この3月に住宅を購入しウキウキしておりました。が、4月に転勤命令。こういう場合、やっぱり特別控除はもう受けられないのですか??いちおう家族で転勤したいのですが、住民票等はどうしょうか?(子供もいるので検診等もあるので出来る限り転勤先に移したい。でも、主人はいいのかな??)とかいろいろ考え中です。転勤から帰ってきたら特別控除は受けられるのか?おうちを他人に貸した場合はどうなるのか??(3~5年で戻る予定)知識がなく困っています。同じような経験された方、知ってみえる方、いい方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

税制は良く変わりますので過去の話がどれだけの意味があるか疑問です。


確かな方法は税務署の税務相談へ電話か直接出向いて納得するまで聞かれる
ことをお薦めします。

因みに、過去の例を幾つか書きますので参考になれば幸いです。
私の知人も購入した年の年末に住民票が他にあった為、住み初めてからも
請求出来ませんでした。(これは、初年度に確定申告をすると後から年末
調整として提出すれば良い用紙の綴りを送ってきます。翌年以降はこの綴り
から該当年次分を切り離しローン残高などを記入して会社へ提出すると年末
調整と一緒に戻ってくる仕組みになっています)

最初の年は住んで居たが転勤して戻って来た時の取り扱いですは、税務署に
聞いて確かめた訳ではありませんが、3年以内であれば還付が受けられると
聞いたことがあります。このケースは、もしかすると海外転勤の場合に限ら
れるかも知れません。その関係の仕事をしていた時に聞いた話なものでかなり
不確実な話しです。

今は期間も長いし金額も大きくなるので還付受けられるといいですね!
頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お話いろいろありがとうございます。今は引越し準備に忙しいので、また落ち着いたら税務相談とか利用していろいろ考えてみます。

お礼日時:2001/03/18 22:29

住宅借入金等特別控除は「継続して居住」する場合に


受けられる制度ですので、原則その取得した家に住んで
いないと適用は受けられません。ですから転勤から再
び戻ってきてその家に住んでも「継続して」いないので
同様に適用は受けられません。

ただ単身赴任等の場合は、配偶者や子供などが引き続き
住んでいる場合は適用されます。

また取得した家を他人に貸した場合は、上記の理由で
「継続して居住」していないので、適用は受けられま
せん。

mukarinさんの場合は、事情が許せば、mukarinさんと
お子さんが今のご自宅に住民票を移さずにそのまま住ま
われますと、今年から15年間控除が受けられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。今のところは住民票を移さずにしてみようかな。。と思っています。でも、子供のことやらでいろいろ問題が出てきたらあきらめようかなという状態で引越しする予定です。

お礼日時:2001/03/18 22:20

あ、そうか。

税制ってちょこちょこ変わってるし、過去の事例だけでは不安ですね。
では、税理士さんの回答が下記にありますので、ご覧ください。
やっぱり、残念ながら・・・(T_T)・・・みたいです。
「住み続ける」ことが条件ですから。

参考URL:http://ww2.wt.tiki.ne.jp/~miyagi/syotokuzeikaito …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

税理士さんの回答、見ました。やっぱり残念みたいです。でも、転勤先から戻った時に家がある、と前向きに考えてがんばります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/18 22:25

家族の誰かが残って住んでいれば、控除は普通に受けられます。


家族全員で転居してしまったら、控除は受けられません。
そして、家族全員で転居した後、すぐに戻って来たとしても、もう2度と控除は受けられません。特別控除を受けられるはずの期間がどれだけ残っていようと、もうダメなのであります・・・。
我が家も、住宅購入3年目に転勤の辞令が出たおかげで、特別控除の恩恵にはほとんどあずかることができませんでした。ナミダ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり無理みたいかな。せっかくの恩恵にあずかることができないなんて。。
転勤族はつらいですね。そういった方はやっぱりみえるんですね。転勤経験者の貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/18 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅借入金等特別控除について 

住宅借入金等特別控除について 

H21年1月入居ですが、この場合H21年3月に確定申告しなければならなかったのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>H21年1月入居ですが、この場合H21年3月に確定申告しなければならなかったのでしょうか?
いいえ。
今年(平成22年の2月~3月)です。
でも、今からでも申告すればいいですよ。

Q住宅借入金等特別控除 2

主人が今年4月末で退職し9月に再就職しました。
再就職した今の会社の17年分源泉徴収票を見ると、源泉徴収額は0となっていて還付が¥28166となっています。
以前の会社では住宅借入金等特別控除の申告書を提出するとおよそ15万程年調還付で戻ってきていました。
今年は\28166だけというのはよくわからないのですが、
源泉徴収票を持って確定申告すれば去年までと同じ位はもどってくるのでしょうか?
今日主人が給料明細と17年分の源泉徴収票を持って帰ってきたのですが
会社に聞こうにも週明けになってしまいます。
気になってしかたないのでどなたか教えてください。よろしくお願い致します。
...........と昨夜質問した後で気づいたのですが、
前の会社の源泉徴収票を今の会社に提出しないと
いけなかったのではないかと。
本当に無知で恥ずかしいのですが、提出する必要があったのでしょうか?
あった場合今からではどうすればよいでしょうか?
また提出した場合還付金は違ってきますか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

前回のご質問に、その分も含めて書き込みましたが、補足も含めて、さらに詳しく書いてみます。

中途就職の場合は、前職分の源泉徴収票を提出しなければ正しい計算ができない事となりますし、住宅借入金等特別控除の還付の原資となる源泉徴収税額も、その分が含まれない事となりますので、今からでも会社に提出されれば、おそらくその分も全額が還付されるものと思います。
(所得が高くなれば、必ずしもそうではありませんが、昨年の還付額から予想すると全額還付されそうな気はします。)

年末調整は、翌年1月までは再計算できますので、会社に今からでも源泉徴収票を提出すれば、再計算してもらえるはずです。

もし、万が一、会社が応じてくれない場合は、確定申告すれば還付できます。

その際には、2社分の源泉徴収票と、住宅借入金等特別控除に関する書類(会社から返却してもらって下さい、基本的に原本が必要ですが、会社が渡してくれなければコピーでも事情を話せば大丈夫とは思います)と、認め印、還付口座となる預金通帳を持参されれば良いです。
還付のための確定申告は、翌年1月から受け付けますので、早めに行かれた方が混まなくて良いものと思います。
(ただ、1月中であれば、会社で年末調整の再計算をして下さい、と言われるとは思いますが。)

前回のご質問に、その分も含めて書き込みましたが、補足も含めて、さらに詳しく書いてみます。

中途就職の場合は、前職分の源泉徴収票を提出しなければ正しい計算ができない事となりますし、住宅借入金等特別控除の還付の原資となる源泉徴収税額も、その分が含まれない事となりますので、今からでも会社に提出されれば、おそらくその分も全額が還付されるものと思います。
(所得が高くなれば、必ずしもそうではありませんが、昨年の還付額から予想すると全額還付されそうな気はします。)

年末調整は、翌...続きを読む

Q18年の住宅借入金等特別控除

18年10月に家を新築して住んでいるのですが
税務署に確定申告していない場合、
今から18年分の確定申告書を出して受け付けて
もらえるのでしょうか?もうだめですか?

Aベストアンサー

確定申告してなければ、まだ大丈夫です。早目に申告しましょう。

控除不足が生じる場合は、お住まいの市区町村へも。
http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/gengakusochi_1.html

Q中古住宅の借入金等特別控除について教えてください

非常に気に入った物件があったので,今月25日に中古住宅の契約(手付金を払う)を不動産屋と結ぶつもりでいます.

ところがこの物件は築20年で,登記簿謄本をみると1987年5月30日建築となっていました.

銀行からの住宅ローン借り入れは仮審査が終わった段階で,本審査はこれからですので実際の借り入れは早くても6月,遅ければ7月ということになるかと思います.

この場合,住宅ローン特別控除の対象となるのでしょうか?住宅ローン特別控除の適用対象は築20年以内ということだったので,5月中に契約してしまえばローン控除の対象だと思っていたのですが,もし税務署から売買契約日ではなく,借入日(金消契約日というのでしょうか)が基準で登記簿に記載せねばならない,とか指摘されるかもしれないと思うと,非常に気がかりなんですが,どのように判断されてしまうのでしょうか?

あまり細かい法律上のことは知らないもので情報不足かもしれませんがご教示お願いします.

Aベストアンサー

住宅借入金等特別控除の20年の判定基準は、
購入する物件の登記簿に記載されている新築年月日(1987年5月30日)と購入後の登記簿に記載される所有権移転の年月日で判定します。

ここでいう所有権移転の年月日は通常引渡し日(ローン実行日)です。
2007年5月30日までに引渡し(ローン実行)を受けないと住宅ローン減税は適用になることはありません。
(20年は5月29日ではなく5月30日で良し。)

残代金受領前に所有権移転登記を承諾する奇特な売主はいませんから、契約を取りやめるかローン減税をあきらめるかの選択になるかと思います。

Q医療費控除と配偶者特別控除を同時にする方法

こんばんわ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5683009.html
こちらで医療費控除の件を質問させて頂きました。
この件についてはほぼ解決しましたが、医療費控除と配偶者特別控除の申請を同時にしたいので、質問させていただきます。

国税庁のHPから申告書を作成し、税務署に持っていくのに色々操作しているのですが、医療費控除と配偶者特別控除をどうやったら同時にできるのかわからないのです。

申告書選択で、どの項目を選んだらいいんでしょうか??
一番右の、「いずれにも該当しない方」を選ぶと、色々項目が出てきて、収入の給与をクリックすると源泉徴収表が出てきて入力できるようになっていますが、青い字でクリックできるところは全部入力しないとダメなんでしょうか?

ためしに上記の「いずれにも該当しない方」で配偶者特別控除のところを入力してみたんですが、私の昨年の給与所得控除後の金額が約61万あり、入力すると16万が勝手に計算されて記載されるそうなんですが、そこだと思われる項目に数字などを入力しても、0円になってしまい、16万円が反映してきません。
入力する項目が間違っているんでしょうか???
それとも入力する金額がまちがっているのでしょうか??

医療費控除と配偶者特別控除を同時にやったことのある方、できたら詳しく教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いします。

こんばんわ。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5683009.html
こちらで医療費控除の件を質問させて頂きました。
この件についてはほぼ解決しましたが、医療費控除と配偶者特別控除の申請を同時にしたいので、質問させていただきます。

国税庁のHPから申告書を作成し、税務署に持っていくのに色々操作しているのですが、医療費控除と配偶者特別控除をどうやったら同時にできるのかわからないのです。

申告書選択で、どの項目を選んだらいいんでしょうか??
一番右の、「いずれにも該当しない方」を選ぶと...続きを読む

Aベストアンサー

>ためしに上記の「いずれにも該当しない方」で配偶者特別控除のところを入力してみたんですが、私の昨年の給与所得控除後の金額が約61万あり、入力すると16万が勝手に計算されて記載されるそうなんですが、そこだと思われる項目に数字などを入力しても、0円になってしまい、16万円が反映してきません。
国税庁のHPで入力したことはないのですが、考えられるのはおそらく記入する欄が違っていますね。
「配偶者特別控除」のところに貴方の所得を記入してもダメです。
「配偶者の合計所得」という欄が右の下のほうにないですか。
そこに、61万円を入力してみてください。

それから、税務署へ行くなら、そこで聞けば記入のしかた教えてくれます。
手書き用の申告書もたくさんおいてあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報