プロが教えるわが家の防犯対策術!

現在、大学3年生で就職活動を控えています。
しかし、恥ずかしながら私の親には500万円以上の借金があります。
消費者金融、クレジットカードや住民税の滞納などです。
支払期限が過ぎていて簡易裁判所から通告がきているくらいです。

親に借金があると金融系には就職できないと
聞いたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか?
また、公務員系にも影響はありますか?
他にも大手の民間企業を受けようと思っているのですが、
無理なのでしょうか?

私自身に借金はありません。
親の借金自体も親戚に頼って何とかするつもりですが、
もうすでにブラックリストに入ってしまっていると思うので、
とても心配になりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>親に借金があると金融系には就職できないと聞いたことがあるのですが、実際どうなのでしょうか?



現在では、全く問題ありません。
昔は、両親・本人の出身地区(被差別地域か否か)とか借金の有無とか色々と素行調査がありました。
しかし、現在は「本人次第」という金融機関が多いです。
公務員・大手企業でも、同様です。
逆に、公務員の場合は被差別地域専門採用枠が各地方公共団体に存在します。

>もうすでにブラックリストに入ってしまっていると思うので、とても心配になりました。

質問者さまの成績・性格・出身大学(残念ながら未だ指定校制度が残っています)のみが、重要です。
昔の履歴書・採用試験申込書には「両親・家族の最終学歴(出身高・大学)・現勤務先・本籍・現住所」など個人情報を記入する事が一般的でした。
この個人情報だけで、借金の有無・ブラック情報の有無・被差別地域出身か否かなどが人事に反映されたのです。
今は、この行為は違法ですから心配する事はありません。
    • good
    • 6

ファイナンシャルプランナーのHと申します。



親の借金は全くあなたの就職とは一切関係ありません。
とは言っても、借り元の会社に就職するのは少し気が引けてしまいますね。


簡易裁判所からの通告とは訴状ですか?支払督促ですか?
ただの内容証明郵便であれば、時効を中断するためのこけおどしです。

訴状や支払督促のときは無視しない方がいいですよ。
最悪の場合、あなたの親の給与や口座預金が差し押さえされてしまいます。
ただし、差し押さえられたとしても4分の1までしかできませんが。


また、ブラックリストというのは単なる事故情報ですので、
あまりビックリするものではないということを覚えておいてください。
(名前を聞くだけだと、すごくダークなイメージがありますけどね)

具体的に言うと、あなたの親がどこからいくら借金を申し込んでいて、
3か月以上の滞納がある、借金整理した、などのデータ(事故情報)が
信用情報機関というところで管理されているだけの話なのです。

その事故情報こそが、ブラックリストの正体なのです。

しかも、この事故情報は本人の許可なくして開示できるデータではないため、
一般の人が知ることはまずできません。
ちなみに、クレジットカードの申し込み書などでは
信用情報開示の許可を必ずしているのです。
(そこまで細かく見ている人はあまりいないと思いますが)


というか、500万円くらいの借金であれば、
何も今から諦めなくても全然返せると思いますよ。
(きっと、まだまだ現役ですよね?)

相続放棄すると、お父様の名義の負債だけではなく、
資産もすべて放棄することになります。
つまり、家も預金もお父様名義の資産はすべて放棄することになります。


ですので、一度、どこからいくら借り入れているのかをまとめた上で、
借金整理を検討してみても良いかと思います。

最近は、過払い金請求訴訟が流行っていますので、
今のうちでしたら、比較的過払い金を取り戻しやすいと言えます。
(過払いになっていたらの話ですが・・・)

ただし、住民税は国民の義務なので支払わざるを得ませんが、
役所に相談してみると良いと思います。


この辺の事情は私の専門分野ですので、
何かありましたら何でも聞いてください。

求人が減っている中の就職活動で大変だと思いますが、
是非がんばってください!

応援してます ^^
    • good
    • 7

全く関係ありません。


ご安心ください。
    • good
    • 7

難しい問題ですね。


今年就活を終えた身の者ですが、私の親にも借金があります。
借り元は消費者金融ではないようですが、5千万ほどあり、履行期も到来しています。本人はもはや返す気がないらしく、「自分が死んだら相続放棄してくれ」と言っています。

あくまでも私の経験なので申し訳ないのですが、
全体的にあまり影響はなかったような気がします。
金融系も大手企業も面接など進みましたし、結局は公共系の団体に就職の内定をいただきました。
面接の最後のほうまで進んだ人を対象に身辺調査をすると聞いたことがありますが、家族が服役していたりカルト宗教の一員でない限り大丈夫なのではないでしょうか。私見なので分かりませんが。

就職活動において大切なのは、何よりも自分の人格も含めた能力だと思います。むしろ、親の借金で自分が苦労した経験はかけがえのないものだと考えてみてはどうでしょうか。苦しんだ分、他人の痛みが分かるようになったり、自分自身強くなったりしたとプラスに考えてみてください。
就活中、くじけることもあると思います。そのような時、うまくいかないのを親のせいにしたくないですよね。私はそういうふうに前向きに考えるようにしていました。
月並みですが、就職活動、頑張ってください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
親の借金で自分の将来が狭まるのは、
非常に残念なことだと思っていたので少し安心しました。

お礼日時:2009/10/20 01:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q就職する際の身辺調査

今、大学3年で就職活動中の女です。
詳しい方にお伺いしたいです。

父親が借金で3~4年前に
自己破産しており、去年
母と離婚してわたしの親権は
母になりました。私立の4大に
在学して いるのですが、
授業料は親からの支援が
まったくないので、全て
日本学生支援機構の奨学金で
授業料をまかなっております。
そこで今、就職活動中なのですが
金融職に興味を持ち始めています。
金融職とは主に銀行やクレジットカード会社です。
父親はまた、3~4年前に母や兄(今年で25歳)の名義で
勝手に(免許証を財布から抜くなどして)クレジットカードを
作ってしまい、それも払いきれず
母と兄も今まだブラックリストに
載っているかでカードを作れない状態です。
わたしはその頃幸い、20歳を超えていなかったので、
カードを作ることができませんでした。
そこでおききしたいのですが、
金融関係に就職する際
家族などの身辺調査があるみたいなんですが
わたしのような身分はがんばっても
銀行やカード会社から内定を
いただくことはできないでしょうか?
今、一生懸命、説明会などに
足を運んでいるんですが
無駄になるでしょうか???
お答えお願いします。
また身辺調査とはどのような方法で
行われるのですか??
住民票などを提出してからでしょうか?

今、大学3年で就職活動中の女です。
詳しい方にお伺いしたいです。

父親が借金で3~4年前に
自己破産しており、去年
母と離婚してわたしの親権は
母になりました。私立の4大に
在学して いるのですが、
授業料は親からの支援が
まったくないので、全て
日本学生支援機構の奨学金で
授業料をまかなっております。
そこで今、就職活動中なのですが
金融職に興味を持ち始めています。
金融職とは主に銀行やクレジットカード会社です。
父親はまた、3~4年前に母や兄(今年で25歳)の名義で
勝手に(免許証を財布から抜...続きを読む

Aベストアンサー

友人等が複数名金融機関や警察関係に勤めてます。
本来的に言えばやってはいけない事になってますし、やってない事になっています。
ですが一部ですがやっているようです。
ただそれは分かりません。本来は違法行為ですから。
上記の友人達に聞いても「やってないとは言ってるがやってるように思える」と言うような回答でした。

個人的には、第一志望を金融機関以外で考え、金融機関に受かればラッキー、と思えばいいんじゃないでしょうか。
ちなみに内定後や入社後に「そういった理由」でクビになることはありません。
そんな話を聞いたこともありませんし、完全に犯罪行為で名誉を傷つけますからありえないことです。

警察や金融機関は専門の関連会社、関連部門を持っていてそこで調べるようです。
外資系企業などは探偵会社を使って調べる事もあると言いますがそこまでやるのは一部だと思います。
どっちにしろ、「やっている証拠」はありません。
ただある程度、警察や金融機関内定者の住所や素質が似た者が内定を受けるのは事実でもあります。

ともかく多くの企業はやってませんから、金融機関にこだわらず幅広く受けることを奨めます。
近年では金融機関でアジア系留学生も割に多く採用されています。
差別意識は下がっているように思います。

友人等が複数名金融機関や警察関係に勤めてます。
本来的に言えばやってはいけない事になってますし、やってない事になっています。
ですが一部ですがやっているようです。
ただそれは分かりません。本来は違法行為ですから。
上記の友人達に聞いても「やってないとは言ってるがやってるように思える」と言うような回答でした。

個人的には、第一志望を金融機関以外で考え、金融機関に受かればラッキー、と思えばいいんじゃないでしょうか。
ちなみに内定後や入社後に「そういった理由」でクビになることはありま...続きを読む

Q金融関係企業の身辺調査による内定取消し

大学4年生で、先日とある金融関係の会社から内定をもらいました。

ですが、身辺調査をされて内定が取り消されるのではとおびえています。

というのも、私の両親にはかなりの額の借金があるからです。
私の就職が決まるまでは自己破産せずに、コツコツ返済しています。
ですが普通に働いても返せる額ではないのでそのうち自己破産をする予定です。

私自身には、奨学金の借り入れに加え、パソコン購入費用として十数万円万ほどのローンを大学生恊を通じて組んでいて、まだ返済が残っています。
これに関しては奨学金の中からやりくりして毎月滞りなく返済しています。
あとはクレジットカードを何枚かもっているのでそれも借り入れに含まれるかもしれないです。

こんな状況ですから、銀行への就職は絶望的だと思っていました。
実際、某銀行では親の職業などを面接でしつこく聞かれたので、絶対身辺調査は行っているでしょう。
しかし経済を専攻していることから多少なりとも金融に興味があったので、ダメもとで金融関係の選考を受けていました。
そして選考を受けてとある金融関係の企業(非銀行)から内定をもらいました。

ですが、銀行以外でも金融関係の企業なんだから何かしらの身辺調査はするのではないかと不安になってきました。。。
内定もらって浮かれて就職活動を辞めてしまったのですが、内定取消しに備えて持ち駒を残しておくべきでした。

今さら内定取消しをされても、貧乏なだけに就職浪人はできません。

銀行以外の金融(証券・生損保・リースなど)でも身辺調査はするものなのでしょうか??
また、いったん内々定をもらってもその結果如何で取消しになるようなことがあるのでしょうか??
まだ内々定は口約束だけです。

詳しい方がいたら教えてください!><
就職活動再開するかで悩んでいます。

長文失礼いたしました。

大学4年生で、先日とある金融関係の会社から内定をもらいました。

ですが、身辺調査をされて内定が取り消されるのではとおびえています。

というのも、私の両親にはかなりの額の借金があるからです。
私の就職が決まるまでは自己破産せずに、コツコツ返済しています。
ですが普通に働いても返せる額ではないのでそのうち自己破産をする予定です。

私自身には、奨学金の借り入れに加え、パソコン購入費用として十数万円万ほどのローンを大学生恊を通じて組んでいて、まだ返済が残っています。
これに...続きを読む

Aベストアンサー

夫婦共に金融ですが、夫は銀行です。私は証券でしたが、借り入れに関する調査など、しないと思います。
むしろ、本当にその大学に在籍していたのか、卒業できるのか、近所の評判とか、その程度の信用調査だと思います。
夫は大学時代、家が極貧状態のころ、進学やら在籍しており、銀行以外の金融機関から、両親はいっぱい借り入れしていたようですが、銀行に内定しています。一家三人で、働き出し、全部返済したようですよ。
その当時のことは私も存じませんが、義妹が入行式の翌日に結婚式だったそうで、借金いっぱいの状態だったのでは。
私の会社でも、下宿している同期の大家さんのところに信用調査の人が来たようですが、先輩に聞いたら、本当にその履歴書の大学に通っているか程度は調べるでしょ、と言っていました。
真面目に学業に打ち込んでいる人に、そんな取り消しなどないと思います。
安心して、卒業まで頑張ってください。会社が当てにしているのは、未来のあなたの労働力です。就職まで、英気を養って、備えてください。

Q銀行はどの程度自分を調査しますか?

就職活動中の大学生です。銀行に就職を考えていますが、銀行は自分のことをどの程度調べるのでしょうか?

1、3つの銀行に預金していますが、預金額は調べられるのでしょう   か?
2、株式で資産運用しているのですが、どこにいくら投資しているかと  いうことはバレますか?
3、奨学金一種を受給していますが、選考の際不利になりますか?一円  も使っていません。
4、住んでいる家の名義が、母方の実家の祖父になっているのですが、  祖父について調査するのでしょうか?また、祖父がいくらの資産を  保有し、どのように運用しているかもわかってしまうのでしょう   か?

質問が多くて申し訳ありません。わかる方がいらっしゃいましたら、回答お願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。身元調べをするのは、人数を絞り込んだ段階です。採用予定数の1.5倍くらいです。つまり 内定を出す前に調べるということです。
なお、資産運用については自分の資産か 実家の資産か分かりませんが 入行した後は 株の取引については インサイダー取引の関係から 自粛を求められる場合が多いです。

Qブラックリストによる就職の影響

クレジットカードのブラックリストに載ってしまった場合、 公務員や銀行員、会計士などになれなくなるということはありますか?
公務員の場合、なれる職種となれない職種があると思うのですが、
なれない職種を教えてください。

もしその場合、ブラックリストから消えてからも影響はありますか?

また、お金を借りられなくなる、ローンを組めなくなる等の他に
ブラックリストに載っていることにより、不利になることがあれば教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>クレジットカードのブラックリストに載ってしまった場合、 公務員や銀行員、会計士などになれなくなるということはありますか?

ブラック殿堂入りになった「原因」によって、異なります。
多くの場合「自己破産」が就職・就業に問題になります。
任意整理・返済延滞が原因でのブラック殿堂入りの場合は、関係ありません。

自己破産の場合は、「破産手続開始決定が下りた後、免責許可の決定を受けるまでの間」だけ下記職業に付く事は出来ません。
・弁護士・司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・公証人・不動産鑑定士・弁理士・社会保険労務士
・有価証券投資顧問業者・宅地建物取引主任者・公安委員会委員・保険勧誘員(損保代理店、生命保険外交員)
・警備業者(警備員)・質屋・古物商・建設業者・風俗業者・合名会社、合資会社の社員
・株式会社、有限会社の会社役員(監査役(※)など)・代理人・後見人・保証人・補佐人・後見監督人・補助人
・遺言執行者
既にこれらの資格・職種に付いている者でも、この期間中はこの資格・職種に付く事は出来ません。

就職に関しては、ブラック殿堂入り期間中でも問題ありません。
・国家公務員・地方公務員・学校教員・宗教法人の役員・医師・看護士・薬剤師・建築士
採用試験に合格すれば、問題なく就職できます。
既にこれらの資格・職種に付いていても、今まで通り資格・勤務は可能です。

>ブラックリストから消えてからも影響はありますか?

原則、ありません。
ブラック殿堂入りを原因とした就職差別は、行政指導の対象です。
ですから、採用担当者は「別の理由で採用見送り」とする場合があります。

>お金を借りられなくなる、ローンを組めなくなる等の他にブラックリストに載っていることにより、不利になることがあれば教えてください。

原則、不利になる事はありません。
強いていえば・・・。
金融事故を起して被害を与えた金融機関及びグループ会社では「今後も、信用が無い」だけです。
自己破産の場合は、裁判所掲示板・官報に「破産者として、実名・実住所などが公示」となります。
財産を失うだけでなく、自己破産をした事実が世間一般に知れ渡ります。
家が競売になったりしなくても、何故か「ウワサ」が流れて、多くの場合引越しを余儀なくされているようです。

>クレジットカードのブラックリストに載ってしまった場合、 公務員や銀行員、会計士などになれなくなるということはありますか?

ブラック殿堂入りになった「原因」によって、異なります。
多くの場合「自己破産」が就職・就業に問題になります。
任意整理・返済延滞が原因でのブラック殿堂入りの場合は、関係ありません。

自己破産の場合は、「破産手続開始決定が下りた後、免責許可の決定を受けるまでの間」だけ下記職業に付く事は出来ません。
・弁護士・司法書士・行政書士・税理士・公認会計士・公証人・...続きを読む

Q金融機関は身内に自己破産者がいると就職できないのか

現在就職活動をしております
私大3年生です

金融機関、とくに地方銀行、信用金庫を第一志望とし
就職活動をおこなっております
私は融資の業務を仕事として、どうしてもやりたいく
現状に悩んでおります

そこでの懸念として、祖父の自己破産歴があり
金融機関への就職には、身内調査、信用調査の観点から
不利かも知れないと思いました

現状整理していることとしましては
(1)祖父は亡くなっている
(2)企業のコンプライアンスが厳しいので一方的に落とされないのではないか
(3)法律的にはなんの問題も無いらしい
(4)昔から自己破産者が身内にいると銀行や国家公務員は難しいといわれている



ということです
もし、自己破産者が身内<どの間柄の人かも>にいて金融機関で働いている人が
本人でも、知り合いでもいましたら教えて頂きたいです


何卒、お願いします

Aベストアンサー

大手金融機関に勤務しております。私は弟が自己破産者ですが何の問題もありません。

「そこでの懸念として、祖父の自己破産歴があり
金融機関への就職には、身内調査、信用調査の観点から
不利かも知れないと思いました

現状整理していることとしましては
(1)祖父は亡くなっている
(2)企業のコンプライアンスが厳しいので一方的に落とされないのではないか
(3)法律的にはなんの問題も無いらしい
(4)昔から自己破産者が身内にいると銀行や国家公務員は難しいといわれている」

御懸念は分かりますが、質問者の祖父が自己破産者だと確認する方法が金融機関にはありますせんよ(笑)

「私は融資の業務を仕事として、どうしてもやりたいく現状に悩んでおります」

 志望動機が上記の様ですが、銀行業務は融資業務だけではありません。とくに地方銀行、信用金庫の場合はノルマ営業をこなす事が質問者に求められます。承知の上で就活して下さい。

Q公務員試験の身辺調査

私は先日公務員試験に最終合格したのですが、この前ここの質問と回答で公務員は親兄弟や親戚の身辺調査が厳しいとあったのですがそもそもそれは本当なのでしょうか?

受験の申込書に親や兄弟のことを書く欄はないですし、面接試験や受験後に聞かれたことはありません。

何かしら調べられるとは思うのですが、どのようにして調べられるのでしょうか? またどの程度まで調べられるのでしょうか?

詳しく知っている方はぜひ教えてください

Aベストアンサー

刑務官についてはよくわかりませんが、同じ公安系として警察官について述べさせていただきます。
警察官の試験では、両親、兄弟、兄弟の配偶者、同じ住所に住んでいるものに関しては、生年月日、住所、続柄、勤務先、役職、勤務先の住所を書かなければなりません。また自分自身がやっていたアルバイトについても名称、住所、バイトの期間を書く必要があります。また自分の交通違反歴、犯罪歴、補導歴なども記述します。
刑務官も警察官試験ほどではないにしろ、少なからずあるのではないでしょうか。

Q就職活動の面接で家族構成などを質問してくる理由は?

大学4年女子です。
筆記試験、グループディスカッションや一次面接を通過し、最終面接での出来事です。
家族構成や家族の年齢、祖父母と同居の有無、父親の職業(会社名や職種)などを質問されたことがあります。
最終面接ではありましたが面接形式は集団で、私以外の人にも質問されました。
それどころか、面接の最初に紙を渡され、家族構成、家族と祖父母の年齢を書かされました。
そのときは嘘偽り無く正直に答え、その面接での質問はこういった家族のことと他社選考状況のみで終了しました。(自己PR、志望動機、学生時代力を注いだことなどの質問は一切されませんでした。)
そして、不合格通知が届きましたがどうも納得がいきません。

就職活動で家族構成や家族や祖父母の年齢や同居の有無、父親の職業を質問してくる理由はなんでしょうか。
私は、父(単身赴任中)母兄妹がおり、別居の祖母がいることなどを正直に答えましたが世間的にはあまり良くないのでしょうか。
単にその企業が私に対して魅力を感じなかっただけだとは思いますが、説明会、筆記試験、一次面接やグループディスカッションなどで何度も呼び出して通過させておいて、最終面接ではほとんど家族の話のみで不合格通知を出されたことに対して自分の家庭を否定されたような気持ちになりました。

大学4年女子です。
筆記試験、グループディスカッションや一次面接を通過し、最終面接での出来事です。
家族構成や家族の年齢、祖父母と同居の有無、父親の職業(会社名や職種)などを質問されたことがあります。
最終面接ではありましたが面接形式は集団で、私以外の人にも質問されました。
それどころか、面接の最初に紙を渡され、家族構成、家族と祖父母の年齢を書かされました。
そのときは嘘偽り無く正直に答え、その面接での質問はこういった家族のことと他社選考状況のみで終了しました。(自己PR、志望動...続きを読む

Aベストアンサー

元総務部人事課長からの回答です。
私も面接のときは 家族構成は聞いています。家族の職業も聞くことがあります。
家族構成については、まあ話の道具として使うだけで特に意味はありませんが 親なりが健康かは聞くこともあります 女性の場合 介護なりで休まれたり 辞められたりすることを警戒します。
親の職業を聞くのは ライバル会社に勤めていないか 定職についていて しっかりした家庭かを確かめるかです。
そういう質問をする会社は まともな会社ではなく 就職しても問題が多いとかの 根拠もない 質問者様の気にいるような回答もありますが 大企業・一流企業ほど 家庭環境等にも注意を払いますよ。
それと、質問者様が落とされるのは 家族に関する質問が原因と思っているようですが そうではないかもしれません。私の会社では 50人採用予定の場合 最終面接には75人ほどになります 3人に一人は落とすことになりますので 最終面接といえども安心はできません。家族の話しか出なかったとしても 内容ではなく その応答ぶりが評価されたのかもしれません。私の会社の事例でいえば50人採用で試験等で評価60番目以降の人は よほどのことがないと逆転できません。 
質問者様が落ちるのは 家族のせいではありません 沢山いるライバルに比べ 自分の能力が相対的に足りなかったのです・・。その辺を勘違いしないようにして下さい。

元総務部人事課長からの回答です。
私も面接のときは 家族構成は聞いています。家族の職業も聞くことがあります。
家族構成については、まあ話の道具として使うだけで特に意味はありませんが 親なりが健康かは聞くこともあります 女性の場合 介護なりで休まれたり 辞められたりすることを警戒します。
親の職業を聞くのは ライバル会社に勤めていないか 定職についていて しっかりした家庭かを確かめるかです。
そういう質問をする会社は まともな会社ではなく 就職しても問題が多いとかの 根拠もない...続きを読む

Q面接した会社の人事担当者が身辺調査を!?

はじめまして。
これは私自身の話ではないのですが、あまりにも信じられないので
皆さんの意見を教えて下さい。

現在、内定をもらっている食品関連の企業の話です。

面接の時に一緒になった30代の女性が居ました。
彼女とは1次・2次面接の両方で顔を合わせていたので
内定を頂いて業務内容の説明に行った時には「あぁ、こんにちは!」
という感じで仲間のような感じになっていたのですが、
説明会の合間の休み時間に、彼女と話をしていて、
「最終面接の後、人事の人に今日の明日で会社に呼ばれた」
と言うのです。私は最終面接から説明会までの間は、内定した旨の
電話しかありませんでした。あとは郵送で日時など告げられただけで
特に何も無かったので、「どうして?」と聞くと
いきなり夜電話がかかってきて「採用したいので明日会社に来れるか」
という電話だったそうです。てっきり説明か何かを受けるのかと思い
翌日彼女は会社に出向きました。
すると、人事担当者の中年男性から一枚の書類を出されて
「あなた、消費者金融に借金あるでしょう?」と。
身に覚えの無かった彼女は「いいえ、そんなことないです」と答えると
「隠さなくても、調べるとわかるんだから」と。
その書類には○○様信用情報(彼女の名前)
某金融機関 50万・・・とかいう感じで何件かの借入があるように
印刷されていました。金融機関名はどれも「某」で
この会社名を教えて下さい、というと「教えられない」と。
動転した彼女は、その書類のコピーを貰い
翌日、開示センター?なる機関、警察、ハローワークに出向きました。
そしてそれは自分の事ではない、と電話をかけ話すと
「警察なんか行ってもあてにならないんだから。自分も入社の時
身辺を探られたものだよ、そんなの常識だから」と言われたそうです。
おまけに30代で未婚の彼女に対して
「過去に結婚してたの?隠しても全部調べればわかる」
とまで言われたそうです。もちろん彼女には借金も離婚暦も無し。

後日、結局彼女は悩んだ末、就職難の事実もあり、会社説明会に
やってきました。そこで何も知らない私と再会し、その話をしました。

私自身もその会社に入社を決意して現在の勤務先に退職願を出して
しまったので、その話の内容が本当だとしたら相当ひどいと思うので
先行きを考えてしまいます・・
会社は地元では誰もが知っている有名な安定企業です。
実際に説明会でお会いした他の社員さんたちはとても感じがよく、
まさか彼女が作り話をしているとも考えにくく、ただショックで・・
ひとつの企業が雇い入れるかどうかわからない人間に対して
時間とコストを使いリスクを負ってまでそんな事をするとも
考えにくい気がします。
しかし彼女が私に作り話をする理由も無いしメリットも無い。
面接中なら「敵を蹴落とすため」というネガティブな理由もあるで
しょうが、二人とも内定を貰って、さらに配属の部署も違います。

皆さんはどう思いますか?

はじめまして。
これは私自身の話ではないのですが、あまりにも信じられないので
皆さんの意見を教えて下さい。

現在、内定をもらっている食品関連の企業の話です。

面接の時に一緒になった30代の女性が居ました。
彼女とは1次・2次面接の両方で顔を合わせていたので
内定を頂いて業務内容の説明に行った時には「あぁ、こんにちは!」
という感じで仲間のような感じになっていたのですが、
説明会の合間の休み時間に、彼女と話をしていて、
「最終面接の後、人事の人に今日の明日で会社に呼ばれた」
...続きを読む

Aベストアンサー

人材を採る事に神経質な会社で、ある程度安定している会社なら、
身辺調査は内定前か後に行います。
結構、一般の方からの意見が多いようですが、
取る側からの意見も参考にしてみてください。

雇い入れるかどうか分からない人間の調査だからこそします。
内定してから調べられて、内定取り消しとする会社の方が
誠意がないと思いますよ。

後、募集に集まった人総てには行いません。
募集に集まったり、書類選考の時点で、
人事はだいたいの当たりをつけます。
その人たちに対して身辺調査をして、
オカシナ人がいればその時点ではじくというのをします。

なんにせよ、それだけコンプライアンスに関して神経質な会社という事は分かるのではないですか。

Qそもそも就職はできるのか(金融機関の方以外でも構いません)

そもそも就職はできるのか(金融機関の方以外でも構いません)

私は大学三年生(男)です。金融機関(中でも地銀)に就職希望しているのですが、金融機関特有の調査(おそらく一般的には身辺調査というと思います)についてお聞きしたいです。まず、現状を述べます。

私は大学一年のとき父を自殺で亡くしました。原因はおそらく借金苦と家族関係の不和です。現在も住宅ローンが数千万あり、祖母はごたごたで失踪した経験があり、母は臨時の県職員で実家で一人で暮らしています。住宅ローンは遺族年金の毎月10万円で支払いをしており、何回か滞納歴があるそうです。私は県外で一人暮らし中です。

私自身は、大学を退学することを一度検討しましたが、「なんとかして学業を続けたい!」という強い意志があったため、学業を頑張って特待生を獲得し学費を半額にして、残りの学費をアルバイトで稼いで苦学してきました。お金で大変苦労してきた経験や、その大切さを知った経験から「お金で人の原動力になる」金融機関を目指したい思うようになりました。ゼミもそういう方向のものを選択しました。

しかし、金融機関、特に銀行などは身辺調査があって、本人に問題がなくても家庭がこのような状況だとだめだ、滞納しないように気をつけて、その銀行の口座をつくって借金してでも金を入れとけ!と聞いて不安になりました。 
私の第一希望の地銀からは、母は住宅ローンは借りていませんが、一度資金繰りのため30万ほど借り入れたようです。また、実家のお隣さんが当該地銀の銀行員の方でして、私とはあまり面識がありませんが、母は良く知っています。父との死別の件もご存知です。不利益な情報が流出する可能性があると思います。

知り合いのつてで当該銀行内定者に話を聞いたところ、現段階で身元保証人は要求されていないようです。しかし、人事担当者から口止めされている可能性も予測でき、真実性は定かでありません。

私のような状況でも、金融機関に就職できるのでしょうか。身近の大手地銀内定者に話を聞くと、単位もギリギリの人やのほほんと暮らしてきたような人でも、家庭に問題がないような人は受かっているような気がします。私は学費を稼ぐため遊びも恋愛も全部我慢してバイトに励み学業に励み、とにかく「一生懸命」やってきました。それでも、「フツーの学生」あるいは「シボウドウキは地元に貢献できるからです」という一般的抽象的な志望動機の人が優先されてしまうのでしょうか。
 
何か質問を記入しているうちに更に不安になってしまいました。そもそも私は就職市場全体において著しく不利な人材なのでしょうか。私は自分の人生を家庭の崩壊の生贄に奉げなくてはならないのでしょうか?こんな私でも「能力があるのなら…」と採用してくださるものなんでしょうか?

当然はじめての就活ですのでよろしくお願いします。

そもそも就職はできるのか(金融機関の方以外でも構いません)

私は大学三年生(男)です。金融機関(中でも地銀)に就職希望しているのですが、金融機関特有の調査(おそらく一般的には身辺調査というと思います)についてお聞きしたいです。まず、現状を述べます。

私は大学一年のとき父を自殺で亡くしました。原因はおそらく借金苦と家族関係の不和です。現在も住宅ローンが数千万あり、祖母はごたごたで失踪した経験があり、母は臨時の県職員で実家で一人で暮らしています。住宅ローンは遺族年金の毎月1...続きを読む

Aベストアンサー

銀行に限らず、警備会社などでも、お金を扱う商売、職種では、ある程度調査をするのが普通です。お金を扱う以上、お金にルーズで、使いこんだりしないかどうかということが問題になります。

質問者様の場合、本人に借金がなく、大学もアルバイトで卒業したということで、お金に対してのしんようという意味ではむしろ好まれるところはあると思います。

ご家族の借金も、住宅ローンのみで、つなぎで借りたことはあっても、完済しているということなので、クレジットヒストリーとしては、それほど悪い条件ではないかと思います。

ただ銀行は、もともと両親の職業なども保守的にみる業界なので、なんとも言えない部分があるのは事実ですが、ご本人はお金についてしっかりしているとアピールできる点があるので、あまり悩まないで、チャレンジしてみたらどうかと思います。

身元保証人に関しては、その銀行内定者の方は、まだ説明されていないだけで、入社時に必ず要求されます。ただしこれは、銀行だからではなく、日本では就職する際に、身元保証人をたてるのが、常識です。常識なので、特別説明をしていないだけで、入社時に提出する書類には必ず含まれています。就職時の身元保証人は、本人が問題を起こした場合に一定期間の弁済の責任を負うとされていますが、身元保証人に賠償を要求したという話は聞いたことがありません。実質的には、身元保証人は、形式的なものなので、あまり気にしなくてもいいでしょう。

銀行に限らず、警備会社などでも、お金を扱う商売、職種では、ある程度調査をするのが普通です。お金を扱う以上、お金にルーズで、使いこんだりしないかどうかということが問題になります。

質問者様の場合、本人に借金がなく、大学もアルバイトで卒業したということで、お金に対してのしんようという意味ではむしろ好まれるところはあると思います。

ご家族の借金も、住宅ローンのみで、つなぎで借りたことはあっても、完済しているということなので、クレジットヒストリーとしては、それほど悪い条件では...続きを読む

Q一般の銀行員は個人情報を見たりできるの?

銀行に勤めてる方は個人の信用情報(金融資産、借金履歴など)を見ることはできますか?
銀行自体は把握可能だろうと思うんですが、銀行員なら誰でも調べることができるなら個人情報流出のことを考えると恐いと思い気になったので教えてください♪

Aベストアンサー

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるようです。

まず、銀行等金融機関において、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。
「金融資産」というのは、土地・建物・機械・原材料・製品などの実物資産に対していう言葉で、『現金・預金・有価証券・貸出金などの形で保有する資産』を指します。
ご質問者さまの意図が「預貯金だけ」を指すとしても、A銀行において他行・他機関(別の銀行、信用金庫、信用組合、農協・漁協、郵便局)にあるご質問者さまの名義の預貯金残高や取引履歴を調べたりすることはできないからです。
ただし、融資を受ける際に、場合によっては他行・他機関の預貯金残高や取引履歴が証明された書類(通帳・証書では不足の場合がありますので、その証明書になります)を徴求することもあります。
提出していただいた書類は、永年もしくは取引継続中保管が原則なので、貸出稟議書や関係書類として保管しておきますが、新しいものと差し替えていただく訳ではありませんので、常に現有資産が把握できる訳ではありませんよね。
ですから、「銀行等金融機関においては、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。」というのが回答になります。
銀行等金融機関の職員の場合は、さらにできません。
その書類の管理は「個人情報保護法」の施行以来厳しくなっていますので、「融資」担当の職員でも、必要な時に必要な人の書類を取り出すのでなければ難しいです。
他部署・他担当の人間にはさらにできません。
私の勤務先の場合、融資実行済み・返済中の方の書類は、地下にある保管庫に保管されていますが、その部屋の鍵の持ち出しには許可が要ります。

自行扱いの預貯金に限っていえば、その銀行等金融機関で「資金を扱う」かつ「端末が設置されている」部署であれば、照会することはできないことはありませんが、まず、端末を操作するためにはオペレーターカードが必要ですし、オペレーターカードは端末操作者として登録された人にしか発行しません(私は資金を扱う部署にいて、部署には端末もありますが、運用を担当しており後方事務担当ではないため、端末を操作することはできません。動かしている金額はかなり大きいんですけれどね)。
また、オペレーターカードを使うので、端末に「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
私の部署では、その操作履歴のチェックは毎日(業務取引終了後に)行われますから、業務に関係のない照会が行われればバレます。
バレれば、規定により罰則をくらいます。

一般的に「個人信用情報」=「借金履歴」との認識が強いのではないでしょうか?
厳密に言えば違うんですけれどね。
「借金履歴」は、個人信用情報機関のデータを照会することによって、一部は調べることができますが全ての把握はできません。
なぜならばここで言われる「借金」は「お金を借りる」とイコールではないからです。
例えば、銀行等金融機関でも、住宅ローンやマイカーローンのように、実際に「お金」を借りることはもちろん「借金」ですが、カードローンのように「お金を借りられる枠を与える」ことも「借金」になります。
カードローンの契約はしたけれど、実際にお金は借りていない…ということもありますよね。
また、これに準じた取引は、銀行等金融機関以外の会社等でもできます。消費者金融会社がいい例ですね。
他に、クレジットカードの発行、クレジットカードの利用(買い物や公共料金等の振替)、割賦販売による高額商品の購入契約なども「個人信用情報機関」の「個人信用情報」に登録されます。
そして、銀行等金融機関、クレジット・信販、消費者金融が加盟している「個人信用情報機関」はそれぞれ異なっているんです。
現在、日本における個人信用情報機関は大きく「5つ」といえます。
詳しくはこちらが分かりやすいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1
銀行等金融機関が加盟しているのは一般的には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」というところです(複数の個人信用情報機関に加盟している金融機関はあります)。
#1さんが仰っているのは、銀行等金融機関でここに情報を照会しようという時のことです。
一般的には、お客さまとの窓口になっている部署に設置されている専用端末で照会をします。
この端末も決められた担当者しか操作することはできません。

私が個人信用情報取扱主任者の資格を取得した「CIC」は、銀行等金融機関が関係する「保証会社・保証機関」や、クレジット会社、信販会社などが主な加盟会員となっています。
こちらも専用端末を使います。
こちらはオペレーションカードは使いませんが、担当者のコードとパスワードを入力しないと操作できないシステムになっています。

先ほどご紹介しましたウェブサイトにも記載されていますが、KSCとCICと「全国信用情報センター連合会(FCBJ・全情連)」は、CRINというシステムによって、情報の相互利用をしています。
ですが、ここでの共有情報となっているのは、いわゆる「ブラック」といわれている情報だけです。
A銀行がKSCに個人信用情報を照会した場合、CICや全情連の契約・取引の情報全てが見られるわけではありません。

組織としてはこんな感じですが、これを職員個人が勝手に見ようとしても、KSCにしろCICにしろ、やはり「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
CICでは「目的外利用はしてはいけない」とされていますので、加盟会員である団体の意志にしろ、職員個人がかってにやったことにしろ、「してはいけないことをした」ということになります。
場合によっては、契約を打ち切られます。
個人信用情報機関と契約してもらえないということは、個人信用情報の照会も出来なくなる訳で、申込者の「個人信用情報」を調べる手段がなくなり、保証や融資の「審査基準」となる情報が得られなくなります。
これでは「仕事」になりません。

尤も基本的なところでは、銀行等金融機関の職員が業務上知り得た情報を外部に漏らすのは、個人情報保護法に違反することになります。
内規違反にもなりますので、まず、職員は勤務先から罰則を食らうことになります。
職員当人もですが、組織としても「個人情報保護法」における管理監督責任を問われ、刑罰を食らうことになりますね。
のみならず、実際に個人信用情報を漏らされたことによって「本人」に損害があった場合、その損害賠償責任も負うことになります。
実質的な損害のみならず、「そのような企業・組織なのだ。」というレッテルを貼られてしまうことも、大きな損失ともなります。

そのようなことから、銀行等金融機関の職員が「業務上知り得た情報」を外部に漏らすことは、企業・組織としても大きな損害を招くことになります。
それを避けるために、銀行等金融機関が保有する「個人情報(個人データおよび保有個人データを含む)」および業務上取得した「個人信用情報」については「銀行員なら誰でも調べることができる」状態にはなっていません。

回答が長くなってしまいましたが、銀行等金融機関はこんなカンジで、個人情報等の徹底管理をしています。
ただ、道路交通法でもそうですが、どれだけ罰則が強化されても違反者というものは出るものです。
以前、このサイトでも「友人の銀行員から、飲み会の席で自分の借金を暴露された」という質問をみかけましたから。
真っ当な金融機関ならば、恐れるのは罰則よりも「風評リスクとその被害(あの銀行は個人情報を外部に漏らしている-などという噂を流されること。それによって、銀行の「信用」を失うこと)」ですので、より厳しい状況が作られています。
ただ、これが「お金を貸すおよびそれに準じた業務をしているところ」全てに言えるかといわれるとなんとも申し上げようがございません…。

銀行等金融機関についてならば、「銀行等金融機関が保有している情報を1職員が見ようと思っても、外部の方が思っているほど簡単なことではない。」と思っていただいて結構です。

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるよ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング