引越しでおトクなインターネット回線は?>>

いつも参考にさせてもらっています。
親の会社の連帯保証人になっていました。
連帯保証人は父、母、私の3人です。
500万円ほど残高がある状況で仕事が回らず、支払いがストップしました。
500万円を即座に振り込むよう内容証明が来ました。
その後、連帯保証人と銀行で話し合った結果、
毎月3万円ずづの支払いで当面様子を見てくれることになりました。
しかし、そのことに対する文章などが存在しないので不安に思っています。
銀行の方は「そもそもの契約は即金なので、契約外のことに書類も何もない」と
仰っています。ごもっともと思うのですが、書類なしで支払いをしていくことが不安なのですが、
いかがなものでしょうか?どうぞ、お知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

 まず、誰でも判ることから。

500万円÷3万円/月=166.7ヶ月なので、無利子でも完済まで14年弱かかります。3万円÷500万円×12ヶ月=7.2%なので、年利7.2%ならば、利子しか払ってません。本来即金で返すはずが、こんな返済で債権者が満足することは絶対にありません。なので、月3万円の返済じゃ、いずれ一括で返せと言われるのは目に見えてます。

>書類なしで支払いをしていくことが不安
 何が不安なのか、この質問文では判りませんね。

 銀行に騙されてお金を取られると言う不安ならば、堂々と店を構え、銀行業務を行っている組織の方が、債務不履行を起こした債務者や弁済してくれない保証人より確実に信用できます。返済した履歴(領収書、振り込み票など)を手元に残せば、この様な不安を感じる必要はありません。

 月々三万円の返済で勘弁してもらえるのか?と言う不安なら、絶対に勘弁してもらえません。冒頭の記載の通り。不安に感じる必要はなく、いずれ確実にもっと返せと言われます。誰でも考えれば直ぐに判る話し。

>そのことに対する文章などが存在しない
 そんな文書を作ることに同意する事はまず無いでしょう。なぜなら、月々3万円しか返せないなら、いずれは権利行使することになるのは略確実だからです。条件が整えば一括請求されます。その様な書類を残せば、権利行使の際の障害にしかなりません。下手をすれば踏み倒されるのですから、自身の障害になりうることを行う訳がありません。債権者側の視点に立って考えれば判ることです。

 当面様子を見るというのは、貴方の返済だけを見守ると言う意味ではありません。その他の様子も見ます。関係法令、金融庁指導、その銀行の有価証券報告書、その他の金融業関係の情報などを自らの手で集めて分析し、なぜ銀行が月3万円の返済と言っているのか考えてご覧なさい。その上で、生き残る為に何をなすべきか考えることです。月々3万円と言ったのでその通り返済しましたでは、時が来れば一括返済を要求されるのは、略確実です。言われた通りにしかやらない・できないなら、駄目だこいつらと思われます。

 最後に、債務者側である自分の視点だけで物事を見ても、全体の見通しは立てられないでしょう。銀行には銀行の都合があります。債権者側の視点からも考えなければ、生き残りはおぼつかないと思いますよ。

この回答への補足

詳しく説明していただき、ありがとうございます。
とりあえず、払えるものだけ払っていきたいと思います。

あと、振込口座が別段口座というところなのですが、
なぜなのかわかりません?
なにか大きな意味があるのでしょうか?

別の質問になってしまいますが、よかったら教えてください。

補足日時:2011/01/27 22:36
    • good
    • 1

別段預金とは、特に分離して管理する必要がある場合に使う預金です。


例えば、新株発行払込金の払込口座等、払込証明書を銀行が出す前提の場合に使う口座。
だから、事業が回る迄、或いは回収再開迄の繋ぎとして「時効中断」の意図を持って支払いを受けている状態です。
債権を棒引きにする為には、保証人をきちんと破産させないと税務当局が認めない傾向があります。
その手続きを取るか否か…。
    • good
    • 0

あくまで、金融機関側としては、様子を見るだけと言うことにしかならず、契約には該当いたしませんので、契約書や覚書などを作成することは、質問文の金融機関だけでなく、ありえないことだとしか思えません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング