外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相変わらず長文です。

覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html
    • good
    • 45
この回答へのお礼

改めての回答ありがとうございます。
じっくり読ませていただきました。
1)2)3)とも興味深かったです。もう少し、自分と向き合って考え込んでみる必要がありそうですが・・

私は、人を好きになるのも行動するのも「本能」が働いているからだと思っていました。基本的に思い立ったらすぐ行動するタイプだと思っていたので、恋愛もその傾向がああるのだろうと。(それを言い訳としても使っていました)
しかし、本能というのはいわば無意識と同じもので、そこに共通点があったり欲しているものがあるのでしょうね。そこには全く目を向けずに過ごしてきました。
私は自分のことをほんのちょっとしかわかっていないようです。

>信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
この言葉、衝撃的でした。でも、おっしゃるとおりです。私は今まできっと相手にも求めすぎていたのだと思います。

harrywithersさん、ありがとうございました。
harrywithersからたくさん考える材料、方法を教えてもらいました。これからじっくり考える時間をとりながら、回答を何度も読み返すことになると思います。
なんとなく光が見えてきたような気がします。本当に感謝しています。
ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

お礼日時:2008/10/31 14:53

こんにちは


心理学的な答えを求めていたらすみません。

一般の意見あくまでも経験での意見を言わせてもらいます。

正直幼稚園から高校までの間が一番身近に無償で
接すると思うので・・・
私も母子家庭は変わっている、という意見です。
周りの大人や親、クラスの子達といった子がそう言っているせいもあります。
でも人間関係でもめるときはやっぱりあの子は母子家庭。
三人兄弟の真ん中とか。
愛情が欠落しがちな人だっていうのは事実です。
両親がそろっていればまたそんな事は言わずに、
一人っ子だからわがままなんだ。
とか言われるんですが。
何かにつけて理由をつけているだけだと思います。
人間ひとつひとつ見ていけば価値観の違いだけで個性ととらず、
変わっているという片付け方をする人もいるので・・・。
両親がそろっていても、愛情が欠落している人だっています。
他人からの愛情が不足している人だっています。
どこかで何か足りなければ、どこか歪んでいくものです。
それをうまくカバーして大人になっていくのだと私は思っています。

eco39さんはもしそうなら直そうという意思と自覚がある限り、
母子関係というのは関係ないように思います。
恋愛に一途になれない人なんていくらでもいます。
それは母子家庭だからでなく、愛情が欠落してるからでもなくて。
個人の経験上の考えだと思います。

心理学は、確かに納得できるような答えや、
そういわれてみればそうなのかもしれない・・・
と言った事もあると思います。
でも人間の感情はつかみきれないもの。
絶対そうだととらわれないで下さい。
そうでない人もいますが、心理学を勉強するとある程度飲み込まれてしまいます。
あくまで前向きに、人の話に納得しないで自分らしさを持つことが大事なんだと思います。
うまく答えにならずにごめんなさい。
    • good
    • 47
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね、家庭環境だけではなく、学校、友人関係など多くの要因によって成り立った結果が今の私なのだと思います。
私自身、性格という物は段々に形成されていくものだと思っていますし、実際そうなんだろうと思います。ただ、自分ではどうしようもないもの、根本的なところを形成しているのは子どもの頃の課程ではないか?と考えたのです。

>恋愛に一途になれない人なんていくらでもいます。

もちろん、私以外にもいるでしょうし、同じく悩んでいるかたもいるでしょう。
私は大げさに考えすぎなのかもしれませんね。
ただ、私は自分は変わるべきだと考えています。心理学的な考えを聞いて、納得して終わるわけではありません。足りない部分を知るためには、まず自分のことを深く知る必要があります。こちらで頂いた回答は、自分自身を掘り下げるための材料、方法として使わせて頂こうと思っております。
それからどう行動するかは私次第ですが・・・

>でも人間の感情はつかみきれないもの。
>絶対そうだととらわれないで下さい。

この言葉を胸に止めておこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/31 15:57

eco39さん、こんにちは



> 愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向がある・・・

別に揚げ足をとるつもりはありませんが、「愛情不足な環境」は、
「環境(外界)」の側にあるのか、それとも「個人(本人)の解釈の中の愛情不足の環境か?」
つまりどんな環境でも本人の受け取り方(性格など)で、
この子供の性格的な傾向は真反対に成ることもあり得ます。

 ※臨床心理では個人(本人)の解釈は大変に重要なことなのです、
  そこに、性格や疾患の大きな要因があるのですから・・・

ひとつづづ解説して行きます。

1)> 特に愛情不足を感じたこともなく、

こういう感じ方をしている方には、
決定的・根源的な愛情不足による大きな問題点はないものと思われます。従って・・・

2) > 「やっぱり、片親で育った人は変わってる。

こういう意見は、単なる偏見だと思いますょ、そんなことを言うなら、
人間なんて皆変わっていて、60数億人、一人として同じ人間はおりません、
母子家庭がどうかの差よりも、その人、個人の(上に書いた)「本人が受け取る内的世界」が
どのような形をしているかが、性格などの大きな差を生むものです。

そして、『理想的な家庭』も『充分な愛情もらった子供』も現実には存在しません、
親が愛情たっぷりに育てたつもりでも、本人はそうは思えない場合がほとんどですし、
不満や不足のないモノゴトには、人間は満足感が感じられないという事実があります、
つまり、不足があり、始めて充たされることに気付くことができるのです。
光は闇があって存在するものですし、充たされ続けた人間は、充たされたことに気付けません。

両親がそろっていても「内的世界」では片親の家庭も数多くあります。
戸籍上の父親が不在でも、心理的に父親的な存在が居る場合もあります。

3)> 私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、

この辺りは、父親的な存在の不在(・・・なんかややこしい表現)が原因かも知れません、
女性(母親)は、どうして理性的よりも感情的な行動が優位になりますので、
規律や観念的な道徳観が希薄になってしまうことはあると思われます。

4)> 『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまう

ひねくれた性格は、繰り返された「親からのストレートな愛情が受けられなかった経験」つまり、
愛情の希求への挫折経験によって、『負の愛情(叱られる、叩かれるなど、)でも無いよりはまし』
との観念が出来上がった結果、無意識に自分を傷つける相手を選んで好きになります、
しかも、真っ直ぐ自分に向かう愛情は経験がないので、その人が自分を好きになると
その愛情を受け入れる方法がわからずに拒否してしまいます。

しかし、注意して欲しいのは、このような心理学の理論は、あくまで理論値で、
実際の個々の人間は個々の歴史の上の実行値(個性)を持っているのが私たちです。

A=Bという論はとてもわかりやすいのですが、同時に間違いやすい論でもあります
愛情不足だから愛情を希求するのは、当然ですが、その発露の仕方(現実の行動)は
その人なりの個人的な、動機・原因・経験・感じ方・考えなどなと色々複雑な要素が
絡み合うものであり、(恋愛)相手の状態・状況も複雑に絡み合うものです。

5)> 母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感が

確かに、男性(父親)がいないので、そういった欠落感は在るのかも知れませんが
気付けば、意識して直していけば良いことです。

> 今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。

ひとりの人間と背景を理解するのに、これだけの文章では全く判りません、
カウンセリングルームで、対面し何日も何時間もインタビューすれば、
少しは理解できるかも知れませんが・・・ スイマセン

そして、今ある自分が家庭環境に根ざしているかどうかが重要ではなくて、
今ある自分を、良い方向に変えて行くにはどうしたら(どのように考えたら)
良いかが重要だと思いますが、如何でしょう。

例えば、車が壊れたとき、車(部品)が壊れた原因を探るよりも、動かすにはどうするか?
壊れた部品の修理方法を探るのが現実的な対処方法だと思います。
勿論、何度も同じ部品が壊れるなど、必要性があれば、原因の究明は必要ですが、
それは、こういった場では、不可能です。カウンセリングなどをお薦めします。

これは、私の意見で願いですが、(心理学の)一般論はあくまで一般論で、
一般論は、支給されたサイズの合わない既製の服や靴のようなものです、
それに、eco39さんが、自分の心のサイズを合わせる必要などどこにもありません、
それこそ、ご自分を粗末に扱い蔑ろにしていることになります。
もっと自分を尊重して、大切に扱って下さい。

上のような心理学の理論や一般論は、自分をそこに当てはめる為ではなくて、
自分の陥りやすい無意識のワナに気付き、ワナに落ちるのを回避するために使ってください。
『母子家庭で育ったのだから・・・』などご自分を一般論に埋め込まないで欲しいのです。

どのような家庭で育っても、貴方は貴方です、
親は、可能な限り愛してくれていたはずです。
私たちには、自分を知れば意識し自分を変える力があるのです。

解りにくい文章で、長々と失礼しました、
eco39さまが求めた回答に成っていないかも知れません
また、余計なことを書いたかも知れません、気に障りましたら申し訳ありませんお許し下さい。
    • good
    • 41
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ひとつひとつ解説して頂きありがたかったです。

私には一人同性の大事な友人がいます。その子の両親はずっと仲が良く、弟や妹の話、家族みんなで旅行に行った話など聞いていると、その子が過ごしてきた家庭のあたたかさがあるからこそ今の姿があるのかとしみじみ思っておりました。それが自分の家庭環境について考え始めたきっかけでもあります。
私の中で彼女こそ『理想的な家庭』で育ち『充分な愛情もらった子供』だったのだと思います。

そして、私は今まで自分の内側にばかり原因を求めていたけれど、もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?と思い、質問させていただきました。

ただ、どこか一般論に当てはめてそれを防壁のひとつにしようとしていたことも事実です。
私自身ウィークポイントだと思っている部分も、実は周りから責められたり指摘されたことでそう思っている部分があります。本当は、今のままでもいいんです。でもそれではいつまでたっても改善しない。ではどうすれば?
具体的な解決策が見つかりません。

>確かに、男性(父親)がいないので、そういった欠落感は在るのかも知れませんが
>気付けば、意識して直していけば良いことです。

これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
好きという感情をコントロールする術を身につける、男性と接する機会を減らす、等でしょうか。
それらは根本的な解決につながっていくのでしょうか・・。

なんだか途方に暮れてしまいます。
カウンセリングも検討してみようと思います。

理解力がないせいで、もしかしてharrywithersさまのおっしゃっていることとすれ違っている部分もあるかもしれませんがご容赦ください。

genki_mamaさまから新たな回答が頂けるかな、と思い受付していたのですが、
思わずharrywithersさまからの回答を頂けて嬉しく思っています。
とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/30 16:03

 まずはこちらをご覧ください。


http://homepage3.nifty.com/HATTATU/hitokotobak/0 …

簡単に言うと、「あまのじゃく」と「人情恋しい」の2パターンに分けられるということです。

『相手が振り向いた途端に好きじゃなくなる』という部分はまさにその『あまのじゃく』、そして『惚れっぽい』のは『人情恋しい』のでは・・?

彼女がいる人に恋してしまう・・。少し分析してみましょう。
彼女・彼氏がいる人というのは、恋をしているわけです。恋をしたらフツー、誠実に一生懸命に生きようとしますね。困った人があれば、話を聞いたり、手を貸してやったり、親切に、正直に振舞おうとしますね。だからこそ、『恋をしたら人は輝いてみえる』のでしょう。そして、アナタの好きなタイプは、その『輝いている』人なのです。輝いている人には恋人が居る・・当然です。つまり、輝いている人を見つけるのではなく、恋したら輝きそうな人、を探すのがコツですよ。既婚男性と不倫する女性が『落ち着いた男性が好き』というのも同じで、オトコは結婚して家庭を持つからこそ、落ち着くものなのに、そこに気がついていません。探すなら、『落ち着いた男』でなく、『結婚したら落ち着きそうな男』を探すのがコツなのに・・。わかります?

好きな人が居ても、他に好きな人が出来てしまう。
これは要するに『幸せ』を失うことの恐れから『予備』を探しているのではありませんか、本能的に。

母子家庭で育ってなくても、パパが仕事人間で不在がち、そしてキョーダイはみんな女性、という環境で育った子でも同じような症状を見ますよ。
男性に免疫がないんですね、要するに。だから惚れっぽい or 近寄れない。の両極端になってしまいがちです。

一途になれないというのは、愛情不足の生育環境と関連する問題で、
こどもは誰でも、『愛が欲しい』ものです。母の愛、父の愛、兄弟の愛、など、その時、その時によって違いますが、適切に与えられなかった場合、信頼関係にもヒビが入ります。人間不信になる、ということです。
恋愛しても、一途になれないというのは、どこか不信を抱えているという証拠だと。だからこそ、予備を準備しておこうと本能が働くのか、と。

老人が庭やプランターに花を育て、愛するのは『植物は裏切らないから』とよく言います。水をやり、日当たりを気にかけ、栄養を与え、風や害虫から守ってやれば、花は必ず咲きます。でも水を忘れたりすれば、テキメンに枯れてしまいます。本当に正直です。

アナタも、何か、裏切られない何かを体験なさっては。そして、信じることが出来る『強さ』を身につけてごらんなさい。愛情不足で育ったものはまず『自分に不信』なのです。君が居るだけで嬉しい、というような、『人間肯定』を受けて育たなかったからです。健全なヒトの発達には欠かせない『栄養素』なのです。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

>アナタの好きなタイプは、その『輝いている』人なのです。

そうですね。
確かに、今まで好きになった人は彼女のために結婚資金を貯めている人や、焼き物を作って彼女にプレゼントするような相手に尽くすタイプの人だったような気がします。そういう姿を見て、自分も同じように愛してくれないかなあ・・と好きになっていたのかもしれません。

>こどもは誰でも、『愛が欲しい』ものです。母の愛、父の愛、兄弟の愛、など、その時、その時によって違いますが、適切に与えられなかった場合、信頼関係にもヒビが入ります。人間不信になる、ということです。

これは、幼少期のときにということでしょうか?
父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?それとも他人全般に対して?または、自分に不信を抱くことにつながったのでしょうか?
この部分がよくわからず・・・?マークばかりですいません。

裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?
信じることができる強さも同様に。
そして、どちらも持ち合わせている人間なんてこの世にいるのでしょうか・・

いろいろ書いてしまい申し訳ありません。
的を射ているからこそ、疑問に思うことが多くなってしまいました。
正直、私みたいな人間はたくさんいるだろうし、ただのだらしない若者でしょ、という回答を覚悟(期待?)していました。
でも、genki-mamaさんの回答はこれから生きていく上ですごく参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/28 16:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q片親に育てられた子供は両親そろっている子と「何か違う」の?子をもつもたない関係なく意見を聞きたい。

以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか?
最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。私自身シングルマザーです。きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。)

例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。
それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。
休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。
が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。
親がそれを止めようとせず、「私は仕事だから●●ちゃんの家にでも行って遊んでおいで」と相手の家の都合も考えず子供を外へ出してしまったり・・・。

他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。

最近体験したものを2つほどかきました。
で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。
でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。
似た事例で連れ子の場合もそうです。「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。
人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。
差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。
片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。

そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。
もちろんそうでない方もいらっしゃいます。
なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。

いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。
残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。

とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。
正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。

あ、そうだ。片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。
時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。
そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも)

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...続きを読む

Q幼少期に親から十分な愛情を得られなかった男性

複雑な幼少期を過ごされた男性の方にお尋ねさせてください。
実体験に基づく、ご自身の恋愛傾向や恋愛感を教えていただけないでしょうか。

子供時代に両親からの愛情を十分に得られなかった(虐待や暴力ではなく)ことで、大人になってからの恋愛関係において相手に何を求めるのか、どういう関係が心地良いと感じるのか。逆にどういった関係が苦痛になるのか、どういうタイプの人に惹かれるかなど。

Aベストアンサー

私の元旦那がそうでした。

私の元旦那は(離婚して 2年以上が経ちました) 年子の妹さんがいますが 3歳くらいの時に お母さんが浮気して両親が離婚、父親に引き取られ 祖母と叔母に育てられたそうです。

父親は再婚すると 先妻の子は 放置で 後妻との生活をしていたそうです。
後妻との間に 2人子供ができました。

その後も 先妻の子と 後妻の子で ごく近所で 別居でした。
先妻の子(元旦那と妹さん)は 祖母の家、父親と後妻、子供は ごく近所の家でした。

という環境で育った元旦那は「愛情を知らない」と言っていました。

でも、間違いなく 祖母、叔母 その他親戚には とても愛情を注がれたようでした。

でも、両親の愛情、特に母親の愛情は大きいもので 女性に対する「要求」が多かったです。

まずは主婦じゃなきゃいけない。
子供は 小さいうちは預けない、自分の思い通りに行かないと 怒りだす。
働かない、浪費、大変でした。
もちろん 束縛もすごかったです。

元旦那の恋愛において 相手に何を求めるのかは「揺るがない深い愛情」ですね。
絶対的な愛情、優しさ、です。
優しさは 我儘を言ったりして 確認するようです。
尻が軽そうな女性はダメみたいです。
惹かれるのは プライドが高い為 外見は こだわりがあるようです。(だからと言って絶世の美女と言うわけじゃないです。あくまで好みです。)

そんなこんなですが 私の今の彼は 幼少時代はわかりませんが(両親の愛情など) バツ2で 2回とも浮気され、浮気して離婚したようです。

やはり 元の旦那のように 「絶対的な愛情」を求めているようです。

何より裏切られることに 怯え、人を信用できず でも、絶対的な愛が欲しい、んです。

保身のために 浮気する、みたいなこともあるようです。

今 私は彼のお母さん兼 彼女、みたいですよ。

彼の「お世話」をしてるような時もあります。
例えば お風呂上がりに 髪に 美容液をつけてあげたり 服を着たまま 寝たら 脱がしたり…
風邪をひけば 薬を飲ませたり。
もちろん 自分でしっかり できる人ですから 社会的には 立派な人です。
でも 愛情として求めるのに 「お母さん」のような 彼女を求めるようです。
 
できるけど してもらうことで愛情を確認してるような気がします。

彼が安心できるなら、と 私は してます。

だからと言って 彼は 偉そうにしたリしないので私は できるんですが。

私の元旦那がそうでした。

私の元旦那は(離婚して 2年以上が経ちました) 年子の妹さんがいますが 3歳くらいの時に お母さんが浮気して両親が離婚、父親に引き取られ 祖母と叔母に育てられたそうです。

父親は再婚すると 先妻の子は 放置で 後妻との生活をしていたそうです。
後妻との間に 2人子供ができました。

その後も 先妻の子と 後妻の子で ごく近所で 別居でした。
先妻の子(元旦那と妹さん)は 祖母の家、父親と後妻、子供は ごく近所の家でした。

という環境で育った元旦那は「愛情を...続きを読む

Q両親が離婚して、父子家庭で育った男性について

よく両親が離婚して、母子家庭で育っている男性は、父親を知らないから、想像できなくて、色々恋愛で困ると聞いた事が有りますが、父子家庭で育った男性で、祖父母に育てられた場合はどういう感じになると実際言われますか?彼氏が、結婚したいとばっかり言うのに、こっちがその気に成ったら逃げたり、凄い年上女性が好きだったり、男尊女卑で、男がえらいと言ったり、うざくてしかた有りません。でもそれって父子家庭だからかな~と少し思いました。ちなみに彼は一人っ子です。父子家庭だと女性にどー言った物を抱きガちとか一般論で良いのですが有りますでしょうか?別に偏見とかでなく参考にしたいので、教えて下さい宜しくお願いします

Aベストアンサー

いえ、気を悪くなどしていません。
普段は「コテコテの関西弁」なので、いつもとは違う表現方法になると硬くなってしまうようで、加えて率直に発言してしまう為キツクなる傾向があるので気を付けなければ。。。と反省しているところです。
すみません。

私の昔の彼ですが、彼も一人っ子でした。
男尊女卑の発言は私が許さないのでしなかったのですが考え方はそうであったと思います。
「これは女がするもんや」的な考えです。
ですから「してもらうこと」が当たり前で何度言っても動きません。
私とは同い年でしたが前の彼女は年上です。
結婚は彼が積極的でしたけど私は考えられなかったので??
基本的には穏やかで対立を好まない人。
事なかれ主義まで言うと言い過ぎですが。そんな感じです。

表面が穏やかなので優しいと勘違いされてモテる人でしたが
よく優しさってコップの中の水に例えられるでしょ。
その人の心の器(コップ)が愛情(水)で満たされて
溢れた分しか周囲に分け与えられない。
コップに水を注ぐのは、父であったり祖母であったり友達であったり
様々な人から愛情という水を注いでもらうのですが
その水の多くを注ぐのは母親にしかできないために
その他の人から注がれても、溢れるほどにはならないのです。
心が満たされない、状況です。
溢れた水=愛情・優しさ・思いやり

昔の彼も冷たい人ではなかったし、一般的に女性が男性に求める
条件も十分クリアしていました。
でも別れちゃいましたね。
私の価値観で判断したことなので価値観が違えば結果も違ったと思います。

ご参考になれば幸いです。

いえ、気を悪くなどしていません。
普段は「コテコテの関西弁」なので、いつもとは違う表現方法になると硬くなってしまうようで、加えて率直に発言してしまう為キツクなる傾向があるので気を付けなければ。。。と反省しているところです。
すみません。

私の昔の彼ですが、彼も一人っ子でした。
男尊女卑の発言は私が許さないのでしなかったのですが考え方はそうであったと思います。
「これは女がするもんや」的な考えです。
ですから「してもらうこと」が当たり前で何度言っても動きません。
私とは同...続きを読む

Q親の愛情不足でしょうか。今からでも克服出来ますか

心が満たされないのは、親の愛情不足が原因なのでしょうか。
もしそれが原因なら、大人になった今からでも、考え方の矯正などで
克服できますでしょうか。

以前心が満たされない件で質問させていただきました、30代女性です。
そのときは色々とアドバイス頂きありがとうございました。

いま、それについては、アドバイスを元にした対策を検討する他、
欲しがる心を抑えるような考え方の書籍を読み
なるべく穏やかな気持ちで過ごせるよう努力をしています。
まだ、波はありますが。。。

それに関連し、自分という人間がどういうふうに育ってきたか知りたく、
婚約者等に相談したりネットで調べたりしておりました。

うすうすは感づいていたので、やっぱりそうかと思った部分もありますが、

●1歳くらいの物心付く前に両親が離婚、以来母一人で育ててきた
(腐れ縁でずるずると付き合っていたらしい、内縁の夫はいましたが13年前に病気で
なくなりました。私は好きでも嫌いでもありませんでした)

●私自身もひとりっこ

●母自身も貧乏家庭で4人きょうだいの末っ子、これまた勝気な母(私の祖母)を
反面教師にしてきたと本人談。
●性格は大雑把で勝気で要領がいい、筋は本人なりに通すが第三者の客観的意見は
取り入れる方ではない。

●私は真面目な性格なためか、母が何の気なし(であろうと思われる)に放つ言葉で
傷つく。母はもちろん、そんなことはすぐに忘れているようです。
私も、感情むき出しで怒ったり暴言を吐いたりしたくないのですが
母に対してだけは、出ます。

●母は食べ物の好き嫌いが多い方ですが、私はほとんどありません。
今までずっと食事を作ってくれるのは有難いですが、子供の頃からずっと
母は自分の嫌いな食材は食卓に出しません。これ、普通だと思っていたのですが
どうも最近知った情報ですと自分が嫌いでも子どもが好きなものなら
出すのが普通なんですか?

●人のやる事にいちいち口出しをする。
私としては3という答えを出すのに、1+2でも3×1でも、1.5×2でもいいと思うのですが
そのプロセスから割り込んできます。。。今でも。
具体的には、洗濯機の使い方とか掃除の頻度とか強いこだわりがあるようです。

食事づくりも、ガスコンロが脂でよごれるのを嫌うのですが
美味しいものが出来れば多少よごれても良いと思ってしまう私は、
たまに台所に立ってもいろいろ文句を言われるので台所に立つ気がしません。

●貧乏で育ってきたせいかモノに執着が強いです。使って古くなったり汚れたり
するのが当たり前と思うのですが。
私は、どちらかというと高級なものや新しいものを大事に使うのは気を使うので苦手なんです。

●交流があると言える友達はいないようです。

上記の環境で育ってきた母にタイマンで育てられた私は
昔も今も学校では自分の意見を持ちなさいと先生に言われ、
会社では上司に指示待ちでなく自分で考えて行動判断しろと言われます。

先生や上司に怒られることを極度に恐れます。

失敗を恐れます。(根本的に失敗してもいいんだという考えがない)
今いる会社の先輩は私と対照的に明るくなんでもポジティブな考えをお持ちなんですが
きっとそれは、間違ってもご両親に認めてもらえたのだろうと思います。
ご両親もとても仲良しな夫婦だそうです。

こうなってしまったのは、やはり母に認められず育ってきたからでしょうか。
私の性格もあるんでしょうか。

悩んでも親は交換できないし考え方を変えさせるのも難しいです。
本人はもちろん、私に愛情を注いできたと思って疑いません。
私はできれば距離を置いて生活したいのですが
母一人子一人という意識が強すぎるのか
私を離そうとしません。

人間関係には親子他人関係なく適切な距離があると思うのですが
わたしが距離を置きたがっていることに気が付かないのか

はたまた、彼女自身が60すぎで、体力にも自信がなくなってきて
また経済的にも心もとないから離したがらないのか。。。

しかし私もあと数年で人生の折り返し地点ですから、せめてこの先少しでも
明るくおおらかに過ごしたいのです。

「こうしなければならない」という強迫観念めいたものを捨て、失敗を恐れない。
母の言うトゲのある言葉を上手くかわして生きられれば少しはましだと思うのですが。

どうぞ、宜しくおねがいします。

心が満たされないのは、親の愛情不足が原因なのでしょうか。
もしそれが原因なら、大人になった今からでも、考え方の矯正などで
克服できますでしょうか。

以前心が満たされない件で質問させていただきました、30代女性です。
そのときは色々とアドバイス頂きありがとうございました。

いま、それについては、アドバイスを元にした対策を検討する他、
欲しがる心を抑えるような考え方の書籍を読み
なるべく穏やかな気持ちで過ごせるよう努力をしています。
まだ、波はありますが。。。

それに関連し、自分とい...続きを読む

Aベストアンサー

環境や経験したことによって影響を受ける事は、誰にでもある事だと思います。

しかし、外から来たものは外的な要因です。原因ではありません。

原因は常に自分の中にあります。

表面的な自分が行動・選択・思考した結果に訪れる現実と、内なる自分が体験や学びを必要として引き寄せる現実があります。外は常に、自分の為に協力をしています。

その中で、自分はどう感じ、どうしたいのかを把握して実践していきます。

トラウマは解消できます。過去から継続している感情を自分自身で終わらせることが出来れば、心は自由になります。


自分を救う一つの方法です。
1.まずはモチベーションを上げるために、楽しい事や喜びを感じる事を探して実行していきましょう。 行動でモチベーションを上げることが出来ない時には、自分の支えとなるものを探してモチベーションを上げる事を練習しましょう。他にも様々な選択肢があります。興味のある事に取り組むことが大事です。美味しいものを食べる、沢山睡眠を取る、休養する等でも大丈夫です。

2.心が満たされてきたら、自分に向き合い、自分を受け止め、受け入れる練習が必要だと思います。

3.次に心がすっきりとしてきたら、自分の生きる方向性を見つめ直した方が良いと思います。何も縛るものが無い時に、自分が何でもできるとしたら何をしたいのか。
それを自問し、答えが出たらそれを実現する為に少しずつでも行動を起こしましょう。

私が2で行っている方法です。感情に支配された時を思い出し、『なぜ○○の時に○○なのか。』と自問します。過去の映像・人物・感情が蘇ったらその当時の自分に対して「もう大丈夫だよ。終った事だからね。安心して良いよ。愛しているよ。大好きだよ。ありがとう。」という感じに自分なりの言葉で、自分が安心するように何度も声をかけます。登場人物が笑顔に変わったり、感情がすっきりとするかも知れません。私は初めの内上手くできませんでした。気長に行う必要があります。私はこの方法に近いやり方を10年以上前に友人から教わりました。当時は「すべてを愛するのです。全てに対して愛しているよ。ありがとう。と言えばいいのです。」 と聞きましたが、何の事だかさっぱり理解できませんでした。自分を癒すことが出来るようになったのは、ごく最近の話です。癒されようとすることを止めてから、自分自身で癒すことが出来るようになりました。

※ 出来るようになってきたら、根本原因を探るようにしましょう。

すぐに結果を出そうとしないことや、自分を裁かないことも大事です。裁かないコツは良い悪いと白黒とはっきりさせずに『まいっかー』と、どちらでもない領域に入れることで変わると思います。

何より大切なのは、諦めないことです。生きる事に意味があります。


ご参考までに。

環境や経験したことによって影響を受ける事は、誰にでもある事だと思います。

しかし、外から来たものは外的な要因です。原因ではありません。

原因は常に自分の中にあります。

表面的な自分が行動・選択・思考した結果に訪れる現実と、内なる自分が体験や学びを必要として引き寄せる現実があります。外は常に、自分の為に協力をしています。

その中で、自分はどう感じ、どうしたいのかを把握して実践していきます。

トラウマは解消できます。過去から継続している感情を自分自身で終わらせることが出来れば...続きを読む

Q母子家庭の女性とは結婚しない方がいい・・・

差別、偏見、視野が狭い・・・色々と批判があると思われる考えについて質問させていただきます。

私の友人、同僚、先輩など男女関係なく『母子家庭の女性とは結婚しない方がいい』と言います。皆んながとは言いませんが多くの人が言います。

境遇は独身、離婚歴有り、離婚調停中、またそ友達、知り合い、親類の経験からそう言います。理由も人それぞれですが大体は似ています。(あえて理由は書きません)

もしこの質問をご覧になられた方々で『母子家庭の女性とは結婚しない方がいい』と思われている方がおられましたら(匿名が故に言える)率直な意見を教えて下さい。

Aベストアンサー

あくまで私の場合ということで・・・

私の両親は健在ですが、妻の母親はバツ2で妻は最初の夫の子に当たり、2番目の夫の子(男2人女1人)が居ます。2番目の夫とも離婚し、今は独り身です。

妻と知り合ったときは義母は生活保護受給中のようでしたが詳細を聞くわけもいかず、ただ明らかにそのような生活をしていました。また当時、妻の実家には固定電話も敷かれておらず、電話連絡をすることが困難だった記憶があります。

義母は当時、清掃婦の仕事をしており、子供を育てることに精一杯だったようです。私たちの結婚の話しが出て、双方の両親(妻側は母のみですが)が初めて顔を合わせる際も・・・な服装でみえて、私の母親が立腹してしまう事態もありました。当然、結婚には大反対されましたが私が説得し、どうにか結婚をすることができましたが式は挙げませんでした。

その後、子供が産まれましたが、普通は母親側がするお祝い関係も一切なく、私の両親も呆れて物が言えないと言っていました。その辺りは私が対応して事なきを得ていましたが、今年に入り、妻が些細なことで家出し、その際に私名義の預金、子供の学資保険等数百万円の預金合計約一千万円ほどを持ち出して、未だに行方不明です。

繰り返しますが、あくまで私の場合です。他の母子家庭のかたに当てはまることはないと思うのですが、参考まで

あくまで私の場合ということで・・・

私の両親は健在ですが、妻の母親はバツ2で妻は最初の夫の子に当たり、2番目の夫の子(男2人女1人)が居ます。2番目の夫とも離婚し、今は独り身です。

妻と知り合ったときは義母は生活保護受給中のようでしたが詳細を聞くわけもいかず、ただ明らかにそのような生活をしていました。また当時、妻の実家には固定電話も敷かれておらず、電話連絡をすることが困難だった記憶があります。

義母は当時、清掃婦の仕事をしており、子供を育てることに精一杯だったようです。私...続きを読む

Q両親がいない人の性格と恋愛観。

両親がいない人の性格と恋愛観。

こんばんは。
・両親を小さい頃に亡くし、施設へ預けられ、その後伯母さんに育ててもらった。
・きょうだいは兄と姉で普通に仲は良い。
・今は30代前半で独身。
こういった境遇で過ごしてきた方の性格や恋愛観は両親がいる方と何か違ったり、偏ったりするのでしょうか?
おそらく両親からの愛情はほとんど受ける時期がなかったと思われます。
それでも周りの環境でフォローできるものでしょうか?
偏見などはありませんが、こういう境遇の人は両親がいる人と違いはあるのかな・・・と思いまして。
求めるものや固執するものは変わらないでしょうか。
特に恋愛観が知りたいです。

私が好きな人はこの境遇なのですが、普通に恋愛もし、ひねくれるどころか周りに優しく友人もおり、しっかりしていて、でもどこか放っておけないような雰囲気を感じます。

両親がいない人の特性というか、どういった傾向があるのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そこまでそっくりな状況でなければ友人にもいますしなんとなく・・・・

母親の思い出がな=母像が成立していない=どんな人を好きになるのかメドがつかない事が多いでしょう・・
甘える事もあまりできなかったのであれば、甘えん坊な人も少なくないと思います。
だけど甘え方がちゃんとわからずどう甘えればいいかとかどう愛情を与えていいのかわからない場合も考えられます。

いい部分でも、もし友達がいてすごくやさしい人なのであれば、すごく頼りになる強い人でもあると思えます。
親がいないから自分が強くなんなきゃいけないとおもったのであれば。

母親がいない人(思い出がない人)は恋愛でなかなか上手くいかないこともあると思います。
あばさんにどこまでしてもらったかはわからないので、はっきりとはいえないですが、愛のあげ方もらい方がいまいち理解できない子tも考えられますね。

しかし強く言えることは・・・・小さいときに大変な思いをしてる人はトラウマもあるし面倒なこともあるかもしれませんけど、人1倍頑張ったり、強かったりすることがあると思います。
人間はいたい思いをして強くたくましくなっていくものだと思います。

誰しも必ず、悪いところといいところがあるのでそこまでそこを気にしないことだと思います。
いいところを見て悪いところを一緒に改善できる中になればいいだけの話しです。

応援してます。 がんばってくださいね^^

そこまでそっくりな状況でなければ友人にもいますしなんとなく・・・・

母親の思い出がな=母像が成立していない=どんな人を好きになるのかメドがつかない事が多いでしょう・・
甘える事もあまりできなかったのであれば、甘えん坊な人も少なくないと思います。
だけど甘え方がちゃんとわからずどう甘えればいいかとかどう愛情を与えていいのかわからない場合も考えられます。

いい部分でも、もし友達がいてすごくやさしい人なのであれば、すごく頼りになる強い人でもあると思えます。
親がいないから自分が強く...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む

Q母子家庭で育った男性ってどんな性格の人が多いですか?

母子家庭で育った男性はどのような性格の男性が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

お母さんが子供を抱えて生きるために精一杯で、かまってもらえる時間
がなかったので、優しく包み込んでくれて、身の回りの世話をよ~~く
してくれる女性がいいんだそうです。心が満たされて、落ち着くらしいです。

Q育った家庭環境にかなりの相違があるカップル

長文です、すいません。

付き合って2ヶ月になる彼女がいます。

僕は28歳で、彼女は23歳(5つ年下)です。

お互いの価値観について、
特に育った家庭環境の違いが将来的にどのような影響を及ぼすかについて、
質問したいです。


彼女はとても幸せな家庭で育ちました。
現在も彼女は何をしていても幸せそうです。
いつも笑顔でポジティブです。

僕は僕個人としてはとても不幸せな家庭で育ちました。
基本的に何をしていてもすごく楽しいという事はないです。
常に過去を払拭するために今があるという状況です。


彼女は、
順風満帆な人生を送ってきたと言いますか、
おそらくほとんどの方から見て、
幸せな家庭で育った人です。

ご両親は国際結婚で自身はハーフ、
容姿端麗、頭脳明晰、性格もよく友達もとても多いです。
全ての人に愛されてるのを常日頃から感じます。
もちろん実家は豪邸ですし、
大学も有名大学を卒業、会社も一流企業です。
3人姉妹の真ん中なのですが、お姉さん妹さんともにステキな人です。
彼女は周りに対する感謝を忘れません。
常に周囲の環境に対するリスペクトをしています。

僕から過去の恋愛の事を聞いたら、
今までフラれた事は1度も無いそうです。
普通の人が言うと自慢に聞こえるようなこんな話でも、
瞳が澄んでいて、いつも笑顔の彼女が言うと全く、
嫌味に聞こえず、むしろ自分が恥ずかしくなります。


僕は彼女とは全く正反対の家庭で育ちました。
父親からは
精神的にも肉体的にも性的にも虐待を受けて育ちました。
無視されたりも辛かったです。

父親は浮気癖も酒癖も悪く、
酔って暴れたりもあり、
僕が10代後半くらいからは、
母親は父親の機嫌を取る事に終始し、
子供の将来なんてどうでもいいといった状況でした。
家族で食事した記憶もないです。
楽しい記憶は何一つないです。
恐怖、憎しみしか記憶にありません。

父親は世間体を恐れて離婚だけは避けたかったのか、
お金だけは家庭に入れていたので、
僕は大学に進学しました。
その頃からおかしくなり遊び呆けてしまい、
6年かけて卒業しました。

なんとか就職できましたが、
年追うごとに心身のバランスを崩し、
フラッシュバックからの過呼吸、軽いアルコール中毒、
心療内科に通うようになり薬に頼る生活。
会社を休職したり、ズル休みを繰り返したりしています。
3つ年上の兄は引きこもりでニートで、
いつ自殺してもおかしくないと僕は思います。
兄弟に共通するのは父親に対する恐怖と劣等感と殺意だけです。

心療内科の件や、休職うんぬんの件や兄の事は
まだ彼女には言ってませんが、
家庭環境が悪かったという事は最近それとなく伝えました。
恥ずかしかったです。
とても情けなかったです。

彼女はおしゃべりなので、付き合って2ヶ月ですが、1ヶ月半の間は、
彼女が話すことを
「うんうん」「そっかぁ」と
イエスマンな感じで聞いていました。
最初は楽しかったです。

彼女の順風満帆な人生、
仲良しな家族の話、
自分の誕生日に家族パーティーをした話、
家族旅行の話、日常の楽しそうな話、
彼女の過去の事や今の事、
未来のビジョンについて、
聞くのが自分の事のようにとても楽しかったです。

しかし最近、10日~2週間くらい前から、
虚しくなってきました。
彼女の話を聞いてると劣等感が物凄く生まれ、
情けなく、
フラッシュバックのように自分の過去が思い出され、
作り笑顔で彼女の話を聞いている事に気付きました。

意を決して、

「いつも楽しい家族の話を聞かせてくれてありがとう。
けど、実はおれの家はあんまり仲の良い家庭じゃなかったんだ。」

と、暗くならない程度にサラっと言ってみました。
すると彼女は

「誰にだって色々あるじゃん。しょうがないよ♪未来を見て行こうよ。
あなたに大事なのは今とこれからでしょ♪」

と例によってとってもポジティブな事を言われました。

僕が
「いや、けどやっぱり消せない過去もあるわけだから・・・。」
と付け加えると
「じゃあ何があったか聞かせて♪私ポジティブだから何でもプラス思考に変えてあげる♪」
と彼女からきたので、
議論が平行線を辿るなと思ったので、
もうこの時は話をやめました。

これが1番最近自分の過去について彼女に話したエピソードなのですが、
なんといいますか、
あまりにも彼女自身が幸せ過ぎるため、
不幸な家庭というのが想像つかないと感じます。

まだ付き合って2ヶ月ですが、
彼女は僕となら結婚してもいいと言っています。
僕はイエスマンな所があるので、
「うん、ありがとう。おれもだよ」
と応えていますが、
正直、不安になってきました。

ここまで、自分に正直でポジティブで、
いつも笑顔で瞳の澄んでる人と出会った事がなく、
逆にこんな人と結婚できたら幸せだろうなと、
出会った当初は思っていましたが、
今は逆です。

順風満帆な人生を送ってきた人は、
同じように順風満帆な人生を送ってきた人と結婚した方が良いのではと思います。

彼女と会うたびに僕は劣等感でいっぱいになります、
恥ずかしくなります、
自分の人生を呪います。

僕のような不幸な家庭で、育った人間はいったいどのような人なら一緒になれるのでしょうか?
せっかくステキな人と出会えたのに、
自分の劣等感と自分の過去と戦う事になるだなんて本当に悔しいです。

彼女に一生懸命話して分かってもらう方が良いですか?

それとも僕に同情してくれるような人を見つけた方が良いですか?

僕と同じような不幸な家庭で育った人と付き合った方が上手くいきますか?
(これは共倒れになる気がしますが)

とてもポジティブで、綺麗で、頭も良くて
自分の人生に間違いがないと思ってる人と知り合えて、
優しい所が好きと言われて付き合えたのは嬉しいハズなのに、
なんだか自分がどんな行動を取れば良いのか、よく分からなくなってしまいました。

駄文、乱文で失礼ですが、
どなたか助言を頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

長文です、すいません。

付き合って2ヶ月になる彼女がいます。

僕は28歳で、彼女は23歳(5つ年下)です。

お互いの価値観について、
特に育った家庭環境の違いが将来的にどのような影響を及ぼすかについて、
質問したいです。


彼女はとても幸せな家庭で育ちました。
現在も彼女は何をしていても幸せそうです。
いつも笑顔でポジティブです。

僕は僕個人としてはとても不幸せな家庭で育ちました。
基本的に何をしていてもすごく楽しいという事はないです。
常に過去を払拭するために今があるという状況です。
...続きを読む

Aベストアンサー

さっそくお礼をいただきありがとうございます。

>女性は男性に頼りたいのが普通でしょうから、私のようなカップルのバックグラウンドの関係では相性は悪いのでしょうか?
 
相手の御両親から反対さえされなければ、あとはもうお二人だけの問題ですね。
私は、相性はバックグラウンドと全く関係ないと思います。

先ほどの回答で例に挙げた、家が貧しくて進学を断念した旦那さんの話ですが、実はそれ、私のいとこの話なんです。
女性側が私のいとこです。
家は下町で自営業を営んでいるのでお嬢様というものではありませんが、中学からずっと私立の女子校に通っていて、家族仲も良い楽しい家庭なので幸せな家庭で育ったと言っていいと思います。

旦那さんは先ほど回答したような状況ですが、いとこより9歳年上でしっかりした頼りがいのありそうな方ですよ。

それこそ私とは冠婚葬祭のときくらいにしか会いませんが、「貧しい家庭で育った」という感じは全く見えません。
気さくで社交的で明るい人です。
時々自虐的に「俺はも~貧乏だったから・・・」と言っていることはありますが、悲壮感やウジウジしたような態度は全く見えません。
新しい家庭を持ち、今はもう「過去は過去」、と思っているのではないでしょうか。

ただ一つ気になるのは、いとこの旦那さんは家が貧しいということはあっても親からの虐待はなかったと思います。

私はカウンセラーでもなんでもないので、何も偉そうなことは言えないのですが、親から受けた虐待を反面教師と受け取って、これからは彼女と幸せを作っていくことだけを考えることはできませんか?

育った環境は変えることはできず、コンプレックスを感じるのは仕方のないことかもしれません。
でも、こんなに完璧でいうことなしの素晴らしい女性に愛されてるのですから、ご自分の人柄、人間性、人格に対しては自信を持ちましょうよ!
彼女は今現在のgohappy0123さんを見て好きになったんですからね。

>自分の劣等感と自分の過去と戦う事になるだなんて本当に悔しいです。

育った環境はご自身で作ったものではないので、劣等感なんて持つ必要も、過去と戦う必要もないと思います。
彼女を愛しているなら、「彼女を幸せにしてみせる」という“未来”だけを考えて行動すればよいのでは?

>冠婚葬祭等は、私の場合は家族を呼ぶ事はまず不可能です。

これについてですが、冠婚葬祭に顔を見せないと、それはそれで「あそこのうちの人はなぜ来ないんだ」という人も出てくるものです。
普段から親戚付き合いの希薄な家庭はいいのですが、何かとうるさい親戚がいる家庭ではいろいろと厄介なこともありそうですね。

さっそくお礼をいただきありがとうございます。

>女性は男性に頼りたいのが普通でしょうから、私のようなカップルのバックグラウンドの関係では相性は悪いのでしょうか?
 
相手の御両親から反対さえされなければ、あとはもうお二人だけの問題ですね。
私は、相性はバックグラウンドと全く関係ないと思います。

先ほどの回答で例に挙げた、家が貧しくて進学を断念した旦那さんの話ですが、実はそれ、私のいとこの話なんです。
女性側が私のいとこです。
家は下町で自営業を営んでいるのでお嬢様というものでは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング