フランス王妃カトリーヌ・ド・メディシスは元の名前がカテリーナ・デ・メディチですよね。
当時のヨーロッパには、結婚すると嫁ぎ先の国の呼び方に変わる習慣があったようです。
もし、カテリーナ・デ・メディチがイギリスにお嫁入りしていたら、呼び名はどうなっていたのでしょうか。
キャサリン・オブ・までは何となく想像がつきますが「メディチ」はどう変化していたのでしょう。
「メディチ」の英語風の呼び方が気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.1さんの回答を見てリーダーズ英和を引いてみたら、なるほど、Mediciで、メダツィ(メにアクセント)みたいな感じらしいです。

発音記号の出し方を知らないので強引に書きますと、'mεdetSi(eは逆さのア音)

Catherine de Me'dicisも出ていて、フランス語由来で、音は、katrin de(e逆さのア) medisi(s)

カテリーナ・デ・メディチの場合はこうなんでしょうかね。
ちなみにスペイン王女カタリーナ・デ・アラゴンの場合はイングランドに嫁入りして、キャサリン・オヴ・アラゴンになっております。英国人が書いた『ブーリン家の姉妹』の原著英語版はそうなってました。
どうも人名の変化はケースバイケースで、人物により異なるようです。

あ、ウィキペディアで見てみたらいいかもしれませんね。
日本語ページ「カトリーヌ・ド・メディシス」からEnglishページへ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Catherine_de%27_Med …

キャサリン・オブ・アラゴン英語ページ
http://en.wikipedia.org/wiki/Catherine_of_Aragon
    • good
    • 0

 イタリア語名はカテリーナ・デ・メディチ(Caterina di Lorenzo de' Medici)ですが、英国で出版された書籍には、フランスとほぼ同じく“Catherine de Medicis” と書かれています。



 もし、彼女が英国に嫁いでいたとしたら、キャスリーン・オヴ・ミーディシスといった発音で呼ばれたかも知れません。でもそれは「読み」の上での問題、実際の英国の習慣からしたら、やはり元の名前に敬意を込めて、それに近い、キャトリーヌと呼ぶのではないかと思います。

 それを裏付けるのは、映画「シェルブールの雨傘」などでよく知られた女優 Catherine Deneuve の場合も、英国では多くの人が、やはりキャトリーヌ・ドゥヌーヴと発音していたからです。
    • good
    • 0

 次のサイトに登場する英米豪スコットランド,アイルランドなどのネイティブに Medici と入力してみました。



 http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_exampl …

 結果はアクセントがまちまちですが、「メディスィ」が25名

 メディチと「チ」に読めるのはスコットランド1名、アメリカ4名でした。

 イタリア語の ci 「チ」は [si]と変るのが多いようですね。
    • good
    • 0

分かり易い実例があるのでもう少し書いておきます。



オーストリアのハプスブルク家から嫁いできたマリー・アントワネットは、母国であるオーストリアでは
マリア・アントニアと呼ばれています。結婚前も結婚後も、当時も現在もオーストリアではこの呼び方です。
    • good
    • 0

嫁ぎ先のフランスの人はフランス語で呼んでいましたが、実家のあるイタリアの人は当時も今もイタリア語のまま


『カテリーナ・デ・メディチ』と呼びます。
嫁いだわけではありませんが、英国の書物では彼女のことは『キャサリン・オブ・メディスン』と書かれています。

まあ、ミルクコーヒーをフランス人はカフェ・オ・レ、イタリア人はカフェ・(エ)・ラッテ、
スペイン人はカフェ・イ・レチェと呼ぶのと同じです。もっとも、食べ物だと同じ名前でも
レシピが全く違ったりするので、むしろこっちの方が『同じ』扱いできないのですけど・・・。
余談はこの辺にしておきます。
    • good
    • 0

英和辞典にMediciの項があるのでこれでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカトリーヌ・ド・メディシスとカトリーヌ・ド・メディチは同一人物ですか?

カトリーヌ・ド・メディシスとカトリーヌ・ド・メディチは同一人物ですか?

Aベストアンサー

同じです。
ヨーロッパの王族の女子はよく他国に嫁ぎましたが、嫁ぎ先の国の読み方に変わったり、その国風の名前に変わります。

カテリーナ・デ・メディチ(フィレンツェ)→カトリーヌ・ド・メディシス(フランス)

カタリーナ・デ・アラゴン(スペイン)→キャサリン・オヴ・アラゴン(イングランド)

マリア・アントニア(オーストリア)→マリー・アントワネット(フランス)

男子も皇帝や王座を掛け持ちしている場合は、
あちこち呼び名が変わります。
フェリペ、フィリップ、
カルロス、シャルル、カール・・・・

日本語の場合、原音からカタカナ化することが多いのですが、スペインの王族を英語で表記する時は英名に直しちゃったり、画家の名前も英語読みしたりもするので(カルロス5世=チャールズ5世、ティツィアーノ=ティシャン)、知らないとなんじゃらほいです。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~simone/more.htm

Q声のかけ方・呼び方は?

海外で、レストラン(気軽な場所)で店の人を呼んだりするのに声をかける時はなんと呼べばいいのでしょうか?
日本語で、「すいません」みたいな感じの場合の口語が知りたいです。「Excuse me」っていうのも堅いでしょうし。「Hey」ってのもなんだかなと。

Aベストアンサー

アメリカ留学中の者です。
気軽なレストランでも「Excuse me」は最低限のマナーだと思います。
僕も気軽な場所でも「Excuse me」は絶対使います。

Q16世紀フランス史 カトリーヌ・ド・メディシス

はじめて質問させて頂きます。

私は、現在大学でフランス語を学んでいます。
フランス史に関心があり、特に”悪女”と評される
女性たちの生き様について調べています。

その中でも、カトリーヌ・ド・メディシスに特に興味を持っているのですが、
出版物が少なく、現在、桐生操『王妃カトリーヌ・ド・メディチ 
サン・バルテルミー大虐殺の謎』(新書館)を読んでいるのですが、
この本に書かれていることがどこまで事実なのかがわからず、
信じて良いものか悩んでいます。

桐生操氏(共同ペンネーム)は学者ではないようですが、悪女ものでは多数著作があり、
ソルボンヌ出身ということで信頼できるのではと個人的には思っています。
もしこの本が良書であれば、参考文献も読みたいと思っています。

また、この他にもカトリーヌ関連の良書やフランス語で書かれた
フランス史の本(比較的容易なもの)も探しています。
こちらも合わせて教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

私もフランス史が好きで、それが高じてフランス語を勉強しました。なおかつ歴史上の女性たちにも興味があります。カトリーヌについても強く興味を持ったので、いくつか本を読み、質問者さんがお読みになった本も持っています。

まず「この本に書かれていることがどこまで事実なのかがわからず、信じて良いものか悩んでいます」とのことですが、少なくとも全てが事実ではないということです。特に会話や彼女自身の気持ちの部分は、脚色されていたり、作者によるフィクションの可能性が高いでしょう。
あくまでも私の感想の域を出ませんが、質問者さんがお読みになった本は、若干フィクション性が高かった印象があります。

そもそも歴史というものが、必ずしも事実じゃなかったりします。これは長く歴史に触れてきて感じていることです。その話については、カトリーヌとは関係がありませんが、佐藤賢一先生の著作「英仏百年戦争」という新書をご覧になると、歴史に対してフラットなスタンスを持てるかもしれません。
「英仏百年戦争」の中で、先生は「要するに、なべて歴史はフィクションである。事実の断片を集めては、それぞれの意図と利害で、後世の人間が勝手に意味づけするからである。なんの意図も利害も持たない人間からすれば、それは不公平で、卑劣で、ときに滑稽な態度にすらみえる」と書かれています。

500年も前の人がどんな人で何を考えていたのか、今の私たちが事実を知ることはほぼ不可能だと思います。特にカトリーヌのように悪評が定着している場合、早い段階で彼女の性格や実績が歪められている可能性が高いからです。

今できることは、可能な限り多くの文献を読み、多角的に歴史を知ることで、彼女の真実に迫ることでしょう。そのためには、彼女自身について書かれているものはもちろん、フランスやヨーロッパ全体の通史なども深く読み込み、彼女を取り巻く環境を理解することだと思います。

質問者さんが挙げられている本の参考文献は、日本語のものは半分以上は読みました。どれもカトリーヌに関してだけでなく、フランス史やヨーロッパ史を理解する一助になると思います。

他にも、全体的な「フランス史」や「西洋史」に関する本はたくさんあるので、手当たり次第読むことをお勧めします。また、複数の女性のエピソードを集めた本もいくつか出版されています。
カトリーヌ・ド・メディシスに関して読んだ本は、以下の通りです。
「カトリーヌ・ド・メディシス」中公文庫 O・ネーミ、H・ファースト著
「メディチ家」講談社現代新書 森田義之著
「聖バルテルミーの大虐殺」白水社 フィリップ・エルランジェ著

私もフランス史が好きで、それが高じてフランス語を勉強しました。なおかつ歴史上の女性たちにも興味があります。カトリーヌについても強く興味を持ったので、いくつか本を読み、質問者さんがお読みになった本も持っています。

まず「この本に書かれていることがどこまで事実なのかがわからず、信じて良いものか悩んでいます」とのことですが、少なくとも全てが事実ではないということです。特に会話や彼女自身の気持ちの部分は、脚色されていたり、作者によるフィクションの可能性が高いでしょう。
あくまでも私...続きを読む

Q米国で昔からある「アレ」の呼び名をご存知の方

レストランの壁にあるメニューや、映画館の上映スケジュールの表示や、マックやKFCでよく見かける「スリットの入ったボードにアルファベットや数字をはめ込んだ」・・・「アレ」って何という名前で呼ばれているのでしょうか?
まさか、"Menu Board" ではないと思うのですけど?

Aベストアンサー

どうやら "Letter Board" 又は "Letter Sign" と呼ぶようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Letter_board
発案者の名称などは残っていないようです。古くから教会の伝言版等に使用されていたようなので、特にこれといった名称がないのだと思います。
以下のサイトもご参考まで。
http://www.corkboards2go.com/cb4.asp?ID=26532
http://www.google.com/search?q=letter+boards&hl=en&rlz=1C1RNNN_enJP373&prmd=ivns&source=lnms&tbm=isch&ei=5THWTdS0JJLevQOk3dzIBw&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&ved=0CAsQ_AUoAQ&biw=1290&bih=807

Qハイヒールの靴の音について

ハイヒールの靴を履いていらっしゃる方に、お聞きしたいことがあります。

私があまりハイヒールの靴を履かないからなのか、他の人が履いているハイヒールの音がとても気になります。
カツンカツン、コツンコツンという音が、耳について仕方ないのです。

そこで思ったのですが。
履いていない私がこんなに気になるのですから、履いている方にとっては四六時中聞こえている音ですよね?
ずっとずっと鋭い音が聞こえて、イライラするとか言うことはないのでしょうか?

私としては、何とかあの音をなくすようなグッズがあればいいなぁと思うのですが(^_^;)

なぜハイヒールを履いているのか、あの音は気にならないのかなど、ハイヒールを履いている感想などを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
はい、わたしも気になる派です(^^♪
わたしの使っている駅のホームへ降りる階段が、鉄板?のようなもので出来ていて、よくヒールの高い人などが、すごいカツンカツンカツンカツン!!と音を立ててます。特に気になるのは降りるときですね。
すごい響いて脳がチクチクします。。。

あんだけデカイ音を出してるんだから、絶対自分でも分かってるはずなので、なるべく音を出さないように階段を下りて欲しいですね。
と、いうか靴メーカーもその辺、よく考えて靴を作って欲しいです。

Q愛してるハーフの女性に告白をしました。何となく意味は解るのですが、得意な方に英訳をお願いしたいです。

愛してるハーフの女性に告白をしました。何となく意味は解るのですが、得意な方に英訳をお願いしたいです。
何卒宜しくお願い致します。

Hi! I just got home ' I was speechless with your message. I was surprise too I never felt so special just like this so thank you! Thank you for loving me, for taking care of me, for respecting me.. I don't know how to pay you back ' how I wish I can make you feel that you are special to me too. I don't know what did I do to deserve your love but I was so thankful to God that he gave you to me.. I would like to know about you more.. & I am so excited for what is coming in ahead of us.. I feel so proud having you beside me

愛してるハーフの女性に告白をしました。何となく意味は解るのですが、得意な方に英訳をお願いしたいです。
何卒宜しくお願い致します。

Hi! I just got home ' I was speechless with your message. I was surprise too I never felt so special just like this so thank you! Thank you for loving me, for taking care of me, for respecting me.. I don't know how to pay you back ' how I wish I can make you feel that you are special to me too. I don't know what did I do to deserve your love b...続きを読む

Aベストアンサー

少し意訳気味に訳しましたが、参考までに。
<訳>
ハイ! 今家に着いたとこ。"メッセージを読んで言葉を失ったわ。とても驚いたわ、こんな風な特別な気持ちになったのは初めて、ありがとう! 
 愛してくれてありがとう、私のことを気にかけてくれてありがとう、尊敬してくれてありがとう... どう返したらいいのかしら、私にとっても、あなたが特別な存在だということを伝えたいのだけれど。神様に感謝します、私はあなたに愛されるために何をしたわけでもないのに、あなたを愛を私にくださりました。
 もっとあなたのことを知りたい...そして私たちの今後がとっても楽しみ.. あたなの愛を得ることができたことを誇りに思います。

Q女性のハイヒール?なぜこけてまで履くのか?

ハイヒールを履いてる女性が転んだり、転びそうになるのをよく
見るのですが、なぜそこまでしてハイヒールを履くのでしょうか?

身長が高く見えるというのはありますが、女性は逆に高いのを
嫌がる人が多いような気がします。

足が痛い、転びやすい、歩きにくい、という三重苦を抱えてまでも
女性がハイヒールを履くのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

個人的には、身長を高くするためではなく足をきれいに見せるためだと思います。
かかとが上がっているとひざの位置がわずかに上になり、ふくらはぎがすっと真っ直ぐになり、足が長く見えます。
また、自然におなかが引っ込んで背筋が伸び、腰から下のラインがキレイになるんです。
パンツでもスカートでも、ハイヒールのほうがスタイル良く見えます。
(あくまで一般論で、履いている人の容姿や洋服とのバランスによってはローヒールのほうが足を美しく見せる場合もあります。)
17世紀ごろまでは、バレリーナもハイヒールの靴を履いていました。今のアクロバティックなバレエと違ってラインダンスのような振り付けだったみたいですが、動きが制限されてもハイヒールを選ぶほど飛脚効果が高いのです。

転びそうになっているのは慣れていないか、靴のサイズが合っていないんでしょうね。
モデルさんや女優さんを見ていればわかりますが、意識して訓練すればハイヒールでもまったく危なげなく動けますよ。
私は素人劇団に所属しているのですが、仲間の中には10センチヒールで立ち回りをやった方もいらっしゃいます。(^^;)

個人的には、身長を高くするためではなく足をきれいに見せるためだと思います。
かかとが上がっているとひざの位置がわずかに上になり、ふくらはぎがすっと真っ直ぐになり、足が長く見えます。
また、自然におなかが引っ込んで背筋が伸び、腰から下のラインがキレイになるんです。
パンツでもスカートでも、ハイヒールのほうがスタイル良く見えます。
(あくまで一般論で、履いている人の容姿や洋服とのバランスによってはローヒールのほうが足を美しく見せる場合もあります。)
17世紀ごろまでは、バレリー...続きを読む

Qイディオム・熟語・連語・慣用表現・構文

先生や、参考書には
「イディオム・熟語・連語・慣用表現・構文」
と書いてありますが、
これらは、
どのように違うのでしょうか。

まー、覚えなければならないことには変わりないでしょうが、

どういうときに使い分けるのでしょうか。

Aベストアンサー

「go to the park」は、熟語でも慣用句でもありません。

I go to the park. というような文章の一部を示したに過ぎません。

しかし、to the park なら「公演へ」という「句」で、詳しく言えば「副詞句」です。広い意味での「連語」です。
go to も「句動詞」とも言えなくもない、連語の一種です。

「句動詞」というのは、英語でphrasal verb と言って、動詞と前置詞などが結び付いてひとつの動詞としての意味を持つもので、put on 「着る」、put off 「脱ぐ」「延期する」、get on 「(電車やバスなどに)乗る」、get off 「(電車やバスなどから)降りる」、wake up 「目を覚ます」、take off 「離陸する」「脱ぐ」など、たくさんあります。

実際の会話では長くて難しい動詞よりも、これらの「句動詞」の方がよく使われるので、いろいろな「句動詞」を覚えておくとよいでしょう。

Qハイヒールで走って疲れないのですか?

朝、ハイヒールであわてて走っている女性たちを見かけます。遅刻しそうなんだろね。

家から飛び出して駅のほうへと走っていく人もいます。ハイヒールで。

もうちょっと早く起きられないのかな。

ハイヒールで走って疲れて仕事にならない、なんてことにはならないのかな。

人事ながら心配してしまいます。

(駅から郊外へと向かうバスの中でよくそういう女の人たちを見かけるのです)

Aベストアンサー

そりゃ疲れますよ。スニーカーよりはね。

でも最近は安定感のあるヒールも多く売られているので短距離なら何とかなります。(笑)

接客のない事務の人なんかは社内では履き換えている人も多いと思います。

Q世界で日本語の「お・も・て・な・し」という言葉を理

世界で日本語の「お・も・て・な・し」という言葉を理解している外国人はいるのか質問です。

滝川クリステルが東京五輪誘致でおもてなしと言って日本で大フィーバーしました。

しかし,外国人はおもてなしというワードをそれまで聞いたことがなかったと思います。

おもてなしという言葉を聞いたことがない外国人は口がポカーンだったと思います。

会場でおもてなしという言葉に感動したのは日本人だけだったのでしょうか?


私は外国の新聞でおもてなしという言葉を見たことがありません。

日本のおもてなしに世界に感動したんじゃなくて,日本のおもてなしに日本人が感動しただけでは?と思ってしました。

そこで,本当に世界で日本のおもてなしという言葉がバズワードになっているか知りたいです。

私はおもてなしと言う外国人を見たことがありません。

本当におもてなしという日本語を理解して海外でその言葉は流行っているのでしょうか?

世界中で日本のおもてなしという言葉に感動したのでしょうか?

ちなみに,ロシア人も2020年のオリンピック開催国を知りませんでした。

開催が間近のソチ五輪に興味が無い日本人がロシアのソチ五輪に興味がないように,日本のおもてなしも興味がないようです。

メディアが2013年流行語大賞に選びましたが,誰がおもてなしを使っているのでしょうか?

なぜ日本政府やメディアは滝川クリステルのおもてなしが東京五輪の決定打になったと言っているのでしょう?

私には理解できません。

その場にいた外国人たちも「おもてなし?」「聞いたことがないワードだな」程度だったと思います。

誰も外国人はおもてなしというワードすら知らないのに感動のしようがないですよね。

おもてなしって何?食べれるの?それ美味しいの?レベルだと思います。

外国人はおもてなしという言葉をすでに理解して使っているのでしょうか?

私は見たことがないので教えて下さい。

私が知るロシア人もアメリカ人は知りませんでした。

誰が滝川クリステルのおもてなし発言に感動した?

世界中のどこ???

世界で日本語の「お・も・て・な・し」という言葉を理解している外国人はいるのか質問です。

滝川クリステルが東京五輪誘致でおもてなしと言って日本で大フィーバーしました。

しかし,外国人はおもてなしというワードをそれまで聞いたことがなかったと思います。

おもてなしという言葉を聞いたことがない外国人は口がポカーンだったと思います。

会場でおもてなしという言葉に感動したのは日本人だけだったのでしょうか?


私は外国の新聞でおもてなしという言葉を見たことがありません。

日本のおもてなし...続きを読む

Aベストアンサー

私はフランス語は解りませんが、あのとき、滝川さんが「お・も・て・な・し」の直前にその単語の語彙を説明をしていたのではないかと思われます。

当然、会場とテレビとニュースの聴衆は、その説明を聞いていたとは思われますが、仰る通り、知らない外国語の単語を、素晴らしい言葉であり、日本人の代表的な良い性質だと説明されても、やはりその主旨を一通り理解できるのは、内なる日本語ネイティブレベルの人だけでしょう。

私も、あれはきっと、楽屋落ちだったのではないか?と、質問主さんと同じような疑問を持った一人でした。
穿った見方をすれば、あまり日本人は良い人ですよ、と言い続けると、お仕着せになって相手に煙たがられてしまうでしょう。

恐らくは、日本人が外国の動向を、サクサクッと数十秒のニュースに纏めるのと同じように、オリンピック日本招致団の意志そのままに、海外のプレスがそこだけをクローズアップして取り上げた、なんてことは、殆どしていないように思います。
滝川さんのプレゼンは、日本のプレスの反応を見れば本当に素晴らしいものであったであろうことは、純粋に評価に値すると思いますが、それも日本人であればこそでしょう。

そう思っていたら、やはりそのことを、調べた方がおられるようですので、参考URLをご参照ください。

参考URL:http://eizotv.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

私はフランス語は解りませんが、あのとき、滝川さんが「お・も・て・な・し」の直前にその単語の語彙を説明をしていたのではないかと思われます。

当然、会場とテレビとニュースの聴衆は、その説明を聞いていたとは思われますが、仰る通り、知らない外国語の単語を、素晴らしい言葉であり、日本人の代表的な良い性質だと説明されても、やはりその主旨を一通り理解できるのは、内なる日本語ネイティブレベルの人だけでしょう。

私も、あれはきっと、楽屋落ちだったのではないか?と、質問主さんと同じような疑問...続きを読む


人気Q&Aランキング