現在、土地を三人の方々にお貸ししてます。
三人の方々とは簡単な賃貸書を結び、年貢料として固定資産税と諸経費分を頂いております。
ある日、近所の人から「あの土地で年貢料、結構もらっているから金持ちだね」と言われました。聞くと土地をお貸ししている人が近所の方に賃貸書を見せて「年貢料ちょっと高いよね」と言っていたそうです。
自分としては、そんなお金の絡む賃貸書を他人に見せて欲しくありません。
賃貸書というのは、土地をお貸ししている人が勝手に他人に見せても、私は何も言えないのでしょうか?
そんな話題を近所でされるのは、気分的に凄く良くないのですが・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

年貢料とはなんでしょう?



通常の賃貸借契約でしたら、契約書を他人に見せても何ら責任を負いません。
(=法的には何も言えません)

かといって、個人的に「余りお金の話を他人に漏らさないでください」とお願いするのは全く問題ありません。

法的に拘束力を持ってそういった話題を止めさせたいのでしたら、賃貸借契約と同時に
秘密保守義務契約(NDAといったりします)を締結しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどありがとうございました。
秘密保守義務契約までは、知らない仲ではないので止めておこうと思います。

「年貢料=年間賃貸料金」で方言か地元語でマイナーな言葉で、すみません。
こちらでは賃貸料金や部落香典など、まだ通貨ではなくて米(又は日本酒、雑穀等)で支払う習慣が残っているで、土地を貸すなどのやり取りでは「あの土地の分は、年貢料は一俵半だね。」と・・・分かり辛くてすみません。

お礼日時:2009/05/21 08:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律的な意味での口外とは?

「契約書の内容を今日までまでいかなる者にも一切口外していないことを認める。
また契約書の内容についていかなる者にも今後秘密とし、方法の如何を問わず一切、口外しないことを約束する。」

といような内容の念書があります。
口外の意味は第三者に話すこと。
ですが、話さなければ契約書そのものを第三者に見せたり、筆談で契約書の内容を知らせるのは問題ないのでしょうか?
逆に契約書を第三者に見せるのもNG、筆談で書いて内容を知らせるのもNGということにしたい場合は上記念書をどのように変更すれば良いでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

方法の如何を問わず一切、口外しない の部分を、
開示もしくは漏洩しない
と直せばok。
というか、目的論解釈でいけば、口外する=情報漏洩 とならざるをえないので、
となるから、念書どおりでも問題ないと思うが。(何故、契約書に書かなかったのかは棚上げとします。)

あと、「いかなる者」の部分に例外があって、
・弁護士、税理士などに相談する場合
・官公署、裁判所等の公的機関に回答、届出等をする必要がある場合
・社内において、本検討に参画する必要最小限の範囲の者
などは、「いかなる者」の中に該当しません。(業務が回らなかったり、法律が契約書に優先するため、
契約で縛っても無意味となる。)

よって、
契約書不備で裁判沙汰→弁護士に見せることを禁止 というのが念書を作る目的なら、それは無理です。

Q家族にも見せられない契約書

友人が会員制のビジネス?を始めました。
私もその会員にならないかと勧誘され、付き合いで話だけ聞きましたが、
明らかにおかしいと感じるもので、はっきりお断りしました。
簡単に説明しますと、
最初に数十万円払い、会員になる。
その他に毎月数千円の会費を払う。
勉強会や販売会に、会員は交通費等の経費もすべて自腹で参加。
売り上げの10~20%が会員に入る。
会社は少なくとも毎月会費が入ると言うメリットはありますが、
会費やその他の経費を考えると、
計算上は相当の売り上げがないと、会員のメリットは考えられません。
友人の息子さんも心配して、私に相談してきましたが、
ノルマや在庫を持たされることもないそうで、
何より友人本人はすごく楽しそうで、
息子さんにはおけいこ事でもやっていると思えば?としか言えませんでした。
ですが、息子さんが契約書を見せてくれと言ったら、
会員以外には見せられない、と言ったそうです。
それは家族でも見せることを強制することはできないものでしょうか?
またこのビジネス?の疑問点がありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

苦情の坩堝にもありましたか…

>一般的なねずみ講やマルチ商法とは少し違うようですが、

ほとんどのマルチはそういう感じで抜け道だったり
マルチであっても「うちはこうだから大丈夫」というのを
言葉巧みに言って「マルチっぽいけどこれは違う」と思わせます。

また、ブラック企業やカルトのように、精神論と連帯感で引き込みます
「夢をかなえるため」とか「みんなのためになる」と思いこませます。
素晴らしいことをしてる、自分を高めることができる、と。
それは部活動のような楽しさであり
内輪のルール、目標は家族や周囲の人、一般的な考えから離れていて
それが当然だと思うようになります。

自分を批判して、活動に反対する家族や友人よりも
自分を肯定して、批判する家族や友人についてのコメントも数々用意されていて
うまく自分たちが正しい、ずっと反対していた信じてもらえたストーリーや
反対する家族に隠す方法、逆に絶縁されても頑張っていて今幸せなストーリーなど
おそらくたくさん用意されていますし
みなさん自ら語るのを好みます。

こちらがいくら正しい理屈を用意しても、あちらはたくさんの反論を用意しています。
そしてそれは客観的にはおかしくても
信じている人にはあちらの論が正しいように聞こえるようにできています。

こればかりは当人が目覚めない限りは非常に難しい問題なのです
カルトとかと似ています。

苦情の坩堝にもありましたか…

>一般的なねずみ講やマルチ商法とは少し違うようですが、

ほとんどのマルチはそういう感じで抜け道だったり
マルチであっても「うちはこうだから大丈夫」というのを
言葉巧みに言って「マルチっぽいけどこれは違う」と思わせます。

また、ブラック企業やカルトのように、精神論と連帯感で引き込みます
「夢をかなえるため」とか「みんなのためになる」と思いこませます。
素晴らしいことをしてる、自分を高めることができる、と。
それは部活動のような楽しさであり
内輪のルール...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報