積みたてた住宅財形(500万円)を2009年3月使用後、残額(250万円)を解約しました。 目的にマッチした用途で使用したので利子分の20%は住宅財形を使用した以降に積みたてた分に対しての利子分から20%税金が取られると思っていましたが、過去5年にさかのぼっての追徴です。
さらに3年前に会社を替わっており、前の会社で17年間積みたてた分の利子(55万円)を、会社が変わった際に財形を管理運営している銀行が変わったたことから、3年前に貰っています。今回この利子総額の20%(11万円)も税金を取られました。
これでは目的外で全額解約したと同じ扱いになり、取られすぎと思っています
質問 (1)財形を目的内で使用したのだから、それ以前の利子分には20%の課税がされない との解釈は正しいのか
(2)積みたてた財形をすべて目的内で使用しないと、過去5年間の利子総額の20%を払うことになるのか
(3)会社を替わったとはいえ、過去5年間以前の利子に対する税金まで取られなければならないのか
以上 3点について教示いただきたい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

A.1


その解釈は間違ってます。
残金に対しては目的外ですから5年間さかのぼって税金が徴収されます。
A.2
目的内で使った分に対しては取られませんが、目的外引き出しの元本に対しての利息は課税対象になります。
A.3
何か、勘違いされてませんか。
課税されるのは過去5年間に発生した利息に対してです。
銀行には10年定期があります。
これらを利用していたとなると利子の発生は10年後です。
つまり、預けたのが10年前でも、利息発生が5年以内ならその利息に対しても税金が取られます。
このことから15年間の利息と誤解されてしまいます。
繰り返しますが時効は預け入れから5年ではなく利息発生から5年です。

この回答への補足

A1, A3のご説明は理解しました、有難うございます。
A2 利息の計算ですが財形の目的内で元金の半分を解約前に使用しましたので、目的外引き出し分は残りの半分になります。
この利子分の計算は5年間の利子総額の半分がその対象で、その20%が税金で取られるという意味なのでしょうか、引き続き教示してください

補足日時:2009/05/14 22:30
    • good
    • 0

#1です。


例をあげて示しますので参考にしてください。
3月時点 残高 500万 過去5年間の発生利息 50万
3月増築のため、250万円を引き出し
5月全額解約

この場合、3月の時点で利息分を含めた引き出しということになってまして、
おおざっぱですが、元本225万 利息分25万の引き出しとなります。(実際は細かい計算です)

5月で全額解約となるわけですが、残りの25万(正確には2カ月分差し引く)と4月から2カ月分の利息が対象になります。

最後にこの部分が引っ掛かりました。
>さらに3年前に会社を替わっており、前の会社で17年間積みたてた分の利子(55万円)を、会社が変わった際に財形を管理運営している銀行が変わったたことから、3年前に貰っています。今回この利子総額の20%(11万円)も税金を取られました。

3年前に転職されたとのことですが、前の会社を退職されて1年以内に手続きをすれば
次の会社で継続できます。(この時点での課税もありません)
しかし、手続きを怠ったようで解約扱いにされたようですね。
ところで3年前に貰ってますとありますが、これはどういうことでしょうか。
元本+利息をもらったという意味であるなら、3年前に課税されているので今回新たたに課税されるのは不可解です。

この回答への補足

前提条件が違うとまずいと思いましたので例示と実情との差をまず記載します
3月時点 残高 500万 (Yes)
3月増築のため、250万円を引き出し(Yes)
5月全額解約(Yes)
過去5年間の発生利息 50万 (No)
>>> (1)3年前に親会社から子会社に転職、この時には遅延なく財形の継続手続きは行われています。50万円はそれまでの17年間の積立に対する利息総額で、3年前に貰ったのはあくまで新、旧財形サービスをする会社間の引継ぎ上の計算書で、引き下ろしをしていませんので当然税金は引かれていません。(2)その後の3年間の大半は海外赴任をしていましたの利息はほとんどなく、帰任後は1万円以下です

従って、3年間の利子分1万円と旧財形サービスの運営で2年間分の計算された金額(この金額が上記計算書の50万円で不可解)の20%が課税されています。
仮に50万円が正しくても半額(500万円―250万円)は財形の目的内解約ですから課税されるのは(50+1)/2の25.5万円で良いのでないでしょうか

補足日時:2009/05/17 11:21
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅財形の金利について

2,3日前に銀行から住宅財形の残高についての葉書が来ました。
半年で20万積み立てて23万になっていました。
年間に直すと40万円積み立てて、46万になりますよね?
金利に直すと15%ですよね?
住宅財形はこんなに金利が良いのですか?
それともなにかカラクリがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄に対して、一定割合の奨励金を出す企業は結構あります。
そんな金額、金利での補填は一般的ではないと思います。
社内規定にあるはずなので確認しましょう。
でも10%以上の奨励金がもらえるなんてうらやましい。

ちなみに、住宅財形はある貯蓄額以内なら金利に対して20%の税金が免除されますが目的外の使途では5年ほどさかのぼって課税されます。

Qゆうちょ銀行の金利(利子)は貯金したものを0.001%にしたものと書いてありますが、それしか利子がつ

ゆうちょ銀行の金利(利子)は貯金したものを0.001%にしたものと書いてありますが、それしか利子がつかないのは少し空虚な気持ちになるのですが、今はその程度なのが普通なのですか?銀行の知識があまりありません、ごめんなさいm(_ _)m ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40年ほど前、以前は100万円を7.8年預けておくだけでほぼ2倍になりました。
現状で言うとマイナス金利後は保険屋さんも厳しいです。
保険屋さんの場合、マイナス金利前なら15%の利回りもありましたが今はありません。

また、人件費を掛けないネット銀行が少しだけ金利が高い。
また、ネット銀行の定期預金はもう少しいいです。

お金を株式や投資信託の方で運用するように国も動いていますが
上げたり下げたり自己責任が「運用」です。勉強次第です。

今後の銀行屋としては、貯蓄が100万円以下ならATM利用時に手数料100円。とか
その他の手数料も取るでしょう。それくらい厳しいです。
また18時以降の手数料は既に取ってますよね~

これがソニーバンクなどのネット銀行の場合、基本的に無料。
3回までは無料など様々です。
そんな感じでしょうか^^

Q住宅購入資金を変動金利にするか固定金利にするか

ごくごく単純に質問します。2500万円程度の住宅ローンの借り入れを考えています。住宅財形をしてきたので、財形を考えています。住宅財形(約1.92%:5年固定後変動金利)+勤務先の融資(約2.4%:変動金利)で勝負するか、銀行(約2.8%:35年固定)の一本で勝負するか、どちらを選択すべきでしょうか?

Aベストアンサー

質問は単純ですが、回答は簡単にはいかない問題ですね。
長文になりますことをお許しください。

金融機関に勤務しており、以前は住宅ローンも担当したことがあり、現在は金利商品による資金運用を担当している者です。

#1さん、本当に「一般人」さんですか?
私の勤務先の基本方針や私どもの取引先(銀行・証券会社・短資会社など)の方の多くともほぼ同意見です。
1月11日の日経金融新聞に、日銀ウォッチャーの金融政策見通しが掲載されておりましたが、その中のお一人、某メガバンクの某エコノミストのように、量的緩和解除:2008年4月以降、ゼロ金利解除:2008年4月以降 との予想を立てておいでの方もみえますが…。
量的緩和解除は、多くの方が2006年4月(3-6月という意見が多数)とみられていますが、これがゼロ金利解除になると、06年10月、06年10月-12月、07年1月-3月、07年7月-9月、08年4月以降-とかなりバラつきがでています。
さらに、前述の某メガバンクの某エコノミストは、2006年年末の新発10年国債の利回り水準を1.25%と見ていらっしゃいますね。
現在でも#1さんが仰っているように約1.4%(これを書き込んでいる今は1.440%。目の前にQUICKボードがありますので(笑))なのに。
量的緩和もなく、当然ゼロ金利解除もなく、長期金利が年末には下がる(価格上昇)と予想されている訳です。

ただ、住宅財形は当初「5年固定」なんですよね?
固定金利選択型の場合、固定期間中の5年間は返済方法(金利の設定方法)の変更ができません。
固定期間の5年の間にどこまで金利が上昇し、金利見直しとなる5年後の金利がどの程度となっているかを考えると、当初「5年固定」は不安が残ります。

2500万円程度の住宅ローンと一口に言っても、返済方法は年収によって判断が変わるものでもあります。
変動金利を視野の中心に置かれているようですが、実際の返済期間はどの程度で考えていらっしゃるのでしょうか?
とりあえず返済期間は35年で申し込みをするが結構早いうちに繰上償還をして完済してしまうという場合と、35年間着実に返済をしていく形になるという場合では、返済方法を変えた方がいいのです(返済に余裕がある場合とない場合ですね)。
ご提示の住宅財形は、当初の金利は低いですが、「5年固定後変動金利」という点が一番の不安材料です。
せっかく財形をしたのだから-というお気持ちも分かりますが…。

ところで、勤務先からの融資は、固定金利という選択肢はありますか?
あと、利子補給はどうなっていますか?
利子補給なし、もしくは、利子補給後でも1%以上の金利となり、固定金利もあり途中で変更可能、2500万円全額借入可能-というのでしたら、私は、全額勤務先からの借入(約2.4%:変動金利)をオススメするのですが…。
そして、金利が上昇基調に移るタイミングを計って、残り全期間を固定金利にする-というシナリオで。
勤務先からの2500万円全額借入が不可能ならば、「銀行(約2.8%:35年固定)+勤務先の融資(約2.4%:変動金利)」という、長期固定と変動の2本立てで金利上昇リスクを回避したいです。

質問は単純ですが、回答は簡単にはいかない問題ですね。
長文になりますことをお許しください。

金融機関に勤務しており、以前は住宅ローンも担当したことがあり、現在は金利商品による資金運用を担当している者です。

#1さん、本当に「一般人」さんですか?
私の勤務先の基本方針や私どもの取引先(銀行・証券会社・短資会社など)の方の多くともほぼ同意見です。
1月11日の日経金融新聞に、日銀ウォッチャーの金融政策見通しが掲載されておりましたが、その中のお一人、某メガバンクの某エコノミス...続きを読む

Q【銀行預金の利子に地方税が課せられている】 銀行の金利って100万円を1年間預けて100円の利子でA

【銀行預金の利子に地方税が課せられている】

銀行の金利って100万円を1年間預けて100円の利子でATM1回使ったり、他銀行振り込みを1回すると1年間の利子が全部パーになるっていうくらいに低い金利の銀行の利子に地方税が引かれるってことは実際はもっと金利は低くなってるってことですか?

金利0.001%の世界よりもっと下がってるってこと??

昔から銀行の利子に地方税が引かれてた?

いつから地方税が取られるようになった?

地方税の税率は幾ら???

教えてください。

Aベストアンサー

>金利0.001%の世界よりもっと下がってるってこと??
お見込みのとおりです。

>昔から銀行の利子に地方税が引かれてた?
引かれてました。
所得税も引かれます。
大正9年から、税金は源泉徴収されています。

Q財形住宅融資と銀行ローンで迷ってます。

新築の為、35年で3500万のローンを組みます。
中央三井信託銀行で全期間1.1%の優遇がとれるそうなのでとりあえず3年固定(2.15%-優遇1.1%=1.05%)で申し込もうと思っていました。

ただ、今になって財形住宅融資が使えることが分かり変動金利(5年間は同じ金利=1.58%)というのもいいかなと思っています。さらに7月に申し込むと金利1.4%ぐらいになるそうです。

固定期間3年間の金利は中央三井信託の方が低いですが、将来的には財形融資の方が安心な気がします。

この先、銀行よりも財形の金利のほうが優遇分の1.1%以上安い場合は財形の方が低金利になります。
中央三井はこの先、固定、変動どちらでも選べて、財形は変動のみになります。

財形貯蓄をしていたのでローンは全額限度額以内でまかなるはずです。せっかく財形を使えるなら使うべきでしょうか?

今年住宅ローン減税を受けたいので今からだと財形はギリギリのようです。建物の検査などの手続きにやや時間がかかると言われました。(12/10までに検査を終わらせる?とのことでした)

銀行ならもっと余裕ができるのでしょうか?
その他、双方のメリットデメリットを教えてください。

新築の為、35年で3500万のローンを組みます。
中央三井信託銀行で全期間1.1%の優遇がとれるそうなのでとりあえず3年固定(2.15%-優遇1.1%=1.05%)で申し込もうと思っていました。

ただ、今になって財形住宅融資が使えることが分かり変動金利(5年間は同じ金利=1.58%)というのもいいかなと思っています。さらに7月に申し込むと金利1.4%ぐらいになるそうです。

固定期間3年間の金利は中央三井信託の方が低いですが、将来的には財形融資の方が安心な気がします。

この先、銀行よりも財形の金利の...続きを読む

Aベストアンサー

住宅財形を利用した場合、転職をすると全額一括返済を迫られることがあります。

私の夫の会社がまさにそれです。
財形で融資を受けて住宅を購入した人は住宅を人質にとられたようなものなので、職場状況が悪くなっても逃げ道がないと、夫の会社の同僚が言っていたのが印象に残ります。

実際、住宅を購入すると転勤させられるというケースが結構多いそうです。

Q200万円 5年返済 金利5%だと利子は幾らになりますか?

お世話になります。

200万円を 分割50万×4回(2年目から)
       金利5%
       5年       (年1回 50万返済)


金利 10万ですか???

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

年利5%ということでよろしいで使用か。

利息分をどう払うかでも違ってくるのですが、支払い時に利息分を上乗せして払うと、

・1年目
 利息→200万円×5%=10万円
 支払→0
 残額→210万円
・2年目
 利息→210万円×5%=10万5千円
 支払→70万5千円
 残額→150万円
・3年目
 利息→150万円×5%=7万5千円
 支払→57万5千円
 残額→100万円
・4年目
 利息→100万円×5%=5万円
 支払→55万円
 残額→50万円
・5年目
 利息→50万円×5%=2万5千円
 支払→52万5千円
 残額→0円

この方式での利息の総額は35万5千円となります。毎回50万円しか払わない方式だと、元金が上記方法より減らないので、これより増えます。

Q一般財形を続けるべきか、住宅財形に切り替えるべきか。

大変お恥ずかしい話ですが、以下の通り質問いたします。
 現在35歳。入社14年目。妻子あり。
 入社以来財形貯蓄(3万円/月)をしており、住宅財形の非課税限度の550万円をそろそろ迎えるはず・・・と会社に確認すると、入社時に私が手続きを間違えたようで、「住宅財形」を行なっていたつもりが「一般財形」を行なっていたことに今頃気づきました。お恥ずかしい限りです。
 住宅はいずれ購入する予定ではありますが(転勤族なので具体的な購入時期は未定)、このまま一般財形を続けるべきか、現在の超低金利の中で今から住宅財形に切り替えるべきか、別の貯蓄方法に切り替えるべきか迷っています。
 現在は社内持株会にも加入(7万円/月)しておりますので、「一般財形と住宅財形の併用」は考えておりません。
 お詳しい方のお知恵を拝借したいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住宅財形のメリットは非課税という点なので現状では余りメリットはないと思います。
銀行や信託銀行に預けていればどちらでも住宅融資が受けられると思います。
気になるなら一般財形を最低額(1000円?)にして住宅財形をはじめるという手もありますね。
私は住宅財形をしていて500万近くまで行ったところで1000円にして一般財形を始めて一般は今もやってます。

>別の貯蓄方法に切り替えるべきか迷っています。

あなたの場合貯蓄がいいと思います。
社内持株会の額が多いような気がしますけど。

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q住宅財形以外の財形って他に何がありますか?なんか確定申告とかで控除となる財形が3種類あるみたいです。

住宅財形以外の財形って他に何がありますか?なんか確定申告とかで控除となる財形が3種類あるみたいです。住宅財形は除きます。
住宅財形は550万まで家買うためだけについて使うのならば金利から引かれる0.2%について非課税らしいです。
つまり、そもそも毎年の確定申告税率控除の対象ではないみたいです。
そこで毎年行われる確定申告所得税控除が出来る財形を教えてください。3種類あって3種類使えば1.9万控除出来るみたいです。1つだと6300円みたいです。それは何ですか?とられるだけならマックス使った方がいいと思ってます。教えてください。

Aベストアンサー

財形貯蓄において税制で優遇されるものは
言われているような話はありません。

財形貯蓄は3つあります。
 財形の種類 利用目的
①住宅財形  マイホーム購入
②年金財形  老後資金
③一般財形  その他

①②は元利合計550万円までは
利息分は非課税となります。
①②合計で550万円です。ご注意ください。
利用目的に応じた使い方をしないと
利息に20.315%の税金が課税されます。

②は保険型という生命保険などに積み立てる
方法もあります。その場合は385万円まで
積み立てられ非課税となります。

保険型で解約などした場合は、差益は
一時所得の扱いとなり、
(差益-50万)×1/2が課税所得となり、
給与収入などとともに課税されます。
そういう意味では現在そうした差益が
50万以上出るような金額を積み立てる
ことは結構大変なので、利息から一律
20.315%源泉徴収されるよりは、お得に
なるかもしれません。

保険関係のメインの運用先は日本国債で
昨今騒がれている『マイナス金利』の
影響を受けて、運用が困難となったり、
保険料を引き上げるような状況となって
おり、割が悪い運用先になりつつある
現状があります。

>1.9万控除出来るみたいです。
の財形や運用商品は皆目見当がつきません。

税金の優遇となるもので言うと、
確定拠出年金があります。
将来の年金の上乗せとして、積み立てる
ものですが、積み立てる金額(掛金)は
全額所得控除できます。
小規模企業共済等掛金控除として
年末調整や確定申告として、その年に
払い込んだ金額を申告すると、
所得に応じた税率分税金の軽減がきます。
所得税は5%~収入に応じて。
住民税は10%一律

将来年金として受給する際にも、
国民年金や厚生年金と同様に、
公的年金等控除を受けられるため、
ここでも税金が優遇されます。

参考
http://dc.nomura.co.jp/consumer/feature/merit.html

私はずっと一般財形でしたが、
たまたま日本国債で運用をする
証券会社の一般財形を選び、
在職中は低成長時代で国債の運用
はとても安定して順調でした。
2%近くのパフォーマンスで
退職時に退職金とともに受け取り
ましたが、とてもラッキーだったかな
と思っています。

いかがでしょうか?

財形貯蓄において税制で優遇されるものは
言われているような話はありません。

財形貯蓄は3つあります。
 財形の種類 利用目的
①住宅財形  マイホーム購入
②年金財形  老後資金
③一般財形  その他

①②は元利合計550万円までは
利息分は非課税となります。
①②合計で550万円です。ご注意ください。
利用目的に応じた使い方をしないと
利息に20.315%の税金が課税されます。

②は保険型という生命保険などに積み立てる
方法もあります。その場合は385万円まで
積み立てられ非課税となります。

保険型で解約...続きを読む

Q一般財形貯蓄の利子には期待できませんか

ろうきんの一般財形をしています。
300万円貯まりました。
ところが、半年で利子が300円しかつきません。
なぜでしょうか。
他の財形にすればもっと利子がつきますか。

Aベストアンサー

私は信託銀行にあなたより多少少ない額の財形貯蓄を持ってますが
最近の半年金利は3000円ちょいでした。
信託銀行系の方が金利は良かったと思います。
しかし10倍とは言え50歩100歩のような気がするので
将来カーローンや住宅融資を利用しそうなら労金で続けてもいいかもしれません。
その辺が有利かを確認したらどうでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング