論文・レポートで

引用文自体を「」で括っているのですが、その引用文の中に、絵画の名前を「」で括っている文章があります。
こういう時は『』を使って良いのでしょうか?

A 回答 (3件)

一言で言えば、分野によって違うと思います。

論文のフォーマットというのはたいがい、それぞれの学会などで決められていますから、それに従うのが原則です。
例えば日本心理学会では、日本語の論文でも鉤括弧自体使わず、“”を使い、かつ、引用文の中に引用文がある場合は‘’で括るとしています(参考URL内、「執筆・投稿の手びき」の1.3.4、p. 20:サイズが大きいので開く場合は注意してください)。

ということで、特にフォーマットの指定がないレポートであれば、むしろご自分の中で統一感があることが大事だと思います(もちろんフォーマット指定があるのであれば、そちらをご確認ください)。個人的には、質問者様が仰る『』で問題ないように感じます。読む側としてもわかりやすいでしょうし。

参考URL:http://www.psych.or.jp/publication/inst.html
    • good
    • 2

引用文自体を「 」で括るのであれば、その中に入る「 」は『 』でOKです。


引用文中の引用文の中に、さらに引用文があれば、〈 〉。
このような括弧の使い方が、一番一般的なような気がします

あるいは、引用文中の引用文は〈 〉、さらにその中の引用文は『 』を使う人もいます。

要は、最初を一重カギカッコにしたら、引用文中には同じ一重カギカッコを持ってこないことです。
そうしないと、一番最初の“「”の受け括弧がどこなのか、迷ってしまう場合もあるからです。

あと、長い引用文であれば、「 」でくくること自体を避け、改行して引用文を一段落としてしまう、という手もあります。
そうすると中にある「 」はそのまま「 」でOKです。
    • good
    • 5

 


 わたしの引用原則
 
 ○ ──「引用文」── (……など、重複しない引用記号を用いる)
 △ 「「引用文」」(前後の文脈からみれば、許容される)
 × 「『引用文』」(なるべく、原文をいじらない)
 
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4718162.html
 三行表記 ~ 文献書誌や人物要覧の凡例 ~
 
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引用・参考文献にある数字の意味がわかりません

参考文献のページにある数字について教えてください。

二つの数字を「大きい数字-小さい数字」のように並べているこの数字は一体何を意味しているのでしょうか?

下の例は雑誌からの引用なのでしょうが、 263-93 という最後の数字は何を意味していますか? よく他の本でも見かけます。

基本的な質問ですが、どなたかお教えください。よろしくお願いします。

Hymes D (1972) ‘On communicative competence’ in Pride, J.B. and J. Holmes (eds): Sociolinguistics. Harmondsworth: Penguin:263-93

Aベストアンサー

記事が掲載されているページ番号じゃないでしょうか。
263ページから293ページまでにその記事が載ってますよ、ってこと。

ロボット学会誌の例では

高野:“車輪移動機構のABC[第3 回]”,日本ロボット学会誌,vol.13, no.3, pp.355-360, 1995.

という感じなので、ページ番号じゃないかと思いました。

Q論文引用、引用文の中に参照があった場合...

こんにちは。

現在論文を書いているのですが、引用したい文に、例えば、

笑顔でいることは健康的だという考え方にも、人間は常に笑顔で得られない(鈴木 ibid.)や健康であるために必ず笑顔でいる必要はない(佐藤 ibid.)という指摘がなされている。

という風に参照(あるいは引用)があった場合、やはりカッコ内も引用するべきなのでしょうか。
その場合、参照先例えば鈴木や佐藤の著作もどこかに書くのでしょうか。
それともカッコ内は、この場合は例外的に、書かなくても良いのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ございませんが、お答え頂ければ幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私が卒論を書いたときには、引用文の中のカッコ(引用・参照)も全て引用して書き出しました。
そして、そのカッコの中の参照先がはっきりしている場合には、巻末の参考資料のページに列記します。

例えば、Aという書籍の中で引用したい部分にBという論文が参照されていた場合、参考資料にはAの書籍情報とBの論文情報を明記します。Bの論文情報が不明な場合(あまりそんなことはありませんが)は、Aの書籍情報だけにします。


論文のフォーマットにも個人によって、あるいはカテゴリによって様々な様式がありますので、これが絶対ということはいえません。
ただ、「引用は改変せず。引用元は明確に。」というのは、どのような論文においても基本事項のはずですから、その原則に沿っていれば特に問題になることはないと思います。

質問者様がどのようなお立場にいるのかわかりませんが、学生さんなら指導されている先生に伺ってみたらいかがでしょうか。その方が的確なアドバイスがもらえると思います。

Q数値を単一引用符で囲むのはどういう意味がある?

ちょっと疑問に思ったことがあるので質問です。
例えば以下のようなselect文があるとします。
(keyというカラムはint型です)

select * from hogehoge where key = 1;

これでselectは問題なく出来るのですが、以下のように値を単一引用符で囲っても、やはりselectは可能でした。

select * from hogehoge where key = '1';

カラムの型が文字列であれば単一引用符で囲まなくてはいけないですが、数値は逆に単一引用符で囲ってはいけないとばかり思っていました。

数値を単一引用符で囲むのと囲まないのとでは、何が違うのでしょうか?御存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

PostgreSQLの独自仕様のようです。

'1'は数値でなく文字なのですが、数値との型変換を自動的に行ってくれるようです。

以下の操作を試して、定数の型を確認してみました。
(1)select 1→int4
(2)select 1.→numeric
(3)select '1'→unknown
(4)select '1'::int→int4
(5)select 1::dec→numeric
(6)select 'A'→unknown

'1'だけ入力した場合は、'A'と同じ、つまり文字として認識されています。

C1がdecで、「where C1=1」と指定した場合、内部的にはint→decの型変換が行われています。
この場合、型変換を行わせないためには、「where C1=1.」と指定する必要があります。

これと同様に、PostgreSQLでは、「where C1='1'」と指定した場合、文字→intの型変換が行われています。

型変換はオーバーヘッドになりますので、できるだけ列の型にあった定数を指定した方がいいというのが、どのDBMSにも共通の常識だと思います。

PostgreSQLでは、文字から数値への自動的な型変換も行ってくれるようですが、型変換のオーバヘッドがある上、見た目だけで判断すると、列のデータ型を勘違いすることになり兼ねないので、こういった使用は行わない方がいいと思います。

PostgreSQLの独自仕様のようです。

'1'は数値でなく文字なのですが、数値との型変換を自動的に行ってくれるようです。

以下の操作を試して、定数の型を確認してみました。
(1)select 1→int4
(2)select 1.→numeric
(3)select '1'→unknown
(4)select '1'::int→int4
(5)select 1::dec→numeric
(6)select 'A'→unknown

'1'だけ入力した場合は、'A'と同じ、つまり文字として認識されています。

C1がdecで、「where C1=1」と指定した場合、内部的にはint→decの型変換が行われています。
この場合、型...続きを読む

Q論文などの引用文で明らかに間違い横に「ママ」って何?

論文などで引用文に明らかな間違いがあるとき
たとえば

・・・における拳法(ママ)記念日

のママって何なんでしょうか?

Aベストアンサー

 書いてあるママ引用させていただきました、という意味ですね。
つまり、引用の途中で私が変換ミスをしたわけではないんですと断ってあるんですね。
どちらがミスをしたか、これではっきりするわけです。

Q無断引用・転載を禁ずのほんとのところの意味

例えば、沢山の高校や大学の入学情報などを集めた本がよく出回っていますが、あのような本を出版する場合でも、出版社は全ての学校に情報内容の転載や引用の許諾を取っているのでしょうか?各高校や大学のウェブサイトに大方の情報は載せられておりますが、各学校とも最後に無断引用・転載を禁ずという一文が記されているところが多いようです。しかし、数十、数百という学校に全部許可を取っているようにも思われないのですが。誰かこのあたりに詳しい方(特に出版社の編集の方)の説明を頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

まず、「無断引用、転載を禁ず」という文句に法律的な意味は全くありません。著作権法において引用は法律に沿っている限り権利者がなんと言おうと無断でできます。逆に転載は無断でやってはいけないのは権利者が何を言わなくても当たり前です。

そこで一つ気をつけねばならないのは、「著作権法が保護するのは内容ではなく表現である」ということ。即ち、「引用とか転載とかが問題になるのは情報の内容ではなくてその表現という外形である」ということ。ですから、同じ情報でも「表現を変えて」掲載する限り、著作権法上の問題にはなり得ません。
そして、情報自体が一般に公開されているのであればそれを利用したからといってそれだけで直ちに違法となるわけではありません。
その意味で、学校の入試情報について書籍に掲載する場合に、その情報が一般に公開されているのであれば、掲載のために必ず許可を取らなければならないとする法的根拠は実はありません。
ただ、一般には掲載許可を得るのが大人の対応というもの。ガイドブックだって普通はお店を勝手に載せたりはしません(辛口批評の本だと無許可掲載というのはいくらでもある)。そして出版社からすれば必要なら1000件くらいの許可を取るのは不可能じゃありませんが、まあ取ってないのもあるかもしれません。どのみち、学校側が文句をいわない限りは何の問題も起こりませんし、ただで宣伝してもらえるのでむしろ歓迎というところだって少なくないでしょう。
既にある写真などを無断で使うと著作権法違反になりますが(もちろん出版社が独自に撮影するのは構わない)、これも仮に許可を取っていなくても実際には問題にはならないでしょう。通常は、学校側に依頼して学校側が掲載を希望する写真を送ってもらうもんだと思いますが。

まず、「無断引用、転載を禁ず」という文句に法律的な意味は全くありません。著作権法において引用は法律に沿っている限り権利者がなんと言おうと無断でできます。逆に転載は無断でやってはいけないのは権利者が何を言わなくても当たり前です。

そこで一つ気をつけねばならないのは、「著作権法が保護するのは内容ではなく表現である」ということ。即ち、「引用とか転載とかが問題になるのは情報の内容ではなくてその表現という外形である」ということ。ですから、同じ情報でも「表現を変えて」掲載する限り、...続きを読む

Qレポート(論文)での引用について

レポートなどで、引用するときに、

「…(引用文)…」(著者 出版年 ページ数)

と言ったように、引用文の後に引用してきた本などの情報を書きますよね?

これは、HPの記事を引用した時には何を書けば良いんでしょうか?

「…(引用文)…」(HPのタイトル 更新年)とかで良いんでしょうか…?

Aベストアンサー

#2です。
通し番号を振ることで対応してはいけませんか?
↓こんなふうに。文献資料とWEB資料の利用記号を分けたりすれば、見分けもつけやすいと思いますが。


「…(引用文)…」【W1】らしい。しかし、「…(引用文)…」【W2】なのだ。


【引用サイト一覧】
(W1)「Webページの作成者名(あるいは会社名)」「Webページのタイトル名」「URLアドレス」「アクセス日時」
(W2)「Webページの作成者名(あるいは会社名)」「Webページのタイトル名」「URLアドレス」「アクセス日時」

Q引用されているラテン文の部分の意味が分かりません

 「必然性」の原義・意味がわかりません。(1)ドイツのNotwendigkeit、英語のnecessary/sufficient conditionなどから、「無しでは済まされない「必要性」」、とした方が直裁的で分かりやすく思います。でも、(2)必然性は「様相」カテゴリーでもあり、「然」の字を当てることによって、「必ず時間的または空間的に「そうなる」」という、時間・認識・真理様相的な判断の意味付けもあると思います。
  (1)と(2)との根拠関係がしっくり来ません。たとえば、時間様相と真理様相の「必然性」でのからみあいなど。語源的な究極の意味を知りたくて、英語の哲学辞書のmodalityを引いたところ、下記のようなラテン語文が引用してありました。このラテン文の意味を、できたら、文法的な文構成の意味も含めて教えていただきたいのです。簡単なラテン語辞書・文法書を買ってみましたが歯が立ちません。

 (a) Necessarily p implies Actually p (Lat. a necesse ad esse valet consequential);
 
 (b) Actually p implies Possibly p(Lat. ab esse ad posse valet consequentia).

どうかよろしくお願いいたします。

 「必然性」の原義・意味がわかりません。(1)ドイツのNotwendigkeit、英語のnecessary/sufficient conditionなどから、「無しでは済まされない「必要性」」、とした方が直裁的で分かりやすく思います。でも、(2)必然性は「様相」カテゴリーでもあり、「然」の字を当てることによって、「必ず時間的または空間的に「そうなる」」という、時間・認識・真理様相的な判断の意味付けもあると思います。
  (1)と(2)との根拠関係がしっくり来ません。たとえば、時間様相と真理様相の「必然性」でのからみ...続きを読む

Aベストアンサー

ラテン語の(b)ですが、「和羅辞典」のサイト(URL下記)で「す」の項目で「推理」をみてください。類似の例とともに出ています。
類似構文で(a)は necesse は英語の needs, necessity 必要性、ですので類推がつくと思います。

参考URL:http://www11.ocn.ne.jp/~mare/frame2.html

Q英語の文章を読んでいて人の名前や行事の名前、建物の名前などが出てきますよね。文章を解くときに、ちゃん

英語の文章を読んでいて人の名前や行事の名前、建物の名前などが出てきますよね。文章を解くときに、ちゃんと読んでますか?
時間制限があるなかでちゃんと読んだり、覚えたりするのはかなり時間のロスになると思うのですが…。
早い時間で、正確に読む秘訣があったら教えて下さい

Aベストアンサー

母国語でも私は固有名詞をちゃんとは読みませんが、短時間で正確に読むためには、相関図を描きながら読んでいます。

例えば、「武者小路呂羽左衛門がアレクサンドリア・ショスタコーヴィッチと第六大曾根記念会館でロデマルギラ・フェスティバルを開催した」という場合には、「六」という家を描いて、「武」と「A」をそこに入れて、天井の上に「ロフェス」と書く、という具合です。

なお、パソコンを使える環境であれば、細かいことは気にせずに読み進めて、「あれ? この人だれだっけ?」と思った段階で、その人の名前を「CTRL+F」で文書内検索したりします。

Q引用句集 ウィキクォート "Attributed" の意味

英語版のウィキクォートでよくAttributedという
単語が使われているのですが、この場合、
どういう意味で使われているのですか?

http://en.wikiquote.org/wiki/Johann_Wolfgang_von_Goethe

Aベストアンサー

例えば Merriam-Webster 辞書では、2 b にあたるものだと思います。

http://www.merriam-webster.com/dictionary/attributed

例、
“The quote is attributed to Goethe.”
「その言葉はGoethe のものとされている」

Wikiquote では特に、その人の言葉ではあるが、source がはっきりしないもの("Sourced" ではないもの)について "Attributed" セクションに置くそうです。

http://en.wikiquote.org/wiki/Wikiquote:Sourced_and_Attributed_sections

Q学術論文の引用文献として、特許や企業の機関誌などは引用できるのでしょうか

博士課程1年に所属する者です。

現在、市販されている多孔質体について研究した成果を論文に投稿しようと考えております。この論文作成にあたって、背景として特許の詳細説明文および企業の出版物を引用したいと考えております。

こうした出版物は引用できるのでしょうか?
また引用できる場合、どのような書式で引用すればいいのでしょうか?

木下是雄:「理科系の作文技術」(中央公論新社 2006)p.161-167
を参考にした限りでは、上述2つの出版物の引用の仕方は載ってませんでした。何か良い手引書があれば、それも教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

通常特許は以下のようにします。
発明者名, USPatent 6,475,464 B1 (05, November, 2002).
日付はこの場合B1で「成立特許」なので成立日です。
日本の公開特許は、英文の場合、
発明者名, Japan Patent Kokai 2006-169063 (2006.06.29).
日付は公開日です。日付を(29, June, 2006)にしても構いません、前後で統一して下さい。
企業が雑誌をだしている事もあります。
例えばアルドリッチ社のAldrichimica Acta。
引用はごく普通の雑誌同様です。
企業の定期刊行物はそのまま書いて良いのですが、カタログなどは通常引用元としては不適切です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング