ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

うちの旦那は35で22万です。私は専業主婦で23才。子供1歳。
毎月正直辛くて・・・なのに家を買うって。そもそも頭金はなしと考えて毎月22万で銀行はいくらくらいまで貸してくれますか?2千5百万もかしてくれますか?だれか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンも担当したことがある者です。


住宅ローンに関しては、それぞれのご家庭の状況をうかがいながら判断すべき点もありますので、「年収がいくらならば、どれだけ借りられる」というものではないんです。

ご質問者さまは働いたことはありますか?
近い将来、フルタイムで働かれる気はありますか?
お子さんを保育所に預けてでも。

ご質問文の書き方では、最低限の判断もできないので、補足をいただければ、細かく説明させていただきますよ。

ご主人は35歳なんですね。
「22万」というのは、毎月の給与の手取額でしょうか?
お給料明細を見せてもらったことはありますか?
毎月の手取額が22万円だとして、その中には交通費・残業代・家族手当・住宅手当は入っていますか?
ボーナスはいかがですか?例えば、夏と冬に1か月分ずつもらえるとか、決まっていませんか?
時季的に、そろそろお勤め先から「源泉徴収票」がもらえる頃だと思いますが、そちらは見たことがありますか?
例えば、毎月の「手取額」が22万円で、この中には残業代・交通費・諸手当(諸手当は支給規程なしと考える)も入っておらず、ボーナスが夏と冬に1か月分ずつもらえるとしますと、ご主人の「年収」は、385万円程度と推定されるんです。
できれば、「源泉徴収票」を見せてもらって、ご主人の「年収」を把握してください。
「源泉徴収票」の「支払金額」欄に書いてある額です。
銀行等金融機関でも、その額を「貸せるか貸せないか」の判断基準に使います。

さて、不動産業者等のセールストークを使って、ちょっと説明してみましょうか。

じつは、この先、金利は上がる一方なんですよ。
これまでが「ゼロ金利」とか言われた「異常な超低金利」だったんです。
この先間違いなく住宅ローンの金利も上がりますから、借りられるならば借りておかれた方がいいんです(これは事実です)。
現在の住宅ローン事情から「さしあたってご質問者さまのお宅にとって一番いい条件」で考えてみましょう。
住宅ローンの返済期間の最長は概ね35年です。
完済時年齢が80歳までならば35年返済が利用できます。
ご主人は35歳ですので、35年返済にしても完済時に70歳ですから、35年返済にすることができますね。
2年固定や3年固定といった「固定金利選択型」で「固定期間が短期間のもの」で契約され、優遇が受けられれば年利1.50%程度での契約も可能でしょう。
そのことから、2,500万円を年利1.50%で借り、35年で返済するとします。
元利均等償還という償還方法を選べば、ボーナス返済0円としても、毎月の返済額は76,546円なんです。
現在は賃貸住宅ですか?
毎月の住居費用(家賃+共益費)はいくらぐらいですか?
先ほど計算した毎月の返済予定額と、現在の毎月の住居費用では、どちらが高いですか?(社宅でもなければ、住宅ローンの毎月の返済額の方が安いと思います。)
賃貸の場合は、いくら家賃を払っても自分のものにはなりませんが、住宅ローンは自分のものへの返済ですから、どちらがお得か一目瞭然ですよね。
毎月の返済額が76,546円ならば、ボーナス返済なしなので年間返済額は918,552円です。
年収385万円ならば、返済負担率は23.8%。
本当ならば20%までに抑えなければならないのですが、私どもが提携している銀行ならば、25%までならば審査に通りますよ。

以上、不動産業者等のセールストークでした。

さて、ご質問者さまはどのように思われましたか?

ご質問文からは、ご主人よりも奥さまの方が現実を把握していらっしゃるような印象を受けます。
既回答者さま方がいい回答をしてくださっていますので、ご参考になさってください。

> 毎月正直辛くて・・・なのに家を買うって。
これが全てだと思います。
先ほどの「毎月の返済額は76,546円」が本当に現在の住居費用よりも安いからといって、乗せられてはいけません。
現在家賃が10万円だから、76,546円になれば毎月23,000円くらい余裕が出るのでは?と考えてはいけません。
先ほどの「不動産業者等のセールストーク」にはいくつも落とし穴があるんです。

ご主人の年齢から「マイホームを」と考えられるのは分からないでもありません。
例え借りられたとしても、2,500万円はやめられた方がいいです。
先々のことまで考えれば、1,500万円までにとどめられれば何とか…というレベルですね。
あと、ご主人に、お勤め先に従業員に対する住宅資金貸付の制度はないかどうかを尋ねてみてください。
あれば、民間の金融機関よりもそちらを利用した方がいいこともあります(退職金も担保になるので、結構お得に借りられることが多いんです)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。私自身家の事に対して勉強不足な為少しこんがらがってしまいました。手取りが22万・・・明細を見ると上の欄に基本給や交通や残業、家族手当、住宅手当が書いてあって総支給が259,640でその下に保険などのが書いてあって保険が42456引かれてます。それで差し引いて217184と書いてあります。
わかりずらくてごめんなさい。ボーナスは去年の冬は15万でした。夏は20万くらいだったと思います。うちの家賃は63000です。駐車場とかも込みです。今年の4月頃を目安に私は正社員かパートにでます。

お礼日時:2007/01/18 17:37

#6です。


お礼をありがとうございます。
長文の回答を差し上げてしまって、混乱させてしまったようですね。
申し訳ありません。
今回もまた長文になってしまいますが、しばらくお付き合いください。

> 基本給や交通や残業、家族手当、住宅手当が書いてあって総支給が259,640でその下に保険などのが書いてあって保険が42456引かれてます。それで差し引いて217184と書いてあります。
> ボーナスは去年の冬は15万でした。夏は20万くらいだったと思います。うちの家賃は63000です。駐車場とかも込みです。
> 今年の4月頃を目安に私は正社員かパートにでます。

この補足で随分回答がしやすくなります。
『総支給』が259,640円ならば、それを元に計算します。
実際には、残業代の額が毎月違って、毎月の『総支給』も違っているとは思いますが、だいたいで考えると『月26万円』と言えるでしょう。
1年ならば26万円×12か月で312万円。
去年のボーナスが夏に20万円、冬に15万円ならば、これをプラスして347万円。
大雑把に考えれば、ご主人の年収は『350万円』と見ればよろしいでしょう。

細かく見ていきますと…。
基本給と家族手当は、新たに家を購入されてそちらに住むようになっても変わるものではありませんよね。

交通費は、現在のお住まいと新居予定地が離れていれば変わる可能性があります。
現在はもらっている交通費が100%通勤費に消えていますか?
そう言いますのは、「公共交通機関を利用して通勤した場合を想定して、その経路の1か月の通勤定期券代を給与に上乗せして支給する」というような場合には、『交通費を浮かせる』ことができるからなんです。
例えば、自動車通勤の場合で1か月のガソリン代が支給される交通費より安ければ『交通費を浮かせた』ことになりますし、公共交通機関で通勤している場合でも、1駅手前の駅で乗降車して1駅分歩く(健康のためにもなりますし)ことにして定期券をその区間で購入すれば場合によっては定期券代が安くなり『交通費を浮かせた』ことになります。
その浮いた交通費が、現在は家計に回っていて、新居ではそれが期待できないとなると今後に影響を与えますよね。

次に住宅手当ですが、これは賃貸住宅を利用している場合にのみ支給されるものではありませんか?
そうなら、自己持ち家になった時点で支給がなくなりますよね。
確認してみてください。
あと、現在の家賃が駐車場代等も込みで63,000円とのことですが、住宅手当を充当しているので63,000円ということでしょうか?
それとも、実際に払っているのが63,000円?
もし、実際に払っているのが63,000円ならば、現在の『住居費』はここから住宅手当を差し引いた額になり、さらに負担が小さいものになります。
そうなると、住宅ローンの返済額との差が開きますね。

残りは残業代ですが、これは毎月決まった額ではありませんよね?
残業が多ければ増え、残業がなければゼロになるものですよね?
一番厳しいのは、残業がゼロになった場合ですが、現在、残業代が結構もらえているので『月26万円』→『手取りで22万円』もらえている。
手取りで22万円あるから何とかなっているけれど、本当は手取りで22万円では「毎月正直辛くて…。」ということでしたら、残業代がゼロになったら現在の生活を維持することすら厳しいのではないでしょうか。

これらから考えますと、現在の状況が、「住宅手当を充当しているので月の住居費が63,000円で済んでいる」というものでしたら、住宅ローンを借りたとしても、ボーナス返済はゼロで、月の返済額が63,000円までならば何とかなりそう…ということですよね。
そうではなく、実際に払っている家賃が63,000円で、別途住宅手当を貰っているということならば、「家賃-住宅手当」、例えば住宅手当が20,000円ならば43,000円。
このパターンならば、ボーナス返済はゼロで、月の返済額が43,000円までならば何とかなりそう…ということになるでしょう。

先回の回答で、「2,500万円を年利1.50%で借り、35年で返済。元利均等償還ならば、ボーナス返済を0円としても、毎月の返済額は76,546円」というご提示をしましたが、これですと「月の返済額が63,000円」すらオーバーしていますね。
ですから、この条件ですら2,500万円の借り入れは【無謀】ということになります。
しかも、「年利1.50%で借り」られるのは、現在でも2年固定や3年固定という「固定金利選択型で固定期間が短期間のもの」しかありません。
しかも、この『優遇金利』を適用してもらうためには、給与振込や公共料金の口座振替など、金融機関が提示する条件をいくつか承諾しなければならないことが殆どなんです。
そして、このパターンは、確かに金利は低いのですが、固定期間(2年固定ならば2年、3年固定ならば3年)が終わる時に金利の見直しがされるので、その時の金融情勢によっては、その後の金利がめちゃくちゃ高くなる可能性があるのです。
当初の2年か3年は1.50%でいいけれど、その後は、もしかしたら金利が4.00%とか5.00%とかになる可能性もあるんです。

このあたりが先回申し上げた「落とし穴」の正体です。

あと、先回「35年返済」という提示をしましたが、現在ご主人は35歳。
35歳で35年返済ですと完済時には70歳。
ご主人は65歳を過ぎても年金を貰わず、現在と同程度の収入を得られるほど働いていられるでしょうか?
住宅ローンを考える際、考えの基本にしていただきたいのは、「退職金をアテにした返済計画は立てない」「年金での返済は考えない」ということなので、現在の一般的な定年年齢である「60歳までに完済」で考えていただきたいんです。
そうなりますと、現在35歳ならば60歳まで25年。
返済期間は25年で考えていただきたいんです。

さらに、先ほど申し上げました「金融情勢の変化によるこの先の金利の上昇」を考えると、それを考えなくてもいい方法を選択することもできるんです。
住宅ローンの金利設定の種類の1つに「全期間固定」というものがあります。
これは、当初契約した金利が完済まで適用されるというもので、途中で金融情勢がどのように変化しても、例えば、どれだけ市中金利が上昇したとしても、一旦契約した住宅ローンの金利は上がらない…というものなんです。
ただし、この「全期間固定」は、「固定金利選択型で固定期間が短期間のもの」と比較して金利が高いんです。
現在でも2%くらいの差がある金融機関もあります。
適用金利の平均は3.20%ではないかと思います。
適用金利3.20%、返済期間25年で、毎月の返済額が43,000円までに納めようとすると、借入額は【850万円が限界】です。

もし、ご質問者さまが働き始められ、その収入がアテにできるとしても、住宅ローンの申し込みの際にそれが認められるためには、正社員であり、1年以上は働いてからでないと無理でしょう。
ご質問者さまはまだお若いので、まだまだ正社員としての就職も可能ではないかと思います。
ご質問者さまが「収入合算者」になれるように頑張ってください。

分からないことがありましたら、またお尋ねください。
    • good
    • 0

35歳ということなので、35年ローンとなると70歳までの支払い。



金融機関によっては、2,500万円貸してくれるところもあるけれど、審査が厳しいところじゃ多分無理。

不動産業者なんかは、審査の甘い金融機関や提携している金融機関とかを紹介してくれることも多く、そういうところなら借りられる可能性は高いです。

でも、「借りられる=返済できる」というわけではないので、要注意。
2500万円借りるのであれば、金利を含め4000万円くらい返済することになりますので、よーーーく考えてください。

35年ローンなら月9.5万円、30年なら12万円、25年なら14万円。
これにさらに固定資産税が月額1万円くらいプラスされることも考えて、現在の家賃や貯金を計算して検討してみてください。

繰り上げ返済する余裕もできれば欲しいし、お子さんの養育費用や教育費用も今後どんどん増えていきます。
(中学・高校くらいには、月額7万円くらいは覚悟しないといけないです)

ご主人をせめるつもりじゃないけれど、生活が苦しいとう現状で住宅ローンでさらに生活を苦しくしてどうするのでしょう。
奥さんは働くつもりはありますか?
子供が大きくなったら働くというよりは、とにかくできるだけ早く働きに出ないといけなくなると思いますよ。
    • good
    • 0

住宅ローンの審査の条件に個人信用の他に返済比率があり、


一般的には年収の20%~25%におさまる金額が融資限度額として目安になるはずです。
いくらまで借りれるかは、この毎年の融資限度額に支払い年数を掛けたものになります。

ご主人の月収の詳細が不明なので、
仮に22万(ボーナス無)で返済比率を年収の20%として計算すると、
毎年の融資限度額=\528,000
毎月の融資限度額= \44,000(年収÷12)
35年の返済限度額=1848万(52.8万×35年)
という感じです。

私が住宅ローン検討の際に参考にしたHPを紹介します。
参考にしてみて下さい。

住宅ローンシミュレーション
http://www.athome.co.jp/financial/index_C2.html

住宅ローンの事前審査について
http://www.juutakuloan.net/0008/8.php
    • good
    • 0

そういう時は、貸してくれるくれないよりも、毎月いくら返済できるかで考えたら簡単ですよ。


総額22万円の給料なら手取りはもっと安いはず、仮に手取り22万円としても妻と子供一人養っていくにはぎりぎりじゃないですか?
家を建てたいのなら、最低でも500万くらいの現金を貯蓄してから考えた方がいいと思います。頭金なし、預貯金0では家を建てるのは無謀ですよ。
まして2千5百万円も返済できる余裕があるとは到底思えません。
借金抱えて自宅を手放すくらいなら最初からやめた方がましです。
    • good
    • 0

こんにちは。



一般的に年収の5倍程度までは融資を受けられます。仮にボーナスがなく、税込み年収が22万円×12ケ月=264万円の場合には、1300万円前後となります。
仮に2500万円が借りられたとして、年利3%、元利金等払い、返済期間が35年間、ボーナス払い無しで計算すると月々の支払いは9万7千円になります。
例え2500万円借りられたとしても、失礼ですが、かなり生活は苦しくなると思います。
返済は各社でシュミレーションできますので、いくら返済する必要があるか、事前に行っておいたほうが良いかと思います。
参考までに住宅金融公庫のシュミレーションのURLを記載します。

参考URL:http://www.flat35.com/simulation/simu_01.html
    • good
    • 0

貸してくれないと思う。


よほどいい連帯保証人か担保があれば別かも知れないけど。

金利3%として月10万で30年って計算で考えてるのかな。ボーナスがどれくらいかわからないけど、相当きついと思う。学費もとっておかないといけないし。30年働けるかどうかわからないし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローン(つなぎ融資)

住宅ローンについて

自己所有の土地に新築で家を建設します。
建築資金の1/2は自己資金で、1/2を銀行融資を受ける。
支払は、着工時に1/4、中間時に1/4、完成時に1/2
を支払う約束になっております。


そこで質問なのですが建設会社から、完成時の引き渡しは残
額を全額支払った後に私に名義が移ります。名義が私に無い
段階では銀行から融資を受けられないので、”つなぎ融資”
で融資を受け、建設会社への支払を完了し、名義を変更後に
銀行から融資を受けることになる。
との説明を受け、提携ローンならばこの”つなぎ融資”が必
要無い旨の説明を受けました。

銀行に聞いてみると、引き渡し時に融資するならば、”つな
ぎ融資”は必要ない。提携ローンでなくても融資可能との回
答でした。

その旨を、建設会社に伝えると、建設会社は

つなぎ融資の有無ですが、ご主人様のメール内容から想定する上
でのお話しですが、銀行の担当者の方は表示登記と保存登記の区
別をしていると受け止めました。先行登記(表示登記)を前提に
成り立たせる説明ではないかと思います。お引渡し前には表示登
記は出来ませんので、つなぎ融資の有無についてもその点が銀行
担当者の方と認識のズレがあると思います。


との回答で、つなぎ融資が必要との事です。


○私は”つなぎ融資”が必要なのでしょうか
○銀行の説明が間違っているのでしょうか、建設会社の説明が
 間違っているのでしょうか
  ※私の銀行への説明が稚拙だったのかもしれませんが
○建設会社の説明は妥当な説明でしょうか

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

住宅ローンについて

自己所有の土地に新築で家を建設します。
建築資金の1/2は自己資金で、1/2を銀行融資を受ける。
支払は、着工時に1/4、中間時に1/4、完成時に1/2
を支払う約束になっております。


そこで質問なのですが建設会社から、完成時の引き渡しは残
額を全額支払った後に私に名義が移ります。名義が私に無い
段階では銀行から融資を受けられないので、”つなぎ融資”
で融資を受け、建設会社への支払を完了し、名義を変更後に
銀行から融資を受けることになる。
との説明...続きを読む

Aベストアンサー

○つなぎ融資が必要か?
 不要と思われます。

○銀行と建設会社の説明とではどちらが間違っているか?
 建設会社の説明が間違っていると思われます。

○建設会社の説明は妥当か?
 妥当でないと思われます。

一般的につなぎ融資が必要なのは、住宅金融公庫等公的金融機関から借り入れする場合です。公的金融機関は、表示登記、保存登記、抵当権設定登記等必要な登記が終わらないと融資してくれません。しかしこれらの登記は、建物が完成し引渡しが完了してから手続きに着手するのが普通です。登記は着手後完了までに1,2ヶ月かかりますから、引渡し後1,2ヶ月経過しないと融資されないということになります。
一方建築会社への残代金の支払いは、引渡しと同時に行わないといけません(建設会社によっては、工事の進行に応じて分割的にに代金の支払いを要求するところもあります)。この場合につなぎ融資のために銀行から借り入れをすることになります。

但し、今回のように、最初から公庫ではなく、銀行から借り入れを行う場合はつなぎ融資はあまり問題になりません。銀行にもよりますが、融資の承認が降りれば、登記に関係なく融資をしてくれるからです(但し後日登記する必要有)。引渡し以前であっても融資してくれる銀行もあります。今回の場合は、引渡しの時に融資を行うと銀行の方がおっしゃっているわけですから、着工時と中間時期に自己資金(もしくは銀行の融資により)1/4ずつ、引渡し時に銀行の融資により残りの1/2払えば、わざわざつなぎ融資をする必要はないと思われます。

他の方も書かれていますが、可能なら引渡し前の代金の支払いは避けたほうがよいと思います。民法の原則からいうと、請負の報酬は引渡しと同時に支払うものとされていますし、建設会社の倒産のリスクも回避できます。しかし、すでに着工時、中間時期に支払うと約束されていますので、建設会社とよく話し合っていただければと思います。
また銀行とも融資の条件等よく話し合ってください。

○つなぎ融資が必要か?
 不要と思われます。

○銀行と建設会社の説明とではどちらが間違っているか?
 建設会社の説明が間違っていると思われます。

○建設会社の説明は妥当か?
 妥当でないと思われます。

一般的につなぎ融資が必要なのは、住宅金融公庫等公的金融機関から借り入れする場合です。公的金融機関は、表示登記、保存登記、抵当権設定登記等必要な登記が終わらないと融資してくれません。しかしこれらの登記は、建物が完成し引渡しが完了してから手続きに着手するのが普通です。登記は着...続きを読む

Q給料毎月延滞で・・・・

3年前より給料がたびたび延滞され1年前からは3ヶ月も当たり前のようにくれなくなりました。最初は給料の半分は給料日にきちんといただいてましたが後の半分は催促してやっとの状態。。。そのおかげでローンの支払いもできず延滞・・・
今は会社も辞め、延滞分の給料も回収できましたが、延滞してたぶんの賠償請求ってできるんですか?それができるならばどのくらいの請求ができるのですか?

Aベストアンサー

会社から見れば、質問者様が借金をしている事は、
無関係だと思います。
もし、借金に対して会社が間に入って契約されたのなら、
会社にも責任が生じるでしょうけど、
一般的に考えて、そのような形ではありませんよね?

質問者様が、何を買おうが、いくら借金をしようが、
会社は無関係です。

だとすれば、借金に対するリスク対策が甘かった、
と言わざるを得ません。


すでに延滞していたお給料を回収できているのであれば、
損害は生じていない、と客観的に判断できます。
もし、いまだに賃金が支払われていないようであれば、
遅延損害金というのを含めて賃金の支払いを請求できた、
と思います。

Q住宅ローンを繰り上げ返済

住宅ローンを繰り上げ返済

200万円、臨時収入がありました。
現在我が家には1600万円の住宅ローン残があります。
金利2.1%で月67000円、ボーナス払いなしの返済です。
10年固定で、いま4年目に入りました。

繰り上げ返済はいますぐした方がいいのか、10年固定がおわった時にした方がいいのか
教えてください。
繰り上げ返済にも返し方があるといいますが、どう返すのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

今すぐがいいです

10年固定が終わるまであと6年ありますから
6年後だと6年分の利子分損します

200万 X 2.1% X6年分
単純に6倍にはなりませんよ 利子にも金利がかかるので

ざっくり6倍したとして13万くらい損しますよ

200万を2.1%以上の利回りで運用できるように株などに投資するなら別ですが
定期預金でも高くて1%もないはず

どういうローンなのか分かりませんが繰り上げ返済の手数料が掛かるなら200万1括がいいと思います
なかには固定金利期間は繰り上げ返済できないローンもあるのでご注意ください

Q働けない専業主婦はどうしたらいいの?

結婚2年目の30代、専業主婦です。
来年には配偶者の扶養控除もなくなり、専業主婦も国保・国民年金を支払うことになるんですよね。(詳しいことがよくわかってなくてごめんなさい。)
専業主婦の私は金銭面で不安になっているので質問いたします。
私は病気があり(軽症のうつ病・子宮筋腫・体調不良であまり外出できず治療中)、働く必要を感じながらも働けず、療養しながら社宅住まいで暮らしております。
婦人病もあるので医師と相談していますが、この体調の悪さでは仮に出産しても子育てできないので、年齢的には厳しいところに来ていますが、今は子供を持たないつもりでいます。
最近、夫の父親が胃癌になり、大掛かりな手術が必要になって都内の大学病院に入院することになりましたし、その後の介護も私が通ってするしかありません。
夫の母親・私の両親は既に亡くなっており、頼る身内もおりません。
数年後には社宅を出なくてはなりませんし、生活費にかなり不安を感じております。
子供がいなくても、親族の介護・自分の病気でかなり負担がある専業主婦に救済はないのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、

・健康保険の扶養
 こちらは廃止という動きはまだありません。
・国民年金3号(いわゆる厚生年金の扶養)の廃止
 取りざたされていますが、まだ決定していません。
 廃止になった場合、その分旦那さんの厚生年金額は少し下がります。(とはいえ厚生年金料自体が増加傾向ですから相殺されてしまうと思いますが)
 (これまで3号の保険料は厚生年金から出ていたため)
・税金の控除
 配偶者がいる場合のご主人の所得税が軽減されるものですが縮小されます。しかし年額にすると負担増は数万円程度のものです。


夫の父親とのことですが、入院費用なども負担しないといけないということですか?
その父親の方の年金などの状況はどうなのでしょうか。
こちらのほうはponponchanさんの家計に余裕が無ければ、生活保護を申請するという方法もあります。

一般に子供のいないご家庭ですと経済的には生涯で2000万円~3000万円ほど楽になります。
旦那様の年収がわかりませんのでなんともいえませんが、世帯収入が年収で350~400万程度あればとりあえず生活は出来ると思います。
(というかこのくらいで更に子供のいる家庭も多いです)

ご質問内容からは経済的にどの程度苦労されているのかが分かりませんので一般的な回答になって申し訳ありません。

>親族の介護・自分の病気でかなり負担がある専業主婦に救済はないのでしょうか。
親族については、先に述べたとおり基本はその親族の財産・年金・保険でまかない、だめな部分についてはponponchanのように親族で負担しますが、これもまた負担できないときには公的な救済制度として生活保護制度がありますので、生きられないということはありません。
自分の病気については、高額医療に対しては負担の上限以上になると健康保険からその分の補助があり、制限がかけられることになっています。
また病気に対する費用が一時的なものであれば、医療費のための公的な融資精度などもあります。
直らないような病気に対しては障害者としての認定があり、それにより様々な救済措置があります。

年収が基準よりも低い場合には、自治体で提供している公営住宅に入居できます。

上記のように一応最低ラインは守れるようになっていますので、それほど心配される必要はありません。

まずうつ病をなおされるのが良いかと思います。
働かなきゃとか、がんばろうとか思わないことです。
家計についてはご主人に全面的に任せてはいかがですか?

まず、

・健康保険の扶養
 こちらは廃止という動きはまだありません。
・国民年金3号(いわゆる厚生年金の扶養)の廃止
 取りざたされていますが、まだ決定していません。
 廃止になった場合、その分旦那さんの厚生年金額は少し下がります。(とはいえ厚生年金料自体が増加傾向ですから相殺されてしまうと思いますが)
 (これまで3号の保険料は厚生年金から出ていたため)
・税金の控除
 配偶者がいる場合のご主人の所得税が軽減されるものですが縮小されます。しかし年額にすると負担増は数万...続きを読む

Q3年固定住宅ローン金利の推移について

はじめまして。
最近住宅の購入を検討しておりますが、ローンの組み方に悩んでいます。

長期の固定は将来への計画が建てやすいですが、数年内でのメリットはあまり無いので、短期固定も考えています。
3年固定金利だとかなり低い金利なので魅力ですが、将来的に金利がどこまで上がるのかが当然心配になります。

そこで、その頂点をバブル絶頂期の平成2,3年辺りの短期(2,3,5年)固定金利を教えて下さい。
2%を底にして、頂点はそこの金利までと想定して考えてみようと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

金利の推移表を載せておきます。

http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/rate/prime.htm

平成2,3年辺りの短期固定金利ということですが、銀行でも短期固定商品を扱うようになったのはこの数年ではないでしょうか。
それ以前に3年固定などで組んだという話は聞きませんし、住宅ローンでこのような多様な商品が出始めたのは3年前くらいからだと、銀行員も話していました。

参考になるかと思うurlも載せておきます。
平成2年頃には変動が固定を上回ったということです。

http://sumai.nikkei.co.jp/know/success/index20050114a1000a1.html

Q専業主婦の生活費について

専業主婦の生活費について質問です
夫は自営業で年収が1200万位あります
お金に関しては夫が権利を握っています
私は生まれて9ヶ月の赤ちゃんがおり、専業主婦です
生活費として月10万円貰っているのですがこれは少ないでしょうか?

夫は自営業で会社もいくつかありそれぞれの会社からの支払いなので
毎月この日が給料日というものがなく
月々いくら貰っているかも明朗ではありません
お店経営なのですが時々自分の預金からお店の備品代を立て替えたりし
事務の人にその領収書を渡せばよいのですが
仕事で忙しく領収書を渡して処理する暇も無い為
私に生活費として渡すお金が用意できなかったりという月も
いままで2回くらいあったりしました
そんなときは出産前まで働いて貯金していたお金を切り崩してやってきたのですが
気がつけば私の貯金がそこをつきはじめ
残高が80万あった貯金が20万を切る感じになってきました
10万円の主な使い道は
食費、ママ友との交際費、自分の昼食、赤ちゃんのオムツミルク離乳食おもちゃ衣類などなど、自分の医療費、衣類、2~3ヶ月に一度の美容室、犬のトリミング、ガゾリン、年3回ほど帰省する為の交通費として4万円、などでしょうか
この中で多く占めるのが食費と赤ちゃんで
調度子供は食べ盛りで、食べるのでオムツ代もかなり圧迫しています
私としては毎月2~3万位は足りなかったので自分の預金から使っていたら、コツコツ貯金していたのがなくなりそうな事態になりました
独身時代は家賃を除いて14万位でやっていました
週末は外食が多く基本的にはレジャー代なども夫が支払い
家の家賃や光熱費など毎月支払いが生じるものは全て主人が払っています
都内駅前に住んでおり物価も高いほうだと思います

理想は10万円でやりくりをし貯金をと思うのですが
自分の中では正直厳しいものがあります
かといって
家にただ居て養って貰っている身なので余り夫に贅沢もいえません
でもこのままだと自分の預金も無くなりそうな感じでいざという時に困ります
これらを踏まえ
10万円というのは世間一般的に十分な金額でしょうか?

専業主婦の生活費について質問です
夫は自営業で年収が1200万位あります
お金に関しては夫が権利を握っています
私は生まれて9ヶ月の赤ちゃんがおり、専業主婦です
生活費として月10万円貰っているのですがこれは少ないでしょうか?

夫は自営業で会社もいくつかありそれぞれの会社からの支払いなので
毎月この日が給料日というものがなく
月々いくら貰っているかも明朗ではありません
お店経営なのですが時々自分の預金からお店の備品代を立て替えたりし
事務の人にその領収書を渡せばよいのですが
...続きを読む

Aベストアンサー

バリバリ自分で稼いでいた人ほど、人にお金をもらうのに
抵抗あるかもしれませんね。
この種の質問でかならず共通してるのは、家計簿をつけているかということ。
何と何にお金がかかるので10万では足りないと、はっきり言うべきだと思います。このとき、家計簿が必要です。

まず、ガソリンと年3回の帰省費用は10万から外しましょう。
というか、入っているのが不思議。
医療費もばらつきがあると思うので外します。
それらを外して10万なら出来るのではないですか?

食費 5万
交際費 1万
美容室・犬のトリミング 月平均1万
オムツ・離乳食 1万
その他の日用品 1万
おもちゃ・衣類 1万


こんなところじゃないですか?
ご主人が貯金をしてくれているなら、その10万の中から貯金する必要はないでしょう。(というか出来ない)
一度、確認されることをお勧めします。

Q住宅ローンのボーナス払いをなしにしたい

不況により4月に会社を回顧され、現在就職活動とアルバイトで生活しています。3年前にマンションを購入し住宅ローン返済中ですが、今月末のボーナス払いが大きな壁となっております。今の収入では月々の返済はギリギリ問題ないのですが、ボーナス払いには対応できません。
ボーナス払いをなしにできるものなのでしょうか?

いろいろ金策を考えてみたのですが、今は借金ができませんし、住宅ローンの見直しが最善だと思われます。
月々の返済が多少高くなるにしても就職がきまるまではボーナス払いはなしで乗り切りたいところです。
三井住友なんですが、今月末のボーナス払いからなしにできないでしょうか?
詳しい方がいらっしゃったら是非教えていただけませんか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

出来たとしても、ボーナス払いが無くなった分月々の支払い額が増えるので、月々の返済がギリギリの状態ではなかなか難しい経済状況なのではないでしょうか。ボーナス比率が分かりませんが、これが高いとかなりの増額になる可能性もあります。↓のサイトで、今の条件を入力し、ボーナスなしを選択すれば月の支払い額が計算出来ます。
http://www.eloan.co.jp/simulation/homecalc.jsp

毎月ギリギリなら、返済プラン自体の見直しを銀行に相談するのも良いです。定年までに余裕のあるローンなら、返済年数を延ばして月々の返済額を抑えるようにします(支払う金利額は増えますが)。

どうするにせよ、行動は早い方が良いです。今月からは難しいかもしれませんが、払えないからと言って放置するのが一番良くありません。銀行も破綻して不良債権化するより、少なくても払ってくれる方が良いに決まってますので…。

Q専業主婦です。将来が不安です。

専業主婦です。将来が不安です。
旦那は32歳で公務員です。給料は手取りで30万~32万ほどでボーナスは年間100万(夏・冬合わせて)
年間で手取り分は500万ほどでしょうか。

私は29歳で専業主婦です。賃貸不動産を保持している為、年間280万。
その他、軽い鬱の為 障害年金が年間80万ほど(今年から貰い始めてます)。

借金などはありませんが、夫婦2人にもかかわらず、世帯年収が1000万円にも満たない為
大変不安です。
生活はかなり切り詰めて最低でも年間400万円~500万円の貯蓄を続けていますが
一体いくら位まで貯めたら安心できるのか、、、
旦那のお給料が低すぎるところが一番心配ですし、不満です。
何かアドバイスがあればお願いいたします。

Aベストアンサー

同じ年齢の主婦です。
現在妊婦であるため、お仕事はお休み中です。(とは言ってもお教室の運営なのでたいした額はかせぎません)

正直なところ、ごく一般的な、むしろ困っていらっしゃらないご家庭だと思います。
手取りで500万なら十分じゃないかなと思います。

我が家は専門職なので一見、リッチにみられがちですが、税金や経費も最終的にかかってくるので、
おそらくあなた様よりも自由に使えていないと思います。
余裕があってもなんとなく使えない月が多いというか。。

その点毎月ちゃんとお給料を頂いているので今のままで十分でしょう。

解決策としは、奥様が働かれる事だと思いますよ。
旦那様のお給料が今後急上昇するならともかく、普通はゆったりとしたあがり方だと思うので、
貯金額を増やしたいなら、あなたが働く事をおすすめします。

とは言っても、パートなどだと結局お小遣いとしてきえてしまいがちです。
正社員で働くのをおすすめします。

一つアドバイスできるとしたら、
まだ29歳なので、もっと楽しむのも手ですよ!
人生お金を使って楽しむ事も大切。年をとったら行きたくとも行けない場所に旅行したりとか。
旦那様との思い出作りをするのも大切ですよ。

同じ年齢の主婦です。
現在妊婦であるため、お仕事はお休み中です。(とは言ってもお教室の運営なのでたいした額はかせぎません)

正直なところ、ごく一般的な、むしろ困っていらっしゃらないご家庭だと思います。
手取りで500万なら十分じゃないかなと思います。

我が家は専門職なので一見、リッチにみられがちですが、税金や経費も最終的にかかってくるので、
おそらくあなた様よりも自由に使えていないと思います。
余裕があってもなんとなく使えない月が多いというか。。

その点毎月ちゃんと...続きを読む

Q【住宅ローン一括返済(住宅売却に伴なう)】

【住宅ローン一括返済(住宅売却に伴なう)】

一昨年に購入したマンション(35年ローン)を売却する予定です。

売却代金-購入金額(ローン残額)=マイナス

となります。住宅ローンは一括返済となると思いますが、マイナス部分を分割返済は可能でしょうか?
ご存知の方いらっしゃればお教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ローンを組んでいる不動産には抵当権が付いてるので、ローンを完済しないと売れません(抵当権が残ってる不動産を買う人は通常居ません)。なので、ローン残高>売却代金なら差額を現金で用意する必要があります。これが多額になるなら担保が必要でしょうし、担保無しでは貸してくれる所は少ないです。この金額が少ないなら、担保無しでも貸して貰える可能性はあるので、銀行にでも相談してみてください。

ローンを払えなくなった時や、やむおえず引っ越さないといけなくなった時のために、ローン残高>売却代金とならないよう頭金を十分に用意するという基本的なことを怠ると、こういうことに陥ります。批判する積もりはありまえせんが、これからローンを組む人のためにも一応書かせて頂きました <m(_ _)m>

Q専業主婦でやっていけますか?

専業主婦でやっていけますか?

お恥ずかしい話ですが、私も主人もお金の事に疎く(というか、貧乏生活が
長かったため、当面の生活で精一杯という日々でした)、結婚してからも
訳も分からず「できるだけ無駄使いはしないように」という気持ちだけで
今までやってきました。

ですが、現在、夫37歳、私(妻)36歳、子供2歳になり、一戸建てを建てるなら
そろそろローンも組まないと定年までに返せなくなる・・といったところから、
今後の生活設計を考えようという話になっています。

現在、貯金が850万ほどあります。

収入は年間の手取りで夫340万、妻270万ほどです。

これで、土地+家で3000万程度の物件を購入し、それと同時に妻が仕事を
辞めて専業主婦になるというのは可能でしょうか。

(本来、マイホーム購入と、私が仕事を辞めるかどうかの話は別のことなのですが、
来年、第二子を出産したいと考えており、会社が不景気なので、妊娠したら
辞めて欲しいと言われる可能性が高いのです。)

このプランが無理な場合は、夫の実家に同居させてもらうとか、また別な道を
考えなければなりませんが、それは双方望んでいないので、最終手段としたいと
思っています。

私自身は、子供が手を離れたらパートなどで働いてもいいのですが、このような
状況で、子供を2人、大学まで出したり、多少の(少なくとも年金がでるまでの
生活費くらい)老後の蓄えもしたりできるものでしょうか。

無理なら無理で仕方ありませんが、もし、可能であれば、頭金をいくらくらい
にして、貯金をどれくらい残しておいたほうがいいか等、ご教授いただけますと
大変助かります。
よろしくお願いいたします。

専業主婦でやっていけますか?

お恥ずかしい話ですが、私も主人もお金の事に疎く(というか、貧乏生活が
長かったため、当面の生活で精一杯という日々でした)、結婚してからも
訳も分からず「できるだけ無駄使いはしないように」という気持ちだけで
今までやってきました。

ですが、現在、夫37歳、私(妻)36歳、子供2歳になり、一戸建てを建てるなら
そろそろローンも組まないと定年までに返せなくなる・・といったところから、
今後の生活設計を考えようという話になっています。

現在、貯金が850万ほどあり...続きを読む

Aベストアンサー

私はFPではないし余り詳しくはないので感覚でお答えします。

ローンを組むならなおさら奥様が仕事を続けた方が良いと思います。
借りれる額はもちろん変わってきますし、これからお子さんにいくらでもお金がかかります。
二人目をお考えでしたら出費も2倍…。

一度仕事を辞めるとなかなかしたい時にパートがみつからなかったり、その頃には子供の預け先が見つからなかったりで、ズルズルと専業主婦という人が多いですからね。

うちは主人手取り650~700万くらい?で10年前の結婚時に頭金1000万(ダンナの親に出してもらった)で3770万のマンションを購入。
結婚と同時に専業主婦の道へ…。

今は働きたいけど(と言うか働かないと苦しい)、娘の塾の弁当やら夏休み等に子供だけで留守番をさせるのに抵抗があるのやらで、職探しに踏み切れないでいます。

参考にならなかったらごめんなさい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報