【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

正社員、3月にマンション購入、9月に退職・出産した者です。
今年はじめて確定申告をします。

国税庁のHP上で確定申告書を作成していましたが、「所得控除の額の合計額」という欄を空白にしたところ、入力ミスではねられました。
以前勤めていた会社からもらった源泉徴収票には、「支払金額:約206万」と「源泉徴収税額:約4万円」と「社会保険料等の金額:約27万」欄のみに金額が記載されており、「所得控除の額の合計額」欄は空白でした(千円以下は切り捨てています)。

年末調整をしていないために空白になっているんだとは思いますが、自分で計算しないといけないんでしょうか?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
で確認したところ、以下の所得控除が該当すると思われますが、この場合合っていますか?

1)基礎控除:38万円
2)社会保険料控除:源泉徴収票に記載のある、約27万円全額
計65万円

web上での入力が先に進めないため、おたずねします。
最終的には税務署の窓口に行って確認しようとは考えていますが、お分かりの方よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

源泉徴収票の「所得控除の額の合計額」は、年末調整をした場合に数字が入るようです。

質問者さんが理解なさっている通りのようです。

で、質問者さんは、「給与還付申告所」を選んでませんか?
これは、給与所得のみで、年末調整が終わった人が、還付申告をするためのコーナーなので、年末調整が終わっている=所得控除の額の合計額が源泉徴収票に書いてある、のです。

これではなくて、申告書Aの給与所得で、入力してみてください。
これだと逆に、所得控除の額の合計額を入力する欄はありません。
社会保険や、該当するようなら医療費控除など、それぞれ入力することになりますが、そうすることによって「所得控除の合計額」は自動的に計算されるようです。
こっちの方法で試してみてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうやら、途中まで作成して保存していたデータが間違っていたようです。

アドバイス通り、申告書Aの給与所得で作成してみましたところ、社会保険料控除欄と基礎控除欄に入力するだけで完成し、窓口でチェックしてもらったところ、OKが出ました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/24 09:55

ご退職の後の昨年中に、国民年金保険料や国民健康保険料を支払っていらっしゃるようでしたら、社会保険料控除にそれらを加算することをお忘れないように。


国民年金保険料については、社会保険事務所の控除証明書の添付が必要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

健康保険に関しては、退職後は日をおかず主人の扶養に入りましたので、多分支払っていないと思います。

上記のやり方で計65万として書類を作成し、窓口でチェックしてもらったところ、OKが出ました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/24 09:50

自分で計算します。

OKです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上記のやり方で書類を作成し、窓口でチェックしてもらったところ、OKが出ました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/24 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄について

平成19年6月末で派遣を終了してそれ以降働いておりません。
先日、派遣会社から源泉徴収票が届いたので、還付申告をしようと書類を作っています。そして早くもつまづきました…。
源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄についてですが、「0円」になっています。そこで質問をさせて下さい。
 確定定申告書A→所得金額→給与(1)は0円になるのでしょうか? 
もしくは源泉徴収票の支払い金額-650000円の金額になるのでしょうか?
無知で初歩的な質問かもしれませんが教えていただければ幸いです!

Aベストアンサー

>源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄についてですが、「0円」になっています。

質問者は中途退職ですから年末調整を受けておりません。従って、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」欄は空欄でなければなりません。数字を記載するのは誤りであり、派遣会社の経理担当者が間違えたのです。

>確定定申告書A→所得金額→給与(1)は0円になるのでしょうか?

所得金額[給与(1)]=支払金額-給与所得控除額
です。
給与所得控除額は、↓を見て算出して下さい。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

ただし、所得金額[給与(1)]≦0円
の場合は、所得金額[給与(1)]は0円です。

もし↑の見方が分からなければ、支払金額を教えて下さい。
私が所得金額[給与(1)]を算出しましょう。

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q源泉徴収票の年調未済とは?

いつもお世話になっております。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、教えてください。
源泉徴収票の件ですが、今年の9月で会社を退職いたしました。
源泉徴収票をいただいたのですが、摘要欄に「年調未済」と手書きで
書かれています。
これはどういった意味なのでしょうか?次の会社へもちろん渡しますが
何か言わなければいけないのでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表記そのままです

年末調整されていません
年末調整は 年末の最終支払給与で行われますから、年の途中での退職の場合には、年末調整は出来ません

その源泉徴収票は
支払給与総額、質問者が納付済の年金・保険料の額、納付済みの所得税額が記載されています

新たに就職した会社に渡せば、新しい会社の給与支払額等と合算して、年末調整を行います

経理・人事の担当者は、渡されれば判ります、特に補足することはありません、不明な点があれば問合せが来るでしょう

Q年末調整やらずに確定申告してもいいの?

旦那が今年8月からバイトで仕事をしていて、そこから年末調整の申告書を書くよう言われました。
ちなみに社保に入っていません。
私はパートで月7万くらいの派遣をしています。同じく申告書を書くように言われました。
2人とも年末調整の申告書を出さずに、確定申告をやっても問題ないのでしょうか?
年末調整で戻ってくる還付金は、確定申告で戻ってくる還付金と同じですよね?
ちなみに去年もお互い派遣(今の所ではなく)で働いていて、年末調整はせず自分たちで確定申告しました。。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

年末調整の申告書とは、おそらく2枚あると思いますが、その内の扶養控除等申告書については提出すべきと思います。

基本的には、扶養控除等申告書を提出していて、年末まで在職している場合は、会社として年末調整する事が義務となりますので、本来は会社で年末調整してもらわなければならないものです。
ただ、本人が希望すれば、あえて年末調整しない会社も少なくないとは思いますが。

最初に戻りますが、扶養控除等申告書は、基本的には年初又は入社時に提出すべきもので、年末調整というより、毎月の源泉徴収を税額表の甲欄で行うためのもので、年末まで在職していれば年末調整も行う、というものです。
扶養控除等申告書の提出があれば、月額87,000円未満であれば源泉徴収税額は0円となりますので、仮に月7万円であれば源泉徴収税額はない事となりますが、この提出がない場合は、税額表の乙欄により源泉徴収すべき事となりますので、例え少額であっても最低でも5%の源泉徴収をされる事となりますし、税額も高くなります。

ですから、扶養控除等申告書については、提出しておかないと、毎月の源泉徴収税額が高くなり、手取額が減ってしまう事となります。
(もちろん確定申告すれば、精算はされますが)

年末調整の申告書とは、おそらく2枚あると思いますが、その内の扶養控除等申告書については提出すべきと思います。

基本的には、扶養控除等申告書を提出していて、年末まで在職している場合は、会社として年末調整する事が義務となりますので、本来は会社で年末調整してもらわなければならないものです。
ただ、本人が希望すれば、あえて年末調整しない会社も少なくないとは思いますが。

最初に戻りますが、扶養控除等申告書は、基本的には年初又は入社時に提出すべきもので、年末調整というより、毎月の...続きを読む

Q確定申告と源泉徴収の関係は?源泉徴収表が勤務先から渡されている場合は、確定申告は必要ないのか?

こんにちは。

源泉徴収と、確定申告の関係について教えてください。

まず、確定申告は働いていて収入が一定以上ある人は全員しなければならないのですか?

上記にあたる人でも、勤務先から源泉徴収表が渡された場合、勤務先が手続きをしてくれているので、必要ないという話も聞きました。

実際、源泉徴収と確定申告がよくわかりません。

詳しく教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

確定申告≧源泉徴収

こんな感じです
社員でもパートでもそうですが
雇われている人(雇用契約を結んでいる人)は
会社がその人の代理で税金(所得税)を源泉徴収します
ですが月の収入などで大凡の金額を前徴収しているので
最終的に正規な年間収入金額が出る年末に
その年最後の調整を”年末調整”と言って
保険の控除や扶養家族などの控除額を計算して
最終的な税額を決めるんです
その時に多く徴収していれば返ってきますし
少なければ収めなくてはいけません
簡単に言うと”源泉徴収”はこういう感じです

確定申告は自営業など源泉徴収をされない人が
自分で行う所得税の申告であって
毎年2月から約1ヶ月間の期日を設けて
その申告を受け付けます
当然該当する年度は前年度の収入に対してです

さて雇用されている人でも
年収が2000万円以上の人は再度確定申告を行わないといけませんし
他の収入がある人
例えば株式で配当を受けた人など
主収入以外に収入があれば確定申告は必要です
下記のURLを参考にして下さい

普通の人は殆ど確定申告はしなくて良いようになっています

自分でするのが”確定申告”
会社がするのが”源泉徴収”
こんなイメージで構わないと思いますよ

参考URL:http://www.mykomon.jp/kakutei_salary/kakuteishinkoku_00_index.html

こんにちはm(__)m

確定申告≧源泉徴収

こんな感じです
社員でもパートでもそうですが
雇われている人(雇用契約を結んでいる人)は
会社がその人の代理で税金(所得税)を源泉徴収します
ですが月の収入などで大凡の金額を前徴収しているので
最終的に正規な年間収入金額が出る年末に
その年最後の調整を”年末調整”と言って
保険の控除や扶養家族などの控除額を計算して
最終的な税額を決めるんです
その時に多く徴収していれば返ってきますし
少なければ収めなくてはいけません
簡単に言うと”源...続きを読む

Q源泉徴収票の「乙欄」について

今年の3月末で前職を退職し、現在新職場にて就業中です。年末調整の申告書が先日届いたので前職の源泉徴収票を添付するつもりなのですが、年末調整対象外の「乙欄」に○がついていました。注意書きに「乙欄に○がついているものは年末調整できません。ご自分で確定申告を行ってください」とあったのですが、これは一体どういう事なのでしょうか?以前にも年途中で退職・再就職をし同じような源泉徴収票を提出したのですが普通に年末調整はできていました。(まず乙欄に○などの確認すらしていませんでした)。仕事を休んで確定申告にいけないこともあり、こりゃ参ったな~・・・という感じです。ちなみに在職時にWワーク期間もなく、前職場でも平成26年の扶養控除申告書は提出しており、退職し現職場でも平成26年扶養控除申告書は提出済です。ひょっとして26年度が2枚あるから片方が乙になっているのが普通?なのでしょうか?
前職の担当に聞いても「対象の人は自動でそこにチェックが入るようになっているからよく分からない」と言われたので(笑)、もしご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
(現職場の経理に聞けばよいのですが、事前に「提出しないでください」と書いてあるので一刀両断されると思われます・・・)
そもそも「確定申告できない」とズバッと書いてあるのでできないものなのでしょうが、理由が分かったら納得して確定申告にいけるかな・・・と。この乙欄源泉徴収票を見て、(この金額がこうだから乙欄だよ)、のような手掛かりが分かる方法などがあれば助かります。
よろしくお願いいたします。

今年の3月末で前職を退職し、現在新職場にて就業中です。年末調整の申告書が先日届いたので前職の源泉徴収票を添付するつもりなのですが、年末調整対象外の「乙欄」に○がついていました。注意書きに「乙欄に○がついているものは年末調整できません。ご自分で確定申告を行ってください」とあったのですが、これは一体どういう事なのでしょうか?以前にも年途中で退職・再就職をし同じような源泉徴収票を提出したのですが普通に年末調整はできていました。(まず乙欄に○などの確認すらしていませんでした)。仕事を...続きを読む

Aベストアンサー

>ちなみに在職時にWワーク期間もなく、前職場でも平成26年の扶養控除申告書は提出しており、退職し現職場でも平成26年扶養控除申告書は提出済です。
それなら、「乙欄」ではありません。
間違って「乙欄」に印が印字された可能性もありますね。

>ひょっとして26年度が2枚あるから片方が乙になっているのが普通?なのでしょうか?
いいえ。
そんなことありません。
バイトをかけもちでしている場合、「扶養控除等申告書」は1か所にしか出せないので、バイト分が「乙」になりますが…。

>この乙欄源泉徴収票を見て、(この金額がこうだから乙欄だよ)、のような手掛かりが分かる方法などがあれば助かります。
源泉徴収票ではわかりません。
「給与明細」を見ればわかります。
毎月給料から引かれる所得税は、国税庁が作成する「源泉徴収税額表」に基づきます。
給料の額と引かている所得税を見ればわかります。

参考
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2013/data/01.pdf

>そもそも「確定申告できない」とズバッと書いてあるのでできないものなのでしょうが
「確定申告できない」ではなく「年末調整できない」ですね。
原則そのとおりですが、貴方のようなケース(かけもちでない)では、会社によっては年末調整してくれることもあります。
なので、ダメ元で今の会社に事情を説明してみたらどうでしょうか。

>ちなみに在職時にWワーク期間もなく、前職場でも平成26年の扶養控除申告書は提出しており、退職し現職場でも平成26年扶養控除申告書は提出済です。
それなら、「乙欄」ではありません。
間違って「乙欄」に印が印字された可能性もありますね。

>ひょっとして26年度が2枚あるから片方が乙になっているのが普通?なのでしょうか?
いいえ。
そんなことありません。
バイトをかけもちでしている場合、「扶養控除等申告書」は1か所にしか出せないので、バイト分が「乙」になりますが…。

>この乙欄源泉徴...続きを読む

Q夫の扶養に入っているが、確定申告と年末調整、どちらをすればいい?

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の健康保険に切り替え、扶養に入りました。

もうすぐ年末調整の時期ということで、派遣会社から源泉徴収票を取り寄せ確認したところ、1月~退職日までの収入金額が約113万円でした。

ここでお聞きしたいのが、
1)夫の扶養家族として、夫の会社から渡される年末調整の申請書に必要事項を記載すればきちんと処理されるのか?
それとも私の分だけ来年になってから確定申告をするのか?
どちらがよろしい(正しい)のでしょうか?
(無知すぎて質問自体がおかしいかも知れません‥)
2)また、もし私が確定申告をするのであれば、夫の会社から渡される年末調整の用紙には、扶養であっても私の事は一切、何もかかずに提出していいのか?

よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

本当に無知すぎてお恥ずかしいのですが、毎年、年末調整やら確定申告のことになると頭を悩ませています‥。
それに今年は途中で仕事をやめたり、夫の会社の健康保険に入ったりと色々あり、どうしたらいいのかと色々調べている次第です。
詳しい方がいましたら、どうか教えていただければ‥と思います。

よろしくお願い致します。

お世話になります。

私は現在、夫の扶養に入っていますが、年末調整と確定申告、どちらをするのがいいのか知りたくて、過去検索や色々なサイトも調べてはみたものの、うまく検索できず、こちらで詳しい方がいましたら教えていただきたいと思い、質問いたしました。

私の状況を説明しますと、私は2007年1月~6月初旬まで派遣にてフルタイムで働いておりました。健康保険も派遣会社のものに入っておりました。
ですが、妊娠しまして体調も悪かったので6月初旬で退職し、退職した次の日から夫の会社の...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず給与所得の収入金額等の欄に1130000と書きます、その横に650000とすでに印刷されていますね、1130000からその650000を引いた金額480000をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄がありますね、そこにその480000を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表がありますね、左側のA欄の金額で先ほどの480000は「450000円から499999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が310000円となっています、この31万の31をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。
これが一応の手順です、これで夫は31万の配偶者特別控除が受けられます。

>(2)

繰り返しになりますが質問者の方の確定申告は妻側の税金の処理、夫の会社から渡される年末調整の用紙は妻の収入は書きますがあくまでも年末調整という夫側の税金の処理ですから混同しないように。
それぞれ別々の処理ですから、どちらか一方をやればもう一方はやらなくてもよいということはありません、どちらも処理もそれぞれ必要です。

>よくパートで働いている主婦の方などは103万以下にしないと‥とか聞くのですが、私の場合は103万以上ですし、やはり確定申告をしなければならないのかなぁとは思っているのですが、よくわからず困っています。

103万を超えているいないにかかわらず所得税が天引きされていれば、確定申告をすることによって例えわずかでも還付がありますのでやったほうがいいと思いますが。

>(1)

夫婦であっても税金の処理は別々です。
夫が会社から渡される年末調整の用紙は、妻に対する夫の控除を申請する書類でありあくまでも年末調整という夫の税金の処理のためであり、妻の税金の処理とは関係ありません。
妻は妻で自らの税金については確定申告で処理しなければなりません。
質問者の方の場合は年収が113万ならば、夫は妻に対する配偶者特別控除を受けられますので、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除」の欄に書きます。
まず...続きを読む

Q「所得控除の額の合計額」について(エラーが出てしまいます)。

国税局HPのWebで確定申告をしようと思いますが、給与所得の源泉徴収票の入力をすると、『所得控除の額の合計には38万円以上を入力してください』というエラーが出てしまいます。
源泉徴収票のとおりに入力しているのですが・・・
支払金額:3,380,552円
所得控除の額の合計金額:0円
源泉徴収税額:79,485円
恐れ入りますが急ぎで教えていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

chopenginです。
通常、給与所得だけの場合、年末調整が間違いなく行われていれば、確定申告する必要はありません。
toconatsuさんが確定申告をしようと思われた理由は不明ですが、
今回の場合は、絶対にするべきでしょう。
国税庁のHPのどこからはいっているのですか?
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/
ここの「確定申告書等作成コーナー」から作成すれば簡単ですよ。
電子申告は事前手続きが必要で今からでは間に合わないと思いますので、
「印刷して提出」されれば良いと思います。
確定申告書の給与のところをクリックすれば、源泉徴収表が出てきます。
そこに、支払金額(3,380,552円)と源泉徴収額(79,485円)
をインプットすれば、オッケーです。
源泉徴収表は自動的に計算されます。
この表と、手元の源泉徴収表とを見比べてください。
異なるところがあれば、年末調整されていない可能性大です。

ちなみに年末調整してもしなくても、確定申告はできます。
医療費がかかった、他に事業所得がある、住宅を買った、など、その他にも年末調整用の提出書類として間に合わないような所得の増減があってあたりまえですから。

chopenginです。
通常、給与所得だけの場合、年末調整が間違いなく行われていれば、確定申告する必要はありません。
toconatsuさんが確定申告をしようと思われた理由は不明ですが、
今回の場合は、絶対にするべきでしょう。
国税庁のHPのどこからはいっているのですか?
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/
ここの「確定申告書等作成コーナー」から作成すれば簡単ですよ。
電子申告は事前手続きが必要で今からでは間に合わないと思いますので、
「印刷して提出」されれば良いと...続きを読む

Q確定申告は何年前まで申告できますか?

1.確定申告をしたことがないのですが、確定申告は何年さかのぼって申告できますでしょうか。

2.今年も申告しませんでしたが、今申告はできるのでしょうか。

3.本人でなく代理で申告できますか?その時代理人に委任状など必要でしょうか。

4.確定申告に必要な書類を教えてください。

よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

1 確定申告書を提出することができる日の翌日から5年間です。ただし一度でも当該年分の確定申告をすると、以後は、還付金を受けるための手続きは確定申告ではなく「更正の請求」になるため、確定申告をした日の翌日から一年間が期限となります。

2 H20年分の所得税に関する確定申告は、申告義務のない方であれば、H24の12月31日まで提出することができます。

3 税務代理は税理士資格のあるものしかできません。しかし、申告書の内容を本人が確認したうえでこれを許可し代筆・代理提出する分には資格は不要です。

4 適用を受ける控除の種類などによって必要な添付書類は変わるため一概には言えません。
最低限必要なものとしては
当該年分の所得にかかわる源泉徴収票、印鑑 この2つは必ず必要です。

Q所得控除の額の合計額の意味を教えてください。

支払金額1050000円
給料所得控除後の金額400000円。
これは、給料所得控除後の給料等の金額表で、650000円を控除した後の金額だと思います。

その右側の、所得控除の額の合計額が、430000円となっていましたが、
この金額は、どういったものなんでしょうか?


その他、生命保険料の控除額は、50000円です。

夫の扶養になっていますが、市県民税は、支払わなくてはいけないのですか?


すみませんが、おわかりの方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>その右側の、所得控除の額の合計額が、430000円となっていましたが、この金額は、どういったものなんでしょうか?

源泉徴収票の記載ですか?

>その他、生命保険料の控除額は、50000円

これでお判りにならないでしょうか

生命保険料の控除額 50000円 + 所得税の基本控除額 380000円 =430000
所得税の課税対象額は 0円

住民税の基本控除額は 330000円 生命保険料の控除額は、3.5万円程度です

給料所得控除後の金額400000円 - 住民税の基本控除額 330000円 生命保険料の控除額 3.5万円 3.5万程度の課税所得となりますから その1割+均等割りで 4~7千円程度の納付となるでしょう

現在、勤務していて給与の支払いを受けていれば給与からの特別徴収、それ以外では送付される納税通知書で納付です


人気Q&Aランキング