NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

マンションなどの構造スリットの位置はタイル割りに合わせて入れているのですか?
柱の際に入れるものではないのですか?タイル割りに関係なくいれるのでしょうか?
また水平スリットの場合外部仕上げ面ではタイルで隠れるものなのですか?
それとも水平スリットがあるとこだけがシールになるのでしょうか?
垂直・水平ともに室内側のスリット部はシールを打ったりはしないのでしょうか?
詳しい方がいましたら教えて下さい、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>構造スリットの位置はタイル割りに合わせて入れているのですか?


基本的に合せます。合せないとタイルが割れます。

>柱の際に入れるものではないのですか?
大抵の場合そうですね。 タイルの大きさにもよりますが、柱際といっても必ずぎりぎりの際というわけでもなく数センチ位は調整可能ですので(不可の場合もありますが)、それを利用してタイル割と合せます。
タイルが大きくてうまく合わないような場合は、その部分だけタイルのサイズを調節します。
もっとも、このように大きなタイルを使用する場合は、もっと前の計画段階から調整してタイル割りに合うように寸法調整をすることもあります。

>水平スリットの場合外部仕上げ面ではタイルで隠れるものなのですか?
基本的に隠しません。構造スリットには建物の動きが集中するので、隠すとその材料に割れが生じてしまいます。
それなので、外部の場合は止水を兼ねて弾性系のシーリング材で仕上げるのが一般的です。
内部の仕上げが躯体と別にある場合は、躯体変位の影響が若干緩和されるので、スリット目地(構造スリットより狭い)などで処理する場合もありますし、完全に別構造で仕上げ材がある場合は、スリットを消す場合もあります。(←失敗することがあるので、充分な検討が必要)

この回答への補足

ご回答有難う御座います。
内部側で躯体と別で仕上げがある場合はただモルタルで埋めたり
ウレタンを吹き付けるだけでシールもなしと考えて宜しいのでしょうか?
宜しければ教えて下さい。

補足日時:2010/04/27 18:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイル割りについて

外壁のタイル割り(45二丁)の仕方というか考え方を教えて下さい。
当方マンション現場の経験が浅く良く解らないのですが、周りに聞ける人もいないので教えて下さい。伸縮目地が入った場合のタイル割の仕方が解りません、伸縮目地を入れなければタイル仕上げ寸法末尾を95か45(幅に対して)にすればタイルが綺麗に割れるのは解るのですが、伸縮目地が何本も縦に入るタイル割りの仕方が全然解りません、現場監督の方等施工図に詳しい方教えて下さいお願い致します。町中のマンションを見るのですが切物がほとんど入ってないのが不思議でしょうがありません。

Aベストアンサー

設計士です。
外装タイルを割付ける場合、タイル張りの面が大きいため一定の範囲に区分して、その内で割付ける方法が一般的です。割付けの区分のとりかたは下記の四通りの方法が考えられます。
1)伸縮目地で区分して割付ける
2)基準線(通り芯)で区分して割付ける
3)壁面全体を同一目地で割付ける
4)規格寸法のサッシュを基準として割付ける
上記はいずれも垂直方向の区分で、水平方向の目地に関しては常に、各階ごとにとった伸縮目地で区分して割付けることを原則とします。
1)の伸縮目地で区分の場合のタイル割付順序を説明します。
伸縮目地は縦横3~4mごとに設け、その区分面積を10m2以内を標準とします。
第1に伸縮目地の位置を決めます。※水平方向は、(1)各階の水平打継部(2)階高が5m以上になるときはその中間。垂直方向は(1)柱際(2)開口部際(3)無開口壁の場合は3~4m間隔(4)建物コーナー・隅切部(5)建物の取り合い部などです。

第2に伸縮目地で区分された範囲内にタイルを割込む(目地で寸法を調節する)
イ.各区分の目地幅が美観を損なうほどに差がある場合、伸縮目地の位置を調整し、できるだけ目地幅を揃える。
ロ.伸縮目地をはさむタイルの納まり

第3にサッシュなどの開口部の位置・大きさをタイルの割付けに合わせてきめる。
以上が1)伸縮目地で区分して割付ける場合の手順です。
注意点として、タイルの割付により開口部の位置を決めるので、開口部が設計位置とズレてしまったとき、耐力壁の長さが変わってしまいます。必ず設計士に確認をする事を忘れずに。

設計士です。
外装タイルを割付ける場合、タイル張りの面が大きいため一定の範囲に区分して、その内で割付ける方法が一般的です。割付けの区分のとりかたは下記の四通りの方法が考えられます。
1)伸縮目地で区分して割付ける
2)基準線(通り芯)で区分して割付ける
3)壁面全体を同一目地で割付ける
4)規格寸法のサッシュを基準として割付ける
上記はいずれも垂直方向の区分で、水平方向の目地に関しては常に、各階ごとにとった伸縮目地で区分して割付けることを原則とします。
1)の伸縮目地で区分の場合のタ...続きを読む

Q増しコンクリートは、何故必要なのでしょうか?

RCの建物で構造体の寸法より15~20mm程度、壁や梁、天井を厚くコンクリートを打設するのは、何故なのでしょうか?
打継ぎ目地を入れる場所は、深さ分断面欠損になるからとか、タイル割の関係でなどの理由なら理解出来るのですが、特に目地などと関係なく吹付仕上の部分を厚く打つ意味がわかりません。
コスト的にその分余計にかかっても、設計者がより鉄筋のかぶりを取りたいという意向の為でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

外部に面するコンクリート打放し仕上げ(仕上塗材・塗装等の仕上げを行う場合を含む。)増し打ち厚さは特記によるが特記がなければ、20mmとする。

公共建築工事標準仕様書の引用です。

これは、躯体コンクリート(増し打ちコンクリート含まず)を増し打ちコンクリートで保護する理由です。
又、吹付仕上げの場合でも3~5m間隔で誘発目地を
設けませんか?当然誘発目地厚分断面欠損が生じます。

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Q耐震スリットの鉄筋の被りは?

柱壁等の完全・部分等耐震スリットがありますが
あれはスリット材だけで鉄筋は通さないのでしょうか?
もし通す場合は鉄筋の被りはどう言う扱いになるのでしょうか?
特に完全スリットは被りは不可能だと思うのですが。

Aベストアンサー

スリットといっても空間になっているわけでは
ありません。
耐火材やポリスチレンフォームの板状のものでコンクリートの
縁を切るようになっています。
このコンクリート打設は難しく両側の側圧が偏らないように
バランスをとって打設しないと変形したり
時にはスリットを固定したセパレーターごと吹っ飛びます。
http://www.umc-net.co.jp/uc/om.html
http://www.sumai-kenzai.com/details/ci2000600_mi004094/
http://www.kktc.co.jp/taishin/taishin.html
http://www.aoki-s.com/item2/main.html
http://www.axis-slit.com/zumen/nyouryou.pdf
http://www.okabe.co.jp/dl/sliton.pdf

Q建具の枠見込について教えて下さい。

建具を選択する際ですが、内部建具、サッシともに枠見込によって枠を選択します。例えば、内部建具の場合、固定枠90、155、169などとありますが、訳も分からず壁厚を上回る寸法で枠見込を選択しています。どなたか意味が分かれば教えて下さい。すみません、建築の知識が乏しいので、噛み砕いて説明して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

1の方がお答のように壁の仕上げ面から枠の端(ちり寸法)をどの位とるかで内部建具の見込みを決定します。例えばLGSで45角のSTUDを使って12.5mmの石膏ボード両面仕上げの場合壁の厚さは45+12.5x2=70mmとなります。これに90mmの枠を取り付けると(90-70)/2=10mmがちり寸法となります。ちりは10~15mmくらいが普通ですからこれでOKです。このように、柱(あるいは間柱)+両側の壁の仕上げ厚に10x2~15x2を合計したものが枠の見込み寸法となります。

Q隣り合う鉄筋の重ね継手の位置

建築士を独学で勉強しております。

隣接する鉄筋の継手の位置は相互にずらして設ける必要があるそうですが、
そのずらす量に関して、継手長さの半分が理想だそうで、継手長さ一個分ずらすのは好ましくないそうですが、その理由を教えてください。

参考URLの表8に隣接鉄筋の継手の理想的な配置が載っています。
http://www.token.co.jp/tochi_katsuyo/kenchiku_manu/mst_construct/02_cont/02_3cont/index.html

Aベストアンサー

なんと!びっくり!(^o^)丿
勘違いしていたのは私のほうでした。

学会の配筋指針を調べたところ、1.0Lずらすのは好ましくない、
との記述を発見しました。
http://kouji-takagi.hp.infoseek.co.jp/barjoint.html
知らなかったなぁ。。。(^^ゞ

1.0Lずらすと鉄筋端がそろってしまい、ひび割れの可能性が高くなるということと推察しました。( ..)φメモメモ


それから、継手部の強度低下ですけど、以下のサイトの「写真-13」をご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/zeppelin_2/43993167.html
圧接継手部でスパッと切れてますねぇ。
このスパッと切れた部分が鉄筋の強度以下で、しかもすべて同じ位置にあったとしたら?

Q鉄筋の継手位置とコンクリートの打継ぎ位置の違い

建築士を独学で勉強しています。
鉄筋の継ぎ手位置は、柱中央部、はり両端部近くの下端、はり中央部の上端となっています。
これは鉛直荷重や水平荷重が加わったときのモーメント図を描くとモーメントが小さい位置になるので納得できました。

一方、コンクリートの打ち継ぎ部は、柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で、はり・スラブではスパンの中央付近となってします。
モーメントが最大になりやすい箇所だと思うのですが、どういった観点から打ち継ぎ位置をこのように規定しているのでしょうか?
構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?

Aベストアンサー

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の理由ではないでしょう。

コンクリートは引っ張り力を負担しません。圧縮力とせん断力、曲げです。
圧縮力に関しては圧縮方向と直角に対する打ち継ぎ(梁軸方向圧縮力に対する垂直打ち継ぎ、柱に軸力における水平打ち継ぎ)は、完全に接着していなくとも、圧縮力がかかって利くので、それほど影響しませんので、主にせん断力を中心に考えます。

柱・壁のせん断力は一定ですので、同じように施工上の弱点となりやすい鉄筋継ぎ手がない位置から遠いところが望ましいでしょう。

梁の場合は等分布荷重を仮定するとせん断力は中央が一番小さくなるので好ましいです。
まお、梁中央は曲げモーメントが大きくなりますが、変形方向を考えると中心軸より下端に引っ張り力、上端に圧縮力が発生していることになります。
下端の引っ張り力は鉄筋が負担するものですのでコンクリートには関係ないですし、上端の曲げモーメントによる圧縮力は大きくなりますが、打ち継ぎ部を押しつぶす方向に働く力なので、問題ありません。
柱などは方向性は一定していませんが、同じように考えてみてください。

>構造上はどこでもよく施工上の問題ということでしょうか?
>柱・壁ではスラブの上端またはスラブや梁の下端で

施工上なら、スラブ上端は不可です。なぜなら上端に設けると、打ち継ぎ部は漏水箇所になり易いですが、防水処理がしにくいからです。上端より少し上にしておき防水処理を行うことが望ましいです。また打ち継ぎ処理として目荒らしをする余裕も取っておかなければなりません。
また梁の中央部にすると、一時的に片持ち梁状態になりますので、型枠の設計上好ましくなく、施工も面倒なので、施工上の...続きを読む

Qコンクリートを打つ時のセパレーターの位置

RCの柱や梁のセパレーターの位置というのは決まっているのでしょうか?

450や600ピッチというのをよく聞くのですが、実際に建物を見ると
長手のピッチは600だったりするのですが、
短辺方向は柱の端部から150とか120になっていて間のピッチよりも
端部からの離れが固定されているように感じました。

ネットで調べても出てこなかったのですが、
柱際からいくら以内とか梁下端からいくら以内とかっていう基準はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

セパレ-タ-はコンクリ-トの型枠の締め固めに使用します。あらわす場合はPコンを使用し、よくパネコ-トと呼ばれる型枠
(仕上がった時にピカピカ みたことがあると思いますが)の場合はデザインをきれいに見せるためにPコン割付をします。
一般の場合は、H=3.5m以下程度までは、だいたい間隔が600mm 内外で割付ます。落下高が大きいような場合 支保工が.3.5mを以上となると監督署に書類をださなければならないので、落下高 やコンクリ-ト打上がり速さによってコンクリ-トの側圧計算してピッチをきめます。H=5mとかになるとけっこう間隔が狭くなります。セパレ-タ-にフオ-ムタイという金具をつけ単管パイプをとめます。だいたい150mm程度必要なので端部から150mm以上はなしてとめます。したがって端部から150mm程度のところにセパレ-タ-が配置されます。

Q室内ドアの標準的な寸法は?

室内ドアの標準的な幅を教えてください。

現在、新築住宅の完成間近の施主です。
設計事務所+工務店で建てています。
今日、書斎のドアを見て、なんだか狭いな・・・学習机は入るのかな・・・と思い、寸法を測ってみたところ、約64cmの幅でしか隙間がなく、所有している机の奥行が70cmですので、ドアからは運びこめないことがわかりました。

設計図面のドア幅の寸法は724mmとなっておりますが、これはドアの額縁を含んだ寸法なのか、含んでいない寸法なのかは曖昧になっていて、わかりません。

今まで住んでいた家や、アパートでさえも、ドアは70cm以上ありましたので、64cmのドアなんて、トイレ用を間違えて取り付けられているんじゃないかと疑っています。
窓は全て上げ下げ窓ですので、窓からの搬入はできませんし、机も一体型ですので解体することもできません。
設計時には書斎として部屋を使用すること、学習机を入れることを書面にして設計者に渡してありますので、ドアの寸法ぐらい注意してくれてもいいのにと思います。

この状況で、施工ミス、監理ミスと考えて、クロスも貼ってある状況ですが、ドアの寸法を変えてやり直しを主張するべきなのか、または、64cmという寸法は十分に室内ドアとしては普通と考えて机をあきらめるべきなか・・・ご意見をお願いします。

25年も使用していて、思い入れのある机だけに、もっと注意してチェックすべきだったと後悔しています。

よろしくお願いします。

室内ドアの標準的な幅を教えてください。

現在、新築住宅の完成間近の施主です。
設計事務所+工務店で建てています。
今日、書斎のドアを見て、なんだか狭いな・・・学習机は入るのかな・・・と思い、寸法を測ってみたところ、約64cmの幅でしか隙間がなく、所有している机の奥行が70cmですので、ドアからは運びこめないことがわかりました。

設計図面のドア幅の寸法は724mmとなっておりますが、これはドアの額縁を含んだ寸法なのか、含んでいない寸法なのかは曖昧になっていて、わかりません。...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まず着工前の図面ではどうする予定になっていたかを確認してみます。
mie_1973さんがもらっているかわかりませんが、予備知識として、
ドアの幅に係わる図面としましては、
平面詳細図(平面図よりも拡大して詳しく描いている図)と建具リスト。
もし、平面詳細図があればそのドアに寸法があるはずです。

そこで幅のおさえ方がわかります。額縁の外面か内面か。
建具リストには、通常ドア本体の寸法を描きます。
但し、姿図に額縁まで描いてある場合は、枠外と考えられます。
そこで、mie_1973さんの話からしますと、
仮に枠を含んだ寸法が724としても、ドアが600なら両側の枠だけで124ですから、
1つの枠は、62ということになります。
つまり、よほどゴージャスな枠でない限りそんな大きな数字には、ならないと思いますね。

これらのことから、図面と実際の食い違いがおそらくあるという事と、
学習机を入れることを書面にして設計者に渡してあるということから、
どんな時期であれ引き渡しまでに変更してもらうことを十分主張できると思います。
あまり細かいことを主張しなくても、
「伝えておいた学習机が絶対に入るようにしておいてください」
ということだけでもハッキリと言っておくべきですね。
付け加えておきますと、厳密に言えば、
ドア幅が724でも片開きの場合、戸当りがある場合がほとんどなので
その分も考えておかなければいけません。

参考URL:http://www.mew.co.jp/naisjkn/catalog/pagepdf/KFCT1A217-727.pdf

はじめまして。
まず着工前の図面ではどうする予定になっていたかを確認してみます。
mie_1973さんがもらっているかわかりませんが、予備知識として、
ドアの幅に係わる図面としましては、
平面詳細図(平面図よりも拡大して詳しく描いている図)と建具リスト。
もし、平面詳細図があればそのドアに寸法があるはずです。

そこで幅のおさえ方がわかります。額縁の外面か内面か。
建具リストには、通常ドア本体の寸法を描きます。
但し、姿図に額縁まで描いてある場合は、枠外と考えられます。
そこで、m...続きを読む

QJw_cad の塗りつぶしのやり方について

お世話になります。

Jw_cad4を使っている初心者なのですが、例えば円を書いてその中をなにかの色で塗りつぶす方法はどうすればいいのでしょうか??
あと、ソリッドって言うものは何でしょうか??

どなたかご教授お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

#3です。
>ソリッドって言うものは何でしょうか??
塗潰し部分(線や曲線で囲まれた範囲の塗潰し部分)のこと。色で塗潰された図形をソリッド図形といいます。
図形の内部を塗潰すのに、べたのカラーのソリッドで塗潰す方法とハッチ線(一定間隔の平行線)で塗潰す方法があります。前者の図形をソリッド図形、後者の図形をハッチ図形といって区別するわけです。

>円を書いてその中をなにかの色で塗りつぶす方法はどうすればいいのでしょうか??

私や他の皆さんの回答でうまくいきましたか?

質問が内容が解決したとか、または解決しないなら補足質問をするなど、皆さんの回答にコメントをしてください。
そうしないと質問が終了しませんよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング