52歳女性(メガネ使用)で右大腿骨頭置換術をうける人に対して手術前訓練としてどういったことを思考したらよいのでしょうか。もちろんタバコを吸っているため禁煙は必要だと思います、他には全身麻酔なので深呼吸訓練(トリフロー使用)、あとは、術後に関して体位変換についても必要なのかなとは思うのですが・・・
具体的に呼吸訓練以外に何を施行できるのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。

大腿骨頭置換とか人工股関節の手術後は、肢位(動作様式)により脱臼の可能性があることは書きましたが、日常生活のふとした動作でも起こりえることなので、十分患者様に理解してもらいましょう。
まず質問の
寝返り:手術後は術部位の痛みなどで術側方向への寝返りは困難な場合が多いと思います。よって健側方向への寝返りでは、術側肢が上になるわけですから普通に寝返りをすると術側股関節は内転位を取り、さらに寝返りの後半では内旋位も加わります。これは脱臼肢位ですから禁忌です。そこで、一般的に病院で用いられるのが三角枕です。この三角枕は術後の安静臥位でも用いられていますが、股関節を軽度外転位に保持する為に両足の間にはさむように入れる三角の枕です。寝返りでもこの三角枕を利用し寝返れば安全だと思いますが少し動きにくくしんどいかな。リハが始まれば枕を使わなくても安全な方法を指導してもらえると思います。
他にも、ズボン・靴下・靴などを履く時、下のものを拾う時、床から立ち上がる時などなど注意が必要です。特に手術後1ヶ月位は術部位の軟部組織などが安定していないので注意しましょう。
こんなもんでよろしいでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても、ためになりました。実践してみたいと思います。
日常生活でも、いろいろと気をつけなければならないことがたくさんあり得ることが再理解できました。

お礼日時:2003/05/18 00:36

術前の訓練としては、kkzzさんの言うように術前リハが必要だと思いますが、まずその患者様は大腿骨頸部骨折で牽引中ですか、また大腿骨骨頭壊死か何かですか? 牽引中であれば体動が困難ですから仰臥位での訓練になってしまいます、しかも術側は痛みが強い場合が多く、なかなか訓練が出来ませんが、健側肢では股関節の屈曲(膝伸展位での下肢の挙上)床から30cmくらい上げる。

それと股関節外転(開脚です、kkzzさんの言う中殿筋です。)運動、あと膝伸展(大腿四頭筋の強化、これは等尺性収縮かな?)運動が出来るでしょう。また大腿骨骨頭壊死などで牽引などしていない場合は体動可能なので、健側肢・術側肢両方の筋力強化が可能で股関節周囲筋・膝関節の筋力強化が必要だと思います。内容・方法については、心疾患・高血圧などの疾患を持つ方もおられますので患者様にあった訓練が必要だと思います。詳しいことはまた質問してください。
プラスして、股関節の人工骨頭は肢位により脱臼の可能性もあるので(手術の方法でも変わりますが、股関節内転・内旋・過度の屈曲)、術後の基本動作指導(寝返りなど)も必要ではないでしょうか、具体的にはいろいろあるのでまた質問してください。

この回答への補足

そうですね。いろいろありがとうございます。非常にためになりました。
ところで、寝返りの指導としては具体的にどのような動作に注意したらよいのでしょうか。

補足日時:2003/05/17 23:23
    • good
    • 1

骨折でのオペでないのなら、術前リハをしておいた方が良いでしょう。

中臀筋を中心とした臀部周囲筋を鍛えておいた方が、術後の歩行訓練の時に成果がでやすいと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。中殿筋を鍛えるにはどういったことをしたらよいのでしょうか。等尺性運動もOKだと思うのですが、具体的な運動としては下肢をどのように動かせばよいのでしょうか
よろしくお願いいたします。

補足日時:2003/05/15 21:44
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工関節置換後(股関節・膝関節)の禁忌体位について

人工股関節置換後の禁忌体位として、過度の屈曲・外転・外旋があると専門書で見ましたが、術式によっては過度の屈曲・内転・内旋と書いてある本もありました。
術後、側臥位になる時や仰臥位の時は脱臼予防の為に外転枕を使用すると教えてもらいましたが、外転が禁忌なら、???になってしましました。
また、膝関節の術後の禁忌体位についても教えて欲しいです。

Aベストアンサー

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。いわゆる前方脱臼となります。ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。

・後外側アプローチ
これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。いわゆる後方脱臼となります。しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。

どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。

あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。

以上、ご参考になれば。

人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。

・前方アプローチ
これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い...続きを読む

Q人工骨頭置換術後の禁忌肢位について

人工骨頭置換術をされた方は禁忌肢位が出てくると思うのですが、この禁忌肢位は術後どのくらいまでというのがあるのでしょうか?それともずっと禁忌肢位なのでしょうか?
わかる方教えてください。

Aベストアンサー

No1です。そういう状況ですね。
後方アプローチで書きますが、術後3週くらいは外転枕を使用して、
外旋位禁(腓骨神経麻痺防止)、内旋位禁(脱臼防止)とは
なりますが、「外旋・内旋禁忌」とまでわざわざ書くかは???
3週までは屈伸以外のROM訓練は積極的にはやらず、その後は退院まで
自動運動主体で内外旋も軽くROM訓練かなという感じでしょうか。
抵抗を超えてまでのROMは、何年たとうが脱臼や骨折のリスクが
ありますから、禁忌といえば禁忌。術後1年半も経てばいまさら
内外旋のROM訓練に意味があるかは??

PT学校に若干かかわっていますが、覚えることが多く大変ですね。
また横断的な理解が重要です(整形-解剖-生理-等々複雑にリンク)。
目標に向かってがんばってください。

Q整骨院にある腰痛治療用の三角形のスポンジ、整形外科リハビリ

腰痛(ヘルニア)で整骨院や、整形外科に行くとリハビリの際にひざの裏にのせる感じのやや大きめの三角柱のスポンジがあります。これをしていると腰が非常に楽なので、どうか売って欲しいという事を申しましたが、一般の方には販売しているところはないのではないかと返されました。名前もよく分かりません。どなたか情報をご存知の方いましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、こんばんは。

病院に勤めています。
pororon555様のお探しになっていらっしゃる物ですが、こういったものでしょうか?

呼び名はいろいろとあると思います。
わたしたちはクッションと呼んでいます。
場合によっては、大きいウレタンを削って(その人に合わせて)作る場合もあります。

ご参考にしていただければ幸いです。

参考URL:http://www.kokochi-e.net/products/prd_pmclist02.html


人気Q&Aランキング