「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

今、通信講座で日商簿記3級を勉強しています。
しかし伝票のところで、つまづいてしまい前に進めていません。
問題集を何とか問こうと思うのですが、概念が理解出来ていない為間違えてしまいます。

例えば、
商品\100,000を仕入れ、代金のうち\60,000は現金で支払い、残額は翌月末に支払うこととした。

上記のような問題で、まず
仕入100,000/現金60,000
         買掛金40,000
と仕訳します。ここまでは解るんです。

この時、伝票に記入すると、

○出金伝票
借方科目:買掛金60,000

○振替伝票
借方科目:仕入100,000/貸方科目:買掛金100,000

解答を見ると、こんな感じなんです。

出金伝票は「現金が出ていく」という意味なので、借方は「仕入」になるのではないですか?
それなのに、なぜ買掛金60,000なのか…。
振替伝票はもっと解りません。

取引を擬制して処理する方法?みたいな事が書いてあるのですが、これもよく解りません。

どなたか解りやすく教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これは、掛け取引と現金取引の2つの取引があったとみなして(擬制して)起票する方法ですね。




まず、いったん全額掛けで仕入れたという仕訳をします。

   仕入100,000/買掛金100,000 (→振替伝票)

次に、その買掛金のうち60,000をすぐに現金で支払ったという仕訳をします。

   買掛金60,000/現金60,000  (→出金伝票)

したがって、出金伝票は買掛金60,000となるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
勉強、頑張ります。

お礼日時:2011/03/23 14:07

前の回答者さんのご回答と一部重複しますがご容赦ください。



ご質問の設例は、「一部現金取引」の場合ですが、これには次のとおり二つの処理方法があります。

1.仕入代金の全額を一度買掛金とする方法
○振替伝票
借方科目:仕入100,000/貸方科目:買掛金100,000
○出金伝票
借方科目:買掛金60,000
「取引を擬制して処理する方法」の意味は、現金仕入の部分60,000も一度掛仕入をしたことにして買掛金を通すことから、「取引を擬制」と説明されているのだと思います。

2.取引を分割する方法
○振替伝票
借方科目:仕入40,000/貸方科目:買掛金40,000
○出金伝票
借方科目:仕入60,000

これらの2つの方法があることについて、ふつうは簿記の教科書に説明があるはずです。
そして、上記1.2.のいずれによるかは、受験簿記では問題に指示があるのでそれに従うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
2のやり方は解るのですが、1がどうしてもややこしく感じてしまい…。
引き続き勉強、頑張ります。

お礼日時:2011/03/22 20:04

正解は一つではないのでなんともいえないですが


まずその本は 仕入れはすべて買掛で買うことを前提にしているんでしょうね
だからまず 仕入100,000/買掛100,000の仕分けが出来上がります。

そこで 60,000だけを現金で先に支払うってことなので
買掛60,000/現金60,000ってことになり
先に 100,000の買掛がありますので そこから60,000減らす仕分けになります

1)仕入100,000 / 買掛100,000
2)買掛60,000  / 現金60,000
1の買掛100,000から2の買掛60,000を引きますので
買掛残は40,000が残っていることになります。

この本ではそういう仕分け方法をしているってことですね

もちろん 仕入 40,000 / 買掛40,000
      仕入 60,000 / 現金60,000
って仕分けでも間違いではありません 結果同じことなので

この本に関してはあくまで買掛で仕入れて置くのが前提
(たぶん買ったその場で現金で払わないからなんでしょうね)
ま、普通の会社だと一部をいきなり現金で払うってこともしませんけどね
いわゆる問題の為の問題ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
問題集、頑張って解いていきます。

お礼日時:2011/03/22 10:58

> 出金伝票は「現金が出ていく」という意味なので、借方は「仕入」になるのではないですか?


> それなのに、なぜ買掛金60,000なのか…。
> 振替伝票はもっと解りません。
ご質問者様の考え方で間違いとは言い切れないのですが、その問題集では仕訳のルールを次のように考えております。
1 仕入れは全て買掛金で処理する
 ⇒振替伝票「仕入 100,000/買掛金 100,000」
2 その上で、出金内容に合致させる為の出金伝票を作成
 ⇒出金伝票「買掛金:60,000」
3 上記2枚の伝票を発行する事で、買掛金は貸借の発生額の差額から40,000となる。

> 取引を擬制して処理する方法?
個々の取引内容に関係なく、特定の取引が為されたものとして一律に見做し、その後に実体にあわせる為の仕訳を行う事があります。
例えば、
・売上は全て売掛金と見做す。
 実際の取引が現金売上100であれば、
 売掛金100/売上100 ⇒振替伝票
 現金100/売掛金100 ⇒入金伝票 科目:売掛金
・売掛金の入金は全て当座預金とする。
・購入(仕入)は全て買掛金と見做す。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何となく解ったような気がします。

お礼日時:2011/03/22 10:35

勉強したのは大昔ですが…。


まず現金のことは考えずに、

借方科目:仕入100,000/貸方科目:買掛金100,000

だけ考えます。
現金で一円も払わなかった場合こうなりますよね↑。

次にその中で60000円だけ現金で払ったので、(現金がなくなり買掛が増える)
出金伝票の項目が買掛金になります。

借方科目:買掛金60,000/貸方科目:現金60,000

すると貸方に買掛金が40000円残りますので、

仕入100,000/現金60,000
       買掛金40,000  になります。

わかりにくいですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何となく理解できたような気がします。

お礼日時:2011/03/22 09:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日商3級の合計試算表作成の裏技ありますでしょうか?

こんにちは、
簿記3級を受験します。
過去問の合計試算表を行っていると、それだけで1時間半掛かってしまいます。
試算表作成時の裏技や時間短縮の方法があるのでしょうか。
簿記3級を合格された先輩方の良きアドバイスをお願いします。

いくども繰り返し勉強していますすが、壁に当たって疲れています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1、5です。再びお邪魔します。
#1のお礼ありがとうございます。
&お礼をしっかりもう一度読んでみました。

3級は簿記の基本になります。
3級でまず覚えるのは、何といっても仕訳です。
仕訳がないと試算表もできないですね。
最後の決算処理も仕訳がないと出来ません。
・・・ということは、簿記の基本が仕訳といってもいいと思います。
仕訳をしてその上で試算表も存在できます。
2級1級と進んでいくうちに、あるいは3級を充分していくうちに仕訳の大切さがわかってくると思います。

かといって、仕訳さえ理解しておけばいいということでもありません。

T字を利用した仕方を理解していないと2級、1級になると???になってくることもあります。
2級、1級をしているときには3級で充分仕訳をしたことによって頭の中だけで仕訳が出来るようになってきます。
それだけ仕訳が基本なのであろうと。
(掛け算も割り算も基本は足し算と引き算でしょ?それと同じです。基本は足し算と引き算=基本は仕訳。割り算するとき、大人、慣れてる人は頭の中で足し算と引き算を瞬時にしてますよね)

追伸(1)に関しては#5で回答はしていると思いますので・・・。

(2)(3)に関して。
これは今回の回答でも先にいっているように、仕訳が基本です。
これさえ出来れば問題はさほどないように思います。
採点ポイントを抑えるといっても、その部分だけ解こうと思っても出来ないのが簿記というものだと思っていますが。
1から始めないと最後の10の問題も途中の問題も解けないと思います。

これは私個人の感想です。↓
3級の試験って親切に習った順番に問題があるんだなぁ・・・と思いました。
勘定科目をど忘れしても1問目でいろいろな勘定科目が記載してあったり・・・。

やはり、理解することも大事ですが、どれだけの問題に挑んでいたかによって違うのだと思います^^;
では^^

#1、5です。再びお邪魔します。
#1のお礼ありがとうございます。
&お礼をしっかりもう一度読んでみました。

3級は簿記の基本になります。
3級でまず覚えるのは、何といっても仕訳です。
仕訳がないと試算表もできないですね。
最後の決算処理も仕訳がないと出来ません。
・・・ということは、簿記の基本が仕訳といってもいいと思います。
仕訳をしてその上で試算表も存在できます。
2級1級と進んでいくうちに、あるいは3級を充分していくうちに仕訳の大切さがわかってくると思います。

...続きを読む

Q簿記3級は本当に誰でも取れるのですか?

簿記全くの素人で、簿記3級を取得したものです。

受ける前は、「勉強すれば誰でも受かるよ」「簡単」と言われていました。実際、学校にも通い、試験が近づくと必死で勉強し、なんとか83点で合格できましたが・・・私は少なくとも「簡単」とは思えませんでした。また、先日受けた試験の合格率は50%くらいだったと思います。

私としては、「誰でも受かるほど簡単」とは思えません。皆さんはどうですか?

Aベストアンサー

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです。
そんな私が仕事のためとはいえ、簿記を勉強することには、周囲から『無謀だ』と猛反発を受けました。
しかし、職業柄、どうしても受からねばならない事情があったのです。
私にとっては、初めて独学で、本格的に目指す資格試験。
大学受験以来のプレッシャーでした。
手の使い過ぎで腱鞘炎になるし、
本試験日までは、寝不足や食欲不振に悩まされる日々が続きました。
試験会場には、商業高校生らしき若者が大勢詰め掛けていて、
教師らしき人々の励ましを受けていました。
制服姿の学生に混じっての孤独な社会人受検。気後れしたものです。

そして無事、簿記3級に合格したものの、
父親からは『なんだ、まだ3級か』
『うちの会社の経理のコは、みんな持ってるよ』と云われて
何となく、カチンときたのを憶えています。
会社の同僚からも、『あら、なぁに?2級じゃなかったの?』との声。
不思議だったのは、簿記を勉強した経験のある人からは
『頑張ったね。大変だったでしょう?』と、労いの言葉を戴いたことです。

質問者さまの、簿記3級に合格したものの、
3級って、大したコトないの?自分は3級でも、けっこう大変だったんだけどな…。
という今の心境は、何となく、お察しいたします。
当時の自分を見ているようです。

今思えば、周りからの"簿記3級は簡単!”という批評は、
簿記3級なんか…と軽視する意図などは、一切なしに、
また、簿記3級だから云々…という理屈も抜きにして(簿記って何?という輩も少なくない)、
俗に言う"検定試験を履歴書に活かせるのは、何でも2級レベルから”という認識の強さが、
無責任に、口にさせた台詞だったのかもしれません。
(会社によっては、何級からでも、ひとつの資格として認識されますが。)

他のかたが仰るように、周りの言葉に、変に過敏にならず、
努力した自分を一番よく知っている自分が、今までの努力を褒め称えてあげればよいのです。
お仕事されながらの受検は、大変だったことでしょう。
苦境を乗り越え、合格を勝ち取ったことは、自分の中で、ひとつの自信になったはずです。

しかしながら、国家試験を目指す人などが、これから簿記にチャレンジする初心者相手に、
訳知り顔で『日商簿記くらい簡単に取れないとね。』と、
あからさまに、上から物を見た言い方をするのを、巷で耳にするたび、
『たかが簿記で、そこまで偉くなれるのか?人間が小さい奴だな…』
と、(失礼ながら)私は、醒めた目で見ることにしています。
たまに、『自分には簿記のセンスがない。向かない。』と悲観的になる人もいますが、
センスの有無とは、個々の五感に係わる問題です。
誰しも、電卓片手に、生まれてきたわけではありません。
簿記で扱う数字は、算数とは違って、公式だけの感覚で解くものではないし、
簿記の根底に在る理論は、国語のように、日常生活に当たり前に転がっているものではないため、
わざわざ勉強時間を作って、一歩ずつ知識を身に付けてゆくしか、方法はないのです。
3級でも、2級でも、1級でも、センスなどに頼らず、こつこつ努力しないといけないのは、みんな同じです。

ただ、補足するとしたら、
簿記1級の資格試験や、税理士・会計士等の国家試験は、
簿記の知識を問うものでも、2級までの資格試験とは、採点方式等が異なるため、
合格のためには、個人の努力だけでなく、試験戦略・運の要素も絡んでくることになります。
簿記3級は、過去問題を制限時間内で70点取れる練習を、何度も積んでいれば、
本番での過度の緊張やケアレスミスに襲われない限り、充分に合格圏内を目指せるかと思います。

簿記2級となると、試験員が、ごくたまに、範囲外のようなイジワル出題をすることがあったり、
さらに、簿記1級では、周りの受験生の出来具合により、採点箇所が変化するらしいため、
死ぬほど努力していても、時として、その実力が充分に発揮できない状況が、足を引っ張ります。
人格が変わるぐらい勉強し、恋人を捨て、人生をかけて挑戦してさえも、
合格の実現が厳しい難関試験の前に、打ちひしがれる人を、私は、目の当たりにしています。
そのような『勉強しても受からせてもらえない、リスクの大きい試験』から比べれば、
簿記3級は、努力すれば受からせてもらえる良心的な試験だと言えるのかも知れないな…とは思います。

『簿記3級なら、がんばれば、誰だって合格できる』という言葉の裏には、
簿記3級は、ひとりひとりが実行可能な労力を惜しみさえしなければ、
誰にとっても、その努力が充分に報われる要素のある試験なんですよ。って気持ちが込められています。
私が友人に、受検を励ます意味で、その言葉をかけるとしたら、そうした意味を込めて用います。

簿記を好きになれると、自信を失くす時があっても、また立ち直って頑張れます。
華やかな勉強ではないし、あまり理解を得られない面もありますが、
私自身は、簿記学習を通じて、『算数キライ』の苦手意識を克服でき、根気や忍耐力もついて、よかったかな?と思います。

身の上話が長くなり(苦笑)、申し訳なかったですが、
あなたに簿記の勉強を続けてみようというお気持ちがあるのならば、
何とか、自信を持って、ご自分の道を歩んで頂きたく、この回答を書きました。

たくさんの回答が寄せられていますね。
質問者さまの声と、回答者の皆さまのご意見を読んでいて、
共感を覚えた者です。私も、ぜひ、参加させて下さい。

私も、質問者さまと同様、社会人になってから、簿記3級に挑戦することとなりました。
6月受検のための勉強を始めたのは、5月、GWの頃。
学生の頃から、算数&数学が苦手だった私は、簿記3級にも抵抗を覚えたものです。
高校進学後の数学に至っては、赤点続きで、先生からよく叱られました。
『数字を見ただけで、頭が痛くなる』タイプだったのです...続きを読む

Q簿記3級は暗記が大事ですか?勉強のコツは何ですか?

お世話になります。

簿記の3級に取り掛かっています。
まだ勉強を始めて数日なのですが
左右に何と言う名前が来るのか、さっぱり分かりません。
入る金額は簡単なのでわかるのですが・・・

資産が増えると左、減ると右とか
大まかな言葉としては覚えたのですが
どんな科目が入るのかが分かりません。

何回も繰り返して暗記するしかないのでしょうか?

3級をクリアしてる人に聞いたら
3級は2週間程度の勉強で受かると言われました。
しかし私には到底無理なようです。

簿記の勉強のコツとかがあったら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/現金500
となるわけです。(数字は適当です)

簿記は仕訳段階では引き算を使わずに、足し算だけで
表現しますので、現金が減るという引き算を使わず、
反対側に数字を載せることで現金の増減を表すので、
ここらが迷いやすいところなのです。

>どんな科目が入るのかが分かりません。

あとは、ほぼ日本語通りです。
下の言葉をさらに便宜上細かい勘定科目に分けているに過ぎません。
資産・・・現金・預金・土地・建物・売掛金
負債・・・借入金・買掛金
費用・・・○○費

ちょっとややこしいのは、同じ言葉で資産と費用の区別があるものでしょう。
これは最重要項目の決算書、清算表の問題には必ず出てきて、
配点に大きくかかわりますので、いくつかのパターンを全部覚える必要はあります。
家賃(費用)―前払家賃(資産)
支払い利息(費用)―未払い利息(負債)―前払い利息(資産)
など。

どんな勘定科目があるのかは、いちいち勉強するより、
どこかの会社の決算書でも見たほうが早いです。
みるのは費用項目くらいでよろしいでしょう。
どういうものがあるのか、さらりと3つ4つみるだけでいいです。

あとは、一通りさらってみたら、(全部理解できてなくてもよい)
一度、過去問を1つ解いてみることです。
そして、理解できていないところだけ見直します。
そして、その過去問の問題が理解できたら、次の過去問をやり、
また、わからないところだけ復習します。

だいたい10問くらい過去問をやり、理解を十分にしておき、
初見の問題をやって9割取れれば、ほぼ3級は合格できます。
(これは2級も同じです)
合格ラインは7割なんで、自宅で7割では問題によっては
落ちる場合もありますので、9割理解を目指してください。

簿記でつまずく人は大抵、借り方、貸し方、左と右で
はてな。。。とこんがらがるケースがほとんどです。

まずは現金のあり方だけを覚えるといいです。
現金は基本的に(決算書などの)左側に残高が残ります。
まず、これだけ覚えてください。

そして、売上が上がると現金が増えるわけですから、
現金は左、売上はその反対で右に。

経費を使うと現金は減るわけですから、
現金は右に、経費勘定はその反対で右側にきます。

上の仕訳を例にしてみると、
現金残高10000円として、
現金1000/売上1000
経費500/...続きを読む

Q損益勘定について

ズバリですが、損益勘定自体が分かりません汗これは、何のために、どのように使うものなのでしょう。付随して、仕分けを「仕入」「繰越商品」のように小分けして仕分けする仕方も意味もよくわからないのですが、親切な方がいらっしゃったらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期繰越ではなく損益勘定を使用し、時期に繰り越さず、損益勘定に集合させ、そこででた利益ならば財産である資本金にプラスしよう!というのが損益勘定の役目です!
なのでその期の収益費用は全部、損益勘定に移動してまいります。売上も消耗品費も給料も...そして仕入れも..
それでは仕入勘定の説明にうつります。まず仕入れとは商品の在庫室と考えてください。去年ののこりが今20円分あるよ!というのが期首繰越商品!今年は40円買ってきたよというのが当期仕入れ!そしてその間、商品を売って残った在庫が10円あるよ!が期末繰越商品!
じゃあ今年はいくら在庫が減ったでしょうか?20+40-10=50ですね!この50円何のために買ったのでしょうか?もちろん商品を売るため!商品を売るためには10円のものを10円では売りません!15円で売ったりと利益をつけますそのとき利益は5円ですよね!原価は10円
では決算のときも同じ。先ほどだした50円は...売上原価なのです!!これはりっぱな費用!ですので損益勘定へ移動します!
もちろん費用とし損益勘定に移動しないと、売上は15円のまま..ほんとの利益は5円なのに..おかしいですよね!
教えることに不慣れなものでこんな説明ですみません..少しでもお役に立てればうれしいです!

こんにちは今簿記1級を学習しているものです!
損益勘定について説明いたします!
まずを簡単に言うと会社ではいろんな取引がありますね。給料払ったよ!備品を買ったよ!等..それを補助簿に記入し次に総勘定元帳に記入そして一年間でどれくらい給料払ったの?備品買ったの?を集計したものが貸借対照表、損益計算書ですね!
総勘定元帳締め切る時、備品は決算後も使用できるから時期に繰り越そう!しかし給料を時期に繰り越す?当期に発生したというだけなので時期に繰り越せませんね!そこで費用や収益は次期...続きを読む

Q小切手の勘定科目(日商簿記3級)

小切手が問題文にでてきたときに、どういう時に勘定科目が現金になったり受取手形になるのか区別がつきません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

日商簿記であれば、小切手の扱いは以下のようになります。

取引会社などから「小切手を受け取った場合」
「現金」になります。
この場合、小切手を自分の会社の当座預金にするか、現金にするかどちらかになります。
現金にする場合もあるので「現金」扱いになります。

自分の会社が「小切手を発行する場合(渡す場合)」
「当座預金」になります。
自分の会社が小切手を渡した場合は、自分の会社の当座預金から引き落としをされます。
現金勘定になるのであれば、小切手にする必要はなく、現金で支払うことをします。

ご質問にある「受取手形」ですが、小切手と受取手形は全く別物です。
受取手形は「受取手形(勘定)」のみですね。
小切手は、受け取る、支払うの違いで「現金」と「当座預金」に変わります。

また、問題文に
「・・・¥30,000-の小切手を受け取った。ただし、即座に当座預金にした」という文があれば、
「現金(勘定)」ではなく。「当座預金(勘定)」になります。

Q日商簿記3級 消耗品勘定と消耗品費勘定の違い

消耗品勘定と消耗品費勘定の違いを教えてください。

問題集に、
7月1日に岩手文具店でファイル20冊を購入して現金3,500円を支払った取引を現金勘定で見てみるとどうなる?
と書いてありました。

そして仕訳の部分に
仕訳:(消耗品費)3,500 (現金)3,500
とありました。

なぜ
仕訳:(消耗品)3,500 (現金)3,500
にならないのでしょうか。

仕入れたときには消耗品、それを使ったら消耗品費ではないのでしょうか。

また、
仕訳:(消耗品)3,500 (現金)3,500
とすれば間違いですか。

Aベストアンサー

大学2年会計学を学んでいる者です^^

>取引を現金勘定で見てみるとどうなる?
って所はイマイチ分からないのですが、消耗品については説明できます。

まず、消耗品に関しては処理方法が2つ認められます。

第一法)期中に消耗品勘定を使い、使った分を消耗品費勘定に振り替える方法
(例題)
・当社は1,000円の消耗品を現金で購入した。
 仕訳:(消耗品) 1,000 (現金) 1,000
・(決算時) 消耗品の当期使用分は800円だった。
 仕訳:(消耗品費)800  (消耗品)800

第二法)期中に消耗品費勘定を使い、使わなかった分を消耗品勘定に振り替える方法
(例題)
・当社は1,000円の消耗品を現金で購入した。
 仕訳:(消耗品費) 1,000 (現金) 1,000
・(決算時) 消耗品の当期使用分は800円だった。
 仕訳:(消耗品)200 (消耗品費)200

このような感じです。
 理論的に考えると、購入した消耗品も資産であり、使われるまでは資産として計上すべき物ですので、mamoru1220さんの考える第一法通りに処理すべきです。ではなぜ第二法が認められるのでしょうか。
 その理由は、実務上、消耗品に属する物を購入した場合使用されていなくても当期の費用として処理する場合が多いからです。
 たとえば大企業でボールペン何百本か購入した場合、当期中に使用されないボールペンもあるでしょう。しかしこれを何本か数えることは普通しません。理由はボールペン程度の金額なので調べる作業がムダだからです。
 また、その問題集のようにファイルを購入してすぐに使い始めたとします。しかしファイルといえど1年以上使う場合もあるでしょう。その場合理論上、建物などと同じように減価償却すべきです。しかし減価償却はしません。なぜなら金額が少額だからです。
 よって実務上購入した消耗品はその期に一括費用として処理する場合が多いのです。
 このように考えたときに、どうせ当期の費用とするのなら、購入時に費用項目として計上した方が手間が省けるということです。上の例題では期末に未使用分を消耗品勘定に振り替えていますが、第一法と処理を合わせるために書きました。

>また、仕訳:(消耗品)3,500 (現金)3,500とすれば間違いですか。
 これについては、問題次第と言うことになります。
 決して間違いではありません。ただ問題の指示に従ってください。指示がなければその問題の作問者の不注意です。
 日商簿記検定で言えば、3級等の仕訳問題では勘定科目が指定されているのでそこに消耗品勘定と消耗品費勘定のどちらがあるかで判断、精算表問題では残高試算表でどちらで使っているかで判断します。

参考になりましたでしょうか??^^

大学2年会計学を学んでいる者です^^

>取引を現金勘定で見てみるとどうなる?
って所はイマイチ分からないのですが、消耗品については説明できます。

まず、消耗品に関しては処理方法が2つ認められます。

第一法)期中に消耗品勘定を使い、使った分を消耗品費勘定に振り替える方法
(例題)
・当社は1,000円の消耗品を現金で購入した。
 仕訳:(消耗品) 1,000 (現金) 1,000
・(決算時) 消耗品の当期使用分は800円だった。
 仕訳:(消耗品費)800  (消耗品)800

第二法)期中...続きを読む

Q仕訳、発送費は、仕入になぜふくまれるの?日商簿記

仕事の都合で経理をやるにようになったため(経理は初めてです)、5年ほど前に暇つぶし買った、日商簿記3級最速マスター(LEC)という本を見て少し勉強をしています。

例題でどうしても納得いかない問題があったのでお解かりになるかた、おしえてください。

問題
次の取引について仕訳を行いなさい
解答欄には空欄の仕訳表があります。

1.購入代価6,000円の商品を掛けで仕入れ、引取運賃500円は現金で支払った。
2.商品5000円を掛で売り上げ、発送運賃300円(当社負担)は現金で支払った。
3.商品8000円を掛けで売り上げ、先方負担である発送運賃600円を現金で立替払いした(立替勘定で処理すること)
4.3において発送運賃を含めた場合。

問題集の解答
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6500 買掛金  6000
               現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
3.売掛金   8000 売上   8000
  立替金    600 現金    600
4.売掛金   8600 売上   8000
               現金    600

となっているのですが、私はそうしても納得がいきません。
私の解答は

  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6000 買掛金  6000
  発送費    500 現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
3.売掛金   8000 売上   8000
  立替金    600 現金    600
4.売掛金   8600 売上   8000
              現金    600

で違いは1で
問題集
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6500 買掛金  6000
               現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300
自分
  借方科目|金  額|貸方科目|金  額|
1.仕入    6000 買掛金  6000
  発送費    500 現金    500
2.売掛金   5000 売上   5000
  発送費    300 現金    300

1でなぜ発送費という借り方科目がでてこないのに
2で出てくるのか、納得いきません。

そもそも、発送費という勘定科目ってあるのか?
この問題集の日商簿記に出てくる勘定科目一覧があるのですが、費用の科目に発送費という科目は載っていません。でも解答には発送費と書いてあります。

勘定科目としてあるのか?ないのか?とうのも気になるのですが、なぜ、1のケースでは発送費というのがでてこないで、2では出てくるのでしょうか?

教えてください。

仕事の都合で経理をやるにようになったため(経理は初めてです)、5年ほど前に暇つぶし買った、日商簿記3級最速マスター(LEC)という本を見て少し勉強をしています。

例題でどうしても納得いかない問題があったのでお解かりになるかた、おしえてください。

問題
次の取引について仕訳を行いなさい
解答欄には空欄の仕訳表があります。

1.購入代価6,000円の商品を掛けで仕入れ、引取運賃500円は現金で支払った。
2.商品5000円を掛で売り上げ、発送運賃300円(当社負担)は現金...続きを読む

Aベストアンサー

このあたりが参考になるでしょうか。
http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/9776/text/conttextb03.html#340

仕入にかかった発送費等はそれら諸費用を含め仕入となりますが、売上にかかった発送費等は(立替で無い場合)売上とは別で費用と考え方みたいです。

難しいですね。

Q日商簿記3級って何に使えるんですか?

私は現在就職活動中の大学3年です。彼女が日商簿記3級を目指して今月半ば頃から勉強をしだし、私に「一緒にやろうよ」的なことを言って来た直後に「あー就活中だし、テスト近いし無理だね」と言われ、むかついたのでやってやろーじゃんって思ったんですけど、実際、日商簿記3級って何に役立つのか教えてもらえませんか?
一応、知っておいて損はないかなー程度に考えており、また就職活動中なので、面接等において「自分に限界を作らない」みたいな事を日商簿記3級を通して言えればなーと思い頑張っております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の知識は、経理では必須ですが
あなたが金融機関を志望しているのであれば、たとえ営業でも、簿記3級はとっておいて損はないでしょう。
実際、金融機関では、営業でも入社2年以内に簿記3級を取得のこと、としているところもあります。
中には2級取得を課しているところもあります。

金融機関でなくても、営業で取引先の信用度を調べる際に
取引先の会社の状況を知るのに
簿記の知識は役に立つと思います。
まぁ、そのための知識としては、3級では役不足なんですが
それでも、働き出して、一から勉強するのと、ある程度の知識があって
それの積み増しをするのとでは、労力はまったく違います。

簿記は経理のみならず、営業でも必要となる知識です。
営業では、財務諸表分析というものが役に立ってくるのですが
その基礎となるのが、簿記になります。

蛇足ですが、金融機関志望であれば、ファイナンシャルプランナー(FP)の取得を
目指されるのもいいと思います。

Q簿記三級だってつらい

きちんとやれば受かるものだということはわかります。

回りの言い分も、「一発で受かるのがあたりまえ、受からないのは勉強していないからだ」という感じが暗に伝わります。

だからこそつらい。独学でやってきたので、理解に時間がかかったし要領も悪かったと思いますが、自分なりに懸命にやってここまできました。だから「簿記三級は簡単・受かってあたりまえ」とはとてもおもえない。

過去問を重ねて解いて、時間内にできるようにはなったし、合格レベルにはあると思うのですが、問題を解いていて、たまにケアレスミスが重なり合格点に満たない時があると追いつめられたような感じになります。24日受けるので、試験までもう何日もありませんが、この漠然とした不安感が抜けません。皆様はどうしてましたか?直前にやったことで何かよいことなどありますか?あと気持ちの持って行き方など教えて下さい。

大変申し訳ないのですが、「三級なんて簡単」とか「ちゃんと勉強していればそんな不安もでないはず。勉強が甘いだけ」とかさらに追いつめるような回答は勘弁下さい。

Aベストアンサー

前回3級合格者です。私も勉強始めて想像してたより難しいと思ったので気持ちわかります。

私が直前にやったことですが、もう1回テキストをはじめからざ-っと読み直しました。
あまり試験には出ないと言われていた計算法も一応覚えておきました
(これが功を奏して、売上原価の計算を売上原価勘定で計算する問題で得点することができました)。
気になるところは虫の知らせなのか、出題されたりするもんです。
あとはやっぱり、過去問の数をこなして自信をつけました。

知ってるかもしれませんが、、受験テクニックを書いておきますね。
・まずは最初に問題全体を見る
・1.3.5問から解く(20点・30点・30点と左記3問解ければ合格)
・問題文はよく読む(勘定の指定、試算表のフォームに注意)
・時間がかかりそうなところは後まわしにして、すぐ次へいく
(他をやり終わって戻るとすんなり解けたりする)
・精算表は決算整理したところを、一行ずつ損益計算書・貸借対照表欄まで記入してしまう
(配点箇所は修正・整理記入欄ではなく上記欄のことの方が多い、
後でまとめて書こうと思っていると時間切れになる)

最後に...これが一番効くテクニック!?でした。
「最後まであきらめないこと!!」
終了15分前まで残高試算表の貸借が合わずあせってたんですが、この言葉を思い出し、
あきらめずに見直したら間違いを発見できました。

naonyonさんの合格をこころから祈ってます。
そうそう、受験料2,500円だと思えば不思議と緊張しませんよ。

今回2級は4,500円なんで少し緊張してます(笑)
お互いがんばりましょうね。

前回3級合格者です。私も勉強始めて想像してたより難しいと思ったので気持ちわかります。

私が直前にやったことですが、もう1回テキストをはじめからざ-っと読み直しました。
あまり試験には出ないと言われていた計算法も一応覚えておきました
(これが功を奏して、売上原価の計算を売上原価勘定で計算する問題で得点することができました)。
気になるところは虫の知らせなのか、出題されたりするもんです。
あとはやっぱり、過去問の数をこなして自信をつけました。

知ってるかもしれませんが、、受...続きを読む

Q簿記3級は落ちたら恥ずかしい?

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
法則性でいつも埋めるだけで
意味は理解していません。
(これのときは右、左といった感じで)

前置きが長くなってしまいましたが、
この6月にあったのを自己採点したら
落ちていました。
以前も受けて落ちたので2回連続で
日商3級に落ちてしまい
会社の上司に報告するのが億劫です

今回はしっかり勉強して合格レベルまで
いったと思っていたのですが…

大体のことは少し勉強すれば
理解できるほうだったのでショックが大きいです

これでクビにされるという訳ではないのですが
上司や周りの社員に頭が悪いとバカにされるのが嫌で吐き気や頭痛がします。

ちなみに、わたしは事務員ですが
他の社員は簿記とは無縁の職種で
簿記の検定を持っている人は居ません。


もし、自分の会社に2回連続で
簿記の3級に落ちている同僚あるいは部下が居たら、頭がよくないんだとやはり思いますかね?
というか、事務に向いていないのでしょうか、、

会社の上司からの命令で
日商簿記検定を取得するように言われ
とりあえず3級から挑戦することにしました。

高校では商業科で1年半ほど簿記を習いましたが
在学中には全商の簿記を一つも合格することが
できませんでした。
他のワープロや情報処理などは1級を取得できたのですが、簿記だけはチンプンカンプンでした

簿記をかじっているにもかかわらず
日商の3級を2回連続で落ちました。
もちろん、勉強はしました。
ただどんなにやっても70点台がやっとのレベルでした。

損益や振替などの意味もわかりません。
...続きを読む

Aベストアンサー

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうということです。これは自分もそうだった(2級を3回目にして受かっ
た今でも、その点にイマイチ自信がありません・・・)ので、その思いが強いです。一方、情報処
理系は1級をお取りになっている訳ですので、その方面は人並み以上に優秀な事も間違いありませ
ん。情報処理系も簿記と同じく、かなり適性や適応力が能力や試験等の出来を左右します。この差
はやはり「興味の強さ」かな、とは思います。誰でも好きなことは熱心にやって、早く上達したい
ものですし、実際上達も早いですよね(習い事やスポーツ、ゲーム等でも)。ですので、何とか簿
記に前向きな興味を持てるキッカケを見つける必要がありそうです。出納帳を付けるとか、株式を
買って、その会社の損益や株価推移に一喜一憂するとか(決して、勧めている訳じゃないですけど)
、ちなみに最後の方で他の社員の目を気にしている記述がありますが、他の社員はそのチャレンジ
もしていないので、質問者さんをバカにしたり、批評する権利は元々有していません、質問者さん
は他の社員よりその点では既に優位に立っているのですから、少しくらい結果がでなくても卑下せ
ず、堂々と結果報告し(そこで少しでも前回より得点が向上していれば何とでも言えます)諦めず
のに頑張ってほしいです・・・諦めたら、そこで何とか、と言いますよね・・・

正直、簿記は個々人の適性や適応力で、いとも簡単に数週間程度で合格する方もいれば、大卒でも
3級が何度も受からず受検するということもザラにあります。ですので発達障害がどうとか、頭の
良さがとうどかは、あまり関係ないと思います。ただ一つ言えるのは、学校の試験とか、マークシ
ートの択一試験と違い、基本全部記述式かつ機械的に仕訳したり、数値をはじき出したりという「
作業」の繰り返しなので、実際に手を動かし、頭だけではなくて、体というか感覚的に身について
こないと中々厳しいだろうというこ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング