文法書に、
(1)未来のことを話している場合に、未来時から見て過去ーー話をしている時点からは未来ーーのことをいうときには過去形が用いられる。これは日本語でも同じ。
例)Long after his death perhaps,it may be realized that there lived in the age a remarkable creature.
(あるいは、彼が死んでずっとたってから、この時代に真に驚嘆すべき人物が生きていたということがわかるかもしれない。)
という説明が載っていました。(「英文法詳解」より)
しかし、
(2)I will watch TV after I have done(do) the dishes.
をI will watch TV after I did the dishes.
とするのは間違いとされていますよね?
しかし(1)の説明からするとここはdidでもいいようにとれる気がするのです。(2)も同じように未来のことを話していて、<I do the dishes>は未来時から見て過去、話している時点からは未来だから。
これをどう説明すればいいのでしょうか?
ちなみに、
I watch TV after I did the dishes.
というふうに、実際の行為をあらわすのではなく、物事の前後関係を示す為に過去形を使うことはあるそうですが。

どなたか回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私的には,これは最高級の質問ですね。


なかなか深い問題です。

(1)未来のことを話している場合に,未来時から見て過去 ― 話をしている時点からは未来 ― のことをいうときには過去形が用いられる。これは日本語でも同じ。

もっとわかりやすい例にしてみましょう。

I'll tell you how my trip was when I return.
「帰ってきたら,旅行がどんなのだったか,教えてあげるね」

旅行に行って,帰ってくる
これは未来のことです。

旅行がどんなのだったか
これは帰ってきた未来の時点から見たら過去ですが,この発言をしている今から見たら,未来のことです。

それでも,やはり過去形で
how my trip was と表現します。

これは,時制の一致は過去には働いても,未来に向っては働かない
と説明できると思います。

主節の tell が未来になっても,従属節の時制がそれにともなって,未来形になることはない。
あくまでも,未来の時点でどう発言するか。
「How was my trip?」
これをそのまま,tell につなげるだけでいいのです。

未来の時点で「過去のことを言う」
今,現在の時点で,未来にいるつもりで何というか。

一方,
I will watch TV after I did the dishes.
こちらの方は,will watch という未来の時点から
過去のことを発言しているわけではありません。

after I did the dishes
というのは,あくまでも,現在からみて
watch TV は未来,
do the dishes も未来なのです。

after により,do the dishes → watch という流れになりますが,
後の方になる,watch という未来から,過去を振り返って did the dishes となることを表すような単語はありません。

現在からみて,do the dishes も未来
watch TV も未来。
順序としては do the dishes が先。

未来のことだけど,時を表す副詞節だから
do という現在形,もしくは have done という現在完了になる。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いつもご丁寧な分かりやすい回答をありがとうございます。

I will watch TV after I did the dishes
は、順序としてはdo the dishesの方が先だが、未来から振り返っているわけではないので、didと過去形にはならないんですね。
分かりました。
ありがとうございました、お礼はここでまとめさせてください。

お礼日時:2009/05/20 11:12

勝手に勘違いする方もいるかもしれませんので,念のため申し上げておきますが,


I will watch TV after I did the dishes.
は誤りだという立場で回答しています。

watch TV という未来から,その前に行われた
do the dishes のことを言う,
という表現でないので,did という過去形にはならない。
    • good
    • 2

I will watch TV after I have done the dishes.


これは「おわらせる」「すませる」「やっつけて」
から、という語感の have done ですよね。
ですから、No.1 の方が、finish と置き換えられているのはさすがと思います。

文法用語を使うと、after I ... というのは条件節です。内容は文字通り、ある「条件」を描写しているわけですから、現在形や現在完了形(これも現在形のひとつ)
でいいわけですよね。
過去形というのは普通、「事実」の描写ですから。

I watch TV after I did the dishes.
これは文法的というより
たぶんに口語的な言い方なのでは
ないでしょうか。カンですが。
こういう風に話す人ならおそらく
I will watch TV after I did the dishes.
とも言うのではないでしょうか。

ちなみに "I will ... after I did ..." で検索してみると
わずかながらヒットもあります(参考URL)。
文法的にはまちがいとされるけれど
口語的にはそういう風に言う人もいますよ
という感じではないでしょうか。

おまけ:
Long after his death perhaps, it may be realized that there lived in this age a remarkable creature.
(in the age →in this age)
これはモームが自分の書いた小説の主人公に
ついて述べている文章のようです(参考URL)。
この場合は、問題の箇所が条件節ではなく
主節だという点が、
I will watch TV after I have done the dishes.
の場合と違いますね。
また、作家が自作のフィクションについて
語っている、というシチュエーションの理解も
この文がピンと来るためには不可欠の要素の
ように思います。
(文法書の例文には本当は
文脈を補わなければならない
ということでしょうか)

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22I+will …

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%22it+may …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク先、拝見いたしました。
口語的な表現なのかもしれませんね。そういうふうに言う人も数は少ないがいるんだ、と思っておこうと思います。
ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 11:16

I will watch TV after I did the dishes. は違和感あります。

誤りだと思います。
I will watch TV after I have done(do) the dishes.ならシックリきます。

文法専門ではないので、breakdown して正確に回答できず申し訳ないですが、その文法書、大丈夫ですかね?ちょっと変ですよ。その証拠に、例文の訳がおかしい。

Long after his death perhaps,it may be realized that there lived in the age a remarkable creature.
は、私が訳すとしたら
その時代に驚くべき生物がいたということを、その生物が死んで随分時間が経ってから知るということがあるかもしれない。
です。
つまりhis death のheは a remarkable creature のことで彼なんて訳してたら意味不明です。イメージとしては恐竜がその当時はいたのね~何千万年も経って骨が出てきた、この生物、凄くない?と気づく、なんていうケースもあるかもね、という雰囲気の文だと思います。

こんな混乱だけ引き起こすような悪い文法書にハマるのは時間の無駄だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
文法書が悪いということもありますよね・・・
違う本をあたってみようかと思います。
ありがといございました。

お礼日時:2009/05/20 12:11

I will watch TV after I did the dishes.


を単体で見ると、なんだか妙な気がします。
そもそも、過去の時点があって、現在があり、未来の時点があるので、いつの時点でテレビをみるのかさっぱり分からなくなる文です。
難しく考えずに、
I will watch TV after I finish dishes.
とするほうが、無難な気がします。

I will watch TV after I have done the dishes.
これは、いつの時点で皿洗いが終わるのか、分かりませんよね。
だから、未来の時点で終わる可能性があります。当然構成できると思います。(なんとなく、いやいややる感じがします。やるって言ってるじゃん、うるさいなぁ・・っぽい)

I watch TV after I did the dishes.
は、問題ないんですよね?
私は、不自然な気がしますけど。
なんか、習慣的な印象があり、むしろ、
I watch TV after I finish the dishes usually.
的な文ではOKな気がします。

最初の文が逆によく分かってないかもしれません。
Long after his death perhaps,it may be realized that there lived in the age a remarkable creature.
彼は、現在も生きているので、確かにlived は変ですね。
ここには、あからさまに、will のような未来形は使ってないですね。

いずれにせよ、こういう紛らわしい表現は、日常会話では使わないです。あまり気にしないほうがいいような気がしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
そうですね、あまり気にしないほうがいいかもしれませんね。
参考になります、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/20 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Q「なお、~」の英語表現

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with
」というように)。

どなたかご教示下さい。

なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。法律関係は別ですが。
例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that (or, please note), in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。
単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多...続きを読む

QI hope this email finds you well. とは?

友人からのメールで冒頭に I hope this email finds you well. とありました。日本語に置き換えるのであれば
どう訳せばいいのでしょう?findを何と訳せばいいのか分りません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは通信文でよく使われる表現です。昔はemailの変わりにletterでしたが・・・

日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。

この慣用文は日本語なら「(私はあなたが)お元気のことと思います」というところを欧米人の習慣(発想)から「このメールがあなたが元気であることを見出すことを期待します→お元気のことと思います」と表現しています。

参考;How do you find yourself this morning?
今朝、あなたはあなた自身をどのように見出しますか→今朝はご気分いかがですか。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

Qitは複数のものをさすことができますか?

英語では今までの文や会話で出てきたものをitに置き換えますが、それは複数のものをさすことができますか?置き換えるものが複数の場合はtheyにするのが正しいのでしょうか?
たとえば、「私は○と△をまだ食べたことがありません。食べてみたいです。」という文だったら「I haven't eaten ○ and △ yet. I'd like to eat it.」 でいいのか、「I'd like to eat them.」にするのがいいのか、それとも違う単語に置き換えたほうがいいのか、よくわかりません。
わかるかた教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!

 1)例を挙げますと

 I have never eaten sushi or sukiyaki. I want to try (   ) while I'm in Japan.

 の (   ) の中に、it が入るか、them が入るかという問題だと思います。

 話している人の頭の中には、鮨とスキヤキが2つ並んであるはずですね。そうなると複数ですので、them になります。it にすると、どちらか1つしか指せませんので、聞いているほうは混乱します。


 2)複数形のものを単数で受けることは、まれですがあります。

 They say he has 5 million dollars! (   ) is a hell of a lot of money!(彼は5百万ドル持っているらしい。ものすっげえ大金だナ!)

 (   )で、5 million dollars を受けた代名詞を使うとしたら、they か it でしょうか?

 この場合、話者の頭の中には、1ドルずつ並列されてなくて、5百万ドルという金額がひとかたまりで捉えられています。ですから、it が自然になります。砂糖の巨大な山は、一山で捉えていますので、やはりitで受けるのと同じことです。

 単複観念は日本語には比較的希薄ですので、誰でも苦手です(私もしょっちゅう迷います)。「古池やかはず飛び込む水の音」を英訳しようと思ったら、かはずが1匹か2匹以上なのか決めなければなりません。われわれはそんなふうに世界を見ていないですよね。

 1つ1つ具体例にでくわしながら理解を広げていって下さいますよう。

 以上、ご参考になれば幸いです。

こんにちは!

 1)例を挙げますと

 I have never eaten sushi or sukiyaki. I want to try (   ) while I'm in Japan.

 の (   ) の中に、it が入るか、them が入るかという問題だと思います。

 話している人の頭の中には、鮨とスキヤキが2つ並んであるはずですね。そうなると複数ですので、them になります。it にすると、どちらか1つしか指せませんので、聞いているほうは混乱します。


 2)複数形のものを単数で受けることは、まれですがあります。

 They say he has ...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報