのですから、やむを得ないでしょうね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/19 09:20

先日の


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4399276.html
でdrTT_2007さんのご回答は間違いであると記載して逆鱗に触れ怒りを買ってしまった者です。
私は、kirin_beerさんのお考えに近い意見の持ち主です。
昔、米国に博士研究員として留学していた時、アパートの家主さんが、「Dr. xxx」と書いて有る私の名刺を見て「Medical DoctorかPh.D.」なのかを聞かれた事が有ります。この事から、米国では「Dr.~」と呼ばれる場合はほとんど医師の場合である事が解りました。Ph.D.のDr.は、その分野内で呼び合う時には通用しますが、一般社会では通用しないと思っております。
辞書を見ますと、
M.D.= Medical Doctor(医者、医師免許所有者)
Ph.D.=Doctor of Phil.(~博士)
B.M.=Bachelor of Medicine(医学士)
私が関係しています医学部の先生にもお聞きしましたら矢張り医師免許所有者は「~、M.D.」と記載し、更に博士号を取得すると「~、M.D.,Ph.D.」とするとのこと。
先日、掛かり付けの内科医の先生に診察に伺ったところ部屋に「~大学医学部卒業証書」「医師免許証書」「博士号学位記」の三つが飾って有りました。
教え子で理工学部の修士課程を終了後、医学部編入試験を受けて3年生に編入後、昨年国試合格し現在2年間の研修医をしていますが、それによると研修終了後は、大学院に戻り博士号取得のために4年間研究生活に入るそうです。
ただ最近は、Ph.D.と書くよりは、「Dr. of Science」と記載するほうが増えていると聞いております。
以上が経験から得た私の考えです。
なお、ドイツでは、博士号を2つ所有していると「Dr.Dr.~」と書くという事を聞きました。流石、称号の国だなと思っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよ。私も外国のドラマかなにかで、「私はドクターだ」「M.D.?それともPh.D.?」というようなセリフを聞いたことがあります。だから、その二つは日本でも外国でも区別され、相補的なモノだと考えていました。こちらの考えの方が一般的みたいですね。安心しました。

ご回答ありがとうございます。特に、ドイツの話は初耳でした。

お礼日時:2008/10/19 09:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMD, PhD の文字の意味を教えて下さい。

良く、病院や健康番組で、「MD, PhD」を見ますが、教授とか?そんな意味でしょうか? あまり正確にわかりません。いまさらこんな簡単な文字で恥ずかしいのですが、教えて下さい。
どんな意味ですか? どうして、名前の後ろに片方のMD だけでなく、「MD, PhD」の両方つけるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1さんの回答にもありますが、MDはMedcine Doctor=医学博士という意味。Ph.Dは、「学術博士号」という意味。ただし、学術博士号の場合には、Philoshopa Doctorという意味があり、哲学博士号という意味にもなります。

欧米の大学の場合には、日本の大学と違い、大学の学部まではどの専門分野でも、ほぼ同じ教育が行われます。コース選択制と呼びますが、大学入学後、学生本位でカリキュラムを選択して、BA(学士)号を取得します。

その後、医師の場合には、医学専門大学院を卒業して医師免許を取得します。そのため、医学専門大学院を卒業すると、自動的に医学博士号が授与されます。

Ph.Dの場合には、大学の学部を卒業後、ある分野の大学院に進み(大抵の場合には、理学部)を卒業して、そこで学位を取得します。その卒業の資格として、Ph.Dが贈られます。

つまり、専門分野としての医師資格を持っているということと、学術分野でなんらかの研究グループに所属して研究を行ってきたのだという証明として両方を記載するのだと思います。

欧米の場合には、意外に知られていないのですが、非常に教育などでも格差があり、Ph.DやMDを取得するためには、「恵まれた家庭に生まれるか?」もしくは、大学時代に普通の人の何倍も努力が求められる社会です(例えば、AAAという成績を収めないと、奨学金が剥奪されるなど)。

そのため、両方の資格を取得するというのは、非常に数少ない人であるという証明のためだと思います。

No.1さんの回答にもありますが、MDはMedcine Doctor=医学博士という意味。Ph.Dは、「学術博士号」という意味。ただし、学術博士号の場合には、Philoshopa Doctorという意味があり、哲学博士号という意味にもなります。

欧米の大学の場合には、日本の大学と違い、大学の学部まではどの専門分野でも、ほぼ同じ教育が行われます。コース選択制と呼びますが、大学入学後、学生本位でカリキュラムを選択して、BA(学士)号を取得します。

その後、医師の場合には、医学専門大学院を卒業して医師免許を取得します。...続きを読む

QM.D.が医学博士でなく医者というのはほんとうですか(笑)!!

この質問は、Q No.4399276の誤った回答を放置する事を避けるために立てました。私は、該当質問の回答者No.3で見事に間違いと指摘された回答者です。皆様の常識では、博士号を持たない医者がM.D.で博士号をとるとPhD.になるとのことです。
ちなみに私は、医学部勤務暦のある工学部教員です(学位は博士(工学)です。
ウィキペディアにも誤ったことが書かれていますので、皆様が誤解されるのは仕方ないかもしれませんが、きちんとした回答ができる方に正しいことを書いていただこうと考え、本質問を行います。
正しい回答をお待ちします。誤った回答を放置することは、教えてgooにとっても良くないことと信じます。

Aベストアンサー

該当質問の回答者No.3で見事に正しいと指摘された回答者です。

整理すると、件の質問はカタカナの『ドクター』もしくは質問者様が『Dr.』という言葉から連想した医療関係者への敬称というイメージと、漢字の『博士』の違いという事ですよね。

東大にはPh.D-MDコースというものがあります。
http://square.umin.ac.jp/UTPhDMD/top/gaiyou.html
 >医学部進学後2年(M2)または3年間(M3)の基礎医学の教育を受けた者
 >を対象に,一定人数を特別選抜し,医学博士課程に進み医学博士号
 >(Ph.D.)を取得します。その後、医学部に戻って医学士(M.D.)を取
 >得できるコースです。

とあります。少なくともカタカナや漢字のドクター・博士については、東大の認識をもって常識として間違いはないのではないでしょうか?

もちろん、日本をはじめとして、世界各国の学位とそれをどう(世界標準語の)英語に翻訳するか、という問題は別にあると思います。

きちっとした回答になっているかどうか自信がありませんが、以上です。

該当質問の回答者No.3で見事に正しいと指摘された回答者です。

整理すると、件の質問はカタカナの『ドクター』もしくは質問者様が『Dr.』という言葉から連想した医療関係者への敬称というイメージと、漢字の『博士』の違いという事ですよね。

東大にはPh.D-MDコースというものがあります。
http://square.umin.ac.jp/UTPhDMD/top/gaiyou.html
 >医学部進学後2年(M2)または3年間(M3)の基礎医学の教育を受けた者
 >を対象に,一定人数を特別選抜し,医学博士課程に進み医学博士号
 >(Ph.D.)を取...続きを読む

QDr. Ph.D.

英語の表記について質問です。英語のタイトルで、名詞等で、”Dr."と”Ph.D."は使い分けていると聞いたことがありますが、それは本当でしょうか。それぞれの意味を教えください。また、日本と米国に意味の差があればそれも教えてください。

Aベストアンサー

面白そうな質問なので見てみたら、いろいろな回答が出ていますね。
僕も自分なりの回答をしてみようと思います。僕はアメリカの大学からのPh.D.を持っていますが、僕の回答にも間違っていることもあると思います。でもまあ、日常生活においてはこの程度の理解で問題ないだろう、というくらいの回答はできると思います。

まず、Dr.はDoctorの略語で、Doctorには医者と博士の2つの意味があります。Doctorと近い単語のDoctorateになると、意味は博士に限定されます。
Ph.D.(D.Phil.と書くこともありますが)はDoctor of Philosophyの略語で、哲学博士ということになります。ただし#6さんが書かれているような歴史的経緯で、理学、工学、社会科学、その他諸々、ほぼ全ての学問分野でPh.D.が使われています。
これがDr.とPh.D.の言葉の意味です。

さて、Dr.とPh.D.の違いを知るには、どんな人がDr.なのかを説明するといいでしょう。以下の人はみんなDr.です。

医者(M.D.; Doctor of Medicine)
医者というだけでもDr.ですが、M.D.という学位自体は博士レベルの学位と規定されているようなので、学術的にもDr.です。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Medicine

医者の卵(B.M.; Bachelor of Medicine; 医学学士)
Doctor には医者の意味があるので、医者の場合についてのみは、学位的に学士レベル相当でもDr.が使われるらしいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Physician

研究系の博士号(Ph.D.)
例外もある気がしますが、少なくともアメリカでは、研究系の博士号=Ph.D.と思っておいていいと思います。イギリスでは#3の方のいわれている「上級学位」も使われていると聞いたことがありますが、アメリカでは聞いたことがありません。
下のリンクによるとD.Sc.の場合、イギリスでは上級学位、アメリカでは工学など比較的新しい学問領域を中心に与えられるPh.D.相当の学位となっているようです。でもアメリカでは普通は、新学問領域でもPh.D.を使っています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Doctor_of_Science

実務系の博士号(Doctor of XXXX)
Doctor of Education(Ed.D.)、Doctor of Business Administration(D.B.A.)などは実務系の博士号です。博士号の価値自体に上下をつけるのはよくないかもしれませんが、研究系の博士号よりも低く見られる傾向にはあります。その他、Doctor of Engineering(D.Engr.)などがあります。
ちなみに、アメリカで例えば工学系のPh.D.とD.Engr.の違いは、プログラム自体がPh.D.ならより研究系、D.Engr.ならより実務系、と僕は理解していますが、ここは少し自信がありません。

名誉博士号
いろいろな分野で名誉博士号があります。

上記の全てがDoctorです。敬称として使う場合はMr./Ms.のかわりにDr.が使われることが多いです。

質問にあった名刺についてですが、アメリカでは「Anthony Robison, Ph.D.」とか、「Anthony Robison, M.D.」とか学位名の後または下に学位が書かれたものをよく見ます。
「Dr. Anthony Robison, Ph.D.」という風な名刺も見たことがありますが、一般的ではないようです。自分に敬称を付けると変だからかな、と思います。

ところが、日常生活での自己紹介や手紙などでは、My name is Dr. Anthony Robisonという使い方も多く見ます。この使い方は僕にとっては少し奇妙なんですが、普通に広まっています。
この場合、多分Dr.は敬称としての意味合いより、「私は博士学位をもっています」という学位名併記に近い感じで使われていると思います。

面白そうな質問なので見てみたら、いろいろな回答が出ていますね。
僕も自分なりの回答をしてみようと思います。僕はアメリカの大学からのPh.D.を持っていますが、僕の回答にも間違っていることもあると思います。でもまあ、日常生活においてはこの程度の理解で問題ないだろう、というくらいの回答はできると思います。

まず、Dr.はDoctorの略語で、Doctorには医者と博士の2つの意味があります。Doctorと近い単語のDoctorateになると、意味は博士に限定されます。
Ph.D.(D.Phil.と書くこともありますが)はDoc...続きを読む

Q病院関係者名刺の英語表記について

病院関係者の名刺を作成中です。以下の肩書を英語で裏書きする場合の表記を教えていただけませんか

医療法人△△会 ○○病院  理事長 院長 医学博士
山田 太郎

医療法人△△会 ○○病院 副院長 医学博士
山田 次郎

Aベストアンサー

いただいた名刺を参考に作ってみるというのはいかがでしょう?

医学博士については、名前の後にPh.D.をつければ解決します。

院長はdirector、副院長だとassistant directorになるようですね。
医療法人などはそもそも、日本特有のものなので英語になるんでしょうか。medical corporationなどを使っているところもあるようです。社団法人日本医療法人協会がAssociation of Japanese Healthcare Corporationsになるようなので、Healthcare Corporationがいいかもしれませんね。
理事長はchairpersonやheadなどを使っているようです。

Taro Yamada, M.D., Ph.D.
The director of ○○ hospital
The chairperson of the △△-kai healthcare corporation

Jiro Yamada, M.D., Ph.D.
The assistant director of ○○ hospital

いただいた名刺を参考に作ってみるというのはいかがでしょう?

医学博士については、名前の後にPh.D.をつければ解決します。

院長はdirector、副院長だとassistant directorになるようですね。
医療法人などはそもそも、日本特有のものなので英語になるんでしょうか。medical corporationなどを使っているところもあるようです。社団法人日本医療法人協会がAssociation of Japanese Healthcare Corporationsになるようなので、Healthcare Corporationがいいかもしれませんね。
理事長はchairpersonやhead...続きを読む

QPh.D 名刺での書き方

英語の名刺にPh.Dを書くとき、色々な書き方があるようです。
Ph.D in economicsと名前の下に書いてあるもの。
名前の前にPh.Dだけ書いてあるもの。
名前の前にDr.としてあるもの。
などを見ました。

一般的な書き方はどんなものでしょうか。

情報よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米国在住です。以前、大学で教授達のアシストをしていた時に、何度か彼らの名刺を作りました。だいたいいつも

John Smith, Ph.D.

のように、名前の後に Ph.D. をつけていましたね。名前の下に Ph.D. in Economics もありだと思います。ただ、名前の前に Ph.D. というのは、見た事がありません。

Dr. に関しては、Dr. を名前の前に付けると、ちょっとお高くとまった感じがしますし、医者と間違えられる事も考えられるので、Dr. を名前の前に付けて名刺を作る人は、少ないのではないかと思います。ですので、知人、友人、同僚の間で自分から「Dr. Smith と呼んでくれ」と言うのもあまり聞かないですね。(もちろん、周りはそう呼ぶ事も多いですけど。)ただ、私の元上司は、ホテルに電話した時に自分の事を Dr. xxx と呼んでいたので(医者ではありません)、どのような時に自分の事を Dr. を付けて呼ぶのか、分かりません。

Qph.Dと博士(課程博士・論文博士)の違い

生物を学ぶ大学生です。大学院に進学が決まっています。経済的不安から修士で卒業するつもりですが、将来も研究に関わっていける仕事がしたいと思っています。

「ph.Dは博士って意味」「日本ではペーパードクターが認められている」「米国ではph.Dがないと相手にされない」といったことを耳にしますが、情報がこんがらがっています。
・ph.Dと博士(課程博士・論文博士)の違い
・論文博士が日本で認められた背景
・世界各国における博士号の取得の方法

これらの点についてどなたか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

これまで、何度か類似の質問が出ています。

大学教員としての認識ですが、
・PhDは、日本の博士と同一レベル。もちろん、日本の博士もいろいろおり、一概に同じとも言えないが、少なくとも、日本で博士以外に同等の学位は無い。

・課程博士は、博士課程にて博士と認定されたもの。論文博士は、博士課程を経ずに博士論文を提出し、博士と認定されたもの。

・特に、戦前においては、博士の数が少なく、大学教員も少なかった。従って、大学卒後、すぐに副手あるいは助手として採用されることが多かった。そうすると、博士を持たない大学教員が多く、対外的に見ても、博士を持たない大学教員は、ワンランク低く見られることもあり、働きながら、博士を取らせる必要もあった。

 日本の社会は、今日でも流動性が低く、卒業時に就職しないと、なかなか就職できない面がある。そんな中で、27歳まで、院生生活を送るのはなかなか難しいものがある。そこで、修士修了後、就職し、仕事で博士号を取るという方法もあった方が良いと思う。

 日本では、修士号は評判が良いが、米国では、(分野にもよるが)博士になれなかった者が修士というイメージがある分野もある。

 米国では、研究者の卵が博士、日本では完成された研究者が博士というイメージが少なくとも過去においてはあった。

 私の母校(地方国立大学)では、課程博士は、査読付論文3報を、また、論文博士は、同10報を博士論文提出の基準にしている。これは、課程博士は研究者の卵でも良いが、論文博士は、完成された研究者であることを要求していると、私の恩師は言っている。

・外国の博士について詳しくは知らないが、課程博士で、米国については書籍等にも紹介されている事が良くある(雑誌「化学」には、現在在籍中の米国大学院生の生活が連載されている)。

 

これまで、何度か類似の質問が出ています。

大学教員としての認識ですが、
・PhDは、日本の博士と同一レベル。もちろん、日本の博士もいろいろおり、一概に同じとも言えないが、少なくとも、日本で博士以外に同等の学位は無い。

・課程博士は、博士課程にて博士と認定されたもの。論文博士は、博士課程を経ずに博士論文を提出し、博士と認定されたもの。

・特に、戦前においては、博士の数が少なく、大学教員も少なかった。従って、大学卒後、すぐに副手あるいは助手として採用されることが多かった。そ...続きを読む

Q学位とか、学士とは(bachelor degree)

学位とか学士とよく聞きます。いったいどういうことを学位、学士と呼ぶのでしょうか。。。(ばかですみません、)
大学を卒業すれば学士なんでしょうか?それともなにか試験をうけて
合格する必要があるのでしょうか。
いま 外国人に、(Do you have bachelor degree or master?)
ときかれていて。私は短期大学を普通に卒業しただけなのですが。。
わかりやすく説明おねがいします・

Aベストアンサー

2年生の学校を卒業すると、準学士(Associate)の資格を得ることができます。
4年生では学士(Bachelor)、大学院に進学、卒業すると修士(Master)、さらにその上に博士(Doctor)と、資格を得ていきます。卒業さえ無事にできれば、誰でも学位を得られますよ。

Q研修医 レジデント フェロー の違い

研修医 レジデント フェロー の違い

こんにちは、とても無知でお恥ずかしいのですが、知恵を貸してください。
日本の病院でいう【研修医】【レジデント】【フェロー】とは
どういう方たちのことを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

はっきりと統一された定義はありません。各病院がそれぞれで決めた呼び方です。
全国的に統一されているのは、医師免許取得後の2年間、臨床の現場でいろいろな科をまわりながら医療業務全般について研鑽を積む期間が「初期研修医」ということだけです。
医師免許取得後3~5年目までの3年間は、それぞれが自分の希望する診療科に所属して専門の研鑽を積みますので、この期間を「後期研修医」としている施設もあります。
さらに、「後期研修医」をジュニア、6~8年目あたりを「シニア」と称して上意下達のシステムを作っている病院もあります。
「研修医」という響きの悪さなどから「レジデント」と称している施設もありますが、初期研修医をそう呼ぶ施設、後期研修医をそう呼ぶ施設、全部ひっくるめて「レジデント」な施設など、様々です。
「フェロー」については少し意味合いが違うと思います。あくまで他の医療機関に籍をおいており、研究や臨床経験の向上のために別の病院に出向しているスタッフを「フェロー」と呼ぶことが多いと思いますが、これも施設間により定義が異なります。

Qドクター と 博士

Dr.っていうと、どうも医療関係の博士を全般にあらわしてる
ようなイメージがあります。
でも、いわゆるエンジニア、物理とか工学の博士でもDr.と
呼ぶのでしょうね。
あるいは別の呼び方があるのでしょうか。

Dr.スランプなんて漫画も主人公は「ドクター」ですからね。

Aベストアンサー

ドクターという外来語に頼ると混同してしまいますね。
日本語では「医師」と「博士」がドクターとなります。
医学部医学科を卒業し、医師国家試験に合格すると「医師」になります。この人をdoctor of medicine(MD)と呼びます。
大学院博士課程を卒業し、論文が受理されると「博士号」をもつことになります。これをDoctor of Philosophy in XX(PhD)とよびます。無理やり訳すとXX領域の哲学者ですね。一部には哲学者ではなく、Doctor of Education(EdD)のようなものもあるようですね。ANo.1のリンクを参照しました。
Dr.スランプは後者でしょうね。せんべいさんが医者をしているのを見たことないですから。

Q医学部の、学士、修士、について

医学部は6年間だと思いますが、その6年間すべてを終えて初めて学士となるのでしょうか?
それとも、一般の学部と同じで4年住めば学士、5年目から修士となるのでしょうか?
初歩的な質問ですみません・・・。

Aベストアンサー

No.2です。再度お邪魔します。
No.1の方へのお礼の文を拝見して、ご質問の理由がわかりました。
No.4さんのおっしゃることと同じことなのですが、実は医学部の大学院にも修士課程がある所もあります。
これは医学部医学科(つまり医師を養成する学科)以外の大学卒業生(たとえば理学、薬学など、4年制の学部卒)で、基礎医学を専攻したい人を対象にしています。
基礎医学というのは、生理学、生化学、薬理学などで、こういう分野は医師免許がなくても研究できます。
したがって、23歳で医学部の大学院生というのは、あり得ます。ただし、No.3の方がおっしゃるように、医師免許をもつ方ではないと思います。

蛇足ですが、医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。(ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)したがって、「医学博士」の学位をもっている人でも「医師」でない人もいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報