友人から相談を受けたのですが、私も何とアドバイスしていいのやら途方にくれてしまい、ここで相談させていただく次第です。
どうかお知恵を貸していただきたいです。

友人の彼は今、正社員として働いています。
収入は少ないながらも安定しておりますが、車のローンなどがあり貯金はほどんどないそうです。その彼が近く転職をするつもりらしいのですが‥‥

昔からスポーツマンだった彼は整体師になろうと思っているようです。そして会社を辞め専門学校に通うつもりらしいのです。
夜間の学部で学校に通い、3年後には柔道整復師の国家試験に挑みたいと思っているようです。しかし現在は貯金も無に等しい状態です。費用は学資ローンに頼る考えのようです。彼女も調べて驚いたそうですが、専門学校3年間で400万近い学費がかかるようですね。

彼女(30代前半)は彼よりも3つ年上です。
周りがどんどん結婚する中で少し結婚に焦りも感じると正直に話してくれた上でどうすればいいかを悩んでいます。

つまり彼を信じて支えていくか、お別れするか。

自身の年齢的にもそうですが、いざ結婚するとなっても400万の借金(学費)からのスタートに不安を感じているようです。

そこで、この場合に私が彼女の背中を押してあげるにも、やめといた方がいいんじゃない?とどまらせるにも、まずはいろいろな情報が知りたいんです。教えてください。

夜間学部で資格をとられた方。
仕事との両立はどうなのか?
肉体的・精神的に両立可能なのか?
また、資格取得後就職につけたとして、
学資ローンを返済していけるぐらいの収入は見込めるのか?
整骨院や整体院で働きながら学校に通い資格取得を目指すという方法はどうなのか?
などなど、いろいろ教えてください。

実際に柔道整復師の資格を持たれている方、また夜学と仕事の両立を成し遂げられた方からのご回答があれば嬉しいです。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まずは資格を整理してください。


整体師と柔道整復師は全くの別物で、月とすっぽんです。整体師は国か
ら認められていない資格です。ノンライセンス、悪い言い方ですが「自
称」です。私や質問者さんがたった今から整体師になれます。なので今
回のご質問は整体師は除外しますね。



さてご質問の柔整師は、はり師、きゅう師、マッサージ師と並び国家資
格であります。各項目にお答えします。


>仕事との両立はどうなのか?
肉体的・精神的に両立可能なのか?

学生年齢層は20~60代くらいまでの様々です。当然赤ちゃんを抱えてい
る働き盛りの人は多いです。きついと思いますが、やる気があれば可能
です。むしろ働きながらの人が多いでしょう。


>整骨院や整体院で働きながら学校に通い資格取得を目指すという方法はどうなのか

整骨院などで働きながらという方はおおいです。(整体院は前述の通り
除外します)しかし、学生と言うことはノンライセンスですので違法行
為は絶対せず、雑用に徹しましょう。院長などから強要されるでしょう
けど、それは絶対に断ってください。断れないのなら、全く別の職種に
就いたほうが良いと思います。資格取得後に業界に飛び込んでも良いと
思います。


>また、資格取得後就職につけたとして、
学資ローンを返済していけるぐらいの収入は見込めるのか?

じつは、これが一番の問題です。少々専門的な話になりますので、分か
らないところがあれば聞いてください。

ご質問者さんは「柔道整復師」とは何をする資格か分かりますか?
はり師は鍼で治療する資格、きゅう師はきゅうで治療する資格、あんま
マッサージ指圧師はマッサージをする資格です。では柔整師は??

柔整師とは打撲、捻挫、挫傷、(骨折、脱臼)の治療を行う資格です。
骨折、脱臼に関しては医師の同意が必要です。
http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
どうでしょう?認識に相違はありませんでしたか?肩コリ、腰痛を電気
やマッサージで治療する資格と思っていませんでしたか?たしかに街の
整骨院はこれらの行為をしています。しかしこの行為は違法でありま
す。柔道整復師法という法律があり、この法律により厳しく制限されて
おります。柔整師が肩コリ、腰痛の治療を行うことは、普通運転免許で
バスの運転をすることと全く同じです。

彼らは打撲、挫傷、捻挫のプロであることは間違いないですが、質問者
さんはこのような時に整骨院に行き、通いますか?いまどきこれらのケ
ガは整形外科に行きませんか?(いかなくてもレントゲンは撮った方が
いいので、まずは必ず整形外科にいきましょう。)それでも、街には整
骨院が沢山あります。

・・・何か違和感を感じませんか?打撲、挫傷、捻挫だけでそんなに儲
かるでしょうか?柔整師は真面目に行えば生計が立ちません。なにか裏
があるような感じがしませんか?

柔整師は鍼灸マッサージと違い独断で健康保険の取り扱いが出来ます。
もちろん対象疾患は打撲、挫傷、捻挫に限られます。しかし柔整師は慢
性の腰痛を「階段から落下の際腰を強打」などと虚偽の受傷理由で保険
を請求しています。これが儲かり、街中整骨院で溢れているからくりで
す。これはもちろん許しがたい不正行為です!!

全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険から約400
億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類ありますから、
年間で約2000億円ほど、かかっているのではないでしょうか?しかしそ
のほとんどが不正・虚偽・偽装請求で、整形外科の請求を越すようにな
っています。いわゆるケガだけの治療でここまで行きますか?そんなに
頻繁にケガしますか?数字だけ見たって納得できないです。これが国、
健保組合の財政を圧迫しております。我々の医療費、消費税が上がるの
も妙に納得してしまします。


これらの不正の他にもマッサージ師でもないのに、マッサージを行いま
す。これは法律違反と同時にマッサージ師の業務範疇を犯すものです。
しかも保険で安くするものですから、マッサージ師は今大変に困ってい
ます。マッサージ師は視力障害者の方も多いのでかわいそうです。


このように、今の柔整師は荒れ放題荒れております。私の超個人的な考
えですが、はっきり言ってこの資格は無くなっても良いと思っていま
す。いや「無くなった方が良いでしょう」。

どうせ取るなら鍼灸師が良いと思います。
http://www.zensin.or.jp/03_shikaku/shikaku.html

悪文、長文失礼しました。
何か分からない表現、追加で何かあればまたご質問下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
とても参考になりました。
詳しく教えてくださり有難う御座いました。

お礼日時:2009/06/11 09:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング