痔になりやすい生活習慣とは?

夏からやってきた実験が結局結果が出ないまま終わってしまいそうです。
実験がなかなか成功せず、失敗ばかり続いたから結果が出ません。
こうゆうときの論文ってどう書けばいいのでしょうか。
なぜ失敗したのか、失敗した原因と考察を書いていいのでしょうか。
でもそうすると本来の目的の結果が書けません。
卒研をやった方、どんな感じの論文を書きましたか?

A 回答 (10件)

こんにちは



卒論、修論の経験者としてです。
実際の研究テーマを決めた際に、特に実験系の場合は、こういった結果が出るだろうという仮説の元で実験を進めていきますよね。
そのため、実験結果が予想と異なってしまうことは当然ありうることで、その場合、元の仮説が正しくなかったか、実験の方法が間違っていたかなどいろいろな要因が考えられます。
ですから、実験自体が間違っていなかったのなら、その結果で自信を持って論文を書けばいいですし、その結果が出るにいたった経緯や考察がきちんと書けたら、よい論文が書けると思います。
製品の研究開発のようにいい結果が出すことが本来大学での研究目的ではなく、もし悪い結果が出たのなら、それ自身がその研究を修正するための指針になりうると思います。いいことばかりが論文にかける成果ではないんです。
同級生やいろんな人(もちろん自分自身も)の卒論や修論を見てきたんですが、完全に思い通りにいったことはほとんどなくて、それをうまくまとめれればいいと思います。あと少し、がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
失敗でもプラスに考えればいい論文が書けるのですね。参考になりました。
がんばって書いてみたいと思います。

お礼日時:2003/01/24 10:45

・本来の目的は何で、どういう結果を期待していたのか?


・どうして失敗したのか?
・もう一度同じ実験をする際にはどうしたら良いのか?
・これは本当に失敗なのかの検証。

僕はこんな感じで卒論を書きました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうして失敗したのか・・・それは教授にもわからないんです。
いつもなんでだろう?なんでだろう?って首傾げてます。
もう一度実験するには、違う方法を考えるか、もっと何回も同じ実験をやるか、ですかね。ありがとうございました。参考になります!!

お礼日時:2003/01/24 10:47

皆さんと同意見で,失敗そのものは心配する必要ないと思います。


指導教官と相談し,どういうストーリーでまとめるのか大急ぎで検討しましょう。
帳尻あわせの別な実験を今からやるとか,失敗の理由説明のような形にするとか,
いくつかの方法があると思います。
現状のまま卒論を書くなら,失敗の原因を考察し,成功するにはどうすれば
よかったかというアイディアを3~4つ提案し,期待したとおりの結果が出て
いたとしたら,どうなったかということなどを考察すればいいと思います。
また,もう少し広い目で見て,その研究が解明されたら,社会に対して
どのように役に立ち,新たにどういう産業が起こる可能性があるか,などについて
述べるのもいいかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
今少しずつ論文を書いています。おっしゃられたように原因の考察や改善のアイディアなど、考えてみると書くこと結構ありますね。これでページが埋められそうです。
社会に対しどう役に立つのか・・・いろいろ考える余地はありますね。
がんばります!

お礼日時:2003/01/20 21:49

6の方のとおりに書いておけばなんとでもなるでしょう。


結構.笑える結果を見せてもらった(私は.教授を襲うだけ。内容には関係せず)のを覚えています。
当然.翌年からは.これはこのように.失敗すると.問題点をしつこく抗議することになりますが。

恩師も.そう無理は言えないたちばなのです。というのは.恩師の論文が失敗したので.恩師の恩師の特許が.空想科学小説になってしまったのですから。当然.恩師の結果は恩師とその関係者だけが知る内容で.まことしやかな.特許の話が書籍には載っています。
    • good
    • 0

こんばんは。


一般的には成功した研究だけが日の目を見ますが、実はその影には無数の失敗した研究があります。
よく研究者が自分のテーマを研究する際に沢山の論文を漁るのはご存知でしょう。
テーマによってはその作業だけで諦めてしまう研究者も沢山います。
ですから失敗した研究の論文というのは、次の研究の為の財産であり大変貴重なものなんです。
そういう観点で見れば、実験の経過、テーマから見た失敗原因の考察、どのような改善の余地があるか、(もし自分がその研究に没頭するなら)次はこのような点を度のように解決すべきか・・・
など書くことは沢山あるはずですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

失敗したものも研究の財産になるんですね。今までやってきたことは無駄ではないと思うと明るくなりました!!
失敗の原因・・・今になってはわからなくなりました。教授も原因がわからないっていってますので、お手上げ状態ですね。なんでだろう??
ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/01/24 10:50

わたしも卒業研究失敗しました。


それもよりによって発表の時に、講師から間違いを指摘されるというおまけつきです。発表直前まで資料を書いていたので指導教官にチェックしてもらう時間が無かったことが原因です。
真っ青になりましたが、それなりにそのデータで結論をまとめていたので何とかなりましたよ。
そのあと指導教官には絞られましたけど。
    • good
    • 0

私も経験があります。


その時のまとめ方は
「なになにこういう実験方法で行うことは不可能(困難)であった。」でした。

>実験がなかなか成功せず、失敗ばかり続いたから結果が出ません。
「この方法で実験を行うと失敗に終わる」いう結果が得られたのであって、決して結果が出ていないわけではありません。
必ずうまくいく研究なんて無いわけですから。
そもそもうまくいくなら実験をする必要はないし、研究の対象になりません。

その上で、不可能(困難)であった原因を考え、今後改善する方法付け加えることです。

よく指導教官や研究室の修士や博士課程の人と話し合ってみてはどうですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
失敗という結果が出たんですね。いいこと聞きました!!
そうですよね、結果が分かってたら実験なんてやらないわけだし。教科書に載ってることをやってるわけじゃないので、成功するほうが珍しいですよね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/01/20 00:29

あたしも理系の卒論生です。


あたしの場合はテーマに対して今後も研究して行く事によって見出すといった
研究なので、あなたと同様、直接的なデータは出てません。
先輩の話しによると、卒論は、マイデータがなくてもやった事を書けば良いそうです。修論になると、データがないものは載せられないらしいです。
あたしは文章力などでカバーしてます。
卒業まで残りわずかですね。
体調不良に気をつけてお互い頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やったことを書けばいい、たしかにそうですね。
でもそれだけではページがまだ足りないです・・・これから埋めていかなければ。文章力がないので大変です・・・
体調不良に気をつけて・・・ありがとうございます。しかし先週私はインフルエンザにかかってしまいました。今はもう治りましたけど。
おかげで貴重な実験日を2日もなくしてしまいました。
最後までお互いがんばりましょう!!

お礼日時:2003/01/20 00:33

卒論なんですよね.



卒論の場合は,失敗したとしても目的を達成するためにどのような検討をしたかが重要になります.

だから,質問に書かれておられるように失敗した原因を考察するのが良いと思います.また,目的を”(本来得たい結果)の測定方法の検討をすること”などにするのも手かと思います.いずれにせよ卒論ならそれで充分通るかと思います.

頑張ってください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
卒論なので何でも書けばいいのかもしれませんが、中途半端はなんかやだな~と、キッチリさせたいタイプなので、自分が許してくれないんです(笑)
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/01/20 00:25

失敗した人です。



>失敗したのか、失敗した原因と考察を書いていいのでしょうか。

私の場合は(おそらく)分子構造上行かない反応でやっていたようで。仕方なくそれを書きました。

だから目的が「XXを合成しその性質を調べる云々」で結果が「XXにより合成反応が進行しにくく合成物質が出来ず・・・」という形になりました^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
1月中には終わらせなければならないので実験ももちろん最後まであきらめませんが、失敗したらこんな感じで書こうと論文のことも考えて行こうと思ってます。

お礼日時:2003/01/20 00:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q初歩的な実験なのに結果出ず鬱です。

こんにちわ、生物系が専攻で今年B4になったものです。
私が今やっている実験はとても初歩的な実験で先輩に何度もアドバイスをもらいながらやっているの、結果が出ません。
他のB4の人かなり実験が進んでいるのに、私はただ2ヶ月間やった実験がぱーになり今月からまた最初からやり始め計3か月かかっています。
他の人より研究室に遅くまで残り、たくさん実験しているのにです。

修士、博士課程になると研究テーマが悪く実験結果が出ないことがあるということはよく聞きます。
 しかし、私の場合研究室に入りたてで初歩的な実験なのに結果が出ていないので、自分は研究職にむいていないのではないかと悩んでいます。
元々、不器用で実験に苦手意識が高いので、自分が実験が下手だから、自分が無能だからだと自分で自分を責めてしまい辛いです。
また、私のデーターがそろわないと卒業した先輩の研究結果を論文に出せないようで、本当に先生に申し訳ないです。
先日も先生に実験が進んでいないと伝えたとき、先生がとても残念そうな顔をしていてとても胸が痛かったです。

最近実験を失敗するたびに涙が出て、お腹が痛く眠れないことがあります。
他の人より実験がさらに遅れるのではないのかと思うと休みもとれません。

このような精神状態から脱却できる方法をアドバイスお願いいたします。

こんにちわ、生物系が専攻で今年B4になったものです。
私が今やっている実験はとても初歩的な実験で先輩に何度もアドバイスをもらいながらやっているの、結果が出ません。
他のB4の人かなり実験が進んでいるのに、私はただ2ヶ月間やった実験がぱーになり今月からまた最初からやり始め計3か月かかっています。
他の人より研究室に遅くまで残り、たくさん実験しているのにです。

修士、博士課程になると研究テーマが悪く実験結果が出ないことがあるということはよく聞きます。
 しかし、私の場合研究室に...続きを読む

Aベストアンサー

 chachan4さん こんばんは

 大学は薬学部の修士を終了した者です。

 実験って失敗は付き物です。失敗のない実験なんて存在しないと思います。chachan4さんは「今年B4になったもの」との事ですが、「B4」って何ですか???私には良く解らないのですが、質問内容から想像するに多分学部学生の4年生だろうと想像します。たとしたら、今やっている実験は卒論レベルだと思います。卒論レベルだったとしたら、すべての実験が失敗でも良いわけです。ただし失敗は失敗で良いですけど、なぜ失敗したかと言う考察で卒論を書けば良いのです。そのレベルの事をしていると言う認識を持たれると良いでしょう。そうすれば気楽になったと思います。

 「私のデーターがそろわないと卒業した先輩の研究結果を論文に出せないようで」と記載がありますが、本当にそうなのでしょうか???確かに学部学生が行う実験が結果として研究論文の一部になる可能性はあるのですけど、結果が出る事を100%期待して学部学生にさせる教授・準教授は世の中に居ないと思います。まだ大学院にも進学してない学部学生(つまり研究者の卵すらなってない学生)に過度の期待をしている教授・準教授なんて聞いた事がありません。ですから結果として成果が出なくても何も気にする必要は一切ありません。以上の事が事実なんでしょうけど、そう言っても結果が出ない事が気になってしょうがないんでしょうね。それはchachan4さんの性格ですから・・・・。

 ですから一度休みの日に大酒を飲んでみるとか1日中カラオケ屋で大声出して歌ってみるとかして、頭をカラにしてみたら良いと思います。大学での実験の事は一時忘れて、沢山遊んでください。そうして頭をカラにすれば、何か新しい案が浮かんで実験がうまく進むかも知れません。

 今やっている実験はあくまでも学生実習の延長で、結果がでなくても問題ないものと言う事をまず理解しましょう。担当教官がどう言う言い方をしているか解りませんけど、たとえ厳しい良い方や結果が出ない事に悲しんだりしてもそんなの気にしてはいけません。出来る事は誰だって出来るんですし出来ない事は誰がやっても出来ないんです。研究ってそんなものです。一部の人が成果を出せて、多くは時間を費やすだけと言うのが研究なんです。

 以上の事が解れば、気楽に実験が出来ると思います。色々有るけど頑張ってください。あくまでも自分が結果出さないと世の中回らない的な大げさに物事を考えないでくださいね。

 chachan4さん こんばんは

 大学は薬学部の修士を終了した者です。

 実験って失敗は付き物です。失敗のない実験なんて存在しないと思います。chachan4さんは「今年B4になったもの」との事ですが、「B4」って何ですか???私には良く解らないのですが、質問内容から想像するに多分学部学生の4年生だろうと想像します。たとしたら、今やっている実験は卒論レベルだと思います。卒論レベルだったとしたら、すべての実験が失敗でも良いわけです。ただし失敗は失敗で良いですけど、なぜ失敗したかと言う...続きを読む

Q未だに卒論の準備してないのはヤバイですか?(4回生です)

僕は就職活動を終えた4回生ですが、
卒論に関して全く準備していません。

何について研究しようかも迷ってるぐらいです。
やり方すらしりません。

これってヤバイですか?
みなさんはこの時期はどうでしたか?

これは僕の癖かもしれませんが、就職活動も3月くらい
から履歴書書き始めたり、大学受験も試験日の1ヶ月くらい前からしかしませんでした。

Aベストアンサー

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験が本格的に始まるという人が多いと思います。それまでは院試の受験勉強に専念することが黙認されているというのが実態のようです。

ですから、まだ絶望的ということはありません。
今あせりを感じ始めたということは、とても良いことだと思います。

>ゼミでも卒論指導はまったくなく雑談のみで終わります。
>教授も「なんでも出せばいいと言ってました」

そうだとすると、かなり甘い先生のようですね。
でも、一応、真面目にやろうとしているという態度は見せておいた方が良いと思います。

まずその先生のゼミの卒業生の卒論(大学院があれば、修論も)を調べてみて下さい。
大学の図書館か、その先生の研究室にあるはずです。
いくつか読んでみれば、テーマの選び方とか、論文の書き方とか、何となくつかめると思います。
まず、コレをやってみて下さい。「こんなふうに書けばいいんだ!」とイメージがつかめます。これだけでも、かなり気持が楽になりますよ。

先輩の卒論の最後の方を見ると、やり残した仕事が何なのか、つまりどんなことが今後の課題として残っているかが書いてあるはずです。それを参考にして、自分のテーマを2~3、候補を選びます。

それからゼミの先生の所に行って下さい。
「就職活動に追われていて、卒論の研究はなんにもしていません。もう遅いかもしれませんが、これからできるかぎりのことはしたいので、よろしくお願いします。先輩方の卒論は読ませていただきました。こんなテーマをやってみたいのですが、いかがでしょうか。」
ともちかけます。

たぶんその先生は、winerさんが真面目に卒論に取り組もうとしていることに好感をもち、アドバイスをして下さると思います。

卒論の書き方についても質問されていたので、ついでにこちらに書いちゃいます。
イントロ(序章)は背景説明ですから、先輩の卒論や文献に書かれていることを借用して、自分のテーマについて問題提起します。これは今すぐでもできますね。(ぶっちゃければ、CUT & PASTEみたいなものです。)「・・・以上のような成果を踏まえ、さらに・・・について明らかにすることを目的として本研究を行なった。」という言葉でイントロを締めくくります。

その後に自分の研究の内容を書きます。
この辺については、専門によって書き方があるので、先輩の論文を参考にして下さい。

実際に書く順序に関係なく、思いついた所から、どんどんパソコンに打ち込んでおきます。後で切り貼りして、どうでも修正できるのも、パソコンのありがたいところです。
少しずつでも形になったものができてくると、気持が軽くなります。

引用しそうな文献を整理しておきます。引用文献の入力もけっこう面倒です。時間があるときにやっておきましょう。

最後に謝辞を書きます。指導教授への謝辞を最初に書きます。後は適当でいいです。

まぁ、こんなところで、いかがでしょうか。
とりあえず、開始することはできますよね。
また何か疑問があったら、質問して下さい。

気が重い仕事は、腰をあげるまでが、一番大変なんです。
始めてしまえば、後は勢いで何とか。。。

がんばって下さいね☆

とりあえず、就職内定、おめでとうございます。
後は卒業することに専念できますね。

文系の方のようですね。
私は理系出身なので、事情は違うと思いますが、気がついたことを、ちょっとだけ言わせて下さい。

実験の必要な理系でさえ、本格的に卒論の研究が始まるのが今頃になってしまう人は、たくさんいると思います。
就職希望者は内定をもらうまでは、就職活動の合間に大学に出てくるというのが実態だと思います。

また、大学院進学希望者の多い所では、院試が終わった今頃になって、ようやく実験...続きを読む

Q卒業研究が非常にやばいです

現在、理工学部の情報系の4回生です。

現在までの状況ですが、昨年12月に音楽情報処理の研究室に配属が決まり、
4月から卒業研究で和声の研究をしておりましたが、解決法が見いだせず、内定もなく、苦しんでおりました。

8月の下旬にようやく内定を頂き、就活は落ち着きました。
ですが、卒研は進まず、内定をもらうまでにかなり無茶をしたので
過労になりました。

9月の下旬に体調は回復しましたが、治るにつれて、研究室に行くのが嫌になり、カウンセリングを受けると、鬱に近い状態と言われました。

この状態を院生、先生に報告して、
10月から新たにテーマ(テーマは、音響信号からMIDI情報への変換です)を設定し、サボらず取り組んでいました。
ですが、結果で出てない状態なので、研究室公開の前日に「研究室公開に参加させない。明日までに小さな結果でいいから出せ!」と先生から言われました。その日も夜も寝ないで取り組んでいましたが、結果は出ませんでした。

昨日と今日、研究室公開がありました。
でも行っていません。

どうやら僕はプログラミングがダメみたいです。
内定を頂いた企業はシステム会社で職種は、研修後にSEか営業を選択出来るので、営業を選ぼうと思います。(元々SEを志望していましたが)

プログラミングを行わない研究の方が向いているかと思いました。

10月から新規テーマに取り組んだ際、先生は最初3日~4日の進捗で今後について決めるつもりだったらしく、音をマイクから入力し、WAVデータに保存するというものです。

それはサンプルソースをみて、少しいじっただけなので、上手くいきました。もし、上手くいかなければ、プログラミングを行わない、Excelを用いた違う研究をするつもりだったらしいです。


今から新規テーマでも卒業に間に合うのでしょうか?

どんな意見でもいいのでお聞かせ下さい。

現在、理工学部の情報系の4回生です。

現在までの状況ですが、昨年12月に音楽情報処理の研究室に配属が決まり、
4月から卒業研究で和声の研究をしておりましたが、解決法が見いだせず、内定もなく、苦しんでおりました。

8月の下旬にようやく内定を頂き、就活は落ち着きました。
ですが、卒研は進まず、内定をもらうまでにかなり無茶をしたので
過労になりました。

9月の下旬に体調は回復しましたが、治るにつれて、研究室に行くのが嫌になり、カウンセリングを受けると、鬱に近い状態と言われ...続きを読む

Aベストアンサー

情報関係の大学教員です。

今から新規テーマでも間に合うのかどうか、は最終的には担当教員が判断しますので、私からは確定的なことは何も言えないのですが、一般的にはまだギリギリ間に合うように思います。

研究内容について。扱うべき内容のうちどこに新規性を求めているか、はっきりさせていますか? 例えば、音響信号から MIDI 情報への変換など、もしかしたら FFT (高速フーリエ変換) については外部のライブラリを使えば済むものを自作していたりしませんか? MIDI の出力についても、全ての音情報を拾おうと思ったりしていませんか? (少々音を拾い損ねても楽曲っぽい MIDI を出力する、というのも1つの実用的な方針です。) …すみません、元の課題の内容も分からずに適当に書いています。

完璧な成果じゃなくていいから、限られた時間内でそれなりの成果をだす (まあまあ使い物になるものを作る)、ということは大事なことです。卒業研究の中で本当に大事な部分だけに焦点をあててそれ以外の部分は必要に応じて捨象する、という方針にすると、何とかなるんじゃないかと思います。

情報関係の大学教員です。

今から新規テーマでも間に合うのかどうか、は最終的には担当教員が判断しますので、私からは確定的なことは何も言えないのですが、一般的にはまだギリギリ間に合うように思います。

研究内容について。扱うべき内容のうちどこに新規性を求めているか、はっきりさせていますか? 例えば、音響信号から MIDI 情報への変換など、もしかしたら FFT (高速フーリエ変換) については外部のライブラリを使えば済むものを自作していたりしませんか? MIDI の出力についても、全ての音情報を拾...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q実験で重大なミスをしてしまいました

初めて質問させて頂きます。
工学系の大学院一年生です。

実験で重大なミスをしてしまいました。
貴重な材料を使用するもので、以前から手に入れるのが難しいことを
注意されていたものでした。

失敗の原因としてはいろいろあるのですが、優先順位を間違えてしまったことが
大きな原因と考えています。
得られたデータに関しても正確に使用できないと判断されました。

これまでも注意されていたのにミスをしてしまい、気持ちが落ち込んでいます。
論文に使用するかもしれなかったデータだったので、失敗を報告した時の教授の残念そう
な表情が目に焼き付いて離れません。

「周りのみんなが活発的に研究を行っているのに、なぜ自分はこうなのか」、「自分
じゃなく、他の人であればこんなことにはならなかったのではないか」とネガティブに
なってしまい、そのことでさらに自己嫌悪するといった悪循環です。

これまではミスは見直していくんだとどうにか前向きに考える様にしていました。正直、
それも自分では辛かったのですが…。
今回のミスはそれで片づけられるようなものではありません。
実験のミスを思うと胃が痛くなります。

切り替えて次に進まなくてはと思うのですがうまくいきません。ミスに対する考えかたや
アドバイス等教えていただきたいです。

初めて質問させて頂きます。
工学系の大学院一年生です。

実験で重大なミスをしてしまいました。
貴重な材料を使用するもので、以前から手に入れるのが難しいことを
注意されていたものでした。

失敗の原因としてはいろいろあるのですが、優先順位を間違えてしまったことが
大きな原因と考えています。
得られたデータに関しても正確に使用できないと判断されました。

これまでも注意されていたのにミスをしてしまい、気持ちが落ち込んでいます。
論文に使用するかもしれなかったデータだったので...続きを読む

Aベストアンサー

人間は100%間違えないなんてことはありませんから、絶対ミスは起こります。とはいっても人によってミスしやすい人としにくい人がいるので、自分がどういうタイプの人間か、どういう時に”隙”ができやすいかを把握しておくことで、それに対して”合理的な”対処ができます。ここで、”隙”とか”合理的”とか強調していったのは、要するに根拠をもってそれに具体的に対策をとることが重要であって、あなたみたいに終わったことに嘆くとか単に後悔するのはその日ぐらいにして、さっさと風呂入って寝て次の日からは建設的な考えをすることが重要なんです。要するに、悩むというのは、過ちを犯した自分に半部は酔いしれることであって、それで反省してますとかそういうのは本質的に解決にはならんのですよ。反省してどうにかなるならどうにかすればいいんですけど、すでに注意してやっててそういうミスを起こしやすいなら起こさないように具体的なやり方を考え直すとか、起こしても取り返しのつくようなチェックポイントをあらかじめつくるべきだったんです。準備に1っ週間、測定一瞬だとなんだか損した気にもなりますが、それだけ遠回りすることは必要な経費だと考えます。

誰だって、”これは間違えたら死ぬから絶対にまちがえるな”と言われて間違えないなんて単純なことはあり得ません。逆にいえば、本当にそういう状況なら、そもそもそういう状況をつくることを避けねばなりません。航空機のパイロットだって一つミスして飛行機が墜落するような状況はストレスフルすぎるから、色々なフェイルセーフが考えられているんです。チェックリストとかもありますしね。あるいは、車で追突事故の原因として”ついボーケとしてた”とかがあるかもしれませんね。でも、それならその分車間距離を取っておけば、”はっと”気づいたときに挽回して事故らないようにすることもできるのです。トラックが突っ込んで来たら事故は避けられないなら、できるだけトラックの前を走るのを避けるとかもリスクを減らすわけです。自分がもし”ケアレスミス”をしやすいならば、テストで見直す時間を意識的に作るとか、そういうのが具体的な対策になります。

どういうミスかわかりませんけど、ちゃんと試薬を入れる順番とかそういうのを記録しておいて、本番は作業するだけにしなかったのか、とか、曖昧なところを事前にちゃんとわかってる人に確認しなかったのか、とか、失敗しないように予備実験をしておくとか、別の試薬のつくり間違いがないようにあらかじめ同一ロットの試薬で上手くできることを確認してあったとか、色々ありますよね。そういう準備をした上で、気合入れて本番をやるとか、同期にお願いして要所で間違いがないかダブルチェックするとか色々あるでしょうに。

ちなみに、自分なんかの分野(生物系)だと、自分はそうでもないですが、人によってはマウスに発がんストレスをかけて何年も維持してやっと解析なんて言うのをやってる人も良くいますよ。もちろんある程度は余分に用意しますけど、それでも、沢山の条件が必要ったりして個体数をある程度稼がなくてはいけない実験の場合、実験失敗したら数年単位で吹っ飛ぶのでそういうのはかなり慎重に準備してやります。ただ、単に”慎重にやる”だとそれは”注意してね”って言うだけなのと変わらないので、できるだけミスらないように準備するのに加えて、いきなり全部をやらないで、失敗しても挽回できるように可能な限り残してやったりとか、そういう工夫をとにかくすることですね。

人間は100%間違えないなんてことはありませんから、絶対ミスは起こります。とはいっても人によってミスしやすい人としにくい人がいるので、自分がどういうタイプの人間か、どういう時に”隙”ができやすいかを把握しておくことで、それに対して”合理的な”対処ができます。ここで、”隙”とか”合理的”とか強調していったのは、要するに根拠をもってそれに具体的に対策をとることが重要であって、あなたみたいに終わったことに嘆くとか単に後悔するのはその日ぐらいにして、さっさと風呂入って寝て次の日からは建設的な...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング